佐久間まゆ「破瓜おめでとう」渋谷凛「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:07:41.90
凛「えっ、ちょ……な、なに言ってるのいきなり!」

まゆ「少し遅れちゃいましたけど、やっぱりこういうことは面と向かって伝えたいですから」

凛「遅れるも何も! その、私……ま、まだだから!」

まゆ「照れなくて良いですよ。ちゃんと分かってますから」

凛「全然分かってない!」

橘ありす「おはようございます。……なにもめてるんですか?」

まゆ「ありすちゃん。破瓜って言葉知ってる?」

凛「ちょっとまゆ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439784461
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:08:12.79
ありす「お墓ですか?」

まゆ「いえそっちじゃなくて、瓜を破ると書いてハカって読むんですけど」

ありす「……知りません」

凛「知らなくていいよ! ありすにはまだ早いから!」

ありす「ムッ……子供扱いしないでください」

ありす「タブレットで調べればすぐに…………なるほど」

凛(なにこの淡白な反応! もし私だったら絶対恥ずかしいのに!)

凛(……もしかして意味を理解していない?)

凛(ありえる。よく分からないけどとりあえず納得したふりしてるとか……)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:08:44.26
ありす「それで、破瓜がどうしたんですか?」

まゆ「凛ちゃんに破瓜おめでとうって言ったのに、まだだからって言うんですよ」

ありす「今言ったんですか?」

まゆ「ええ」

ありす「なんだ。凛さんも案外子供ですね」

凛「どういう意味?」

ありす「当日に言ってもらえなかったからスネてるんでしょう」

まゆ「ああ、そうだったんですね」

凛「違うよ! さっきも言ったけど、私……」

凛「その……本当に、まだそういうことしてないの!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:09:12.11
ありす「おかしなこと言わないでください」

ありす「凛さんが破瓜したのは、私やまゆさんだけじゃなくて……」

ありす「事務所のみんなやファンの人達も知ってることです」

凛「なんで!?」

凛「どこからそんな間違った情報が流れてるの!?」

ありす「どこから、と言われても……」

まゆ「事務所のホームページで以前から公開してるじゃないですか」

凛「ええっ、初耳なんだけど!?」

まゆ「そうですか? じゃあプロデューサーさんに確認してみます?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:09:41.56
凛「いやいや! やめて! それはそれで恥ずかしい!」

ありす「恥ずかしいんですか? お祝いされて嬉しい、なら私も分かりますが……」

まゆ「そうですよねぇ、大人になった証みたいなものですから」

ありす「はい。早く破瓜したいです」

凛(問題発言が……!)

ありす「凛さんも、お祝いされて喜んでいたと記憶してます」

ありす「少なくとも恥ずかしがっていたようには見えませんでしたよ?」

凛「私お祝いされたの!?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:10:10.47
ありす「都合の合う人みんなで。あ、まゆさんはいませんでしたね」

まゆ「ええ、お仕事でどうしても」

凛「全然覚えてないんだけど……」

ありす「なるほど、それなら一応辻褄は合います」

ありす「覚えてないから破瓜してないと言い張ってたんでしょう」

凛「そうなのかな……?」

ありす「ひょっとして記憶障害でしょうか?」

まゆ「もったいないですねぇ、一生に一度のことなのに」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:10:37.84
ありす「まゆさんは覚えてますか?」

凛「ちょ、ちょっと。あんまりプライベートなことは――」

まゆ「もちろん覚えてますよ。プロデューサーさんと二人きりの、とっても素敵な夜でした」

凛「ええええっ!!?」

凛「プ、プロデューサーと……したの?」

まゆ「……? はい」

まゆ「あ、そのあとでみんなからもお祝いしてもらいましたけどね」

凛「いつの間にそんな関係に……っ」

まゆ「頭抱えてどうしました? 凛ちゃん、頭悪いんですか?」

凛「せめて『頭痛いんですか?』って訊いてもらえる?」

凛「それだと私がアホの子みたいだから!」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:11:06.23
堀裕子「サイキック~コングラチュレーショーーン!」

まゆ・凛・ありす『あっ』

裕子「……?」

まゆ「ええと、ユッコちゃん。今のは……?」

裕子「私のサイキックレーダーが、なにやらおめでたいオーラを感じましたので!」

まゆ「今、凛ちゃんに破瓜おめでとうって言ってたんですよ」

裕子「ハカ? 銀行のパソコンに不正アクセスとかしちゃうんですか?」

ありす「それはハッカーです。これですよ、ほら。調べましたので」

裕子「えっと……ああー、なるほど! やっぱりおめでたいことですね」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:11:33.60
まゆ「ですよねぇ。でも凛ちゃんはその記憶が無いそうなんですよ」

裕子「ええー、そうなんですか!?」

ありす「それで、ひょっとしたら記憶障害なのではと話していたんですが」

裕子「分かりました、ならば私のサイキック催眠術でその記憶を取り戻しましょう!」

凛「ものすごく不安なんだけど」

裕子「大丈夫です、泥船に乗ったつもりで任せて下さい!」

まゆ「それを言うなら大船です」

凛「不安すぎる……」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:12:02.44
裕子「えーと、それでは、この……オーストレィリアァでパワーを得たペンデュラムを見つめてください」

裕子「あなたは~……だんだん……ねむくなーる~」

裕子「ほーら、まぶたが重くなってきました。おやすみなさい~」

凛(どうしよう。全く眠くならないんだけど……一応目は閉じておこう)

裕子「あなたの記憶は過去へと遡っていきます……そしてたった今、破瓜しました」

裕子「さあ、あなたはどこにいますか?」

凛「……分からない」

ありす「……」

まゆ「…………」

裕子「……どうやら今日は調子が悪いようです」

凛「もう終わり!?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:12:30.73
裕子「昨日サイキック力技で知恵の輪を解いたから、まだ回復してないんですよ~」

凛「分かった、もう良い……ありがとう」

まゆ「こういうことって、誰に相談すればいいんでしょうね」

裕子「困ったときの何でも屋といえば晶葉ちゃんや志希ちゃん!」

凛「その二人は……やめよう?」

凛「高圧電流流されたり、非合法な薬飲まされる気がする」

まゆ(風評被害じゃないですかねぇ……)

ありす「じゃあ、身体のことだから清良さんはどうでしょう」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:13:01.06
※ ありすはレッスンへ、裕子は仕事へ向かいました。

柳清良「記憶障害ねぇ」

まゆ「はい、なんとか力を貸してください」

清良「と言われても、専門医じゃないんだけど……とりあえず問診してみましょうか」

清良「物忘れは激しい方?」

凛「いえ、特には」

清良「これまでに、何をしていたか思い出せないことはあった?」

凛「うーん、それも……無いと思います」

清良「頭を強く打ったことは?」

凛「無い……はず」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:13:34.37
清良「ところで凛ちゃんが思い出せないことってなんなの?」

まゆ「破瓜したときの記憶です」

清良「……!?」

まゆ「ユッコちゃんやありすちゃんにも訊いてみたら」

まゆ「凛ちゃんの破瓜をお祝いしたことをちゃんと覚えてるんですよ」

まゆ「私はお仕事で、当日にはお祝いできなかったんですけど」

まゆ「今日になっておめでとうって伝えたら、そんな覚えは無いって」

清良「……破瓜でお祝い? 凛ちゃんは当然、心当たりないのよね?」

凛「無いです」

清良「あ、ひょっとして……」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:14:00.96
清良「だとすれば……うん、きっとそうだわ」

清良「分かったわ。おそらく、こういうことでしょう」

清良「まず、凛ちゃんは記憶障害ではないと思うわ」

まゆ「じゃあどうして話が食い違ってるんですか?」

清良「破瓜という単語には複数の意味があるけれど、二人とも、片方の意味しか知らないようね」

清良「まゆちゃんが知っているのは、『女子の16歳』……でしょう?」

まゆ「そうです」

凛「えっ、そんな意味が……あるんですか?」

清良「そう。成人や還暦などと同じよ」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:14:31.89
凛「じゃあずっと……16歳の誕生日おめでとう、の意味で言ってたんだ?」

まゆ「はい」

凛「普通に言ってよ!」

まゆ「メールでは伝えてるし、なかなか会えないうちに結構時間経っちゃったから」

まゆ「ちょっとひねってみたくて」

凛「はぁ、もう……」

まゆ「凛ちゃんが知ってるのはどんな意味なんですか?」

清良「文学的な表現なのだけれど……」 

凛「清良さん、言わなくていいから!」

まゆ「いえ気になります、教えてください」

清良「ええと、どうしましょう……?」

まゆ「どっちでも良いから教えてくださいよぉ」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:14:59.17
凛「……っ」///

清良(凛ちゃんが恥ずかしそうだから言いづらいわ)

まゆ「なんで赤くなってるんですか?」

清良「私が言いましょうか?」

凛「いえ、自分で蒔いた種だから……」

凛「私が知ってるのは……処女喪失っていう意味」

まゆ「えっ」

清良「どちらかと言うと、凛ちゃんのほうが多数派……と思うわ」

まゆ「そ、そうですかぁ」///

清良「なにはともあれ、早めに分かって良かったじゃない」

まゆ「はい……ほかで言ったりしなくて良かったです」

凛(なにか忘れてるような……)
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:15:25.74
~同時刻 レッスンスタジオにて~

ありす「あの、ちょっといいでしょうか」

三船美優「あらありすちゃん……どうしたの?」

ありす「後学のために、ぜひ聞かせて欲しいことがあって」

美優「なにかしら? 私に答えられることなら良いけど……」

ありす「破瓜したときのこと教えて下さい」

美優「!?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:15:55.17
~同時刻 トーク番組にて~

司会「最近挑戦したことはありますか?」

裕子「ありますよ、ついさっき!」

裕子「えーと、この収録の前に事務所に寄ったんですけどね」

裕子「凛ちゃんとまゆちゃんとありすちゃんが話してて」

裕子「どうやら凛ちゃんが記憶障害で、大切なことを思い出せないということだったんです」

裕子「そこで私のサイキックパワーで、記憶を戻そうとしました!」

裕子「まあ、初めてだったのであまり上手くいかなかったんですけど……えへへ」

司会「大切なことっていうのはなんだったんですか?」

裕子「凛ちゃんの破瓜の記憶です!!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:36:33.74
乙です
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 13:59:04.21

破瓜ってそんな意味があったのか(凛並感)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 14:12:44.59

精神学の用語に「破瓜型」ってのがあって、それとなくクラスメイトの間で話題にしてみたら、「破瓜って何?」な反応だった
実は、現代では、すでにオタク用語になってんじゃねーかなと思う
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/17(月) 20:40:26.49

日本語って難しいと思った(小並感)

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク