留美『変態』八幡『っ!』

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:00:11.56
※エロ注意
※前半は別作者
※その前半も微妙に修正

留美『女子小学生に罵倒されておちんちんおっきくするとか本当に変態だね』

八幡『こ、これは……』

留美『なに?言い訳するの?』

八幡『くっ……』

留美『出来るわけないよね。制服の上からでも分かるくらい大きくなってるんだから』ギュッ

八幡『あっ……』ビクンッ

留美『ふふっ』

八幡『る、留美やめろ……』

留美『ん?なに?』ギュッギュッ

八幡『んっ……』

留美『小学生におちんちんをにぎにぎされて気持ち良い?』ギュッギュッ

八幡『留美……離せ』

留美『……』スッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443884411
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:01:14.64
八幡『ほっ……』

留美『私に命令しないで!』バチンッ

八幡『んぁああ!?』

留美『いい?私は八幡のご主人様で八幡は私の奴隷なの』

留美『奴隷の分際でご主人様に命令しないで』

八幡『ご主人様……奴隷……』

八幡『……はぃ』

留美『ふふっ、いい子だね』ナデナデ

八幡『……』

留美『さっきのお仕置きのせいでおちんちんが小さくなっちゃった』

八幡『……すみません』

留美『そう思うんだったら早くおちんちん大きくしてよ』

八幡『そんなこと言われても……』
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:02:10.93
留美『はぁ……本当に使えない奴隷だね』

八幡『……』

留美『しょうがないから私が手伝ってあげる』ギュッ

八幡『んっ』

留美『どう?おちんちん足で踏まれるのは?』

八幡『どうって……別に』

留美『ほら♪ほら♪』ギュッギュッ

八幡『あっ……ふっ……』ムクムク

留美『あはっ♪おっきくなってきたよ♪』ギュッギュッ

八幡『はぁ……はぁ……』ムクムク

留美『やっぱり八幡は変態だね。小学生に踏まれて大きくなるなんて恥ずかしくないの?』ギュッギュッ

八幡『こ、これは……刺激されたから……』

留美『ん?なに?』ギュゥゥ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:03:13.25
八幡『ふぁぁ……』

留美『違うよね?自分よりも歳下の女の子におちんちんをふみふみされてることに興奮して勃起しちゃったんだよね?』ギュゥゥギュゥゥ

八幡『ち、ちがっ……あぁっ』

留美『違わないよ。八幡は変態のマゾ奴隷なんだよ』ギュゥゥギュゥゥ

八幡『くぅぅ……』

留美『さっきよりも大きくなってない?』

留美『そのままじゃ、窮屈そうだし。八幡の勃起おちんぽ出してあげるね』カチャカチャ

留美『えい♪』

八幡『んっ』ブルン

留美『きゃっ!』ペチン

八幡『わ、悪い……大丈夫か?』

留美『……』
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:04:11.79
八幡『る、留美?』

留美『大丈夫じゃないよ』ギュッ

八幡『うっ!』

留美『ホントにどうしょうもないおちんちんだね』ギュゥゥ

八幡『うぁぁ……そ、そんなに強く踏まないでくれ』

留美『奴隷のくせにご主人様におちんちんでビンタするなんて』ギュゥゥ

八幡『ぁあっ……』

留美『それに謝りもしないし』ギュゥゥ

八幡『す、すみませんでした』

留美『なにが?』ギュゥゥ

八幡『る、留美に……ぅあ!?』

留美『ご主人様でしょ?ちんちん潰しちゃうよ?』ギュゥゥ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:05:12.59
八幡『ご、ご主人様に俺の……ど、奴隷ちんこでビンタしてすみませんでした』

留美『ふふ♪奴隷ちんこって、自分からそんなこと言うなんてやっぱり八幡って変態さんだね』ギュゥゥ

八幡『くっ……』

留美『本当はもっと意地悪しようと思ってたんだけど……』ギュゥゥ

八幡『うぅ……』

留美『ちゃんと反省してる?』ギュゥゥ

八幡『は、はい』

留美『なら今回だけは許してあげるけど、次からはお仕置きするからね』パッ

八幡『……はい』

留美『八幡のおちんちん大きいね。私のお父さんのよりも大きいよ』ツンツン

八幡『ぁ……っ』ビクンッ

留美『ほら、ご主人様が誉めてあげてるんだからお礼くらいいいなさい』フゥー

八幡『はぅっ……ありっ、がとう……ございます』

留美『あっ、先っぽからなにか出てきた』
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:06:17.05
留美『私におちんちん誉められたのがそんなに嬉しかったの?』

八幡『……はい』

留美『これって我慢汁って言うんだよね』クンクン

留美『ふーん、臭いはしないんだ』

留美『ねぇ、八幡。これからどうしてほしい?』

八幡『どうしてって……』

留美『はぁ、全部説明してあげないと分からないの?それともわざと?』

八幡『い、いや……』

留美『ホント八幡って変態だね。私に言わせたいんでしょ』

八幡『そ、そんなことは……』

留美『変態』

八幡『っ!』
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:07:11.06
留美『しょうがないから私が言ってあげる。選べるのは手コキと足コキとフェラだよ』

留美『本当はパイズリもしてあげたいんだけど、私のおっぱいはまだ成長途中だから大きくなってからしてあげるね』

八幡『……』

留美『八幡……今、別の女の事考えてなかった?』

八幡『そんなことは……』

留美『嘘つくの?』 ギュゥゥ

八幡『うぁ、踏むのは……やめっ』

留美『お団子頭の人?あの人おっぱい大きいもんね』 ギュゥゥ

八幡『ちがっ』 ビク

留美『それともその隣に居た人?美人だけど今の私、あの人よりはあるんだけどなぁ』 ギュゥゥ

八幡『うぅ』 ビク

留美『正直に答えて』

八幡『す、すみません……パイズリと聞いて思い出しました』
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:08:12.36
留美『あの人達と色々あったみたいだけど今の八幡のご主人様は私、わかる?』

八幡『……はい』

留美『次はないよ?』

八幡『あ、ありがとうございます……ご主人様』

留美『パイズリは将来してあげるから今は手コキか足コキかフェラで我慢しなさい』

留美『ねぇ。八幡……どれをしてほしい?』

八幡『どれって……言われても……』

留美『変態マゾ奴隷のくせになに恥ずかしがってるの?恥ずかしがらずにいいなさい』

八幡『はい』ゾクゾク

留美『八幡は私にどれをしてほしいの?』

八幡『フェ、フェラ……です』

留美『……フェラ?』
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:09:13.37
八幡『……はぃ』カァ

留美『ぷっ、そっか。八幡は小学生のお口でじゅぼじゅぼして欲しいんだ?』

八幡『すみません……』シュン

留美『落ち込まなくていいよ♪やってあげる。私の可愛い奴隷のお願いだもんね』

八幡『ありがとうございます』

留美『そのまま床に横になりなさい』

八幡『はい』

留美『それにしても八幡のおちんちんほんと大きいね。私の口に入るかな?』 ツンツン

留美『あーん』 パクッ

八幡『うわっ……っ』

留美『ちゅる、くちゅっ、んっ、れろぉ、んちゅ、んちゅちゅ』

留美『んっ、ちゅる、れろっ、……どう?八幡?』
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:10:10.42
八幡『は、はい……留……ご主人様の口で奴隷ちんこをじゅぼじゅぼされるの気持ちいいです……』

留美『小学生のお口で気持ちよくなるなんて八幡は本当に変態だね』

八幡『……す、すみません』カァ

留美『続けて欲しい?』 ツンツン

八幡『は、はい……ご主人様の口で奴隷ちんこをじゅぼじゅぼして欲しいです』カァ

留美『ちゃんと言えるようになって来たじゃない♪それなら続けてあげる』 パクッ

留美『んっ、はむっ、れりゅ、ちゅっ、ちゅうっ、じゅるっ、じゅぼ、じゅぼっ』

八幡『っぅ……うぅ』

留美『ちゅるる、んちゅ、はぁむっ、ちゅぴっ、ちゅれちゅっ』

八幡『うわぁ、もうっ……』

留美『ちゅうううっ、じゅぶっ、ちゅうっ、んちゅ、ちゅる、んちゅ』

八幡『留美っ!』 ガシ

ビュルルルル!ドピュドピュ!ピュルピュルピュル
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:11:09.68
留美『んぶっ!んくんく……ごくっ……』

八幡『はぁ、はぁ、はあ……』

留美『けほっ、けほっ』

八幡『だ、大丈夫か?』

スッ、ギュウウウウウウウウ

八幡『うっ、うわっ、イッた後に踏まれるのは……』

留美『誰が口で出していいって言ったの?』ギュウウウ

八幡『ふ、踏むのはっ、やめっ』

留美『しかも臭くて苦いし……』ギュウウウ

八幡『す、すみませんでした……から、やっ』

留美『途中で名前で呼んでるし……』ギュウウウ

八幡『ご主人様っ、踏むのはやめてくださいっ……っ』

パッ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:12:13.11
留美『しょうがないからやめてあげる』

八幡『はぁ、はぁ……』

留美『おちんちんでビンタするわ、他の女の事を思い出すわ、口の中に出すわ……』

留美『ほんと、八幡はどうしようもないね。落ちるところまで落ちた最底辺のゴミ虫だよ?』

八幡『うぅ……』シュン

留美『しかもこんな事言われてるのにおちんちん大きいままだし』ツンツン

留美『これじゃあ、手コキや足コキじゃあダメだね』ツンツン

スルスル

留美『……しょっと///』

ピラ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:13:15.32
八幡『る、留美……や、ご主人様!?どうして脱……』

留美『こっちでシテあげる』

八幡『そ、それはさすがにまずいんでは……』

留美『その割には目を背けたりしないね?』

八幡『うっ』 フイ

留美『ちゃんと見なさい』ギュウウウ

八幡『うわっ……踏むのはっ』

留美『八幡のおちんちんいじったり、フェラしてたら私もおまんこがムズムズしてきたんだよ?』

八幡『は、はい……』ムラムラ

留美『それに八幡のおちんちん大きくなってきてない?小学生のおまんこ見て興奮してるの?』

八幡『……』

留美『答えなさい』スッ

八幡『ふ、踏むのはやめ、はい……ご主人様のお、おまんこを見て興奮してます……』

留美『うん、私も興奮しちゃった。だから入れちゃうね?』

ズプ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:14:13.93
留美『んっ……』

八幡『お、おい!?留美!』

留美『ご、ご主人様……でしょ?』

ズププププププ

留美『いっ!つっ……うぅ!!……はぁはぁ……』

留美『は、入ったよ?八幡の奴隷ちんこが私のおまんこに……た、大したことないね……』プルプル

八幡『留美?』

留美『ご主人様でしょ?』

八幡『留美』

留美『ご主人様』

八幡『そんな余裕ないだろルミルミ?』

留美『……ルミルミはキモいって言ってるでしょ』グス

八幡『抜くからな?』
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:15:12.49
留美『ダメ!』ガシ

八幡『留美……』

留美『お、お願い……私はいいから八幡から動いて?』

八幡『それならゆっくりな?』

留美『う、うん……』

ズプッズプッズプッ

八幡『だ、大丈夫か?』

留美『うん、そのまま続けて?』

八幡『ああ……』

ズプッズプッズプッズプッ

八幡『うわっ!……もうっ!』

留美『えっ!?』

ドピュ!ドピュ!ビュルル!
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:16:15.83
八幡『はぁ、はぁ……』

留美『……もう出たの?私、まだなんだけど?』ジー

八幡『す、すみません……』

留美『……そんなに気持ちよかった?』

八幡『は、はい……』

留美『変態』

八幡『っ!』ビク

留美『あれ?変態って言ったら私の中で大きくなってきてない?』

八幡『う……』

留美『まだいけそう?変態?』

八幡『直球すぎるのはやめてくれ』

留美『大丈夫そうだね。今度は一緒にね?八幡』

八幡『あぁ……』

ズプッズプッズプッズプッズプッズプッ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:17:10.88
留美『あっ、あっ、あっ、ああっ!ああ!』

八幡『留美……大丈夫か?』

留美『うん、うんっ!……もう痛くないし、なんだか……』

八幡『気持ちよくなってきたか?……小学生のクセにビッチなんだな』

留美『ち、ちがう……わ、私は……あっ、ああっ』

八幡『胸も……乳首も勃起してるんじゃないか?』 スル、ギュウウ

留美『や、それは……んっ!乳首よりおっぱい揉んで?』

八幡『こうか』 フニフニ

留美『将来はパイズリしてあげるからっ!八幡が揉んで大きくして!』

八幡『そうだな、楽しみにしてるぞ』 フニフニ

留美『あ、あとっ!キスもしてっ!』
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:18:12.19
八幡『奴隷がキスしてもいいのか?』

留美『意地悪言わないでっ!』

チュ

留美『んちゅ、ちゅる、れろ、んちゅ、ちゅ』

八幡『んっ!んちゅ、ちゅる、ちゅ、んっ』

留美『んはぁ、八幡っ!私っ!私っもう……』

八幡『お、俺も……くっ!』

留美『ああぁぁーーーーー!!』

ドピュルッ!ドビュドビュドビュ~~!!

八幡『はぁっ、はぁっ……』

留美『はちまん……はちまん……』

ーーーーー
ーーーー
ーーー
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:19:11.51
留美「八幡?」

八幡「あ、俺寝てたか?」

留美「寝てたよ?彼女の前で昼寝するなんて」ムス

八幡「悪い。昔の事を思い出してた」

留美「昔って?」

八幡「聞きたいか?」

留美「やめとく」

八幡「『女子小学生に罵倒』……」

ペシ

八幡「いたっ」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 21:58:08.08
留美「やめとくって言ってるでしょ?」

八幡「へいへい、しかしよくあんな事したもんだよな」

留美「うん」

八幡「つーか、ただの犯罪だよ……俺、逮捕される?」

留美「されるわけないよ」

八幡「どうしてだ?」

留美「八幡の事大好きだから♪」ギュウウウ

八幡「急にデレやがって」

留美「だってまだ不安だし。あの2人ともたまに会ってるんでしょ?」ムス

八幡「からかわれるだけだぞ?それぞれ俺の事を『ロリ谷くん』とか『ロリッキー』って呼んでくるんだからな」

留美「ぷっ、なにそれ。あの人達はどういう事したか知ってるの?」

八幡「知るわけないだろ。それこそ捕まる」

留美「そうだね」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 21:59:09.70
八幡「あいつらは俺の数少ない女友達だからたまに会うのは多めに見てくれ。留美が不安になるような事は絶対にない」ナデナデ

留美「でも私、あそこまでおっぱい大きくならなかったし」

八幡「パイズリだって出来るだろう?十分すぎるよ」

留美「ほんとに?」

八幡「ああ、パイズリに限らずこういう事をするのは留美だけだからな?ということで……」

グイ

留美「きゃっ///八幡?」

八幡「シタくなってきた」

留美「い、今から?まだ昼間なのに?」

八幡「イヤか?」


留美「イヤじゃないよ♡たくさんしようね♡八幡♡」


おわり
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:22:11.67
ルミルミはかなり好きなキャラでHTML化したままエタらせるのも惜しいので
勝手に続きを書きました
期待していた展開やオチじゃなかったらすみません
個人的には成長したルミルミはあーしさんに匹敵するスタイル
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:25:54.90
有難う御座います!!
ワサワサしてきた!
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 00:32:54.58
乙です
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/04(日) 01:46:51.79
よくぞやってくれた

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク