銀時「はーいじゃあ出席とります」 由比ヶ浜「あれ平塚先生は?」八幡「zzzzz」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:55:08 ID:vRMucA4DI

銀時「平塚先生は婚か・・・・いや私用でしばら休むそうです。」

銀時「じゃあ今日休んでる人は返事をして下さい・・・・はい。いませんね」

由比ヶ浜「なんか適当だ!?」

銀時「まあいいんだよこんなのは適当で」

銀時「じゃあHR終わり解散」

八幡「zzzzzzzzzzz」

3: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)19:56:39 ID:vRMucA4DI

放課後 部室

由比ヶ浜「ねえねえユキノンなんかクラスにね代わりの先生が来たの」

雪ノ下 「あらそうなの?平塚先生はどうしたの?」

由比ヶ浜「なんか私用?らしいよー」

雪ノ下 「そう(婚活かしらね)」

由比ヶ浜「それでねなんかその先生ちょおおお適当なの!!」

雪ノ下 「へーどのへんが適当なのかしら」

由比ヶ浜「全体的に?」

雪ノ下 「・・・・・・あなたも適当なのでちょうどいいんじゃないかしら」

由比ヶ浜「あーーーーユキノンひどい;;」

5: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:01:04 ID:vRMucA4DI

ガラッ

八幡「うっす」

由比ヶ浜「あーヒッキー遅かったね。なんか用事でもあったの?」

八幡「ああ教室で一人で瞑想してたんだがな、つい瞑想しすぎてな。もうなんだろ悟りの境地に達しちゃったよ。」

由比ヶ浜「寝てたんでしょう。朝も寝てたしヒッキー寝すぎー。」

雪ノ下「あら比企谷くんなら一生瞑想しててもいいんじゃないかしら?それにまだ目が濁ってるみたいだし瞑想が
    
    足りないんじゃないかしら。」

比企谷「あれれーなんだろ遠回しに死ねって言われたような」

雪ノ下「そんなひどいこと言う訳ないじゃないただ一生目を瞑って動かないでいてほしいだけよ?」

比企谷「なんかより直接的になったような。まあ俺も本当なら家から動かないでいたいんだけどね。

    どこかに無いかなー家から出ちゃいけない宗教。」

由比ヶ浜「ヒッキーがほんとにヒッキーになっちゃう!?」

6: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:01:47 ID:HTqXzbkLn

これは期待できる

8: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:03:23 ID:vRMucA4DI

コンコンガラッ

銀時「あーお前らが奉仕部で合ってるか?」

由比ヶ浜「あー銀八先生だー」

銀時「おっお前はうちのクラスのビッチ・・じゃなかった由比ヶ浜」

由比ヶ浜「ビッチ言うなし。はっつい条件反射で」

八幡「?なぁ由比ヶ浜この魚が死んだような目をした白髪は誰?」

由比ヶ浜「ヒッキー寝てたから知らないんだこの人平塚先生の代わりの先生だよ」

八幡「平塚先生は?」

由比ヶ浜「んーなんか私用らしいよー」

八幡「ふーん(婚活かな)」

雪ノ下「それで先生は何のご用件でしょうか?」

銀時「あー特に用はないんだがな平塚先生からよろしく言われたんで様子をな」

雪ノ下「そうですか。私が奉仕部の部長の雪ノ下雪乃です。」

銀時「雪ノ下か。まあ短い間だがよろしくな。由比ヶ浜はうちのクラスだったな。でもう一人いるよう
   
   言われてるんだが・・・・。」

八幡「あー比企谷八幡です。」

銀時「んよろしくな(魚が死んだような目してるなこいつ)」

銀時「まあ今日はこれで。俺も用があるんでな(ハニトー食いに行かないといちご牛乳と相性抜群だからあれ)」

12: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:13:15 ID:vRMucA4DI

雪ノ下「あれがあなたが言ってた先生ね。びっくりしたわ比企谷くんにそっくりね。

主に目が。」

由比ヶ浜「だよねー私もびっくりしたもん」

八幡「いやいや。さすがに俺もあそこまで腐った目してないから・・・してないよね?」

雪ノ下・由比ヶ浜「・・・・・・・・・・」

八幡「あれれ?なんで二人とも黙っちゃうの?うんまああれだよね沈黙は肯定だからね。

よって八幡の意見は肯定されました。」

雪ノ下「まあ冗談はさておき今日はもう終わりにしましょうか。

いい時間にもなったみたいだし。」

八幡「うーん八幡本気だったんだけどな。」

由比ヶ浜「じゃあユキノン一緒に帰ろう。」

雪ノ下「そうね帰りましょう。」

15: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:47:34 ID:vRMucA4DI

翌日 放課後 

コンコン

雪ノ下「どうぞ」

銀時「ん。失礼するな。」

銀時「実はなお前らに依頼があるんだがな聞いてくれるか?」

雪ノ下「依頼内容によりますが・・・なんでしょうか?」

銀時「実はな俺の知り合いにすごく料理が下手な奴がいてな。命の危険を感じるほどなんだ。

   なんとかならないか?」

由比ヶ浜「ユキノン助けてあげようよ。なんだかんだあたしもユキノンのおかげで料理上手になったし。」

八幡「えっ?由比ヶ浜の料理が上手になったなんて初めて聞いたんだけど?」

由比ヶ浜「ヒッキーひどい。あたし結構上手くなったんだし!卵だって片手で割れるようになったんだよ」

八幡「それあんま味に関係なくね?」

雪ノ下「まあ似たような依頼を以前受けた事もありますし、いいでしょうその依頼お受けいたします。」

17: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)20:49:41 ID:vRMucA4DI

銀時「おっありがとうな。
    
   それでなそいつの問題点は料理が殺人的にまずいってだけじゃなくてな・・・・

   その料理が殺人的にまずいってことを自覚してないことなんだよ。」

雪ノ下「それはその・・・・そんなことがあり得るのかしら?」

八幡「まあ世の中色んな人間もいるからな。」

雪ノ下「それもそうねとてもとても甘いコーヒーをおいしいおいしいって飲む人もいるくらいだものね」

八幡・銀時「ちょ!!おま!!MAXコーヒー超おいしいからから!!・・・・・ん?」

由比ヶ浜「まあとりあえず会ってみてから考えようよユキノン。先生その人どこにいるの」

銀時「ああそいつは近くで武道場を営んでいるんだ今から行っても大丈夫だと思うがお前たちは大丈夫か?」

雪ノ下「私は大丈夫ですが、由比ヶ浜さんは大丈夫?」

由比ヶ浜「うん私は大丈夫だよ。」

雪ノ下「3人とも大丈夫です。」

八幡「おい待てよもしかしたら俺だってなにか用事があるかもしれんだろうが!!」

雪ノ下「で何か用事はあるのかしら?」

八幡「うんまあ何にもないんだけどね!」

20: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:14:55 ID:vRMucA4DI

武道場


お妙「あら銀さんどうしたんですか?」

銀時「ああ今日はお前に用があってな。」

お妙「はあ。それで後ろの子達は?」

銀時「おうこいつらは俺の教え子でな、

   今日はこいつらにお前の卵焼きを食べさせてやってほしいんだ。」

お妙「まあそうなの!じゃあ少し待ってて下さいね!」

由比ヶ浜「??先生卵焼きなんて卵を焼くだけじゃないんですか?」

銀時「まあ普通はそうなんだがな・・普通はな」

雪ノ下・八幡・由比ヶ浜「??」

21: 零崎諒識 2014/06/01(日)21:17:40 ID:pONPxhxbH

あ…死んじゃう(´;ω;`)

22: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:18:02 ID:vRMucA4DI

ガラガタ・・・ドッシャーーーン。バッコーーーーーン、ドッカーーーーーン

雪ノ下「なんだか料理とはほど遠い音が聞こえるのだけれど・・・」

由比ヶ浜「それになんだか変な匂いもするねー焦げ臭いし」

八幡「おいおい大丈夫かよこれ。卵焼きだよ。鳥の卵だよね?

   モスラの卵で作ってんじゃねーかこれ?」

お妙「はーい出来ましたよ。張り切っちゃっていつもより上手に出来ちゃった。」

銀時「おっ本当だないつもより吸い込まれるような黒色だな
  
  (ダークマターのレベル上がっちゃってるんですけどおおおお)」

銀時「じゃあほらお前ら遠慮せずな。」

雪ノ下・由比ヶ浜・八幡「・・・・・・・」

23: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:19:11 ID:vRMucA4DI

銀時「あれどうしたの皆?ほら食べてみないと分からないこともあるよ。」

八幡「いや・・・その食べなくても分かることがあるんですけど。なんなんですかこれ?

   卵っていうか炭ですよね。というか匂いが強烈で涙が出てくるんですけど。」

雪ノ下「そうね。食べてみないと分からないものね・・・比企谷くんあなた卵焼き好きだったじゃない」

由比ヶ浜「そ・・・そうだよヒッキー卵焼き好きって言ってたじゃんほら食べなよ。」

八幡「いや俺が好きなのは小町が作った卵焼きだからね。けっしてこの物体じゃないからね。」

お妙「あらどうしたの?食べないの?」ゴゴゴゴゴ

24: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:20:55 ID:vRMucA4DI

銀時「(やべーよこのままじゃやべーよお妙の目笑ってるけど笑ってねーよ)

   ほら比企谷な。」

八幡「いやでも・・・・」

銀時「ほら女の子二人食べたら大変だろ。ヒロインをゲロインにしたくないだろ?」

八幡「いや俺もゲロりますよゲロ幡になっちゃいますよ。」

銀時「いいんだよ。男は黙ってゲロっとくもんなんだよ。

   俺なんか昨日も飲み屋でゲロったからね」

八幡「それあんたが勝手に飲みすぎただけじゃねーか!!

   ・・・・・はぁ分かりましたよ。」

八幡「それじゃあまあいただきます。」

お妙「はい。どうぞ。」

八幡「(えっなにこれ?なんかゼリー状の部分まであるんですけど・・・・・パクッ

   あれ小町との楽しかった思い出が・・・あぁこれ走馬灯だ・・・・・・・・

   走馬灯小町しか出てこないんですけど)」

    バタッ

25: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:24:23 ID:HTqXzbkLn

死人がでるなwww

26: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:24:56 ID:vRMucA4DI

お妙「あら大変、貧血かしら?」

銀時「(違うよね、あきらかに違うよね。そのダークマター食べたからだよね)ああ大変だ。」

   じゃあちょっと今日はここで失礼するよ。」

お妙「あぁ銀さんこれ。卵焼き余ったんで後で食べてくださいねニッコリ」

銀時「いや俺はほら糖尿だからさ。遠慮しとく」

お妙「器は今度返してもらっていいんで。感想も聞かして下さいね。」

銀時「聞いてる?ねえその耳かざりなの?ネコ耳なの?」

お妙「ね?銀さん」箸バキッ

銀時「うん。わかった。頂きます。」

雪ノ下・由比ヶ浜「ガクガクブルブル」

28: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:34:17 ID:vRMucA4DI

翌日 奉仕部部室

由比ヶ浜「昨日は怖かったねー。ヒッキーなんて今日学校休んでるし。」

雪ノ下「まさか卵焼きがあんな物体になるなんて。あれは料理と呼べるのかしら。」

コンコン

銀時「うっす。まあ昨日は悪かったな。けど見て分かったろ?本当に命が危ないんだよ

   なんとかならないか?」

雪ノ下「正直言って想像以上でなんとも・・・・」

由比ヶ浜「だよねー、あれはさすがに。」

銀時「そうだろ。あれを喜々として食わしてくるんだよ。命いくつあっても足りねーよ。」

由比ヶ浜「そいえば先生卵焼きどうしたの?」

銀時「あぁ捨てるのはさすがに悪いんでなグラサンをかけたホームレスのマダオにあげたよ。」

雪ノ下・由比ヶ浜「(死んでないかしら?)(死んでないかな?)」

銀時「まあ何か解決策があれば頼むわ。まあならべく早くな俺の命があるうちにな。」

雪ノ下「善処します。」

銀時「ん。じゃあな。」

29: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:45:17 ID:vRMucA4DI

由比ヶ浜「ユキノン何か考えがあるの?」

雪ノ下「・・・・そうねどうしましょう。」

コンコンガラッ

八幡「うっす」

由比ヶ浜「あれ?ヒッキー休みじゃ?」

八幡「ああ銀八先生に用があってな。それで何かいい案が出たのか?」

雪ノ下「そうねあのレベルだともう料理を教えてどうこうってレベルじゃないわね。」

由比ヶ浜「うん。ちょっとねー。」

八幡「じゃあ別にいいんじゃねーのあのままで。」

雪ノ下「どういうことかしら?」

八幡「だって銀八先生からの依頼はなんとかしてほしいだろ?あの人の料理を上手にして

   くれって依頼じゃないわけで。」

雪ノ下「まあそれはそうだけど・・・・どうするの?」

八幡「要はあの人に料理を作らせなけらばいいんだよ」

由比ヶ浜「?」

30: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:52:27 ID:vRMucA4DI

翌日

銀時「いやーありがとうな確かにわざわざあいつの料理を食べるくらいだったら

   俺が作った方がマシだったわ。」

由比ヶ浜「先生って料理出来たんだねー。」

雪ノ下「まあ本質的には何も解決してないですが

    先生がそれでいいと言うなら。」

銀時「ん。ああ十分だよ。あいつの家に行く時若干めんどくさいけどな。それでも命の

  危機を回避できるなら十分だわ。それにあいつの弟の眼鏡も協力してくれるしな。」

八幡「まあボッチならこんなことにならないんですけどね。つまりボッチ飯最高。」

銀時「いやーマジ助かったよ。お礼と言っちゃなんだが料理作って来たんだ。食べてくれないか?」

由比ヶ浜「うわー何作ってきたんですか?」

銀時「ん?宇治金時丼」

八幡・由比ヶ浜・雪ノ下「甘い(この作品の流れと同じくらい甘い)」

八幡「甘いけどこれ上手いな。MAXコーヒーにあいそう。」

由比ヶ浜・雪ノ下「!?」


 糸冬

31: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)21:55:06 ID:vRMucA4DI

駄文失礼しました。後半無茶苦茶ですが多めに見てください;;

また書くと思うんで何かありましたらよろしくお願いします。

32: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)22:01:49 ID:TjFwZBqvO

銀さん達が普通に馴染んでて草

1乙



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク