凛「プロデューサーが寝てる……」モバP「ぐぅ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 12:54:39.92
加蓮「寝てるね」

奈緒「寝てるな」

P「むにゃ」

凛「……どうしようか?」

加蓮「寝かせとく?」

奈緒「起こした方がいいだろ。ソファーなんかで寝てたら風邪引いちゃうかもしれないし」

加蓮「優しいね、奈緒?」クスクス

奈緒「あのなぁ……」

凛「まぁまぁ。渡すものもあるし、とにかく起こそっか」

P「すやぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368849279
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 12:57:26.53
P「すー」

凛「プロデューサー、プロデューサー」ユサユサ

加蓮「Pさん、朝だよー」

奈緒「起きろー!」

P「ううん……」ゴロン

加蓮「……ダメだね」

奈緒「どんだけ疲れてるんだこの人……」

凛「……あ、そうだ」ティン
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:00:37.89
奈緒「なにかいいアイデアあるのか?」

凛「うん、ちょっと待ってて」

たたたっ

加蓮「今までにないほど目がキラキラしてたんだけど」

奈緒「嫌な予感しかしないな……起きろPさん、ヤバいぞ」ペチペチ

P「んにゃ……にゃお」

奈緒「!? にゃおじゃねーよ奈緒だよ!」ペシペシ

加蓮「なに寝言に照れてんのよ」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:03:10.08
P「んが」

加蓮「ほっぺた叩いても起きないなんて……」

奈緒「ったくもう……!」ドキドキ

加蓮「えいえい」ツンツン

P「にゅ」

加蓮「ふふっ、にゅ、だって」

奈緒「…………」ツン

P「にゃお」

奈緒「なんでだ!」

加蓮「あははっ♪」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:05:17.82
―――

凛「おまたせ」

加蓮「おかえりー」

奈緒「なに持ってきたんだ?」

凛「これですぱーんっと」スッ

ハリセン(おっす)

奈緒「嫌な予感が当たった」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:08:38.25
加蓮「わぁ、なんか寝起きドッキリみたいじゃん」

凛「でしょ? この前の収録で芸人さんがやってたの見て、私もやりたいなって思ってたの」

加蓮「私もやりたーいっ」

奈緒「絶対怒られるだろ……」

凛「奈緒、私たちは一蓮托生。どんな時も一緒だよ!」

加蓮「あとのことは任せたからね!」

奈緒「それはあたしに言い訳を考えろって言ってんだな? そうなんだな?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:12:50.90
凛「それじゃあ、景気よくいってみよう」

加蓮「おはようございまーす……!」ワクワク

P「ぐぅぐぅ」

奈緒「お、おい。まさか顔面じゃないだろうな?」

凛「……………………やっぱり痛いよね」

奈緒「やめろよ!?」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:16:10.06
凛「じゃあどこがいいかな?」

奈緒「ハリセンをやめるって選択肢もあるぞ」

加蓮「お腹とか?」

凛「それでいこう」

奈緒「あたしの意見も聞いてほしいなぁ」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:19:36.67
凛「それじゃ改めて……やぁ!」

すっぱーんっ!

P「ほぐぅっ」

加蓮「わ、大きな音」

奈緒「流石に起きるだろ、これじゃ」

凛「プロデューサー? 起きた?」

P「ん…………」

P「や、めて……ちひろ、さ…………札束で……叩か、ないでぇ……」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:29:54.65
凛「…………」

奈緒「…………」

加蓮「…………」

P「あ、ぁぁ……それ……俺、の……貯金、じゃないですか…………うぅ」

P「………………ぐぅ」

凛「……次はちひろさんの頭を叩こうかな」

加蓮「私にやらせてよ、それ」

奈緒「待て待て、あたしがやる」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:32:42.05
―――

ちひろ「なにか寒気がしましたけど気のせいですね! さぁ新緑の淑女、楓さんが待ってますよ!」

―――

P「すーすー」

奈緒「結局Pさん起きないし……」

凛「いい手だと思ったのになぁ」

加蓮「ふふふ……」

凛「どうしたの? 加蓮」

加蓮「とっておき、思いついちゃった!」

奈緒「ろくでもなさそうだな、おい」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:35:08.88
加蓮「では早速……Pさん、えいっ」

ぎゅっ

りんなお「!?」

P「ふが」

加蓮「Pさんおーきてー。……あ、起きなくていいや。あったかいねー」ギュー

加蓮「ふあ……わたしもねむくなってきたぁ」

加蓮「……くぅ」



りんなお「……………………は?」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:37:03.47
加蓮「すやすや」ムギュゥ

P「ぐぅ」

凛「…………なにこれ」

奈緒「…………さぁ」

凛「とりあえず、さ」

奈緒「うん」

凛「加蓮起こそっか」

奈緒「よしきた」

りんなお「せーのっ」



   \おきろおおおおおおおおあああああああああああああああ!!!!!/



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:40:28.10
―――

P「なんかすごい大声で起こされた。なんなのなの?」

加蓮「ほ、ほらっ! Pさん起きたでしょ、私の頭脳プレイだよ!」

奈緒「嘘つけぇ! 起こす気微塵も無かっただろ絶対!」

加蓮「う、嘘じゃないもんっ」

奈緒「ならあたしの眼を見て話せ! このバ加蓮!」

加蓮「ひどっ!?」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:42:33.82
凛「…………」ビスビスビスビス

加蓮「ちょっと凛、私の脇腹を執拗に突っつくのやめてよ痛いくすぐったい!」

凛「やだ」ビスビスビスビス

加蓮「痛っいたた! ごめん謝るからぁっ!」

P「騒がしいなぁうちの事務所は」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:44:23.54
―――
――


P「で、どうしたんだお前たち。今日は揃ってオフだったと思うけど」

奈緒「Pさんに渡したいものがあってさ。少し前から用意してたんだけど……」

P「渡したいもの?」

凛「うん。それで、今日は事務所に集まろ、って」

P「そうだったのか……ごめんな、眠気が限界で横になってたんだ」

加蓮「むしろもっと寝た方がいいよ? ちゃんと休まなきゃね」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:46:35.95
P「はは、返す言葉もないよ。ついつい頑張らなきゃってな」

凛「ふふっ、そんな頑張り屋さんのために、ってことで。はい、これだよ」

奈緒「あたしたちの感謝の気持ち、受け取ってくれよ!」

加蓮「喜んでくれたら、私たちも嬉しいな!」



りんなおかれん「いつもありがとう!」



P「あぁ……こちらこそ、ありがとう!」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:48:12.19
P「開けてもいいかな?」

奈緒「へへ、当たり前だろ?」

凛「開けてくれなきゃ困るよ」

加蓮「早く、早くっ」

P「急かすなって……よいしょ」

ぱかっ

P「おー。これは……ネクタイか!」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:52:12.05
加蓮「えへへ、どうかな? 気に入ってくれた?」

P「もちろんだよ! やっぱりセンスいいなぁ」

奈緒「これでも相当探し回ったんだ。なかなか凛が決めてくれなくて」

凛「い、いいじゃん。プロデューサーに似合うのじゃなきゃ意味ないし」

加蓮「あれもダメこれもダメー、で三時間はきつかったなー?」

奈緒「加蓮だって途中で飽きてネタに走ってたじゃん」

加蓮「むっ、奈緒も凛もノリノリだったでしょ!」

奈緒「ハロー○ティ柄とか笑うしかないだろ!」

凛「ピンクの水玉なんて悪趣味!」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:54:53.41
P「はいはいはいストップ! 悩んでくれたのは分かったから喧嘩しないの!」

奈緒「う、つい……」

凛「こ、こほん。とにかく、大事にしてね?」

P「うん。これから毎日つけてくるよ!」

加蓮「ふふ、よかった!」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:56:44.81
P「本当にありがとな。俺もお返し考えないと」

加蓮「え、いいよお返しなんて」

奈緒「そうそう、あたしらがいつも世話になってるお礼なんだから」

P「そうは言ってもな……俺だって三人には感謝してるし」

凛「うーん……プロデューサーがいいなら」

P「じゃあ、そうだな……よし、お前たちのお願いをなんでも聞こう!」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 13:58:26.87
奈緒「……なんでも?」

加蓮「なんでも?」

凛「ホントになんでも?」

P「…………俺にできる範囲内で、一つだけでお願いします」

凛「ふふふっ、分かってるよ。待っててね、すぐ決めちゃうから!」

P「ちょ、そんな簡単に!」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:00:14.22
加蓮「大丈夫大丈夫ー!」

奈緒「へへ、楽しみにしてろよPさんっ!」

きゃいきゃい あーだこーだ



P「なんだか不安……だけど」

P「ホント、いい子たちだなぁ」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:03:01.36
―――
――


ブロロン ブロロン

奈緒「Pさん、次の信号右な」

P「はいよ」

P(……まさか俺の家に行きたいだなんて)

P(それに俺の手料理、か……男の料理なんて食いたいものかなー)

P(まぁそんなわけで、奈緒オススメの安売りスーパーへ向かっているのだ)
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:05:42.00
凛「…………」プクー

加蓮「むぅー」プクー

P「そんなにふくれっ面するなよ……可愛い顔が台無しだぞ?」

りんかれ「だって!」

奈緒「あっはっは、じゃんけんに負けた二人が悪いんだからなー!」←助手席

りんかれ「ぶーぶー!」←後部座席
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:07:23.11
P「ほらほら奈緒、しっかりナビゲート頼む」ナデナデ

奈緒「にゃっ! う、うんごめん、次左……にへへ♪」

P「ほいほいっと」

加蓮「奈緒ずるーい!」

奈緒「なにがだよぉ、えへへへ」テレテレ

凛「プロデューサー、私も撫でていいんだよ?」

P「うん、待ってなー。今運転中だからなー」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:09:36.35
加蓮「ちょっと凛! 私の方がお姉さんなんだから私が先!」

奈緒「お姉さん(笑)」

加蓮「……文句あるの?」

奈緒「はっ、別にぃ?」

加蓮「むかっ!」

凛「あっほら、信号赤だよ。子供っぽい二人はほっといて、私の頭撫でてみよう?」

かれなお「なんだとー!」

ぎゃーぎゃー



P「……ったく、喧嘩するなってのに」ニコニコ



おわり
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:23:48.89
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:31:27.77
乙です
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:36:25.07
料理されちゃう展開はまだですか
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 14:58:31.62

トラプリはやっぱええなぁ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク