八幡「青春ラブコメ以前に色々間違ってる」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 02:00:37
独身「お前眼も腐ってっけど頭の中も大概やな」

八幡「すんません」

独身「あかんわ、お前ちょい矯正せなあかんて。ほれ部活入れたるわ」

八幡「俺の意思は?」

独身「あると思うか?」

八幡「ハハッ」


独身「入るでー」ガラガラ

ゆきのん「っ!」ビクッ! バタンッ

八幡「アラサー先生、あの洗濯板娘突然ブッ倒れましたけど」

独身「気にすんなアレは重度のコミュ障害でスグああして死んだフリすんねん」

ゆきのん「」チーン

八幡「よく入学出来たなそんな欠陥人間」
2 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 02:10:21
独身「んじゃ、後よろしく」ガ゚ラガラ

八幡「ちょっ、せめて何か説明を…」

八幡「うっわ行っちまったよあのエターナル独身女…で、俺ここで何すればいいの?そもそもここは何をする部活なの?」

ゆきのん「」チーン」

八幡「どうでもいいけどパンツ見えてるんですけど」

ゆきのん「っ!」バッ

八幡「嘘ですよ」

ゆきのん「っ!」バタンッ

八幡「擬態すんなし!話が進まねぇよぉ!」


八幡「とりあえず自己紹介するぞ。比企谷さんちの八幡です。尊敬する偉人はロビンマスクです」

ゆきのん「…」ビクビク

八幡「おーい、せめて名前ぐらい教えてくれよ。話進まない」

ゆきのん「…じゃ、じゃあ…まずこの縄を解いて…?」グスグス

八幡「だって解くとすぐ死んだフリするじゃないですか」
3 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 02:22:50
ガハマ「やっはローゼンメイデン!」バァン!

ゆきのん「ヒィィ!」ビクビクッ」

八幡「うわぁ何だ何だ!?」

ガハマ「ねぇねぇどんな事でも助けてくれる何でも部ってここでいいの?」

八幡「いや俺も知らねぇけど。何?この学校そんなスケット団みたいな組織あるの?」

ゆきのん「」ブクブクブク

ガハマ「あーっ!黒髪ロング貧乳美少女が椅子に手足縛り付けられたまま白目むいて泡吹いてるし!」

八幡「気にしないでください。あれはこの部を象徴するオブジェらしいですから」

ガハマ「なら安心だし!」

ガハマ「んで相談なんだけど!」

八幡「すいません俺部外者なんで」

独身「お前今日から奉仕部やで」ガラガラ

八幡「え?」

独身「きばりやー」ガラガラ

八幡「なんて日だ!」
4 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 02:28:10
ガハマ「クッキーの焼き方教えて!」

八幡「クックパット見ろよ…」

ガハマ「見てもよくわかんないし!」

八幡「じゃあ食戟のソーマでも読めよ」

ガハマ「あれただのエロマンガだし!」

八幡「ビスコでも勝ってきて箱から出して詰め替えればいいんじゃね?」

ガハマ「それだし!」

八幡「それでいいのかよ」

ゆきのん「…うう~ん……やめて姉さん…私カラ松じゃなくて一松派なの…」

ゆきのん「…はっ!わ、私は今まで何を…」

ガハマ「じゃあ早速キヨスクでビスコ買ってくるし!」ドダドダ

ゆきのん「ヒィィッ!」ビククンッ!

八幡「あ、また気絶した」
5 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 02:36:17
カマクラ「次の日」


八幡「入部扱いらしいから一応また来て見ましたよ」ガラガラ

ゆきのん「」チーン」

八幡「うわっ!そういや椅子に縛りっぱなしだったわ!」

八幡「おい生きてるか!?心臓は……駄目だ、絶望的に胸がない…くっ!」

ゆきのん「う、…うぅ…」

八幡「よかった生きてた!八幡この歳で殺人犯とか嫌だもん!」

ゆきのん「…、おなか…すいた…」グギュルルル

八幡「昼飯の残りのチーズフォンデュならあるぞ?」

ゆきのん「あ、ぅ…」

八幡「ちよっと待ってろ。今暖めなおしてやるからな。えーっとコンロにガスボンベに…」

ガハマ「やっはロケットモンキー!」ガラガラッ!

ゆきのん「ひぃぃっ!!」ビククンッ!

八幡「うぉっ!ビックリしたまたお前かアホおっぱい」

ガハマ「酷い言い草だし!」
9 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 14:01:41
鬼才現る
10 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 18:30:51
八幡「今はアホと関わってる場合じゃないんだ。今すぐにでもこの欠食児童に栄養補給せねば」

ゆきのん「」チーン

ガハマ「何か食べさせればいいの?じゃあコレあげる!」グリグリ

ゆきのん「モガモガモガ」

八幡「おいおい流石に鼻の穴からオレオは食えないだろ」

ガハマ「穴間違えちゃったし!」ゴリゴリ

ゆきのん「あばばばばばば」

八幡「耳からも無理じゃないっスかねぇ」

ガハマ「じゃあほかに穴、穴…あ、そうだ!」

八幡「おーい、どうしてパンツ脱がせようとしてんだマニアックすぎだろそのプレイ」

ゆきのん「タスケテネーサン」
11 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 18:35:23

ゆきのん「…生きてるってスバラシイね…」クスンクスン

ガハマ「元気になってよかったし!」

ゆきのん「ありがとう。貴女は命の恩人よ。えっと……七里ヶ浜さん?」

八幡「命の恩人なのに名前覚えてねえのかよ」

ガハマ「由比ヶ浜だし!呼びにくかったら気さくにチャーリーって呼んでくれてもいいよ!」

八幡「チャーリーのチャの字もねぇだろ」

ゆきのん「ええ、そうさせてもらうわファービー」

八幡「由比ヶ浜もアレだけどお前も早々頭アレだな」

ゆきのん「ヒィッ!ま、また縛り上げて放置プレイする気っ!?このゲテモノ!」

八幡「それを言うならケダモノな。っていうか一晩中部室で縛られてたのかよ。家族とか心配しなかったのか?」

ゆきのん「私、一人暮らしだから…」

ガハマ「友達もいないっぽいしね!」

ゆきのん「っ!し、失礼ね……ちゃんといるわよ!脳内に2人ぐらいは」
12 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 19:38:14
八幡「で、えーっと…ゴルドドライブとかいったっけ?」

ゆきのん「雪ノ下雪乃よ。誰が金ピカマッドサイエンティストなのかしら」

八幡「この部って結局何する部なんだ?」

ゆきのん「ふふん、そんな事も知らずにノコノコとやってきたのかしら。目だけじゃなくてその頭の中身も腐っ」

八幡「セイッ!」パンッ!

ゆきのん「ひぃぃっ!!」ビビクンッ

ガハマ「ちょっと!脅かしたら可哀想だし!」

八幡「すまん、何かイラッとしたからつい…。ってか手ぇ叩いただけで失神すんなよ」

ゆきのん「」ブクブクブク

八幡「おーい起きろー。部活説明してくれよー」ペチペチ

ゆきのん「う、うーん……こ、ここは…魚の取り方を、教える、部…」

八幡「なるほど」

ガハマ「釣り部だし!」

八幡「釣りかぁ、結構嫌いじゃないな」

ガハマ「私も入部するし!」
13 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 20:07:46
カマクラ「それから八幡達奉仕部は抜群のコンビネーションで次々とトラブルを解決していった」

葉山「ば、バカな…!ラケットの代わりに釣竿を使っているのに負けるなんて…!」

八幡「ふぅ、俺が偶然108式波動球を打てなかったら危なかったな」

ガハマ「ひっきーハンパないし!

ゆきのん「」ゼヒー、ゼヒー


八幡「スカラシップって知ってるか?」

川越「知らない」

八幡「俺も」

八幡「お金欲しいならパチンコとか競馬やったら?」

川越「それもそうだね」


ガハマ「部活動順調だし!」

八幡「そうだな。あーしさんは108式真正面から食らっちゃったから未だにフェンスにめり込んでるけど」

ガハマ「サキサキなんて万馬券当ててそのお金パチンコに注ぎ込んだら億万長者になったし!」

ゆきのんな「そうね…雪ノ下グループ乗っ取られたぐらいだし、すごいわね」クスン
14 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 20:55:50
青春もラブコメも微塵も感じられませんわ
16 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/23(火) 23:37:43
いろいろ酷いのに何故か読んぢゃうw 悔しいっ(ビクンビクン)
19 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/24(水) 03:59:25
ゆきのん「お、お茶いるかしら…」ビクビク

八幡「あ、悪い俺マッ缶と小町の入った後の風呂の湯以外飲まないことにしてるんだわ」

ガハマ「午後ティーのほうが美味しいし!」

ゆきのん「くすん…」

ガハマ「あ、そう言えばウィッキー!」

八幡「誰が街頭英語インタビューの外国人タレントだ」

ガハマ「間違えたし!アッキー!」

八幡「誰がモバマスのプードル犬だ」

ゆきのん「」プフッ

ガハマ「うわっ、ゆきのんが噴いたし!」

八幡「おいおい大丈夫か?鼻の穴から紅茶出てるぞ」

ガハマ「人間ポンプだし!」バシバシ

ゆきのん「げほ、ごほっ、ごほっ!」

八幡「おい由比ヶ浜、こういうとき背中は叩くんじゃなくて摩るもんだぞ。雪ノ下呼吸出来なくなってるじゃねえか」
20 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/24(水) 04:10:13
カマクラ「そんなこんなで3人が馴染み始めたのも束の間、ふとした事で入学式の日に八幡が庇ったベンガルトラが由比ヶ浜のペットだった事、そして八幡を轢いたロードローラーに乗っていたのが雪ノ下だということが発覚した」


八幡「いや、もう済んだことだしどうでもいいわ」

ゆきのん「ごめんにゃさい…」

ガハマ「気にしないでいいし!サブレもヒッキーも無事だったんだし!」

八幡「流石に俺はロードローラーと正面衝突したんで怪我ぐらいは負ったんですけど」

八幡「あれから全治3日の虫歯を負ったんだからな」

ゆきのん「ご、ごめんなしゃい…」ビクビク

ガハマ「細かいことは気にしないし!」

サブレ「あの時は助けていただいて本当にありがとうございました」オグオグ

ガハマ「ほら、サブレもこう言ってるし!」

八幡「そうだな。ほら、いつまでも泣くなよ雪ノ下」

ゆきのん「比企谷君、由比ヶ浜さん…」グスン


陽乃「あのー…さっきからお姉ちゃんこのデッカい虎に齧られてるんだけどなぁ~?」ドクドク
21 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/24(水) 04:22:53
カマクラ「次回の、『青春ラブコメ以前に色々間違ってる』は」


相模「文化祭実行委員長の相模様だコルァ!」

ゆきのん「ひぃぃっ!」

葉山「ゆきにゃんを虐めるな豆腐メンタル女!」

めぐりん「やっぱり君は不真面目で最低でクズで変態でドスケベでアッパラパーだね」

戸部「海老名さんは今誰とも付き合う気がないのは分かっているけどこの気持ちはもう抑えられないので協力して欲しい」

八幡「格好いいな誰だよお前」

ゆきのん「あなたのやり方…嫌いだわ」

ガハマ「噛んじゃえサブレ!」

陽乃「あだだだだだだだっだからどうしてお姉ちゃんが噛まれるのかなぁ!?」
22 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/24(水) 04:25:02
人生初の俺ガイルSSがこの有様だよ!!しのびねえなあ、しのびねぇよ

ではまた、いつか書くかもしれない続編でお会いしましょうウサッヒャアー!
23 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/24(水) 07:23:00
これを俺ガイルSSと言い張る根性に脱帽だよ乙
24 :以下、名無しが深夜にお送りします :2016/02/26(金) 17:15:19
好き

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

ロードローラーwwww


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク