海未「絵里にいじめられたい」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:21:58.38 ID:yAnqk51j.net
ー部室ー

海未「皆さん、おはようございます」ガラッ

凛「あっ、海未ちゃん!おはよー!」

希「おはようさん、海未ちゃん」

海未「凛と希だけなのですね」

凛「うん、他の人はまだみたいだね」ペラッ

希「みんなくるまで、ゆっくりしてようと思ったんよ」

海未「わかりました、人数が揃ってから練習しましょうか。…ところで凛はなにを読んでいるのですか?」
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:25:19.44 ID:yAnqk51j.net
凛「これ?これはね、最近読み始めた雑誌!女の子のファッションとかがたくさん載ってるんだ!」

海未「なるほど女子向けの雑誌ですか…私はあまり読まないのですが、穂乃果がよく持っていますね」

凛「凛、まだあまりオシャレとかできないからこれで勉強してるんだ!…あれ、この特集なんだろう?」

希「んー?これは…SM診断やね」

凛「えすえむ?」

希「こういう本にはこんな話題が掲載されるのもおかしくはないからなぁ…」アハハ

海未「え、えすえむ!?そんなのが載ってる本だなんて破廉恥ですよ凛!」

希「おっ、その反応やと海未ちゃんは知ってるみたいやね、てっきりそういう話題を避けて生きてるんかと思ってた」

海未「うっ…穂乃果やことりといると嫌でもそういう知識は入ってくるんですよ…」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:28:12.46 ID:yAnqk51j.net
凛「ねぇねぇ、凛にも教えてよ~!」

希「う~ん、一口に説明すると意外と難しいけど、つまり………」

ー説明終了ー

凛「ほ、ほえー///」プシュー

希「まあ、そういった趣向のある人もいるってことなんよ」

希「この雑誌には人間はSとMに二分できるような極端な言い方しかしてないけどね…」

希「……せっかくだし、女子校らしくこういう話もしてみようか」

海未「なんですか折角って…」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:31:23.86 ID:yAnqk51j.net
希「凛ちゃんは…どっちかって言ったら…Mかなぁ」

凛「にゃにゃっ!?」

希「いや、こればかりは雰囲気とか印象で決めざるを得ないんやけど…なんとなくそんな気がする」

海未「そうでしょうか?凛は穂乃果に似ているので、S気質とも取れます」

希「おっ、そしたら、海未ちゃんは穂乃果ちゃんをSっぽいと思ってるん?」

海未「まあ、あまり友人にこういうのも言ってしまうと失礼なのですが、そうだと思います。他人を引っ張ってでも同じ道へ連れて行くあたり、そうではないかと…」

希「ふむ、なるほどね……そんな海未ちゃんは、ちょっとM気質?」

海未「な…!?破廉恥ですよ!」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:31:58.76 ID:yAnqk51j.net
希「まあまあ、あくまで二極化したときの話やから…」

希「海未ちゃんって、自分を追い込む癖があるやろ?」

海未「まあ、癖というか、習慣というか…」

希「そういうところにウチは海未ちゃんのMっ気を感じる!」

凛「うーん、本当にそうかにゃあ?」

凛「海未ちゃんは確かに自分にも厳しいけど、他の人にも厳しく指導できるよね」

凛「特にリリホワの個別練習なんかは…希ちゃんも言わなくてもわかるでしょ?」

希「あー確かに……」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:32:36.11 ID:yAnqk51j.net
希「ウチたちに指導してる海未ちゃん、なんか楽しそうな気がするん」

海未「な、人を変態みたいに言わないでください!そういう希こそ、Sではないのですか?いっつもそうやってからかってきますし…」

凛「わかるにゃ~、特にわしわし!」

希「ウチ…ウチは、うーん、あまり自分で言うのも変なことだけど多分Mだと思うん」

希「ウチ、割と人と繋がりを求めたがるから人が嫌がるかもしれないことをするより、人から受ける行為を全部快楽に変換して繋がりを感じていたいって思うのかも…」ノーン

海未「…なんか、いきなり重くなりましたね」

凛「つ、次行こう!次!」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:33:03.99 ID:yAnqk51j.net
海未(それから、どのメンバーがS、もしくはMっぽいか話していました、そして…)

凛「じゃあ最後!絵里ちゃんは?」

海未「絵里、絵里ですか…うーん、難しいですね。どちらかというば私はSではないかと」

海未「μ'sに絵里が加入するまでの絵里には何かこう、冷徹なところを感じました」

希「あー確かに…でもどうかな?えりちはあの時はあんな感じだったけど、根は今と変わらないし…」

希「それに海未ちゃんと同じで、えりちも自分を追い込む癖があるから…あの態度もそこから出た反動だと思うし…」

海未「なるほど…確かにそうですね、1年の頃から絵里を見ている希の見解ですから説得力があります」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:33:55.28 ID:yAnqk51j.net
希「まあウチもえりちに関してはわからないところが多いけど………っと」

ガチャ

絵里「みんな、おはよう!今日も練習頑張りましょう」

希「話はここまでみたいやね、練習がんばろっか」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:37:57.35 ID:yAnqk51j.net
ー練習中ー

絵里「ワン、ツー、スリー、フォー……」

海未(希はああ言っていましたが、やはり絵里はSっぽいと私は思うのです)

海未(……というより、私がそう思いたいだけなのかも知れません)

海未(私が実はMだから…なんでしょうか、いやいやそんなことは…)

絵里「はい、それじゃあ一旦休憩にしましょう!」

ハーイ!

絵里「……」ニコッ

海未「!!」ドキッ
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:41:28.41 ID:yAnqk51j.net
絵里「うーみっ♥ どうしたのよ、さっきからずっと見て…」

海未「えっ、そんなに私、絵里のこと見ていましたか?」

絵里「穴が空くくらい見られてたわ、海未ちゃんの愛がわかるくらいね」クスクス

海未「あ、愛だなんて…!そういうつもりで見ていたわけでは…!」

絵里「冗談よ、はい、飲み物あげるわ」スッ

海未「もうっ絵里はいつも私をからかってくるんですから…///」ツルッ

海未「あっ!?」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:44:44.33 ID:yAnqk51j.net
海未(絵里から受け取ろうとした飲み物が手を滑らせて絵里の足元に落ちてしまいました)

海未「す、すみません!」アセアセ

海未(私は絵里の足元に屈んで飲み物を拾い上げようとしましたが、その時にふと絵里の顔を見上げてしまいました)

海未「!!」ドキリ

海未(そこから見えた絵里の姿がとても綺麗で、私を心配するように見下ろす顔が、蔑んだ顔のように見えて…しばらく動けないでいました)

絵里「…み、ちょっと海未!大丈夫?」

海未「はっ!?い、いえ、大丈夫です。すいません落としてしまって…」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:47:50.62 ID:yAnqk51j.net
絵里「飲み物落とすのは別に構わないけれど…ほんとに大丈夫?ずっと固まってたけど、お腹痛いとかない?」

海未「ほ、ほんとに大丈夫ですから…!飲み物ありがとうございました!それでは!」タタッ

絵里「ちょ、ちょっと海未!……行っちゃった」

海未(一瞬、絵里におかしな感情を抱いてしまったのが申し訳なくて、絵里から離れてしまいました)

海未(…とは言っても練習中なので絵里はまだ心配そうに私を見つめています)

ー練習終了後、園田家ー

海未(はぁ…やはり私はMなんでしょうか…)

海未(いえ、そもそも希と凛があんな雑誌を読んでいるからこんなこと考えてしまうのです!)

海未(今日はもう寝ましょう!)
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:51:01.86 ID:yAnqk51j.net
ー生徒会室?ー

海未(ここは…生徒会室でしょうか?私さっきまで何してましたっけ…なぜこんなところにいるのでしょう)ポケー

絵里『ちょっと園田さん!なに手ぶらで突っ立ってるの!』

海未『ご、ごめんなさい絵里!』

絵里『絵里…?あなたと私って先輩後輩にも関わらず名前で呼びあうような親しい間柄だったかしら?』

海未『す、すいません…絢瀬先輩』

絵里『はあ…まあいいわ、今日はあなたと私しか居ないし、猫の手も借りたい状況なの、突っ立ってる暇があったら仕事して、時間が勿体無いわ』

海未『は、はい!』
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:54:28.05 ID:yAnqk51j.net
スタスタスタ…カタカタ…トントン

海未(絢瀬先輩…とても仕事が早くて、かっこいいです)ポー

ドンッ!バササササササササ

海未『きゃっ!?』

絵里『いっつ……』

絵里『園田さん…あなたなんでまたボーッとしているの…!邪魔したいだけなら帰って!』

海未『す、すみません!すみません!』アセアセ

海未(私は絢瀬先輩の持っていたプリントを拾い上げようと屈みました。すると…)

海未『ぐっ!?』
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:57:39.51 ID:yAnqk51j.net
海未(頭に鈍い衝撃が走り額を地面にぶつけてしまいました)

海未『絢瀬先輩!?なにを…!』

絵里『なに、って踏んでるのよ、貴女の頭を。』

絵里『貴女はいつもいつもトロくて、仕事の邪魔になるばかり…その度に謝ってるけれど改善する気配も見せないから、こうすれば少しは治るんじゃないかと思って、ね!』グリッ

海未『ああぅっ!』ビクッ

絵里『ほら、なにしてるの、さっさと書類拾い上げなさい』グリグリ

海未『ぐっ…んっ…は、はい…』

海未(こんなの…苦しいはずなのに、変な高揚感が込み上げてきます…)
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:58:11.51 ID:yAnqk51j.net
海未『はぁっ…はぁっ…全部拾いました…』

絵里『…そうみたいね、はあ、私も貴女の頭踏んでて疲れちゃったわ、あなたのトロさが感染ってもいけないし、ハイ』ズイッ

海未『な、なんでしょう?』

絵里『舐めなさい』

海未『な、なめ…!?それは、あの…』

絵里『ああもう!トロいわね!』グッ

海未『んぶぅ!?』
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:58:57.86 ID:yAnqk51j.net
海未(私の口の中に靴下越しの絢瀬先輩の足が入ってきました、とても辛くて呼吸もままなりません、ですが…)

海未(なんでしょう、私今、とっても幸せです…♥ )

海未『んっ…ちゅっ……れろぉ…』ペロペロ

絵里『うわ…ほんとに舐めだしたわ…変態ね』

海未『んきゅう!?んむっ……』ビクッ

海未(絢瀬先輩に『変態』と言われると全身に電気が走ったような感覚が襲いました)

海未『せんぱ……んむぅっ…んふ…』ペロペロ
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:59:26.99 ID:yAnqk51j.net
絵里『…もういいわよ、やめなさい』

海未『ぷはっ…んぐ……』タラー

絵里『まさか本当に舐めるだなんて思わなかったわ、あなたマゾなの?』

海未『そ、そんなこと…!』

絵里『ふぅん……あなた、そこに座りなさい』

海未『え?は、はい…』

絵里『そのまま足を開いて、M字になるの』

海未『えっ!?いや、それは…』

絵里『ああもう!さっさと開きなさい!』ガバッ
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:59:54.28 ID:yAnqk51j.net
海未『きゃあっ!』

絵里『ふふっ♥ やっぱり濡れてるじゃない…』

海未『み、みないで…ください…///』

絵里『ねえ園田さん、直接触ってあげましょうか?』

海未『えっ……』

絵里『好きなんでしょ?私のこと』

海未『そ、それは…はい///』

絵里『私の指で、たーくさん気持ち良くしてあげるわよ?さあ……』ボソボソ

海未『お、お願いします……///』
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 02:00:30.44 ID:yAnqk51j.net
絵里『なーんて、言うわけないじゃない』グリッ

海未『い゛っ!?あああぁぁぁぁっ!?』ビクビクッ

絵里『大事なところを踏まれて体ビクビクさせちゃうなんて本当にマゾなのねあなた、気持ちが悪いわぁ』グリグリ

海未『あぅっ♥ くぅんっ♥ 』ビクッビクッ

絵里『ねえ園田さん、このまま直接いじってほしい?もちろん足で、だけど』グリグリ

海未『ほしいっ♥ してほしいですっ♥ 』

絵里『きちんといいなさい、自分がなにを私にしてほしいのか、そのために自分が今からどんな存在になるのか。言いなさい、「海未」』
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 02:01:00.52 ID:yAnqk51j.net
海未『わ、わたしはマゾですっ♥ ですからあや……えりせんぱいにたくさんいじめてほしいですっ♥ 』

海未『ですから…えりせんぱいのマゾ犬にしてください♥ ♥ 』

絵里『ふふっ、いい子ね…よく言えました、…お礼に……』グチュッ

海未『ぁ………♥ 』
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 02:01:20.00 ID:yAnqk51j.net
海未「ひうっ♥ ……えりせんぱ………はっ!?」

海未「夢……ですか、私ったらなんて夢を見ていたのでしょう…」

海未「………」クチッ

海未「っ~~~~~///」

海未「が、学校に行きましょう…」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 02:01:46.06 ID:yAnqk51j.net
ー部室ー

海未「こんにちは、みなさん」

絵里「あら、こんにちは海未、今日は私だけよ」

海未「あ、絵里せんぱ……!!」クチオサエ

海未「こほん……こんにちは、絵里」

絵里「ちょっとちょっと、今絵里先輩って言いかけたでしょ?此の期に及んで先輩呼び?やめてよね」

海未「す、すみません…絵里…」

絵里「まあ海未に先輩呼びされるのってドキドキしちゃうからそれもいいんだけど…」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 02:02:36.10 ID:yAnqk51j.net
絵里「昨日から思ってたけど海未大丈夫?海未は頑張り屋さんだから、一人で溜め込んじゃうのかも知れないけれど…」

絵里「できるだけ海未ちゃんの力になってあげたいから、エリチカにも気が向いたら話してくれると嬉しいな?」ナデナデ

海未(この時の絵里の言葉をきいて、涙が出そうになりました、もちろん絵里がさらに心配するので堪えましたが)

海未(私はこんなとても優しい人で、夢とはいえなんて妄想をしてしまったのでしょう、と)

海未(こんなことを考えている間にも私は優しい絵里に撫でられ続けるしかありませんでしたが、もう一つ思うことには)

海未(夢は自分の深層心理を表したもの、あんな夢を見たということは私は本当に絵里のマz…になりたがっているのではないか、と)

海未(そんなことはないと思いつつしばらく悶々する日々が続きそうでした)

おわ…🍫🌊
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 02:04:11.71 ID:zkte81Fy.net
35: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 06:54:45.68 ID:hDrhbLNP.net
おいおいここからが本番だろ終わるなんて冗談きついぜ
45: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:19:19.41 ID:PKvw555l.net
ーとある教室?ー

海未『ここは…?オトノキ…ではないようですね、私、なにをしていましたっけ…』

ガラッ

海未(扉の音のするほうを見ると、スーツ姿のメガネをかけた金髪の女性が立っていました)

絵里『お待たせ、園田さん。補習を始めましょうか、とは言っても小テストの不合格者はあなただけだったけど』

海未『は、はい、よろしくお願いしますえr……絢瀬先生』

海未(あれ、そんな駄目な設定なんですか私は…設定?)
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:19:51.62 ID:PKvw555l.net
絵里『~~これはここが間違ってるから~~』

海未(絢瀬先生…とっても綺麗な人…年齢の差はありますが、私…)ポー

絵里『ちょっと園田さん!聞いてるの?』

海未『あ、す、すみません。ちょっとボーッとしてました…』

絵里『もうっ、あなたの為にやってるんだからちゃんと聞いてね?』

絵里『…それじゃあ続けるわよ、ここは………』

海未(というか、この制服…中学の時のですね、中学生…なんでしょうか、私)
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:20:26.53 ID:PKvw555l.net
絵里『それにしても暑いわね…クーラーとか設置しないのかしら…』ピラッ

海未『!!』

海未(絢瀬先生…今ので胸が少し……)チラ

海未(谷間がみえ…すごくおっきいです……)ジー

絵里『………ねえ』

海未『は、はい!』

絵里『どこをジロジロ見ているのかしら?』
48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:21:03.48 ID:PKvw555l.net
海未『な…!え、えっと!これはその…!』

絵里『ねえ、園田さん、私のこと好き?』

海未『あ…それは…す、好き…です』

絵里『年が10も離れてるのに?それも女同士で…』

海未『変…ですよね、やっぱり』

絵里『ううん、全然変じゃないわ。性別や年齢は関係ないもの』

絵里『でも』ニヤ

海未『ぇ…』

絵里『それと人の胸を見ようとするのは無関係よ、そんな悪いことする子には…』

絵里『お仕置きが必要ね?』
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:21:42.74 ID:PKvw555l.net
海未『!!』ゾクゾクッ

海未(絢瀬先生がお仕置きと言った途端、私の体がとても熱くなりました)

絵里『それじゃあ園田さん、こっちに背を向けて起ちなさい』

海未『は…い……』

海未(絢瀬先生の言いなりに背を向けて立ちましたが絢瀬先生が今からなにをするのか不安な一方、この状況に不思議な興奮を覚える自分もいます)

海未(そんなことを考えていると____)

スパァーン!

海未『い゛っ!?』ビクッ
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:22:13.22 ID:PKvw555l.net
絵里『やっぱり先生が生徒に対する罰といえばお尻叩きよね、随分古典的だけど…今じゃ訴えられちゃうかしら』フフフッ

海未(独り言を言いながら笑う先生の姿は、とてもサディスティックに見えて、私の何かが目覚めそうでした)

絵里『さっきはスカート越しにやったけど、やっぱり布越しだとお仕置きにならないかしら』ペロッ

海未『ひゃあっ///』

海未(先生はそう言うと私のスカートを捲り上げました)
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:22:53.23 ID:PKvw555l.net
絵里『もうちょっと続けるわよ』パシーン

海未『くふぅっ///……んっ//』ビクッ

絵里『ねえ園田さん、私今、お仕置きしてるから、あまり変な声出さないでくれるかしら?』

海未『へ、変な声だなんて…!』

パシーンッ!

海未『ひうっ///』

絵里『やっぱり出してるじゃない、もしかして気持ちいいの?「変態」ね』クスクス

海未『っ♥ ♥ 』

海未(あ、この感覚…前にも…変態っ言われるとこんな…)
54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:23:41.14 ID:PKvw555l.net
絵里『もう、惚けてないで、そろそろお尻に直接やってもいいかしら?』

海未『え…?それは…』

絵里『大丈夫よ、脱がさないから』グイッ

海未『あぅっ///』

絵里『ふふっ、食い込ませてみたけど、とってもエッチだわ…♥ 』

海未『え、えっちだなんて…!それは先生が…!』

パシーンッ

海未『んきゅうっ!?♥ 』

パシーンッ

海未『ひうっ♥ 』

パシーン

海未『んあぁっっ♥ 』
55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:24:16.05 ID:PKvw555l.net
海未(一定の間隔でお尻を叩かれ私はもう痛みを感じることはなく、そこには痴態を見られる羞恥からくる快楽しかありませんでした)

絵里『ふふっ、園田さんって本当にいい声で鳴くのね、私、あなたみたいな可愛らしい子大好きだわ♥ 』パシーン

海未『うあぁっ♥ せんせっ♥ もっとっ♥ 』

海未(いつの間にか私は自分から口に出して懇願するようになっていました、けれどそれを聞いた絢瀬先生は)

絵里『………』ピタ

海未『はぁ…はぁ…先生…?』

絵里『疲れちゃったわ』

海未『ぇ………』
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:24:51.44 ID:PKvw555l.net
絵里『もうやめにしましょ?私もこんなところ他の人に見られるとまずい立場だし』

海未『そんなの……わたし、まだ…』

絵里『まだ、何?まさかお仕置きされたいわけじゃないでしょう?』

海未『……たい、です』

絵里『え、何?聞こえないわ』

海未『……もっと叩いて欲しいです…』フリフリ

海未『ダメな私に先生にお尻を叩いてもらって躾けて欲しいんですっ♥ ♥ 』フリッフリッ
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:25:38.34 ID:PKvw555l.net
絵里『ふふっ、お尻までふっちゃって…一体どこでそんなおねだりのしかた覚えたのかしら』

絵里『それじゃあ、激しく行くわよ…』

パシーン!

海未『っ~~~~~~♥ ♥ ♥ 』ビクビク

パシーン!パシーン!パシーン!

海未『うああああああぁぁぁぁぁぁっっっ♥ ♥ 』

絵里『ねえっ、気持ちいい?気持ちいいんでしょうっ?』

海未『はいっ♥ さいこうですっ♥ せんせいに叩かれるの大好きですっ♥ 』
58: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:26:04.55 ID:PKvw555l.net
パシーン!パシーン!

海未『や、やだっ♥ きちゃうっ♥ なにかきちゃいますっ♥ 』ビクビクビクッ

絵里『いいわよ「海未」、全部吐き出しちゃいなさいっ、あなたの恥ずかしいところ、私に見せなさいっ♥ 』

海未『えりっ♥ えりぃっ♥ イッ____♥ ♥ 』
59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:26:39.61 ID:PKvw555l.net
海未「ぇり………はっ!?」ビクビクッ

海未「!?」ガタンッ

海未「な、まずっ…!?」ドタドタ

ガチャッ

ートイレー

海未「はぁっ…はぁっ…危なかったです…まさか夢で漏らしかけるとは…」シャー

海未母「海未さん?朝からうるさいですよ?」

海未「す、すみませんお母様!ちょっと寝る前しておかなかったものですから…!」

海未母「はぁ…」
60: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:27:08.47 ID:PKvw555l.net
海未(というか今日も見てしまいました…変な夢を…)

海未(しかも教師と生徒の設定でしたが…どれだけ倒錯してるんですか…)

海未「はぁ~……」
61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:27:34.92 ID:PKvw555l.net
ー部室ー

絵里「あら海未、こんにちは。最近は二人の時が多いわね」クスクス

海未「え、絵里っ…」

海未(普通に接するべきなのにどうしても意識してしまいます)

絵里「うん?どうしたの?」

海未「そのっあの…ごめんなさい!」

絵里「え?」

海未「私、最低なんです!」

絵里「どうしたのよ、突然…」
62: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:28:03.65 ID:PKvw555l.net
海未「ワケは…言えないのですが、とにかく最低なことをしてしまっているんです!あなたを汚してしまうような…」

絵里「ちょ、ちょっと待ちなさい!一回落ち着いて…」ギュッ

海未「あっ……」

絵里「…なにが起こったか知らないけど、私はあなたに嫌な思いをしてないわ、汚してる…なんてことはないから安心して」

絵里「海未が自分でそんなこと言うのだから、やっぱり何か理由があるのだと思うけど、それも無理には聞かないわ」

絵里「前にも言ったけど、気が向いた時に話してくれたらいいから。せめて私にできることと言えば…」

チュッ
63: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 02:28:35.36 ID:PKvw555l.net
海未「っ////」ビクッ

絵里「海未に少しでも元気をあげることくらいかな♥ 」

海未「え、絵里、なにを…///」

絵里「じ、じゃあ私、先屋上行くわね///」スタタタ

海未(教室を出て小走りで去っていく絵里をみて元気付けられらたことに感謝しつつやはり近いうちに絵里と話すべきだとも思いました)

海未(ちゃんと普通に話せるようにして、普通に絵里とお付き合いを…)

海未(ん?お付き合い…?)

海未(そうです、そもそも私絵里のこと……好きなんじゃないですか///)
70: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:22:56.54 ID:YDwYRP9b.net
海未(そうは言っても、なかなか夢の内容が頭から離れず、困惑していました)

海未(それどころか、最近は絵里にいじめられる夢を見る頻度が多くなり、最近は毎日見ます)

海未(仕事の上司と後輩、看護師と患者、しまいには悪の女幹部と正義のヒーロー、と言ったよくわからないシチュエーションもありました)

海未(首輪をつけられ夜中に外を四つん這いで歩かされたり、自慰や放尿を強制されたり、いやらしい服を着せられ衆人環視の中で歩かされたり、処女を散らされるなんてこともありました)
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:23:23.75 ID:YDwYRP9b.net
海未(思い返すのもとても恥ずかしいですが、全ての夢に共通していることは、夢の中の絵里が私をいじめ、その行為に夢の中の私が快感を覚えるということ)

海未(そして最終的に絵里に屈伏、服従してしまうということです)

海未(夢だけならば良いのですが、最近は現実にも影響が出ている気がします)

海未(絵里を見てしまうとどうしても意識してしまいます、なるべく普通に接するようにはしていますが、スキンシップなどをされると夢の中の私がいつも出しているような情けない声が反射的に漏れてしまい絵里を心配させてしまいます)

海未(そしてとうとう、現実の私も、夢の中の絵里に調教されてしまっているような感じがして…なにか怖いです)
72: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:27:19.44 ID:YDwYRP9b.net
ー授業中ー

先生「ここは……~となるので…」

海未(いけません…昨夜見た夢が頭に張り付いて離れません…授業に全く集中できないです)

海未(絵里にいっぱい酷いことされたいです、踏まれても、蹴られても構わないです。とにかく絵里にいじめられたい!)

先生「それじゃあ今日は園田さんにこの例題を解いてもらいましょうか」

海未「えり………♥ 」ボソッ
73: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:27:43.87 ID:YDwYRP9b.net
みんな「!?」ガタッ

海未「え…あ、え、襟!襟元が苦しくて…」アセアセ

先生「そ、そう!苦しかったら崩しても構いませんよ!」

海未「は、はい!失礼します!」

海未(あ、危ないところでした…完全に意識が飛んでました)

ことり(首元が苦しい、じゃないかなあ…)
74: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:30:56.84 ID:YDwYRP9b.net
ー部室ー

ことり「それじゃあ衣装の生地とか買ってくるから、今日もまた遅れますっ」

海未「はい、気を付けて行ってきてくださいね」

絵里「領収書も忘れないようにね」

ことり「わかりました、それじゃあ行ってきますっ」バタンッ

海未「………」

絵里「………」

海未(ああ、また絵里と二人きりになってしまいました。沈黙が気まずいです)

海未(いえ、気まずくさせているのは私のせいなのでしょう。普通に振舞おうとしていても多分どこかよそよそしいのでしょうね)

海未(絵里と二人だなんて、本当ならとても嬉しいはずなのに、今は少し複雑です)
75: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:34:20.55 ID:YDwYRP9b.net
絵里「あ、そうそう、ことりの考えた衣装の最終デザインがあるからちょっと見てみましょうよ」

海未「は、はい!そうですね!」

海未(気を遣わせてしまいました…申し訳ないです)シュン

絵里「チア風の衣装なのね…スカートはやっぱり結構短いわね、本物のチアリーディングでも私たち以上に見えちゃうし、どうせアンスコだからいいんだけど…」

海未(どうしましょう…絵里が近くにいると現実にはされるはずもないことを想像してしまって話が入ってきません…!)

絵里「それにしても今回は大胆ね~、夏色の時くらい布面積が小さいわ、おへそやわきも見えちゃってるし…」

絵里「ってごめんね、こんな話海未は苦手よね?こんなところばかり着目してたら『変態』みたいね」クスッ
76: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:38:00.52 ID:YDwYRP9b.net
海未「っ!?」ガタンッ

絵里「え、海未!?大丈夫!?いきなり椅子から転げ落ちて…」

海未「あぅっ…///くぅっ……///」ビクッビクッ

絵里「随分苦しそうな声あげてるけど、もしかしてどこか怪我したの!?」スッ

海未(やっ!?今触っちゃだめですっ!?あ、声が出なっ……!)

ピトッ
77: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:38:50.84 ID:YDwYRP9b.net
海未「ふあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ♥ ♥ 」ガクガクガク

絵里「え、う、海未…?」

海未「あはぁ……♥ あっ…♥ 」ピクッピクッ

絵里「え、なにこれ…」

絵里「と、とりあえず保健室つけていきましょっ」
78: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:42:29.06 ID:YDwYRP9b.net
ー保健室ー

海未「………すみません、ご迷惑をおかけしました」

絵里「ううん、どこも怪我してないようで、よかった」

絵里「………」

海未「……幻滅、したでしょう?」

絵里「ぇ……」

海未「触れられただけで絶頂してしまうはしたない女だと幻滅したんでしょう!?」

絵里「え!?いやいや、確かにびっくりはしたけれど、多忙な海未だから、何かしら疲れていただけだったんだろうなって…」

海未「……それだけではないんです」

海未「私、変態なんです」

絵里「えぇ…?」
80: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:46:46.80 ID:YDwYRP9b.net
絵里「冗談…でこういうこと言わないわよね、海未は」

海未「…いわゆるマゾヒストと言われる人間なんです、私は」

海未「ここ一週間ほど、夢を見るのですが、その夢と言うものが………」

海未(私は絵里に今まで見てきた夢を話しました、絵里にいじめられる夢を見ること、それに私は快感を覚えること、だんだんそれが現実にも影響が出るようになってきたこと…)
81: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:47:12.40 ID:YDwYRP9b.net
海未「先ほど椅子から転げ落ちたのも、『変態』と言われただけで感じるように夢の中で調教されたものが現実に出たものなんです」

絵里「そう…だったの…」

海未「………私は」

海未「私は絵里を妄想の中で勝手にサディストに仕立て上げて、自身の欲求を満たしていたんですよ!?本当のあなたはこんなにも優しいのに!」

海未「…さいていです、私は」
82: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:50:22.39 ID:YDwYRP9b.net
絵里「…ねえ海未、その夢には私しか出てこなかったの?」

海未「はい、そうです…」

絵里「ふーん……ねえ海未、私のこと、好き?」

海未「それは…!……はい、好きです」

海未「マゾとかそういうのは関係なく、優しくて頼り甲斐のあるあなたが好きなんです!……今更こんなことを言っても遅いかもしれませんが…」

絵里「うーん…それなら別に、私はいいと思う」

海未「なっ…!ど、どうして…!」
83: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:53:55.76 ID:YDwYRP9b.net
絵里「だって、私だけが夢に出てくるってことは特別に思われてるってことでしょう?あなたから好きって言葉も聞けたし」

絵里「好きな人にそういう風に特別に思われるというのは、何であれ嬉しいものよ」クス

海未「でも…、…というか絵里、好きな人って…」

絵里「うん、私も海未のことが好きよ」

海未「~~~っっ///」ボフン

絵里「あら、結構今までアピールしてたと思っていたけれど…気づかなかったかしら」

絵里「……まあ今はそれは置いといて、今の海未の話を聞いた後でも、私はあなたのことを変わらず愛しているわ」ニッコリ

海未「え、絵里……うぅ……」ポロポロ

絵里「ちょ、ちょっとどうしたのよ海未!」
84: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:57:10.85 ID:YDwYRP9b.net
海未「す、すびばぜん…この話をしたら恋の成就はおろか、絵里と友達ですらいられないと思っていたものですから…」ポロポロ

海未「あの…ありがとうございます、受け入れてくれて……とっても嬉しいです」ニコリ

絵里「うんっ、海未には笑っているのが似合うわ♥ 」

絵里「…でも、できるだけあなたの期待に応えられるようにしてあげたいわ」

海未「…え?」
85: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 02:57:36.98 ID:YDwYRP9b.net
絵里「海未が言ったような踏んだり蹴ったりみたいなことは流石にできないけど、軽いことならネットで調べてできるようにしてみるわ!」

海未「そ、それは…!さすがに悪いです!私は変わらずマゾヒストですが、わざわざあなたにそんなことをしてもらう訳には…!」

絵里「もうっあんまりつべこべ言わないの、私は海未の恋人なんだから♥ 」チュッ

海未「っ~~~~~///」ボフンッ
86: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:00:54.81 ID:YDwYRP9b.net
ーそれからー

海未(あの一件から私は『あの夢』を見なくなりました。絵里に打ち明けて、心の悩みが解消されたからでしょうか)

海未(絵里とも恋人同士になり、とっても幸せな毎日を送っています)

海未(ですがやはり、たまに波がくるようで……)
87: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:01:25.88 ID:YDwYRP9b.net
ー練習後ー

絵里「みんな、お疲れ様!今日の練習はこれで終わり、各自忘れ物等確認したら帰っていいわよ」

みんな「ありがとうございました~!」

絵里「さて、私も帰ろうかしら……」

海未「絵里、絵里………」
88: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:04:30.56 ID:YDwYRP9b.net
絵里「ん?海未、どうしたの?」

海未「その…ちょっと…今日、構わないでしょうか…///」モジモジ

絵里「あっ、うん、わかったわ」

絵里「にこー?私今日部室にしばらく残るから鍵そのままでいいわよー」

にこ「ああそう?悪いわねー」

絵里「そういうことだから、あとで部室に、海未…♥ 」ボソボソ

海未「はいっ、ありがとうございます……♥ 」
89: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:08:34.51 ID:YDwYRP9b.net
ー部室ー

ピチャピチャ

海未「あむっ……んっ……」ペロペロ

海未「じゅぷっ……んぐっ……」

海未「ぷはっ…どうですか絵里、気持ちいいですか?」

絵里「気持ちいいというか、ヘンな感じね。くすぐったい…ともなにか違うかしら」

絵里「海未こそ、これでいいの?私、なにもせずに座ってるだけだけど…」

海未「はい、これで…いえ、これがいいんです♥ 絵里はただ椅子に座って、地べたに座る私を見下しながら指を差し出すだけで」

海未「私はあなたに見られながら絵里の指を…じゅぷっ…こんな風に舐めているだけでとても幸せになりますから…♥ 」ペロッ
90: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:12:31.00 ID:YDwYRP9b.net
海未「でもほんとはぁ…んぐっ……足でも良かったんですよ?」フフッ

絵里「うーん、流石に足は…近いうちに脛くらいまでなら大丈夫なようにしておくわ」

海未「ありがとうございますっ…あむっ……やっぱり絵里は優しくて…れろぉ……大好きです♥ 」ペロペロ

絵里(指舐められながら上目遣いで言われると中々くるものがあるわね…)ドキドキ

絵里「なんか、私も『変態』じみてきたかも…」ボソッ

海未「んくぅっ♥ んぅっ♥ 」ビクッ

絵里「あ、『変態』って言われると感じちゃうんだっけ、でもこれくらいなら…」
91: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:16:30.73 ID:YDwYRP9b.net
絵里「こほん…ねえ海未、あなた『変態』ね?こんな私の指を舐めてるだけで喜ぶなんて」

海未「んきゅうっっ♥ ♥ 」ビクンッ

絵里「『変態』って言われて感じてるの?どうしようもない『変態』さんね、海未ちゃんは♥ 」

海未「んくっ♥ あうぅっ♥ 」プハッ

絵里「指離しちゃったの?ねえ見て私の指、海未の唾液でドロドロよ…♥ もう私の指が海未のものになっちゃったみたいだわ…」

海未「っ……ぁ…♥ 」フリフリ

絵里「もう我慢できないかしら?いいわよ気持ち良くなっても。たくさん気持ち良くなりなさい『変態』『変態』『へーんたい』♥ 」

海未「ふぁぁぁぁぁぁぁっっっっ♥ ♥ ♥ 」ビクビクビクッ
92: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:20:04.65 ID:YDwYRP9b.net
絵里「わっ…すごい…ほんとになにも触ってないのにイっちゃうんだ…♥ 」

海未「はぁっ…♥ はぁっ♥ 」

海未「ありがとうございました…絵里…♥ おかげで落ち着きました…♥ 」ハァハァ

絵里「そう、それなら良かったわ。また我慢できなくなったらいつでも言ってね、それまでに私も色々勉強しておくわ♥ 」チュッ

海未「ふぁ……♥ 」トローン

絵里「あ、そうそう、もう一つ知ったことがあるの、ちょっと待ってて」

絵里「えーと確かこの変に…」

海未「絵里……?」
93: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:23:30.72 ID:YDwYRP9b.net
絵里「あった!」

海未「それは…サインペンですか?」

絵里「そうよ、ちょっと失礼するわね…」ピラッ

海未「ひゃっ…///」

絵里「うーん……こうかな?」キュッキュッ

海未「あっ…ん…///絵里、くすぐったいです」

絵里「ああもう、動かないで、ズレちゃうわ……っとできた!」

海未「なにか書いたのですか?」

絵里「んー?ちょっと待ってて、今見せるから…」パシャ

絵里「はい、これ!」
94: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 03:24:23.11 ID:YDwYRP9b.net
海未(絵里が撮った写真には私の太ももとお尻に『エリーチカ専用』『マゾペット』と落書きされたものが写されていました)

海未「絵里、これ…」

絵里(さすがにマゾペットはやりすぎたかしら…?)

海未「最高ですっ!本当に絵里の所有物になったみたいでとても嬉しいです!」

絵里「そ、そう?良かったわ」

海未「これ、油性ですよね?ずっとこのままにしますね♥ 」

絵里「え、ちょっと、さすがに今日帰ったら洗い落としてよ?体育とか練習の時着替える時シャレにならないから!」

海未「ふふっ、これからもずっと、私をいじめてくださいね、絵里♥ 」

おわり🍫🌊
97: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 05:42:48.90 ID:VQ67zzlt.net

いろんな夢の内容をもっと詳しく頼む
112: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 02:34:04.55 ID:nTBppDlc.net
ほんと最高だわ
もうほんとヤバイ神
119: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:36:58.30 ID:Ko2imNJW.net
蛇足
ーかつて海未の見た夢ー

海未(あれ、私なにしてましたっけ…なんでこんな夜中に家の廊下を歩いてるのでしょうか)

海未(あ、そうそう、待ち合わせがあるんでした。早くでないと)

ガララッ

海未『お待たせしました、絵里…♥ 』

絵里『待ちくたびれたわ海未、飼い主を待たせるなんていい身分ね』

絵里『さあ、散歩に行きましょう「マゾ犬」』

海未『はい…ご主人様♥ 』パサッ
120: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:40:17.58 ID:Ko2imNJW.net
海未(私は絵里がそういうのを合図にロングコートを脱ぎ捨て全裸になりました)

絵里『この時期だからさすがに寒いし下着だけ許可してあげる、これを着なさい』

海未『ありがとうございます…』

海未(そういって渡されたのはピンクの手袋と靴下、そして下着を渡されたのですが…)

絵里『隠れてない下着の方が嬉しいんでしょ?』

海未『はい、大好きです…♥ 』

絵里『それじゃあ行きましょう、これを着けて…』カチャ

海未『はぐっ…♥ んっ……』

海未(絵里に首輪を付けられるのは首が絞まってとても気持ちがいいです)
121: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:43:18.91 ID:Ko2imNJW.net
絵里『さあ、四つん這いになりなさい』

海未『はい…♥ 』

絵里『………』グイッ

海未『かふっ……♥ 』

絵里『犬は「はい」だなんて言わないわ』

海未『……わんっ♥ 』

絵里『いい子ね…あ、それと今日はこれもつけて行きましょう』ズブブッ

海未『きゃうっ!?♥ ♥ 』ビクッ
123: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:47:11.68 ID:Ko2imNJW.net
絵里『ふふっ、甘い声出しちゃって…お尻に入れたのに痛くないのね…「変態」』

海未『あうぅっ♥ ♥ 』ビクビク

絵里『あとこれ…』ポチッ

ヴィーーーーーン…

海未『ああっ♥ んっっ~~~~♥ ♥ 』ビクビクビクッ

絵里『ふふっ嬉しそうに尻尾振っちゃって…♥ 』

絵里『顔すごいことになってるわよ?とても昼間は憧れの海未ちゃんだったとは思えないわね』クスクス

海未『あっ…♥ ひっ…♥ 』

絵里『さあいつまでも這いつくばってないで、行くわよ』グイッ

海未『あぐぅっ♥ 』ビクッ
124: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:50:30.04 ID:Ko2imNJW.net
ー10分後ー

海未『うぅっ……』ブルブル

絵里『どうしたの?やっぱり寒いかしら』

海未『あぅ……』フルフル

絵里『…めんどくさいから喋っていいわよ』

海未『ありがとうございます……そうではなく、人に見られないか怖くて…』

絵里『ふぅん、怖い、ねぇ…』

絵里『いいかしら海未、あなたは今海未じゃなくてマゾ犬、ペットなの。人に見られたところでなんら恥ずかしくないわ』グイッグイッ

海未『がっ♥ ふぅっ♥ 』
125: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:54:01.23 ID:Ko2imNJW.net
絵里『それに今4時よ?人通りもほとんどない………あら?』

タッタッタッタッタ

絵里『言ってるそばから誰か来たわね』

海未『っ!?』ビクッ

絵里『ランニング中のようね、おじいさん、いや、おばあさんかしら、わからないわ』

海未『……!!』ブルブル

絵里『さあ、しっかりしなさい、散歩を続けるわよ』

海未『…はい』

絵里『人の言葉使うとバレちゃうわよ?』

海未『…わんっ』

海未(お願いします…気づかないで…!)

タッタッタッタッタ…
126: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 17:57:29.43 ID:Ko2imNJW.net
絵里『あ、おはようございます』ニコッ

海未『っ!?』

老人『あぁ、おはよう、若いのに早いんだねえ』

絵里『はいっ、ペットと散歩してるんです』

老人『ペット?犬かい?すまんね、どうもこの歳だとちょっと暗いと何も見えないもんで…』

絵里『はい、とっても可愛いメス犬です…♥ 』

絵里『………』カチッ

ブブブブブ…

海未『きゃうんっっ♥ ♥ ♥ 』ビクビクビクッ
127: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:00:54.14 ID:Ko2imNJW.net
老人『おっと』ビクッ

絵里『すみません、びっくりさせてしまって…この子発情期なんです』

老人『いや、いいよ。それじゃあ私は失礼するよ』

絵里『はい、次からは反射板とかハンドライトを持って出かけたほうがいいですよ』

老人『ご忠告痛み入るよ、それではね』

タッタッタッタッタ…

絵里『……いったわよ、海未』

絵里『……海未?』

海未『あっ……♥ はっ………♥ ♥ 』

絵里『人様の前でイっちゃうだなんて…とんだマゾ犬ね』クス
128: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:05:14.49 ID:Ko2imNJW.net
ー10分後ー

絵里『さあ今日はこれで終わり、頑張ったわね』ナデナデ

海未『あぅ…♥ 』

海未(やっと…もう…?終わりました…)

絵里『それじゃあ頑張ったから…ご褒美、あげようかしら』

海未『!!』ビクッ

絵里『それじゃあ海未…「チンチン」』

海未(ああ、ダメです、もう絵里の言うことのまま自然に体が動いてしまいます…)スクッ

海未『はっ♥ はっ♥ 』カクカク
129: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:06:27.92 ID:Ko2imNJW.net
絵里『ふふっ、すごい格好ね…♥ もうそれだけでイキそうな感じはするけど…まだ我慢よ?』

絵里『それじゃあ海未…何本欲しい?』

海未『に……二本…二本ほしいですっ♥ 』

絵里『いやらしい子ね…♥ 』スッ

海未『あひっ♥ 』ビクッ

絵里『ふふ……』コスコス

海未『あぐっ♥ ふぅっん♥ はやくっ♥ ♥ 挿入れてくださいっっ♥ ♥ 』ビクビク

絵里『まだ「待て」よ、我慢しなさい…♥ 』
130: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:07:12.76 ID:Ko2imNJW.net
海未『きゃふっ♥ んひぃ♥ 』スリスリ

絵里『よし、それじゃあ行くわよ…!』ズプッ

海未『ああああああああああああっ♥ 』ビクビクッ

絵里『入れただけでイっちゃったの?キュウキュウ締め付けてくるわよ?これじゃあ余りやると壊れちゃうそうね…♥ 』ジュプジュプ

海未『んっ、やぁっんっ♥ あぐっ♥ 』ビクビク

絵里『多分この辺…それじゃあイっちゃいなさいマゾ犬!大きな声上げて壊れちゃいなさい!』クイッ

海未『ぁ____♥
131: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:07:52.86 ID:Ko2imNJW.net
海未「あああああああああぁぁぁぁぁぁっっっっっ♥ ♥ ♥ 」ガクガクガク

海未「夢……あはっ…♥ あははっ…♥ 夢の中で…イかされちゃいました…♥ ♥ 」ピクピクッ

海未母『海未さん!?すごい声がしましたけど大丈夫なのですか!?』

海未「!?お母様!?だ、大丈夫です!なんともないです」

海未母『あっ…もしや海未さん朝っぱらから……』

海未「ち、違います!ベッドから跳ね起きたらテーブルに脛をぶつけただけです!!」

海未母『そ、そうですか、気をつけてくださいね…』

海未(そうではない……と否定は全くできないのですが…)
132: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:08:30.57 ID:Ko2imNJW.net
ー登校中ー

海未(はぁ…絵里にどういう顔をして会えばいいのやら…)トボトボ

海未(ん?あれは…)

海未「…絵里!」

絵里「あ、海未、おはよう」

海未「おはようございます…どうしたんですか?こんなところに屈んで…」

絵里「ん?これよ」

ワンワン!

海未「っっ!?」ビクッ
133: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:09:20.86 ID:Ko2imNJW.net
絵里「ど、どうしたの海未?犬は苦手だった?」

海未「い、いえ、平気です…」アセアセ

絵里「……この犬、とても大人しくて、『首輪がついてる』から多分『ペット』だと思うんだけど…」

海未「は、はい、そうですね…」ハアハア

絵里「『おて』!『おすわり』!『待て』!……わっすごい!とても頭のいい犬なのね!」ハラショー

海未「そ、そうですね…とっても…いい子…」ハアハア

絵里「『チンチン』!…ってこれこんなところで大声で言っちゃいけないかしら///」

海未「!?」ビクッ
134: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:10:09.97 ID:Ko2imNJW.net
スッ

絵里「えっ!?う、海未!?犬を見るのは自由だと思うけど、そんな座り方したら見えちゃうわよ!?」

海未「はっ!?す、すみません!」パッ

女性「すいませ~~ん!犬見ませんでしたか~?」

絵里「あっ、それってもしかしてこの子ですか?」

女性「あっ、そうです!遊んでいただいてくれたんですね、ありがとうございます!急に走り出しちゃって…」

絵里「そうなんですか、かわいい犬ですね」

女性「はい、元気な女の子です!」

女性「それでは……ほら行くよミウ!」

わんっ!

タッタッタ…
135: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:11:11.04 ID:Ko2imNJW.net
絵里「はぁ~可愛かったなあ、私、マンションだからペット飼えなくて…憧れてるのよね」

絵里「あぁ、『ペット欲しい』なぁ~」

絵里「……って海未?」

海未「はぁっ…はぁっ…///はい…なんでしょう…//」

絵里「う、海未!よだれ、涎垂れてるわよ!」

海未「えっ…うわぁっ!?」ダラー

絵里「ああもう!」フキフキ

海未「…す、すみません…」

絵里「いや、別に構わないけれど…」

ギュッ

海未「え、絵里!?///」カァァ

絵里「今日のあなたを見てるとなんだか危なっかしいから、手をつないでいきましょっ///」

海未「ぁ……はいっ!」

🐍👣
136: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:13:23.39 ID:Ko2imNJW.net
終わりとかいいながらだらだら書いて申し訳ない🙏
次のSSのネタが思いつかないので安易な破廉恥をやってしまうました😢
普通に書くとしたらスクフェスのレオタード海未ちゃんが追加された辺りになると思うます😘
137: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 18:16:31.41 ID:JUTDfjVd.net

いやいや、素晴らしいよ
シリーズ化されるなら是非読みたい
156: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:27:41.09 ID:idKWlpuS.net
ー絵里と海未が付き合ってからのある日ー

海未「お邪魔します……」

絵里「そんな緊張しなくていいわよ、さあ上がって」

亜里沙「あ、海未さん!こんばんは!」

海未「こんばんは亜里沙」

亜里沙「今日はお泊まりですよね?わーい!嬉しいな!」

絵里「はしゃぐのはいいけれど、海未をいい加減中へ入れてあげなさい、ここだと寒いわ」

亜里沙「あ、ごめんなさい……どうぞ中へ」

海未「ありがとうございます」
157: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:28:28.39 ID:idKWlpuS.net
絵里「とりあえず荷物置きましょう?私の部屋に置いてくれて構わないわ」

ガチャ バタン

海未「はぁっ……はぁっ……」

絵里「適当に荷物置いてていいから…って海未?」

海未「えりっ……えりぃ♥ ♥ 」スリスリ

絵里「ちょ、ちょっと海未、少しは我慢しなさいよ」

海未「む、ムリですっ…♥ 今日絵里の家に泊まるのかと思ったら体が疼いて……///」

海未「今日は一日中絵里に滅茶苦茶にしてもらえるのだと思ったら体が自然と熱くなってしまって…♥ 」

絵里「滅茶苦茶って…もちろんそのつもりではいたけれど、そこまで激しくするつもりはないのだけど……」
158: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:29:22.32 ID:idKWlpuS.net
海未「えり、はやくっ♥ いじめてくださいっ♥ 」フリフリ

絵里「まだご飯も食べてないのにダメに決まってるでしょ」

海未「はぁ……♥ えり、見てください、私のはしたない姿を…♥ 」モゾモゾ

絵里(暴走気味の海未は、自身の秘部をスカート越しに弄り始める)

絵里(『はぁ…これじゃただの痴女ね』と言おうと思ったが多分海未を悦ばせるだけだろう)

絵里「『待ちなさい』、海未。自分で慰めたらダメよ」

海未「ど、どうして………」

絵里「どうして?飼い主の命令に理由があるかしら、あなたは許可が出るまで自分で慰めることはゆるされないわ」

海未「飼い主……あはっ…そうですね…♥ 」
159: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:29:44.34 ID:idKWlpuS.net
絵里「って言うといいってネットに書いてあったけど…」

絵里(って、今わたし、自然に言ってなかったかしら…毒されてないわよね?)

絵里「こほん…亜里沙も待ってるわ、ご飯にしましょう」
160: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:30:16.52 ID:idKWlpuS.net
ー食卓ー

亜里沙「あの、海未さん…よかったら隣に座ってもいいですか?」

海未「えぇ、構いませんよ。どうぞ」

亜里沙「やったっ!」

絵里「二人とも椅子についたかしら、それじゃあ手を合わせて…」

3人「いただきます!」

亜里沙「海未さんとこうしてお家でご飯を食べられるなんて夢見たいです!」

海未「私も嬉しいですよ、亜里沙」

亜里沙「あ、そうだ!今日は一緒の部屋で寝ませんか?たくさんお話ししたいです!」
161: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:30:58.06 ID:idKWlpuS.net
海未「あ、でもそれは……」

絵里「………」

亜里沙「ダメ、ですか…?」

海未「いえ、ダメというわけではないのですが……ひぃっ♥ 」ビクッ

亜里沙「う、海未さん!?どうしました!?」

絵里「………」ニコニコ

海未「な、なんでもなひぃぃん♥ ♥ 」ビクッビクッ

亜里沙「なんでもなくないですよ!どこか痛むんですか?」

海未「い、いえ、大丈夫です…ちょっと怪我してたところが滲みただけですので…」ハァハァ
162: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:31:34.51 ID:idKWlpuS.net
亜里沙「あんまり無理はしないでくださいね?救急箱ならうちにもありますから…」

海未「………」チラッ

絵里「………」ニコニコ

海未(絵里……?)

絵里「どうしたの?」グリッ

海未「ぁ………♥ 」ビクッ

海未「いえ…なんでも……♥ 」

絵里(反応はいい…ということは、これも好きなのかしら)

絵里(ネットでこういうの見て、食事中にマナー悪いかしらとは思ったけど、さっき海未が我慢できそうになかったからこの機会にやってみたけど…)

絵里(というかちょっと楽しい…)

絵里(って何考えてるのよ!)

絵里(これは海未への理解のため、そう、それだけなんだから…)
163: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:32:16.15 ID:idKWlpuS.net
ー3分後ー

絵里「亜里沙、このシチュー美味しいわね、いつの間にかこんなに上手に料理できるようになってたのね」グリグリ

亜里沙「うん、来年から高校生だもん!私もしっかりしなくちゃ!」

海未「くっ……///ふっ♥ んっ…♥ 」ビク

絵里(声抑えちゃって…亜里沙に気づかれまいと必死なのね)グリグリ

亜里沙「…海未さん?さっきから喋ってないですけど…やっぱり体調悪いですか?」

海未「亜里沙……♥ 心配しなくていいですよ、大丈夫です…♥ 」ハァハァ

亜里沙「!!」ドキッ

亜里沙「そ、そうですか、何度も言いますが無理はしないでくださいね///」

亜里沙(なんか海未さんの顔、すごいせくしー?だったなあ…//)
164: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:33:08.48 ID:idKWlpuS.net
ー30分後ー

絵里(あれからずっと海未のお股を弄り続けているけれど)グリグリ

絵里(海未は完全に蕩け切っていて亜里沙に隠すことができなくなるのも時間の問題でしょう)

絵里(物欲しそうにこちらをよく見てくるしもう限界だろうか…部屋に戻ったらいっぱいシテあげましょう)グリグリ

絵里(もうすぐご飯も食べ終わるし)ズプッ

絵里「しまっ…!?」

海未「ひっ!?~~~~~~っっっっ♥ ♥ ♥ 」ビクッビクビクッ

亜里沙「う、海未さん!?大丈夫ですか!?」

絵里(痙攣した海未を亜里沙が介抱する、ぐったりしていて、口からはシチューがこぼれていて少し扇情的だ)

絵里(ってそうじゃないでしょ!何やってるのよ私!)
165: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:33:42.49 ID:idKWlpuS.net
絵里「だ、大丈夫海未!?」

海未「ぁ……♥ えり…♥ ふふっ♥ 」

海未「すみません…腰が抜けてしまって立てないんです…♥ 」

絵里「亜里沙、私、海未を部屋に連れて行くから悪いけど食器下げといてくれるかしら」

亜里沙「う、うん、わかった」

絵里(状況が飲み込めていない亜里沙を置いて、海未を抱きかかえ自室へ)
166: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:34:22.28 ID:idKWlpuS.net
ー絵里の部屋ー

絵里「ごめんなさい、海未。やりすぎちゃった…そもそも突然するなんてダメだったわよね…」

海未「いいえ、その、食卓でああいう風に責められるのは……背徳感があって妙に興奮しました、亜里沙にも気づかれないかドキドキしましたし…」

絵里「亜里沙は私の知る限りでは性知識に疎いからね、多分亜里沙じゃなかったら気づかれてたわよ…」

海未「気づかれてしまうのも…それはそれで……」

絵里「え?」

海未「いいえ、なんでも…」

海未「……あの、絵里、よかったら服を脱がせてくれませんか?」

絵里「えっ……いいの?」
167: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:34:55.83 ID:idKWlpuS.net
海未「はい、構いませんよ。絵里も今日はそのつもりだったんでしょう?」

絵里「そ、それはそうだけど…海未から求めてくるなんて……」

海未「私から絵里を求めてはいけないでしょうか?」

絵里「ううん、そんなことない。…じゃあ、脱がすわね……」ゴクリ

ハラッ

絵里「な、こ、これ!?」

海未「どうですか絵里?似合っていると良いのですが…」

絵里「似合ってるって言ったって…この下着……」

海未「やはりこういうのは胸の大きい方が着るべきでしょうか?私のような貧相な体では……」
168: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:35:26.42 ID:idKWlpuS.net
絵里「いやいやそういう問題じゃないわよ。……もしかして下もなの?」

海未「はい、セットでしたから。絵里に喜んでもらおうと思いまして…」

絵里「どれ……」ピラッ

絵里(うわ……なんか…すご……)

絵里「…あなたってこんなキャラだったかしら」

海未「こんな、とは?」

絵里「隠すべき所が隠れないようなエロ下着を着るようなキャラってことよ」

海未「気に入りませんでしたか?」
169: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:35:58.16 ID:idKWlpuS.net
絵里「それは……好きな子がこんな格好してたら嬉しいけれど…」

絵里「こういうのあなたなら見ただけで『破廉恥ですっ!』とでもいいそうなものじゃない」

海未「……絵里のせいなんですよ?」

絵里「ぇ」

海未「絵里が私を夢の中で散々犯して、こんな風に調教しちゃうんですから…♥ 」

絵里「えぇ……私のせい?」

海未「亜里沙にも私の姿を見せに行きますか?私は絵里のペットだと言うことを教えなくては…♥ 」

海未「あぁ、亜里沙だけじゃなくて、みなさんにも知らせる必要がありますね。このまま散歩に行きましょうか、あの時みたいに…♥ 」ゾクゾク

絵里「あの時っていつよ……」
170: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:36:31.52 ID:idKWlpuS.net
絵里「…あのね、海未。よく聞いて」

絵里「あなたは私のペットなんかじゃないわ、大切な恋人。夢の中の私があなたにどんなことをしたのか知ることではないけれど、私はあなたをその格好で散歩になんか出したりしないわ」

絵里「まして他の人に見せるだなんてもっての他よ、亜里沙やμ'sのみんなにもあなたのそんなはしたない姿、絶対に見せてあげないわ」

絵里「あなたのこんないやらしい姿を見ていいのは私だけなんだから……」

海未「で、でも……」

絵里「もちろん、海未は『変態』だからこれで……」

海未「んぅぅっ♥ ♥ 」ビクビクッ

絵里「……ごめん、久しぶりで気づかなかったわ」
171: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:37:05.58 ID:idKWlpuS.net
絵里「…続けるわね」

絵里「海未はマゾだからこれで納得するとは思えない」

絵里「だから、私もできるだけ海未に満足してもらおうと頑張ってるから…それでダメかしら?」

海未「……ちゃんと虐めてくれますか?」

絵里「うん、できるだけね。矛盾してるかも知れないけれど…やさしくいじめるって感じでいこうと思うの」

海未「…いじめてくれる絵里も好きですが、やさしい絵里はもっと好きです///」

絵里「それならよかった、……あ、それで今日はちょっと用意してきたの、待ってて」

ガサゴソ

海未「あ、それって……」

絵里「ちょっと待ってて、今着るから」
172: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:37:37.69 ID:idKWlpuS.net
絵里「どう?似合ってるかしら」

海未「は、はい!とっても……その衣装はBiBiのジャケット撮影に使ったものですよね?」

絵里「ええ、この前衣装合わせの時にずーーっとこっちを見てたから、こういうの好きなのかなって……」

海未「はい…//その、大好きです……///」

絵里「よかった、ことりに変な目をされながら持ち帰った甲斐があったわ」

海未「ふわぁ………///」

絵里「そんな離れて見てないで、近くで見てもいいのよ?」

海未「は、はい!……それでは、失礼します」ギュッ
173: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:38:14.54 ID:idKWlpuS.net
海未「素材がしっかりしてるんですね……すごいです…」

絵里「革を使ってるのよね、手作りとはいえ決して安いものではないのに……やっぱりことりはすごいわ」

海未「………」ギューーッ

絵里「海未?」

海未「…さっきからことり、ことりって、ことりのことが好きなんですか?」

絵里「え?」

海未「私はあなたのモノです、あなたに従って、あなたの言うことならなんでもします」

海未「……ですが、あなたも私だけを見て欲しい…というのは傲慢でしょうか?」
174: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:39:02.43 ID:idKWlpuS.net
絵里「………ううん、ごめんね」ギュッ

絵里「海未が私のモノ…かどうかは微妙なところだけれど、恋人の前で他の女の子の話をするのはタブーよね」

絵里「私もあなただけを見ているわ」チュッ

海未「んっ……」

海未「ありがとうございます…♥ 」

海未「あと、キスのついでに……首筋にもしてくれませんか?」

絵里「え?別に構わないけれど……」

海未「ありがとうございます、首にされるとなんだか征服されてる気がして…好きなんです」
175: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:39:35.81 ID:idKWlpuS.net
絵里「そ、そうなの……じゃあ、行くわね」

絵里「はむっ……」

海未「ひぁっ……///」

絵里「ちゅ………んっ…」

海未「あっ……ん…」

絵里「ちゅる……じゅるる…はぁ……」

海未「ひあんっ♥ あぁぅ……♥ 」

絵里(海未、気持ちよさそう……行為自体は多分くすぐったいだけだと思うのだけれど……心が昂ぶってるせいなのかしら)チュッチュッ
176: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:40:20.74 ID:idKWlpuS.net
海未「あっ……ふっ…♥ くぅぅっ♥ 」

絵里(あぁ、海未の首筋…すごいおいしそう……)

絵里(ちょっとだけ、なら……いいわよね?)ニヤ

カプッ

海未「ふぁぁっっ♥ ♥ ♥ えりぃっ♥ ♥ 」ビクッ

海未「それっ♥ いいです♥ もっとお願いします♥ ♥ 」

絵里(あ、これでよかったんだ。……海未がよろこんでくれるなら、もっと……)カプカプ

海未「あぅぅ♥ えりっ、なにかもう、きちゃいそうですっっ♥ ♥ 」ガクガク
177: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:40:59.34 ID:idKWlpuS.net
絵里(海未がなにか言ってるけれど、私はもう海未の声は聞こえてませんでした)

絵里(もっと海未が欲しくなって、海未を求めるのに夢中になっていました)

絵里(もっと……もっと…!)カプカプ

絵里(…あ、こう……かな?)

ガブッ!

海未「い゛っっ!!??!?あ゙あ゙うっ♥ ♥ ♥ 」

絵里「っ!?」ビクッ

バッ

絵里「ご、ごめんなさい海未!!痛かったわよね!?」
178: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:41:34.95 ID:idKWlpuS.net
海未「ヒドいですよえり……もう少しで達していましたのに…♥ 」

絵里「ご、ごめん……ってそうじゃなくて、強く噛んだことよ!」

絵里「私、夢中になってて……加減ができてなかったみたいなの……ほんとにごめんなさい」

海未「ああ、別にそれくらいいいですよ、少しビックリしましたが…」

海未「むしろ、ああ、いよいよ絵里のモノにされちゃうんだなと思うと幸福感が湧き上がってきましたから」

海未「ほら、血も出ていませんし、大丈夫でしょう?」クイッ

絵里「っ……」フイッ

絵里(海未が首筋を見せてくれたが、見るとなにか自制心のようなモノが保てなくなりそうで目を逸らしてしまった)
179: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:42:02.40 ID:idKWlpuS.net
絵里(私は話題を変えようかと思って…)

絵里「…ね、海未。お風呂入りましょうか」

海未「え、あの……私、まだ不完全燃焼といいますか…///」

絵里「お風呂でたくさんしてあげる…♥ その後もたっぷりしてあげるわ…一日中ね」

海未「っ~~~♥ ♥ 」ゾクゾク

海未「……はい♥ よろしくおねがいします…♥ 」
180: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:42:33.93 ID:idKWlpuS.net
ーお風呂から上がって、やることやった後ー

海未「はーっ♥ はーっ♥ 」

絵里「ご、ごめん海未……ちょっとまだ不慣れで…力の加減が難しかったかも……」

海未「いいえ…♥ えりの愛が感じられて…とってもよかったですよ……♥ 」

絵里(思いの外ノリノリでやってしまったわ……やっぱり私、サディストに目覚めかけてるのかしら…)

海未「あの、絵里……よかったら今回も落書き…してくれませんか?」

絵里「え、また!?いいけど…前はキチンと消したの?」

海未「いいえ、ですがバレませんでしたので…」

絵里「そ、そういえば……練習の時の着替えは気づかなかったわ……」
181: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:43:01.17 ID:idKWlpuS.net
絵里「じゃあ、待っててね、ペン用意するから……って海未、週明けイベントあるじゃない!」

海未「そ、そうでしたっけ?」

絵里「しかもチアの衣装だから…ほぼ確実に見えちゃうわよ!…もしかして海未、他の人に……」

海未「ち、違いますよっ!私は絵里だけのモノです!それは約束しますから!」

海未「腰…のあたりに書いてくれませんか?スカートの付け位置なので大丈夫でしょう」

絵里「うーん……わかったわ、なんて書きましょうかね…」
182: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:43:33.95 ID:idKWlpuS.net
海未「肉便器とでも書いてください♥ 」

絵里「肉便器って……どこでそんな言葉覚えたのよ……そんなの書けるわけないじゃない」

絵里「それじゃあ……」キュッキュッ

海未「…ところで絵里、今あなたが書いているあたりに私の子宮があるのですが」

絵里「うん?」

海未「ペニスバンド…というものを試してみませんか?」モジモジ

絵里「ゔぇっ!?どこでそんなものを……」

海未「この下着の通販を見てたら関連商品にあったんです…♥ 」

海未「その、絵里は興味ありませんか?私と繋がるのは…」

絵里「っ///か、考えておくわ!」
183: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:44:02.44 ID:idKWlpuS.net
絵里「はい、書けたわよ!」アセアセ

海未「ありがとうございます、どれ……」

『私は一生、エリチカのモノになることを誓います♥ 』

海未「……もっと強い言葉でもよかったんですよ?」

絵里「いや、なんか、歯止めきかなくなりそうだったし……」ボソボソ

海未「まあ、いいでしょう」

海未「…また、よろしくお願いしますね、絵里♥ 」

絵里「……うん♥ 」
184: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:44:34.75 ID:idKWlpuS.net
ーイベント当日ー

にこ「さあ!今日はインターネット配信もあってカメラもあるし、張り切っていくわよ!」

絵里(バレないわよね……?)

穂乃果「よし、それじゃあいつものいくよ!」

穂乃果「いち!って…あれ?」

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「海未ちゃん、首筋……」

海未「え?」

穂乃果「海未ちゃんの家、動物飼ってなかったよね?なんか噛まれたような跡が……」

絵里「っっ!?!?」
185: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:45:57.05 ID:idKWlpuS.net
絵里(盲点だったわ……!)ダラダラ

穂乃果「犬?かなぁ」

海未「犬だなんて、とんでもないです。むしろ私が……ふふっ♥ 」

穂乃果「???」

海未「痛くもないので、気にしなくて構いませんよ」ニコッ

穂乃果「そ、そっか…じゃあ改めて……って絵里ちゃん?すごい汗だよ?」

絵里「あ、え?ええ、ちょっと暑くてね~」ダラダラ

ことり「この時期にこの格好じゃあ、嘘でも暑いとは言えないと思うなぁ…」

にこ「緊張してるの?まだまだ甘いわね、絵里」

絵里「そ、そうね、ほんとにね……あはは………」ダラダラ



絵里(バレませんでした)

🐍👣その②おわり
186: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 21:48:17.69 ID:idKWlpuS.net
やることやったんでSSのネタ尽きましたので折角残ってたスレッドをひっそり再活用😘
どうしても破廉恥ネタに走ってしまいがちなので矯正の意味を込めてしばらく模索してみるます😎
189: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 23:56:46.24 ID:YfrM6J2O.net
素晴らしいじゃあありませんか
190: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 23:56:59.27 ID:AmTVMzIW.net
こういうのもアリだな
191: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 00:40:37.45 ID:kYLVNWPp.net
破廉恥ネタに走って何が悪い!!(錯乱)
192: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 00:48:32.84 ID:9W1o8oEU.net
海未「なんですかこのスレは…破廉恥です」

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク