穂乃果「何だろうこのノート?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:05:45.54 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「禁忌の書?」

穂乃果「や・・・み・・・が・・・?漢字が難しくて穂乃果じゃ読めないなぁ」ペラペラ

穂乃果「次のページからは英語だったり色々書いてあるけどやっぱり読めないや」

穂乃果「一体何なんだろう?あー、気になる!」
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:07:18.63 ID:te2QDS9P.net
ガチャ

海未「ごきげんよう、ってどうしたのですか穂乃果?」

穂乃果「あ、海未ちゃん!あのね、こんなの見つけたんだけど穂乃果よく分からなくて」スッ

海未「?どれですk・・・」

海未「ほほほ穂乃果!?どこでこれを!?」

海未(不味いです!これは大分前に私が書いたポエムノート兼設定ノート闇の章です・・・!)

海未(暫くしてから見るのも嫌になって後先考えずどこかにやったのでした・・・!)
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:08:02.77 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「へ?今部室に置いてあったよ」

海未「そそそそうですか!なんだか怖いですし処分をしましょう!」アセアセ

穂乃果「えー、穂乃果それ気になる!海未ちゃんでも分からないのー?」

海未「はい!全くわかりません!イヤー気味が悪いですねぇ!これは私が責任もって処分をしておきます!」アセアセ

穂乃果「駄目だよ処分なんて!穂乃果気になるんだもん!それなら返して!」ヒョイッ

海未「ああっ!?」

海未「い、いけません穂乃果!そんなもの!」

海未(不味いです不味いです不味いです!穂乃果だけなら気付いてないので何とかなりますが希辺りに見つかったら絶対に持ち主を探し当てられてからかわれます・・・!)
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:09:25.93 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「いいじゃん!穂乃果が最初に見つけたんだもん!」

海未(恥ずかしいですがここは穂乃果が本質を理解していない内に正直に言って奪還したほうが良いようですね・・・)

海未「あの!ほの・・

ガチャ

真姫「あら、二人とも早いわね」

穂乃果「あ!真姫ちゃん!」

海未「」
5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:10:12.74 ID:te2QDS9P.net
海未(真姫!不味いです不味いです、馬鹿にされることは無さそうですが私とバレたら間違いなく先輩としての威厳を失います・・・!)ダラダラ

真姫「ん?穂乃果、その手に持ってる黒いノートは何?」

穂乃果「あ、えーっとね、今部室で見つけたんだけど穂乃果じゃよく分からなくて・・・」

穂乃果「真姫ちゃんなら分かる?」

真姫「さあ、分からないけどちょっと貸してみなさい」ヒョイッ

真姫「禁忌の書?」ペラペラ

真姫「ヴェエエエエエエエエ・・・」

真姫(何よこれ・・・見てるこっちが恥ずかしくなってくるじゃないの・・・)

海未「」ダラダラ
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:10:59.13 ID:te2QDS9P.net
海未(真姫が内容を理解していないはずはないです・・・奪還は容易ではなくなってしまいました・・・)

穂乃果「どう?真姫ちゃん、分かった!?」キラキラ

真姫「えっ、あぁ、うん・・・分かるには分かったけど・・・」

穂乃果「本当!?何だったの?早く穂乃果にも教えてよ~」

海未(かくなる上は・・・)

海未「穂乃果!」バンッ

穂乃果「うわっ!?な、何海未ちゃん!?」
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:13:08.40 ID:te2QDS9P.net
海未「何じゃありません!あなたはいつもいつも!」

海未「所在不明のノートをペラペラペラペラ・・・無くした本人の機密事項だったりしたらどうするのですか!」

海未「もう少し考えて行動をするべきです!」

真姫「そ、そうね!これは返すから処分でもしておいて!」スッ

海未「では私が責任をもって処分しておきます」キリッ
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:13:46.51 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「駄目ええええ!」パシッ

海未「ああ!?な、何をするのですか穂乃果!?」

穂乃果「そんなこと言って独り占めするんでしょ海未ちゃん!これは穂乃果が最初に見つけたの!」

穂乃果「二人とも教えてくれないなら絵里ちゃんたちに聞いてくる!」ダッ

海未「ああ!穂乃果!待ちなさい!」

真姫「なんなのよあれ・・・海未知ってる?」

海未「い、いえ・・・さ、さっぱりです・・・」

真姫「そう・・・」
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:14:38.59 ID:te2QDS9P.net
海未「しかし、もし重要なものだったら没収して処分をしないと困る人も出てきますよ、穂乃果を追いかけませんと・・・!」

真姫「一通り読んだけどそれはないと思うわ、読んでるこっちが恥ずかしくなってくる痛々しいただのノートだったから」

真姫「内容が分かったら穂乃果もすぐ飽きるわよ、待ってましょう」

海未「そ、そうですか!では待ちましょう!」

海未(不味いです不味いです!穂乃果は絵里の下へ向かうと言っていたから必然的に希はいます・・・!)

海未(今すぐにでも追いかけたいのですが不自然ですししらを切るしか無さそうですね・・・)
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:16:45.76 ID:te2QDS9P.net
ガチャ

絵里「あら、海未と真姫だけなのね」

海未「!」

海未(絵里!神は私を見捨てていませんでした!)

海未「あれ?絵里?希は一緒ではないのですか?」

絵里「あー、今日はどこかにそそくさと行ったわね、それにしても皆遅いわね」

海未「ええ、確かに遅いですね、少し様子を見てきます」スタッ

絵里「あら本当?じゃあお願いするわ」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:18:00.34 ID:te2QDS9P.net
真姫「さっきまで穂乃果はいたけど絵里を探して出ていったわよ」

絵里「何で?」

真姫「何か変なノートがあってその内容を聞きたいとかで」

絵里「あらそうなの、待てば良かったのに」

海未(何故余計なことを言うのですか!真姫!事は急を要します!今すぐにでも穂乃果からノートを奪還せねば!)

海未「では私は行ってきますね」

バタン
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:18:53.52 ID:te2QDS9P.net
海未(穂乃果はどこですか?おそらく次はことり辺りを探すはずですが・・・)キョロキョロ

穂乃果「ことりちゃん!」

ことり「んー?穂乃果ちゃんどうしたの?」

穂乃果「あのね、聞きたいことがあるんだけどこれ何か分かる?」スッ

ことり「?黒い・・・ノート?」

穂乃果「うん!中身が難しいから教えてほしいな、って」
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:19:31.37 ID:te2QDS9P.net
ことり「うん、分かったよ!でもこれどこかで見たような気がするんだけどなぁ・・・?」ペラペラ

ことり「えーっと・・・な、んじ力を欲すれb・・・」

「穂乃果ああああああああああ!!」

ことり「ピィッ!?」

海未「はあ・・・はあ・・・それをこちらに渡しなさい・・・!」

穂乃果「嫌だよ!まだ内容が分からないもん!」

穂乃果「ことりちゃん逃げよう!」

ことり「えぇっと・・・どういうこと?」オロオロ
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:20:07.05 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「海未ちゃんがこれを処分するって聞かないの!酷いよね?」

ことり「!」

ことり(分かった・・・これ大分前に海未ちゃんの鞄の中に入ってたやつだ・・・) 

ことり「ほ・・・穂乃果ちゃぁん・・・これ海未ちゃんに返そ?」

海未「ことり・・・!あなたは最高です!」

海未(ん?返す?)
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:21:59.23 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「ええ!?ことりちゃんまで何言うの!?穂乃果まだそれが気になってしょうがないよ!」

海未「うわあああああああああああああ!!!」バタバタ

穂乃果「!?」

穂乃果(海未ちゃんが一人で悶え始めた!?でもこれは・・・)

穂乃果「チャンスだよ!」ヒョイッ

ことり「あ、穂乃果ちゃぁん・・・」

ことり「行っちゃった・・・」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:23:36.11 ID:te2QDS9P.net
ことり「う、ううう海未ちゃんどうしたの?」

海未「こ・・・ことりぃ・・・み、見ましたよね?」

ことり「えぇっと・・・ナ、ナニヲ?」目ソラシ

海未「ぁ・・・ぁ・・・」

ことり「う、海未ちゃん!ことりは闇の力なんて何も知らないしあのノートの持ち主も知らないよ!」

海未「見たのですね・・・」プルプル

ことり「あ・・・」

海未「うぅ・・・私は・・・」グスグス

ことり「海未ちゃん!こ、ことりは気にしてないよ!海未ちゃんの味方だから一緒に取り返そ?」

海未「ことりぃ・・・!」グスッ
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:24:48.73 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「酷いや!ことりちゃんまで!」プンスカ

穂乃果「でも生徒会室に二人ともいなかったしどうしよう・・・」

穂乃果「ん?あれは・・・」

穂乃果「希ちゃんに凛ちゃん!」

希「ん?どうしたんや穂乃果ちゃん」

凛「何?その黒いノート?」

穂乃果「あ、えーっとね部室で見つけたんだけど穂乃果じゃ難しくて・・・」

希「ふーん・・・よし!うちに任せとき!」

穂乃果「本当?ありがとう希ちゃん!」
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:26:16.77 ID:te2QDS9P.net
希「ふむふむ」ペラペラ

希「こ・・・これは・・・」

希「ス、スピリチュアルやね・・・」

穂乃果「分かった!?」

希「ああ、うん、一応分かったけど・・・」

穂乃果「本当!?なんだった?教えて教えて!」ワクワク

希「えーっとな・・・闇が」

十分後

凛「ちょっと寒くないかにゃー?」

穂乃果「?」

穂乃果「やっぱり穂乃果じゃ難しかったかなあ?」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:27:05.50 ID:te2QDS9P.net
穂乃果「海未ちゃんにも言われたし海未ちゃんに渡そうっと!」

希「ん?穂乃果ちゃん、今海未ちゃんがどうしたって・・・?」

穂乃果「えっとね、海未ちゃんがそのノート見て処分するって言ったり急に悶えたりしてたの」

希「!」

希(そうか分かったで・・・!)
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:28:48.02 ID:te2QDS9P.net
希「そか、穂乃果ちゃん、1回それ全ページ写真撮って良い?うち気に入っちゃって」

穂乃果「うーん・・・部室にあったし誰かが困ることじゃないし良いよ!はい!」スッ

希「ありがとう、穂乃果ちゃん!」

五分後

希「助かったで!」スッ

穂乃果「うん!じゃあねー!」ダッ
24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:29:17.86 ID:te2QDS9P.net
希「くふふふふ・・・凛二等兵!」

凛「はい!希隊長!」

希「さっきのノートが何か分かるかー!?」

凛「凛、知ってるよこの前のリリホワの練習メニューと字が同じだってこと!」

凛「さっきの穂乃果ちゃんのお話聞いてピンと来たにゃ!」

希「その通り!これは言うなれば海未ちゃんの汚点なのだー!」

凛「すごいにゃすごいにゃ!」
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:30:18.47 ID:te2QDS9P.net
海未「うぅ・・・私は・・・」シクシク

ことり「海未ちゃん・・・元気出そ?」ポンポン

穂乃果「おーい!海未ちゃーん!」

海未「ほ、穂乃果!?」

穂乃果「ごめんね海未ちゃん、はいこれ!」スッ

海未「!」
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:30:45.02 ID:te2QDS9P.net
海未「こ、これは・・・!穂乃果、もういいのですか?」

穂乃果「うん!結局内容もよく分からなかったし海未ちゃんに渡しておくよ!」

ことり「良かったね!海未ちゃん!」

海未「は、はい!」

海未(真実を知っているのがことりだけで留まったのは不幸中の幸いと捉えます・・・何にせよ私の手に戻って良かったです)
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:31:14.18 ID:te2QDS9P.net
その後、何故かリリホワの練習量が劇的に減ったと言う

ハッピーエンドね!
28: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:32:13.64 ID:VUxFDb0+.net
お気に入り余裕だった
29: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:32:27.53 ID:6Jl54p+X.net
乙!面白かった!!
30: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:45:42.89 ID:AQNo2pw/.net
乙おもろ
31: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:57:21.83 ID:9/RGjo9G.net
乙です
なぜ海未ちゃんはこうも中二病が似合うのか…
33: 名無しで叶える物語(中部地方)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 20:40:43.88 ID:R/ZXi9Sv.net
後日談をよろしくお願いします
39: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 01:46:57.87 ID:XsqlPctJ.net
数日後

海未「今日はユニット別の練習です!」

のぞりん「」ニヤニヤ

海未「?」

海未「二人ともどうしてそんな嬉しそうな顔をしているのですか・・・?」

海未「まあ意欲的なのは良いことです!ではそのまま校庭うさぎ跳び十周行きましょう!」

凛「ええ!?凛は嫌だよ~」

海未「何を言っているのですか!こういうことはコツコツと地道にやって行くことが大切なのですよ!」

凛(全然地道じゃないと思うけど・・・)
40: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 01:47:44.58 ID:XsqlPctJ.net
凛「とにかく凛は嫌にゃ!海未ちゃん一人で行ってよね!」

海未「な・・・!?」

海未「凛?あなた自分が何をいっているのか分かっていますか?」ゴゴゴゴ

凛(ひぃっ!お、おっかないにゃ!希ちゃん!)チラッ

希(うちに任せとき!凛ちゃん!)目パチパチ

希「コホン!あー、自分を偽り本質を失う、残るは自分の弱さと闇」

海未「!?」

海未「の、希!?い、いいいきなりどうしたんですか!?」

海未「ああ!スピリチュアルですね!スピリチュアル!」アセアセ
41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 01:51:49.12 ID:XsqlPctJ.net
希「掴めば壊れ離せば失う、俺は生きる上でどれだけの咎を背負うのだろうか」

凛(海未ちゃんには悪いけどやっぱり意味不明な上に寒気がするにゃ・・・)

海未「希ィ!一体どうしたのですか!?お、おかしいですよ!」

希「海未ちゃーん!うち、今日歌とかダンスの練習したいんやけど・・・」

海未「ええ、たまには休養も大事ですね!凛もその方がいいでしょうしそうしましょう!」

凛「うんうん!今日も練習、行っくにゃー!」
42: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 01:52:57.52 ID:XsqlPctJ.net
リリホワは皆幸せに練習をしましたとさ
やっぱりハッピーエンドね
43: 名無しで叶える物語(湖畔の町アレット)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 01:54:39.11 ID:JjeKeoac.net
いいっすね~
乙です
46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 14:49:27.08 ID:rbaY1j88.net
ほっこりした
乙!
47: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 16:19:49.96 ID:4a2PmCTC.net

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク