佐天「結界を張る能力かあ…」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:24:35.77 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「間流結界術って名前らしいよ」



初春「間流?なんですかそれ?」

佐天「うーん、私にもよくわからないんだけど…一応レベル4なんだよね」

初春「白井さんと同じですね」

佐天「まだ使い慣れてないんだけどねーあはは」

初春「何はともあれおめでとうございます」
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:25:12.90 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「あら、佐天さんじゃない。聞いたわよ。レベル4になったのよね?」

白井「おめでとうございますの。努力の成果ですのね」

佐天「あはは、ありがとうございます」

美琴「で、どんな能力なの?」

佐天「んーと、たしか結界を張れたりするらしいです。まだ試したことないんですけど…」

白井「結界…?というと防御系の能力になりますのね」

佐天「はい。一応結界で囲んで押し潰したりとかできるらしいんですけど」

美琴「なにか試してみてくれないかしら?」

佐天「ええー…うまくできるかわからないですけどやってみます」
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:25:44.98 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「まずは物体を指定。包囲!」

初春「?なにも起きてませんね」

佐天「まあまあ見ててよ。次は位置を指定。定礎!」ガガガガ

白井「まわりに四角い線が見えますの!」

佐天「よーし、いい感じ!次は結界を生成!結!」ズサァア

美琴「これ…バリアかなにかなのかしら?」

白井「透明ですわね…」

初春「佐天さんすごいです!結界の向こうの物が触れません!」

佐天さん「へっへーん。よーし最後に。滅!」ボン

白井「あ、結界と一緒に中の物が消えましたの」

佐天「消えたんじゃなくて正確には結界が押し潰したんですけどねー」
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:26:29.54 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「中々すごいじゃない。これなら…黒子!」

白井「はいですの。お姉様どうかなされました?」

美琴「佐天さんと一度戦ってみてはどうかしら?」

初春「御坂さん?それはいきなりすぎませんか?能力身に付いたばかりですし…」

白井「そうですのよお姉さま。仮にもわたくしにはジャッジメントという立場ですので無意味に能力を使うなんてできませんの」

美琴「いいじゃないのそんなの。能力が暴走しないように慣れといた方がいいのよ。ね、佐天さん?」

佐天「私は…色々試せるならそれは嬉しいですよ。ここのところ能力の説明とかばっかりでしたし」

美琴「はい、じゃあ決まり!さ、ここじゃ危ないから移動するわよ」

白井「お姉さま勝手すぎますの!まったくもう…」

初春「佐天さん大丈夫なんですか?白井さんと戦うなんて…」

佐天「んーなんとかなるんじゃないかな。能力の説明はちゃんと聞いたから!大丈夫大丈夫!」

初春「うっわー軽いですねーまあとにかく私たちも行きましょう」

佐天「おー!」
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:27:51.34 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「ここなら大丈夫そうね」

白井「それでは佐天さん、準備はよろしいですの?」

佐天「はい!いつでもどうぞ!」

白井(といってもわたくしの能力はテレポートですのでどう仕掛ければいいのか…)

佐天「とりあえず先手必勝!結!」ズサァア

白井「!囲まれましたの!でも無駄ですわよ」シュン

佐天「やっぱり脱出されたか…」

美琴「まぁそうなるわよね」

初春「佐天さん打つ手なしじゃないんですかね…」

白井「今度はこっちからいきますの!」(適当に打撃戦にもっていけば楽に勝てそうですわね)
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:29:46.82 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「うわ、こっちに来た」

白井「せい!」ビリ

佐天「ぐっ…いったぁ」

白井「気絶するぐらいの力を込めましたのに…」

佐天「私の能力は結界を張れるだけじゃないんですよ」

初春「佐天さんのまわりに…」

美琴「あれ、オーラかしら?」

佐天「絶界っていいます。まだ未完成ですけど単純な物理攻撃ぐらいは防げます」

白井「なるほど、だからわたくしが触れたときに弾かれる感じがしたのですね」
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:30:39.67 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「まあそれでも少しの衝撃はきますけど…これで接近戦は無駄ですよ」

初春「でも佐天さんも攻撃手段がないんじゃ決着はつきませんよね」

佐天「こういう使い方もできるんだよね!結!」ズサァア

白井「くっ」ドン

美琴「結界をぶつけた!?そういう使い方もできるのね…」

白井「応用性が高いですわね。さすがレベル4と認定されただけはありますの」

白井「でももうその攻撃手段は一度見ましたの。二度はくらいませんわ」シュン

佐天「結!」ズサァア

白井「なっ、囲まれましたの」

初春「白井さんの転移先に結界を張ったなんて…」

美琴「どうして黒子が現れる場所がわかったのかしら」
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:31:35.27 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「私の能力の系統は空間支配系能力です」

佐天「ですから白井さんの転移先なんて手に取るようにわかります。相性が悪かったですね」

白井「わたくしの負けですわ」

初春「意外とすごい能力ですね」

美琴「まって、私とも戦ってくれないかしら」

佐天「レベル5の御坂さんとはさすがに…」

美琴「でもレベル5並みの能力じゃない。空間支配なんて聞いたことないわ」

白井「たしかに強かったですわ」

佐天「まあ、そこまでいうなら頑張っちゃおうかなーなんて」

美琴「そうこなくっちゃ」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:32:37.42 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「手加減はしてくださいよ」

美琴「じゃあ小手調べに!」ビリ

佐天「うわ、結」ズサァア

美琴「このぐらいは防がれるのね…」

佐天(あれ、意外といけるかも…)

佐天「御坂さん、コツが掴めてきました。もう少し強くしてもらっても大丈夫です」

初春「あまり調子にのると痛い目に合いますよ佐天さん」

佐天「だいじょーぶだいじょーぶ」

美琴「それじゃあ遠慮なくいかせてもらうわ」ビリビリビリ

白井「ちょ、佐天さん避ける気ありませんの」

初春「佐天さん!?」
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:33:19.81 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「いったあ…くないんだよなーえへへ」

美琴「電撃が効いてない?ってかすり抜けてる?」

佐天「空身、です。能力を無効化します。まあ、詳しくいうと能力と同調…同化するようなものなんですけどね」

美琴「無効化…。あいつと似てるわね」

初春「ほとんどチートですね」

佐天「違うよ初春。能力で生み出された力は無効化できるんだけど能力で作られたものとかは無効化できないんだ」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:35:25.07 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「そういうことなら…砂鉄の剣で!」ザァァ

佐天「結!」ズサァア

白井「一度に五重もの結界が!」

佐天「多重結界ってやつですよ。これなら砂鉄でも崩せません」

佐天「ってうわわ」

美琴「甘いわ!」

佐天「くっ、結!」ズサァア

白井「横長の結界を張って砂鉄の嵐から脱出するなんて」

佐天「びっくりした~。もう怒りました。式神!」ポンポン

初春「うわ、佐天さんがいっぱいです」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:37:29.01 ID:IO+DUPre0.net
結界師懐かしい
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:38:55.23 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「分身までできるの!?」

佐天「「「へっへーん、さあいきますよ!」」」

佐天「「「結!」」」ズサァア

美琴「そんな、体が動かない!」

初春「体のある場所に結界を張って移動できなくするとか。ずるいですね。」

白井「なによりあの分身一人一人が能力を使えるなんてかなりやっかいですわ」

美琴「な、めんなあああ!!」ビリビリビリビリ


佐天「あ、式神たちが」パンパンパン


初春「消えましたね」

白井「本体にはダメージはないんですのね。」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:40:41.87 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「正直見くびってたわ。中々やるじゃない。それなら私もレールガン打たせてもらうわ」

佐天(うっわー本気になっちゃったよどうしようめんどくさいなあ)

佐天「お手柔らかにお願いしますよ~」

佐天さん「結!」ズサァア

初春「今度は多重結界じゃないようですけど大丈夫なんでしょうか… 」

白井「さすがに結界一枚だけは無理があるような気がしますの」




美琴「いっけえ!レールガン!」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:41:33.73 ID:IJ0NsVmu0.net
白井「佐天さんがいませんの」

初春「どこにいったんですか佐天さん!」

佐天「こっちですよ」

美琴「あんな遠くに…避けられた?いや、でもたしかに当たった感触が」

佐天「いやーびっくりしたー初めて使っちゃったよー」

初春「いったいなにしたんですか?」
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:43:01.48 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「んーわかりやすくいえば空間と空間を繋いで移動したんだよ」

白井「テレポートしたってことですの?」

佐天「結果的にはそうなりますね」

美琴「驚いたわ…まさかテレポートまでできるなんて」

佐天「制御が難しかったので予定とは違う場所に出ちゃいましたけどね」

初春「これ、もうレベル5でもいいんじゃないでしょうか」

白井「そうですわね…もう一度身体検査してみてはどうでしょうか」
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:45:20.73 ID:IJ0NsVmu0.net
佐天「いっや~それが意外と弱点があるんですよね~」

佐天「白井さんみたいに相手の場所がわからないと攻撃できませんし」

佐天「空身は相手の能力に直接か結界で触れるかしないと発動できませんし」

佐天「他にも結界張るのにも距離に限界があったり」

佐天「なにより滅は危なすぎて使えませんよ」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:44:03.75 ID:dD8AoY0Ti.net
この佐天さんレベル5いってるだろ
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:50:01.05 ID:qsSm3ZwD0.net
強すぎワロタ
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:52:19.00 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「たしかに制限は色々あるわね」

白井「それにしても応用力の高さに驚きましたの」

佐天「まあ、とにかくもう色々と試したのでこれからどこか行きませんか?私お腹減っちゃって」

初春「私もですー朝からジャッジメントの仕事でなにも食べてません」グッタリ

美琴「そうね…じゃあファミレス行きましょうか」

白井「いいですわね!わたくしパフェが食べたいですの」

白井「ここはお姉さまと食べあいっこするチャンスですのねグフフ」

初春「白井さん、思考が駄々もれですよ」

美琴「はぁ…佐天さんお願いがあるんだけど」コソコソ

佐天「はい、オッケーです」

佐天「式神」ポンポン

美琴「黒子のこと監視しておいてね、よろしく」

佐天式神「「わっかりました!結!」」ズサァア
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:53:53.24 ID:IJ0NsVmu0.net
美琴「さ、じゃ皆いきましょうか」

佐天「私あれ食べたい!おでんパスタ!」

初春「またそれですか佐天さん飽きないですねー」



白井「お姉さまひどいですの!!」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:55:28.97 ID:IJ0NsVmu0.net
おわりですチャンチャン
結界師わりと好きだったから書いた
処女作だしもうss書くことないと思うので批判とか色々どうぞ

この書き手の次回作:

佐天「FFの魔法が使える能力かぁ」

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/01(木) 23:57:39.55 ID:QyPx64Xh0.net
佐天「この中でなら初体験一番早そうなのって初春だよね」
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/02(金) 00:15:14.71 ID:qfPuVJ8X0.net
結界ってのれるのか?
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/02(金) 00:17:26.17 ID:HAnBviqh0.net
>>35
乗れるよ
かなり便利

関連スレ:

佐天涙子 能力目覚めたシリーズ
(書き手はバラバラです)

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク