渋谷凛「色気で堕とす……」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:18:19.30

※キャラ崩壊

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449184699
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:19:53.01
渋谷凛「はい、ちひろさん。頼まれてた住宅情報誌」

千川ちひろ「ありがとう、凛ちゃん。お釣りはとっといて♪」

凛「十円……。ちひろさん引っ越しでもするの?」

ちひろ「楓さんの引っ越しに触発されましてね~。同じ一人暮らしの私も心機一転、新しい住まいへと思って」

凛「へ~……。それでプロデューサーは?見当たらないけど」

ちひろ「やだこの子。私に全く興味がない」

凛「冗談だよ。いい物件があるといいね。で、どこ?」

ちひろ「そのおざなりっぷりが逆に気持ちいい……。プロデューサーさんならもうすぐ帰ってくると思うけど」

モバP「ただいま帰りました~」

三船美優「お疲れ様です」

前川みく「ただいまにゃ~」

輿水幸子「お疲れ様で~す。カワイイボクの帰還ですよっ」

凛「噂をすれば……みんなおかえり。珍しい組み合わせだね」

モバP「そうなんだよ。完全にブッキングミス。すいません美優さん。周り芸人ばかりで大変だったでしょ?」

美優「いえ……楽しかったですよ?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:20:27.70
モバP「美優さんは優しいから……嫌なことはちゃんと言ってくださいね?」

美優「はい。ふふ……ありがとうございます」

みく「……ちょっとPチャン?みく達には何もないの?」

幸子「よもや、ボク達を芸人扱いしてないですよね?」

モバP「してないしてない。……バラエティー色の濃ゆい、愉快な女の子だとは思ってるけど」

みく「……幸子チャン。こやつを今日知り合ったゲイ人に紹介するにゃ」

幸子「そうですね。とっても気が合いそうです。あちらの方もPさんに熱い視線を送ってた気がしますし」

モバP「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

ちひろ「アホですね~」

凛「でも……みく?ホントに紹介しちゃ駄目だよ?」

みく「うおぅ……思わぬ圧が……」

モバP「みく、口調口調」

美優「幸子ちゃんも……ね?」

幸子「ひぃ!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:21:16.41
ちひろ「男だろうが女だろうが、プロデューサーさんに近づけたくないんですねぇ……」

モバP「……滅多なこと言わんでください」

ちひろ「はいはい。あ、そうだ。礼子さんのグラビア、最終チェックお願いします。礼子さんはこれでオッケーだそうです」パサ

モバP「そうですか。あの人ギリギリアウトでもオッケー出すから、気をつけないと……」ペラ

凛「うわ、すごい大胆だね。……プロデューサー、いやらしい目で見てない?」

モバP「礼子さんを守る為のチェックなのに、いやらしい目で見れる訳ないだろ」

凛「……こんなにセクシーなのに?色気を感じることが出来ないの?」

モバP「それとこれとは別なの。実際の礼子さんにはドキドキしっぱなし」

ちひろ「お?意外ですね。不能かと思ってました」

モバP「……言葉に気をつけて下さい。子供もいるんですよ?」

ちひろ「さーせん」

凛「でもプロデューサー、わた……ここに居る子がモーションかけても平然としてるじゃん。不能って思われても仕方ないよ」

モバP「こらこらこらこらっ」

みく「Pチャン、その程度の下ネタならみく達は平気にゃ!」

幸子「……あまり積極的に言われても困りますけど」

モバP「言わんて……」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:21:55.65
凛「それで?礼子さんにはドキドキして、わた……幸子には平然としてるってなんでなの?」

幸子「ボク!?モーションかけた覚えはないんですが!?」

モバP「例えかけられたとしても幸子じゃなぁ……」

幸子「むっ!色気の塊のボクに向かってっ!……ふふん!しょうがないですねぇ。特別サービスです!チラっ」スッ

モバP「……うん。今後に期待。たれ目に色気を感じました」

幸子「ちょっと!太ももっ!ボクは太ももを出しましたよ!?」

モバP「幸子の歳で太ももを見せつけられても……。いいじゃん、たれ目で」

幸子「よくありませんよ!パンツですか!?パンツを見せればいいんですか!?」

モバP「色気もへったくれもねぇな、おい」

幸子「ああっ!もう!!」

みく「ドンマイ、幸子チャン」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:22:56.91
凛「……で、年下には色気を感じないってこと?」

モバP「いや、そういう訳でもないんだけど……。みくなんか妙に色気を感じる時あるし」

みく「にゃ!?」

モバP「スタイルがいいってのもあるんだけど……う~ん、猫キャラだからか、こいつパーソナルスペースが狭いよな。それでかも」

みく「にゃふふ……幸子チャン、ごめんにゃ?みく色気があるみたい」

幸子「くぬぅ……」

凛「でも、割とわた……幸子ってプロデューサーにくっついてるよ?」

幸子「だからなんでボクがっ!?」

モバP「そう言われると、やっぱスタイルなんかなぁ?」

幸子「あ゛あ゛っ!!なんか腹立つぅ!!」

みく「んふふ~。PチャンPチャン、お膝に乗ってあげようか?みくからも特別サービスにゃ」

モバP「ばかばか。そんなんされたら欲情して……」

美優「Pさん?」

モバP「じょ、冗談です。小粋なプロデューサージョークです」

美優「そうですか……若い子に欲情しては……いけませんよ?」

モバP「は、はい」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:23:55.26
ちひろ「ホント、アホですね~。凛ちゃん、所詮この人はおっぱいなんですよ、おっぱい」

モバP「ひっでぇ言い方っ」

凛「スタイルか……むぅ……」

モバP「いや、それだけでもないよ?雰囲気でも……」

凛「例えば?」

モバP「美優さん」

美優「!?」

モバP「今、後ろに髪を纏めてるから、うなじがイイ感じにグッとくるよね」

美優「ぁぅ……」

凛「……雰囲気?」

モバP「……なんて言うか……未亡人感?」

美優「……」

モバP「あ、やべ…………怒りました?」

美優「はい。こんな言い方はなんですが……私は傷物ではありません」

モバP「す、すいません」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:25:08.66
美優「でも心は傷つきました」

モバP「どうすれば……えっと……」

美優「……この前、夜景の見える素敵なバーを教えて貰ったんです。でも一人じゃ行きづらくて……」

モバP「ぜひ、ごちそうさせてくださいっ!」

美優「ふふ……ありがとうございます」

モバP「ふぅ……。ちなみにどこにある店なんです?」

美優「最近出来たホテルの最上階にあるみたいなんですが……」

モバP「ホ、ホテルですか……。それはマズイような……」

美優「大丈夫です!業界関係者御用達でマスコミ対策も万全なところですからっ!!」ガタッ

モバP「じ、じゃあいいのかな?」ビクン

美優「はいっ!いいんですっ!!」

モバP「で、ですか」


美優(ふふ……やったやった!……夜景を見ながらPさんとっ!その後は……きゃあきゃあ!)

凛(喰われるっ!)ススス!

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:25:49.74
みく「……クネクネしてる美優チャンと、鬼気迫る表情でスマホを操る凛チャン……」

幸子「なんとな~く、考えていることが透けて見えますね」


美優「それじゃ今夜にでも……」

和久井留美「ちょ、ちょっと待って!」バタン

モバP「うおっ!……どうしたんです?そんな慌てて」

留美「ん……はぁはぁ……。んんっ!話は聞かせて貰ったわ。P君、勢いに流されるなんてらしくないわよ」

モバP「その前に、どこで話を聞いて……」

留美「そんなのは些細なことよ。アイドルとプロデューサーが二人きりでホテルに行くことに比べたらね」

モバP「……そう言葉にされると、やっぱりマズイですね。美優さん、今回は止めて、今度大人組みんなで行きましょう」

美優「あぁぁ……」

留美「ごめんね、美優。こればっかりは私も全力だから」

美優「ぁぅぅ……勇気出したのに……」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:26:54.16
凛「……自分で留美さん召喚しといてなんだけど、留美さん速すぎ」

みく「ホントに全力なんだにゃ……」

幸子「あの必死さ、Pさんが好きなのか結婚に焦ってるのか分からないですね」


留美「ふぅ……ちょっと汗かいちゃったわね」パタパタ

美優「る、留美さん!そんなに胸元開けたら……」

モバP「……」

留美「あら?珍しいわね。P君が性的な目で見てくるなんて」

モバP「違いますがな。ただ、鎖骨に流れる汗っていうのも色気があるなって」

留美「それは性的でないの?ふふっ」

モバP「いやいや、さっきまで色気云々の話をしてたんですよ」

留美「なんでまた」

モバP「礼子さんにドキドキするって言ったら、凛の知的欲求を刺激したみたいで」

留美「……それは私も気になるところね」

モバP「そ、そうですか」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:27:40.31
凛「……それで、結局プロデューサーが一番色気を感じるポイントはどこなの?」

モバP「そう言われてもなぁ。ぶっちゃけ、色気を感じるところをあげていったらキリがないんだよ」

凛「……じゃあ、誰に一番色気を感じるの?やっぱり礼子さん?」

モバP「それを聞いてどうすんの……」

凛「参考にするから」

モバP「……凛。お前にジューシーでポーリーな道は進められない」

凛「アイドルの方向性についてじゃないから。いいから、答えて。誰なの?」

モバP「えぇ……。ん~……酔ってるときの楓さん」

凛「……私お酒飲めない。却下」

モバP「め、めんどくさぁ……。じゃあ、さっきまでに言った色気ポイント、これを全部兼ね備えてる人で!誰だとかは知らん!」

凛「むぅ……そんな人だったらプロデューサーは堕ちるってこと?」

モバP「あ~はいはい。恋の大海原にぼっちゃ~んと堕ちますよ~」

凛「もう!真面目に聞いてっ!」

モバP「わかったわかった。それより、そろそろ仕事の時間だから準備しろ。……そう言えば、美波遅いな」

凛「わかってない!もうもうっ!!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:28:23.85
新田美波「すいません!遅れましたっ!!」

モバP「おー。珍しいな遅刻なんて」

美波「ちょっとラクロスの練習に夢中になっちゃって……」

モバP「確かに結構汗かいてるな。もう少し時間あるから、着替えてきな」

美波「はい!」タタッ

モバP「焦って走ったらコケるぞ」

美波「キャっ!」カツッ

モバP「ほら言わんこっちゃない」ハシ

美波「ぁ……すいません……」

モバP「あ、あぁ。うん……」


みく「……ポニーテール、そして綺麗なうなじ。暑さからか、ボタンを外して若干緩くなった胸元……」

幸子「その鎖骨に流れる汗……。ほどよく肉付きがあり、ラクロスによって引き締まっている絶妙なバランスの太もも」

みく「そんな美波チャンは魅惑的なたれ目……」

凛「……あっ!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:29:14.63
美波「……」

モバP「……美波?」

美波「……え?あ!ご、ごめんなさい!ボーとしちゃって!汗臭いですよねっ!!」

モバP「いや、いい匂いしかせんけど……えっと……」

美波「ぁ……ぅぅ……プロデューサー……さん……」

モバP「っ……」


みく「とっさにつまずいた彼女を支えたプロデューサー。 思い掛けなく近づく二人の距離」

幸子「彼女は思う。普段はある程度の間をとっていたが、いざ触れ合うと嫌ではない。いや、むしろ心地よいと」

みく「それはもう離れがたく、このまま身を委ねたい想いが彼女の身体を支配する」

幸子「わずかに残っている理性に反して……いや、それすらもスパイスにし、プロデューサーの背中に手を廻すと、何かを訴えるようにうつむき、縋る様にまた顔をあげた」

みく「そして、そんな彼女に潤んだ瞳で見つめられ、プロデューサーと呼ばれていた者は、ただの男になってしまう」

幸子「彼女の香りは、天使の囁きか、はたまた悪魔の誘惑か。男は霞がかった頭の中で、止まれ止まれと叫ぶが、それも空しく、彼女の瞳に引き寄せられていく」

みく「彼女もまた引き寄せられる様に、クンっと踵をあげ、一瞬深く見つめ合うと、ゆっくりと目を閉じた」

幸子「そして二人は、赤子の手に満たない合間を、溶け合うように近づき……」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:30:17.29
凛「プロデューサー!!」

留美「P君!」

美優「Pさん!」


モバP「ハッ!!……っぶなぁ!!すまん美波、あの二人の変な語りに飲まれてた」

美波「あぁぁ……もう少しだったのに……」

凛「はい、美波!早く着替えて、仕事行くよっ!」グイ

美波「凛ちゃん、後生だから続きを……」ズルズル


美優「Pさん……本当に美波ちゃんに堕ちちゃったんですか……?」

モバP「……正直危なかったですけど、それはあの二人の所為……だと、思いたい」

美優「……。みくちゃん、幸子ちゃん……今度は私にも……」

みく「美優チャン本気の目にゃ……」

幸子「ちょっとふざけ過ぎましたね……」


留美「ところで、ちひろさん。何してるの?」

ちひろ「記録映像をば」

モバP「やけに静かだと思ったら!!」

ちひろ「さあ!このデータの取り扱いに関して話し合いましょうかっ!」

モバP「悪魔めぇ……」



――――――

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:31:56.67
モバP「ただいま帰りました~」

凛「お疲れ様です……ホントに疲れた……」

美波「お疲れ様です。大分遅くなっちゃいましたね」

ちひろ「おかえりなさい。凛ちゃんそんなに疲れてるならドリンク飲む?」

凛「うん。ありがとう」カシュ

モバP「それじゃ、反省会は明日にして、今日は終わりにしよう。送らないとな」

ちひろ「それなんですけど、他に送って欲しい人がいまして……」

高垣楓「おかえりなさ~い。プロデューサープロデューサー、あのですねぇ……ん~……おかえりなさい~」ユラユラ

モバP「……え?泥酔?」

ちひろ「日本酒のイベントで試飲しまくっちゃったみたいで……」

モバP「……これもブッキングミスだったかなぁ」

楓「立ったままで何してるんですかぁ~?ほら~、こっちきて……いや、迎えにいきますね~」フラフラ

モバP「そんなフラフラになって……危ないですから、そこでストップ!!」

楓「……すてっぷ、じゃーんぷ!」ビョン

モバP「ちょっ!あぶっ!!」バフ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:33:06.79
楓「んふふ~。ナイスキャッチですよ~。プロデューサーの胸板~」ギュウ

凛・美波「「」」

モバP「と、とりあえず座りましょう!今の楓さんに凛達が処理しきれてません!」

楓「すぅ~~~んふ~~~」

モバP「嗅がないでください!ほら、座って!!」

楓「や~ですよ~。今はプロデューサーとくっついていたいんですぅ~」

モバP「こらアカン……」


凛「酔った楓さん……」

美波「手に負えないね……」

凛「でも、プロデューサーが一番色気を感じてる状態……」

美波「え!?」

ちひろ「それは、ほろ酔いの時の楓さんだと。流石にあれはないんじゃ?」

凛「だといいけど……なんか嫌な感じがする……」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:34:40.32
楓「プロデューサー、勘違いしちゃだめですよ~。こうやって抱き付いてること~」

モバP「しませんって。酔っ払いの行動にいちいち惑わされませんよ」

楓「そういう事じゃなくて~、プロデューサーだから抱き付いてるってことです~」

モバP「もう、よくわかんないッス」

楓「酔ってるからって、誰彼構わず抱き付かないってことですぅ~~~んふ~~」

モバP「だから嗅がないでください!」


凛「そろそろ引き剥がしに行こうと思う」

美波「り、凛ちゃん。目が怖いよ……」

ちひろ「……さっきのドリンクちょっと濃いかったかな……」

美波「ちひろさん!?」


モバP「もう、帰りますよ!送りますからもう少しシャンとしてください」

楓「う~……おんぶ……おんぶぅ!!」

モバP「なんでこんなに幼児化してんだ……ちひろさん、なんか飲ませました?」

ちひろ「失礼ですね!何でもかんでも私の所為にしないでくださいっ!」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:36:24.24
楓「そうですよ~。これは作戦なんですから~」

凛「……なんの?」

楓「……おんぶしてもらう為の?」

凛「きな臭いっ!この人きな臭いよプロデューサー!!」

モバP「酒臭いだけだって。はぁ……仕方ないな。ほら楓さん、おぶるんで乗ってください」

楓「は~い。んふ~」

凛「あっ!邪悪な笑みを浮かべたっ!!」

美波「り、凛ちゃん、落ち着いて」

凛「だってアレダメな奴!毒々しい!」

楓「……ごめんね?凛ちゃん。でも……うふふ」ギュウ

凛「ほら、ポイズン!メープルポイズン!!」

モバP「なんだそのトラウマになりそうな言葉は……。それじゃ、ちひろさん。凛達は任せますね」

ちひろ「了解しました。気をつけてくださいね?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:37:21.30
モバP「ういっす。じゃあ、楓さん。行きますよっと」

楓「は~い…………私は処女ですから安心してくださいね?」

モバP「……急にどうしたんですか。ホント飲み過ぎですよ」

楓「電波を受信したんです。ピリピリンって」

モバP「ウサミンに毒されてたか……」


凛「あ……あ……。ちひろさん!?駄目でしょ!?行かせちゃ駄目でしょ!?不穏なこと言ってたよ!大体、25歳で処女ってどうなの!?」

ちひろ「凛ちゃん……私は結婚と同時に喪失するのが理想だと思うの」

美波「ちひろさん……私もそう思いますよ……」

ちひろ「美波ちゃん。少しだけ胸借りていい?」

美波「はい……」

ちひろ「うぅ……」ギュウ
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:38:02.52
凛「ちひろさんがおぼこかどうかはどうでもいいのっ!このままだとプロデューサーが喰われるっ!!」

ちひろ「ひどいっ!凛ちゃんだってまだのくせにぃ!!」

美波「去年まで中学生だった女の子に何を言ってるんですか……」

ちひろ「だってだって!悔しいんだものっ!きぃ!!」

美波「……ちひろさんも疲労がポンって取れそうなドリンク飲みました?」

ちひろ「美波ちゃんもひどいっ!」

凛「そんな事よりプロデューサーがっ!プロデューサーがっ!!」

美波「……あのね、凛ちゃん。楓さん寮だったよね?寮で何か出来るとは思えないけど」

凛「っ……そっか……そうだよね……ふぅ。ごめん取り乱した」

美波「ううん。寮じゃなかったら私も止めてたよ。……ん?ちひろさん?」

ちひろ「……これ」ス

美波「住宅情報誌?」

凛「………………………………………………………………あ゛あ゛っ!!」







                                         ハッピーエンド
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:42:03.16
乙乙
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 08:50:41.82
おっつおつ☆
過去作あるなら教えて欲しいですばい
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 10:19:33.77
>>22

渋谷凛「好きな人にアピールする方法……」


渋谷凛「愛されるということ……」


モバP「みんな……今まで、ありがとう。俺忘れないよ」


渋谷凛「素直になったのに……」


渋谷凛「距離感の縮め方……」



モバP「みんな……今まで、ありがとう。俺忘れないよ」


モバP「出張から帰って来ました」


モバP「もう疲れたんだ……」


モバP「自分を見つめ直す旅なんだ」


モバP「想い出がいっぱい」


モバP「また逢う日まで」


モバP「これからは一緒に」


こんなん書いてます
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 13:00:23.90
>>28
あざーす!!
いまから読んできます!
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 13:09:13.08
あのシリーズ書いてる人か
通りでテンポいいわ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/04(金) 14:12:31.42
投下乙でした
相変わらずのテンポの良さ
あっちの続きにも期待
関連スレ:

この書き手まとめ



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク