春香「プロデューサーさんが子供になった!?

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 22:45:19.71
春香「プロデューサーが子供になった!?」

小鳥「どこでそれを聞いた!?」

春香「私のリボンに隠し事はできませんよ!」フフフ

小鳥「仕方がないなぁ、はい、この通り」ダキッ

p「お姉ちゃん誰?」チンマリ

小鳥・春香(か・・・かわええぇ)キラキラ

p「?」

春香「で、でもどうして子供になっちゃったんですか?」

小鳥「えっと、私の予想だけど子供になった時・・・。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 22:48:41.14
-----2時間前-----  AM8:00

P「ふぅ、次に現場行くのが、3時間後か、春香も来てないし
  今のうちにこの書類の山を片付けるか・・・。」ハァ

小鳥「お疲れ様です」コトッ

P「あ、音無さん。ありがとうございます」ズズズ

小鳥「頑張ってくださいね、プロデューサーさん」フフフ

  「・・・あら?雨だわ、さっきまで晴れてたのに」

P「通り雨でしょう、きっとすぐ止みますよ」

小鳥「そうですね、今は書類を片付けないと」テキパキ

ゴロゴロ、ピカッ ドンガラガッシャーン

小鳥「停電?雷が事務所に落ちたのかしら?」
  「いまブレーカーあげますねー」カチッ

p「おねぇさん誰?」

小鳥「えっ・・・。どこの子かな?プロデューサー?」

p「僕pって言います、おねぇさんは?」

小鳥「あ、音無 小鳥よ。」プロデューサードコイッタノ…マサカ‥

p「ここどこですか‥お父さんとお母さんどこー?」ウルウル

小鳥「あ、泣かないで!ほら、飴ちゃんあげるから」

p「ありがと」グスン

~~~~~~~~~~~~~~~~
6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 22:51:54.75
~~~~~~~~~~~~~~~~
小鳥「。。。と言うわけなのよ」

春香「なるほど・・・怪しいのは、雷だけど・・・そんな話聞いたことなし・・・。」
  「あれ、プロデューサーが子供になったってことは・・・お仕事どうしましょう」

社長「ウォッホン、現場までは私が送ろう。大体の話は聞かせてもらったよ」

春香「あっ社長、おはようございます」 オハヨウ

小鳥「じゃぁしばらく、私が預りますね」デュフフフ、オットヨダレガ

竜宮組「「「「ただいまー」」」」

小鳥「おかえりなさい、見て下さい!この子!!」

律子「誰の子を拉致ってきたんですか、警察に突き出しますよ」

小鳥「ピヨッ!?そんなことしません!失礼ですね!!」

亜美「あれ?兄ぃcは?」

小鳥「プロデューサーならここにいますよ」

律子「何言ってるんですか?」

小鳥「だから!この子がプロデューサーなんですよ!」

p「初めまして!pと言います!」

竜宮組  ポカーン…。
8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 23:03:30.42
小鳥「実はカクカクシカジカ」

律子「そんなこと、ありえ・・・てるのよね・・・。」

あずさ「あら~可愛い子ですね」

小鳥「でしょ!?私もう1時間以上一緒にいて、理性がぶっ飛びそうです!」

律子「とりあえず、ちゃんと合う服を着せてあげましょうよ」
  「たぼだぼのスーツじゃ可愛そうですよ。」

小鳥「それもそうですね・・・。子供服でも買ってきますか・・・。」

亜美「んっふっふーそれなら亜美に任せて!待っててねー!買ってくるから!」バタン

律子「大丈夫かしら・・・。」

小鳥「ふふふ・・・楽しくなりそうだわ」

~~~~~~~~30分後~~~~~~~~~~~~~~

亜美「ただいま→」

小鳥「おかえりなさい、どんな服買ってきたの?」

律子「亜美、ちゃんとした服買ってきたんでしょうね~?」

亜美「ちゃんと買ってきたよぅ!ジャッジャッジャーン!ゲロゲロキッチンの蛙のきぐるみ!」

律子「コレのどこがちゃんとした服なのよ!」ゴゴゴ

亜美「あうあー、言うと思ったけど、コレが良いと思ったんだYO!」

p「何!?この服来ていいの!?お姉ちゃん!」キラキラ

律子「気に・・・入ってるの?え、えぇ君が気に入ってるならいいわよ」アセアセ

亜美「んっふっふー、律っちゃん亜美のセンスをなめちゃいかんですよ」     
10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 23:12:43.07
中身も子供なのは珍しいね。
11 :>>7 ごめんよ一生懸命頑張ってみるよ :2014/03/10(月) 23:13:18.26
伊織「亜美、他の服は買って来てないの?」

亜美「うん、そだよー」

小鳥「なら仕方ないわね、うん」

律子「この服で、決定ですか・・・。」

p「うんしょ・・・。」ヌギヌギ

小鳥「ホ、ホワァ!!カメラ!カメラ!」ハナヂダラー

律子「え!ちょっとここで着替えるの!?」

p「へ?うん、そうだよ?」ココニソデトオシテ

小鳥「後で、保存用と観賞用で焼き増ししましょう・・・。」ジー

p「着替えれた!どうかな?」キラキラ

一同 o O(か・・・かわええええぇ)

律子「・・・ッハ!?あ!もうこんな時間!みんな次の現場行くわよ!」
  「小鳥さんはその間暴走しないでくださいね!」

亜美「p~しばしの別れだ・・・。許しておくれ・・・。」

律子「ほら行くわよ!」 ウァァー
12 :>>9 そういうアドバイスありがたいです。ナシで注意してきます :2014/03/10(月) 23:18:47.88
社長「それじゃ、私達も行こうか」

春香「はい!あっ、ちょっと待ってください…えっと‥あった、はいクッキーだよ」

p「ありがとう!いま食べてもいい?」ニコニコ

春香「うん、いいよ。お姉ちゃん今から仕事行ってくるから、帰ってきたらいっぱい遊ぼうね」

p「うん、待ってる!」パクパク

小鳥(春香お姉ちゃんとショタプロデューサー・・・・イケる!!)

春香「それじゃ、いってきまーす」   イッテラッシャイ
13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 23:23:07.49
-------- PM0:30

小鳥「もうこんな時間だわー、p君そろそろお昼ご飯食べましょうか」

p「うん!お腹すいたー!」グゥ

小鳥「んーじゃぁp君好きなものは何?」

p「ハンバーグ!!」

小鳥「ハンバーグかー、よし、じゃファミレスに行きましょうか!」 オキテガミカイテット
  「さ、いきましょ」

p「いこー!」バタン
15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 23:30:55.15
----------ファミレスまでの道

小鳥「そういえば、p君っていくつ?」

p「5歳だよ!」

小鳥「5歳かぁ、それじゃもうすぐ小学生だね!」

p「うん!小学校楽しみ!お姉さんはいくつなの?」

小鳥「(子供相手なら、いいよね・・・。)・・・・29歳よ」

p「29歳なの?そしたらお母さんとおんなじだね!」

小鳥「あら、そうなの?それじゃ今だけママって呼んでもいいんだよ?」フフフ、ナンテイッタリシテ

p「・・・じゃ、じゃぁママ…手繋いでいい?」モジモジ

小鳥「・・・ピヨッ!?ももも、もちろんいいわよ!」ダラダラ

p「えへへ♪・・・?ママ鼻血出てるよ?」

小鳥「大丈夫!大丈夫だから、手繋いでようね!」
16 :>>14 了解しました。つけていきます :2014/03/10(月) 23:41:51.47
----------某ファミレス 「ガ○ト」 にて

小鳥「さぁついたわ」 ラッシャーッセーナンメイサマデー フタリデ 禁煙席オネガイシマス

小鳥「はい、メニュー表、好きなの頼んでもいいわよ」

p「やったー!んーっとね!あっ!これがいい!」

小鳥「お子様ランチのハンバーグセットね、それじゃ注文するわよ」 スイマセーン コレとコレオネガイシマス 

~~~~~5分後~~~~~~

オマタセシマシター オコサマランチノハンバーグセット と チーハンセットデス

小鳥「さぁきたわよ、それじゃ食べましょうか」

p「うん、それじゃ 「「いただきます」」 」

p「」モグモグモグ

p「おいしー!」キラキラ

小鳥「チーズハンバーグも美味しわぁ・・・」

小鳥「p君ママのチーハンも少し食べる?」

p「うん!食べるぅ!」キラキラ

小鳥「はい、それじゃ あ~ん」

p「あ~ん」パクッ

p「美味しいです!」

小鳥(ホントは大人のプロデューサーさんとこういうことやりたいけど、コレもありよね!!)


17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 23:45:02.94
見知らぬ大人の女性に「おばちゃん」と言わないあたり
このpは優秀だなw
18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/10(月) 23:54:41.99
「「ごちそうさまでした」」

小鳥「それじゃ、帰りましょうか」

p「うん!」

------------何もなく帰宅  PM2:00

「「ただいまー」」

雪歩「あ、おかえりなさ・・・・い!?」

雪歩「だ・・・だだ、誰ですか!?その子!?」

真「おかえりー、どうしたの雪歩?・・・えっ?」

小鳥「あー・・・カクカクシカジカ」

雪歩「なるほど、そうだったんですか・・・。」

真「ってことは、その子がプロデューサーですか?」

p「ぷろでゅーさーってだーれ?」キョトン

小鳥「どうやら精神とか記憶とかいろいろも、子供の時のだけなのよ」ボソッ

小鳥「ここで働いている、頼りになる人のことだよ」

p「へぇーそうなんだ」

小鳥「それじゃ、私はまたお仕事するから、p君、雪歩おねぇちゃんと真お兄ちゃんに遊んでもらってね?」

真「お兄ちゃんじゃありませんー!」

p「ママ、ふたりとも綺麗なお姉ちゃんだよ?」キョトン

真「p君ーーーー!一緒に遊ぼっか!なにしてあそぼう!」ダッコ

雪歩「それより、ママってどういうことですか?」

小鳥「えっと、それはー、カクシカ」

小鳥「ほら、雪歩ちゃんもp君と遊んであげて!」

p「雪歩お姉ちゃんもあそぼー」  アッウン  ナニシテアソボウカ  カクレンボ!!

小鳥(アイドルが一人増えたみたいで、騒がしくなったわねぇ・・・フフフ)

19 :>>17 きっとPは礼儀正しく育ってきたんですよ :2014/03/11(火) 00:04:13.46
------------PM 6:00

小鳥「ふぅ、やっと一段落ついたー」

小鳥「コーヒーでも淹れようかな・・・。あら?」

p・真・雪歩「」スヤスヤ

小鳥「遊びすぎて疲れちゃったのかな?」フフフ、オット カメラカメラ   パシャッ

ガチャ

春香「ただいま帰りましたー!」

社長「ただいま」

小鳥「シィーッ!・・・おかえりなさい」ユビサシチョンチョン

春香・社長「?えっ!」 「ほほぅ、これまた可愛いな」

小鳥「しばらく寝かせてあげましょう」

春香「そうですね」
 
20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 00:17:26.86
---------- みんな帰ってきて PM8:00

春香「それじゃ私はそろそろ帰りますね!」

千早「あ、それなら私も帰るわ」

「あら~じゃぁ私も」「私も帰ります」「そうね、私も帰るわ」「私も」「自分も帰るぞ」「美樹も帰るの」

p「う~ん・・・。ん…おはようございます」  アッオキチャッタ

春香「そういえば、p君ってしばらく何処で生活するんですか?」

小鳥「それは決めてないわねぇ・・・。私の家でもいいk」

律子「それはこの子が危ないので、ダメですね」    ピヨッ!?

春香「それじゃこの中にいるアイドルの家に、暫くの間、一泊ずつ泊めるのは?」  アッソレイイネ  ウッウーサンセイデスー

律子「んー・・・。そうね、事務所や、小鳥さんの家に泊めるよりかは、安全かもね」

春香「ですよね!それじゃ自分の家に泊めてもいいって人~!」

一同「「「「「「「「「はーい」」」」」」」」」」

律子「全員、遊ぶ気まんまんね・・・。」

春香「それじゃココは公平に、くじ引きで決めましょう!」

春香「ここに13枚の内、1枚にだけ p って書いた紙を入れてあります!それを引いた人の家で!」

「「「「「「「「「せーの」」」」」」」」」

安価とかやったことないけどこれでいいのかな、


>>22 で小鳥さん以外のメンバーの765プロだったらだれでもいいです。
22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 00:23:23.39
雪歩
25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 00:31:04.03
子供になっても天然ジゴロなんだなww
26 :みなさん、案外見てくださってるんですね、ありがとうございます。 :2014/03/11(火) 00:36:35.56
【Ver.雪歩】

雪歩「あっ、私ですぅ」  ウァウァーイイナーユキピョン シカタナイワネコンヤハユズッテアゲルワ ピヨッ…。

雪歩「p君、今夜私のお家に泊まりに来る?」

p「うん!雪歩ねぇちゃん好きだよー!」ダキッ

雪歩「えへへーそっかそれじゃ帰ろっか」  エッアノユキホガオトコノコアイテニ!? イヤマッテコドモダカラダイジョウブナンジャナイカシラ アーナルホド

一同o O(それにしても、いいなぁ、抱きつかれるとか・・・。)

小鳥(いいもん、ママって呼ばれるだけ・・・。グスン)

雪歩「それじゃ帰りますぅ、お疲れ様でした。」

p「バイバーイ、また明日」ブンブン ノシ



27 :やっぱり、天然ジゴロのイメージは取れませんね :2014/03/11(火) 00:44:06.39
-----------萩原組 萩原家前

雪歩「はい、ついたよ。ここが私のお家だよ」

p「うわーーー!すっごく大きい!今日ここで泊まれるの!?」

雪歩「そうだよ、それじゃ中に入りましょうか」

男衆「「「「「「お嬢!お帰りなさいませ!!!」」」」」

リーダーらしき者「む?その子はどちらの子で?」

雪歩「カクカクシカジカだから、今日は泊まってもらうね」

男衆「「「「「はい!!」」」」」」

p「すごーい!なんか社長さんみたいだね!!」

雪歩「そうかなぁ・・・そうだ、p君お腹空いてる?」

p「うん、もうお腹ペコペコだよぉ」

雪歩「それじゃ、荷物置いて、ご飯にしましょう」

オマエラーナベノジュンビダー オジョウノタイセツナオキャクサマニメイワクカケンナー ナベダ!カニニシヨウ 蟹!
28 :雪歩が雪歩じゃない気がしてきてしまった・・・。 :2014/03/11(火) 00:55:52.24
----------PM 8:30

p「うわぁ!蟹がそのままお鍋に!」キラキラ

雪歩「p君は初めてかな?モウしばらくしたら食べれるからね」

p「うん!初めて!楽しみだなぁー」ワクワク

ソロソロイインジャネェノ ヨッシャー ソレジャ

「「「「「「「「「「「「「いただきます!!」」」」」」」」」」」」」」」

雪歩「p君、器にとってあげるね、カニとヤサイとニクダンゴと・・・はい、どうぞ」ニコッ

p「わーい!ありがとう・・・んー?こうかな?ん゛ん゛ー!!・・・あれ?」ショボン

雪歩「p君もしかして、蟹の食べ方わかんない?」

p「うん、この硬いところが邪魔で食べれない・・・」

雪歩「貸してごらん、こことココをもってこうする、その後に、ここを取ると・・・、はい、あ~ん」

p「あ~ん、パクッ・・・美味しいぃー!ありがと、雪歩お姉ちゃん」

雪歩「///・・・どういたしまして///」


ガッハッハー オマエオジョウガスキカ!?  ウン  ソウカソウカーオマエトハイイサケガノメソウダー  オサケ?  オトナニナッタラワカルサー    アイツアトデオジョウニニワニウメラレルナ…。



29 :お風呂TIME!! :2014/03/11(火) 01:12:09.78
--------------PM 10:00

「「「「「「「ごちそうさまでした」」」」」」」

雪歩「ご飯も食べたし、お風呂はいろっか」  ガタッ    ギロッ    スッ…。   ジブンオユハッテキマス  アリガトネ

p「うん、そうするー」

雪歩「それじゃ、いこっか」

-------お風呂--------

ガラガララッ     カポーン

p「うわぁ!広ぉい!」ウワァヒロォィ   !?自分の声が帰ってきたよ!雪歩お姉ちゃん!

雪歩「そうかなー、はい、目瞑ってー」ザバー

p「んーっ!ッハー」ブンブン

雪歩「先に髪と体を洗いましょ、シャンプーするね」ゴシゴシ

雪歩「はい、流すよー目瞑ってー」  んーっ! ザバー

雪歩「次は体だね、背中洗ってあげるから、後は自分でするんだよー?」ゴシゴシ

p「はーい、次は僕がお姉ちゃんの背中を洗ってあげるね」

雪歩「はい、タオル。洗ってくれる?それじゃ先に髪を洗うね」ゴシゴシ

p「うん、待っててねー」ザバー  ゴシゴシ 

p「いくよー、うんっしょ、っしょ」コシコシ

雪歩(かわいい・・・///)

p「雪歩お姉ちゃんの背中すべすべだねー」ザバー

雪歩「そう?ありがとね// プロデューサーさん 」ボソッ

p「今何かいったー?」

雪歩「なにも言ってないよー、よしじゃぁ湯船に浸かろうか」

カポーン  キャッキャウフフ              チクショウウラヤマシイゼ

30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 01:19:47.73
---------お風呂あがり PM11:00

雪歩「お風呂から、あがったら眠たくなっちゃったかな?」

p「う~ん・・・。」ウツラウツラ

雪歩「フフ、それじゃお布団に入りましょうか」

p「うん・・・。」コテン

雪歩「おやすみなさい」

p「・・・おやすみなさーい」

・・・・・・グスン

p「雪歩お姉ちゃんまだ起きてる?」

雪歩「起きてるよ、どうしたの?」

p「お母さんとお父さんの事思い出しちゃって…。」

雪歩「そっか、そういえば突然だったもんね、よし、今晩は一緒に寝よっか」オイデ

p「いいの?」

雪歩「いいよ、こっちにおいで」

p「うん、ありがと、お姉ちゃん・・・スゥ」スゥスゥ

雪歩「寝たかな?・・・おやすみなさい、プロデューサーさん。フフ」
31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 01:21:58.47
こっからは、分岐になるんですけども、どうしましょうか・・・。
雪歩の布団の中で、戻ってる→おしまい
        戻ってない→別の子になるんですけども・・・。

>>32さんに決めてもらいます。
32 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 01:25:31.08
あずさ
33 :それじゃ、あずささんで終わりにしますね。 :2014/03/11(火) 01:31:22.25
------------AM 8:00

雪歩「んーっよく寝た、プロデューサーは・・・そのままだよね」ヨカッタヨウナワルカッタヨウナ

p「う~ん・・・おはようございます・・・。」コクンコクン

雪歩「ふふ、顔洗いにいこっか」

p「うーん」ウツラウツラ

-------顔洗ったり、朝食食べたりして-----  AM11:00

雪歩「それじゃいってくるね」

男衆「「「「いってらっしゃいませ」」」」

p「いってきます!」



34 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 01:39:30.44
-----------事務所 到着 AM11:30

雪歩「おはようございますぅ」

p「おはようございます」

「「「「おはよう」」」」

亜美・真美「「今日は「亜美達」「真美達」と一緒に遊ぶんだぁー」

p「あそぼー!」 デナニシテアソブノ コレデショウブダ ダイラントウスマッシュブラザーズ? ウン


春香「そういえば、昨日、雪歩ちゃんはp君と何してたの?」

雪歩「えっと、お鍋で一緒にご飯食べて、一緒にお風呂入って、同じ布団で寝ましたぁ」

春香「のワの<後ろ2つがおかしいぞ?」 クソッワタシダッテ…。

35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 01:43:14.75
----ーーーーーーーーーー なんやかんやありまして、PM 8:00

春香「さぁ!この時間が来ました!p君争奪くじ引きー!」ドンドンパフパフ

一同(今日こそは・・・。)

雪歩(今回も引けたらいいなぁ・・・。)

春香「それじゃ、皆さん引いてください。みんな引きましたね」

春香「それじゃぁせーのっ!!」バッ バッ バッ

あずさ「あらー今回は私ねー」
36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 01:53:41.77
あずさ「p君、それじゃ一緒に帰ろっか」

p「うん!よろしくね!」ニコッ

一同(キュン・・・///)

「それじゃまた明日」「ばいばーい」「あふぅ、帰るの」

--------------PM8:30

あずさ「ここが私のお家よー、すぐにご飯作るわね」

p「わー・・・。綺麗な部屋だなぁー・・・。あっこのクッションモフモフだぁー」モフモフ

あずさ「なんだか子供ができたみたいだわぁ・・・。運命の人との・・・」クスッ



あずさ「はい、できたましたよー、野菜炒めと、マカロニサラダ、ご飯よ 材料なくてありあわせしかなくてごめんなさいね」

p「ううん、どれもとっっても美味しそうだよ!」

あずさ「そうかしら、それじゃ、  「「いただきます」」  」

あずさ「ご飯は多めに炊いたからお代わりありますよ」

p「んーっおいしぃー!」キラキラ

p「これならいっっぱいお野菜食べれる!」

あずさ「あらあら~普段から好き嫌いしちゃだめですよ?」

p「は~い」ムゥー…。



37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 02:09:41.54
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「「ごちそうさまでした」」

あずさ「お粗末さまでした」

あずさ「それじゃ食器洗うからその間くつろいでてね、その後お風呂入りましょ」

p「は~い」フゥーオイシカッター

あずさ(綺麗に残さず食べきってる…。親御さんがきちんと育ててる証拠ね)カチャカチャ  


あずさ「それじゃ、お風呂入りましょうか」

p「はーい」トテトテ

ガラッ

p「ん~っ・・・!」プルプルプル ピトッ

p「床が冷たくないー!暖かいー」ペタペタ

あずさ「床暖房入れてあるからね はい、目瞑ってー ザバーっ」 ザバーッ

p「んーっ・・・」

あずさ「はい、体洗ってー」   ハーイ

p「背中あらいっこしよー!」

あずさ「あらー、それじゃ あとで背中洗ってね」ゴシゴシ

p「うん!   はい、交代ー!」

 「んしょんしょ」 ゴシゴシ

あずさ(可愛いわねー・・・///)

p「はい!終わりー流そー!」      そうね、はいザバーッ

あずさ「家のお風呂はチョット狭いから、詰めて入ろうね」

p「どうやって入るの?」

あずさ「そうねー・・・。それじゃ、背中をこっちに向けてー  えいっ  よいしょ、これで入りましょ」どたぷーん

p「あずさお姉ちゃん、なんか柔らかいものがあたってるよ?」

あずさ「詰めて入ってるから仕方ないの」  ホラ100ビョウカゾエテアガリマショ
    
38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 02:13:39.27
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あずさ「ふぅいいお湯だったわね」

p「」すぅ・・・すぅ

あずさ「あらあら~立ったまま寝てるわ~・・・。お布団は、1つしかないし、一緒にベッドで寝ましょうか」

あずさ「p君 後チョットだけ動いてねー」

p「は~い・・・。」ウツラウツラ   ボフン

あずさ「それじゃ私も、おやすみなさい・・。これくらいは許されるよね?」 オデコにチュッ

あずさ「おやすみなさい、プロデューサーさん」

39 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 02:18:07.82
-------------ーあずさ家 AM6:00
P「んーっ・・・。ここはどこだ?・・・おわっ!?」

P「どうして、どうしてあずささんが横で寝てるんだ・・・。」

あずさ「んー?あら~プロデューサーさんおはようございます~。」

P「あずささん、どうして俺はあずささんの家で、しかも同じ布団で寝てるんですか?」アセアセ

あずさ「あら~覚えてないんですか~?」

あずさ(おでこにキスしたのが効いたのかしら・・・。まさかね、フフフ)

P(俺は意識のないときに何をやらかしてしまったんだぁああああああああああああ)



おしまい
40 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 02:20:43.49
ホントは、全員の家に1泊ずつさせて最後に社長の家で戻ってしまうっていうストーリーのはずだったんですが、
もう眠たくて眠たくて・・・。
初SSで見難いところも多々ありましたが、呼んでいただき有難う御座いました。

もうちょっと考えて、書き溜めして置いたほうがいいですね・・・。

全く俺は、受験の前日になんて事をしてしまったんだ・・・。

それでは お疲れ様でした。
42 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 02:26:05.88
面白かったよ

43 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 02:28:36.67
おい受験生wwwwwwwwwwww
乙、受かってたら他のアイドルの分も書いて欲しいな

おすすめスレ:

小鳥「プロデューサーさんが子供になった」


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

おもしろかったけど、これ2年近く前のSSなのか

とあるSSの訪問者

受験前日が本当ならマジで何やってんだw
ちゃんと受かったのだろうか


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク