豊川風花「ナースさんの衣装ですか……」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:24:00.81



モバマスのキャラが少し登場します





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392279840
2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:24:42.01
風花「今回は、セクシー系じゃなくて、可愛いの……ですよね?」

ミリP「ああ、ナースの衣装だぞ」

風花「よかった。今日こそ、正統派な仕事できるんだ♪」

P「ナースの衣装だしな!」

風花「……あの、確認しますけど、正統派ですよね?」

P「ナースの衣装を着る仕事だ」


3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:25:10.85
風花「ちょっと、答えてくださいよ!?」

P「だから、ナースの衣装だって」

風花「さっきから、衣装のことしか言ってないじゃないですか~!」

P「衣装を着る仕事だもの」

風花「その衣装が、どんな風かはわかるはずですよね?」

P「もちろん、セクシー系だ!」

風花「そ、そんなぁ」

P「衣装は届いてるぞ。さっそく着てみよう」

風花「うう、なんで先に言ってくれないんですか……」

P「まあまあ、もしかしたら、露出少な目で、可愛いかもしれないぞ」

風花「……分かりました。着てみます」


4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:25:50.69
風花「スカートの丈は短いし、胸元もざっくり開いちゃってるし……は、恥ずかしいですよ~!」

P「これは……うん、その、なんだ、直視できないというか」

風花「わ、私だって、恥ずかしいの我慢して着てるんですから……プロデューサーさんも、照れてないで、ちゃんと意見くださいよぉ」

P「えっと、トイレに行ってもいい?」

風花「どこを見て言ってるんですか、もう!」

P「それを言うと、さすがに一線を越えるぞ」

風花「うう……もういやぁ……」

P「あー、その、悪かったよ。今回の仕事は、断っておくから」

風花「え、そ、それは」

P「今度は、正統派な仕事をとるよう、頑張ってみる!」

風花「プロデューサーさん……」


5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:26:51.04
風花「なんだか、悪いことしちゃったなぁ」

風花(いや、あれは、そういう仕事ばっかり取ってくる、プロデューサーさんが)

風花(……それでも、私のために取ってきてくれたお仕事だし)

「元気があまってる人はくださいねー。助け合いの輪を、もぉーっと広げましょうー」

風花(あれは……献血かな? 人だかりが出来てて、よく見えないけど)

風花「最近は行ってなかったし、ちょっと寄っていこう」


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:27:24.94
風花「あ~、久々に抜いてもらったなぁ」

「あ、お疲れさまです。ジュースをどうぞー」

風花「ありがとうござ」

風花(こ、この人、すごく大胆な格好を!?)


7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:27:50.22
及川雫「どうかしましたかー」

風花「あ、いえ、なんでもないです……」

風花(思い出した、この人、CGプロの及川雫さんだ!)

風花「その、及川雫さん、ですよね?」

雫「私のこと、知ってくれてるんですねー。嬉しいです」

風花「私も実は、アイドルなんです。……一つ訊いていいですか」

雫「あなたもアイドルさんなんですかー! いいですよ、なんでも訊いてくださいー」


8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:29:31.49
風花「雫さんは、そういう衣装を着て……恥ずかしいって思ったりは、しませんか」

雫「そういう、ですかー」

風花「えっと、胸が見えたり、露出が多かったり」

雫「あー、考えてみると、私はそういう衣装が多いかもしれませんねー」

風花「い、今まで気にしてなかったんですか!」

雫「プロデューサーさんが選んでくれたものですからー」

風花「雫さんの、プロデューサーさんが」

雫「はい。どの衣装も、着るとプロデューサーさんは喜んでくれますしー」

雫「――それに、ファンの人も、元気を貰えるって言ってくれますから」


9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:30:00.44
風花「ファンの人」

雫「さっきも、人だかりができて、大変だったんですよー?」

風花「……ありがとうございました。私、恥ずかしがり過ぎてたみたいです!」

雫「どういたしましてー! なんだか元気が出たみたいで、よかったですー」

風花「私もファンの人に、元気をあげれるよう、頑張りますねっ」

雫「はいー。もぉーっと、元気にしてあげてくださいね」


10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:30:29.79
風花「プロデューサーさん」

P「風花か。どうした、今日は仕事は入ってないが」

風花「前の、ナースの衣装の話なんですけど」

P「あれか。……すまなかったな。どうも、俺はお前に甘えてたみたいだ」

風花「あ、謝らないでくださいよ~!? 私、あのお仕事を受けに来たんです!」

P「え、いや、でも」

風花「プロデューサーさんは、私に似合うと思ったから、あのお仕事を取ってきたんですよね?」

P「それは、もちろんだ」

風花「なら、やってみます! ……ちょっと、恥ずかしいですけど」


11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:31:32.11
P「……なにがあったかは、知らないが、ありがとな。風花」

風花「ふふ、お礼を言うのは、私ですよ。プロデューサーさん」

P「よし、じゃあさっそく、衣装を着てみるか!」

風花「はい。今日はどんなポーズも……いえ、ある程度のポーズなら、出来る気がしますっ!」

P「ああ、俺も本番に向けて、いろいろアドバイスをするよ」

風花「よろしくお願いします!」


12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:32:04.38

風花「それから、あのグラビアは大きな反響がありました」

風花「セクシー系のお仕事も多くなったけど、正統派もしっかり依頼されてます」

風花「……正統派も、しっかり」


13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:32:42.32
P「風花、ハロウィンで正統派の仕事だぞ!」

風花「わ、本当ですか~、嬉しいです!」





風花「ひゃ~、どうして包帯がほどけてるの……!? プロデューサーさん、親指立てて見てないで助けてください! ……やっぱりこっち見ちゃダメ~!」


14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:33:09.95
P「CDのジャケットの撮影だ」

風花「それなら、可愛いポーズで良いですね~」




風花「うう、ホントにこのポーズで撮影するんですか? CDのジャケットならもっと可愛いらしい感じの方が……え? 一応セクシー系も必要? い、一応って……」


15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 17:33:53.87
P「今日は水着でステージだっ!」

風花「……それ、本当にステージですか」

P「行ってみれば、分かるんじゃないか」

風花「もう……セクシー系でも、ちゃんとやりますから、先に伝えてくださいっ」

P「水着なのは本当だ」

風花「ステージかどうかを訊いてるんです~!」

P「はっはっは、どうだろうなぁ?」

風花「うう……やっぱり、私は正統派のお仕事がいいです……」





                        

                                         おしまい


22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/13(木) 19:12:13.53

なんだかんだでお仕事こなしてくれる風花さんかわいいよ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク