モバP「プロデューサーになって、甘い汁を吸ってやる!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 18:56:56.30
P「ようやく、俺をプロデューサーとして雇ってくれる事務所が見つかった」

P「プロデューサーの権力で、アイドルとあれやこれやしてやるぜ……!」

P「しかし、それが事務所側にバレたら、クビになってしまう。外面は良くしないとな」

ガチャ

P「おはようございます。今日からよろしくお願いします!」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392199016
2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 18:57:30.26
千川ちひろ「おはようございますっ! 新しいプロデューサーさんですね? 話は聞いてますよ」

P「お世話になります。それで、さっそくですが、俺の担当するアイドルは」

ちひろ「いません」

P「はい?」

ちひろ「実はうち、つい最近発足した事務所でして……今、スカウトさんがアイドルを探してるところなんです」

P「そ、そうなんですか」

P(くそ、まさか新規の事務所だったとは! スカウトなんて待っていられない、俺が好みの子を連れてきてやる!)

P「なら、俺も探してきますよ、アイドルの原石を!」

ちひろ「え、ちょっと、プロデューサーさん!? ――行っちゃった」



3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 18:58:04.76
P「さて、押しに弱そうで、可愛い子は……いた!」

P(制服を着てるし、学生だな。黒髪で長髪、そして一人。根暗で弱気に違いないっ)

P「よし、スカウトだ。……ん?」

「――ね、暇でしょ? 付き合ってよ」

渋谷凛「……暇じゃないから。どっかいって」

P「ま、まずい、先を越された!?」

P(いや、ひるんでどうする。俺は悪徳プロデューサーになる男、強引に割って入ってやれ)


4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 18:58:35.42
「面倒くせえな、いいから来いよ!」

凛「痛っ、離して!」

P「その子は俺が先に見つけたんだぞ、離れろ!」

バキッ

「ぎゃ」

P「あ、やべ、勢い余って殴ってしまった!? ――おい、起きろって、悪徳でも、さすがに傷害沙汰はまずいって!」

凛「た、助けてくれたの?」

P「なに、なんの話? それより、こいつを起こすのを手伝ってくれよ!」

凛「……そいつは起こさなくていいと思う」

P「そ、そう? 俺、訴えられないかな?」

凛「訴えられても、私が証言してあげるよ」

P「マジで!? いやぁ、よかった……」

凛「……ありがと。そっちはその気がなかったかもしれないけど、助かったから」

P「お、おう」


5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 18:59:14.12
P(待てよ、ちょっとパニックになってたが、そうえば、俺はこの子をスカウトしようとしたんじゃないか!)

P(しかし、彼女からすれば、俺は目の前で男を一人殴り飛ばしてるわけだし、印象が悪いかもしれない)

P(それにこの子、意外と気が強そうだ。ここは言葉を少なく、颯爽と去ってしまおう)

凛「その……お礼がしたいんだけど」

P「これを受け取ってくれ」

凛「これって、名刺……」

P「縁が会ったら、また会おう」

凛「え、だから、お礼――は、速い……」

凛「××プロダクション……アイドルの、事務所?」

凛「……アイドル、か」


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:00:05.33
ちひろ「すごいです、プロデューサーさん! 凛ちゃんを筆頭に、どんどん候補生をスカウトしてきちゃうなんてっ」

P「プロデューサーとして、当然ですよ」

P(頭に悪徳、がつくけどな……くっくっく)

P「こうもうまくいくとは、やっぱり今は悪魔が微笑む時代なんだ!」

ちひろ「わ、急にどうしたんですか!」

P「く、口に出てましたか! ほ、ほら、好きな台詞が、つい口から、ね?」

ちひろ「ふふ、おかしな人ですねっ」にっこり

P(悪魔じゃなくて、事務員を笑わせてしまったぜ)

ちひろ「そうだ、プロデューサーさんは、どの候補生を担当したいですか」

P「……そうですね」

P(やっぱり、色々したいから、複数がいいな。けど、多すぎると手が回らなくなるし)

P「三人のユニットで、順に――」


7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:00:36.45
P「ようやく、担当アイドルを持つことができた……」

P「これで俺は、プロデューサーの権力を振りかざし、あれやこれやできるんだ!」

P「くっくっく、今日がユニットとの顔合わせだ。芸能界の厳しさを、味あわせてやらないとな」

ガチャッ

P「おはよう、諸君!」

8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:01:16.89
凛「あ、あんたが私のプロデューサー?」 

本田未央「およ、どしたのしぶりん。なんだか焦ってない?」

凛「ちょっと驚いただけだから。それだけ」

未央「へー、ふーん、そーなんだ? ――あ、プロデューサーじゃん! よろしくねっ」

島村卯月「プロデューサーさんが担当だったんですか。一生懸命頑張りますから、よろしくお願いしますね!」

未央「あれ、しまむーもプロデューサーにスカウトされたの?」

卯月「未央ちゃんも? じゃあ、もしかして、凛ちゃんも……」

凛「私は、スカウトされたというか……お礼というか」

未央「おお!? これはなにかありそうですなー?」

P「おい、話を聞いてくれ」


9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:01:56.91
P(俺好みの女の子を集めたユニットだ。楽しみで仕方がないぜ)

P「三人とも、トップアイドルになるためには、なにが必要だと思う」

未央「なんか、プロデューサーっぽいね!」

P「茶化すな! ほら、言ってみろ」

未央「やっぱり、ファンからの声援かな」

凛「本人の努力とか」

卯月「頑張ることですね!」

未央「しまむー、しぶりんと被ってますぜ……」

卯月「あ、ごめんね、凛ちゃん」

凛「別に気にしないけど」

P「話を聞けっての! どれもあるかもしれないが、もっとも大事なのは」

P「お前たちに仕事をとってくる、プロデューサーへの、ま――」


10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:02:45.64
P(待てよ。枕営業って、俺が仕事を渡すから、成立するんだよな)

P(今の俺は新米だし、渡せる仕事はゼロ。つまり、アイドルも俺におべっかを使わないんじゃ……)

未央「どうしたの、プロデューサー。まの次は?」

P「え、あー、その、ま、ま……まことの信頼だ!」

卯月「大事ですよね!」

凛「……いいこと言うね」

P「そ、そうだろう? 俺が仕事を渡すのは、お前たちを信頼してるからだ。その信頼に、応えてくれなきゃな!」

P(なんとか誤魔化せたが、このままじゃダメだ! 早く、回せる仕事をとってこなくては)

卯月「良い人でよかったねー」

未央「うんうん、大人にしては熱血っぽいし!」

凛「……まあ、悪くないかな」


11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:03:20.04
ちひろ「三人とも、人気になりましたね……これもプロデューサーさんのおかげです!」

P「いやいや、あいつらの実力ですよ」

P(……ちきしょー! 結局、手を出せないまま、とんとん拍子に人気になってしまった)

P(どんだけ地力があったんだよ。今となっては、俺が仕事を回さなくても、勝手に仕事が舞い込んでくる状態だ)

P(俺に枕営業をする必要がないアイドルの担当なんて、してても仕方がないじゃないか!)

ちひろ「ぷ、プロデューサーさん? 苦虫を噛み潰して味わい尽くしたような顔をしてますよ!?」

ちひろ「――あ、そうえば、凛ちゃんが呼んでましたよ? 行ってあげたらどうですか」

P「凛が?」


12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:04:02.64
凛「――好き、です。私と……付き合ってください」

P(なんでこうなったんだ!?)

P「凛、気持ちは嬉しいが、お前はアイドルだぞ」

凛「そうだけど今は、プロデューサーの、気持ちだけを聞かせて」

P「俺はプロデューサーで、お前と付き合うわけには」

P(でも、アイドルと付き合うっていうのは、悪徳プロデューサーの特権、か)

P(いやいや、それはあくまで元アイドルだ。現役アイドルと付き合ったら、プロデューサーでいられないじゃないか!)


13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:04:37.89
凛「立場とかじゃないって、言ってるでしょ……!」

P「すまない、凛。俺はプロデューサーでいたいんだ」

凛「そんな」

P「お前を輝かせてやれたのも、俺がプロデューサーだったからだ。だから、これを辞めるわけにはいかない」

凛「……そっか、そうだよね。プロデューサーは、プロデューサーだもん」

P(な、なんとかなった?)


14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:05:15.53
P「すみません、ちひろさん。俺はもう、ここにはいれません」

ちひろ「え、ど、どうしたんですか!」

P(凛と気まずいし、なにより甘い汁が吸えないからな。悪く思うなよ、ちひろさん!)

P「ここでやれることは、もうやり尽したんです。俺は新しい環境で、アイドルを輝かせたい」

ちひろ「……ふふ、プロデュース馬鹿なんですね」

P(いつまでそう思っていられるか、見ものってもんだぜ)

ちひろ「時々、遊びにきてくださいね? みんな、プロデューサーさんが大好きですから」

P「ええ、もちろん!」

P(その時は芸能界の、裏の人種になっているはずだがな。くっくっく!)


15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:05:47.86
「新しいプロデューサーか。君に担当してほしいのは、ライブバトルで負け続きの、猫キャラアイドルで」

P「任せてください!」

P(夜のネコナデ声を出させてやるぜ)



前川みく「新しいプロデューサーさんかにゃ? みくは気まぐれな猫だから、そう簡単には懐かないからねっ」



みく「みくのこといっぱいほめてくれるし優しいし、みくはもうPチャンが大好きにゃあ。ほんとだにゃ!」

P(あれぇ?)


16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:06:38.33
「うちの経営はもうボロボロでね。それというのも、あのアイドルが入ってからで」

P「俺という福の神が入ったからには、心配ご無用です」

P(そのアイドルにとっては、疫病神かもしれないがな!)



白菊ほたる「私はこんな不幸体質ですけど、ファンの人を幸せにしたいんです……!」



ほたる「私わかったんです。今まで不幸だったのは、プロデューサーさんと逢うために運を使い果たしていたのかも、なんて……」

P(な、なぜだ!)


17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:07:08.59


鷹富士茄子「ふふっ、一緒に初詣なんて、何だかデートみたいですね」

P「どなた!?」



18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:07:34.80

佐久間まゆ「まゆ、Pさんにプロデュースしてもらうために来たんですよ。うふ、ステキですよね……これって運命?」

P「だから、誰なのっ!?」



19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:08:00.27
P「だ、ダメだぁ……どのアイドルも、手を出す前に人気アイドルに」

P「――そうだ、今度は自分で事務所を作ればいいんだ」

P「お金だけは妙に溜まったし、プロデューサー兼社長として、もっと前の候補生の段階で手を出してやるぜ!」


20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:08:28.49
凛「プロデューサー、今度は逃がさないからね」

卯月「凛ちゃんが移籍するって言うから、ついて来ました!」

未央「同じく! また未央ちゃんをよろしくね、プロデューサー?」

みく「みくを手懐けたのはPチャンにゃんだから、責任とってよね!」

ほたる「プロデューサーさんは、私の幸運ですから、一緒にいてほしくて……」

茄子「新しい事務所なのに、賑やかですね~」

まゆ「まゆとPさんは、赤い糸で繋がってますから、離れちゃダメですよぉ?」


21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:08:57.99

P「来るアイドル、来るアイドル、人気アイドルばかり……」

P「誰か、俺をプロデューサーにして、甘い汁を吸わせてくれぇええええ!」






                                    おしまい

22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:10:31.27
たまにはギャグというか、ゲスなプロデューサーを書いてみたかったんです、はい

呼んでくれてありがとでした

依頼だしてきます

24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:15:25.15
これほど綺麗にオチたSSをみるのは久々だ乙!
25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:20:05.97
テンポよくて面白かった
26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 19:20:07.64
おまけ

P「そうだ、事務員へのセクハラだって、悪徳じゃないのか」

P「さっそく、今日面接予定の事務員に、圧迫面接を」



ちひろ「よろしくお願いします、プロデューサーさんっ」

P「あの、ちひろさん、どうしてここに?」

カチッ

『ようやく、担当アイドルを持つことができた……』

『これで俺は、プロデューサーの権力を振りかざし、あれやこれやできるんだ!』

『くっくっく、今日がユニットとの顔合わせだ。芸能界の厳しさを、味あわせてやらないとな』

P「え」

ちひろ「今は悪魔が微笑む時代、でしたよね。プロデューサーさん?」にっこり

P「……はい」





                               ほんとにおわり
33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/12(水) 22:10:31.75
こういう勘違い物好き
出来れば続きが読みたい(チラッチラッ
36 :歩く人 :2014/02/13(木) 18:53:25.77
他のssを紹介してくれませんか?
37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 20:07:53.90

>>36 どうも、自分のスレに張り付く、作者の鑑です

モバP「幸子たちから買い物に誘われた」


豊川風花「ナースさんの衣装ですか……」


千川ちひろ「情熱的なクリスマスですね」


モバP「そして輝子は」


渋谷凛「プロデューサーも、ご飯くらい誘ってくれれば良いのに」



最近だとこんな感じ
38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 21:03:35.94
どれも面白かったわ
次も期待

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

こういうの好き


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク