武内P「…」美城専務「…」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:32:10.74
アニメ準拠です
※独自解釈です


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446211930
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:32:45.58


武内P「…」

店員「いらっしゃいませー。お一人様ですかー?」

武内P「はい」

店員「カウンター席でもよろしいでしょうかー?」

武内P「はい」

店員「ではこちらの席へどうぞー!」

武内P「ありがとうございます」

店員「ご注文が決まりましたら呼んで下さーい」

武内P「はい」

店員「ではごゆっくりー…」

武内P「…」

専務「…」

武内P「…」

専務「…」




武内P「…!」

専務「その反応はもう見た」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:33:20.38
武内P「お、お疲れ様です…」

専務「…君は、何か勘違いしてはいないか?」

武内P「…?」

専務「君の事を取って食ったりするつもりはない。ただ…」

武内P「…ただ?」

専務「君は私の専務昇進時の挨拶を途中で抜けていったな?」

武内P「!!!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:36:50.38
専務「…」

武内P「も、申し訳ありません!!」

専務「…」

武内P「…な、何と言って良いのか…」

専務「分かっている。仕事だろう」

武内P「え、ええ…」

専務「君が何の気なしにああいう場を抜け出すような人間でない事は重々承知している」

武内P「も、申し訳、ありません…」

専務「…君が一体どんな反応をするのか、見てみたかっただけだ」

武内P「…」

専務「…いい加減座りたまえ…ここには他の客もいる」

武内P「は、はい…」

専務「…それに私が今日ここに来たのは君をからかうためではない」

武内P「…」

専務「…ただ来たかったから…来ただけだ」

武内P「…そう…ですか…」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:39:15.93
専務「…しかし、私と君はそれ程付き合いは長くないが…」

武内P「…」

専務「君は本当に何も変わらないな」

武内P「…私が、ですか?」

専務「出会った当初…君は愚直なまでに己の信念をを貫き通し、頑なに私の考えを拒否した」

武内P「…」

専務「…思えば私が346で良くも悪くもここまで関わった部下は君が初めてかもしれないな」

武内P「…私は、これからも信じ続けます」

専務「…やはり君と私は分かり合えない、か…」

武内P「…」

専務「…が、忘れるな。君の評価はちゃんとしている」

武内P「は…はあ…」

専務「君は宣言通り結果を出した。…紆余曲折あったようだが」

武内P「…シンデレラガールズ2期生の事ですが…」

専務「分かっている。引き続き任せるとしよう」

武内P「ありがとうございます」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:40:02.49
店員「ご注文お決まりでしょうかー」

武内P「…これと、これを……2つずつお願いします」

店員「生中2つと刺身盛り合わせ2つですねー。かしこまりましたー!少々お待ちくださーい」

武内P「…」

専務「…」

武内P「…」

専務「…君は、いつもそうなのか?」

武内P「はい…?」

専務「どんな相手にも敬語を使い、頭を下げる。…年齢不相応だと思うのだが」

武内P「…昔から、こうだったので…」

専務「…それでは昇進した時、部下の扱いに困りそうだな」

武内P「…」

専務「…そんなに遠い話ではないと思いたまえ」

武内P「えっ…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:40:35.90
専務「言ったはずだ。私は結果を出した者は評価すると」

武内P「…私は…」

専務「…現場向き、と言うのだろうな。君は」

武内P「…それも、ありますが…」

専務「何だ?」

武内P「…見て、いたいのです。彼女達が輝く姿を」

専務「…」

武内P「この目で、出来ることなら近くで見続けたい。そう、思っています」

専務「その夢は、まだ譲る気は無いと?」

武内P「…」

専務「頑固だな」

武内P「…」

専務「…だからこそ、君には上になってもらわないとならない」

武内P「?」

専務「これは経営者としてではない。社会人として、君の少し先を行く人生の先輩としてのアドバイスだ」

武内P「…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:41:19.25
専務「会社で働く以上、育てられる側から、育てる側にならなければならない」

武内P「…」

専務「それは何故なのか」

武内P「…」

専務「簡単な話だ。培った技術を次の世代に残し、会社を永遠に繁栄させるためだ」

武内P「…私の、培った…」

専務「君の培ったものを、君で終わらせてはならない」

武内P「…」

専務「…アイドルもまた、然りだ」

武内P「…」

専務「だからこそ、君には辞令を受けてもらわなければならない」

武内P「…私は、まだ未熟ではありませんか?」

専務「おや…?意外だな。君はそういったものには臆病ではないと思っていたが」

武内P「そんなことは…」

専務「己を未熟だと思ったものが、上司に逆らい自分の意思を貫き通すとは思えないのだがな」

武内P「…」

専務「まあ、今すぐにという話ではない」

店員「お待たせしましたー!生中2つでーす!」

武内P「…今更ですが、お疲れ様です」

専務「うむ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:42:13.97
PM9:00

武内P「…そういえば、今西部長のお話なのですが…」

専務「?」

武内P「社内を全館禁煙にした事を…」

専務「当たり前だ。私達が扱っているのは歌手だぞ」

武内P「…そう、ですね」

専務「それにまだ中学生にもなっていない子供もいる。むしろ家でも禁止にしたいものだ」

武内P「…私は、吸わないので分からないのですが…部長曰く、ストレス解消になるのだそうです」

専務「本人が良ければそれで良いとでも?」

武内P「い、いえ!そんな事は…」

専務「周りの事を考えたまえ。…いや、君に言うことではなかったな」

武内P「…」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:42:47.28
専務「…しかし君は…本当に人畜無害な人間だな…」

武内P「…そう、でしょうか…」

専務「私の知る限りでは、君は決して人を傷つけるような事はしないと思うのだが…」

武内P「…私は、その…何と言って良いのか…」

専務「…?」

武内P「…何度か、警察に捕まったことがありまして…」

専務「!?」

武内P「…自分で言ってしまうのは少々辛いものがありますが…どうにも、私の身姿は危険な人間だと思われてしまうようで…」

専務「…そうか。…いや、詳しく話しなさい」

武内P「…はい…」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:43:27.31
PM9:30

武内P「…それから、千川さんのおかげで何とか認めてもらう事が出来ました」

専務「…君もよく相手の警官を訴えなかったものだな」

武内P「…その時は、諸星さん達を探す事が最優先でしたので…それに、元はと言えば私の不注意が原因でしたから」

専務「…」

武内P「…アイドルの方達とは一定の距離を保たなければならないと思っていましたが、あれは…」

専務「距離を置きすぎた、ということか」

武内P「…そう、ですね」

専務「…」

武内P「…」

専務「…相変わらず、不器用なのだな」

武内P「…どうにも、直りそうにありません」

専務「…だろうな」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:44:12.13
PM10:00

専務「…例えば」

武内P「はい…」

専務「…君は、独立を考えたことはあるか?」

武内P「独立、ですか…?……今の所は…」

専務「今の所は…?」

武内P「い、いえ!今のは言葉のあやと言いますか…」

専務「…シンデレラの舞踏会の時、君は私との間に一線を引いた」

武内P「…」

専務「…決して無い選択肢ではない」

武内P「…」

専務「…と、思うのだが…」

武内P「…」

専務「…どうかな?」

武内P「…私は」

専務「…」

武内P「…どうやら、この会社が…好きなようです」

専務「…」

武内P「いえ…この会社だけではありません」

専務「…」

武内P「アイドルの皆さんや、社員の皆さん。関わってきたスタッフの方達…」

専務「…」

武内P「私は、その全てが、好きなようです」

専務「…」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:44:48.63
店員「お待たせしましたー!刺身盛り合わせ2つでーす!」

武内P「ありがとうございます」

専務「…」

武内P「…」

専務「…生ものは放っておけばおくほど味が落ちるぞ」パキッ

武内P「は、はい…いただきます」パキッ

専務「…」

武内P「…」

専務「…私は、君のやり方には賛同出来ない」

武内P「ええ」

専務「…だが、君の生き方には賛同しよう」

武内P「…」

専務「これからも、346の社員として頑張りたまえ」

武内P「…はい」

専務「…それと、人生の先輩として、もう一つアドバイスをしよう」

武内P「…?」

専務「刺身は味の淡白な左から食べるのがマナーだ」

武内P「…あ、ありがとうございます…」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:46:00.38
PM10:30

武内P「…シンデレラの舞踏会、ですが…」

専務「どうした?」

武内P「いえ…その、打ち上げに、専務がいらっしゃらなかったようでしたので…」

専務「…私が出て何になる?」

武内P「え…」

専務「私とてプロデュース業に携わった一人だ。君のプロジェクトの人間にどう思われているかくらい想像はつく」

武内P「…」

専務「わざわざ空気を壊すこともない。私は…」

武内P「そんなことはありません」

専務「…」

武内P「…私は、いえ、私達は、シンデレラガールズプロジェクトだけでは、あそこまで規模の大きいLIVEは行えませんでした」

専務「…」

武内P「多くの方達の協力があって、成功させることが出来たのです」

専務「…」

武内P「そして、そのきっかけを作ったのは…貴方なんです」

専務「…それはもう聞いた」

武内P「…ですが…」

専務「それはあくまで結果的に、だ。そこまでの意図があったわけではない」

武内P「…」

専務「…」

武内P「…貴方は、私の知っている美城常務は…」

専務「専務だ」

武内P「…もっと堂々としているはずです。他人の評価を気にするような方では、ないはずです」

専務「…」

武内P「確かに私は専務と考えが平行線のままです。…しかし…」

専務「もういい」

武内P「…?」

専務「あまり熱くなるな。ここには私達以外の人間がいるんだぞ」

武内P「あ…」

専務「…まだ、若いな。…君は」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:46:48.20
PM11:00

専務「…おや、こんな時間か」

武内P「…今回は、私が出します」

専務「何を言っている?」

武内P「せめて、これくらいのお祝いは…」

専務「…ほう…」

武内P「遅ればせながら、専務へのご昇進…おめでとうございます」

専務「…そうか」

武内P「それでは…タクシーを…」

専務「いや、構わない」

武内P「?」

専務「明日は休日だろう」

武内P「え、ええ…」

専務「なら、もう少し付き合いたまえ」

武内P「!」

「!?」

「!?」

「!?」

「!?」

専務「どうした?」

武内P「………いえ、でしたら、お供させていただきます」

専務「…………ふむ」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:47:33.33
PM11:30
…。

……。

楓「いや参りましたね」

瑞樹「あら本気のトーンじゃない」

早苗「ちなみにどういう参ったなのよ」

楓「いやなんか、下世話な想像するじゃないですか」

早苗「良いじゃない」

楓「そもそも専務っておいくつなんですか?」

瑞樹「まあ、私達よりは上じゃないの?」

早苗「…で、今西部長さんよりは下、と」

瑞樹「でもあの人と礼子さん、どっちが上に見える?」

楓「…」

早苗「…」

瑞樹「…」

早苗「どっこいどっこいじゃないの?」

瑞樹「あー…」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:48:24.01
楓「プロデューサーさんって、若いんでしたよね?」

瑞樹「いや分からないわ」

早苗「あの子だってミステリアスじゃない」

楓「でも専務が人生の先輩なんですよね?」

瑞樹「…予想だけど、20…前半くらい?」

早苗「あ、それあれよ。年上が好きなお年頃よ」

楓「私ギリギリ入りそうですね。わぁい」

瑞樹「…で、まあ…あれよ」

早苗「何よ」

瑞樹「ギリギリ入るとかそんなんじゃないじゃない。持ってかれたんだもん」

楓「まだ分かりませんよ」

瑞樹「分かるでしょ。あんなの完全にロックオンじゃない」

早苗「…実際2人がくっついたらどんな子が産まれんのよ…」

瑞樹「え?それは…」

楓「…」

瑞樹「…」

早苗「…」

楓「私、3人浮かびましたよ」

瑞樹「誰よ」

楓「ケンシロウでしょう。サウザーでしょう。ラオウでしょう?」

瑞樹「全員同じ系統よ」

早苗「根っこ同じじゃない」

楓「だってー…」

瑞樹「ってアンタいつまで泣いてんのよ」ペチ

ちひろ「あううううう…」

早苗「取って食うつもりは無いって言ってたじゃない」

楓「…でも今日も私達に気づいてましたよね?」

瑞樹「多分…からかってみただけなんじゃないかしら?」

ちひろ「う゛う゛う゛う゛う゛う゛」

早苗「怖い怖い」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:49:18.44
早苗「そもそもね、悔しがるくらいなら何でもっと押しでいかなったのよ」

瑞樹「この子がそんな肉食に見える?」

楓「見えますん」

瑞樹「どっちよ」

早苗「あ。後あんま関係ないんだけどさ」

瑞樹「何よ」

早苗「風の噂で聞いたんだけど…楓ちゃん?」

楓「はい?」

早苗「誰 か さ ん み た い に 老 け る っ て 誰 の こ と ?」

楓「近いです」

瑞樹「何?そんな事ほざいたの?」

楓「歪曲されてますよ。大人びてるって言ったんです」

早苗「おまけにその時他のアイドルの子をバーで小一時間拘束してたらしいじゃない」

楓「寂しかったんですよ」

瑞樹「あら、私達には声掛けなかったのね」

楓「お二人の事を言ったんじゃないですよ」

早苗「じゃあ誰?」

楓「私のお母さんです」

瑞樹「はい目を合わせて頂戴」グイ

楓「痛たたたた」

早苗「そういう話をするって事は間違いなく346の誰かさんでしょ?」

ちひろ「ブロ゛デュ゛ー゛ザー゛ざあ゛あ゛あ゛ん゛」

楓「後にしましょう。今はちひろさんです」

瑞樹「しょーがないわねぇ…電話するから待ってなさい」

早苗「あら?アンタも知ってるの?」

瑞樹「この間の収録の時聞いたのよ」

早苗「あれー…何か敗北感…」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:50:51.89
同時刻 とあるBAR

専務「ここはあまり知られてないが、中々いい店だろう?」

武内P「ええ。静かで、落ち着いた雰囲気です」

専務「路地裏でひと気も無いからな…。静かに飲むには丁度良い」

武内P「ええ…」ブブブブブ

専務「電話か?」

武内P「…。申し訳ありません。川島さんからですね…」

専務「構わない。それに今は仕事ではない」

武内P「失礼します…もしもし?」

瑞樹『あら、起きてたのね?』

武内P「ええ。今は専務と一緒に…」

瑞樹『あら…』

武内P「何か、ありましたか?」

瑞樹『あー…何となくよ。今早苗ちゃんと楓ちゃんと、ちひろさんと一緒にいるのだけれど』

武内P「そうでしたか…」

瑞樹『で?専務はどんな感じ?』

武内P「は…はい?」

瑞樹『どんな感じなのよ』

武内P「…そうですね…」

専務「…」

武内P「…少し、顔が赤くなっているようです」

瑞樹『顔が赤く!!?』

武内P「ええ。少しですが酔いがm」

瑞樹『ちょっとちょっと早苗ちゃん!!マズイ事になってるわよ!!』

武内P「あの…」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:51:21.76
早苗「顔が赤いって?」

瑞樹「ええ」

早苗「あらー…」

瑞樹「で?せ、専務はどうなのよ?」

武内P『どう…とは?』

瑞樹「どうって…どうなのよ!?」

武内P『ええと…』
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:52:45.98
専務「どうした?」

武内P「い、いえ…その、専務の様子を心配していらっしゃるようです」

専務「そうか…」

武内P「…ですが、その様子であれば問題は無いようですね」

専務「…どうにも、アルコールには耐性があるらしい」

武内P「成る程…」

瑞樹『どうしたの?』

武内P「いえ…やはり、専務は…その…凄い方です」

瑞樹『凄いの!!?』

武内P「え、ええ…」

瑞樹『せ、専務…凄いんだって…』

早苗『何が凄いのよー』

瑞樹『そんなの聞かなくてもわかるでしょ!』

武内P「あの…」

瑞樹『ちょ、ちょっと一旦切るから!』

武内P「は、はあ…」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:54:14.45
瑞樹「いやー…これは…」

楓「搾り取られてるんでしょうか?」

早苗「大袈裟ねぇ…」

ちひろ「ちょっと色々出していいですか?」

早苗「トイレで出してきなさいよ」

瑞樹「いやー…何か凄いわねぇ」

早苗「あんまりからかうんじゃないわよ…」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:55:59.47
AM0:00

武内P「…」

専務「どうした?」

武内P「…いえ、やはりこの一年で、346は個々のプロジェクトではなく、一つにまとまってきたのではないか、と…」

専務「先程の電話で…?」

武内P「ええ。今まではあまり交流のなかった方達とこうやってやり取りをするのは、良い事だと思います」

専務「…ふむ」

武内P「…346全体のLIVEなども、考えてみませんか?」

専務「時間や経費。それにタイミングもあるだろう?」

武内P「ですが…きっと、出来るはずです」

専務「…検討はしておこう」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:56:58.69
AM1:00

瑞樹「こんな感じでどう?」

楓「何がですか?」

瑞樹「『昨夜の事は忘れたまえ。私も忘れる』」

楓「似てませんよ」

瑞樹「クオリティはどうだっていいのよ」

早苗「まあ…あり得なくはない、わね…」

瑞樹「こうなったらどうなるかってことよ」

ちひろ「新しい巨人の監督誰ですかね」

瑞樹「知らないわよ」

楓「高橋由伸じゃないんですか?」

瑞樹「ノってんじゃないわよ」

早苗「まあ、休み明けに聞けばいいでしょ」

瑞樹「だけどこのちひろさんほっとける?」

ちひろ「楓さん、見てください。おしぼりペンギンですよ」

楓「私おしぼりアヒル作れるんですよ」

早苗「何でアンタまで一緒になってんのよ」

楓「えー?」

早苗「…ってかそもそもあの二人がそんな一時の感情で動くわけないでしょ。専務に至っては尚更よ」

瑞樹「あら、じゃあ何で誘ったのかしら?」

早苗「まあ…奢り返すとかじゃないの?」

楓「身体で?」

ちひろ「高垣さんに出しますよ」

楓「やめてください」

瑞樹「さっさとトイレ行きなさいよ」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:57:46.53
AM2:00

専務「これからシンデレラガールズプロジェクトはどうしていくつもりだ?」

武内P「そうですね…続けられるならば、2期生、3期生と…」

専務「そうではない。1期生の話だ」

武内P「…?」

専務「果たして彼女らは君無しでこれからも活動し続けられるのか?」

武内P「…」

専務「君はアイドル達が、アイドルだけの力でやってきたとでも思っているのか?」

武内P「…」

専務「その実、君の功績が大きすぎる。…君のいなくなった彼女らは、これまで通り活動出来るのか?」

武内P「勿論、1期生の方々も…」

専務「君一人で20人も30人も見ていくつもりなのか?」

武内P「…」

専務「それは少し見切り発車だと思うが、どうかな?」

武内P「…大丈夫です」

専務「?」

武内P「彼女達は、もう私の力を必要とはしていません。…それぞれの道を、見つけ出しています」

専務「…」

武内P「それがいつかは判断出来ませんが、その時は…」

専務「…果たして、君の思い通りに行くだろうか」

武内P「…私は、信じています」

専務「…そうか」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 22:58:57.11
AM2:30 タクシー乗り場

専務「遅くまで付き合わせてしまった…ご苦労だったな」

武内P「…ご馳走様でした。お気をつけてお帰りください」

専務「うむ」

武内P「お疲れ様でした」

…。

……。

武内P「…」

専務『君の功績が大きすぎる。…君のいなくなった彼女らは、これまで通り活動出来るのか?』

武内P「…」

…。

……。

武内P「…私は、信じています」

楓「何をですか?」

瑞樹「誰を?」

早苗「信じるの?」

武内P「!!?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 23:00:04.21
…。

武内P「…成る程。そうでしたか…」

瑞樹「おかげさまでちひろさんはダウンよ」

早苗「何でアタシが担がなきゃいけないのよ」

瑞樹「アンタが一番腕力あるからに決まってんでしょ」

早苗「じゃあ、はい」

武内P「は…はい?」

早苗「はい?じゃないわよ。男なんだから君が担ぎなさい」

楓「きゃー」

瑞樹「きゃー」

武内P「…了解しました」ヒョイ

瑞樹「やっぱり男ねぇ」

楓「頼りになりますねぇ」

武内P「…」

早苗「まあどうするかは君次第だから」

武内P「…いえ、流石に寝ている女性を…」

瑞樹「ちひろさんの事は話したんだから、後は君次第ってことよ」

武内P「…」

早苗「みんなを大事にしてるのは分かるけど、逆もまた然りって事よ」

武内P「…」

楓「ふぁいとー♪」

瑞樹「じゃあ…私達は帰るわよ」

早苗「そうね。聞きたいこともあるし」

楓「何ですか?」

早苗「アンタよ」グイ

楓「痛たたたた」

瑞樹「じゃあ…これからも、頑張ってね?」

武内P「…はい。失礼します」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 23:00:54.87
瑞樹「置いてきたけど良かったのかしらね?」

早苗「良いじゃない。あの子はアイドルじゃないんだし」

瑞樹「彼に据え膳うんぬんは通じないと思うわよ?」

早苗「なら尚更良いわ。そういう男の方が最後にはカッコいいものよ」

楓「説得力無いですよ」

早苗「シメようか?」

楓「ごめんなさい」

瑞樹「そもそも私達だって言うほどのものじゃないでしょ?」

楓「そんなことないですよ」

瑞樹「こっち見なさいケチャップ魔人」

楓「あ、ひどいですよ。怒りましたよ?」

瑞樹「なーんなのよ」

楓「何かしますよ?」

瑞樹「はいはい」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 23:03:50.86
早苗「まーでも、人っ子一人いないわねぇ」

瑞樹「こんな時間だもの。おまけに寒いし」

早苗「女三人で歩いてくっちゃべってる私達って…」

瑞樹「言うんじゃないわよ」

早苗「…まあ、楓ちゃん」

楓「はい?」

早苗「とりあえず…顔洗うか帰るかしなさいよ」

楓「帰りませんよ」

瑞樹「なら顔洗ってきなさいよ。そんなメイクだだ落ちの顔で店入れないでしょ」

楓「…」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 23:05:53.75
瑞樹「…」

楓「…」

瑞樹「…」

早苗「…しょーがないわねぇ…」

瑞樹「え、もしかして…アンタの家ぇ?」

早苗「何よ」

瑞樹「アンタの家ならまず片付けなきゃいけないじゃない」

早苗「失敬ね。あれでも綺麗にしてる方よ」

瑞樹「どうせあれこれ脱ぎ散らかしてるんでしょ」

早苗「後で整頓するからいいの」

楓「…」

瑞樹「楓ちゃん」

楓「…」

瑞樹「ちょっとくらい我慢しなさいよ」

早苗「そうよ。スキャンダルなんて真っ平御免よ」

瑞樹「アンタはケンカとかでなりそうね」

早苗「元警察なめんじゃないわよ」

楓「…とう…ます」

瑞樹「…」

早苗「…」

楓「…う…ございます」











瑞樹「何か気持ち悪いわね」

早苗「うん」

楓「ちょっと?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/30(金) 23:06:46.66
瑞樹「何よ」

楓「今凄くお二人の好感度上がったんですよ?」

早苗「嫌よこんな空気」

楓「何でですか。後輩の気持ちを察するカッコいい先輩じゃないんですか」

瑞樹「まず先輩扱いしてから言いなさいよ」

楓「台無しですよ」

早苗「アンタの好感度なんてどうでもいいわよ。どうせ上がるも下がるもないんだから」

楓「…」

瑞樹「行くわよ。貴重な休日なんだから」

楓「…はい」

早苗「そういえばアンタ、あの話聞かせてよ。セクハラ上司の話」

瑞樹「あー…あれ?」

楓「何ですかそれ」

瑞樹「そうねぇ…」





35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/31(土) 00:26:37.43
乙!
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/31(土) 00:36:33.20
ここのkwsmさんと楓さんはいつも元気だなあww
早苗さんもはっちゃけてて好き
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/01(日) 19:09:08.00

この取り合わせほんとすき

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク