輝子「け、結婚……?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 12:59:57.52

輝子「……」

輝子(あ、も、もうこんな時間……)

P「……」カタカタ

ちひろ「……」カタカタ

輝子「……」

輝子(P……まだ仕事してるけど、さ、先にご飯……食べてていいかな……)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401940797
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:01:18.56

P「……」カタカタ

ちひろ「……」カタカタ

輝子「……」

輝子(い、いいか……親友ならゆるしてくれるな……うん)

輝子「……」ゴソゴソ

輝子(……あった……今日のお昼はキノコ入りおにぎり)

輝子「……」

輝子「……フヒ」

輝子(それじゃ、いただきます……)
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:02:03.28

輝子「もぐ……」

輝子「……フフ、お、美味し…」

ゴキュガガゴゴロロンゴ

P「……」

輝子「……」

ちひろ「……」

P「お腹減ったな」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:03:09.51

ちひろ「……ちょ、プロデューサーさん今の壮大な音なんですか」

P「いやぁ、お腹鳴っちゃいました、恥ずかしいですね」

ちひろ(私の知ってるお腹の音と違う)

P「朝から何も食べてなかったので……そろそろ昼だし何か食おうかな」

輝子(……Pもお腹……減ってるのか)

輝子「……」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:03:55.62

P(ええと、確か昼用に買ってきてたカルボナーラが……)ゴソゴソ

輝子「ぴ、P?」

P「ん?」

輝子「こ、これ……やるぞ……これ」

P「これ……おにぎり?」

輝子「う、うん」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:04:52.71

P「いやでもそれお前のだし……」

P「……」

P「待ってそれ食いかけ?」

輝子「……い、嫌? なら……こうやって……」

P「やめろもごうとするな! そんな勿体無いことすんじゃねえ!」

輝子「……フヒ?」

P「あ、いや……」

P「……輝子の食いかけとか気にしないから、俺にくれるか?」

輝子「いいぞ……親友だからな……」

ちひろ「……」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:06:18.77

P「ペロペロ」

輝子「ぴ、P? おにぎりは舐めるもんじゃ……」

P「おにぎりが美味しすぎてな、つい舐めちゃうんだ」

輝子「……それなら……し、仕方ない」

輝子「……」

輝子「……?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:06:59.98

ちひろ「……しかし二人とも本当仲良いですね」

P「そうですか?」

ちひろ「輝子ちゃんがいつもプロデューサーさんの机のとこにいるからかもしれませんけど、ずっと二人でいる印象が……」

輝子「し、親友だから……」

ちひろ「ふふ、そう……でも親友よりも恋人みたいに見えるわよ?」

輝子「こいっ……!?」

P(輝子の食いかけうめぇ)
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:07:50.81

輝子「ち、違う……違うぞ……Pとは親友で……こ、恋人じゃない……」

ちひろ「ごめんごめん、ちょっとからかってみたくなって」

輝子「分かってるなら……い、いいけど」

ちひろ「それよりプロデューサーさんも輝子ちゃんもお昼とるなら、私もお昼いってこようかな……」

ちひろ「プロデューサーさん、ちょっとしたらすぐ戻るので、失礼しますね」

P「今輝子食べてるんだから話かけないで下さい」

ちひろ「……」

輝子「わ、私、食べられてる? どこ?」

ちひろ「なんでもないから大丈夫よ輝子ちゃん……それじゃ、行ってきます」ガチャ
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:08:35.98


…………



輝子「……」

P「……いやぁ」

P「うまかった、ご馳走さん」

輝子「ほ、本当か……まだ、まだおにぎりあるぞ……食べる?」

P「それはいいよ、俺カルボナーラあるし」

輝子「そうか……」

輝子「……」

輝子「……お昼……あ、あったの?」

P「うん」

輝子「……そうか」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:09:25.29

P「しかしおにぎりにキノコとは斬新だな、最初面食らったぞ」

輝子「フフ……最高にクレイジーな組み合わせ……フフ……」

P「まぁ輝子という最高のスパイスがあったってのもあるけど、割とマジでうまかった」

輝子「……スパイス?」

P「愛情が込められてたからな」

輝子「あ、愛情……」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:09:59.29

輝子「で、でも……あれだぞ……も、元々Pのために作ってきたわけじゃなくて……愛情、じゃなくて……」

輝子「……そうだ……友情、友情が込められてた……フヒ」

P「そうか、俺ら親友だもんな」

輝子「う、うん」

輝子「愛情も……その、悪いやつじゃないけど……親友はやっぱり友情だな……」

輝子「Pとは……親友……」

P「……なぁ輝子」

輝子「な、なに?」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:10:48.77

P「俺たち親友やってもう一年経つよな」

輝子「え、いや……一年と三ヶ月半……」

P「まぁまぁ、一年以上経つわけだよな」

P「それでさ、そろそろ決めたいことあるんだけど」

輝子「……?」

P「結婚の日取り、どうする?」

輝子「……」

P「……」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:11:42.69

輝子「……」

輝子(ケッコン?)

輝子(ケッコンてあれか……あの、し、幸せになってる奴らが行う儀式のあれ?)

輝子(……)

輝子(ち、違うか……うん、違うな……)

輝子(ええと、ケッコン……ケッコン……)
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:12:19.49

輝子(……)

輝子(……血痕?)

P「……」

輝子「……」

輝子「……」ペタペタ

P「おわっ……なんだ、どうした輝子」

輝子「どこ、どこ怪我した……? 痛い……?」

P(……何言ってんだこの子)
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:13:11.14

P「おい、話聞いてたか、なんで俺が怪我してる話になるんだ」

輝子「で、でも血痕って……血……」

P「血……ああ、血痕か」

P「違うぞ輝子、俺が言いたいのはな……」

輝子「ツバつけたら……治る、かも……」

P「……」

P「……えーと、確か昼買った時にフォークがついてきたはず……お、あった」ゴソゴソ

輝子「……?」

P「フンヌ!」グサッ

輝子「!?」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:13:59.36

P「……」

P(……結構えぐれたかもな……やりすぎた)

輝子「P……! P! 刺さってる……手にフォーク刺さってる……!」

P「あぁ、刺さってるな……フンハッ!」ズボッ

輝子「ひっ」

P「……いやあ輝子怪我したわ、今俺手を怪我したよ」

輝子「え……う、うん……し、した、けど……」

P「なめろ」

輝子「フヒ?」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:14:36.12

P「ツバをつけたら……治るかもしれないだろ?」

輝子「え……」

P「ほら、早く」

輝子「いや……で、でも……」

輝子「だめ、ダメだ……これ、傷、深そうだから……ツバじゃ……」

輝子「えと、ええと……」ゴソゴソ

P「……」

輝子「ば、バンソーコー……持ってたやつ……や、やる……」

P「……」

P「ありがとな……輝子、ありがとう」

輝子「涙……でてるよ? やっぱり……い、痛い?」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:15:10.62


…………



P「……さて、なんか脱線してたが」

P「結婚、どうするよ輝子」

輝子「だ、だから今バンソーコー……あ、でも……血痕って言ってから怪我……し、したから、違うとこ?」

P「いやいや、俺が言いたいのは血の方じゃなくてだな…」

輝子「でも、もうバンソーコーない……ツバしか……」

P「……」

輝子「……」

P「……」

輝子「ぴ、P? どうした、フォーク持って下の方見て……危ない……なんか危ない……」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:15:54.22

P「……いや、なんでもない」

輝子「目が……最高にイッテた……」

P「とにかく結婚だ輝子」

P「仲睦まじい男女が結ばれる結婚だ」

輝子「……ケッコンって」

輝子「ほ、本当に……あれ?」

P「本当にあれだ」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:16:35.18

輝子「Pと……け、結婚……」

輝子「親友と……結婚、って……」

輝子「……」

P「……そんなに親友にこだわるのか」

輝子「……え」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:17:35.17

P「なぁ輝子、男女間の友情って成立すると思うか?」

輝子「す、するよ……? ほら、私達親友だろ……してるよ?」

P「……」

輝子「……し、してる……」

P「俺はな、成立しないと思う」

輝子「……」

輝子「……う、嘘」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:18:14.84

P「嘘じゃない」

P「現に俺はお前のこと、大切なやつってだけじゃなくて……異性としても……正直なとこを言えば、性欲の対象としてもみてる」

輝子「せい、よく?」

輝子「……」

輝子(それって……前に杏さんに教わった……Pがせーよくの権化って時の……意味?)

輝子「……」

P「……なぁ輝子、俺らは親友じゃなくてもっとステップアップ…」

輝子「う……ううう……!」ジワッ

P「え」

輝子「親友……! Pと私は、親友……親友だろ……!」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:18:59.42

輝子「……ううぅ」

P「……」

P(待ってこれ……え、泣くの、あのマイペースな輝子が……?)

輝子「P……!」

P「う、嘘嘘! 今までの全部嘘! 俺たちはそうだ、親友、ずっと親友だ!」

輝子「……」

輝子「……本当?」

P「ああ!」

輝子「せーよくも、ない?」

P「……」

輝子「……」

P「……ない」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:19:41.59

輝子「よ、良かった……」

輝子「でも、P……嘘つくなら、もっと楽しいのが良い……」

P「悪かった……そんなに取り乱すとは思わなくて」

輝子「……」

P「……」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:20:21.76

P(しかし参ったな……輝子があそこまで親友にこだわるとは……)

P(これじゃいつまで経っても輝子と結婚出来ねえ……どうするべきか)

輝子「……な、なぁP」

P(というか恋人になることさえ難しそうだぞチクショウ……もう輝子騙して勝手に籍とか入れる方向で頑張ってみようかな)

輝子「結婚の話も……嘘?」

P「……ん?」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:21:19.03

P「いや、その……お前さっき俺のこと親友って……」

輝子「う、嘘ならいい、いいぞ……嘘ならちょっと……アレだが……ゆ、許す……」

P「……」

輝子「……」

P「輝子」

輝子「?」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:21:56.89

P「俺とお前は親友だよな」

輝子「うん……親友」

P「そして恋人じゃない」

輝子「そ、そう」

P「……」

P「……結婚、いつがいい?」

輝子「ジメジメしてる時がいい……キノコも祝福……フフ……」

P「……」

輝子「……?」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:22:34.53

P「あのさ、もしかして」

P「結婚することに抵抗ないの?」

輝子「な、なんで?」

P「いやほらだって……」

P「結婚って恋人同士がするもんだろ、親友がするもんじゃないぞ?」

輝子「……親友だと、ダメなのか?」

P「そ、そりゃ一般的には……」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:23:13.14

輝子「でも、でもあのチョコ渡す時の奴も恋人だけじゃなくて……トモチョコ……」

P「それとこれとは規模が……」

輝子「……」

輝子「結婚……結婚すれば、お母さんやお父さんみたいにずっと、Pと……い、いれるんだよね?」

P「……まぁ」

輝子「それなら……私は……」

P「……」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:23:55.77


…………



ちひろ「ただいま戻りましたー」

P「これとかどうだ? 輝子に似合いそうだけど」

輝子「わ、分からん……こう、もっとイカしてる奴ないのか……アグレッシブなの……」

P「んー、そういう衣装での式も悪くないかも……」

ちひろ「……?」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:25:06.02

P「あ、ちひろさんおかえりなさい」

ちひろ「あ、はい……ところでパソコンで何見てるんですか?」

P「いや、輝子に似合うウエディングドレスを探してるんです」

ちひろ「……? そんな企画ありましたっけ?」

P「いや、企画というかなんと言うか……結婚するだけですけど」

ちひろ「はい?」

輝子「私と……Pの結婚……決めた……」

ちひろ「……」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:25:50.82

ちひろ「新手の冗談か何かかは知らないですけど……」

P「冗談なんかじゃ…」

ちひろ「輝子ちゃんの歳だと結婚出来ませんよ?」

P「」

輝子「そ、そうなの?」

ちひろ「うん、女の子は16にならないと結婚出来ないのよ」

輝子「……」

P「……」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:26:32.01

P(そういやそうだった)

輝子「ど、どうする、P……どうすればいい?」

P「んと……そうだな、今の時点で結婚が無理ならやっぱり……」

P「……まずは恋人とかから始めてみるか?」

輝子「……」

P「……」

輝子「Pと私は……親友じゃないと、親友じゃないとダメ」

P「……」

ちひろ「……あの、これ結局何の話なんですか?」

P「俺がいつ輝子の牙城を崩せるかの話です……」

輝子「……?」



おわり
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 13:29:32.07
雑な感じとかキャラ崩壊とか色々ごめんなさい

見てくれてありがとうございました
駄文失礼しましたー

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 13:33:39.52
輝子かわいいたぶらかしたい
おっつおっつ
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/05(木) 13:40:05.02
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/06/05(木) 14:25:32.69
おつおつ
ある意味一番ガードの堅いアイドルだな・・・

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク