小鳥「私も大好きですよ!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/27(月) 23:52:20.30
P「おはようございます」

p「おはよーございまーす」

小鳥「おは……」

小鳥「!?」ガタッ

P「あ、この子は」

小鳥「ぷ、プロデューサーさんが事務所に幼女を……!?」ガタガタ

P「は?」

p「?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1369666340
2 :1 :2013/05/27(月) 23:55:39.14
小鳥「こ、ここでナニをするつもりですか!?」

小鳥「今ならまだ間に合います!考え直してください!」

P「いや、娘なんですが」

小鳥「……ぷ、プロデューサーのPはペ」

P「待て」

小鳥「え?娘?娘さん?」

P「ええ」

小鳥「あ、ああ……親戚の娘さんですか?姪っ子とか」

P「違いますって。俺の娘ですよ、俺の娘」

小鳥「え?」

小鳥「えええぇぇぇぇぇ!?」

p「ひうっ!?」ビクッ

P「ちょっ、怖がりますから」

小鳥「ご、ごめんなさい」

p「あぅ……」
3 :1 :2013/05/27(月) 23:57:11.48
小鳥「驚かせちゃってごめんね?ええと……」

小鳥「私は小鳥。鳥さんの小鳥ね。お名前教えてくれるかな?」

p「とりさん?」

P「小鳥さんだよ。ほら、ちゃんとご挨拶しなさい」

p「うん!えと……pです!はじめまして、ことりおねえちゃん!」ペコッ

小鳥「お、お姉ちゃん///」

小鳥「あ、いやいや……はじめましてpちゃん」ペコッ

P「よしよし、ちゃんと言えたな。偉いぞ」ナデナデ

p「えへへ」

小鳥「pちゃんは、お歳はいくつなのかな?」

p「4さいだよ!」ニコッ

小鳥「か、可愛いぃ!///」

P「はは、大袈裟ですよ」
4 :1 :2013/05/27(月) 23:58:33.12
小鳥「ていうかプロデューサーさん!娘さんがいるなんて初耳ですよ?」

P「ええ、ここじゃ社長しか知らないはずです」

小鳥「結婚、されてるんですか?」

P「してた、ですね。今はこの子と俺の二人だけです」

小鳥「そ、そうなんですか」ホッ

P「どうかしました?」

小鳥「ピヨッ!?なんでもないです!」

p「パパー!パパー!」グイッグイッ

P「どうしたー?」

p「だっこー!」

P「はいはい、しょうがないな。……ほら!」ヒョイ

p「きゃっ!えへへ~」ギュッ

小鳥(なにこの可愛い生き物)
5 :1 :2013/05/28(火) 00:01:13.54
小鳥「あの……聞きにくいことを聞いてもいいですか?」

P「ええ。変に誤解されても困りますから、事情はちゃんと話しますよ」

小鳥「奥さんとは……離婚されたんですか?」

P「いえ、死別です。この子が生まれてすぐに……」

小鳥「それって、私が聞いちゃっても……?」

P「何年も前のことですから」

P「音無さんには……知っていてもらいたいですし」ボソッ

小鳥「え?」

P「あ、いえ」

小鳥(思わず聞こえなかったフリしちゃったけど、今……)

小鳥(いまさら聞き返せる雰囲気じゃないし……。あーもう、私のバカバカ!)

P「続けますね」

小鳥「は、はい」
6 :1 :2013/05/28(火) 00:03:48.10
P「この子の母親……俺の妻だった人は、物心ついた頃からずっと一緒にいた幼馴染だったんです」

P「ただ、高校生の頃に病気で長く生きられないと言われて……」

小鳥「……」

P「俺もまだ子供だったから、他になにも考えられなかったんだと思います」

P「残り少ない時間で一生分幸せにしてあげようと思って、高校を卒業してすぐに結婚しました」

小鳥「奥さんのこと、ほんとに好きだったんですね……」

P「子供っぽい自己満足ですよ」

P「この子が生まれるときにも、二人して周囲の反対に聞く耳を持たずに押し切ったんですから」

P「どれだけ迷惑をかけて、どれだけ助けられてるかなんて考えもせずにね」

小鳥「そんな……」

P「でもこの子を授かって、ほんの少しの時間だったけど……俺もあいつも幸せだったと思います」

P「はは……柄じゃないですね、こういうのは」
7 :1 :2013/05/28(火) 00:06:11.44
小鳥「プロデューサーさん……」グスッ

P「お、音無さん?泣かないでくださいよ」

小鳥「だって、そんな辛いこと……」ポロポロ

P「こうやって落ち着いて話せるぐらいには吹っ切れてますよ」

P「それに、俺にはこの子がいますからね」

小鳥「そ、そうですね……ごめんなさい」グシッ

p「ことりおねえちゃん、だいじょうぶ?どこかいたいの?」

小鳥「ううん、大丈夫よpちゃん。どこも痛くないから」

P「そろそろ誰か来るでしょうから、湿っぽいのはやめましょう」

小鳥「はい!笑顔笑顔!」ニコッ

p「えへへ、えがおえがお」ニコニコ

小鳥「……」プルプル

小鳥「はあぁぁぁ!可愛いぃぃぃぃぃ!」

p「ほえ?」

小鳥「天使ですか?むしろ天使ですよね?可愛すぎますよぉ」

p「てんし?」

P「はは……変に影響されても困るんで、そういうのは程ほどにお願いします」

小鳥「ピヨ……気をつけます……」
8 :1 :2013/05/28(火) 00:08:46.20
小鳥「そういえば、今日になって突然連れてきたのは、どういう……?」

P「いつも預けてる保育所が臨時で休みになっちゃいまして」

P「俺の親とか妻のご両親もよく面倒を見てくれてるんですけど、今日はどちらも都合が悪いみたいで」

小鳥「ああ、一人でお留守番させるのは心配ですよね」

P「親バカですいません……」

P「社長に話したら、今日は有給でいいと言われたんですけどね」

小鳥「そうですよ。こういうときぐらいはお休みしても」

P「確かに、こんな仕事だからこの子にも寂しい思いをさせてますが」

P「アイドルのみんなも、今は大事な時期ですから」

小鳥「それはそうですけど……」

P「春香とかやよいみたいに面倒見のいい子もいますからね」

P「なるべく事務仕事で側にいてやるってことで、社長の承諾はもらいました」

小鳥「もう、しょうがないパパさんですね」

小鳥「ねー、pちゃん?」

p「ねー」

P「そういう刷り込みはやめてくださいよ……」

小鳥「ふふ、どうしましょうね」
9 :1 :2013/05/28(火) 00:10:55.87
P「ああもう、仕事しましょう!仕事!」

小鳥「はいはい、お仕事お仕事」

p「ねーねー、ことりおねえちゃん」

小鳥「どうしたの、pちゃん?」

p「おねえちゃんのおひざにすわっていーい?」

小鳥「あら。うふふ、どうぞ」ポンポン

p「うん!ありがとーおねえちゃん」

p「えいっ!……えいっ!」ピョンピョン

小鳥「あ、あらあら。乗れない?(ああん、もう!いちいち可愛い!)」

p「うぅ……うん」シュン

小鳥「それじゃpちゃん、ちょっと向こうむいて」

p「むこう?」

小鳥「そうそう。じゃあ抱き上げるからね……それっ!」グイッ

p「わっ!おひざのうえー」キャッキャッ
10 :1 :2013/05/28(火) 00:13:40.71
小鳥「ふふ、どう?」

p「パパよりやわらかくて、ふわふわしてるー」

小鳥「pちゃんも、あったかくてプニプニしてるね~」

p小鳥「「うふふ~」」

P「……どうせ俺は柔らかくないですよ」ボソッ

小鳥「拗ねちゃダメですよ」

P「拗ねてません。p、お仕事の邪魔しちゃダメだぞ」

p「ジャマなんかしないよー」

小鳥「pちゃんはいい子だもんね」

p小鳥「ねー」

P「ははは、すっかり意気投合してますね」

p「いきとーごー?」

小鳥「仲良しってことよ」

p「えへへ~、ことりおねえちゃんとなかよしさんだね~」

小鳥「うふふ、pちゃんと仲良しさん」
11 :1 :2013/05/28(火) 00:16:22.80
小鳥「pちゃん見てたら、プロデューサーさんのこと少しだけわかった気がします」

P「ん?なにがですか?」

小鳥「ここのみんなとpちゃんに対するプロデューサーさんの想いって、同じものなのかなって」

P「ああ、そうかもしれませんね」

P「歳は違っても、大きい娘みたいなもんですからね、あいつらは」

小鳥「ここって可愛い子ばっかりじゃないですか」

P「アイドル事務所ですからね」

小鳥「美希ちゃんみたく、好意を隠さない子だっているのに」

P「ええ、まあ」

小鳥「ほら、妙に達観してる」

小鳥「よっぽど草食系なのか、鈍感さんだとばかり思ってましたけど、そうでもないですよね?」

P「まあ人並みには」

P「鈍感ということなら、音無さんの方がよほど」

小鳥「ど、どういう意味ですか?」

P「どういう意味だと思いますか?」

小鳥「質問返しはずるいですよぉ!」

P「はは、ごめんなさい」
12 :1 :2013/05/28(火) 00:17:49.86
P「正直、自分のことはよくわからないし、やっぱり鈍感なんですかね」

小鳥「……」

小鳥(うぅ……結局はぐらかされた)

P「ただ、大切な娘を預ける親御さんの気持ちはよくわかります」

小鳥「ふふ、一児のパパさんが言うと違いますね」

P「パパ、パパなんて甘えてくれるのも、今のうちだけでしょうけどね」

小鳥「あら、そんなことないわよねぇ、pちゃん?」

p「んぅ?なぁに?」

小鳥「パパのこと、大きくなっても大好きよね~?」

p「うん、だいすき!パパのおよめさんになるー」

P「はは、ありがとなp」

p「えへへ~」

小鳥「うふふ」
13 :1 :2013/05/28(火) 00:20:33.80
P「あの、音無さん」

小鳥「はい?」

P「せっかくpと仲良くなってもらえたことだし、よかったら今度」

小鳥「は、はい!」ドキドキ

P「三人で」

 ガチャ

亜美「おっはよー!」

小鳥(えぇー!?このタイミングで!?)

P「おう、おはよう亜美」

小鳥「お、おはよう亜美ちゃん」

P「またあとで……」ヒソヒソ

小鳥「は、はい……!///」

小鳥(誘ってくれそうだったけど、期待していいのかな?)

小鳥(うぅ、恋愛経験値の低さが恨めしい……)

亜美「お!兄ちゃんとピヨちゃんと……あれ?」

p「あれ?」

P「ああ、この子はな」

亜美「ま、まさか」

亜美「衝撃スクープ!!765プロの美人事務員に隠し子発覚!?」

小鳥「ち、違います!」
14 :1 :2013/05/28(火) 00:23:13.29
p「かくしご?」

P「覚えなくていから!」

p「んぅ?……あ!りゅーぐーこまちのあみちゃんだ!」

亜美「お?亜美のこと知ってんの?」

p「うん!あみちゃんのおうたは、げんきでかわいくてだいすきだよー」

亜美「んっふっふ~、嬉しいこと言ってくれちゃって。見込みのある子だね~」

亜美「ティンときた!ウチでプロデューサーにならないか?」

P「お前な……」

p「ぷろりゅーさー?パパ?」

亜美「パパ?……そういえば、どことなく兄ちゃんに似てるような」

P「ああ、だからな」

亜美「兄ちゃんとピヨちゃんの子供!?」

小鳥「ピヨォ!?」

P「話を聞けー!」
15 :1 :2013/05/28(火) 00:27:43.11
色々あって全員集合

───

──────

美希「ハニーが響よりちっちゃくなって、女の子になっちゃったと思ったの」

響「自分、そこまで小さくないぞ!」

真「あはは、それは大げさだけど、たしかにプロデューサーの面影はあるね」

P「そうか?女の子なんだし、母親に似て欲しいんだけどなぁ」

あずさ「女の子は父親に似たほうが幸せになるって言うじゃないですか」

P「そうですね。この子の幸せがなによりです」ナデナデ

p「んぅ?」

春香「でも、どうして今までpちゃんのこと、私たちに」

千早「春香」

春香「あ……ごめんなさい」

P「そんな気にしなくていいさ」

P「寂しいだの悲しいだの言ってられないぐらい、今は毎日が充実してる」

P「みんなのおかげだよ」

春香「プロデューサーさん……」
16 :1 :2013/05/28(火) 00:31:12.50
雪歩「でも、私たちのせいで、pちゃんには寂しい思いをさせてるんじゃ……」

やよい「お父さんとあまり一緒にいられないのは可愛そうです……」

P「そうだな。結局仕事を言い訳にしてるんだから」

春香「そんなこと……!」

P「やっぱり母親がいてくれたらなぁ、とは思うよ」

一同「!」

P「こういうことを女の人に言うと怒られるかな?ははは」

伊織「あんたが育児をしないダメ親父なら、思い切り蹴ってあげるけどね」

千早「プロデューサーは……ふ、夫婦で支えあって育児をしてくれそうですね」

P「今さらこの子のことを人任せになんてできないよ」

P「俺が寂しくて耐えられない」

律子「ふふ、いかにもプロデューサー殿ですね」

真美「兄ちゃんは、家族をすごく大切にしてくれそう……」

真美「うあうあ!真美ってばなに言ってんの!///」

あずさ「そういう家庭は素敵よねぇ。憧れるわ」

P「あずささんが家にいてくれたら、それだけで癒されそうですね。はは」

一同「……」

あずさ「あ、あらあら///」
17 :1 :2013/05/28(火) 00:33:47.68
春香「ねぇねぇ、pちゃん」

p「なぁに、はるかおねえちゃん」

春香「pちゃんは……ママがほしい?」

一同「……!」

p「ママ?……わかんない」

春香「わからない?」

p「うん。もっとパパといっしょにいられるほうがうれしいな」

P「……」

春香「あ……そうだよね!ごめんね、変なこと聞いちゃって」

p「んーん。ママってどんなかんじなのかな?おねえちゃんたちみたいだったらいいな」

一同「///」

春香「そ、そっか。私たちの誰かが、pちゃんのママ……」ボソッ

響「プロデューサーの奥さん……」ボソッ

小鳥「……」

小鳥(ライバルはみんないい子で、私よりずっと若くて可愛いアイドル……)

小鳥(考えてもしょうがないよね!私だって、好きなんだもん……)

亜美「pちゃんは、ママにするなら誰がいい?」

真美「ちょっ、亜美!?」

P「おいおい、そういうのは」

亜美「いいじゃん、参考ってことでさ」

真「だ、誰かママになって欲しい人いる?」

p「ん~~」
18 :1 :2013/05/28(火) 00:35:58.43
美希「ミキがハニーの奥さんになるんだから、pのママも当然ミキなの」

伊織「あんた、家事全滅でしょ」

美希「デコちゃんには言われたくないの」

伊織「デコちゃんゆーな!」

美希「ミキはやればできる子なんだよ?」

雪歩「さすが美希ちゃん、すごい自信ですぅ」

律子「やらなきゃできないのは誰だってそうよ」

真美「ミキミキ、料理なんてできんの?」

美希「……おにぎりなら」

春香「家事は?」

美希「……お布団干したりとか」

やよい「ウチも浩太郎までなら自分でお布団干せますよー」

美希「う……」

亜美「やよいっち、容赦ねぇな……」

p「pもじぶんでおふとんほせるよー」

美希「うぅ……」ズーン
20 :1 :2013/05/28(火) 00:40:12.71
響「じ、自分料理得意だぞ」

響「pは沖縄料理食べたことあるか?」

p「んぅ……わかんない」

響「じゃ、じゃあ今度作ってあげようか?」

あずさ「その手があったか……」ボソッ

春香「あずささん、聞こえてますよ!」

あずさ「あ、あら、春香ちゃんたら」

貴音「響。その際はぜひわたくしも一緒に」

響「あ、うん。貴音はまた今度な」

貴音「なんと……!?」

P「響の沖縄料理なら、俺も食べてみたいよ」

響「そ、そっか?言ってくれれば、その……いつでも///」

真「小さい子は、ゴーヤとか食べられないんじゃない?」

亜美「亜美も苦いのダメ~」

響「下処理で苦味は抑えられるし、ゴーヤ料理ばっかりじゃないからなんくるないさー」

p「なんくないさー♪」

あずさ「響ちゃんのくせに、なんで今日はこんなに冴えてるのかしら……」ボソッ

春香「あ、あずささん!聞こえてますってば!」

あずさ「あら、盗み聞きなんて、春香ちゃんはいけない子ね」クスッ

春香「私が悪いみたいに!?」
21 :1 :2013/05/28(火) 00:43:17.93
美希「小鳥!」

小鳥「なに、美希ちゃん?」

美希「ミキに料理教えて!」

小鳥「それはいいけど、なんで私?」

美希「……一番ヒマそうだから?」

小鳥「ひ、ひどい!」

美希「鉄人レベルになって、調子に乗ってる響を出し抜いてやるの!」

響「な、なに言ってるさー」

小鳥「ていうか、私が教えたぐらいじゃ、そこまでは無理よ」

美希「なんでもやってみなきゃわからないの」

小鳥(料理は人並みには出来るけど……)

小鳥(ハンバーグとかなら、プロデューサーさんもpちゃんも喜んでくれるかな?)

貴音「美希の料理ですか。では試食は、このぐるめあいどる四条貴音が」

美希「それはダメ!ハニーとpにイチバンに食べてもらうの!」

貴音「なんと……!?」

小鳥「さすがに私は味見しないと……」

美希「味見だけならしょうがないの」
22 :1 :2013/05/28(火) 00:45:39.15
やよい「うっうー!今度プロデューサーとpちゃんでいっしょにもやし祭りに来てください!」

p「もやしまつり?」

P「ああ、やよいのご飯は美味いぞ~」

p「じゃあパパといっしょにいくー!」

やよい「えへへ///」

貴音「わ、わたくしも……!」

やよい「貴音さんが食べるほどの量は、さすがにもやしでも買えないかなーって……」

貴音「そんなぁ……」ウルウル

P「はは、食材費ぐらいは俺が出すよ」

やよい「いいんですか!?」パァァ

貴音「あ、あなた様ぁ……」パァァ

真美「えー?お姫ちんだけずるいよー!」

亜美「そーだそーだ!亜美たちにも食べさせろー!」

亜真美「も・や・し!!も・や・し!!」
23 :1 :2013/05/28(火) 00:47:53.43
律子「亜美真美、うるさい!」

律子「だいたい、そんな大勢で行ったら迷惑になるでしょ」

亜真美「「ブー!」」

真美「りっちゃんの性悪メガネー!」

亜美「りっちゃんの小姑メガネー!」

律子「はあ!?」ギロッ

亜真美「「ひいぃ!?」」ビクッ

p「ふえっ!?」ビクッ

律子「ちがっ、違うのよ?pちゃんに言ったんじゃないの」アタフタ

p「うぅ……」

真美「あのメガネのお姉ちゃん、怖いよね~」

亜美「大丈夫だよ!亜美たちが守ってあげるかんね!」

律子「この……!」

p「ひぅ……!」ジワァ

律子「あ、あああ、ご、ごめんね?pちゃんはなにも悪くないのよ?」アタフタ

伊織「双子にいいように乗せられちゃって。律子もまだまだね」

亜真美「「にひひ♪」」

律子「あんたたち、覚えてなさいよ……!」ワナワナ
24 :1 :2013/05/28(火) 00:50:34.25
P「ははは、メガネのお姉ちゃんは、ほんとはすごく優しいんだぞ?」

p「う、うん」

律子「え?ぷ、プロデューサー殿///」

P「お姉ちゃんのお歌、歌えるもんな?」

p「うん、うたえるよ!」

律子「へ?私の歌?」

P「ああ、律子のアイドル時代の秘蔵映像をな、よく一緒に観てるんだよ」

律子「えぇ!?な、なんでそんなものを?」

P「なんでって、いつアイドルとして復帰してもらうかもわからないからな」

P「プロデューサーとしては押さえておかないと」

律子「勘弁してください……。今さらアイドルなんて、もう無理ですよ」

伊織「あら、いいじゃない。竜宮小町は4人のユニットでしょ?」

あずさ「そうですよ~。たまには一緒に舞台に立ちましょうよ~」

律子「いや、そんなこといわれても」

あずさ「pちゃんも、律子お姉ちゃんが歌ってるところ見たいよね~?」

p「うん!」キラキラ

律子「そ、そんなキラキラした目で見ないで///」

亜美「りっちゃんもモウロクされたね~」

あずさ「篭絡よ、亜美ちゃん」

真美「これが兄ちゃんの血筋か……末恐ろしいね」
25 :1 :2013/05/28(火) 00:53:46.89
春香「pちゃん、あとひと押しだよ!律子お姉ちゃんのお歌が?」

p「ききたい!」キラキラ

律子「うぅ……///卑怯よ、春香!」

春香「えー?」のヮの

やよい「私もまた同じ舞台に立ちたいです!」キラキラ

律子「やよいまで……」

雪歩「アイドルだった頃から、律子さん、いつも私たちを引っ張ってくれてましたよね」

雪歩「はぅ!考えてみたら、当時からずっと迷惑かけてますぅ!」

律子「なんでそうなるのよ」

千早「萩原さん、落ち着いて。律子にはみんな助けられてるんだから」

律子「千早……」

千早「律子のことだから、私たちがお願いしたらきっと断れないわよ」

律子「なんだとぉ!?」

真「律子がアイドルに復帰するなら、付き合いの長いボクたちが盛り上げないとね!」

律子「付き合い長いんだから察してよ……」
26 :1 :2013/05/28(火) 00:56:13.81
春香「pちゃんは、お姉ちゃんたちのどんなお歌が好きかな?」

p「おねえちゃんたち、みんないっしょのおうた!」

春香「だよね~」

律子「はぁ……」

小鳥「ふふ、これはもう断れませんね」

律子「もう、どうなっても知りませんよ」

P「図らずも、律子復帰がpの初プロデュースになったな」

小鳥「pちゃんも将来は敏腕プロデューサーかしら?ふふ」

p「ぷろりゅー?」

律子「余裕ぶってますけどね、私の手が回らない分、プロデューサー殿の仕事が増えるんですよ?」

P「最高のライブにできるなら安いもんだな」

律子「ああもう、わかりましたよ」

律子「そのかわり、私のプロデュースをお願いする以上、半端な仕事は許しませんからね?」

P「おう、任せとけ!」
27 :1 :2013/05/28(火) 00:59:16.45
律子「それじゃ、私たちはそろそろ出発ね」

亜美「らじゃー!」

伊織「準備できてるわ」

あずさ「今日も頑張りましょうね」

P「美希と響と貴音もそろそろだな」

P「今日はpを見てなきゃならないから、俺は行けないけど」

美希「ん!ミキに任せておけば心配ないの!」

響「自分たち完璧だからな!」

貴音「あなた様の信頼を裏切るようなことはいたしません」

P「おう、頼んだぞ」

p「たのんだー」

美希「いってくるの」

響「いってくるね!」

貴音「いってまいります」

一同「いってらっしゃーい」
28 :1 :2013/05/28(火) 01:02:12.78
律子「じゃ、こっちも」

亜美「あ、りっちゃんちょっと待って」

亜美「真美、ちょっときて」チョイチョイ

真美「なに?」

亜美「今日はチャンスなんだから、ボーっとしてちゃダメだかんね?」

真美「なにが?」

亜美「pちゃんと仲良くなって、ママにしたいランキング1位をゲットしなきゃ!」

真美「え、えぇ!?なに言ってんのさ?」

亜美「そういうのいいから。真美のことが亜美にわからないわけないっしょ」

真美「う、うん……///」

真美「でもさ!兄ちゃんは、その……あずさお姉ちゃんとかりっちゃんの方が……」

亜美「そんな甘々ちゃんじゃ、ほんとに兄ちゃんとられちゃうよ?」

真美「それはヤダ!……っぽい」

亜美「だしょ?亜美だって、真美以外の人と兄ちゃんがくっついたらヤダかんね」

真美「でもでも、兄ちゃん真美のこと子供扱いだし……」

亜美「んっふっふ~、だからこそだよ、真美クン」

真美「ど、どういうこと?」
29 :1 :2013/05/28(火) 01:04:46.57
亜美「真美はイチバン年下だし、今すぐ兄ちゃんを落とすのは難しい」

真美「落とすって……///」

亜美「しかぁし!それはpちゃんにイチバン歳が近いということでもある!」

真美「おお!つまり、誰よりもpちゃんと仲良くなれる?」

亜美「そのとおぉり!そしてpちゃんが真美にデレデレになれば……」

真美「pちゃんにデレデレの兄ちゃんも、それを無視できない!」

亜真美「「んっふっふ~」」

真美「亜美ってば、もしかしてコーメー?」

亜美「チュータツも泣いて逃げ出すってヤツ?」

亜真美「「んっふっふ~」」

律子「亜美ー!なにやってるの!」

伊織「おいてくわよー!」

亜美「ああん、待ってよー!今いくよー!」

亜美「それでは真美クン、健闘を祈る!」

亜真美「「明日の勝利のために!」」

亜美「ごめんりっちゃん、お待たせー」

律子「まったくもう……それじゃ」

竜宮「いってきまーす」

一同「いってらっしゃーい」
30 :1 :2013/05/28(火) 01:08:40.97
春香「pちゃん、クッキー食べる?」

p「たべるー!」

P「あんまり食べ過ぎると、ごはん食べられなくなっちゃうからなー」

p「わかってるよー」

真「女の子は甘いものは別腹だもんね」

p「ねー」

P「こらこら、いらんこと教えるな」

真「うへっ、ごめんなさーい」

春香「えへへ~、春香お姉ちゃん特製クッキーですよ!」

p「おねえちゃん、おかしつくれるの?すごーい!」

春香「簡単だよ~。今度一緒に作ろうか?」

p「うん!つくるー」

春香「ふふ、かぁわいいなぁ、もう///」

真美「人が少なくなるのを待ってからクッキー投下とは、さすがはるるん侮れない」

千早「なに言ってるの、真美?」

真美「ひとりごとー」
31 :1 :2013/05/28(火) 01:10:34.00
雪歩「私、お茶淹れてくるね~」

やよい「あ、私も手伝います!」

雪歩「うん、お願いね、やよいちゃん」

雪歩「pちゃんはお茶で大丈夫かな?」

p「う~……」

P「悪い、ジュースか牛乳にしてやってくれ」

雪歩「わかりましたぁ」

春香「プロデューサーさんと小鳥さんも、こっちで一緒にどうですか?」

P「ん~?今ちょっと手が離せないな」

小鳥「私も。クッキーは後でいただくわね」

春香「はーい。じゃあ、お二人の分は分けておきますね」
32 :1 :2013/05/28(火) 01:13:19.12
p「ねーねー、おうたのおねえちゃん」

千早「……」

春香「千早ちゃんじゃない?」

千早「え?わ、私?」

p「うん!おうたのおねえちゃん!」

P「子供ながら、千早が一番上手いってわかってるみたいでな」

千早「そ、そうですか///えっと、なにかな?」

p「どうすればおうたがじょうずになりますか?」

千早「それは……どう言えばいいのかしら」

春香「お歌のお姉ちゃん!私も上手くなりたいです!」

真「ボクも!」

真美「真美も!」

千早「あなたたちはレッスンでなんとかしなさい」

春香真真美「「「えー」」」

千早「そうね……心の中の情景や想いを歌にする」

千早「お絵かきと同じことを声で表現するんだけど……」

p「?」

千早「といっても、わからないわよね」
33 :1 :2013/05/28(火) 01:15:46.82
春香「難しいです、お歌のお姉ちゃん」

真美「もっとわかりやすく」

千早「プロデューサー。春香と真美が歌のレッスンを倍に増やしてほしいそうです」

P「お~、3倍だな~」

春香「うぇ!?冗談だよぉ、千早ちゃんったら」

真美「兄ちゃんも、なにちゃっかりマシマシしてんのさ!」

千早「まったく……」

千早「pちゃんは、お歌が好き?」

p「うん!うたうのだいすきだよ!」

千早「その気持ちがあれば、きっと上手くなるわ」

千早「ずっとお歌を好きなままでいてね?」

p「うん!ありがとーおねえちゃん」ニコニコ

千早「ふふ……///ほんと可愛いわね、この子///」

春香「あれー?私も昔から歌うの好きだったんだけどなー?おっかしいなー」

千早「春香は黙ってて」

春香「ヴぁい、ごめんなさい……」
34 :1 :2013/05/28(火) 01:19:54.07
雪歩「お茶でーす」

やよい「pちゃんは牛乳でよかったかな?」

p「うん!ありがとう、やよいおねえちゃん!」

やよい「はわっ///かすみの小さい頃を思い出します~」

雪歩「ふふ、かすみちゃんも可愛いものねぇ」

雪歩「はい、プロデューサーと小鳥さん、お茶です」

P「お、ありがとう雪歩」

小鳥「ありがとう雪歩ちゃん。いただくわ」

春香「pちゃん、こんなに可愛いいんだから、やっぱり将来はアイドルだよね、アイドル」

p「アイドル?おねえちゃんたち?」

春香「そ、お姉ちゃんたちみたいなアイドル。pちゃんならきっとなれるよ」

春香「ですよね、プロデューサーさん?」

P「ん?さすがにもうちょっと大きくならないとな」

P「真美たちぐらいになってから、本人がやりたいっていうなら考えるよ」

真美「やっぱ兄ちゃんがプロデュースすんの?」

P「ん~……たぶん他の人に任せるだろうな」

真美「どして?」

P「他の子と自分の娘に、同じように振る舞える自信がないから」

小鳥「あら、プロデューサーさんはウチのみんなも、pちゃんと同じように大切にしてるじゃないですか」

春香「そうですよ~。むしろpちゃんがヤキモチ妬いちゃうんじゃないですか」

P「それはそれで父親としてはな」
35 :1 :2013/05/28(火) 01:22:10.27
千早「身内と仕事するのって難しいんですね」

真美「そっかな。亜美と一緒の仕事は楽しいよ」

P「そりゃ、あれだけフリーダムにやりたいことやってればな」

真美「むっ!そこは真美たちのアドリブ力のタダモノってやつだよ、兄ちゃん」

P「賜物な」

真「ボクひとりっ子だから、姉妹でアイドルって、ちょっと憧れるなぁ」

雪歩「ふふ、私も」

雪歩「そうだ、やよいちゃんとかすみちゃんのユニットなんてどうかな?」

やよい「わ、私とかすみですか!?」

春香真真美「いいね!」

千早「素晴らしいわ萩原さん!」

P「ははは、かすみちゃんがよければ、ぜひともプロデュースさせてもらいたいな」

やよい「かすみにはまだ早すぎですよー!」

P「長介くんと三人ならどうだ?なんなら俺から話をしようか?」

やよい「二人ともまだ早いですー!」

p「パパ!やよいおねえちゃんをいじめちゃ、めっ!」

P「そ、そんなことしてないぞ」

真美「パパ、めっ!」

P「おい」

やよい「pちゃんはいい子だね~」ナデナデ

p「えへへ~」

P「うぅ……男親って、こうして娘に反発されるようになるのかなぁ……」

小鳥「気が早すぎですよ……」
36 :1 :2013/05/28(火) 01:24:21.67
春香「奥さんて、綺麗な人だったんですか?」

P「ああ、俺なんかにはもったいないぐらいな」

千早「また春香は、そんなことを……」

春香「だ、だって、千早ちゃんだって気になるでしょ?」

千早「私は……」

P「何年も前の事なんだから、そんな気にするなって」

千早「はあ……プロデューサーがそうおっしゃるなら」

真美「ちなみに、ウチだと誰に似てる?」

一同「!」ピクッ

P「ん~……雰囲気的には雪歩かな。おとなしい子だったし」

雪歩「わ、私ですかぁ?」

雪歩「わわ私なんかがプロデューサーの奥さんなんて……えへへ///」

春香「むぅ」

真美「ゆきぴょん、先走りすぎ」

真「ボクと正反対……」ズーン

春香「髪型は似てる……あれ、似てない?……似てないかも……いや!ここは無理にでも似てることに……」ブツブツ

小鳥(髪型だけなら私のほうが似てるわ、春香ちゃん!)
38 :1 :2013/05/28(火) 01:27:08.61
真美「み、見た目もゆきぴょん?」

P「ん?そうだな~……敢えて言うと伊織かな」

P「髪が長くて、なんていうかお人形さんみたいな感じでな」

小鳥春香「「髪型も似てなかった!?」」

P「え?」

小鳥「な、なんでもないです!あはは……」

真「ていうか、雪歩みたいにお淑やかで儚げな伊織って……」

春香「勝てる気がしない……」

真美「そんなの反則っしょ……」

千早「……胸じゃないのね」ホッ

雪歩「やっぱり……私なんかダメダメですぅ!」

やよい「わー!雪歩さん落ち着いてー!」

小鳥(私なんて、どれだけ無理ゲーなのよ……)ズーン

p「クッキーおいしいね!」サクサク

春香「あ、あはは……ありがとpちゃん」

春香「ほら、みんなも食べてね?」

一同「いただきまーす……」
40 :1 :2013/05/28(火) 01:30:19.41
P「さて、今日はこの6人で同じ収録だな」

春香「あ、はい!」

雪歩「この人数で一緒になるのは久しぶりですぅ」

真「へへっ、楽しみだね」

やよい「はりきっていきましょー!」

真美「兄ちゃんとpちゃんはどうすんの?」

P「現場だとpに付きっきりってわけにもいかないからなぁ」

P「社長からも、なるべく事務仕事で一緒にいろと言われてるし」

雪歩「そうですよぉ。こういうときぐらいは一緒にいてあげてください」

千早「そうね。現場は私たちだけでなんとかなりますから」

P「すまないな。送迎はするよ」

春香「せっかくだし、pちゃんにお仕事の現場を見せてあげたいなぁ」

春香「今日は人数多いし、私たちでpちゃんを見ていられますよ?」

真美「そうだよ。真美たちの仕事ぶりを見て、アイドルに興味を持ってくれるかもしれないっしょ」

千早「二人とも、そんな無理言っちゃ……」

やよい「私も、プロデューサーとpちゃんが来てくれるとうれしいかなぁーって」

千早「高槻さんもこう言ってるじゃないですか、プロデューサー」ズイッ

真「千早……さすがにそれは引くよ……」
41 :1 :2013/05/28(火) 01:32:20.64
P「しかしなぁ……」

小鳥「こんな機会、滅多にないでしょうし、いいじゃないですか」

P「それはまあ、そうですが……」

小鳥「pちゃんもお姉ちゃんたちと一緒の方がいいよね~」

p「うん!パパもいっしょでしょ?」

P「おう、一緒だぞ」

p「パパといっしょー!」

小鳥「うふふ」

P「それじゃ、すいません。事務所の方はお願いします」

小鳥「はい、留守は任せてください」

P「あ、現場に出るなら律子に連絡入れとかないと」

P「真、車のキー」ポイッ

真「おっと!」パシッ

P「準備が出来たら先に車で待っててくれ」

真「わっかりましたー!」
42 :1 :2013/05/28(火) 01:34:09.93
p「ことりおねえちゃんは、いっしょじゃないの?」

小鳥「ごめんね。私はお留守番しなきゃならないの」

p「う~……」

小鳥「pちゃんたちが帰ってきたらお仕事終わりだから、そしたら」

小鳥「えっと……なにしようか?」

p「ことりおねえちゃんといっしょに、おうたがうたいたい!」

小鳥「ええ、お歌ね。……って、ええ!?」

p「んぅ?」

小鳥「お歌はちょっと苦手かなぁ、って」

p「えー?ことりおねえちゃんはおうたがじょうずって、パパいってたよ?」

小鳥「プロ……パパが?」

小鳥「パパは、おうちで私のこと話したりするの?」

p「うん!おとなしさんって、ことりおねえちゃんだよね?」

小鳥「そうよ」

p「パパ、いつもおねえちゃんのこといっぱいはなしてくれるよ」

小鳥「そ、そうなんだ。何か変なこと言われてないかしら……」

p「へんなことってなぁに?」

小鳥「なんでもないのよ!うん!」
43 :1 :2013/05/28(火) 01:36:23.10
p「あのね、すごくやさしくてかわいくて、びじんさんだっていってた」

小鳥「へ?」

p「えへへ、パパのいってたとおりだね」

小鳥「や、やさしくてかわいくてびじんさん?」

p「うん!」

小鳥「プロデューサーさんが……///」

p「どうしたの、おねえちゃん?」

小鳥「え?いや、嬉しいなぁ……って///」

p「pもうれしいー」

p小鳥「「えへへ~」」

p「ことりおねえちゃんと、もっといっしょにいれたらうれしいな」

小鳥「うん、私もよ。pちゃんとパパと、もっと一緒にいられるといいのにね」

p「だいじょうぶだよ!」

小鳥「どうして?」

p「パパもね、ことりおねえちゃんにpのママになってほしいっていってた!」

小鳥「」

小鳥「わ、わた、まま」プシュー
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/28(火) 01:37:06.59
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
45 :1 :2013/05/28(火) 01:38:22.56
春香「pちゃーん!一緒にいこー!」

p「はーい!ことりおねえちゃん?」

小鳥「は、はい!ママ!じゃない、小鳥お姉ちゃんです!」

p「?」

小鳥「あ、え~と……いってらっしゃい」

p「いってきまーす!」

小鳥「気をつけてねー」

p「はーい!」

雪歩「pちゃん、シートベルトとか大丈夫かな?」

真美「大丈夫っしょ。pちゃん、真美お姉ちゃんと一緒に座ろうね」

p「うん!おひざにすわっていい?」

真美「いいよー」

春香「あ、真美ずるいよ!」

真美「へへっ、早い者勝ちっしょ」

春香「むぅ。pちゃん、帰りは春香お姉ちゃんと一緒に座ろうね」

p「うん!」
46 :1 :2013/05/28(火) 01:40:16.94
千早「まったく、春香と真美の方がよっぽど子供みたいね」

やよい「うぅー……私もpちゃんといっしょに座りたいですー……」

千早「二人とも!高槻さんに譲りなさい!」

春香真美「「えぇー」」

雪歩「千早ちゃん……」

真「あはは……それじゃ小鳥さん、いってきまーす!」

一同「いってきまーす!」

小鳥「はい、みんないってらっしゃい!」

小鳥(ママ……ママになってほしいって……)

小鳥「えへ、えへへ///」
47 :1 :2013/05/28(火) 01:42:19.43
P「───うん、そっちはよろしく。終わったらまた連絡するよ」

P「おう、それじゃ」

 ピッ

小鳥「も、妄想のしすぎで、幻覚を見たわけじゃ……ないわよね、うん!」

小鳥「リアルですよ、リアル!」

P「なにがですか?」

小鳥「ピヨォ!?」ビクッ

P「うおぅ!?なにごとですか?」

小鳥「な、ななななんでもないでしゅ!です!///」

P「おもいっきり挙動不審ですよ」

小鳥「ほんとになんでも!///」

P「そうですか?みんなはもう車の方に?」

小鳥「はい。pちゃんと一緒に、さっき」
48 :1 :2013/05/28(火) 01:44:11.43
小鳥「あまり女の子を待たせちゃダメですよ」

P「そうですね。落ち着いて話したいし」

小鳥「え?」

P「朝の話の続きです」

小鳥「朝の……?」

小鳥「あ!……えと、pちゃんと三人で?」

P「ええ、今日仕事が終わってから、pと三人で食事に行きませんか?」

小鳥「それはもうぜひ!はい!」

P「はは、断られなくてよかった」

小鳥「こ、断るなんて、まさか!」

小鳥「誘ってもらえて……嬉しいです///」

P「そう言ってもらえると自信が持てます」

小鳥「自信、ですか?」

P「ええ、今日は大事な話がありますから」

小鳥「大事な……」

P「pと、俺にとってとても大事なことです」

小鳥「そ、それって……」
49 :1 :2013/05/28(火) 01:45:47.89
P「ここまで言えば、鈍感な音無さんでも」

小鳥「わかりません!か、彼氏いない歴=年齢をなめないでください!」

小鳥「な、何言ってるの私!?///今のは聞かなかったことにして!」

P「もったいなくて、聞かなかったことにはできませんね」

小鳥「ピヨォォォ!穴掘って埋まりたいですぅ!」

P「雪歩じゃないんだから無理ですよ」

小鳥「ええ!どうせ彼氏いない歴2X年ですから、はっきり言ってくれなきゃわかりませんよ!」

P「仕事中だから、これ以上は言えません」

小鳥「そんなぁ……」
50 :1 :2013/05/28(火) 01:48:06.88
小鳥「このままじゃ、気になって仕事が手につかないですよぉ……」

P「明日、俺が手伝いますよ」

小鳥「はい……。あの、信じて待ってていいんですね?」

P「そうしてください。俺の気持ちは決まってますから」

小鳥「は、はい!///」

P「好きですよ、小鳥さん。いってきます!」

小鳥「いってら……え!?ああ、待って!待ってくださいってば!」

小鳥「もう、プロデューサーさん……///」



小鳥「私も大好きですよ!」



おわり
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/28(火) 01:52:26.59

ピヨちゃん大勝利!
52 :1 :2013/05/28(火) 01:53:25.47
ピョ疲

昨日の真美のと、これで書き溜めてある分は使い切った
いつになるかわからんけど、次はちーちゃんか我那覇くんだな

ピヨちゃん以外がみんなピエロなのはごめんなさい
読んでくれたみんな、ありがとう

おやすみ!
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/28(火) 01:55:04.54


子持ちPはなかなか新鮮で面白かったぜ
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/28(火) 11:24:31.19
小鳥さんの正妻力パネェ
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/28(火) 20:20:09.76
小鳥さんは事務員やってるからな
この書き手のSS:

真美「真美と兄ちゃんの、約束の日」



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク