千川ちひろ「情熱的なクリスマスですね」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 21:09:12.70

愛野渚「ハッピークリスマス、プロデューサーッ!」

モバP「ハッピークリスマス、渚。えらくご機嫌だな」

渚「今から大事な一戦があるからね。興奮するに決まってるよ」

P「テレビ中継で、バスケの試合でもするのか」

渚「違う、違う。試合をするのは、私とプロデューサーさッ!」

P「……なんで?」

渚「まず、プロデューサーにはお世話になってるから、今日のためにプレゼントを用意したんだ」

P「おう、ありがとう」

渚「けど、タダ渡すだけじゃ、面白くないでしょ? だから、私と1on1で勝てたら、その場であげる!」

P「まあ、構わんが、俺が負けたら?」

渚「そうだなァ……一緒に街をぶらついてから、あげることにしようか」

P「勝てるイメージが浮かばないんだが……」

渚「当然、負ける気はないよッ! ほら、早く行こう、プロデューサー!」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387973352
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:09:37.57

相葉夕美「おはよう、Pさんっ」

P「おはよう、夕美」

夕美「ねぇ、Pさん、今日の夜は空いてる?」

P「ん? あー、そうだなぁ、クリスマスなのに、すっかり空いてるよ」

夕美「やった♪ それじゃあ、一緒に見たいものがあるんだけど」

P「見たいもの?」

夕美「うん。今の時期しか、見れない植物なの」

P「冬に見れる植物……思いつかないな」

夕美「Pさんも、見たことがあると思うけどねっ」

P「俺が? 俺でも見たことがあるものなら、わざわざ見に行くものじゃ、ないんじゃないか」

夕美「一人ならね。でも、それは一緒に見に行くものだから」

P「……分からんなぁ」

夕美「えへへっ、正解は――クリスマスツリーでしたっ!」

P「え」

夕美「予定、無いんだよね? 楽しみにしてるからね♪」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:10:21.22

P「鈴帆、なにをしてるんだ?」

上田鈴帆「ん、見て分からんね? 着ぐるみの仕上げをしとーと」

P「ずいぶん大きいのを作ったな」

鈴帆「今宵限りの、特別製やけんね! 気合ば入れて、縫うとるばい」

P「今宵……ああ、クリスマスか!」

鈴帆「その通りたい! みんなに、上田クリスマスをお見舞いしちゃるけん」

P「あれ、それなら、俺が見るのはまずかったかな」

鈴帆「Pしゃんなら、問題なかとよ。ウチと一緒に、みんなを笑わせるけんね!」

P「……待て、俺も一緒って、どういうことだ?」

鈴帆「くっくっく、そこが今回の着ぐるみのミソたい!」

P「嫌な予感がするんだが」

鈴帆「この特大着ぐるみは、二人で着れるように縫っとるとよ」

P「あ、分かった。とりあえず、待て! その針の動きを止めろ!」

鈴帆「――さあ、完成ばい! Pしゃん、二人で一緒に、爆笑の渦を作りに行くっちゃ!」

P「勘弁してくれぇ!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:10:58.39

大槻唯「ほらほら、Pちゃん、カンパーイ!」

P「はしゃいでるなぁ」

唯「クリスマスだもん、はしゃがなきゃねー☆」

P「まあ、それもそうだが」

唯「でしょ? ゆいと一緒に、テンション上げてこー!」

P「ああ、ちょっとくらい、羽目を外すか」

唯「そうだ、そうだ。羽目を外して、ゆいとハグしちゃおう!」

P「ま、まあ、それくらいなら」

唯「そのままクリスマスデートだー☆」

P「ん、ん……ギリギリセーフ?」

唯「夜はお持ち帰りしちゃえ!」

P「羽目を外しすぎだ!」

唯「もう、ジョークだってばぁ。あ、でも、デートはオッケーなんだよね?」

P「え、あー、それは」

唯「言質は取ったんだから、やっぱなしはダメだよ? 聖夜の街へ、レッツゴー☆」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:11:26.25

P「ただいま帰りまし――な、なんだこれ?」

P「……大きな、靴下? しかも、なにか入ってる」

イブ・サンタクロース「メリークリスマス、プロデューサー!」

P「ぎゃ、なにをしてるんだ、イブ!?」

イブ「プロデューサーに、サプライズですよ~」

P「いや、確かに驚いたが」

イブ「うふふ、準備したかいがありました~☆」

P「というか、サンタの仕事はいいのか」

イブ「ブリッツェンに任せちゃいました~。心配ないですよ」

P「心配しかないんだけど」

イブ「あ、プロデューサーにプレゼントもあるんですぅ。受け取ってくれますか~」

P「お、それは素直に嬉しいな! ありがとう、もちろん貰うよ」

イブ「はい、どうぞ~!」

P「ん?」

イブ「クリスマスプレゼントは、靴下に入ってるものですから……私自身がプレゼントです~」

イブ「受け取ってくれますよね、プロデューサー?」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:11:51.32

赤城みりあ「クリスマス、クリスマス、プロデューサーとのクリスマスっ♪」

P「まあ、仕事なんだけどな」

みりあ「お仕事でも、みりあはプロデューサーと一緒だから、嬉しいの!」

P「はっはっは、俺もみりあと一緒で、嬉しいぞ」

みりあ「それにね、ママがPさんと一緒なら、ちょっとだけ遅くに帰っても良いって!」

P「そうなのか! それじゃあ、お仕事が終わったら、プレゼントでも買うか」

みりあ「本当に!? えへへ、楽しみだなっー♪」

P「みりあは良い子だからな。それくらいは当然だ」

みりあ「みりあは良い子……なら、プロデューサーになでなでしてほしいなーって」

P「ああ、お安い御用だ」

みりあ「やった! クリスマスって良い日だね、プロデューサー! えへっ♪」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:12:18.76

市原仁奈「P、P! 見やがってください!」

P「どうした、仁奈――いや、トナカイ」

仁奈「そうでごぜーます。今、仁奈はトナカイの気持ちになってるです!」

P「そこはサンタじゃないのか」

仁奈「仁奈は、サンタさんをサポートしてやるですよ」

P「うむ、仁奈は偉いな」

仁奈「それで、サンタさんに良い子だとアピールするです」

P「意外と打算的だな……」

仁奈「だから、P、サンタさんのところへ連れて行ってほしーですよ」

P「そうか、それじゃあ電話してみるか」

仁奈「Pはサンタさんの電話番号を、知っていやがりますか!」

P「当然だ。大人だからな。ちょっと待っててくれ」

P「あ、市原さんの……ええ、はい――仁奈、ちょっと待っていれば、事務所に来てくれるぞ」

仁奈「おお、本当でごぜーますか!」

P「ああ、サンタさんが、すぐに行くってさ」

仁奈「楽しいクリスマスに、なりそうでやがりますね!」

P「そうだな。それまでは、こたつにいるサンタと遊んでいようか」

仁奈「イブお姉ちゃんは、サンタさんなのに、事務所にいるですか……」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:12:58.28

衛藤美紗希「手帳にはお仕事の予定……でもぉ、これってある種のデートですよね♪」

P「いや、仕事だ」

美紗希「えー、男女で二人っきりなんですよぉ? しかも、クリスマス!」

P「それはそうだけど」

美紗希「クリスマスに二人で、なんてぇ、携帯小説じゃ定番ですしぃ♪」

P「二人で仕事に行くのに、定番もなにもないだろう」

美紗希「もぉー、さっきから、水差してばかりじゃないですかぁ」

P「仕事に行くのに、デート気分でいられちゃ、困る」

美紗希「なら、お仕事が終わったら、デート気分でも良いですよねぇ?」

P「ん、まあ、それなら……」

美紗希「それじゃあ、手帳に予定を入れときます~♪」

P「……飯を食べに行くだけだぞ」

美紗希「お店に行くまでにぃ、イルミネーションとかにも寄っちゃうかも?」

P「――あー、もう、分かった。デートしようじゃないか! ただ、仕事にも気合を入れてくれよ?」

美紗希「もちろん! お仕事大好きですもん♪」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:13:30.41

海老原菜帆「ケーキ、とっても美味しいですね~。Pさん」

P「ああ、甘くて美味いな。それにしても、悪いな。わざわざ差し入れで」

菜帆「Pさんと私の仲じゃないですか。気にしないでください~」

P「そのお礼というわけでもないが、これ、クリスマスプレゼントだ」

菜帆「わ、ありがとうございます~。開けて良いですか」

P「ああ、いいぞ」

菜帆「――甘そうな和菓子……嬉しいです、Pさん」

P「そうか、よかった。喜んでくれて、なによりだ」

菜帆「でも、私はPさんにプレゼントを用意してなくて~」

P「それこそ、気にしないでくれ。俺だって、明日渡す予定だったし」

菜帆「ダメですよ~。クリスマスは今日なんですから」

P「……菜帆、なんで距離を詰めてくるんだ?」

菜帆「ねえ、Pさん。欲しいものはありませんか~。今、ここで、私が用意できるようなもので」

P「お、おい?」

菜帆「例えば、とっても柔らかくて、プニプニして、ふわふわしてるような~」

菜帆「ね、Pさん? 欲しいって、言ってくれますよね~?」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:14:14.86

及川雫「アイドルになる前のクリスマスは、牛さんと一緒だったんですよー」

P「農家ってのは、クリスマスまで大変なんだなぁ」

雫「大変ですけど、牛さんと過ごせるのは、とっても幸せですから」

P「はっはっは、なら、牛の代役を務めれるよう、頑張るよ」

雫「本当ですかー。……あ、それなら、お願いが一つあるんですけど」

P「おう、なんでも言ってみろ。クリスマスだし、何でもやるぞ」

雫「Pさんが、牛さんの格好をしてるのを、見たいですー」

P「え」

雫「前に私が着た衣装で、牛さんとおそろいになれる物がありましたよね?」

P「雫、仕事が終わったら、一緒に飯でも食べようか」

雫「わ、本当ですかー。行きましょ、行きましょー!」

P「クリスマスだし、俺もちょっと奮発しちゃおうかなぁ」

雫「楽しみですねー。ご飯も、その後の牛さんもー」

P「……そうだな」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:14:47.40

片桐早苗「クリスマスを祝って、乾杯っ!」

P「乾杯! ……クリスマスなのに、事務所で飲むんですか」

早苗「クリスマスって、めでたいでしょ。めでたいなら、飲むしかないじゃない♪」

P「めでたくなくても、飲んでるような」

早苗「なによ、P君はセクシーなお姉さんのお酌より、若い子とイチャコラしたいわけ?」

P「めっそうもないですよ。早苗さんとクリスマスを過ごせるなんて、俺は幸せ者だ!」

早苗「なんか釈然としないけど、今日くらいは許してあげるっ♪」

P「いつも許してほしいです」

早苗「そしたら、P君、調子に乗るじゃない。……今だって、指摘しないのをいいことに、私の際どい部分を舐めるように」

P「見てません!」

早苗「もう、冗談だってばぁ――あ、もしかして、本当に見てたとか」

P「み、見てないですよ。もう酔ってるんじゃないですか」

早苗「確かに酔ってきたかも。体もポカポカするし、ちょっと一枚脱いじゃったり……」

P「ああ、もう、からかわないでくださいよっ」

早苗「初々しいわねー。オトナの時間は、まだまだこれからよ? うふっ♪」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:15:17.09

北川真尋「Pさん、おっはー! 差し入れ持ってきたよ」

P「真尋か。ありがとう――ん、なんだそれ」

真尋「なにって、見たら分かるでしょ。フライドチキン!」

P「それは分かる。問題は量だ、量!」

真尋「ありゃ、やっぱり買い過ぎだった?」

P「俺とお前で食べるとしても、両手に提げるほどは無理だろう」

真尋「まあ、いいじゃん。あ、シャンメリーもあるよ? 乾杯しよ、乾杯!」

P「用意周到だな。というか、こんなに飲み食いしたら、太るぞ」

真尋「どうせ走って消費するし、大丈夫だよー! ほらほら、グラス持って」

P「はいはい」

真尋「テンション低いなぁ。クリスマスなんだから、上げてかなきゃ!」

P「……それもそうだな。それじゃあ、クリスマスを祝って」

真尋「乾杯!」 

P「乾杯!」

真尋「よーし、あとはチキンノルマを消化するだけだね!」

P「やっぱりテンション下がってきたわ」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:15:45.21

喜多日菜子「むふふ、クリスマスの夜、Pさんと日菜子は事務所で二人っきり……これは何かが」

P「起こらない」

日菜子「分かりませんよぉ。日菜子の妄想では、我慢の利かなくなったPさん、いや、王子様が」

P「こんな雰囲気のない状況で、なにを我慢しろと言うんだ」

日菜子「なんでしょうねぇ? Pさんはなにを妄想したんでしょうか~」

P「……よし、日菜子。外に出るぞ」

日菜子「クリスマスデートですか~。むふふ、とうとうPさんも、その気になってくれましたねぇ」

P「ここにいたら、お前が妄想を吐き散らかすからだ! ほら、さっさと行くぞ」

日菜子「むふふ、イルミネーション……モミの木の下……二人は……」

P「いつまでそうやってるつもりだ!」

日菜子「Pさんがその気になってくれるまで、ですね~」

P「妄想をやめたら、その気になれるだろうさ」

日菜子「それじゃあ、今日だけは、日菜子の王子様になってくれますか」

P「……ひ、日菜子?」

日菜子「――むふふ、行きましょうかぁ~」

P「むぐぐ、ああ、行くぞ! その気になんて、なってたまるかぁ!」

日菜子「いけずですねぇ、Pさんは。むふふ……」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:16:26.79

喜多見柚「出会ったときと同じだねー」

P「クリスマスのことか」

柚「そうそう。運命の聖夜の奇跡とも言う!」

P「語呂が悪いし、大げさじゃないか」

柚「それなら、Pサンはアタシと出会ったの、運命じゃないって?」

P「それは、あー……運命と思いたいな」

柚「なら運命なんだよ♪」

P「ノリの軽い運命だなぁ」

柚「ノリは軽くても、私には重要なんだよ? 大事な人と出会えたんだもん!」

P「はっはっは、嬉しいねぇ。俺も、柚は大事だぞ」

柚「両思いだねー。……今年の聖夜は、どんな運命が待ってるんだろう?」

P「また奇跡が起きるのか」

柚「Pサンと会えたこと以上の奇跡なんて、そうは起きないと思うけどね。へへっ!」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:17:07.08

木村夏樹「クリスマスなのに、わざわざ来てくれてありがとな。Pさん!」

P「どうせ暇だったし、構わないよ。しかし、意外だな。てっきり夏樹は、李衣菜と過ごすものだとばっかり」

夏樹「そう思ってたんだけど、だりーが突然予定が出来たらしくてさ」

P「李衣菜にねぇ」

夏樹「色々準備してたから、無駄にしたくなかったんだ。ごめんな、Pさん。代わりみたいに……」

P「そうだな、ならお詫びに、一曲聞かせてもらえるか」

夏樹「一曲……ああ、分かったぜ! 最高に熱い曲を聴かせてみせるよ」

P「クリスマスに、夏樹のミニライブを独占できるんだ。李衣菜に礼を言わなきゃな」

夏樹「ははっ、そうだな。李衣菜も来ればよかったのにな」

「――どうしよ。なんか、中で盛り上がってる感じだし、入りにくいなぁ」

「ロックなサプライズ計画が……うう、なつきち……」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:17:36.98

小関麗奈「P、今日はクリスマスねッ!」

P「そうだな。……すまんな、クリスマスに仕事を入れたりして」

麗奈「べ、別に責めてるわけじゃないわよ――じゃなくて、これ、プレゼントよ」

P「おお、あのレイナサマからのプレゼントとは」

麗奈「それも、レイナサマ手作りのプレゼントよ。感謝しなさい!」

P「手作り! ありがとな、麗奈」

麗奈「礼なら開けてから言いなさいよ。……ふっふっふ」

P「それもそうだな。それじゃあ――」

麗奈「アーッハッハッハ! 引っかか」

P「すごいな! ホールケーキじゃないか!」

麗奈「え」

P「美味しそうだなぁ! 仕事が終わったら、一緒に食べような」

麗奈「そ、そうね。アタシが作ったんだもの。アタシも食べるに決まってるわッ!」

麗奈「――おかしいわね……最初にびっくり箱を渡してから、ケーキを渡すはずだったのに」

P「そんな計画を立ててたのか……」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:18:20.04

小松伊吹「良い映画だったね、P」

P「クリスマスにぴったりの、恋愛映画だったな。ちょっとこそばゆいが」

伊吹「あんな風になれたら良いなー。楽しそうだし、幸せそうだしっ」

P「そのうち、できるんじゃないか」

伊吹「ふーん……い、一緒に?」

P「なに?」

伊吹「あ、いや、なんでもないよっ! それよりさ、クリスマスなのに、Pも暇だよね」

P「それを言うなら、伊吹もだろう。友達とも遊ばずに……」

伊吹「だって、みんな予定があるんだもん。嫌になっちゃうよ!」

P「お、俺だって、みんな予定があるって言うから」

伊吹「へー、そうなんだー」

P「……見栄を張りました」

伊吹「だよねっ♪ そんなかわいそうなPとは、アタシが一緒にいてあげる!」

P「はいはい、ありがたいよ」

伊吹「それじゃ、次はダンスクラブにでも行こっか! 聖夜を明かすような、情熱的なダンス、見せてあげるねっ!」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:18:48.51

冴島清美「はいはーい、注目!」

P「なんの騒ぎだ、清美」

清美「よくぞ聞いてくれました! プロデューサー、今日はクリスマスです」

P「そうだな。俺たちは仕事だが」

清美「そう、その仕事が、なくなってしまうかもしれません!」

P「な、なに!?」

清美「クリスマスという行事は、アイドルたちの風紀を大きく乱す行事! 今日、なにかあれば、すぐにでも仕事がなくなるでしょう」

P「まあ、確かにそうかもしれないな」

清美「そうならないためにも、私たち風紀委員が、見回りを強化しなければならないんです」

P「……そうだな。みんなにも、あまりハメを外さないよう、言っておくか」

清美「それだけでは足りませんよ!」

P「そ、そうか。それじゃあ、なにをするんだ?」

清美「仕事が終わり次第、ふ、二人で街を見回りに行きましょう!」

P「なあ、清美。それ」

清美「ショッピングモールや、レストランなんかが怪しいですよね! ルートに入れておきます」

P「あー、うん、そうだな。そうと決まれば、早くお仕事を済ませなきゃな」

清美「そうです、お仕事が済んだら、超☆デートですよ!」

P「……今、デートって」

清美「い、言ってません!」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:19:16.07

沢田麻里菜「クリスマスの海って、どんなものかしら」

P「はい?」

麻里菜「Pくんは気にならない? クリスマスの海」

P「見たことはないですけど、いつもと変わらないんじゃないですか」

麻里菜「もう、情緒がないわね! お姉さんがそう言ってるんだから、見に行きましょうか、くらいは言わないと」

P「え、ああ、誘ってくれてたんですか」

麻里菜「そうよ。せっかく会いにきたのに、Pくんったら、ずっとお仕事してるんだもの」

P「だって、仕事ですし」

麻里菜「なら、終わったら、行きましょうか」

P「ぜひとも。クリスマスに一人は、ずいぶんと寂しいので」

麻里菜「決まりね。うふっ、海だけじゃ済まないかもね!」

P「……手はだしませんからね」

麻里菜「どうかしら。クリスマスは、異性が魅力的に映る日だから」

P「クリスマスじゃなくても、麻里菜さんは魅力的ですよ」

麻里菜「あら、口説かれちゃった! 仕事終わり、楽しみにしてるからね♪」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:19:42.04

首藤葵「プロデューサー、鍋の具合はどうかなー?」

P「悪くないんじゃないか」

葵「沸騰しとるかどうかを、聞いとるの!」

P「あ、そうなの。少し泡だってきたな」

葵「それじゃあ、弱火にしてから蓋を閉めて欲しいっちゃ」

P「分かった。……なあ、もっと簡単なもので良いんだぞ? カップラーメンとか」

葵「クリスマスに、なにを言っちょるとね。今日くらい、ご馳走させんさい!」

P「けど、葵の帰りも遅くなるし」

葵「プロデューサーが送ってくれれば、問題ないっちゃ」

P「それはそうだけど」

葵「それに、あたしだって今日くらいは、だ、大事な人といたいし……」

P「はっはっは、葵はおませさんだなぁ」

葵「ませとるだけかは、今日分かるっちゃ」

P「え」

葵「いっぱいおもてなしするから、覚悟しといてね、プロデューサー?」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:20:14.16

城ヶ崎美嘉「さっぱり進まないねー」

P「先方に連絡はしてあるが、こうも渋滞が酷いとはなぁ」

美嘉「ま、仕方ないよ。二人きりのクリスマスを、満喫しちゃおっか♪」

P「狭い車内で、なにを満喫できるんだか」

美嘉「色々あるっしょー★ ……あ、プロデューサーが考えてるような、エロいことじゃないよ?」

P「考えてないやい! ――おっと、少し進んだな」

美嘉「この分だと、まだまだ時間がかかりそうだね」

P「せっかくのクリスマスなのに、なんかすまんな」

美嘉「お互い様でしょっ! それに、ドライブデートみたいで、悪くないし★」

P「それにしては、雰囲気が足りないけど」

美嘉「うん、出して良いのー?」

P「出せるのか」

美嘉「……プロデューサーしだい、かな」

P「じゃあいいや」

美嘉「なにそれ、ノリが悪い!」

P「ノリで出されてたまるか!」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:20:51.74

城ヶ崎莉嘉「今年はブリッチャンもいないんだねー」

P「あいつなら、イブと一緒にコタツのとりこになってるぞ」

莉嘉「Pくんとクリスマスデートにも行けないし!」

P「Pくんならコタツで」

莉嘉「ここにいるでしょっ! もう、適当な返事ばっかりするんだから」

P「そうへそを曲げるんじゃない。仕事が終わったら、少しくらいは付き合ってやるから」

莉嘉「本当!? やったー! Pくんとクリスマスデートだー☆」

P「門限があるから、本当に少しだけどな」

莉嘉「えー、クリスマスだよ? ちょっとくらい大丈夫だってば」

P「クリスマスだから、余計にダメだっての」

莉嘉「ちぇっ、Pくんのイジワル! ――あ、でも、プレゼントはあるんだよね?」

P「……も、もちろんだ」

莉嘉「だよねっ☆ えへへ、楽しみだなー♪」

P「そ、そんなに良いものじゃないかもよ?」

莉嘉「とか言って、Pくんのことだから、とっておきを用意してるんでしょ!」

P「え、いや」

莉嘉「よーっし、そうと分かれば、今日のお仕事はバリバリやっちゃうよっ☆」

P「……どうしよ」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:21:23.10

杉坂海「おはようございますっ! Pさん、いるー?」

P「おう、いるぞ。どうした、海」

海「どうしたって、クリスマスなんだから、Pさんにプレゼントをあげにきたのさ」

P「本当か! わざわざありがとうな」

海「包み方が分からなかったから、そのままだけど……はいっ」

P「おお、マフラーか。それも手編みの」

海「男の人が欲しいものとか、思いつかなかったんだ。えっと、どうかな?」

P「嬉しいぞ、すごく嬉しい!」

海「そっか、良かった! ……まだ、仕事なの?」

P「いや、ちょうど終わったところなんだ。――海、これから暇か」

海「悲しいことに、暇なんだよね。実家だったら、家族で過ごすんだけど」

P「それなら、一緒に飯でも食べないか」

海「……ウチも一応女だし、クリスマスに誘われたら、期待するよ?」

P「アホ、飯を食べるだけだ」

海「もしかしたら、熱い夜になっちゃうかも? へへっ!」

P「なってたまるかっ!」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:21:48.40

仙崎恵磨「うおぉー、スゲー! イルミネーションがキラッキラしてるよ!」

P「凄いだろ、凄いだろ? いやぁ、良い場所を探したかいがあるよ」

恵磨「サンキュー、プロデューサー! クリスマスに、こんなに女の子っぽいところ、来れるとは思わなかった!」

P「俺も、恵磨とここに来れるとは、思ってなかったなぁ」

恵磨「休みが被ってて、良かったね!」

P「まったくだ! ……そうだ、近くに商店街があるんだ。ついでだし、そこでプレゼントも買ってやるよ」

恵磨「マジで!? っしゃー! プロデューサーとショッピング、テンション上がってきたぁー!」

P「こ、これ以上に上がるんだな」

恵磨「もちろん! ……もしかして、声が大き過ぎた? でも、嬉しくてさっ!」

P「まあ、いいだろう。クリスマスくらい、みんな大目に見てくれるさ。ただ、ファンに見つからないようにな」

恵磨「うん、気をつける! ――あ、プロデューサー、ほら、あそこ! あそこ行こうよ!」

P「……ほ、本当に気をつけてるのか」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:22:20.55

相馬夏美「サンタの衣装とか、着てみたいわね」

P「ちひろさんみたいな?」

夏美「そうそう、そういう感じ! Pさんが思わず見ちゃうような、セクシーなのをね♪」

P「まるで俺が、スケベのように」

夏美「違うの? Pさんにだったら、私は気にしないのになー」

P「否定はしません」

夏美「うふふ、正直者には、クリスマスデートをプレゼント!」

P「サンタ衣装で?」

夏美「してほしいの?」

P「……まさか! でも、仕事を早くに終わらす、理由ができましたよ」

夏美「サンタ衣装が、そんなに好きなの!」

P「違います。夏美さんとの――あー、いや、言わせないでくださいよ」

夏美「言ってもいいのよ? そしたら、サンタ以外の衣装だって、ね♪」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:22:49.27

ナターリア「プロデューサー、大丈夫カ。疲れてるなら、今度でも良いヨ?」

P「心配ないさ。ちょっと事務で時間がかかっただけだからな」

ナターリア「そっか……でも、良かった。今年のクリスマスも、プロデューサーといたいと思ってたからナ!」

P「ああ、俺も思ってたぞ!」

ナターリア「ん? プロデューサーもプロデューサーといたいと思ってたノカ」

P「いやいや、ナターリアといたいんだよ」

ナターリア「そっか、そっかー♪」

P「それじゃあ、寿司でも食べに行くか」

ナターリア「おお、スシ! 高いヤツ、食べていいノ?」

P「もちろんだ! ……回る寿司だけどな」

ナターリア「ナターリア、気にしないヨ! プロデューサーと食べれるなら、それでイイヤ♪」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:23:18.66

並木芽衣子「クリスマスに旅行って、素敵だよねっ!」

P「フィンランドにでも行くのか」

芽衣子「イブちゃんなら、案内してくれるかも?」

P「どうだろうな、日本で追い剥ぎに遭う奴だし……」

芽衣子「そ、そんなにスリリングなのは、怖いかな」

P「というわけで、外国はやめて、近場で済ませようじゃないか」

芽衣子「近場かー……、クリスマスに巡るとしたら、やっぱりイルミネーションとかかな♪」

P「ふむ、イルミネーションか。他には?」

芽衣子「他? そうだねー、ショッピングとか! 旅行って感じじゃないけどねっ」

P「……それじゃあ、仕事が終わったら、そこら辺を回ってみるか」

芽衣子「え、二人で?」

P「あ、いや、嫌なら別に」

芽衣子「嫌じゃないよ! 今からワクワクしてきちゃう♪」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:23:46.44

南条光「次で最後のお仕事だねっ」

P「そうだな、光。……なあ、クリスマスなのに、こんなに仕事を入れて、良かったのか」

光「もちろん。クリスマスにも、アタシの活躍を求めてる人は、たくさんいるから!」

P「それはそうだけど、家族と一緒に過ごしたりとか」

光「家族とは、仕事が終わってからでも、過ごせるよ。でも、ファンはアタシと過ごせないんだ」

P「……光は、ヒーローだもんな」

光「そう、アタシはアイドルでヒーローなんだ。求めてくれる人には、手を差し伸べなきゃね!」

光「――それに、アタシはPとだって一緒にいたいしさっ」

P「そっか、そっか。それじゃあ、気合を入れて、お仕事をするか!」

光「ああ、クリスマスを明るく照らす、アイドルヒーローの登場だね!」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:24:14.62

難波笑美「Pはん、Pはん! このままやとまずいで!」

P「なんだ、なにがまずいんだ?」

笑美「笑いがとれへんくなってしまうの」

P「えっと、クリスマスパーティーのことか」

笑美「せやせや。ちらっと敵情視察をしてきたんやけど、敵は恐ろしいもんを用意しとったんや!」

P「……ちなみに、敵って?」

笑美「鈴帆っちにきまっとるやないの。なにを今さら言うとんのよ」

P「決まってるのか」

笑美「ともかく、このままやと、みんなの笑い収めが、鈴帆っちに持ってかれてしまうんや!」

P「そうか、残念だったな」

笑美「なにを諦めてんねん!」

P「いや、俺にどうしろって言うんだよ」

笑美「よくぞ訊いてくれましたー! ウチ一人だと、鈴帆っちに負けてまう。けど、二人なら?」

P「心中できる」

笑美「スベる前提で話すなや! 二人なら、爆笑間違いなしやねん!」

P「もしかして、その二人に俺が入ってるの?」

笑美「よく分かってるやないの。もう時間も惜しいし、はよネタ合わせしよ?」

P「どんなネタなんだ?」

笑美「まず、Pはんが食い倒れ人形の衣装を着て」

P「どうも、ありがとうございましたー」

笑美「オチてへん、オチてへんよ!? あ、こら、ほんまにどっか行くな! 待ってー!」
  

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:24:40.32

浜川愛結奈「街中がキラキラして、すごくキレイね……」

P「そうだな。クリスマスは、街が着飾る日だから」

愛結奈「なら、その街と比べて、ワタシはどうかしら?」

P「もちろん、引けをとらないぞ。愛結奈もキレイだ」

愛結奈「……街よりも、とは言ってくれないのね」

P「度合いが違うんだよ。街のそれは、つい目が惹かれるキレイさで、愛結奈のはじっと見ていたいキレイさだ」

愛結奈「ふふっ、なにそれ? でも、見ていたいなら、見てていいのよ」

P「ありがたい許可だな」

愛結奈「許可したからには、見てくれなきゃ、嫌だからね?」

P「ああ、今日は目をそらせないな」

愛結奈「それじゃあ、いつも以上にオトナなワタシを、見せつけてあげる!」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:25:08.31

浜口あやめ「P殿、大変です。空が雪模様となってまいりました!」

P「天気予報みたいな話し方だな」

あやめ「あやめはいつも通りですよ!?」

P「あー、それで、雪が降ってきたって?」

あやめ「はい。傘なしでは、外に出ることもままならないほどで」

P「ううむ、困ったな。今日は傘を持ってきてないぞ」

あやめ「安心してください、P殿。あやめは正宗を持っております!」

P「お、本当か!」

あやめ「ええ、正宗の下で、一緒に帰りましょう」

P「それなら、ついでだしどこかに寄るか。今日はクリスマスだしな!」

あやめ「それは良い考えですね! 行きましょう、行きましょう!」

あやめ「――それでは、正宗を……あれ?」

『正宗は隠した。せいぜい探すといいわ! レイナサマ』

P「……タクシー、呼ぶか」

あやめ「……そうですね」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:25:35.49

日野茜「どこもかしこも、人でいっぱいですね! プロデューサー!」

P「クリスマスだからなぁ」

茜「誰もかれも幸せそうで、とっても良い光景だと思います!」

P「俺も、茜といれて幸せだな」

茜「はい! 私もプロデューサーと一緒で、幸せです! ところで、お腹が減ってきましたね!」

P「そうか、そうか。それじゃあ、早く食べに行こうか」

茜「私、ご飯が良いです! ――あ、ご飯が食べれる場所が良いですっ!」

P「たぶん、どこでも食べれると思うけど」

茜「それなら、あっちに行きましょう! なんだか、みんなあっちに行ってますし!」

P「え、向こうはラブ……いや、カップルが行く場所だぞ」

茜「か、カップル……? あ、そっか、今日はクリスマスで……!」

茜「クリスマスに、私とプロデューサーが二人で! ……ぷ、プロデューサー! ちょっと走ってきますね!?」

P「な、なに? あ、こら、待て、茜!」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:26:01.72

姫川友紀「野球中継もないし、特番ばっかりで暇だなー」

P「だからって、事務所で管を巻くんじゃない」

友紀「家にいても暇だし、外に出ても寒いし……でも、事務所にはプロデューサーがいるっ!」

P「仕事の邪魔だ」

友紀「酷くない!? それが担当アイドルにかける言葉なのー?」

P「……分かったよ。ちょうど切りも良いし、どっか飲みにでも行くか」

友紀「さっすがプロデューサー! 緩急のつけ方が良いねっ」

P「ピンとこない褒め方だな……。それで、どこで飲む?」

友紀「プロデューサーの家」

P「クリスマスに、男の家に行く意味を考えなさい」

友紀「私なりのサインだってば」

P「分かった、近くの居酒屋にでも行くぞ」

友紀「えー、そんなの暴投も良いとこだよっ!」

P「いいから、行くぞ。置いてくぞ」

友紀「待って、待って! 行く、行くから置いてかないでぇー」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:26:28.23

堀裕子「さあ、プロデューサー、見てください!」

P「なんだ、なんだ」

裕子「今日は知っての通り、クリスマスです。けれども、雪が降っていませんっ」

P「そうだなぁ。ホワイトクリスマスには、ならなかったな」

裕子「そこで、サイキックアイドルとして、私は雪を降らせようと思います」

P「おとなしく、スプーンで遊んでなさい」

裕子「遊びじゃないです。超能力鍛錬ですよ!」

P「そうか、そうだな。知恵の輪もあるぞ」

裕子「そうやって馬鹿にできるのも、今だけですからねっ!」

P「……わー、裕子の超能力だー。楽しみだなー」

裕子「その反応を待ってました。それでは、サイキック雪降らし、ご覧あれ!」

裕子「――ぐむむむむっ」

P「どうせまた……ん、ん!?」

裕子「え、どうかしました? ……あ、成功ですよ! 雪が降ってます、降ってますよ!」

P「さ、サンタからのプレゼントかなにか?」

裕子「常日頃の鍛錬の成果です。ほら一緒に外へ見に行きましょう!」

P「いや、たぶん偶然――おい、引っ張るな。行く、行くから!」 


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:26:56.56

本田未央「――おっと、ずいぶんな遅刻だぞ? プロデューサー君」

P「すまん。仕事が少し長引いて」

未央「冗談、冗談♪ そんなに待ってないから、今日のご飯を奢るだけで良いよっ」

P「冗談になってないぞ……。まあ、言われなくても、今日くらいは奢るよ」

未央「よっ、太っ腹! それじゃ、行こっか」

P「ああ。それにしても、去年とは逆になったな」

未央「そうだね。あ、だからって、支度の手を抜いたわけじゃないからねっ!」

P「見れば分かる。気合が入ってるな」

未央「二度目のクリスマスだから、そりゃあ気合も入るってもんよ! ほらほら、感想を言っても良いよ?」

P「まるでアイドルみたいだ」

未央「アイドルでしょ! かぁーっ、ダメだなぁ。そこはきちんと褒めないと」

P「悪かったよ。似合ってる、すごく可愛い」

未央「おざなりだね……まあ、許してあげるかな♪」

P「よし、じゃあ走るか」

未央「はい? ――あ、なるほど。これは走らないとね!」

「あ、未央ちゃんとプロデューサーが!」

「卯月、私たちも走るよ」 


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:27:28.76

星輝子「Pもキラキラ、私もキラキラ、キノコもキラキラ……お揃い、だね」

P「なあ、これ大丈夫? 熱くなったりしない?」

輝子「大丈夫、えっと、火傷はしないから」

P「熱くはなるんだな!?」

輝子「熱くなるのも、お揃いだから……フヒヒ、お揃いっていいね」

P「笑えない、笑えないぞ」

輝子「今年のクリスマスも、楽しめそう……フヒッ、Pのおかげ……」

P「そうか、それは良かった。じゃあ、これは外そうな」

輝子「え、でも……お揃いじゃなくなる……」

P「いや、危ないからさ」

輝子「――ファーッ〇! お揃いだって言ってるだろうが! ちょっとくらい我慢が利かねぇのか!」

P「落ち着け」

輝子「あ、はい。うるさいですね、すいません……」

P「お揃いの代わりに、鍋でも突こう、な?」

輝子「鍋、フフ……いいな、それ。ボッチじゃできないし……」

P「ちなみに、具は事務所の机下のキノコだ」

輝子「ま、マイフレーンズッ!」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:27:56.96

槙原志保「どうです、Pさん。美味しいですか」

P「美味い。けど、えらく甘いなぁ」

志保「スイーツですから、当然ですよ♪」

P「しかし、クリスマスにスイーツ巡りとは」

志保「嫌でしたか」

P「いや、むしろ一人で過ごさなくて済んだから、ありがたいかな」

志保「良かった~。それじゃあ、次のお店に行きましょうかっ」

P「それは良いが、何軒くらい回るんだ? あんまり遅いと、志保も困るだろう」

志保「そうですね……開いてるお店がなくなるまで、ですね!」

P「なに、それは大丈夫なのか!」

志保「大丈夫ですよぉ。それに、Pさんに食べてほしいスイーツは、それくらいの時間じゃないと、食べれないんです」

P「深夜じゃなきゃ食べれない……ううむ、どんなものなんだ?」

志保「たぶん、とっても甘くて、病み付きになっちゃうくらいに美味しいものですよ♪」

P「たぶんって、志保は食べたことがないのか」

志保「はい。自分で自分は、食べれませんし~」

P「そうか……」

P「え?」


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:28:23.04

松山久美子「ピアノ?」

P「ああ、パーティーのときに、聴かせてほしいんだ」

久美子「いいけど、突然どうしたの」

P「前に弾けるって言ってただろ。それで、ちょっと気になってな」

久美子「そっか。……ピアノに興味を持ってくれたのは、嬉しいかな」

P「ピアノというより、久美子がピアノを弾くのが見たいんだけどな」

久美子「そう。ふーん、私が、ね」

P「あー、すまん、変なこと言ったな」

久美子「全然変じゃないよ。むしろ幸せだね!」

P「なに、幸せ?」

久美子「ピアノを弾く私なら、きっとキレイだからさ」

P「ああ、なるほど。それなら、俺も幸せだな」

久美子「楽しみにしててよね。もしかしたら、見惚れちゃうかもよ!」


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:28:49.38

的場梨沙「――もしもし、パパ? 今日は、え……うん、そっか」

梨沙「うん、待ってるね! だから、早く帰ってきて欲しいかな。それじゃあね」

梨沙「……ちぇっ」

P「どうだった?」

梨沙「なによ、アンタには関係ないでしょ!」

P「パパさん、遅くなるみたいだな」

梨沙「……そうよ」

P「それじゃ、それまでどうする? 事務所にいるか」

梨沙「そうするわ。――本当に最悪! パパとのクリスマスのはずだったのに」

P「仕事なんだから、仕方ないじゃないか。パパさんだって、急いでくれるんだろう」

梨沙「ふんっ、分かってるわよ。パパの代わりみたく、アンタと一緒なのがしゃくなだけ」

P「じゃあ、帰るか」

梨沙「……それでも、一人や、他のオトナよりはマシだから、アンタといてあげる」

P「はいはい」

梨沙「適当に返事して――あ、またパパにメールするつもりでしょ!?」

P「実は、俺もパパさんとクリスマスを過ごしたくて……」

梨沙「キモイこと言わないでよ! アンタといるのは、パパが来るまでなんだから」

P「ああ、だからパパさんが来たら、梨沙は先に家へ」

梨沙「なんで、アンタとパパが一緒なのよ。あ、こら、メールを打つな、話を進めようとするな!」  


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:29:15.37

真鍋いつき「あ、あれ? プロデューサー、どうしてここに?」

P「それは俺の台詞だ。トレーニングルームから声が聞こえてきたから、何事かと思ったぞ」

いつき「あー……ごめんなさい。オフで落ち着かなくて、つい、来ちゃいました」

P「クリスマスだっていうのに、わざわざ自主練って……」

いつき「き、今日はたまたま会える人がいなかったんですー!」

P「たまたまって、クリスマスなんだから」

いつき「それは、そうですけど」

P「……あと、その、なんだ、隠せ。直視できん」

いつき「え、わ、わ、汗で透けて!?」

P「プレゼント、ありがとうな」

いつき「そんなつもりは、まったくありませんでしたよ!」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:29:42.81

三好紗南「くぅ、燃えてきたね、Pさん!」

P「……俺はなんで、クリスマスにゲーセンにいるんだろう」

紗南「強いて言うなら、フラグが立ったから?」

P「お前が、強引に、連れてきたんだろ!?」

紗南「し、仕方ないじゃん! 親はついて来てくれないし、この大会に出るには、保護者が必須なんだよ」

P「なんでクリスマスに大会が」

紗南「いやぁ、それはそういうものだとしか」

P「くそっ、出るからには優勝しろよ! せっかくのクリスマスを使ってるんだから」

紗南「もちろんだよ! ゲームで負けるわけには、いかないからね」

紗南「――あ、試合中は後ろで応援しててよね。どっかに行ったら、嫌だから」

P「えー」

紗南「Pさんの応援で、あたしの実力は引き出されるの!」

P「ゲーム脳め……まあ、いいや。応援してやるよ」

紗南「よっし! それじゃあ、優勝したら、記念にプリクラでも撮ろうね、Pさん?」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:30:08.60

向井拓海「おい、Pよォ、今日くらいもっと高いもんを奢ろうとは思わないのかよ」

P「夜景の見えるレストランにでも、連れて行けばよかったのか」

拓海「……アタシに合わねぇな。やっぱファミレスで十分だわ」

P「まあ、なんだ、ステーキくらいなら頼んでいいぞ」

拓海「言われなくても、頼むっつうの。今日は覚悟しとけよな!」

P「ああ、よく食べて、よく成長してくれ」

拓海「どこ見て言ってやがんだ? 返答によっちゃ……」

P「拓海、デザートもあるぞ! クリスマスだし、ケーキ頼むか、ケーキ!」

拓海「ったく、調子の良い奴だな」

拓海「――つうか、デザートはいらねぇ。Pも頼むんじゃねえぞ」

P「でも、せっかくだしなぁ」

拓海「いいから、頼むな」

P「別に値段は気にしなくていいぞ。どうせファミレスのケーキだし」

拓海「ああ、もう、分かんねぇ奴だなッ! 作ってきたんだよ!」

P「え、マジで!?」

拓海「マジだ、大マジだ。――っくそ、こういうのは、もっと雰囲気があるもんだろうがよォ……」

P「す、すまん。拓海の乙女心を汲んでやるべきだったな」

拓海「乙女心とか言うんじゃねぇ! さっさと食って、ウチに行くぞ」

P「拓海の家に行っていいのか」

拓海「そ、そういう意味じゃねぇからな! ケーキ冷やしてあんだよ。それだけだからな!」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:30:42.97

村上巴「P、飾りつけは、こんなもんでええんか」

P「ああ、十分だ。それより、その服、気合入れてきたんだろ? 汚れたりしてないか」

巴「ん、大丈夫じゃ。……そうえば、感想を聞いてなかったのう」

P「服のか。よく似合ってるぞ。可愛いな」

巴「そ、そうか。あー、うん、よく聞こえんかった。もう一回頼む」

P「よく似合って、可愛いぞ」

巴「ムズムズするけえ、何度も言うな!」

P「えー……」

巴「あ、そうじゃった。これ、渡しとくわ」

P「プレゼントか! ありがとう。でも、すまん。俺、用意し忘れてて」

巴「なんじゃ、義理の通らん奴じゃのう。……なら、約束せえ」

P「ん、なんだ?」

巴「うちが大人になったら、さ、杯を交わしてほしい」

P「え」

巴「言うな、ともかく約束せえ! 指きりげんまんじゃ!」


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:31:14.37

龍崎薫「せんせぇ、どうだった!? 薫、上手くできてた?」

P「ああ、良い音色だったぞ。よく練習したんだな」

薫「この後ね、お歌も唄うんだよ。聞いててねっ!」

P「楽しみにしてるぞ」

薫「それでね、上手く唄えてたらね、ご褒美が欲しいなって」

P「どんなのだ?」

薫「せんせぇと一緒に、お料理が作りたいの! 鶏のやつ!」

P「……七面鳥か」

薫「そうそれ! ね、一緒にしてくれる?」

P「も、もちろんさ。そのためにも、お歌頑張らないとな」

薫「やったー! それじゃあ、行ってくるねっ」

P「おう、頑張ってこい!」

薫「はぁーい、いってきまーっ!」

P「……チキンライスじゃ、だめだろうなぁ」


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:31:52.96

トレーナー「あの、Pさん。私でよかったんですか」

P「なにがですか」

トレ「アイドルのみんなは、Pさんとのクリスマスを、楽しみにしてたので」

P「ええ、パーティーではみんな、はしゃいでいましたね」

トレ「いえ、そうではなくて、個人的な付き合いで、ですよ!」

P「クリスマスに男と二人でいたら、スキャンダルですよ」

トレ「あー、それは、そうなんですが……」

P「だから、これで良いんです。独身同士、一緒に憂さを晴らしましょう」

トレ「独身は余計ですよ! ……その、よければ一緒に独身ではな」

「あ、プロデューサーさん、いましたよー!」

「……独身だから呼ばれたんだろうが、怒ればいいのか、複雑な気分だ」

「P殿も、深い考えがあるわけではあるまい。今日くらいは許してやれ」

P「皆さーん、こっちですよー!」

トレ「あ、あれ? 姉さんに妹も……」

P「どうせなら、人数が多いほうが良いですから」

トレ「あはは、そ、そうですよね……。はぁ……」



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:34:48.69

残りのカ行1人、サ行2人、タ行3人、ナ行2人、マ行2人、ヤ行1人、ワ行1人


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 21:38:50.22
Pa全員書く気か
期待
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 21:40:50.13
凄い…
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:34:55.24

キャシー・グラハム「Pさーん、ミカン取ってー」

P「みっかんなーい」

キャシー「さぶっ!」

P「お前が言ったギャグだからな」

キャシー「自分で言ったときも、同じこと言った気がする」

P「しかし、クリスマスにコタツって……」

キャシー「じゃあ、スケートにでも行くー?」

P「寒いし、人多そうだし」

キャシー「えー、あたし、なんか行きたくなってきたんだけどっ」

P「……じゃあ、行くか」

キャシー「でも、日本の冬はコタツで過ごすべきだし」

P「どっちだよ!」

キャシー「ジョークだよ、アメリカンジョーク♪」

P「どこがアメリカなんだ……ほら、行くなら、早く行くぞ」

キャシー「分かってるってー! 着いたら、Pさんの華麗な横転を、期待してるよっ!」

P「転ぶこと前提かよ!」


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:35:25.61

斉藤洋子「あれ、プロデューサー。今、帰りですか!」

P「おう、洋子。クリスマスなのに、ランニングか」

洋子「クリスマスなのに、は余計です! 新年のマラソンに向けての、特訓ですから」

P「そうえば、出場するって言ってたな。……まだ、続けるのか」

洋子「いえ、そろそろ終わろうと思ってますけど」

P「それなら、一緒にそこら辺を回らないか。俺もクリスマスに、一人なんでな」

洋子「え、でも、汗かいてますし……」

P「事務所に寄って、シャワーを貸してもらえばいいさ。――あ、いや、疲れてるなら、べつに」

洋子「いえ、行きますよ! さっそく、事務所に行きましょうっ」

P「そうか! いやぁ、嬉しいな」



洋子「ちょっと、聞いてるの?」

P「聞いてる、聞いてるから」

洋子「なら、こっち向けぇー。美肌のお姉さんが話してるんだぞー!」

P「……居酒屋は、選択を間違ったか」


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:35:55.71

財前時子「クリスマスなのに、一人で仕事なんて……貴方、男としてどうなの?」

P「時子様も、ついさっきまでは仕事だったでしょう」

時子「そうね。貴方がグズグズしている間に、終わらせてしまったけど」

P「俺だって、もう終わりそうですよ」

時子「なら口を動かす前に、手を動かしなさい。私をいつまで待たせるつもり?」

P「……待っててくれたんですか」

時子「貴方が愚かにも、聖夜に仕事を入れたから、私は暇を持て余しているの。早く終わらせて、せいぜい私を楽しませることね!」

P「はいはい」

時子「あら、なにかしら、今のおざなりな返事は」

P「ぜひとも、ご一緒させてください。時子様」

時子「クックック、それで良いのよ! ……終わったの?」

P「はい。それじゃあ、行きましょうか」

時子「期待はしないけど、貴方にエスコートは任せるわ」

P「とりあえず、商店街に向いますね」

時子「あそこは良い場所ね……クリスマスに、私を称える歌を流すから!」

P「聖歌は、時子様を称える歌じゃないです」


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:36:36.57

高森藍子「ありがとうございます、Pさん。お散歩に付き合ってくれて」

P「いいさ、いいさ。俺も仕事にうんざりしてたところだ」

藍子「うふふ♪ そうですね、息抜きも大事ですから」

P「しかし、クリスマスなのに、昼間は静かなもんだなぁ」

藍子「夜になったら、きっと綺麗なんでしょうね。……か、カップルも、いっぱいで」

P「なんなら、俺の仕事が終わったら、夜にまた来るか」

藍子「良いんですか! 嬉しいです♪」

P「はっはっは、それじゃあ、下見でもするか」 

藍子「はい。ゆっくり見て回りましょう」

P「――と、そうえば、今は何時……な、もうこんな時間か!」

藍子「あれ、そんなに歩きましたっけ?」

P「ま、まずい。ここから事務所まで、少しかかる! ちひろさんにどやされる!」

P「すまん、藍子。また夜に!」

藍子「……行っちゃった。でも、また夜に、か」

藍子「――今日も、日記に幸せだって書けるかな♪」


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:37:05.13

土屋亜子「Pちゃん、メリークリスマス! プレゼントちょうだーい♪」

P「事務所に来るなり、なんだお前は……」

亜子「いややわ、今日はクリスマスよ? クリスマスといえばプレゼントやないの」

P「だからって、催促するなよ。渡されるまで待てよ」

亜子「だって、Pちゃんもったいぶりそうだしー」

P「確かにもったいぶるけど……そうえば、泉とさくらは一緒じゃないのか」

亜子「二人は、後から来るって」

P「……全員事務所に集まるのか」

亜子「当然! だって今からパーティーよ?」

P「え」

亜子「独り身で寂しいPちゃんのために、私たちからのプレゼント!」

P「それは、まあ、嬉しいな。ありがとう」

亜子「お礼なら、二人にも言ってあげてね。あと、個人的なプレゼントもあるから、そのつもりで」

亜子「――今日は色々、サービスしてあげるからね、Pちゃん♪」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:37:52.83

P「寒い、寒い! 早く事務所に戻らないとな」

P「――ただいま帰りました。まあ、俺一人のはずだけど」

十時愛梨「あ、お帰りなさい、Pさんっ」

P「……愛梨、なにをしてるんだ?」

愛梨「Pさんに、クリスマスプレゼントを届けにきたんですよ!」

P「そうじゃない! なんで服を脱いでるんだ!?」

愛梨「え、あ、見ちゃダメですよっ~!」

P「不可抗力だ。早く服を着ろ」

愛梨「でも、先にプレゼントを」

P「優先順位がおかしいぞ」

愛梨「それじゃあ、着ますから……こっち見ちゃ、ダメですからねっ♪」

P「見ない、見ないから早く着なさい」

愛梨「よいしょっ――はい、着ましたよ」

P「そうか。……おい、上を着ろ!」

愛梨「えへへ、Pさんに私をプレゼント♪」

P「後ろにケーキが見えてるぞ。早く服を着て、そっちを渡しなさいっ!」


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:38:22.77

西島櫂「プロデューサーとクリスマスを過ごすとは、夢にも思わなかったな」

P「俺も櫂と過ごすとは、さっぱりと思ってなかった」

櫂「お互い様だねっ――わ、人が多い!」

P「クリスマスに考えることは、みんな同じだなぁ」

櫂「人ごみを泳ぐって感じかな」

P「俺は櫂ほど泳げないから、置いて行かないでくれよ」

櫂「プロデューサーも、水泳始めなよ。そしたら、私が教えてあげるからさっ!」

P「はっはっは、櫂に教えてもらえるなら、悪くないかもな」

櫂「でも、出会ったときみたいに、女の子目当てはダメだよ?」

P「……おっと、あっちに良さそうな店が。先に行ってるぞー!」

櫂「あ、待て、プロデューサー! ――人ごみを泳ぐの、よっぽど得意じゃないか!」


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:38:51.42

野々村そら「はろー、プロデューサー! 今日ははっぴーくりすますだよ~☆」

P「おはよう、そら。そうえば、今日はクリスマスか」

そら「プロデューサー、くりすます忘れてたの? あたしお手柄?」

P「ああ、そらのおかげで思い出せたよ。今日は事務所に来る子が少ないし、明日にでも、みんなにプレゼントを渡すかな」

そら「ぷれぜんとっ、みんなに渡せばはっぴーだね! プロデューサーもほしい?」

P「なにか、用意してくれてるのか」

そら「もっちろん! ――じゃじゃ~ん☆ くりすますと言えば、そら!」

P「お前はいつから、クリスマスの代名詞になったんだ」

そら「間違えちった☆ さあ、プロデューサー、けーきかそらか!」

P「ケーキ」

そら「おう、しっと! 選ばれなかったそらちんは、はっぴーになるためにプロデューサーと一緒☆」

P「結局、両方もらえるんだな……」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:39:41.30

メアリー・コクラン「ダーリン、どっちのほうが似合うかしら!」

P「ダーリンと呼ばなかったら、選んでやる」

メアリー「もう、細かいんだからっ。Pはどっちが似合うと思う?」

P「両方、メアリーに似合ってると思うぞ」

メアリー「どっちかを、Pの好みで選んでほしいのヨ」

P「好みで選んで、両方だ。クリスマスだし、両方ともプレゼントしてやるよ」

メアリー「ホント!? 嬉しいワ、さすがダーリンネ♪」

P「こら、ダーリンはやめなさい。店員さんに不審な眼差しを向けられるだろ!」

メアリー「あら、なら言ってあげればいいワ。メアリーはダイジなハニーですって」

P「不審から確信に変わるだろうが」

メアリー「アタシは構わないけど?」

P「俺は構う。そういうのは、メアリーがもっとセクシーになってからだ」

メアリー「それなら、もうすぐネ! 次のクリスマスには、アタシはPのハニーになってるワ♪」

P「言ってろ、言ってろ。――うわ、この服高い……」


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:40:07.37

諸星きらり「Pちゃん、大丈夫? なにか飲みたかったりすゆぅ?」

P「大丈夫、ちょっと疲れが出ただけだよ。……すまんな、きらり。せっかくのクリスマスに」

きらり「きらりは、Pちゃんと一緒なだけで、とぉーってもハピハピだにぃ☆」

P「そっか、そっか。俺もきらりと一緒で、幸せだなぁ」

きらり「うきゃー☆ 嬉すぃ! 今日は一緒に、ゆっくりしよーね?」

P「そうだな。でも、せっかくだし、少しくらいは外に……」

きらり「ダメダメ、Pちゃんの体調を優先するの!」

P「ん、悪い。無理しちゃダメだな」

きらり「きらりんパワーを分けてあげるから、きっとすぐに良くなるにぃ☆ だから、良くなったらデートしよーね♪」

きらり「――それじゃあ、まずはハグハグすゆー☆」

P「……ちょっと苦しいけど、良いもんだ」

きらり「今夜はずぅーっと、きらりとPちゃんは一緒! うぇへへへ☆」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:40:43.57

矢口美羽「Pさん、パーティーで披露できるギャグって、なにかありませんかっ」

P「美羽、まだ考えてなかったのか……」

美羽「やっぱり、着ぐるみとかですかね?」

P「着ぐるみなら、鈴帆がなにか用意してたが」

美羽「ええ!? それじゃあ、コントとか……」

P「笑美が、笑い収めだって、張り切ってたぞ」

美羽「そんなぁ! ――なら、駄洒落でいくしかないですねっ」

P「そうえば、楓さんが考え事をしてたな」

美羽「……ど、どうしましょう、Pさん!?」

P「もう打ち止めかよ……楓さんと一緒に、披露したらどうだ」

美羽「あ、その手がありましたね!」

P「ついでに、キャシーも誘ってやれ。コタツで暇そうにしてたから」

美羽「はいっ♪ よーし、聖夜だし気合入れなきゃ……せいやっ!」

P「美羽、今日は諦めようか」

美羽「え」


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:41:18.73

若林智香「あ、Pさん、雪が降ってきましたよっ」

P「ホワイトクリスマスだな。……けど、仕事か」

智香「ファンのみんなは、クリスマスでも待っていますから☆」

P「まあ、確かに、ある意味では、元気づけられるファンも多いだろうな」

智香「よく分かりませんけど、元気づけられるなら、嬉しいですね!」

P「それでも、智香は余裕もあるし、仕事を入れなくても、良かったんだぞ?」

智香「アタシがお仕事をするのは、ファンのためもありますけど、Pさんのためでもあるんですよ?」

P「俺の」

智香「はいっ! 今日だって、アタシがお仕事をしなくても、Pさん一人で頑張るつもりでしたよねっ」

P「あー……そうだな」

智香「だから、アタシも一緒にお仕事をして、Pさんを応援するんです! 一緒に頑張って、元気づけるんですよ☆」

P「そうか……。ありがとな、智香」

智香「アタシもPさんに元気を貰ってますから、お互い様ですっ。えへへ☆」


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:42:06.50



ちひろ「いかがでしたか! クリスマスは過ぎましたが、みんな魅力的でしたねっ」

ちひろ「パッション以外にも、クールやキュートと、他にも大勢のアイドルがいますよ」

ちひろ「え、彼女たちに会うには、どうすればいいかって?」

ちひろ「それならもちろん、ガチャが一番っ!」



66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:46:18.49
これでパッション全員のはず

765? オチ? ……ほ?(威圧)

みんなも、質を量で誤魔化すSSを書こう!

読んでくれて、あざました

それじゃあ、依頼出してくる
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 19:53:39.95
夕美が出てるSS久しぶりに見た...数レスだけだったが本当によかった...
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 23:21:13.30
おっつし
次は一人当たり3レスくらい使って全アイドル書こうか(ゲス顔
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 23:34:56.39
若林さんだ! しかも可愛い!! ありがとう、ありがとう!!!
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/27(金) 01:52:26.54
質を量でごまかしてるなんてとんでもない
良いSSだった
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/27(金) 02:15:11.64
素晴らしく乙
さぁ、Cu編とCo編を書き溜める作業に戻るんだ(迫真)
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/27(金) 08:53:37.17
素晴らしい
Cu・Co編が楽しみです(ニッコリ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク