神谷奈緒「背中合わせの温もり」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:01:10.11


―――


P「…………」

奈緒「…………」モジモジ…


P「…………。あのさ、奈緒?」

奈緒「っひゃあ!? な、なななんだよPさんっ」ビクッ

P「そんな驚かなくても」

奈緒「Pさんが急に話しかけるからだろ!」

P「怒るなよ……。なぁ、いつまでこうしてればいいんだ?」

奈緒「こ、こっち向くなよな! あたし、今顔見られたら恥ずかしさで死ぬ……!」

P「はぁ……ったくもう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442394070
2 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:02:32.23
奈緒「うぅ……!」

P「……滅茶苦茶ドキドキしてるな。背中でもすごく感じるぞ、どくどく、どくどくって」

奈緒「う、うっさいなぁ! ちょっとくらい静かにしてろよ!」

P「ふふ、はいはい」

奈緒「~~~っ……!」

P「…………」

奈緒「………………はぁ……」
3 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:03:46.79
P「どした? ため息吐いて」

奈緒「いや、なんでも……。顔熱くて……いくら背中合わせでも、やばい……」

P「……じゃあ離れるか?」

奈緒「それはやだ」

P「即答かい」

奈緒「……だ、だって……誕生日なんだから、さ。少しくらいワガママ言ってもいいだろっ」
4 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:05:41.39
P「俺としては、もっとワガママになってくれてもいいくらいなんだけどな」

奈緒「だ、ダメだってば! これ以上はあたしが死ぬから!」

P「さっきから死ぬ死ぬ言い過ぎだろ……せめて顔くらい見ても――」

奈緒「そんなことしたら舌噛み切ってでも死ぬ! 絶対死んでやるぅ!」

P「わ、分かった分かった! もうこのままでいいから落ち着けって!」
5 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:07:12.50
奈緒「はぁっ……はぁっ……!」

P「心拍数上がりすぎだ、奈緒……血管切れるぞ?」

奈緒「お、落ち着けなんて無理だよそんなのぉ! 今だって口から心臓が飛び出そうで……うぅぅ」

P「そんなに緊張することないだろ? いつも俺と会話する気持ちで……今日はかなりくっついてるけど」

奈緒「い、いつもか、いつも、いつも……? ……あれ、いつもってどんな話してたっけ……!?」

P「ダメだこりゃ」
6 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:08:41.36


―――


奈緒「ふぅ、ふぅ……うん、なんとか落ち着いてきた、かも……」

P「やっとか」

奈緒「うあああ喋んないで! Pさんの声が背中伝わって体に響く!」

P「どうしろと……」

奈緒「ちょ、ちょっとでいいから静かにしてて……!」

P「ん。…………」

奈緒「はぁ……はふ」
7 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:11:11.41
P「…………」

奈緒「…………。あ、あのさ」

P「…………」

奈緒「今日は、ありがと。……プレゼント、ほんと嬉しかった」

P「うん」

奈緒「っ! ……で、でさ? あ、あたし、もっと頑張るから……さ」

P「…………」

奈緒「来年も……また、誕生日……お祝いしてよね」
8 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:12:14.60
奈緒「Pさんの……プロデューサーとしての名に相応しいアイドルに、絶対なるから……」

奈緒「絶対トップに立つから……。み、見守ってて……?」

P「……分かった。一緒に頑張ろうな」

奈緒「! ……へへ、うん。一緒に……!」

P「ふふ」

奈緒「あ、あとっ! 来年は、その……」

P「ん?」

奈緒「今度こそ、向き合って……Pさんの顔見て、祝ってもらえたらいいな……なんて」
9 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:14:30.79
P「……へへへ」

奈緒「な、なんだよ……!」

P「奈緒はかわいいなぁ。撫でくり回してやろうか」

奈緒「う、うっさいバカ! バーカ!」

P「ひどいなぁ、ははは」

奈緒「あーもぉ~……! と、とにかく! これからもちゃんとプロデュースしろよな!」

P「分かってるよ。任せとけって」
10 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:17:05.54
奈緒「ん、任せるから……ずっとずっと、ずーっとPさんがプロデューサーでいてほしい」

P「おう。奈緒に嫌われない限り、ずっとな」

奈緒「そんなのあり得ないっての……バカ」

P「あはは、そっか?」

奈緒「うん、そうだよ。……よろしく、お願いします。――あたしのプロデューサーさん!」

P「ああ、こちらこそ。よろしくな、俺のアイドルさん!」
11 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:18:49.21


―――


奈緒「もう少し、こうしてていいかな……? Pさんの背中、あったかいんだ」

P「うん。奈緒の背中もあったかいから……いつまででもいいよ」

奈緒「――へへ♪」



おわり
12 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 18:20:27.65
というお話だったのさ
今年の親愛度MAX奈緒可愛すぎかよ!ってなって衝動的に書いた。満足した!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/16(水) 18:45:39.89
乙!
背中合わせになるにあたって髪はどうしたんだろうか…
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/16(水) 18:45:55.55
かわいいなり
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/16(水) 20:55:52.41
スタドリ飲んでる場合じゃねぇ
宝石買いに行かないと!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク