八幡「なんだ、かわ……川越?」沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」1

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 13:31:47.41
八幡「やめてください死んでしまいます」

沙希「あんたが名前間違えるからでしょ」

八幡「それより何か用じゃないのか?」

沙希「そうだった、あんたにまた依頼があるんだけど」

八幡「依頼なら雪ノ下に頼めよ」

沙希「あんたにしか頼めない、個人的な頼みなの」

八幡「めんどくせえ」

沙希「答えは『はい』か『YES』なんなら『承知しました』でもいいよ」

八幡「断る権利ねえじゃねえか」

沙希「んじゃ付いて来て」

八幡「なんなんだ一体」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432441907
2 : ◆zO7AQfurSQ :2015/05/24(日) 13:34:17.38
注釈

以前似たようなタイトルで立て逃げされていたスレがあり、勝手に続きを書いていたら『乗っ取りは良くない』と注意されたので改めて立て直して投下することにしました
なのでセリフなど少々いじってますが前半はほぼ同じような流れで進みます。前のを読んでいた方がいらっしゃったらすみません
エロ展開は気が向いたらちょろっとだけ後半に

よろしくお願いします


八幡「なんだ川越」沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」

※立て逃げされたスレ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 13:38:18.93
キタコレ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 13:51:55.85
キター!
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 13:41:26.77
八幡「どこに向かってるのか知らねえけど依頼内容くらいは教えてくれても良いだろ?」

沙希「そうだね。前もって言っておかないといけないか……そ、その、あたしの彼氏になって欲しいんだけど!」

八幡「は? …………はああああ!?」

沙希「か、勘違いしないで! フリだよフリ!」

八幡「え? あ、ああ」

沙希「実は最近ちょっとしつこく言い寄られてる相手がいてさ、その、断るのに『もう彼氏がいるから!』って言っちゃって……」

八幡「ああ、お前外見いいもんな、可愛いっつーか綺麗系だけど。モテるのも大変だな」

沙希「っ……また、あんたはそういう事を平然と……そ、それでしばらく彼氏のフリをしてほしいんだけど……」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 13:56:16.78
八幡「なんで俺に依頼するんだよ? お前なら俺なんかより全然良い男に頼めるだろ」

沙希「こんなこと頼める知り合いなんかいないよ」

八幡「そういやお前もぼっちだったな……まあ困ってるみたいだし俺なんかでいいなら構わないが」

沙希「ほ、ほんと!? もうキャンセルは効かないよ!?」

八幡「有無を言わさず了承させようとしといて何を今更……」

沙希「う……だってこんなにあっさり引き受けてくれるなんて思わなくて……じゃ、じゃあしばらくの間頼むよ」

八幡「へいへい。んで、期間は?」

沙希「とりあえず一週間くらいでいいかな」

八幡「は? そんなもんでいいのか? いや、さっさと終わるに越したことはないが」

沙希「相手はたぶんそこまで本気じゃないからね、無理だってわかったらすぐに対象が移るさ。以前他の女子に声をかけてるのも見たし」

八幡「可愛いやつに手当たり次第声をかけてんのかそいつは……」

沙希「か、かわっ……コホン、じゃあ早速あんたを見せに行くから」

八幡「え、今からか?」

沙希「『放課後に紹介する』って言ったからね。だからまあ……ちょっと強引だったのは謝る」

八幡「いいさそのくらい。行こうぜ」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 14:07:05.42
八幡「……なんかすげえ悔しがってたなあいつ。『何でこんな野郎に!』みたいな顔をしてた。いや、気持ちは分かるが」

沙希「そこはわかっちゃうんだ……」

八幡「だって俺だぞ? どうやっても釣り合いが取れてねえよ。いや、俺なんかに釣り合う女がこの世に存在するかどうかも……」

沙希「比企谷!」

八幡「うわっ、な、何だよ?」

沙希「あまり自分を卑下しないでよ。少なくともあたしはあんたの良いところをいっぱい知ってるし、釣り合いが取れてなくなんかない」

八幡「お、おう」

沙希「だから自分のことを『なんか』って言わないで。周りが何と言おうとあたしは比企谷を充分良い男だと思ってるから」

八幡「そ、そうか……その、ありがとうな」

沙希「う、うん」

八幡(川崎は俺を励ましてくれてるだけ、だよなきっと……)

沙希(あうう、勢いに任せてあたしは何てことを……)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 14:30:05.69
八幡「……で、今後はどうするんだ? あのフられ野郎がお前に興味をなくすまでは依頼が続くんだろ」

沙希「フられ野郎って……まあそうだね、しばらくはあいつの前でだけでもそれっぽく振る舞ってくれるとありがたいんだけど」

八幡「それっぽくって、その、恋人同士みたく、ってことだよな?」

沙希「う、うん、無理に、とは言わないけど」

八幡「いや、一度引き受けたんだ、やるだけやってみるさ。でも期待はするなよ? 今までそういうことなんてゲームか妄想でしか経験ないんだからな」

沙希「あたしだって経験ないよ。その、ゲームとかだと何をするの?」

八幡「えーっと、一緒に登下校したりメシ食ったり、休日にデートしたり、かな。まあ友達がもっと仲良くなった、くらいの感覚でいいんじゃねえか? 俺友達いないけど」

沙希「デ、デート…………でも休日にあいつと出くわすことはないだろうしそこまでは……というか普段もそこまで気にする必要はないのかな」

八幡「でも慣れておかないといざ本番って時に戸惑うかもしれないぜ。ソースは文化祭の劇で予行演習に呼ばれなかった村人Aの俺」

沙希「なんで役割与えられてるのに呼ばれないのさ……じゃ、じゃあ適当に頼むよ。悪かったね、部活あるのに呼び出しちゃって」

八幡「いいさ、これも依頼の一環だ。雪ノ下だってちょっと遅刻したくらいでそこまで怒ったりしないだろ」

沙希「そうか、前もってあっちにも言っておくべきだったね。ホントごめん、あたしの名前出しちゃっていいから」

八幡「まあその辺は上手くやるさ。んじゃそろそろ行くわ」

沙希「うん、あたしは図書室寄って帰るから。またね」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 15:06:24.32
 ~奉仕部~

八幡「うっす」ガラガラ

結衣「ヒッキー遅いよ!」

雪乃「遅れるならその連絡くらいするべきでしょう。遅刻谷くんはその程度の配慮もできないのかしら?」

八幡「あー、悪かったな。ちょっと色々あってさ、依頼を引き受けていたんだ」

結衣「え、依頼? ヒッキーに? ヒッキーが?」

八幡「疑問符多過ぎだろ……まあ相談を受けたんだが女子のお前らには言いにくい内容だったからな、俺個人に依頼が来たわけだ」

雪乃「そう、とすると色恋沙汰関係かしら? 確かにあなたなら他に漏れる心配は少ないものね」

八幡「それは俺の口が固いって意味だよな? 言いふらす相手がいないって意味じゃないよな?」

雪乃「そんなの決まってるじゃない」ニコッ

八幡「いい笑顔で曖昧にしようとするな。いややっぱりいい、何も言うな」

雪乃「あなたには言いふらす友達がいないものね」

八幡「言うなっつっただろ! ……まあそんなわけだから依頼内容は一応秘密な」

雪乃「まああなたならともかく依頼人のプライバシーをおいそれと侵害するわけにはいかないわね」

八幡「おいこら俺ならともかくってどういうことだ……まあ難しい内容でもないしお前らの手を煩わすことはないから」

結衣「うん。でも何かあったら言ってね?」

八幡「ああ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 15:18:29.69
平塚「全員揃ってるか?」ガラガラ

雪乃「平塚先生、ノックを」

平塚「おお、すまんすまん。ところで今晩急遽近隣学校の若手教師の集まりが催されることになってな、私もそちらに行かなければならなくなった。面倒くさいが若手だからな! 私は若手だから仕方ないのだ! どんな出逢いがあるかもわからんし一度帰宅して気合いを入れた格好にしないといかん」

結衣「先生……」

八幡(早く誰か貰ってあげてください)

平塚「そんなわけで今日は部活はもう終わりでいいぞ。鍵は私がここで預かろう」

雪乃「ではお願いします」

結衣「ゆきのん一緒に帰ろー。ヒッキーも昇降口まで行こ」

雪乃「ええ」

八幡「へいへい」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 15:30:30.65
結衣「でさー」

雪乃「そうなのね」

八幡(廊下で前を行く二人が楽しそうにお喋りをしている。あれ? 俺いらなくね?)

八幡(一緒にいる意味あんのかよ、って思ったがそれは部室でも同じことでしたね)

八幡(まあぼっちなんて慣れてるし別に……って、あそこに歩いてるのは川崎?)

八幡(図書室への用事が終わったのか。まあいちいち声をかける必要も……げっ、グラウンドにいるのあのフられ野郎じゃねえか。しかも目が合っちまった!)

八幡(ここで川崎に声をかけないのは恋人として不自然すぎる……雪ノ下達がいるが仕方ない、あとでワケを話すとして今は川崎だ)

八幡「おーい川崎、一緒に帰ろうぜ!」

結衣「えっ!?」

雪乃「!?」

川崎「比企谷? あ……」

八幡(あいつに気付いたみたいだな)

八幡「自転車取ってくるから校門で待っててくれよ」

沙希「あ、いや、一緒に行くよ」

八幡「そっか、よし行こうぜ。じゃあな雪ノ下、由比ヶ浜」

雪乃「」

結衣「」

八幡(二人とも固まってやがる……ま、当然だろうな)
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 15:35:19.45
沙希「いいのかい、二人を置いて来ちゃって」

八幡「あそこであいつらに構ってる方が不自然だろ」

沙希「でも二人にはちゃんと説明してないんでしょ、勘違いされるんじゃない? その、あたしたちがそういう仲だって」

八幡「まあ明日あたり適当に説明しとくさ、川崎が俺なんかとそういう……」

沙希「だから! なんかって言うのは禁止!」

八幡「お、おう」

沙希「それと勘違いってのはあたしじゃなくてあんたのことなんだけど」

八幡「ああ、どんな弱みを握ったんだとか罵倒される姿が目に浮かぶぜ」

沙希「もう……わざと言ってないかい?」

八幡「?」

沙希「ま、いいや。説明するのはいいけど演技ってのは外に漏れないようにしてね。あいつの耳に入るとやっかいだし」

八幡「ああ、その辺は言い含めておくさ。俺は言いふらす相手もいないが」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 15:43:06.76
八幡「そういえば川崎も自転車通学じゃなかったか? さっき歩いて校門に向かってたけど」

沙希「ああ、実はあたしの自転車壊れちゃってね。バイトでもして新しいのを買おうかと思ってるんだけどしばらくはバスか徒歩だよ」

八幡「そうなのか……よっ、と。どうする? 今なら妹限定の後ろの席に乗せてやってもいいぞ?」

沙希「シスコンめ……いや、いいよ。学校を出てちょっと先まで一緒にいれば大丈夫でしょ」

八幡「そうか、なら……悪ぃ、やっぱり後ろに乗ってくれるか?」

沙希「え?」

八幡「校門のとこで雪ノ下たちが待ち構えてやがる。たぶん俺達に話を聞こうとしてるんだろうが……あそこじゃマズい。突っ切るから」

沙希「わ、わかった……よいしょ、と」

八幡「よし、ちゃんと掴まっとけよ」

沙希「うん」ギュ

八幡(う、柔らかいモノが背中に……平常心平常心)

沙希(比企谷の背中……大きくてあったかいな)
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 15:50:48.67
八幡「じゃ、行くぞ」

沙希「ん」

八幡(漕ぎ出すと雪ノ下たちはこっちに気付いたようだが、構わずに突進だ)

八幡「話は明日だ! じゃあな!」

雪乃「比企谷くん!」

結衣「ヒッキー!」

沙希(あたしは眼中にないんだろうか? ……いやまあ当然といえば当然か、だって……)

八幡「ふう、脱出成功だな。ついでだしこのままお前の家まで送ってってやるよ」

沙希「いや、それはさすがに悪いよ。確かあんたんちからウチまではそんなに遠くないからあんたんちで降ろしてくれればいいって」

八幡「遠慮しねえでもいいのに。ま、了解したよ。依頼主の言うことなら聞いときますかね」

沙希「依頼主……」ズキン

八幡「どうした?」

沙希「何でもないよ、それより随分二人乗りに慣れてるみたいだね」

八幡「ああ、小町をよく送り迎えしてるからな。いや、むしろ送り迎えさせてもらってる」

沙希「なんでへりくだってんのさ……」

八幡「あんな可愛い妹が後ろに乗ってくれるんだぞ、こっちからお願いするレベルだ」

沙希「やれやれ、ホントにシスコンなんだから」

八幡「千葉では普通だろ。悪いかよ」

沙希「いや、いいんじゃない? 家族を大切に思うのは当然のことだし」

八幡「……そ、そうか」

八幡(いつもなら『キモい!』とか『気持ち悪い』とか『通報するわ』と言われて引かれるのに……あ、そういやこいつもブラコンだったな、気持ちは解るってことか)
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 16:03:45.82
沙希「でもさ」

八幡「あん?」

沙希「家族を思いやるのもいいけど……少しは自分のことも大事にしなよ」

八幡「…………何のことだかわかんねえな」

沙希「わざとにしろそうでないにしろその答えはズルいって理解してる?」

八幡「……………」

沙希「ま、あんたがそうしたくてやってるなら止めはしないけどさ、本当にイヤなことからは逃げたっていいんだよ?」

八幡「ははは、むしろ逃げに逃げ回って今の俺があるんだぜ。労働から逃げたくて専業主夫希望の俺をなめんなよ」

沙希「…………馬鹿」ギュッムニュッ

八幡「かかか川崎さん!? その、そんなにくっつかれるとですね!」

沙希「いいでしょ別に、減るもんじゃないし」ムニュムニュ

八幡(減ってます! 俺の精神がゴリゴリ減ってますから! あとそういうセリフって男が言うものじゃないですかね!?)

沙希「なんなら依頼料とでも思っときなって」ムニュムニュ

八幡「ホントに止めて! 運転に集中できなくなるから!」

沙希「ふふっ」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 16:15:22.91
八幡「くそ、無駄に疲れた……もうちょいかかるのに」

沙希「いい思いが出来たでしょ?」

八幡「うるせえ」

沙希(否定はしないんだ)クスクス

沙希「ああ、言っとくけどこんなこと誰にもしたことないからね。比企谷だけだから」

八幡「っ! ……そ、そうか」

八幡(なにそのセリフ!? 勘違いしちゃうじゃないか!)

沙希(ちょっと大胆だったかな……でも比企谷も嫌がってないし……)

八幡「ああ、ウチが見えてきたぞ。どこで降ろす?」

沙希「この道をそのまんま行くから家の前でいいよ」

八幡「アイアイサー」

沙希(もうこの時間も終わっちゃうのか……)

八幡「到着、っと」キキッ

沙希「ああ、ありがとう」ヒョイ

八幡「んじゃまた明日な」

沙希「うん、また明日」

小町「残念ながらそれは叶わないのです! ババーン!」

沙希「!?」

八幡「突然出てきて何を言ってる。あと擬音を口で出すな」

小町「沙希さん、こんにちは! いつも兄がお世話になってます!」

沙希「あ、いや、むしろこっちが世話になってるくらいで」

小町「女の子を家まで送らないなんて男としてゴミにも程があるよゴミいちゃん! 小町的にポイント低い!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 16:19:10.38
八幡「いや、ちゃんと送るかどうかは聞いたから。それで断られたなら仕方ないだろ」

小町「そういう時はわざわざ聞かずに黙って実行すればいいの! さりげない優しさってやつだよ!」

八幡「そんなのこそ逆に迷惑だろ。ソースは女子の運ぼうとしてるプリントを半分持ってやったら仕事を邪魔されたと先生に言いつけられた俺」

小町 ・沙希「うわぁ……」

八幡「そんなわけだから……「ひ、比企谷!」……あん?」

沙希「や、やっぱり……その、送って行ってくれない、かな?」

八幡「お、おう」

八幡(なにその申し訳なさそうな表情での上目遣い。好きになっちゃうよ?)

八幡「じゃ、じゃあちょっとカバンだけ置いてくるから待っててくれ」

小町「あ、小町が預かっとくよ。それよりちゃんと送り届けないと夕飯抜きだからね」

沙希「なんかごめんね」

八幡「別に謝るようなことじゃないだろ、とりあえず乗れよ」

小町「あ、ストップストップ。その前に沙希さん、メルアド教えてもらってもいいですか?」

沙希「え、ああ、構わないけど……ほら、赤外線」ピロリン

小町「はい、確かに受け取りました。あとで小町から連絡しますねー」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 16:36:51.71
八幡「騒がしい妹で悪かったな」キコキコ

沙希「そんなことないよ(おかげでこうしている時間が増えたし)

八幡「そういえば俺達も連絡先交換してなかったな。あとで……その、するか?」

沙希「そうね、しとかないとね。なんでそんなおそるおそる聞くのさ?」

八幡「いや、だって女子と連絡先交換なんて断られるか宛先不明かばっかで……」

沙希「由比ヶ浜や雪ノ下がいるじゃない」

八幡「由比ヶ浜は向こうから言ってきたし雪ノ下は未だに知らんぞ」

沙希「あんだけ一緒にいて知らないんだ……じゃああたしが第一号かな?」

八幡「おう、光栄に思え」

沙希「何それ。逆じゃない?」フフッ

八幡「…………」キコキコ

沙希「…………」キュ

八幡「…………」キコキコ

沙希「…………」ギューッ

八幡(なんとなく沈黙してしまったな……でも)

沙希(気まずくもないし苦痛でもない、むしろ)

八幡 ・沙希(くすぐったい感じだけど居心地が良い……)

八幡(もうすぐ目的地に着きそうだけど……言ってみようか)

八幡(ええい! 失敗したって黒歴史が一個増えるだけだ! それにこいつには言いふらすような友達もいない! ぼっちでありがとう川崎!)

八幡「なあ川崎」

沙希「な、何?」

八幡「知っての通り俺は奉仕部でさ、あんまり身体を動かさないんだ」

沙希「そうだね」

八幡「休日もだいたい家でゴロゴロしてるし」

沙希「そんな感じっぽいよねあんたは」

八幡「たまには少し運動をしないとなってふと思ってさ」

沙希「? うん」

八幡「こ、この自転車漕ぐの、もうちょい続けたいから、す、少し遠回りしても、いいか?」

沙希「!! 夕飯まで時間がまだあるし、か、構わないよ」

八幡「お、おう、ありがとな」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 16:39:16.56
八幡(あれからしばらく自転車でブラブラ徘徊したあと川崎を家まで送り届けたわけだが)

八幡(別れ際の川崎の顔が赤かったのは夕日のせいだな)

八幡(だからもし俺の顔も赤かったとしても夕日が悪い)

八幡(やはりぼっちは日の当たるところで生きてはいけないのである)
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 16:59:55.25
八幡「たでーまー」

小町「お帰りなさいお兄ちゃん、遅かったね。まさかデートしたり沙希さんの家にお邪魔したり!」

八幡「なんで疑問符じゃなくて感嘆符で決め付けてんだよ……お邪魔とかねーから。自転車で家まで送ってってすぐに引き上げたから」

八幡(嘘は言ってない)

小町「はあ……ま、そうだよね。ヘタレなお兄ちゃんから何か言ったり誘ったりするわけないか」

八幡「………………」プイッ

小町「え、なにその反応。まさか、え……?」

八幡「そ、それより小町、川崎の連絡先教えてくれ。交換しようと思ったらカバンの中にスマホ入れっぱなしだったんだ」

小町「うわあ、話すり替えるの下手すぎ……でもそっか、だから結衣さんからメール来たんだ」

八幡「は? 由比ヶ浜から?」

小町「うん、聞きたいことがあるのにお兄ちゃんが電話に出ないって」

八幡「マジかよめんどくせえな、明日話すっつったのに」

小町「あと沙希さんと一緒に帰ってたけど何か知らないかって」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 17:03:52.25
八幡「あー……実は川崎と付き合うフリをすることになってな」

小町「ええっ!? お兄ちゃんと沙希さんが……ってフリ?」

八幡「ああ、一緒に帰ったのもそれ関係だ。しばらくの間だけどな。バレたら色々面倒だから秘密にしといてくれ」

小町「付き合ってるのを? それともフリってのを?」

八幡「どっちもだよ。特にフリって方をな。まあぼっち同士が付き合ったところでそんなに気にするやつもいないだろうが一応な。由比ヶ浜達には明日説明するつもりだ」

小町「うむむ、これは修羅場の予感」

八幡「だよなぁ……どんな罵詈雑言が飛んでくるかわかったもんじゃないぜ」

小町「……お兄ちゃんもしかしてわざと言ってる?」

八幡「何のことだよ? 川崎も似たようなこと言ってたけど」

小町「小町はなーんにも知りませーん。それよりお兄ちゃんのスマホに沙希さんのアドレス添付して送っといたから。フリであるにしろ彼氏役なんだったら何かしらメールを出すこと、わかった?」

八幡「へいへい、まあ打ち合わせとかもあるしな。夕飯出来たら呼んでくれ」

小町「ラジャー。あと三十分くらいだから」

八幡「おう」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 20:23:33.23
八幡「…………」

八幡(やべ、すっげえ眠い)

八幡(昨晩由比ヶ浜に一報入れたあと、川崎と綿密な打ち合わせをメールでやり取りした。それはいい)

八幡(ただぼっち同士、メールの止めどころというのがわからなくて本来必要のない話題や世間話に花を咲かせてしまった)

八幡(慣れないことをしている上に深夜のテンションも加わって俺のいくつかの黒歴史まで暴露してしまったのは後悔している)

八幡(ただこのやり取りで俺の事をもっと川崎に知ってもらえただろうし、俺も知らなかった川崎の面を知ったのは嬉しいと思った)

八幡(中には不躾な質問もあっただろうに、少なくとも文章上では不快感を表さずに答えてくれた)

八幡(フリ、なんだよなあ……)

八幡(なんかもやもやするな)

八幡「起きるか……」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 20:28:44.09
小町「あ、おはようお兄ちゃ……うわっ、どしたのいつも以上に目が腐ってるよ! 二割増くらい!」

八幡「たかだか二割くらいでそこまで驚くのかよ元々の腐りっぷりが尋常じゃねえな俺の目」

小町「でも本当に大丈夫? 心なしか元気もなさそうだけど」

八幡「寝不足なだけだから気にすんな、体調とかは問題ない」

小町「それならいいけど……今はお兄ちゃん一人だけの身体じゃないんだからね。お兄ちゃんに代わって沙希さんのことも考えてあげるあたり小町的にポイント高い!」

八幡「はいはい高い高い、良く出来た妹で幸せです、愛してるぜ小町…………あっ!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 20:30:24.13




『愛してるぜ、川崎!』



33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 20:52:25.27
八幡「あ、あ、ああ、あああああ」

小町「ど、どしたのお兄ちゃん!? とうとう頭まで腐っちゃったの?」

八幡(文化祭のあの時、お、俺は川崎に!)

八幡(し、しかしそれ以降のあいつの反応は別に……いや、でも)

八幡(本人に確認してみたいが藪蛇になりかねん……)

八幡(いや落ち着け比企谷八幡。クールになれ)

八幡(今は悩んでる場合じゃない、やるべき事を考えろ!)

八幡(とりあえず今やるべき事は……)

八幡「ちょっと部屋で枕に頭埋めて足をバタバタさせてくる」

小町「お兄ちゃん!? お兄ちゃーん!?」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 21:40:46.94
>小町「ど、どしたのお兄ちゃん!? とうとう頭まで腐っちゃったの?」

ひでえwwwwww
元スレ気になるけど我慢してここで見よう
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 21:11:22.97
素晴らしい、川崎SSは増えるべき
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/24(日) 22:35:27.14
八幡(一通り奇行を終え、数々の黒歴史を持つ俺は持ち前の精神力でさっさと立ち直り、登校の準備をする)

八幡(ただ小町には憐れみの視線を向けられて気を使われ、送迎を遠慮されてしまった)

八幡(むしろこっちがしたいくらいなのに! 妹を後ろに乗せて自転車で走りたい!)

八幡(もちろんそんなことを口にしたら憐れみの視線がゴミを見る目に変わるだろうが)

八幡(そんなふうにぼんやり考えながら登校してたら遅刻ギリギリになってしまい、なんとか担任より早く教室に飛び込めた)

八幡(そしてまず目に付いたのがこっちを振り向いた川崎沙希さんである)

八幡(表情を変えずに、ちょっとだけ視線を逸らして手を軽く上げて挨拶っぽいのをしてきた)

八幡(俺も少しだけ手を振り、声を出さずに口の動きだけで挨拶をする)

八幡(いや、こんくらい友達なら誰だってやることだろ。俺友達いないけど)

八幡(だから今にも唸り声を上げそうな表情でこちらを睨むのをやめてくれませんかね由比ヶ浜さん。部活の時間に説明するって昨日言ったじゃないですか)
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 07:08:17.85
八幡(さて、幸いにもあのフられ野郎は別クラスだから教室では特に気にすることもない)

八幡(カップルだからって常日頃からイチャイチャベタベタくっついてるわけじゃないしな。いや、そんなカップルもいるけど。何なの? 病気なの? 離れると死んじゃうの?)

八幡(少なくとも俺には考えられん……さて、昼休みだし購買寄っていつものベストプレイスに向かうか)

沙希「ひ、比企谷」

八幡「なんだ、かわ……川島?」

沙希「川崎なんだけど、ぶつよ」

八幡「すまんすまん、どうした廊下で待ち伏せなんかして?」

八幡(よく考えたら今日初めてのこいつとの会話か。実にカップルらしくねえな、いや、フリなんだけど)

沙希「い、今から昼ご飯でしょ、一緒に食べない?」

八幡「え、あ、お、おう」

八幡(そうだな、昼を一緒するくらいはしとかないと不自然か)

八幡「じゃあちょっと購買寄ってくるから待っててくれ」

沙希「いや、大丈夫、その……あんたの分も作ってきたから」スッ

八幡「!! マ、マジで?」

沙希「う、うん、でもちょっと恥ずかしいからさ、できれば人目につかないとこで……」

八幡「わかった、俺のベストプレイスを紹介するぜ」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 07:16:50.95
沙希「いつもここで食べてんの?」

八幡「おう、雨じゃない限りな。人もあんま来ないし風も吹かないし」

沙希「そう……じゃあ、あ、あり合わせで作ったもので悪いんだけど、はい」

八幡「(パカ)…………いや、絶対嘘だろそれ。なんで俺の好物ばっかで構成されてんの? 確かに昨日好きなものは少し話したけど、全部話した覚えはないぞ」

沙希「う……その、小町に聞いたんだよ」

八幡「え? てか小町って……」

沙希「昨日小町ともやり取りしててさ、今日は比企谷は弁当じゃないからって聞いて……あと自分のことは『小町って呼んで』って言われた」

八幡「あー、あいつ稀に『姉も持ってみたかった』とか言うからな、川崎みたいなのがいると嬉しいんじゃねえの? 小町の姉になってくれね?」

八幡(雪ノ下や由比ヶ浜は姉って感じはしねえしな)

沙希「え……そ、それって」

八幡「ん……あっ! い、いや、今のは言葉の綾っつーか、その、変な意味じゃなくてだな!」

沙希「わ、わかってるから!」

八幡「そ、それより弁当食おうぜ! 美味そうでもう我慢できそうにない!」

沙希「うん、め、召し上がれ!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 07:21:57.01
八幡「ふう、御馳走様でした」

沙希「お粗末様でした」

八幡(緊張と恥ずかしさのあまり味がよくわからなかった)

八幡(なんてことは一切なく、普通に、いや、すげえ美味かった)

八幡(雪ノ下みたいに一人暮らしをして家事スキルが高いのとは違い、たくさんの家族の長女だからこそ家事スキルが高い)

八幡(特に家族思いの川崎なら苦に感じることもなく嬉々として日々研鑽を積むことだろう。面倒見のいいオカンといったところか)

八幡(俺を養ってくんねえかなあ……主婦業スキルですら負けているが。でもどっちにしても)

八幡「いい嫁になりそうだな」

沙希「えっ!?」

八幡「えっ」

八幡(あれ?)

八幡「い、今、俺、何か言ってたか?」

沙希「ううん! 何も! 何も言ってない! もし何か言っててもあたしには聞こえなかった!」

八幡「そ、そうか、ならいいんだ」

八幡(嘘だ、その反応は絶対聞かれてた。てか俺がおかしくね? 寝不足のせい?)
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 07:33:15.08
沙希「昼休みはもう少しあるけどいつも何してんの?」

八幡「だいたいここでギリギリまでボーっとしてる。ぼっちが一人で教室にいたって邪魔なだけだからな」

沙希「あんたの場合邪魔どころか認識すらされないんじゃないの?」クス

八幡「うるせえ、同じクラスなのに『え、誰コイツ?』みたいな反応をされる辛さがわかるのか? わからないだろ? だから俺も同じことを周りにやり返す」

沙希「それは周りに興味がないから覚えないだけでしょ。由比ヶ浜のことも初めて奉仕部に来たときに存在を知ったってのに」

八幡「なんでそれ知ってんだよ俺のプライバシーどこ行ったの? いや、すまん、昨晩俺が言ったんだったわ……深夜のテンションは恐ろしい」

沙希「でもあたしは楽しかったよ。ちょっと寝不足にはなっちゃったけど。その、時々はああいう相手してくれると嬉しい……かな?」

八幡「なんで疑問文なんだよ。まあ俺なんかで……じゃない、俺で良かったら、その、また、な」

沙希「うん」ニコッ

八幡「!!」ドキッ

八幡(なんだよ今の笑顔、反則だろ!)

八幡(普段つり上がり気味の目尻があんなにふわっと柔らかく……ちくしょう)

八幡「ああ、弁当、本当にありがとな。箱は洗って明日返すよ」

沙希「何言ってんの、それじゃ明日作って来れないじゃない」

八幡「え、明日も作ってきてくれるのか?」

沙希「少なくとも依頼中はね。どうせ自分の分は作るからそんな手間じゃないし」

八幡「マジか、ありがとう。本当に美味かったから遠慮なく頂戴するぜ」

沙希「そこまで褒められると明日からのがプレッシャーかかるんだけど……」

八幡「いやいや自信持っていいって。そうなると依頼が終わる時が残念なくらいだ」

沙希「!! そ、そう……」

八幡「はあー、これで午後の授業が数学と体育でなけりゃな」

沙希「このままここでサボっちゃう?」

八幡「ばっか、ぼっちは目立たないことが重要なんだよ。移動教室や体育ならともかく数学の時間はさすがにバレるだろ、俺の経験上」

沙希「体育とかでもバレない方が不思議なんだけど……」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 07:37:44.02
八幡(そんなたわいもない話をしてると予鈴が鳴り、俺達は教室に向かう)

八幡(万が一にでも好奇の目で見られないように入るタイミングをずらす)

八幡(これも目立たない為の配慮だったのだが、その気遣いは由比ヶ浜のせいで無駄になった)

結衣「どこ行ってたのヒッキー!? ゆきのんと一緒に聞きたいことがあったのに!」

八幡「どうどう、落ち着け由比ヶ浜。話なら放課後にするって昨晩メールしただろ」

結衣「う……そうだけど、でも、待ちきれなくて」

八幡「何、俺の話が気になるの? お前そんなに俺のこと好きなの?」

結衣「好っ……! ヒッキーの馬鹿! キモい! 死んじゃえ!」

八幡「おいやめろ、大声で俺の評判を貶めるな。もうすでに地の底まで落ちてるのにさらに穴を掘らなきゃいけなくなるだろ」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 07:46:58.59
沙希「あのさ、入口で留まれると邪魔なんだけど」

結衣「あ、サキサキ、ごめん」

沙希「サキサキ言うなって……」

結衣「えー、可愛いし言いやすいじゃん」

沙希「そんなこと思ってるのはあんたと海老名だけだよ」

八幡「そうだぞ、こいつには川原沙希っていう立派な名前がだな」

沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」

八幡「ごめんなさい」

結衣「むー……え、えっとその、二人ってさ……」

担任「川崎! 川崎はいるか!?」

沙希「!? はい!」

八幡(なんだ? 血相変えて駆け寄ってくるなんてただ事じゃないぞ)

担任「今お前の妹さんが通ってる保育園から連絡があった! 妹さんが怪我をして病院に運ばれたらしい」

沙希「えっ!?」

八幡「!!」

担任「詳しくはわからないが御両親とは連絡が取れなかったらしい。そこのバス停のそばにタクシーがよく留まってるからそれでこのメモの病院に向かうんだ」

沙希「は、はい! 今日は早退します!」ダッ

結衣「サキサキ……大丈夫かなぁ…………あれ? ヒッキー?」キョロキョロ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 10:06:29.26
沙希(っ……なんでっ! なんで今日に限ってタクシーがいないの!?)

沙希(どうする……バスを乗り継いで行く? それとも大通りに出てタクシーを上手く拾う?)

八幡「川崎!!」キキッ

沙希「!! 比企谷!? なんで! それに自転車……」

八幡「後ろ乗れ! その病院なら通ったことあるし裏道知ってる! 上手く行きゃバスやタクシーより早い!」

沙希「で、でもあんたは授業が……」

八幡「数学と体育はサボることにしてんだ! 早く!」

沙希「っ! ごめん! ありがと!」

八幡「よし! 安全運転しつつ飛ばすぞ! しっかり掴まってろ!

沙希「お願い!」

沙希(京華……無事でいて……)
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 21:47:10.76
「えっ! 指先を紙の端でちょっと切っただけ!?」

八幡(病院の入口で川崎を下ろして先に向かわせ、駐輪場に自転車を置いてから後を追った俺の耳に入ったのはそんなセリフだった)

八幡(いや、確認するまでもなく川崎なんだが。そちらを見ると川崎と初老の医者と保育士っぽい若い男性が話をしていた)

八幡(俺がそちらに駆け寄ると同時に気が抜けたのか川崎がフラッと崩れ落ちそうになる)

八幡「おっと、大丈夫か川崎?」ガシッ

沙希「あ……比企谷、ごめん、その」

八幡「いいから。とりあえず座れ、な?」

沙希「あ、うん」

八幡(川崎を待合室の椅子に座らせ、医者と保育士の方に顔を向ける。あの、保育士さん、なんでそんなにビクッとしたんですか? 俺の顔に何か付いてますか? あ、付いてましたね腐った目が二つ)
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 21:52:49.26
八幡「ああ、俺は沙希さんのクラスメートです。けーちゃん、京華ちゃんとも遊んだことがあります」

保育士「あ、そ、そうでしたか」

八幡(怪しい男の素性が知れてほっとしたようだ。まあ俺みたいなのが突然しゃしゃり出てきたら無理もないか)

八幡「それより今京華ちゃんは指を怪我したと聞きましたが?」

保育士「は、はい、指先を本のページの端っこで切っただけなのですが……あまりに痛いと泣くのでもしかしたら見えないところで何かあったのでは、と思いまして」

医者「子供は血を見ると大袈裟に泣くからね、仕方ないよ」

保育士「おおごとにしてしまってすいません」

八幡「いえ、こういう時に痛いのを我慢してしまう子も中にはいますから。むしろそこまで気にかけてくれてありがたいことです」

保育士「そう言っていただけると……」

八幡(クレームとかを恐れていたのか、保育士さんはひと安心といった表情になる。もしかしたらまだ新人なのかもしれない)

八幡「ところで京華ちゃんはどちらに?」

医者「御手洗いに行きたいと言ってうちの看護婦が連れて行ってる、すぐに来るよ」

「あー! はーちゃんだー!」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 22:02:57.61
八幡(トテトテと駆け寄って来たのは指先に絆創膏を巻いた川崎の妹、川崎京華だった)

京華「さーちゃんもいるー! どうしたの?」

八幡「けーちゃんを迎えに来たんだ。あとここは病院だから静かにな」シー

京華「うん」シー

八幡(しゃがんで目線を合わせ、口に指を当てて『静かに』のジェスチャーをする俺を真似するけーちゃん、ええ子や……特に俺の目を見ても怖がらないところが最高)

八幡(ご褒美に頭を撫でてやるとにへへーと笑う……しまった、でしゃばりすぎたかな? そう思って川崎を窺うと、すでに立ち直ったか川崎は医者と保育士さんと話をしている。ならばもう少し面倒を見とくか)

八幡「けーちゃん、さーちゃんは先生達とお話してるから俺と待ってようか」

京華「うん」

八幡(小さく元気よく返事をしたけーちゃんは椅子に座る。この躾の良さは川崎家の育児の賜物だろう。俺はその隣に座った)

八幡「怪我をしたんだってな。平気か?」

京華「うん、ちがでてないちゃったけどばんそうこうしてもらったから」

八幡「そっか、大したことなくて良かった。でも怪我には気をつけような? さっきも走ったりして危ないぞ」

京華「あ、ごめんなさい……」

八幡(ペコリ、と下げた頭を俺はまたそっと撫でてやる。そうするとけーちゃんはもっと、と言わんばかりに頭をこちらに寄せてきた)

八幡(まあ話してるよりこっちの方が気楽だしな……べ、別に園児とはいえ女の子と何を話していいかわからないわけじゃないんだからねっ、いざとなれば俺にはプリキュアがあるんだからっ)

沙希「ごめん、待たせちゃったね」

八幡(どのプリキュアが好きか話し掛けるタイミングを見計らっているうちに、いつの間にか話を終えたらしい川崎が声を掛けてきた。保育士さんが出口の方で軽く頭を下げたので、こちらも同じように返しておく)

八幡「いや、大丈夫だ。この後はどうするんだ?」

沙希「園にも大した荷物はないし今日はこのまま連れて帰ることにしたよ……なんというか、その、ごめ「川崎」」

八幡(頭を下げて謝ろうとする川崎を俺は遮った。妹は姉のそんな姿を見たくはないだろう)

八幡「その話はまた今度だ」

沙希「あ……うん」

八幡(ちら、とけーちゃんを見た意図に気付いたのだろう。川崎は素直に頷いた)
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 22:08:44.79
八幡(しかし俺はどうしたもんかね? 今から学校に戻って授業を受けるなんてしたくない。体育が終わった頃を見計らってHRに何気なく参加するか……いや、由比ヶ浜がいるな、また目立ってしまう……とりあえず自転車を取ってくるか)

京華「はーちゃんもいっしょにかえるんだよね? ふたりでおむかえっていってたもん」

沙希「こら、比企谷はね……」

八幡「あー川崎、お前さえ良ければ、なんだが一緒にお前んちまで帰っていいか?」

沙希「え……?」

八幡「いや、今から戻るのも何だし、部活の時間までまだそれなりにあるしさ。まあ暇つぶしってことで」

沙希「ああ……うん、あたしは構わないけど」

京華「やったー、はーちゃん、かたぐるましてかたぐるまー!」

沙希「けーちゃん、ワガママばかり言わないの」

八幡「いや、構わねえよ。川崎、悪いけど俺の自転車頼んでいいか? 鍵はかけてないから。ほら、けーちゃんおいで」

京華「わーい!」

沙希「まったく……ごめん、ありがとね比企谷、すぐに自転車取ってくるから」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 22:14:40.19
八幡(ここから川崎家までそんな大した距離でもないので歩いて帰ることになった。けーちゃんを肩車してる俺の横を、川崎が俺の自転車を押して一緒に歩いている)

沙希「それにしても随分子供の相手が手慣れてるね」

八幡「ウチは両親が昔から忙しいから小町の世話は俺がしていたからな。小町を泣かせたりすると怒られるし」

沙希「ご両親も小町が最優先なんだ……」

八幡「あんな可愛い妹なんだから仕方ない。むしろ当然だな」

沙希「シスコンと親バカか……」ハァ

京華「はーちゃんいもうといるのー?」

八幡「おう、けーちゃんよりずっと年上だけどな」

京華「かわいいの?」

八幡「ああ、すっげー可愛いぜ」

京華「さーちゃんとどっちがかわいいー?」

沙希「なっ!? けーちゃん、何を……」

八幡「んー、さーちゃんはどっちかって言うと可愛いってより美人さんだな」

沙希「ひっ、比企谷!?」

京華「さーちゃんびじんー?」

八幡「おう、美人さんだから結構モテるんだぞさーちゃんは。だからけーちゃんも大きくなったら美人さんになるぜー、なんたってさーちゃんの妹だからな」

京華「わーい! やったー! さーちゃんとおんなじびじんー!」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 22:18:22.02
八幡(こんな会話を平然とやってのけている、なんて勘違いしないでもらいたい)

八幡(川崎は顔を真っ赤にしてうつむいてしまっているが、それに負けず劣らず俺も赤くなっていることだろう)

八幡(当たり前だ、あんな葉山みたいなイケメンが言いそうな甘ったるくて吐きそうなセリフがまともに話せるか!)

八幡(だが、家族が褒められるのは自分にとっても誇らしいことなのはすごくよくわかる)

八幡(だから俺はけーちゃんに喜んでもらおうと少しオーバー気味に褒めたのだ)

八幡(それに、まあ……嘘ってわけでもないしな…………)

京華「~~♪」

八幡(けーちゃんは上機嫌になったか俺の頭の上で歌を歌い始めた)

八幡(正直助かった、あの話を続けられると俺の精神が持ちそうにないからな)

八幡(そんなこんなで川崎家が見えてきた)
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 22:49:40.06
京華「ふぁ……」

八幡(家の前で肩から下ろしてやったところでけーちゃんは大きなアクビをした)

沙希「ああ、はしゃいじゃったしお昼寝してないから眠くなっちゃったんだね。ほら、手を洗ってうがいしたら着替えてお昼寝しようか」

京華「うん……はーちゃんは? いっしょにおひるねしないの?」

八幡「ああ、ごめんな。でもまた今度遊びに来るからその時は一緒にご飯食べたりお昼寝したりしような」ナデナデ

京華「うん! ぜったいきてね! ……ふわぁ」

沙希「ほら、行くよ。それと比企谷、少しだけ待っててくれない? その、話があるから」

八幡「ん、わかった。ここにいるからさ」

沙希「ごめんね、家にあげても良いんだけど……その」

八幡「わかってるよ、俺がいるとけーちゃんが興奮して寝れないんだろ? 時間とか気にしないでいいからちゃんと寝かしつけてやれ」

沙希「ごめ……ううん、ありがとう」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 22:54:32.91
八幡(お、家の前の自販機にマックスコーヒーがあるとは川崎家は恵まれてるな)ピッガコン

八幡(ふう、やはり甘くて旨い。甘くないのは俺の人生だけで充分だ……いや、もうひとつあるか。人にはなかなか言えないが)

沙希「待たせちゃったかな?」

八幡「おっと。いや、随分早かったな」

沙希「はしゃぎすぎて疲れてたみたいでね、すぐに寝付いたから」

八幡「そっか」

沙希「うん」

八幡「…………」

沙希「…………」

八幡(何となく沈黙。いや、川崎は何かを話し出そうとしてはいるのだが、どう切り出したものかと悩んでいるようだ)

八幡(仕方ない、水を向けてやるか)

八幡「けーちゃん、大したことなくて良かったな。川崎があんなに狼狽えるなんて珍しいものが見れたし」

沙希「うん……」

八幡(あれ? 何でそんなにしおらしいの? ここはからかった俺に怒ったり恥ずかしがったりするとこだろ?)

沙希「本当にごめん、大したことなかったのに比企谷にこんなに迷惑をかけちゃって」

八幡「やめろ」

沙希「……比企谷?」

八幡「大したことなかったのを理由に謝るな。それだと大したことあった方が良かったみたいに聞こえかねないぞ」

沙希「! そ、そんなつもりはないよ!」

八幡「だろうな、だったら謝罪じゃなくてもっと別の言葉が聞きたい」

沙希「あ…………」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 22:59:22.60
八幡(正直カッコつけすぎだと自分でも思う)

八幡(でも川崎に負い目を持たせたくないし、謝られるのも苦手なんだよ)

沙希「比企谷、本当にありがとう。すごく感謝してる」

八幡「お、おう、どういたしまして」

八幡(思っていた以上に真摯でまっすぐな感謝に戸惑ってしまった)

八幡(謝られるのは苦手だと言ったけど感謝されることにも慣れてないからな)

沙希「でもさ、何でここまでしてくれたの? あたしがあんたの立場だったら授業を抜け出してまで、なんてしたかどうか」

八幡「んー……理由なんか後付けでいくらでも出てくるが……身体と思考が勝手にそういう方向に行ってしまったんだよ」

沙希「勝手にって……」

八幡「まあ、もうしばらく弁当作ってきてくれるんだろ? それの礼としてタクシー代わりをしたってことにしといてくれ」

沙希「それっぽっちのことで……」

八幡「あとけーちゃんのことは俺も心配だったからな、川崎がタクシーやバスで向かっても自転車で駆け付けたと思うし。お前の弁当と一緒でついでだよついで。だからそんなに気にすんな」

沙希「うん。あんたがそう言うなら……でもあの子も随分あんたに懐いてるね」

八幡「ああ、川崎もフリとはいえ彼女だし今が人生最大のモテ期かもな、ははは」

沙希「ば、ばか」

沙希(本当はあんたのこと好きな女子はもっといるんだけどね……)
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 23:06:35.64
沙希「でも比企谷、あたしはあんたにちゃんとしたお礼をしたい」

八幡「いや、だから、アッシー君にしたくらいでそこまでかしこまるなって」

沙希「なんでそんな古い言葉を選ぶのさ……違うよ、それだけじゃない」

八幡「んん?」

沙希「あたしがほっとして力が抜けて倒れそうなとき、あんたは抱き止めてくれた」

八幡「…………」

沙希「まだ落ち着かなかったあたしに代わって冷静に先生達と話をしてくれた」

八幡「…………」

沙希「逆にあたしが話をしている間、さり気なくあの子の相手をして面倒を見てくれた。もちろん躾してくれたのも含めて」

八幡「…………」

沙希「帰ってる時だってそう。なんで……なんでここまで優しくしてくれるの?」

沙希(勘違い……しそうになるじゃない……)
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/25(月) 23:12:28.31
八幡「……わかんねえ」

沙希「え?」

八幡「さっきも言ったように勝手に身体が動いたんだよ。あとは単純に俺がそうしたかったから、だ」

沙希「自分がそうしたかったから、か……それじゃあたしもそうしたいからそうする。あたしは比企谷にお礼がしたい」

八幡「う……」

沙希「自分だけ我を通して他人には通させない、ってことはないよね?」

八幡「くっ……でもお礼ってなんだよ? デートでもしてくれんの?」

沙希「あんたがそれを望むなら」

八幡「な……っ」

沙希「あたしに出来ることなら、あんたの言うことを一つ何でもしてあげる」

八幡「!!」

八幡(何でも!? 何でもだって!?)

八幡(クラスメートの女子に何でもしてあげるって言われた、すげえ勝ち組になった気分だ)

八幡(たぶん今の川崎なら多少無茶なお願いも聞いてくれるだろう……いやいや、変なことをさせる気は一切ないぞ?)

八幡(うん、ここはあれだ。あれにしよう。川崎ならきっと笑わずに俺の昔からの願いを叶えてくれる)

八幡「じゃあ川崎にしてほしいことがある。たぶんお前なら出来るし、お前以外には頼みにくい」

沙希「随分勿体ぶるね」

八幡「あと笑うなよ。いや、笑ってもいいけど誰にも言うなよ」

沙希「何かそこまで念押しされると怖いんだけど……」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 06:21:24.27
 ~奉仕部~

八幡「うっす」ガラガラ

結衣「ヒッキー!! どこ行ってたの!? 先生も怒ってたよ!」

八幡「ああ、今職員室寄ってきたからすでにしこたま怒られてきた」

八幡(川崎の件を最初に伝えたから実際はそんなでもないけどな。平塚先生もフォローしてくれたし。なんであんな良い人が結婚できないんだろう?)

結衣「そんで結局どこ行ってたの?」

八幡「昼飯食ったあとに数学と体育なんて最悪だろ? ちょっとやる気出なくてサボったんだよ」

雪乃「ホラ谷君、さすがの由比ヶ浜さんでもその嘘は通用しないわよ」

結衣「ゆきのん!?」

八幡「うむむ、さすがの由比ヶ浜でもダメか」

結衣「ヒッキー!?」

雪乃「川崎さんの妹さんのことは由比ヶ浜さんから聞いたわ。そのタイミングでいなくなれば予想くらいつくのだけれど」

結衣「ちょっと! さっきのってどういう意味だし!?」

八幡「由比ヶ浜は正直者でいいやつだなってことだよ」

結衣「え、そ、そうかな?」エヘヘ

八幡(ちょろい)

雪乃(ちょろいわね)
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 06:27:19.19
雪乃「一応確認しておくけれど、川崎さんと一緒に病院へ行ったのかしら?」

八幡「ああ。怪我は全然大したことなかったが、やたら泣くから念のために病院に連れて行ったというのが真相だ。伝言ゲームよろしく大袈裟にこっちに伝わったんだな」

結衣「あ、そうなんだ。良かった……」

八幡(由比ヶ浜が安心したように溜め息をつく。やっぱりなんだかんだこいつはいいやつだ。さて、話は終わったし先週買った本でも……)

雪乃「比企谷君、まだ話は終わってないわよ」

八幡(ですよねー)

結衣「そうだよ! 何で昨日サキサキと一緒に帰ってたの!?」

八幡「あー……あまり吹聴して欲しくないんだがな、実は」

雪乃 ・結衣「……」ゴクリ

八幡「俺、昨日から川崎と付き合う……」

雪乃 ・結衣「!!?」

八幡「フリをすることになったんだ」

雪乃 ・結衣「………………え?」

八幡「まあそんなわけで昨日は一緒に帰ったんだ、以上」

結衣「ちょっと!? 全然説明になってないんだけど!」

八幡「いや、一応川崎のプライバシーに関わるかなと。リスクは減らしたいし」

雪乃「比企谷君、それは奉仕部としてのあなたに依頼したのでしょう? だったら同じ奉仕部である私達はある程度知っておいたほうがいいと思うわ」

八幡「うーん、まあ川崎もお前らならって言ってたしいいか。実はな~~(説明中)~~ってことなんだ」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 07:12:32.79
結衣「へー……でもやっぱサキサキ美人だからね、無理ないか」

八幡「なんか相手がやたらしつこくてな、追い払うためについ彼氏がいると言ってしまったらしい。まああの様子だと外見だけに惚れたみたいだからしばらくすれば興味無くすだろ、それまでは適当に彼氏役を務めるさ」

結衣「ヒ、ヒッキー、実はあたしも時々男子に告白されて困ることがあるんだけど…………」チラ

雪乃「私もそういった声をかけられることはよくあるわ。断ってもしつこかったりして困るわね、決定的な理由があれば楽なのだけれど……」チラチラ

八幡「ああ、お前らは可愛いし俺とは正反対でモテるからな、俺なんか『なんでこんなやつが……』って視線で見られたぞ」

結衣「かっ、かわっ……ヒッキーの変態!」

八幡「ええー……なんで俺今罵倒されたの?」

雪乃「コホン……まああなたの場合仕方ないでしょうね。目が腐敗しているし悪い評判の方が広まっているでしょうし目が腐敗しているし」

八幡「ねえ、なんで目のことを二回言ったの? 大事なことなの?」

雪乃「事実でしょう?」

八幡「そうだけどさ……だからこんな依頼俺が引き受けるのは今回限りだな」

雪乃 ・結衣「えっ」

八幡「川崎もぼっちだから他に頼める男がいなくて、って感じで俺にお鉢が回ってきた感じだし。今度から似たような依頼はお前らに回すから適当な断り方を教えてやってくれ。さっきも言ってたけど慣れてるんだろそういうの?」

雪乃 ・結衣「…………」

八幡(まあ川崎は俺をいい男と言ってくれたけどな。でも他に仲が良い男子がいないから相対的に良く見えるだけかもしれん。勘違いは禁物)

結衣「う、えと……ううう」

八幡「どうした由比ヶ浜、唸りだして? トイレなら早く行ってこい」

結衣「違うし! ヒッキーの馬鹿!」

雪乃「あなたは一度生まれ変わった方がいいわね。もっとも一回の転生でその目が持つカルマをすべて浄化できるとは限らないけれど」

八幡「なんか今日は俺に厳しくない?」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 09:49:11.31
~♪~♪~♪

八幡「おい、どこかでなんか鳴ってんぞ。誰かの携帯じゃねーの?」

雪乃「私ではないわよ」

結衣「あたしでもないよ。てかヒッキーじゃないの? そのカバンから鳴ってるけど」

八幡「ああ、俺のカバン持ってきててくれてたのね、サンキュ。スマホ入れっぱなしだったか……というか俺に電話するやつがいるのか?」ゴソゴソ

結衣「それ自分で言っちゃうんだ……」

八幡「よっと、はいもしもし」ピッ

???『あ、あの、かわさきけいかといいます。こんにちは。その、はーちゃん、ですか?』

八幡「ああ、けーちゃんか、俺だよ。お昼寝の時間は終わったのかな?」

雪乃 ・結衣「!!?」

京華『うん、あのね、はーちゃんにいいたいことがあったの!』

八幡「ん? なんだい?」

結衣(な、なに、あのヒッキーの表情……)

雪乃(腐ってる目が気にならないほど優しい表情ね……)

結衣(声もすっごく柔らかくて……)

雪乃(私達はあんなのを向けられたことないわね……)

京華『その、きょうは、ありがとうございました!』

八幡「どういたしまして。もしかしてそれを言うために電話してくれたのか?」

京華『うん! あ、ちょっとさーちゃんにかわるね』

沙希『ごめんね、今大丈夫だった?』

八幡「ああ、益体もない部活中だ」

沙希『今度会ったらちゃんとけーちゃんもお礼を言わないとねって言ったらすぐに伝えたいって主張してきてさ。迷惑かなと思ったけど電話させてもらったの』
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 09:56:53.28
八幡「そっか、じゃあそれに対するお礼を言わないとな、ちょっとけーちゃんに代わってくれ」

沙希『はいはい』

京華『けいかです!』

八幡「ああけーちゃん、電話してくれてありがとう、凄く嬉しいよ。けーちゃんはお利口さんで良い子だな」

京華『えへへー、だったらまたあそんでくれる?』

八幡「ああ、ちゃんといい子にしてたら絶対遊びに行くよ、じゃあまたさーちゃんと代わってくれるかな?」

京華『うん! ぜったいだよ!』

沙希『もしもし、なんか本当に色々と悪いね……代わりってわけでもないんだけど例の件、頑張るから』

八幡「いや、そんなに気合い入れなくてもいいぞ? いつも通りでいいから」

沙希『そう……なら程々に頑張るよ』

八幡「ああ、よろしく。それと雪ノ下と由比ヶ浜にお前から依頼されたっての伝えたから」

沙希『あ、そう……その、二人はなんか言ってた?』

八幡「やっぱ川崎もモテるんだなって。それ関係は慣れてるから今後そっち方面で困ったらいつでも相談に乗るってさ。やっぱり俺じゃ頼りないってことだな」

雪乃(言ってないわよ)

結衣(言ってないし!)

沙希(言ってないんだろうなあ……)

八幡「それとけーちゃんが無事で良かったって」

沙希『うん、二人にも礼を言っといてくれる?』

八幡「ああ」

沙希『それじゃ、あたしは家の用事をするからこのへんで。また明日ね』

八幡「おう、また明日な」ピッ

雪乃 ・結衣「…………」

八幡「川崎が、二人に心配かけてすまなかった、ありがとうってさ……って何だよその顔」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 10:10:44.87
結衣「その、さ……ヒッキーって、ロリコンなの?」

八幡「はぁ? 突然何を言い出してんだこのアホヶ浜は」

結衣「アホって言うなし! だ、だって最初電話してたのサキサキの妹でしょ? あたしたちとは全然態度が違うじゃん! すごく優しかったし!」

八幡「子供に優しくするのは当たり前だろ……というか園児と同じ扱いされるのって逆に嫌じゃね? 頭撫でられたり肩車されたりするんだぞ?」

雪乃 ・結衣(むしろ撫でられたい)

八幡「あと俺の目を見ても怖がらないしな。それだけで小町と戸塚にしか出さない微粒子レベルで存在してる俺の優しさを分け与える価値はある」

結衣「ちょっとしか持ってないんだ……」

雪乃「どれも手を出したら問題になる人選ね」

八幡「いずれにせよ俺はロリコンじゃないからな。そもそも懐いてくれたり優しかったりする相手にこっちも優しくするのは当然だろ?」

結衣「じゃ、じゃあさ、あたしにももっと優しくしてよ!」

八幡「なんだよ突然」

結衣「あたしだってヒッキーに優しくしてるじゃん!」

雪乃「それを言うなら私もよね」

八幡「普段から腐ってるとかキモいとか散々吐き出してる口がそれを言うのか……あれだろ、お前らの言う優しさってのはぼっちの俺と会話してあげてるとかそういうレベルだろ」

結衣「そんなことないもん! あたしだってヒッキーとお話するのは楽しい……って何言わせるの!? ヒッキーの馬鹿! ……あっ」

八幡「フォローすると見せかけて流れるように悪口を言うとはさすがだな」

結衣「違うし! うう……そ、そうだ、あたしが明日お弁当作ってきてあげる! どう、優しいでしょ!?」

八幡「すまん、まだ俺は死にたくないんだ。この苦しい世の中から解き放ってくれるという優しさは気持ちだけ受け取っとく」

結衣「どういう意味だし!?」

雪乃「由比ヶ浜さん、あなたはもう少し練習してからの方がいいと思うわ…………なら比企谷君、私が作ってきたら嬉しいと思うかしら?」

八幡「ああ、お前は料理上手いもんな。嬉しいっちゃ嬉しいが……しばらくは川崎が作ってきてくれるからいらんぞ」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 11:30:58.46
結衣「えっ、サキサキが!?」

八幡「ああ、少なくとも彼氏役の間は作ってくれるってよ。あいつも料理スキルは高いからな」

雪乃「あなた……依頼にかこつけて何を命令しているのよ」

八幡「ちげーよ、川崎の方から言ってきたんだよ。元々自分や家族のも作るから手間は掛からないって言ってるし」

雪乃「やめておきなさい。女子が男子にお弁当を作ってくるなんて周囲にどんな誤解を産むかわからないの? 川崎さんが可哀想じゃない、自分の立ち位置を忘れたのかしら?」

八幡(じゃあ今お前らが作ってきてくれそうな言い方したのは何だったんですかね?)

八幡「あのな雪ノ下、お前こそ忘れてんのかもしれねーが、今回の依頼はその誤解を産むことなんだぞ。おおっぴらに撒き散らすことじゃないし対象は特定の人物だが、ある程度の下地は必要なんだから」

雪乃「それは……そうなのだけれど……」

結衣「じゃ、じゃあさ、ヒッキーとサキサキってどこでお昼食べる予定なの?」

八幡「特に決めてるわけじゃないが……どこだっていいだろ」

雪乃「よくないわ、あなたと二人きりだなんて川崎さんの身が危ないもの」

八幡「どんだけ信用ねーんだよ俺は……お前らと二人きりになったこともあるけど何にもしてないだろうが」

雪乃「あら、直接手は出さなくともその腐ってる下卑た目でいつも私達の身体を舐めるように視姦しているじゃない」

結衣「なっ……最低! ヒッキーのスケベ!」

八幡「俺は今痴漢冤罪の過程をありありと目にした」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 11:38:51.15
八幡(まあそういう目で見たことがないわけじゃないんですけどね。でも巨乳の由比ヶ浜や、スレンダーだけど姿勢良くピシッとしてる雪ノ下を男ならそう見ちゃうこともあるでしょ)

八幡(そういや川崎もスタイルはいいんだよな。身長は女子にしては高めだし胸もそれなりにあるみたいだし。二人乗りの時や抱き止めた時の感触は正直忘れられん……)

雪乃「なにか妙なことを考えている表情ね……あなたやっぱり」

八幡「ないから」

雪乃「ふむ、同年代に欲情しないとなると……ロリコン?」

八幡「もっとねえよ。てかそういう目で見ると罵倒するくせに見なきゃ見ないで貶されるなら俺はどうすりゃいいんだ」

結衣「あ、あたしは別にヒッキーなら……」ゴニョゴニョ

~♪~♪

八幡「ん、俺にメール……って今気付いたけどこの由比ヶ浜からの不在着信やメールの山は何だよ。あんな短時間でどんだけ送ってきてんだ」

結衣「だ、だって気になったし……」

八幡「てことは何だ、カバンの中で延々と着信音が鳴ってたのか、気付けよ」

雪乃「それは無理よ、誰もあなたの席なんて見ないもの。音が鳴っててもどこかで鳴ってるな、くらいにしか思わないわ」

八幡「まあそれは否定しないが」

結衣「しないんだ……」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 11:49:56.97
雪乃「ところでそのスパムメールはどんな内容だったのかしら?」

八幡「なんでスパムって決め付けてんだよ、小町や戸塚から来ることもあるから三割くらいは違うぞ」

雪乃「七割はスパムメールなのね……」

結衣「ヒ、ヒッキー、もっとあたしがメールしてあげるね!」

八幡「いや、いらないから。お前のメール顔文字絵文字多くて目に良くないし」

雪乃「あら、それ以上悪くなりようが…………いえ、そういえば今日はいつもより濁っているような……」

八幡「ああ、これは単に寝不足なだけだ。てかよく気付いたな」

雪乃「元が最悪だから気付きにくいけれど隈が広がっているわよ。ゲームや漫画は早めに切り上げて睡眠をきちんと取りなさい」

八幡「いや、昨晩は川…………そうだな、今日は早く寝ることにするわ」

結衣「ヒッキー! 今サキサキのこと言いかけたでしょ!? 何、まさか一緒にいたの!?」

八幡「んなわけねーだろ、ちょっとメールのやり取りしてたら寝るのが遅くなっちまっただけだよ」

雪乃「なら何故今隠そうとしたのかしら? 疚しいことがないならきちんと説明できるはずよ」

八幡「お前らがそうやって問い詰めてくるのが面倒だからだろうが……今来たのだって川崎からだが、明日の弁当についてのことなだけで大したもんじゃない」

雪乃「本当でしょうね」

八幡「こんなことで嘘ついてどうすんだよ……疑うなら川崎にも聞いてみろ」

結衣「うー、あたしも! あたしも今晩ヒッキーとメールする!」

八幡「勘弁してくれ、今日は早く寝るって決めたんだよ。だいたい何の用もないだろ」

結衣「少しくらいいいじゃん!」

八幡「はあ……わかったわかった、少しだけだからな」

結衣「うん! 絶対だからね!」

八幡「へいへい」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 11:53:16.01
ガハマちゃん健気過ぎて泣けてくる…
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 16:31:15.17
 ~ 翌朝 ~

八幡(眠ぃ…………)

八幡(ちょっとだけって言ったのに由比ヶ浜は日が変わる頃まで延々とメールを送り続けてきた。返信しないと催促が何度も来るし、それでも無視をすると小町経由で注意してきやがった)

小町「おはようお兄ちゃん、夕べはお楽しみでしたね」

八幡「どこの宿屋の主人だよ。いや、楽しんでねーから。早いとこ寝たかったのに由比ヶ浜のやつ小町まで使いやがって。おかげで2日連続で寝不足だぜ」

小町「えー、女の子とメールしてて寝不足だなんてリア充みたいじゃん」

八幡「睡眠時間を削ってまですることじゃないだろ、健康にも悪いし。やはりぼっちが最高だということが改めて証明されてしまったな……ふわああ」

小町「ありゃ、本当に眠たそうだね。今日サボっちゃう? そんなお兄ちゃん小町的にポイント低いよ」

八幡「サボんねーよ、多分いなくてもバレねーけど。川崎との約束もあるしな」

小町「バレないんだ……ん、沙希さんとの約束?」

八幡(やべっ)

八幡「小町、そんなわけだから今日は小町の送迎はなしだ。寝不足で運転誤って小町に怪我でもさせたら大変だからな」

小町「そこまで小町のことを思ってくれるお兄ちゃんはポイント高い! だから今は話を逸らそうとしたのを黙認してあげる。帰ったら聞かせてもらうけどね!」

八幡(それ黙認って言わなくね?)
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 16:34:50.74
彩加「おはよう八幡。なんだか眠そうなだね、大丈夫?」

八幡(教室に入ると天使が話しかけてきた、いや違った、戸塚だった。あれ、じゃあ天使で合ってるんじゃね?)

八幡「おはよう戸塚、ちょっと寝不足でな」

彩加「何かあったの? 昨日も午後からいなくなっちゃってたし……また変な問題でも抱えてるんじゃ……」

八幡「ああいや、何か起こってるわけじゃない。眠いのは遅くまで本を読んでただけだし、昨日の午後は……ちょっとしたことがあったんだけどすぐに解決したから。心配かけてすまないな」

彩加「それならいいけど……あ、だったら知らないかも。今日の授業って午前中はこんなふうに変更になったんだよ」ピラ

八幡「なん……だと……?」

八幡(戸塚が見せてくれたプリントには今日の授業日程が書いてあった)

八幡(幸い必要な教科書やノートは用意できているが、多大な問題が発生していた)

八幡「寝れそうな時間がねえ……」

八幡(授業態度が厳しい教師の教科だったり移動教室だったりで結構面倒だ、本気でサボってしまおうか……)

彩加「だめだよちゃんと授業は受けないと」

八幡「お、おう」

八幡(仕方ない、頑張るか)
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 16:38:13.36
八幡(なんとか昼休みまで乗り切った……正直昼飯を食わずに寝たい気持ちもあったが、川崎との件があるからな)

八幡(由比ヶ浜が時折チラチラとこっちを見ていたが、ステルスヒッキーの能力を最大限に発揮して教室から抜け出す)

八幡(川崎とは昨日メールで指定した現地で落ち合う約束だ。眠気覚ましに顔を軽く洗って自販機に寄ってから行くか)

八幡(………………………)

八幡(やべえ……川崎との弁当の時間にドキドキしてる俺がいる)

八幡(昨日川崎にお願いしたことが、俺の希望が叶えられる時が一刻一刻と近付いている)

八幡(今は眠気よりそっちの期待の方が強くなってきた)

八幡(えっと、川崎はっと…………いた、もうベンチに座ってたか)
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 19:23:17.06
八幡(近付いていくとこちらに気付いたか川崎が軽く手を上げる。俺もひらひらと手を振って返した)

八幡「すまん、待ったか?」

沙希「いや、それほどでもないよ」

八幡「そっか、ほらお前の分」

沙希「ありがと」

八幡(自販機で購入した川崎の分の飲み物を渡し、俺は川崎の隣に座る)

沙希「はい、こっちがあんたの分ね」

八幡「おう、サンキュ」

八幡(包みをほどいて差し出された、川崎のより一回り大きい弁当箱を受け取る。この中に……)ゴクリ

八幡「じゃ、腹も減ったし早速いただくか」パカ

八幡(蓋を開けるとごくごく一般的な手作り弁当が目に入る。変わったことといえば玉子焼きが多めにあることだろうか)

八幡「い、いただきます……」

沙希「うん……そんなに緊張されるとこっちまでしてきちゃうんだけど……」

八幡(俺は玉子焼きを箸で一口サイズにし、口に放り込む)

八幡「美味い……マジで、美味しい……」

八幡(じっくり味わい、咀嚼して飲み込んだ俺の口から出た言葉はそれだった)

沙希「良かった……」

八幡(川崎は心底安堵したような表情になる。ちょっとプレッシャーかけすぎたか?)

八幡「いや、本当に、他に言葉が出なくて申し訳ないけど、マジで美味い」

八幡(おかげでめっちゃご飯が進む)ガツガツ

沙希「あー、なんだったらあたしの分の玉子焼きも食べていいよ」

八幡「本当か!? いや、でもそれはさすがに……」

沙希「そんなに美味しく食べてもらえるならその方があたしも嬉しいから遠慮しないで」スッ

八幡「じゃあ悪いけど貰うな」ヒョイ

沙希「ふふ、たくさん召し上がれ」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 19:29:56.30
八幡「ふう……ごっそさん」

沙希「お粗末様でした。気持ちいいくらいの食べっぷりだったね」

八幡「俺の夢が叶った瞬間だしな」

沙希「夢ってそんな大袈裟な……だいたい『甘くない玉子焼きを作ってくれないか』なんて普通に言ってくれれば作ってくるのに。こんなお礼なんてノーカウントでいいよ」

八幡「いやいやそうは言うけどな、うちの家庭内では甘くない玉子焼き好きに人権はないんだ。俺にはもともとないけど」

沙希「ないんだ……」

八幡「昨日も言ったけど小町が甘いの大好きだからな、それが拍車をかけてるんだ。もしバレたらどんな迫害を受けるか……」

沙希「そんなオーバーな」

八幡「だから誰にも言うなよ。そのせいで家を追い出されたらお前んちで養ってもらうからな」

沙希「なっ……」////

八幡「甘くないのは俺の人生と玉子焼きだけでいい……ん、どうした?」
沙希「な、なんでもない! それより意外だね、あんたが甘くない方が好きだなんて」

八幡「ああ、俺も不思議に思ってる。何でか玉子焼きだけは甘くない方が好みなんだよな。食べる機会がほとんどないし、うちじゃ作れないけど」

沙希「うちはみんなどっちも好きみたいでね、気分によって変えてるよ」

八幡「いやー、本当に美味かった。味付けもしっかりしてたし」

沙希「あんまり手放しで誉められるとくすぐったいからその辺にしてほしいんだけど……なんなら毎日作って来ようか?」

八幡「マジで!? あーでも、毎日だと有り難みがなくなっちゃうかな……くそっ、どうするか?」

沙希「そんな真剣に悩まなくても……じゃああたしの気分次第ってことにするよ。甘いのも嫌いじゃないんでしょ?」

八幡「ああ、じゃあそれでよろしく頼む」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 19:38:05.28
八幡「さて、まだ昼休みあるな……ふぁ」

沙希「なんだか今日は随分眠そうだね、授業中にも寝そうになっては飛び起きてたし」

八幡「見てたのか……今日の授業は寝れないのばっかだったからな。くそ、由比ヶ浜のやつめ」

沙希「…………由比ヶ浜がどうかしたの?」

八幡「ああ、一昨日お前と遅くまでメールのやり取りしただろ。それを聞いた由比ヶ浜が自分もするって言ってきかなくて。あいつも変なところで負けず嫌いだからな」

沙希「そ、そう」

八幡「あふ……仕方ない、教室戻って席で寝とくかな」

沙希「ぼっちは教室にいると邪魔なんじゃなかったかい?」クス

八幡「しょうがねえだろ、このベンチじゃ背もたれ低くてよく寝れねえし」

沙希「…………ねえ、ここって人通りないの?」キョロキョロ

八幡「ん? ああ、メシを食うだけなら結構良スポットなんだけどどこへ行くにしてもここを通ると遠回りになるんだ。ここで食ってて人が通ったことなんて2、3回あったかどうか。昨日の場所は人もここより通るし由比ヶ浜も知ってるし、万一誰か邪魔者が来たら厄介だからな」

沙希(邪魔者って、あたしとの時間を大事にしてくれてるってことなのかな)ドキドキ

八幡(甘くない玉子焼き食べてるのバレてどこからか小町に伝わったら生きていけないからな。ちなみにここがベストでない理由はあっちと違って戸塚が昼休みに練習しているのを見れないからだ。それさえ満たせば最高の場所なのに!)
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 19:46:41.29
八幡「んで、それがどうかしたのか? 別に所有権を主張する気はないから川崎も使いたきゃ使っていいんだぞ」

沙希「いや、そういうわけじゃないさ」ススス

八幡(え? なんで少し距離を取るの? もしかして眠気が増したことによって俺の目の腐り具合がまたアップしたの?)

沙希「ほら、使っていいよ」ポンポン

八幡「…………」

八幡(あの、川崎さん、なぜ御自分の太ももを叩いてらっしゃるのでしょうか?)

八幡「え、えっと、その」

沙希「ああもう、じれったいね」グイッ

八幡「うわっ」ポスン

沙希「まったく、目の前で頭フラフラされてるほうが気になるっての。素直にこのまま少し寝ときなって」

八幡「あ、あの、これ、膝枕ってやつ、ですよね?」

沙希「か、彼氏彼女の関係ならこれくらいするでしょ、一応そういうことなんだし」

八幡「そ、それはそうなんだけど」

沙希「ほら、少しでも寝とかないと午後の授業がツラいよ?」ナデナデ

八幡「あ……」

八幡(お腹いっぱいで、柔らかい枕があって、頭撫でられて)

八幡(すげー心地良い……目蓋が重い……眠……)スゥ

沙希「比企谷……もう寝ちゃったの?」ナデナデ

八幡「zzz……」

沙希(こうして見るとやっぱり比企谷って顔立ちは整ってる方だよね)ナデナデ

沙希(目が腐ってどうこう言ってるけど……もし腐ってなかったら外見だけに惚れた女とかが寄ってきたのかなやっぱり)ナデナデ

沙希(あたしは見てくれだけに惚れられても嬉しくないけどね、ちゃんと中身も一緒に見て欲しい…………比企谷みたいに)ナデナデ

沙希(……比企谷が今の比企谷で良かった。比企谷にはあんまりモテてほしくない)ナデナデ

沙希(あたし、卑怯者だ……)ナデナデ

沙希(比企谷……)







???(…………)コソコソ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 19:52:45.46
沙希「比企谷、そろそろ起きなよ」

八幡(そんな声とともに身体を揺すられ、俺は目を覚ます。そういや川崎に膝枕してもらってたんだったな)

八幡「ん、ああ……あ…………」

八幡(思わず言葉が出なかった。仰向けで見上げる形の俺とこちらを見下ろす形の川崎。その間にある女性の象徴)

八幡(え、あれ? こんな体勢で見るの初めてだけどひょっとして川崎ってめっちゃ巨乳なんじゃね?)

八幡(そうか、俺の頭に上着の裾が挟まって引っ張られて強調されてるのか)

沙希「どうかしたの? まだ微睡んでる?」

八幡「ああ、いや……心地良くて名残惜しいかなって」

八幡(誤魔化すためにとっさにそんなセリフが出たが、嘘ってわけじゃない)

沙希「そっか、じゃあギリギリまでこうしてていいよ」

八幡(あれ? いつもならこういうことを言うと恥ずかしがって色々言ってくるのに、多少顔を赤くしただけで流された。何か心境の変化でもあったか?)

八幡「そういや今何時だ? どれくらい寝てた?」

沙希「もうすぐ五限が終わるってとこだね」

八幡「そっか……って何だと!? 思いっきり授業サボっちまったじゃねえか!」

沙希「ああ、それなら大丈夫。さっき海老名からメール来てさ、五限は完全自習になったから教室にいなくても平気だってさ」

八幡「ああ、そうなのか……びっくりした」

沙希「それと比企谷によろしくって」

八幡「…………なんで俺の名前が出んの?」

沙希「自転車二人乗りしてんの見られたみたいでね、関係を聞かれたから想像に任せるって返したんだけど何となく察してるみたい。さすがにフリってのは思ってないだろうけど」

八幡「そうか……」

沙希「一応秘密にはしてくれてるみたいだけどね。それと『はや×はち』は諦めない、だってさ」

八幡(…………何も言うまい)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 20:07:11.55
沙希「…………ねえ、比企谷」

八幡「なんだ?」

沙希「依頼のことなんだけど、さ」

八幡「ああ、彼氏役のことか」

沙希「うん、その……期間、変更してもいいかな?」

八幡「……どの程度?」

八幡(もうお役御免だったりするんだろうか……もしくはやっぱり俺が相手じゃ……)

沙希「あたしかあんた、どっちかが嫌になるまで」

八幡「!!?」

沙希「相手のことが嫌になったり、他に好きな人ができたり、そんなふうになるまで」

八幡「…………意味、わかってるのか?」

沙希「さあ? ただ煩わしいことをかわすのに彼氏役がいるってのは思いのほか便利なんだよ。もちろんあんただってあたしを彼女役として使っていい」

八幡「……俺でいいのか? 校内有数の嫌われ者なんだぜ。お前だって何を言われることか」

沙希「言いたいやつには言わせておけばいいよ。むしろそれであたしに関わらなくなる人が出るなら歓迎だし。どっちかといえばそんなのを理由にあんたが身を引いたりしないかの方が心配」

八幡「…………」

沙希「それにあたしだって離れていくような友達がいるわけじゃない。その辺はむしろ共感出来るでしょ?」

八幡「そりゃまあ……な」
100 :100ゲット :2015/05/26(火) 20:09:31.49
沙希「で、この依頼は引き受けてくれるの?」

八幡「……俺に気を使ったりせず言いたいことをちゃんと言ってくれるなら考えないでもない」

沙希「それはむしろあんたの方でしょ。いつも他人に気を使って、自分を犠牲にして傷付いて、そんで雪ノ下や由比ヶ浜達にもっと自分を大事にしろって怒られるんだ」

八幡「いや、別に気を使ってるわけじゃ……」

沙希「いいんだよ」

八幡「え?」

沙希「比企谷がそうしたくてやってるなら、いくら傷付いてもあたしは止めないし怒りもしない。もちろん明らかに間違ったことをしたら叱ったりはするけど」

八幡「…………」

沙希「でももし、泣きそうなほどに傷付いて、立ち上がれない程に疲れたら、あたしのところに来てよ。いつだってあたしの膝で良ければ休ませてあげるから」

八幡(そう言って俺の顔を撫でる川崎の表情はとても優しいものだった)

八幡(俺はその手をそっと握り締め、川崎に返事をする)

八幡「じゃあ、これからもよろしくな、彼女役さん」

沙希「うん、これからもよろしく、彼氏役さん」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 20:16:06.76
MAXコーヒー並みの甘さ
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 21:11:24.27
MAXコーヒーに練乳5割増しした感じ
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/26(火) 23:56:47.09
先ずは胃袋を落としたサキサキ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 16:20:30.24
八幡(依頼内容の変更に伴い、俺達は改めてこれからのスタンスや方針について話し合った)

八幡(まあ積極的に広めたりはしないが聞かれれば否定はしない、くらいにしておこうとなった)

八幡(もっともぼっちとぼっちがくっついたからといって騒ぎ立てるようなやつもいないだろうが、いろんなことを想定しておいたほうがいいだろう。別に対策が無駄になったらそれはそれでいいわけだし)

八幡(五限終了のチャイムが鳴り、途中で花を摘みに行くらしい川崎と別れて一人教室に向かう)

八幡「が、廊下で厄介なやつに見つかり、うんざりしてしまった」

結衣「口に出てるし! 厄介って何だし!」

八幡「どうどう、落ち着け由比ヶ浜。可愛い顔が台無しだぞ」

結衣「かわっ……あうう」

八幡「落ち着いたか? 良かったな、じゃあ俺は教室戻るからまた放課後に部室で」

結衣「あ、うん、また……ってちょっと待って! そんなんで誤魔化されるわけないじゃん!」

八幡「九割がた誤魔化されてたじゃねえか……何か用か?」

結衣「その……昼休みと五時間目どこ行ってたの?」

八幡「昨日も言っただろ、川崎とメシ食ってたんだよ」

結衣「でもいつもの場所にもいなかったし……ヒッキーもサキサキも五時間目まで戻って来なかったし……」

八幡「いや、後者はお前のせいだからな」

結衣「えっ?」

八幡「元々寝不足だったのにお前が昨晩遅くまで付き合わさせるから昼休みに寝ちまったんだよ。五限が自習だと知ってた川崎が気を使ってギリギリまで寝かせてくれたんだ」

結衣「え、あ、ごめん……」

八幡「まあだいぶ頭もスッキリしたしもういいけどな」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 16:24:31.00
八幡(本当はだいぶ、どころかめちゃくちゃスッキリしている。短時間ながらも心地良く熟睡したせいだろう)

八幡(川崎の膝枕でしか寝れなくなったらどうしよう……)

結衣「ヒッキー、その……遅くならないならまたメール、してもいいかな?」

八幡「気が向いたらな。でも俺今彼女いるからあまり他の女子とメールする気にはならん」

結衣「フリじゃん! ホントはめんどくさいだけなのに言い訳に使ってるでしょ!」

八幡「おい、声がでかい。フリってのは特に秘匿事項なんだからな」

結衣「あ、ごめん……」

八幡「はあ……一応お前らを信用して話してんだから気をつけてくれよな」

結衣「わ、わかった」

八幡「もういいな? 俺教室戻るから」

結衣「うん、またあとで」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 16:33:58.53
八幡(六限は国語。午前中はこの時間にうたた寝して平塚先生に鉄拳制裁を喰らうかもとヒヤヒヤしていたが、恙なく乗り越えた)

八幡(いや、むしろいつもより頭は冴えていた感じがする。何なの川崎さんの膝枕、特殊な成分でも出てるの?)

八幡(HRも終え、部室に向かおうとしたら由比ヶ浜が呼び止めてきた)

結衣「あ、ヒッキー、今日部活休みにするって連絡来たよ。ゆきのんが何か家の用事があるんだって」

八幡「あ、そうなの、んじゃとっとと帰るかな」

結衣「うん、あたしは優美子達と遊んでくから。また明日ね」

八幡「おう」

結衣(サキサキと一緒に帰ったりしないんだ、良かった…………ってなにがいいの!?)ワタワタブンブン

優美子(なんか結衣が奇妙な踊りしてるし……)

姫菜(きっとカップリングのリバ有りか無しかで悩んでるんだね!)

八幡(さて、どうすっか……そういやそろそろ新刊のチェックをしときたいな。本屋に寄ってくか)スタスタ

???「せーんぱい」

八幡(どこの本屋に行くか……少し遠いけど品揃えのいいあそこに行くかな)スタスタ

???「ちょっとちょっと先輩、無視しないでくださいよ!」

八幡「あん? なんだ一色だったのか」

いろは「もう! 聞こえてるなら返事してくださいよ!」

八幡「すまん、ちょっと考え事をしててな」

八幡(本当は俺を呼ぶ奴なんていないと思ってスルーしてただけなんだが)
111 : ◆zO7AQfurSQ :2015/05/27(水) 16:52:04.54
いろは「先輩今日暇ですか? 暇ですね? ならちょっと買い物に付き合ってくださいありがとうございます」

八幡「いや、今日はいろいろアレがコレで忙しいから。じゃあな」

いろは「先輩が忙しいわけないじゃないですか。今日は奉仕部もお休みって聞いてますよ」

八幡「じゃあなおのことお前の頼みは聞けん。今日は奉仕部は活動してないんだからな。だいたいお前生徒会やサッカー部のマネージャーで忙しいだろ」

いろは「奉仕部としてでなく個人的な頼みですよー。それに今日はどっちもお休みです」

八幡「それを引き受けるメリットが俺に何もないだろ、むしろデメリットしかないまである」

いろは「何言ってるんですか、こんなに可愛い後輩と買い物できるんですよ。あ、でもデートなんかじゃないんでそんな勘違いして変な気を起こされても迷惑ですごめんなさい」

八幡「うぜえ……下駄箱で待ち伏せまでしやがって……」

八幡(ああそうか、川崎はこういうことを想定していたのか? よし、お前の存在、早速使わせてもらうぜ)

八幡「個人的つーならなおさら無理だ。俺達二人で行くつもりなんだろ?」

いろは「はい、でもただの荷物持ちですからね? それくらいで私が気を許してると思われても困ります」

八幡「好きでもない男を二人きりの買い物に誘ってんじゃねーよ。俺だって彼女や妹以外の女と必要なく出かけるつもりはない」

いろは「またまたそんなこと言ってー。妹はともかく彼女なんて先輩にできるわけないじゃないですか。あ、でも別に私のことを好きになるくらいは許してあげますから」

八幡「いるぞ」

いろは「…………え?」

八幡「この前できたんだよ」

いろは「……な、なーんだ、ゲームの話ですか、びっくりしちゃいましたよもー」

八幡「おい、俺を見くびるなよ。攻略サイトを見ない限りゲームですらグッドエンドに到達できないんだからな」

いろは「いえ、そんな自慢風自虐は聞きたくないです……て、え? じゃあゲームの話じゃないんですか?」

沙希「…………何やってんのこんなとこで」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 21:35:18.40
八幡「おう、かわ……川本か」

沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」

八幡「やめてくださいごめんなさい」

沙希「まったく……今日奉仕部はどうしたのさ? そっちは……生徒会長さん?」

いろは「あ、はい、えっと…………」

沙希「あたしは比企谷と同じクラスの川崎だよ。あんまり関わることはないと思うけどよろしく」

いろは「は、はい、若輩者ですがよろしくお願いします」

八幡(なんでこんな畏まってんだ……ああ、猫被ってんのか)

いろは(うわあ、ちょっとキツそうだけど綺麗な人だな……)

沙希(……なんでコイツの周りには可愛い女の子ばっかりなんだろう)ハァ

沙希「で、何か揉め事? 言い合っていたみたいだけど」

いろは「あ、えっと……」

八幡「いや、何もねえよ。奉仕部に頼み事をしようとしたけど、今日は奉仕部はお休みだって説明してただけだ。な?」

いろは「は、はい」

沙希「そう、奉仕部休みなんだ……ならちょうどいいや。比企谷、買い物付き合ってよ」

八幡「あ? 別にいいけど何買うんだ?」

いろは「!!?」

いろは(わ、わたしの誘いは断ったのに!?)

沙希「近所のスーパーで色々と。お一人様数量制限の玉子とかもね」ニッ

八幡「! いいぜ、いや、是非手伝わせてくれ。俺の分の弁当の材料とかも買うなら無関係じゃないからな」

いろは(弁当!?)

八幡「ちょっと自転車取ってくるわ。門のとこで待っててくれ」

沙希「はいはい。まあタイムセールの時間までまだ少しあるから急がなくてもいいよ」

八幡「おう。じゃあな一色」スタスタ

沙希「……さて、と」

いろは「あ、あの、川崎先輩!」

沙希「ん?」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 21:53:29.50
いろは「か、川崎先輩は、比企谷先輩と、その、お付き合い、してらっしゃるんですか?」

沙希「…………比企谷がそう言ったの?」

いろは「その、さっき、最近彼女ができたと言ってました……」

沙希「そう……大っぴらには言いふらさないでね。煩わしいことになったら面倒だから」

いろは「じゃ、じゃあ本当なんですか?」

沙希「ああ」

いろは「な、なんで」

沙希「うん?」

いろは「なんで川崎先輩みたいな綺麗な人が、あんな捻くれ者で、嫌われ者で、目が腐ってるような先輩と」

沙希「…………むしろ本当にそう思ってるならあんたこそ比企谷に近付くんじゃないよ生徒会長サマ」

いろは「え……」

沙希「そんなふうに思ってる人のそばにいても評判が落ちるだけでしょ」

いろは「!!」

沙希「比企谷のことを好きで近付くならあたしも別に構いはしないよ。でも普段あいつを馬鹿にするような連中が、自分の都合のいい時にだけ都合のいいようにあいつを扱うのは我慢ならない」

いろは「…………」

沙希「あたしは好きで、あたし自身がそうしたくてあいつのそばにいるの。捻くれ者でも、嫌われ者でも、目が腐っていても、あたしにとってはどうでもいい」

いろは「…………」

沙希「…………ちょっとキツい言い方しちゃったね、謝るよ。でも、その辺はちゃんと考えて」

いろは「はい……」

沙希「…………わかってるよ、あんたが本心から言ってるわけじゃないのは」

いろは「え?」

沙希「そんじゃ、またね」

いろは「え、あ、は、はい」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 21:59:25.34
沙希(多分あの子も比企谷のことを憎からず思っている)

沙希(少なくとも負の感情は持っていない。悪口っぽいのを言うのもどちらかといえば甘えているってのに近い)

沙希(そこから先が信頼なのか恋愛なのかはわからないけど)

沙希(なにが“ぼっち”なんだか……女誑しじゃない)

沙希「お待たせ、スケコマシ」

八幡「おいこら、挨拶と謂われのない悪口を同列にするな。てか何で俺の方が先に来てんだよ」

沙希「ああ、あの子に捕まってね、ちょっと話をしてたから」

八幡「話?」

沙希「あたし達が付き合ってるのか、みたいな」

八幡「なるほど、俺みたいな捻くれ嫌われぼっちと付き合うなんて気でも狂ったか、とか言われたのか」

沙希「うん、だいたい合ってる」

八幡「え、マジで……一色にどんだけダメ人間だと思われてるんだ俺は」

沙希「大丈夫、ちゃんと『あたしはそんな比企谷が好きになったんだ』って胸を張って答えておいたから」

八幡「そこだけ聞くとすげー変わり者みたいだな……てかかなり恥ずかしいこと言ってるのわかってるか?」

沙希「そうだね。でもフリだし演技だから」

八幡「そうだけどさ」

八幡(実際この“フリ”だとか“演技”ってのは実にやりやすい)

八幡(普段なら絶対言えないようなことも『これは演じているだけだから』といって言えてしまうのだ)

八幡(何より所詮演技なのだから最初から裏切られることもないしな)

八幡「んじゃ行くか、後ろ乗れよ」

沙希「三日連続でお世話になります、っと」

八幡「おう、行くぞ」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 22:15:53.01
八幡(三日連続、か)キコキコ

八幡(川崎から依頼を受けてまだ三日なのに随分昔のことだったような気がする)キコキコ

八幡(たった三日の間にいろんなことがあったからな)キコキコ

八幡(四日前だったら川崎とこんなに急接近するなんて考えもしなかっただろうに)キコキコ

八幡(背中に感じる川崎の存在が心地良い。いや、エロい意味でなく)キコキコ

八幡(俺の腰に回された腕がずっと解けなきゃいいのに、なんて柄にもなく考えてしまう)キコキコ

八幡(まああと五分もしないうちに着いちゃうんですけどね、目的地のスーパー)キコキコ
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/27(水) 22:28:39.46
八幡(さて、自転車を駐輪場に停めてスーパーの店内に入ったわけだが)

八幡(買う物がだいたい決まってるのなら二手に別れて行動する方が効率がいい)

八幡(少し前の俺なら、あるいは連れが川崎でなく雪ノ下や由比ヶ浜だったら間違いなくそう提案していただろう)

八幡(だけどごく自然に俺は川崎が持とうとした店内用買い物カゴを先に取る)

八幡「よし、行こうぜ。どの辺から回る?」

沙希「ふふ、ありがと。じゃあ野菜のコーナーから行こうか」

八幡(川崎は物を吟味しながらカゴに次々と放り込んでいく)

八幡(やはり大家族のためか量が多く、カゴはどんどん重くなる)

八幡(それでも俺は苦に思わず、むしろついて来て良かったとさえ考えた。川崎に重いものを持たせずにすんだのだから)

八幡(別にカートを使ってもいいのだが、混雑してるタイムセール時には邪魔になるからな)

八幡(そんなこんなで会計を済ませる)

八幡「数量限定品も二人で並べば一気に二人分まとめて会計してくれるんだな。複数で利用することがないから知らなかったぜ」

沙希「そうなの? あたしは時々家族連れで来るから。あんたもここ使ってるんでしょ。小町とか連れてきたら?」

八幡「いや、小町をあんな戦場に放り込むわけにはいかん。人とぶつかって怪我でもしたらどうするんだ」

沙希「シスコン」

八幡「お前だってそうだろ。昨日の取り乱しっぷり」

沙希「うるさいよ」

八幡(そんなどうでもいい会話をしながら買った物を買い物袋に詰めていく)

八幡(川崎は確か口下手な方だったはずなのだが、俺との会話にその片鱗は見られない)

八幡(俺に対しては遠慮がいらないと思ってくれているのだろうか)

八幡(俺は、川崎にとっての特別になっているのだろうか)

八幡(今までなることもなられることも拒否し続けてきた特別)

八幡(…………演技、か)
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 06:04:11.07
八幡「到着、っと」キキッ

沙希「ん、ありがと」

八幡「結構重いけど大丈夫か? 玄関くらいまでなら運ぶぞ」

沙希「平気、慣れてるからね」

八幡「そうか、んじゃ……」

???「あら、沙希……そちら様は……?」

八幡(後ろから声がして振り向くと、川崎にちょっと似た女性が立っていた。おそらく母親だろう)

八幡(そして案の定俺の顔を見るとびくっとする。この世に唯一無二の選ばれし目だから仕方ないが。え? 別に羨ましくも何ともないって?)

沙希「あ、母さんおかえり、今日は早かったんだね。こっちはクラスメートの比企谷。買い物を手伝ってくれたんだ」

八幡「どうも」ペコリ

川崎母「あ、どうも。いつも沙希がお世話になっております」

八幡「いえ……」

「あ、はーちゃーん!」

「お兄さんじゃないっすか」

八幡(さらに後方から新たな声がかかる。お迎えだったらしく手を繋いでる大志とけーちゃんだ。なんで川崎一族が次々集まってくんの? あ、川崎家の前でしたねここ)

八幡「俺をお兄さんと呼ぶな」

大志「じゃあ俺もはーちゃんって呼べばいいっすか?」

八幡「ぶっ飛ばすぞこの野郎」

沙希「そんなことしたらあたしがあんたをぶっ飛ばすよ」

八幡「暴力反対、平和が一番」

京華「はーちゃん、あそびにきたのー?」トテテ

八幡「ん、ちょっと寄っただけだけどな」ナデナデ

川崎母「え、じゃああなたが……あの、良ければお茶でも飲んでいってくれませんか? ちょっとお話したいこともございますし」

八幡「あ、えっと……」

沙希「あんたさえ良けりゃ寄ってってよ。下の弟もあんたに会いたいって言ってたし」

八幡「……じゃあ少しだけお邪魔します」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 06:11:06.52
八幡(川崎家の居間に通されてお茶を出されたわけだが)

八幡(川崎や大志は着替えやら弟妹の世話やらで今は席を外している)

八幡(必然的に俺は川崎の母親と二人になってしまうわけで、正直ちょっと気まずい)

川崎母「えっと、比企谷君、ね?」

八幡「は、はい、比企谷八幡です。かわ……沙希さんにはいつもお世話になってます」

川崎母「そう……八幡だからはーちゃん、ね。あなたが…………どうも、ありがとうございます」

八幡(そう言って突然頭を下げられる。俺は慌てふためいてしまった)

八幡「ちょ、ちょっと、頭上げてください。いきなりどうしたんですか?」

川崎母「昨日のこと、お聞きしました」

八幡「あ……いえ、特に大したことをしたわけでもないですしそんな改めてお礼を言われるような事では」

川崎母「園のほうからも聞きました。いろいろ気を使っていただいて、とてもよく出来た男性でしたと」

八幡「いや、そんな……」

八幡(手放しで賞賛されても困る。実際俺はそこまで出来た人間ではないのだから)

川崎母「本当はこちらからお礼に伺うのが筋なのですが、なにぶんお名前もわからなくて……沙希は教えてくれないし京華は『はーちゃん』としか言わないしで」

八幡「いや、お礼ならもう沙希さんからいただいてますから。そんなお気になさらないでください」

川崎母「お弁当、かしら?」

八幡「あ、はい、御存知でしたか」

川崎母「ふふ、作ってる時の態度がいつもよりすごく真剣だったから。親の贔屓目で言ってるかもだけど、あの子、なかなか料理上手でしょう?」

八幡「はい、それはもう」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 06:22:25.19
川崎母「でもそれは私達が忙しいのをいいことに家の事を押し付けたりであの子には本当に苦労をさせてしまったせいでもあって……あまり自分の時間もないんじゃないかと」

八幡「…………」

川崎母「それに少し人見知りで人間関係は不器用だからお友達もいなかったようで……だからまさかあなたみたいな方がいるとは思わなかったわ」

八幡「…………沙希さんは」

川崎母「はい?」

八幡「沙希さんは家族が本当に大好きなんですよ。だから家族のためになることを苦だなんて思っていません。人見知りで不器用かもしれませんが、それ以上に優しくて気が利く子です」

川崎母「まあ……」

沙希「ちょっと、人の親の前で何恥ずかしいこと言ってんの」

京華「はーちゃーん」トテトテダキッ

八幡「おっと……別に嘘を言ってるわけじゃないから」

沙希「はあ……」

京華「はーちゃん、あそぼー」

八幡「おう、いいぞ」ナデナデ

川崎母「あらあら、沙希だけでなくうちの子みんなと仲良くしていただいてるのね。大志も知っているみたいだし。京華、あまりお兄ちゃんを困らせちゃダメだからね」

京華「はーい」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 06:30:23.90
八幡(夕飯の時間まで俺は川崎家の子供達と遊んで過ごした)

八幡(夕飯も一緒にどうかと誘われたが、さすがにそれはお断りしておく。ウチで小町一人になっちゃうからな)

八幡(それを言ったら万が一ここで一緒にとか言われかねないから隠しておくが)

八幡(大志さえいなきゃそれでもいいのだが。あの野郎をふんじばって庭にでも転がしてればよかったか)

沙希「変なこと考えてるとあんたの両腕腐らすよ」

八幡(門のとこまで見送りに来てくれた川崎がそう言ってきた。なに、エスパーなの? 弟に対するわずかな邪気を感じ取ったの?)

八幡「じゃあな川崎」

沙希「あ、ちょっと待って。あんたに聞きたいことあったんだけど」

八幡「あん?」

沙希「あんたさ、よくあたしの苗字覚えてなかったり間違えたりしてるけど、あれってわざとなの?」

八幡「以前は本当に覚えてなかったが、今はただのネタだ。悪かった」

沙希「いいんだけどさ、そんなに覚えにくい苗字ってわけでもないでしょ? 何で?」

八幡「何でだろ?」

沙希「原因不明なんだ……じゃ、じゃあさ、苗字、覚えにくいんだったら、別に名前で呼んでくれても、いいんだよ?」

八幡「な……」

八幡(誰この子。赤くなって俯いてるのが可愛いお持ち帰りしたい)

沙希「親や医者とかの前では呼んでたし、初めてってわけでもないんでしょ?」

八幡(なにその言い方エロい)

沙希「だから、その……」モジモジ

八幡「…………じゃあまた明日な、沙希」

沙希「! うん、また明日ね、八幡」

八幡(別れの挨拶を交わし、俺は自転車を漕ぎ出す)

八幡(初めて同級生の女の子と名前で呼び合った。全身がむず痒い)

八幡(しかしそれ以上に心が暖かくなる)

八幡(…………はあ)
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 06:33:09.90
八幡「ただいまー」

小町「おかえりお兄ちゃん、小町にする? 小町にする? それとも小町?」

八幡「一択じゃねえか。じゃあ小町で」

小町「はい、ではご飯を食べながら小町とお話できるコースですね。ご案内ー」

八幡「なんかテンション高いな」

小町「だってだって、お兄ちゃんが沙希さんと一緒に買い物なんてしてたんだよ! あのお兄ちゃんが女の子とスーパーで買い物するなんて!」

八幡「付き合ってんのはフリだからな、勘違いすんなよ。てかどっかで見かけたのか?」

小町「うん、ちょうど二人がスーパーに入るとこを。お邪魔しちゃいけないと思ったから声はかけなかったけど」

八幡「別にかけてもいいのに。数量限定品とかあったから人数増えたほうが良かったんじゃねえかな」

小町「これだからゴミいちゃんは……」

八幡「あん?」

小町「何でもないでーす。もうすぐ夕ご飯できるから着替えて待ってて」

八幡「あいよ」
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 06:36:49.00
八幡「いただきます」

小町「いただきまーす、それでお兄ちゃん、沙希さんとはスーパー行っただけ? それにしては遅かったしデートでもしてきた? キャー!」

八幡「少しはゆっくり食わせろよ……いや、そのままあいつの家にお邪魔してちっちゃい妹達と遊んできただけだから」

小町「へー」ニヤニヤ

八幡「妹のニヤケ顔がうざい」モグモグ

小町「外堀から埋めていくなんてなかなかの策士だねお兄ちゃん、成長して妹は嬉しいよ」ヨヨヨ

八幡「うぜえ……」

小町「そんでそんで、朝言ってた沙希さんとの約束って何だったの? スーパーに行くこと?」

八幡「いや……弁当を作ってきてくれるって話だ」

小町「え、でもそれは昨日からでしょ?」

八幡「今日も一緒に食べようって約束しただけのことだ」

小町「……ふーん」

八幡(そのあとも根掘り葉掘りいろんなことを聞かれた)

八幡(あくまでもフリだっていうのに俺達の行動を聞くたびに一喜一憂する小町)

八幡(ちょっと騒がしいけどまあいいか)

八幡(少しだけ刺激的で、それでも波風のない日々が続けばなと思っていた)

八幡(しかし次の日、事件は起きた)
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:12:29.89
八幡(久しぶりに寝不足でない朝である)

八幡(心なしか目の腐り具合も昨日より二割減といった感じだ。あれ、でも昨日は二割増で腐ってたからプラマイゼロじゃね?)

八幡(まあ腐ってようがそうでなかろうが気にするやつなんてそういないけど)

八幡(…………川崎は気にしないって言ってくれたしな)

八幡(が、教室に入ったところで俺は不穏な空気に気付く)

八幡(いつもなら一瞥したあとは興味を一切示さないクラスの連中がこぞってこっちを見ているのだ)

八幡(え? 何? ひょっとしてみんな今日は俺の目の腐り具合が昨日より薄いことに気付いたの?)

結衣「お、おはよヒッキー、その…………黒板」

八幡「あん? …………あ」

八幡(なるほど、ちょっとこれは予想外だったな。まさか写真とは)

八幡(黒板には昨日の昼休みに撮られたであろう俺達を被写体にした写真が貼り出されていた。あのほとんど人気のない裏庭のベンチで俺が川崎に膝枕されているシーンだ)

八幡(ふむ、誰が何の目的で写真を撮って晒したのかは知らんが……相手が悪かったな)

八幡「由比ヶ浜、アレ誰がやったかわかってるか?」

結衣「え、ううん……朝早かった人達が来た時にはもう貼られてたみたい」

八幡「そうか」

八幡(まあこんなことするようなやつがすぐバレるようなヘマをするわけないか)

結衣「……ヒッキー、どうするの?」

八幡「どうもしねえよほっとけ」

結衣「え……」

八幡「こういうのはこっちが慌てふためくほど相手の思う壺なんだ。反応すんな」

結衣「で、でもサキサキが」

八幡「いいから」

八幡(不安そうな由比ヶ浜を押しとどめ、俺は委細構わずに自分の席に着く)
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:19:05.05
八幡(貼り出し効果の狙いの対象が俺か川崎かはしらんが、目的は俺達を気まずくさせることと思っていいだろう)

八幡(しかし残念だったな! 俺にはからかったり揶揄してきたりするような友達なぞいない!)

八幡(よって俺に精神的ダメージを与えることはできん。ぼっち最強)

八幡(現に皆は写真を見てはチラチラとこちらを見てくるものの、実際に話しかけてきたのは由比ヶ浜だけだ。戸塚は朝練があるらしくまだ来てないし)

八幡(ずっと貼りっぱなしだといずれ先生に見つかるが……別にやましいことをしているわけでもないしな)

八幡(それより…………)

八幡(………………)

八幡(…………なるほど)

ガラガラ

八幡(お、川崎さんがいらっしゃった)

八幡(相変わらずの仏頂面だ。写真の中ではあんなに優しそうな表情なのに。まあそのギャップも魅力のひとつということで)

八幡(ちなみに俺は間抜けな寝顔を晒している。撮り直しを要求したい)
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:26:13.10
沙希(……?)

沙希(なんでみんなこっち見てんの?)

沙希(ん? 比企谷が黒板を顎で差して……ああ、そういうこと)

沙希(気付かなかったけど誰かいたのね、まあこの時は比企谷しか見てなかったから仕方ないか)

姫菜「さ、サキサキ、おはよう…………」

沙希「ん、おはよう。ねえ、これ誰がやったかわかる?」

姫菜「いや、朝早くから貼られてたみたいで……」

沙希「そう。じゃあこれ、貰っちゃってもいいのかな?」

姫菜「え?」

沙希「隠し撮りっぽいけど良く撮れてるじゃない。言えばもっとちゃんと写ってあげたのに」ペリペリ

八幡(川崎はそう言うと写真を剥がし、席に向かう)

八幡(途中俺のそばを通るので全員の視線が俺達に集まった)

八幡(こうした注目を浴びるのは苦手だったはずなのだが……なぜか今の俺は平常心を保てている)

沙希「これどうする? 欲しけりゃカラーコピーするけど」ヒラヒラ

八幡「いらんわ自分の寝顔の写真なんか。さっさとしまえ」

沙希「はいはい」

八幡(それだけの短い会話をし、川崎は自分の席に着いた)

八幡(クラスの大半は拍子抜けしたような怪訝な表情になる)

八幡(俺達があまりにも平然と対処したのでどうしたものかと思っているようだ。そういう関係ならもっと会話や距離が近いだろうし、そうでないならもっと騒ぎ立てたりするだろうし)

八幡(俺と同じく川崎にも揶揄してくるような友達がいない。せいぜい文化祭以降海老名さんが懐いてるくらいだが、こういう男女の色恋沙汰には変に口出ししないだろう)

八幡(……男同士の色恋沙汰は置いといて)
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:32:19.42
彩加「ねえ八幡、今日はなんかクラスの雰囲気が妙なんだけど……みんなチラチラ八幡の方を見てるし、何かあったの?」

八幡(二限が終わったあと、戸塚が心配そうに話しかけてきた。ああ、何てことだ! 俺のせいで戸塚を不安にさせてしまった! これはお詫びに今度デートに誘ってあげなければ!)

八幡「ああ、実は俺と川崎が交際しているんじゃないかっていう噂が流れてな。それを気にしているらしい」

彩加「え、八幡と川崎さんが?」

八幡「一緒にメシ食ってるとことか見られたようでな、ぼっち同士がくっついたのかみんな気になるんだろ」

彩加「へえ……」

八幡「…………戸塚は気にならないのか? 聞いてこないけど」

彩加「うん、八幡はあまり気にしないで欲しそうだったから……どっちでも八幡が八幡なのは変わらないしね。でもそれが本当で僕との遊んだりする時間が減ったりするのはちょっと寂しいかな」

八幡「戸塚…………大丈夫、俺の戸塚への愛情はどんなになっても変わらないから!」

彩加「あはは、八幡間違えてるよ。愛情じゃなくて友情でしょ」

八幡(いえ、愛情で合ってます)

彩加「でも何か困ったら僕にも相談してよね。僕にできることなんかたかが知れてるけど……」

八幡「いや、そう言ってくれるだけで嬉しいよ。ありがとう戸塚」

彩加「うん、どういたしまして」ニコッ

八幡(天使や……)
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/28(木) 21:43:18.07
八幡(さて、このあとはどう動くか)

八幡(別に放っておいてもいいのだが、相手が諦めるかエスカレートするかはわからない)

八幡(少し川崎と話し合う必要があるが……その前に昼飯どうすっかな)

八幡(昨日の場所は写真でバレてるだろうし、どこに行っても好奇心旺盛なやつが見に来る可能性はある)

八幡(由比ヶ浜あたりなんかはあとを付けてくるかもしれんし……別々に食べるにしても一度は川崎に接触して弁当を受け取らなければならん)

八幡(そんなふうに試行錯誤しているうちに昼休みに突入してしまった)

八幡(川崎が弁当の包みを持って席を立つと、俺と交互に注目が集まる)

八幡(あー、考えるのが面倒くさくなってきた。もう昼を一緒にしたのはバレてるんだし教室でもいいか。飲み物も買ってあるし)

八幡(席を立たない俺を見た川崎は一瞬考え、自分の椅子を引きずって俺の机にやってくる)

八幡(え、なに、俺の考えを読んだの? やっぱり川崎さんエスパーなの? それとも俺がわかりやすいだけ?)

八幡(俺の斜め向かいに椅子を据えて座り、包みをほどく)

沙希「はい、あんたの分」

八幡「おう……よく、わかったな」

沙希「何となくね」

八幡(会話はそれだけ。いただきますの挨拶をしてからは二人とも無言で食す)

八幡(別に俺達はそれが苦ではないのだが、こちらを窺っている連中は怪訝な表情をしている。由比ヶ浜も今日は三浦達と食べているようで、チラチラと時折視線を向けてきた)モグモグ

八幡(今日は甘い玉子焼きか……)モグモグ

八幡「ごちそうさまでした」

沙希「お粗末様でした。んじゃ」

八幡「ああ」

八幡(またもや必要最低限の言葉しか交わさずに俺達は席を離れた。川崎は自分の席に、俺は飲み物を買いに)

八幡(やはり大半は俺達の距離を計りあぐねているようだ。男女二人が一緒に昼を取っているのに会話がなく、しかもそれが自然体なのが理解しづらいのだろう。別に知ってほしいとも思わんが)
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 05:49:28.92
八幡(やはり校内では人目というか犯人の目が気になるので、予備校で話し合うことにした)

八幡(幸い今日は予備校があるし、俺達が同じ予備校だと知っているやつはほぼいない)

八幡(そのことをメールで確認し、今日一日ほとんど川崎と言葉を交わさずにいた。いや、普段から話してないけど)

八幡(そのせいか写真を見てない川崎よりあとから来た連中は疑り深い目で俺達とクラスメイトを見ていた)

八幡(別に隠してるわけじゃないんだけどね。聞かれたら答える気はあるし。聞かれなかっただけで)

八幡(ただそんなポンポン必要なく会話が飛び交うような性格ってわけじゃないってだけだし、俺も川崎も)

八幡(そんなこんなで俺は特に誰かに絡まれることなく部室へ向かう)

八幡「うぃーっす」ガラガラ

雪乃「あら、誰かと思えば……誰だったかしら?」

八幡「おい、一日置いただけで記憶から消されるってなんなの? そんなに俺の存在を脳から抹消したいの?」

雪乃「冗談よ、ひ、ひ……えっと、あなたのことを忘れるわけないじゃない」

八幡「名前を現在進行形で忘れてるからなそれ」

結衣「ヒッキー!!」ガラッ

八幡(雪ノ下といつものようなくだらないやりとりをしていると由比ヶ浜が駆け込んできた)

八幡「おう、どうしたそんなに慌てて。二日振りに雪ノ下に会えるのがそこまで嬉しいのか」

結衣「あ、ゆきのんおとといぶりー」ダキッ

雪乃「暑苦しいから離れてちょうだい由比ヶ浜さん」

八幡(そうは言っても引き離そうとはしない雪ノ下さんです。ゆるゆりの世界を邪魔しちゃいけませんね、大人しく本でも読んでましょう)

雪乃「それでどうしたの由比ヶ浜さん?」

結衣「あ、そだ、ヒッキー! アレどういうこと!?」

雪乃「アレ?」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 05:59:02.57
結衣「えっとね……」ヒソヒソ

八幡(ねえ由比ヶ浜さん、目の前に本人いるのにわざわざ内緒話っぽくするのは何でなんですかねえ。それでこっち見て嘲笑されたらトラウマ確定なんですけど)

雪乃「そう、そんなことが……」

結衣「で、結局あの写真はどういうことなの!?」

八幡「知らねえよ、誰が貼ったかなんて。自撮りしたわけでもねえし」

結衣「そうじゃなくて! なんでサキサキに膝枕されてるの!?」

八幡「なんでって……お前とのメールのやり取りで寝不足だって言ったらしてくれたんだよ」

結衣「あ、う……えと」

八幡「つまり原因を突き詰めたら由比ヶ浜がそもそもの原因ってわけだな」

雪乃「寝不足自体はそうだとしてもわざわざ膝枕である必要はないんじゃないかしら?」

結衣「そ、そうだよ! そんなうらや……恥ずかしいことをわざわざ!」

雪乃(でも、比企谷君が寝不足の機会があれば私も……)

結衣(あたしが膝枕してあげるって言ったらヒッキー喜んでくれるかな……)

八幡「んー、そういやそうだな。あまりに眠くてよく考えずに川崎の提案を受けてしまったが…………軽はずみに女子の身体に触れるようなことは極力避けるべきだな。これからは特に気を付けるから。もちろんお前らに対しても」

雪乃 ・結衣「えっ?」

八幡「? そう言いたいんだろ?」

雪乃「え、ええ、そうよ。色眼鏡で見ていかがわしいことをしていると思う人もいるかもしれないし」

結衣「こ、これからは気を付けてね!」

雪乃 ・結衣(またやってしまった……)

八幡(でも、女子側からくっついてくるのはセーフだよな。自転車の二人乗りの時とか)
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 06:06:37.33
雪乃「それで、結局この件はどうするのかしら?」

八幡「犯人ならある程度目星を付けてるが……どうするかはまだ考えてねえな」

結衣「えっ、わかってるの?」

八幡「候補を何人かに絞っただけだ」

雪乃「でも、たまたま通りがかった愉快犯かもしれないわよ?」

八幡「そうだな。その可能性も含めてあとで川崎と話し合っとくつもりだ」

結衣「……ねえヒッキー、まだサキサキと付き合うフリ続けるの?」

八幡「おう、今回みたいなのがあった以上ここで止めたら川崎がアレに屈したことになるしな。それは今後のことも考えると良くないだろ」

八幡(彼氏役であることに特典がないわけじゃないし。弁当とか玉子焼きとか)

雪乃「……あなた川崎さんに変なことをしてないでしょうね? 恋人役にかこつけて」

八幡「するか。手すら繋いどらんわ」

八幡(あん時のあれは俺から握っただけだから嘘じゃない)

結衣「まあヒッキーはヘタレだもんね」

八幡「出してなきゃ出してないで貶されるのかよ……」

雪乃「一応聞いておくけれど私達に出来ることはあるかしら?」

八幡「んー、今んとこねえな。方針も決まってねえし。でも何かあったら頼らせてもらってもいいか?」

結衣「! う、うん! 遠慮しないでどんどん頼ってよ!」

雪乃「困った人に手を貸すのが奉仕部よ」

八幡「サンキューな二人とも、あ……ありがとう」

雪乃「比企谷君、サンキューとありがとうが被ってるわよ」クスクス

八幡「うっせ」

八幡(愛してる、とか言いそうになってしまった。こういうのも軽々しく言っちゃいけねえな)
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 19:56:41.28
八幡(そして舞台は予備校へ)

八幡(今日のカリキュラムを終え、自習室で川崎と落ち合う)

八幡「で、一応アレをやった犯人に目星を付けとこうと思うんだが」

沙希「うん」

八幡「どんなやつかってのは四つに分類される。まず『俺に恨みを持つやつ』。これは正直不特定多数だ。文化祭とかでの悪評もあるしな」

沙希「文化祭…………」////

八幡(あ、やべ、地雷踏んだ!?)

八幡「つ、次は『川崎に恨みを持つやつ』。どうだ、心当たりはあるか?」

沙希「あんまり他人と関わってないからあたしにはないね。知らぬ間に持たれてる可能性までは否定できないけど」

八幡「まあ逆恨みってこともあるしな。そして『川崎のことを好きなやつ』。これはこの前のやつも当てはまるし、好きだけど言い出せなかったのに俺みたいなのと付き合い出したのに怒って行動に出たパターンもあるな。この場合『俺に恨みを持つやつ』にも該当するが」

沙希「それだとしたら実に陰険なやつだね。言い寄られても付き合う気なんかまったく起きやしない」

八幡「んで最後、『俺のことを好きなやつ』。まあこれは考えなくていいだろ。いるわけないし」

沙希「……本当にそう思ってる?」

八幡「そりゃそうだろ、こんな目をしたやつに誰が惚れるんだよ」

沙希「あんたの内面に惚れたかもしれないじゃない」

八幡「その俺の内面知ってるやつがほとんどいねえよ。知ってて俺のことを好きっていうならこんな俺が嫌うようなことはしないだろ」

沙希「……そうだね」

八幡「そんなわけで有力候補は『俺に恨みを持つやつ』か『川崎のことを好きなやつ』、あるいはその両方だな」

沙希「じゃあこの前フったあいつが……?」

八幡「それも有力候補なんだが……あの写真、貼る時は人目につかないように行動していたはずだ。そんなコソコソしなきゃいけない状況で他のクラスの教室に入るのって結構リスキーじゃないか?」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:04:02.75
沙希「じゃあ、犯人はうちのクラス?」

八幡「可能性は高いだろうな。撮ったやつと貼ったやつが別々で共犯というのもありえるが」

沙希「ねえ、あんたもしかして当たりが付いてるんじゃないの?」

八幡「…………何でそう思う?」

沙希「さあ? ただ何となくそうかなって感じただけ」

八幡「お前マジでエスパーかよ……読心術でも習得したの?」ハァ

沙希「ふふ、たぶんあんた専用だけどね」

八幡「!!」ドキッ

八幡(なんだよクソ、俺の事を理解してますってか? 勘違いしちゃうよ?)ドキドキ

沙希「で、誰なの?」

八幡「あ、ああ…………相模、だろうな」

沙希「ふうん」

八幡「驚かないんだな」

沙希「むしろ動機の面で言ったら最有力候補じゃないの」

八幡「そりゃそうだ。朝それとなく教室にいたやつを観察していたんだが……あいつだけ反応が違ってた」

沙希「へえ、どんなふうに?」

八幡「まず俺が特に気にせず席に着いたら拍子抜けした表情になった」

沙希「でもそれぐらいなら……」

八幡「そして次第に焦り始めた。このまま先生達に見つかってさらに騒ぎが大きくなることを恐れたんだろう」

沙希「……」

八幡「お前が写真を剥がした時にはほっとしてたよ」

沙希「……」

八幡「んで、俺達が平然と会話してんのを睨み付けていたな」

沙希「いやそれもうほぼ確定じゃない、さっきまでの考察や前振りはなんだったのさ」

八幡「一応すべての可能性をだな」

沙希「馬鹿らしい……で、どうすんの? 本人に何か言うの?」

八幡「それなんだよな……あいつには俺を恨むだけの理由はあるし」

沙希「でもあんたは泥を被っただけなんでしょ? だったら」

八幡「どういう理由があろうと俺が相模に罵声を浴びせたのは事実なんだ」

沙希「……あんたも大概お人好しだね」

八幡「そんなことねえよ」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:13:15.13
沙希「まああんたがそういうならいいけどね」

八幡「でだ、俺は別に何もしないでいいと思ってる」

沙希「……どうして?」

八幡「相模は弱者には強く出るが、強者には手を出さない。お前は外見が少し不良っぽいし、文化祭でもちょっとした立場を手に入れてるからな。お前に直接手を出すことはないだろう」

沙希「いろいろ言いたいけどまあ一応納得しとくよ。でもそれならあんたには出してくるんじゃないの?」

八幡「そこまで大っぴらに派手なことはしない。事が大きくなって一番困るのは相模本人だからな」

沙希「そうなの?」

八幡「被害者は被害者でいるから同情を集められるんだ。復讐なんかをしてそれがバレれば無条件に皆味方ってわけにはいかないさ…………まあ俺だったらどんな被害者になっても同情は集められないが。ソースは」

沙希「もうあんたの自虐ネタはお腹いっぱいだからやめて。でもちょっとした嫌がらせとかは続くんじゃないの?」

八幡「そのくらいだったら俺の人生においては大したことねえよ。それに…………」

沙希「それに?」

八幡「えっと、その……」

沙希「はっきりしないね、なに?」

八幡「お、お前がいてくれるからな」

沙希「えっ」

八幡「お前は俺の味方でいてくれるんだろ、だったら大抵のことなんか気になんねえよ」

沙希「な、なに恥ずかしいこと言ってんの!」

八幡「わ、わかってるよ! でもそれだけは伝えておきたいって思ってだな」

沙希「言うな! それ以上言わなくていい! もうわかったから!」

八幡「お、おう」

沙希「…………」

八幡「…………」

沙希「……そ、そろそろ帰ろうか」

八幡「そうだな、まあしばらくは様子見ってことで。んじゃ送ってくぜ」

沙希「……いいの? あんたにとっては遠回りになるけど」

八幡「俺がそうしたいんだよ。頼むから送らせてくれ」

沙希「じゃあ……お願いするよ」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:25:15.36
八幡(そんなわけで比企谷タクシーは今日も川崎を乗せて走る)キコキコ

八幡(もう暗くなっているので安全運転で。そう、暗いからな、だからいつもよりゆっくりめに走った。安全を意識するならそもそも二人乗りするなというツッコミはナシだ)キコキコ

八幡(ずっと小町専用だったこの場所にすっかり川崎は馴染んでしまった)キコキコ

八幡(自転車だけじゃない、俺自身との距離も小町しかいなかった近さに川崎はいるんじゃないかと思う)キコキコ

八幡(今みたいに会話がなくともちっとも気まずくない、穏やかな空気を持てるような存在)キコキコ

八幡(俺は……川崎とどうなるんだろうか? どうなりたいんだろうか?)キコキコ

八幡(答えの出ない問題をぐるぐる頭の中で考えているうちに川崎家に着いた)キキッ

八幡「着きましたぜお客さん」

沙希「どうも、お代は明日の昼にね」

八幡「おう」

八幡(川崎が荷台から降り、俺の横に立つ。ここで俺は周りに誰もいないか確認する)キョロキョロ

沙希「?」

八幡「また、明日な、沙希」

沙希「っ! ま、また明日ね、八幡」

八幡(俺達はお互い少し顔を赤くしながらも、はっきり見つめ合って挨拶をする)

八幡(何かわけのわからない感情が込み上げてくるのを誤魔化すように俺は帰宅すべくペダルを漕ぎ出す)

八幡(少し離れてから後ろを振り向くと、こちらを見送っていた川崎が胸の辺りまで手をあげて軽く振ってきた)

八幡(薄暗いせいで表情はまったく見えないが、それはあちらも同じだろう)

八幡(ついニヤケてしまったのを見られなかったことに安堵しながら手を振り返し、俺は交差点を曲がる)

八幡(また明日、か)
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/29(金) 20:35:21.29
かわええのう
八幡も
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 05:58:18.53
沙希(比企谷は何もしなくていいって言ってた)

沙希(あの写真の時におおごとになりそうなときは不安そうな顔をしていたってなら確かに派手なことはできないんだろうけど)

沙希(それでも比企谷が何かされる可能性はあるわけで)

沙希(いや、比企谷自身が構わないって言ってる時点であたしは何もするべきじゃない。比企谷がそうしたくてすることなら止めはしないってあたしは言ったし)

沙希(でもそれとは別にあたしはあたしで言いたいことがあったんだよね)

沙希(だから比企谷は関係なく、あたし自身がしたいことをする)

沙希「ねえ、ちょっといいかな?」

南「な、なに?」

沙希(トイレから出てきたタイミングで話し掛けると、相模はビクッと身体を震わせる)

沙希(なにこの反応。悪いことした時の弟達みたい。もう少し隠す努力しなよ……)

沙希「あの時の写真てさ、あれ一枚なの?」

南「な、なんのこと? 写真て何の話か全然わかんないよ!」

沙希(助けを求めるように周りを見ながら慌てたように言う。いや、あの教室にいたあんたが『写真』と言われてわからないわけないでしょ、犯人じゃなかったとしても)

沙希「落ち着きなって。あたしは別に怒ったり責めたりしてるわけじゃないんだ」

沙希(苦笑しながらそう言うと怯えの色が薄まる)

沙希「あれ以外にも撮ったのがあったら欲しいなって思っただけ」

南「あ、あの、あたしじゃなくて……」

沙希「そういうのいいから。たぶんスマホで撮ったんだよね? データくれると嬉しいんだけど」

沙希(あたしがそういって自分のスマホを取り出すと、観念したように相模もスマホを取り出した)

沙希(震える手で操作し、あたしの方に昨日貼り出されたのと同じ写真のデータが転送される)

沙希「ん、ありがと。撮ったのこれ一枚だけ?」

南「…………うん」

沙希「そ。こそこそしなくても撮りたきゃ言えば撮らせてあげるから。もちろん言いたいことも全部ちゃんと聞くよ。あたしもあいつも」

沙希(相模はハッとしたように顔を上げる)

沙希「んじゃね」
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 06:07:30.67
八幡(チャイムが鳴り、昼休みが始まった)

八幡(もうどこでも同じなのだが、ちょっと人にはあまり聞かれたくない話もあるのでいつものベストプレイスで食べることにする)

八幡(包みを持った川崎と一緒に教室を出るが、それに声をかけるやつはいない)

八幡(一年の頃、似たような状況でクラスメートにはやし立てられて気まずくなって別れたカップルがいたが、俺達にそんな仲の良いクラスメートはいない。またしてもぼっちが勝利してしまった、敗北を知りたい)

八幡(まあ敗北なんて腐るほど溜め込んでるんですがね。そもそも川崎と一緒の時点でぼっちじゃねーしな)

沙希「はい、タクシー代」

八幡「おう、んじゃいただきます」

沙希「で、今日はなんでここ? 恥ずかしくなった?」

八幡「別にお前とメシ食うのに恥ずかしいことなんかねえよ…………お前さ、相模に何か言っただろ」

沙希「なんでそう思うの?」

八幡「俺はトラウマと黒歴史にまみれたぼっちだからな、人の視線には敏感なんだよ。あいつの俺を見る目に朝はなかったはずの怯えが入ってたぞ、仕返しされるんじゃないかみたいな」

沙希「別に大したことは言ってないよ。やっぱりデータでも欲しいなって思ってそれを貰っただけ。ほらこれ」スッ

八幡「っ! ま、待ち受けにしてんじゃねーよ! 今すぐ変えろ!」

沙希「ふふ、その顔が見たかったよ。ま、あたしも家族に見られたらあれだし変えとくから」

八幡「おのれ……でもやっぱり相模だったか」

沙希「声をかけた時の態度で丸分かりだったね。どんだけ小心者なんだか」

八幡「そう言ってやるな、こういうことに慣れてないんだろ。だったら普段はそんな悪いやつじゃないってことだ」

沙希「ま、あたしはこれが手に入ればどうでもいいけどね。撮ったのはこれ一枚だけだって」

八幡「そうか。これで悪いことはできないと思ってくれりゃいいんだがな……ごちそうさまだ、今日も美味かったぜ」
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 08:21:52.76
1乙
読み返してもサキサキが可愛んだね

展開早くてもええんやで
その分、イチャコラが長くかけるんだぜ
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 18:13:40.65
沙希「はい、お粗末さまでした。今日はどうする?」

八幡「? なにがだ?」

沙希「これ」ポンポン

八幡(川崎さん、平然と太ももを叩いるように見えますけど赤い顔が隠し切れてないですよ可愛いお持ち帰りしたい)

八幡「あー、えっと、今日はそんなに眠くないし、遠慮しとくよ」

沙希「別に眠くなくてもいいじゃない。横になるだけでも、さ」

八幡「いや、その、心地良過ぎるからさ、お前の膝枕でしか寝れなくなったら困るし……」

沙希「…………ダメ?」

八幡「……!!」

八幡(あーもう、なにその上目遣い、誘ってんの!? あ、誘ってるか)

八幡「えっと、じゃあちょっとだけお邪魔しようかな……」

沙希「ん、いらっしゃい」
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:15:22.52
八幡(俺は仰向けになり、川崎の太ももに頭を乗せる)

八幡(二回目ともなれば慣れたものだ…………ってそんなわけあるか!)

八幡(後頭部に感じる柔らかさと密着状態で嫌でも鼻をくすぐる川崎の匂い)

八幡(正直心臓が爆発しそうだ)

八幡(でも…………なぜか同時に安心するような、ほっとするような安らいだ気分にもなった)

八幡(相反するはずの二つの感情がせめぎ合ってよくわからなくなる)

沙希「そういえばさ、今度の」ナデナデ

八幡「おい待て。なんでナチュラルに俺の頭撫でてんの?」

沙希「あれ、嫌だった?」

八幡「いや、そういうわけじゃない。むしろ心地良いんだが……それやられると眠くなるから」

沙希「でも膝枕してると何となく撫でたくならない?」

八幡「してやったことなんかねえからわかんねーよ」

沙希「じゃあ今度あたしにしてみてよ。あたしもたまにはしてもらう方に回りたいし」

八幡「…………機会があればな」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:17:27.28
沙希「そん時はよろしく。それで今度の」ナデナデ

八幡「だから撫でるなって」パシ

沙希「ん……」

八幡「あ……」

八幡(止めさせようと腕を伸ばし、川崎の手首を掴んだつもりが、手そのものを握ってしまった)

八幡(いわゆる手を繋いだ状態だ)

沙希「……あのさ」

八幡「す、すまん、すぐに……」

沙希「ちゃんとその手、捕まえてないとまたすぐにあんたの頭撫でるよ」

八幡「…………なら仕方ないな。しばらくこのままにさせてもらうぜ」ギュ

沙希「ん」ギュ

八幡(なんでこう、女子の手ってこんなにスベスベで柔らかいんですかね)

八幡(いや、そんなにたくさんの女子の手を知ってるわけじゃないけどさ)
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:34:24.01
八幡「で、何だ? 何か言いかけてたが」

沙希「ああ、あんた今度の日曜日はヒマ?」

八幡「日曜つーと明後日か。いや、朝のテレビ見る以外はこれといって用はないが」

沙希「そう……実は日曜日は両親とも家を空けなきゃいけなくてさ、妹達の面倒をあたしと大志が見るわけなんだけど」

八幡「へえ」

沙希「午前中は大志が近場のショーに連れて行くって言ってたけど、午後は約束があるらしくてあたしが見るの」

八幡「ふーん」

沙希「良ければ、その、一緒にどうかなって」

八幡「え、俺がか?」

沙希「う、うん。二人ともあんたとまた遊びたいって言ってたし……午前中は外出だから午後はウチでのんびり、って考えてるけど……どう?」

八幡「ああ、別に構わねえよ」

沙希「ほ、本当に!?」

八幡「……そこまで驚くことか?」

沙希「いや、あんたって休日にわざわざ出掛けたりしないんだろうなって……正直断られると思ってた」

八幡「休日が片方潰れるくらいは大したことねえよ。俺もけーちゃん達と遊ぶの嫌じゃねえしな」

沙希「そ、そう」

八幡「で、午後は川崎んちに行くとして、午前中はどうすんだ?」

沙希「えっ!?」

八幡「あん?」
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 22:49:01.98
沙希「ご、午前中って……」

八幡「? 弟妹の世話は午後からなんだろ? それまで俺達はどうするんだって話なんだが……どっか出掛けるのか?」

沙希「え、えっとね」

沙希(うそ!? 午後からウチに来てくれればって思ってたのに、比企谷は午前中からあたしといてくれるつもりなんだ!)

沙希(ど、どうしよ! 何も考えて……そうだ、この前新聞屋さんから貰ったチケット!)

沙希「じ、実は映画のチケットを貰ったんだけど……せっかくだからそれを見に行かない?」

八幡「おう、いいぞ。何の映画だ?」

沙希「駅前の映画館ならどれでも見れるタイプのやつなの。だから行ってみてその時間で見れそうなのでどうかな?」

八幡「当日までのお楽しみってやつか。俺は何でも楽しめるから構わないぜ」

八幡(時間と待ち合わせ場所の約束をしたところで昼休み終了の予鈴が鳴った)

八幡(俺は身体を起こし、繋いでいた手を放す)

八幡(その際に川崎がちょっと寂しそうな表情をしたのは気のせいだろうか?)

八幡(後頭部と手のひらに残る心地良い感触と、少しだけのモヤモヤと寂しさを抱えながら俺は教室に戻った)
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/30(土) 23:23:25.86

いいわーによによしちゃうわー
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 16:29:23.65
サキサキSSは良いよね~
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:38:43.83
八幡(さて放課後だ。我が奉仕部は今日も元気に活動中)

八幡(なんで強制的に入らされた部活に俺は律儀に毎日参加してるんですかね?)

八幡(もういいよね? 学生時代にこれだけ働いたんだから大学卒業したあとは専業主夫になっても誰も文句は言わないよね?)

八幡(とりあえず少しでも労働時間を減らすために自販機に寄っていこう。実に姑息な手段だ)

八幡(どうでもいいけど『姑息』ってネガティブなイメージあるよな。意味は『一時しのぎ』とかそういったものなのに。だから俺の使い方は合ってるわけだ)

八幡(正しい日本語を使える俺マジ国語学年三位。もっとも今から開けるドアの向こうには学年一位がいらっしゃるわけですが)

八幡「うぃーっす」ガラガラ

結衣「あ、ヒッキー遅かったね。どしたの?」

八幡「ちょっとソウルドリンクが飲みたくなってな、買ってきた」

いろは「うげー、それ甘過ぎません? 絶対身体壊しますよ」

雪乃「いいのよ一色さん。彼は苦い人生を送ってきたしこれからも送り続けるのだから、あれくらいしないと苦さに押し潰されてしまうの」

八幡「なんでマッ缶一本でそこまで言われんだよ……てかまた来たのか一色、こんなとこにいないで生徒会長とサッカー部のマネージャーをちゃんとしてこい」
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:51:35.29
結衣(苦い人生をこれからも送るのは否定しないんだ……)

いろは「生徒会はもう片付きましたし、サッカー部はあと三十分くらいしたら行きますよ。それまではここで休憩中です」

雪乃「一色さん、ここは休憩所というわけではないのだけれど」

いろは「わかってますよー、でも疲れたときに雪ノ下先輩が淹れてくれた紅茶がすごく美味しくてー、ついつい足が向いちゃうんですよね」

雪乃「そ、そう。まあ自分のするべきことをちゃんとしていて私達が忙しくないのなら別に来てもらっても構わないわ」

八幡(ちょろい)

いろは(ちょろいですね)

結衣「あ、そういえばさヒッキー、今日は何にもなかった?」

八幡「あ、何がだ? 質問が漠然としすぎなんだが」

結衣「その……昨日の朝みたいな……」

八幡「ああ、それなら大丈夫だ。あの様子だともう何もしてこないだろ」

結衣「えっ、誰がやったかわかったの!?」

八幡「まあな」
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:15:10.02
いろは「あのー、何の話ですか?」

結衣「あ、えっと……」チラ

八幡(何だ……ああそうか、一色にはどこまで話していいものか悩んでんのか)

八幡「まあ隠すようなものでもない。一色は俺と川崎ってやつが付き合ってんのは知ってるよな?」

いろは「は、はい……」

結衣(フリってのは知らないんだね)

雪乃(比企谷君のことだからそれを口実に頼み事を断るくらいはやってそうね)

八幡「まあクラスのやつも大半は知らないんだが、一緒にいるとこを写真に撮られて黒板に貼り出されたんだ」

いろは「うわーかわいそう……川崎先輩が」

八幡「おい、俺はいいのか? まあそんなことがあったんだが、やった本人に川崎が話をしてな。もう下手なことはできないと思う」

結衣「だ、誰だったの?」

八幡「それは知らない方がいい。今後何かあったときに偏見の目で見てしまうぞ」

結衣「? どういうこと?」

雪乃「つまり比企谷君が今後嫌がらせとかをされた時、またその人物が犯人だと最初から疑ってしまうということよ。潔白であったとしてもね」

八幡「まあそんなとこだ」

雪乃「それにもう解決したのなら知る必要もないでしょう。ところで川崎さんが話をしたということだけど、マズい手段には出ていないでしょうね?」

八幡「ああ、聞いた限りではほぼ最善だと思う。あとは俺からのリアクションがなければもう必要なく関わろうとは考えないはずだ」

雪乃「そう、ならいいわ」

いろは「あの……ちょっといいですか?」

八幡「あ? 何だ?」

いろは「先輩に彼女が出来たって結構な事件だと思うんですが……何で雪ノ下先輩や由比ヶ浜先輩はそんないつも通りなんですか?」
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:21:17.48
おつ
いろはす鋭い
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:21:20.25
雪乃「質問の意味がよくわからないのだけれど……比企谷君が誰と付き合おうと私達には関係ないじゃない」

結衣「そ、そうだよ、別にヒッキーがどうしようとどうでもいいし」

いろは「そんなもんですかね?」

いろは(絶対おかしい……この二人は先輩に好意を持ってるはずなのに)

いろは(もし違ったとしてももう少し色々言うはず……これは何かある。ちょっと突っ込んでみよう)

いろは「じゃあ先輩に質問させてもらっていいですか? なんだかんだ言っても先駆者を参考にするのは基本ですから」

八幡「は? 何の参考にするんだよ?」

いろは「そりゃ男心を知るために決まってるじゃないですか。あ、あくまでも参考なので世間一般論でなく先輩自身の意見でお願いします」

雪乃(これは……)

結衣(ヒッキーのことを知るチャンス!)
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:21:54.11
八幡「やだよ面倒くせえ」

いろは「いいじゃないですかわたしを助けると思って。あ、なら奉仕部への依頼ってことにします」

雪乃「そう言われては断れないわね。比企谷君、答えてあげなさい」

八幡「ったく……わかったよ、俺個人の意見でいいんだな? あと答えたくないことは言わんぞ」

いろは「はい。あ、これだけは先に聞いておきたいんですけど、どっちから告白してきたんですか?」

八幡「それは川崎の方からだ」

いろは「先輩のことを好きになったきっかけとか聞いてます?」

八幡「……奉仕部関係やその他で何度か接触があってな。だんだん気になり出したらしい」

いろは「先輩は告白をお受けしたんですよね? それまで相手の事はどう思っていたんですか?」

八幡「悪くないやつだとは思ってたよ」

いろは「相手のどこが好きですか?」

八幡「…………ノーコメント」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:23:08.81
いろは「えー、一番肝心なとこじゃないですか」

八幡「何でだよ」

いろは「男子が女子のどこを見るかってのは重要なんですよ」

八幡「ぐ、確かに」

いろは「さ、ちゃっちゃと答えてください」

八幡「なら外見じゃなく中身で答えるぞ。外見の好みなんかそれこそ人それぞれなんだからな」

いろは「そうですね。むしろ変えやすい中身の方こそ聞きたいです」

八幡「要するに俺が川崎の気に入ってるところを言っていけばいいんだよな……えーっと、まず料理が美味い」

雪乃「!」グッ

結衣「!」ショボン

いろは「そういえばお弁当を作ってもらってるんでしたっけ?」

八幡「ああ。家族多くて家事を引き受けてるらしいからな、腕は確かだ。俺の中の『料理が上手い女子ベストスリー』にランクインしてる」

いろは「何ですかその頭の悪そうなランキング……ちなみに残り二人は?」

八幡「小町と雪ノ下だ」

雪乃「! あ、あなたに褒められても嬉しくはないけれど悪い気はしないわね」ソワソワ

結衣「あたしももっと練習しようかなあ……」
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:23:59.32
いろは「まあ男を落とすには胃袋からって言うくらいですもんね。他には何かあります?」

八幡「俺の空気が読める」

いろは「え、空気が読める、ですか?」

八幡「俺限定のな。あいつも人付き合いは得意じゃなくてな、ぼっち気質をよくわかってる。だから俺がどういう時にどうしたいかってのが結構理解できるんだ」

いろは「うーん……本当に先輩以外には使えないですねそれ」

八幡「いやいや、俺以外のぼっちを好きになった時に使えるぞ…………えーと、あとひとつあるんだが、これは本当に参考にならんから言わなくていいな」

いろは「そこまで言われたら気になるじゃないですか」

雪乃「そうね、さっさと白状しなさい」

結衣「ヒッキー早く!」

八幡「なんでお前らまで乗っかってきてんの?」

八幡(正直あんま言いたくないんだがな。馬鹿にされそうだし……あ、いつもされてるか。ならいいや)
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:24:58.12
八幡「結構しょうもないことなんだけど、意外とウエイトを占めていたことなんだが……」

いろは「溜めなくていいですから早く言ってください」

八幡「……俺の悪口を言わない」

雪乃・結衣・いろは「…………はあ?」

八幡「ああいや、別にお前らに対する当て付けとかじゃないから勘違いしないでくれ。普段から小町にすら言われてるからな、俺の中では悪口ありきがデフォルトなんだよ」

八幡(時々心が折れそうにはなるけどな)

八幡「だけど川崎は言わない、特にこの腐ってる目でもな。それが新鮮に感じた…………どうだ、参考にならんだろ?」

いろは「そう、ですね……」

雪乃「…………」

結衣「…………」

八幡(? なんだこの空気?)
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:25:41.06
八幡「昔から悪口と嘲笑の中で生きてきたからな、そんなふうに悪口を言わない川崎と中学時代に知り合っていたらこっちから惚れて告白してフられるとこだったぜ」

結衣「フられるとこまで決まってるんだ……」

雪乃「比企谷君!」

八幡「うお、何だよ急に大声出して」

いろは「そっかそっかー、そういうことだったんですかー」

八幡「なんだ突然ニヤニヤして」

いろは「ずばり言います、先輩は川崎先輩とは本気で付き合ってませんね!?」

八幡「な、何でそうなる?」

いろは「そうですね由比ヶ浜先輩!?」

結衣「え、えと、知らない知らない、あたしは何にも知らないよ?」

雪乃「由比ヶ浜さん、さすがに挙動が不審過ぎるわ……」ハァ

いろは「現状付き合ってる相手にあんなことは普通言いませんよ。まあ先輩ならあるかも、とは思いましたから態度に出やすい由比ヶ浜先輩に聞きましたけど……なるほど、お二人も知っていたから反応がいつも通りだったんですね。てことは奉仕部への依頼か何かで付き合うフリをしているってとこですか」

八幡(やだ……この子マジ名探偵)
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:26:30.87
いろは「まったく、フリだってのに先輩は見栄っ張りなんですから。あ、じゃあそろそろわたしはサッカー部の方に顔を出しますんでこれで失礼しますね。それでは」ガラガラピシャ

八幡「なんだあいつ、最後は突然上機嫌になりやがって」

結衣「ご、ごめんヒッキー……あたしのせいでバレちゃって」

雪乃「いえ、由比ヶ浜さんが気にする必要はないわ。元はと言えば比企谷君の失言が原因なのだから」

八幡「それは一理あるがそのフォローは普通俺が言うものだろ」

雪乃「あら、あなたにもフォローをしようという気遣いができたのね」

八幡「おいおい、俺ほど気遣いができるやつはそうそういないぞ。何しろ誰にも迷惑をかけないよう存在感まで消しているんだからな」

結衣「それ気遣いって言うのかな……あ、チャイム鳴った」

雪乃「なら今日はここまでにしましょうか」
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 23:30:34.56
八幡(結局一色にバレてしまったな)キコキコ

八幡(つってもアレが全部嘘ってわけでもないんだよな)キコキコ

八幡(でも……付き合ってるのは嘘だ)キコキコ

八幡(…………)

八幡(…………)

八幡(……いや、確かに川崎のことを考えていたさ)

八幡(川崎を自転車の後ろに乗せない日は久々だなとかも思ってたし)

八幡(だからってさ……)

八幡「なんで無意識に川崎んちの近くに来てんだよ俺は……」ハァ

八幡(来たって会えるわけでもねえのに……)

八幡(アホらしい……帰ろう)

沙希「あれ、比企谷?」

八幡「!? か、川崎、なんでここに?」

沙希「何でって、ちょっと醤油切らしたからひとっ走り……ていうか比企谷こそなんで? こっちに用なんかないでしょ?」
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 23:31:57.59
八幡「あ、いや、えっと……」

沙希「ああ、なるほど、あたしに会いたかったんだね」クス

八幡「えっ! なんでそれを……」

沙希「えっ?」

八幡「えっ?」

八幡(え……し、しまった! 川崎のは冗談だったのか!?)

沙希「あ……う……」

八幡(川崎の顔が真っ赤になるのがわかる。が、俺だって負けちゃいないだろう)

八幡(こういう時は……逃げの一手だ!)

八幡「じゃ、じゃあな川崎! また日曜に!」

沙希「あ、うん、また」

八幡(俺は全速力でその場から逃げ出した)

八幡(うおおおお! 恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい!)
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 14:19:29.77
八幡(街中を自転車で爆走し、ようやく落ち着いて俺は帰路に着く)

八幡(小町が作った夕飯を食べながら俺はさっきの行動の対処法を考えていた)

小町「お兄ちゃんどしたの? 悩み事?」

八幡「ああ、いや何でもない」

小町「ならいいけど……ところで沙希さんと何かあった?」

八幡「は? な、なんで川崎が出てくるんだよ」

小町「いやーさっき大志君からメール来てね、沙希さんの様子がおかしいって。もしかしたらお兄ちゃんが何かしたのかなって思ったんだけど……当たりみたいだね」

八幡「おい、その大志のメルアドを俺に教えてすぐに消去しろ。ガチホモ掲示板に貼りまくってやる」

小町「お兄ちゃんさすがにその行動はポイント低いよ……」

小町(大志君のことは特に何とも思ってないけど、客観的に沙希さんの様子を知るには必要なのです)

八幡「まあ……ちょっと明後日川崎と出掛けることになったから、何かあるっていったらそんくらいだ」

八幡(ある程度本当の事を言うのが話を誤魔化すコツだ)

小町「え、お兄ちゃんと沙希さんがデート!? キャー!!」

八幡「デートじゃねえから」
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 14:20:12.45
八幡(さて、川崎にメールを送ろう)

八幡(きっと川崎なら俺の言わんとしてることがわかるはずだ)

八幡(『今日も奉仕部は何もなく、いつもと変わらない1日だった。そっちは何かあったか?』送信っと)

八幡(しばらくして川崎から返信があった。『あたしも何もないかな。醤油が切れたから大志に買ってきてもらったくらい』だと)

八幡(よし、あの出来事を丸々なかったことにしようという意図は通じたみたいだな)

八幡(いや、本当になかったんだあれは。妄想妄想)

八幡(しばらく川崎とたわいもないメールのやり取りをし、俺は寝床に入る)

八幡(今週は色々あったからな、肉体的には疲労困憊だ。明日一日しっかり休もう)

八幡(…………明後日のためにも)
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 17:28:28.32
八幡(さて、日曜の朝である)

八幡(九時半駅前で待ち合わせ、十時前後に始まる映画の中で一番面白そうなのを見て、昼食をどこかで取ってから川崎家へという予定だ)

八幡(少し早めに着いとこうと思って十五分前に駅前に来たわけだが)

髪を下ろして大人っぽく、逆に服装は可愛い系でそのいつもと違うギャップがたまらない沙希「…………」ソワソワ

八幡(……誰だあれは?)

八幡(つい見とれてしまい、五分くらいその場に立ちすくんでしまったわけだが)

八幡(その五分の間に三人くらいにナンパされていた)

八幡(特にしつこい相手もいなく川崎が断るとすぐに離れたが、どんなやつと待ち合わせてるのか確かめようとしてるらしく遠巻きに見ている)

八幡(ち……)

八幡(近寄りづれええぇぇぇ!)

八幡(何なの!? 何なのなの!? 川崎さん気合い入りすぎじゃね?)

八幡(男が川崎に見とれて女が不機嫌になってどつくカップルなんて漫画でしか見たことねえよ! それも何組も!)

八幡(それでも時間をかければそれだけ人は増えるだろう)

八幡(俺は意を決し、川崎の方に歩き出す)
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 17:30:42.38
八幡(すぐに川崎は俺に気付き、こっちに向かいながら手を振ってきた)

八幡(この瞬間、俺は五感を川崎に集中させる)

八幡(周りからの嫉妬や怨嗟をスルーするためだ。ちょっと受け止め切れそうにないからな)

沙希「おはよ比企谷」

八幡「お、おうおはよう川崎。待たせちゃったか?」

沙希「ううん、あたしも来たとこだしまだ時間前でしょ」

八幡(それが嘘だとは知っているが、触れない方がいいな)

八幡「あー川崎、ちょっと耳を塞いでくれるか?」

沙希「え?」

八幡「よし塞いだな、なら今から言う独り言も聞こえないはずだ」

沙希「え? え?」

八幡「髪、下ろしてるのも、そういう服も似合ってる。すげえ良い」

沙希「え、あ……あう…………あ、ありがと」

八幡「ん、どうした? もう耳は塞がなくていいぞ」

沙希「ふふ、でもあたしはちゃんと比企谷に聞いてもらうよ。比企谷、いつもより決まってるじゃない。かっこいいよ」

八幡「あー……実は小町に見てもらった。俺はセンスがないからな」

沙希(妹に相談してまで気合い入れてくれたんだ……嬉しいな)
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 17:31:53.24
八幡「んじゃ行こうぜ、映画館あっちだったな」

沙希「うん」

八幡(俺が歩き出すと川崎は俺のほぼ真横、半歩だけ後ろに付いてくる)

八幡(化粧はほとんどしてないみたいだが、香水は付けてるのだろうか? すごく良い匂いがする)

八幡(こんな女の子と並んで歩く日が来ようとは…………やべ、変な汗掻いてきた。おかげで脇腹がかゆい)スッ、ポリポリ

沙希(え? ひ、比企谷が肘を突き出してきた? こ、これって、そういうこと、だよね…………え、えいっ!)スッ、ギュッ

八幡「!」

八幡(ええええ!? 川崎が腕を組んできた! マジ柔らかい良い匂い!)

沙希(比企谷って結構積極的なんだね……)

八幡(川崎って結構積極的なんだな……)
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 17:32:56.52
八幡(二の腕に当たる胸の感触に意識を持っていかれそうになりながらも何とか映画館に辿り着く)

八幡(候補は三つあったが、せーので指を差したのは同じものだ。俺達は声を出さずに笑い合った)

八幡(その映画のチケットを購入し、館内に入る)

八幡「飲み物買ってくるけど何が良い? ポップコーンとかはいるか?」

沙希「あたしは飲み物だけでいいよ。オレンジをお願い」

八幡「あいよ、ちょっと待っててくれ」

八幡(二人分の飲み物を買い、川崎のところに戻る)

沙希「ありがと、いくらだった?」

八幡「いやいいよこんぐらい。チケット代が浮いてるしな」

沙希「そう、じゃあもらっとくね」

八幡(実際金銭的余裕はある。小町が両親に『今日お兄ちゃんが女の子とデートに行くよ!』とご注進したところ、むせび泣きながら小遣いをくれたのだ)

八幡(最初は疑われたが、俺の服装を見て嘘ではないと判断したらしい。自分じゃわからないけどそんなにいつもと違うのかこのコーディネート?)

沙希「じゃ、行こ」スッ

八幡「お、おう」

八幡(川崎は自然にまた俺と腕を組んできた。なんか腕だけでなく心まで絡め捕られるような気分だ……)
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 17:33:43.44
八幡(映画の内容は恋愛が少し絡んだアクションものだ)

八幡(展開自体は王道なものの、演出でそれを飽きさせず引き込まれる作りになっている)

八幡(主人公とヒロインの永遠かもしれない一時の別れのシーンで川崎は少し涙ぐんでいた)

八幡(『そういう時は手を握ってあげるんだよお兄ちゃん』とアドバイスされてはいたものの、俺にはハードルが高すぎた。ヘタレでごめんよ小町……)

八幡(最後に二人は再会し、グッドエンドを迎えてスタッフロールが流れ出す)

八幡(照明が点き、他の客が次々と立ち上がるが、川崎はまだ泣いていた)

八幡(俺はそっと川崎の頭に手を乗せ、軽く撫でてやる)

八幡(川崎ははっとしたように顔を上げて慌てて手元のハンカチで涙を拭い、立ち上がった)

沙希「ご、ごめん、出よっか」
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 17:35:20.77
八幡「いやー、結構面白かったな。川崎の珍しいとこも見れたし」

沙希「い、言わないで! …………でも、うん、当たりだったね今回の映画」

八幡「そうだな、どっかでメシ食いながら感想会といこうぜ。どこにする?」

沙希「この時間だともうどこも混んでるから…………」

八幡(川崎と相談しつつ歩き、少し空いてる洋食屋を見つけて入る)

八幡(どこが良かった、ここはこういう風なのが好みだった、などと映画の話をしながら昼食を取り終えた)

八幡(ここも俺が支払ったが、店を出たあと川崎は何としても自分の分は出すと言って聞かず、俺に金を渡そうとしてくる)

八幡(仕方ないので強硬手段に出ることにした)

八幡「川崎、俺に奢らせてくれないと、映画見て泣いたのを大志やけーちゃん達にバラすぞ」

沙希「んなっ!?」

八幡「それにここのメシより美味い弁当を作って貰ってるんだ。だから、な?」

沙希「う……わかった……で、でも今日だけだからね」

八幡「おう。んじゃそろそろお前んちに行くか。ちょうどいいくらいの時間だろ」

沙希「ん、そうだね」

八幡(俺達は川崎家に向かって歩き出した。さすがに家族に見られたりするのは嫌なのか腕は組んでこなかった)

八幡(……ちょっと残念に感じてる俺がいる)
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 22:57:46.96
八幡(川崎家に着くと、大志がすでに弟妹二人と待っていた)

大志「どうもっすお兄さん、話は聞いてます。姉ちゃんとコイツ等をよろしくお願いしまっす」

八幡「おう。それと俺をお兄さんと呼ぶな。ついでに小町の連絡先を消せや」

大志「いきなり何っすか!?」

沙希「こら比企谷」

八幡「ケッ」

八幡(しばらくやり取りをした後、大志は出掛けて行った)

八幡(川崎が着替えの為に奥に引っ込んだのでその間は二人の相手を務める)

沙希「お待たせ」

八幡(ヒーローごっこの悪役を演じていると着替え終わった川崎が戻ってきた。いつもの髪型に動きやすさを優先した服装だ)

八幡「おう……やっぱりその方がいいな」

沙希「…………さっきまでのあれ、あたしには似合わなかった?」

八幡「いや、あれはちょっと綺麗過ぎて緊張しちゃうからな。何というか落ち着かなかった…………でも、たまにならまた見てみたいぞ」

沙希「あ、うん……じゃあ機会あったらまた、ね」

八幡(むず痒い会話をし、改めて四人で遊び出す)

八幡(ままごとだったりお絵描きだったり簡単なゲームだったり)
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 22:59:13.65
八幡(が、朝早かったのか二人ともうつらうつらし始めた)

沙希「ああ、眠くなっちゃったかな? じゃあ少しお昼寝しようか」

八幡(そう言ってテキパキと準備を始める川崎。まさに『お姉ちゃん』って感じだ)

八幡(二人はもっと俺と遊ぶと少しだけ駄々をこねたが、遊べるのは今日だけじゃないしまた来るからと言うと納得してくれた)

沙希「ごめんね二人が寝るまでほったらかしちゃって」

八幡「気にすんな。一人は慣れてるから」

八幡(二人を寝かしつけたあと、俺は居間で川崎にお茶を淹れてもらっていた)

沙希「大志は面倒は結構見てくれるんだけどあまりああいう遊びはしてくれなくてね」

八幡「ああ、あの年頃じゃ仕方ないだろ」

沙希「だからあんたが相手してくれるのがよっぽど嬉しいみたい。二人とも眠る直前まであんたの話をしてたよ」

八幡「それは光栄だな、俺で良けりゃまた相手になるぞ」

沙希「うん、二人も喜ぶしお願いするね……な、なんならあたし達があんたの家に行く、とか」

八幡「いや、それは駄目だ」

沙希「え……」

沙希(そ、即答!? なんで? そんなに嫌なのかな……)
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 23:01:08.48
八幡「ウチには猫がいるからな。川崎は猫アレルギーだろ?」

沙希「あ……」

八幡「俺の部屋にはほとんど入ってこないから俺の部屋だけならいいが、そういうわけにもいかんだろ。ここに来んのも大変じゃねえし俺から出向くよ」

沙希「うん……ありがとう」

沙希(気を遣っててくれたんだね……)

八幡「いや、こんくらい別に」

沙希「…………」

八幡「…………」

沙希「ねえ、比企谷」

八幡「ん?」

沙希「せっかくだし、一昨日言ってたやつ……やってもらってもいいかな?」

八幡「あ、何だっけ?」

沙希「その、あたしに膝枕してくれるってやつ」

八幡「なっ……」

八幡(何を、と思ったが恥ずかしがりながらもこっちを上目遣いで見る川崎に俺は断ることなど出来なかった)

八幡「お、おう、いいぞ。でも俺はあの女の子座りなんか出来ないからな、これで」

八幡(俺は胡座をかいていた脚を真っ直ぐに伸ばし、ズボンの皺を直す)

八幡(川崎はシュシュを取って髪の毛をほどき、俺の斜め前方に身体を横たえて頭をそっと俺の太ももに載せる)

八幡(顔は反対側を向いているから表情は読み取れないが、耳まで赤いのはよくわかった)

八幡(そしてあの時川崎が言っていたことも)
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 23:03:01.52
八幡「なあ川崎」

沙希「な、なに?」

八幡「その、お前の言ってたやつ、わかったわ」

沙希「?」

八幡「頭、撫でていいか?」

沙希「!! …………うん、撫でて」

八幡(なにそのしおらしい声。惚れちゃうじゃないか)

八幡「じゃあ、ちょっと失礼するぞ」

八幡(なんで緊張してんだ俺は。映画館でだって撫でただろ…………うわ、やっぱりこいつの髪の毛サラサラだな)ナデナデ

沙希(あ……映画館の時は一瞬でわからなかったけど…………比企谷に撫でられるの、気持ちいい)

八幡(うお、すげえ、髪が全然指に引っかからねえ)スー

沙希(ん……手櫛…………それ、いい)

八幡(やべえ、ずっと撫でていたい)ナデナデ

沙希(クセになっちゃいそう……明日からも、頼んだらしてくれるかな?)

八幡(…………)ナデナデ

沙希(…………)

八幡(なんか……)ナデナデ

沙希(いいな、こういうの)
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 23:04:17.67
八幡(あれからしばらくして目を覚ました二人を再び相手し、外が暗くなって帰宅時間が近付いてきた)

八幡「じゃあ俺そろそろ帰るわ」

沙希「うん、本当にありがとうね、色々と」

八幡「いや、こっちこそな。映画も面白かったし」

京華「はーちゃん、ぜったいまたあそびにきてね!」

八幡「ああ、また来るよ。じゃあな二人とも」ナデナデ

八幡(子供二人の頭を撫で、俺は玄関を出る。川崎だけ一緒に出てきた。少し先まで見送ってくれるようだ)

八幡(俺は以前のように周囲に人気がないかを確認する)

八幡「じゃあな沙希、また明日」

沙希「うん、また明日ね、八幡」

八幡(こうして俺と川崎の一緒に過ごした休日は終わりを告げた)

八幡(とりあえず小町から質問責めにあうのは確実だろう。適当な答えを用意しとかないとな)

八幡(……正直に言うには恥ずかしいことが多すぎる)
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 23:26:36.92
乙!
甘さが限界突破した!
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 13:05:35.72
ようやくあまり口調に違和感の無いさきさきssに出会えて猛烈に感動してる...
小説は出番少ないからともかくゲームやれば男口調じゃ無いことくらい皆理解できるはずなのに...
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 19:16:04.26
きっと賛同してくれる人がいるはずのことを言うぞ


>>247の『沙希「!! …………うん、撫でて」』に萌え死にそうになった
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 22:04:52.65
八幡(『嫌いな曜日は?』と聞かれたらトップクラスに輝くであろう月曜日がやってきた)

八幡(目が覚めて明るかろうと暗かろうと二度寝をする、てのができないというだけで気分は駄々下がりだ)

八幡(いや、昨日も出来なかったけどね)

八幡(つっても勉強しにいくのと遊ぶのでは気分も全然違うからな)

八幡(もはや戸塚に会えるという希望を胸に行くしかない)

八幡(………………)

八幡(今、川崎の顔が思い浮かんだのは弁当が楽しみだからだ)

八幡(他意はない。川崎の弁当は美味いからな)

八幡(他意はない、はずだ)

八幡「…………起きるか」
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 22:05:41.22
八幡(さて、今日も小町を学校まで送る仕事が始まる)

小町「よろしくお兄ちゃん」

八幡「おう、ちゃんと捕まってろよ」

小町「うん」ギュ

八幡(…………やっぱり川崎と比べると……いやいや、何を考えてんだ俺は)

小町「そういえば沙希さんてさ」

八幡「お、おう、川崎がどうした?」

小町「この前お兄ちゃんに送ってもらってたけど、自転車通学じゃなかったっけ?」

八幡「ああ、話してなかったっけ? あいつ自転車壊れたんだってよ。バイトでもして新しいの買おうかって言ってたぞ」

小町「な、なんだってー!?」

八幡「いや、そんな驚くようなことじゃないだろ? 自転車が壊れたくらいで」

小町「違いますですお兄ちゃん、小町はお兄ちゃんのゴミいちゃんっぷりに驚いているのですます」

八幡「なんだその言葉遣いは……あと俺が何をしたっていうんだよ」

小町「違うよ、何もしてないから駄目なの」

八幡「あん?」

小町「帰りはお兄ちゃんも部活あるし沙希さんも用事があることでしょう。しかしながら行きは同じような時間になるはずであるのです」

八幡「わけわからん丁寧語を止めろ……ん、まあそうだな、それがどうした?」
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 22:07:19.48
小町「ここまで言ってわからないお兄ちゃんが本格的に心配になってきたよ……つまり登校時は小町じゃなくて沙希さんを後ろに乗せてあげてって言ってるの」

八幡「いや、それはないだろ。なんで小町以外を優先しなきゃならんのだ。小町を送り迎えする権利は誰にも渡さんし放棄もしないぞ」

小町「それ絶対他の人に言っちゃ駄目だからね。引かれるから」

八幡「これ以上引かれることはないからそれは大丈夫だ。てか何度も言うけど川崎とは付き合ってるフリをしてるだけだからな?」

小町「うん。でもさ、どうしてフリを続けるの?」

八幡「それは……そういう依頼だから……」

小町「フリってのは秘密でも、誰かに付き合ってるふうに見せ掛ける必要はあるんだよね?」

八幡「そう……だな」

小町「だったらそれぐらいはしないと。お兄ちゃんだって沙希さんが嫌いなわけじゃないんでしょ?」

八幡「いや、でも川崎が何て言うか……」

小町「そうだね、わからないね。だから聞いてみてよ、『朝だけでも送り迎えしようか?』って。もちろんお兄ちゃんは全然迷惑じゃないことを含めてね」

八幡「ん……わかった、聞くだけ聞いてみる」

小町「よろしい」

小町(…………お兄ちゃん気付いてるのかな、結局小町が最優先じゃなくなってるのを)

小町(ちょっと寂しいけど嬉しくもある。妹心は複雑なのです)
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 22:07:49.24
八幡(昼休みになった)

八幡(川崎は弁当を持って先にいつもの俺のベストプレイスへ。俺は飲み物を買いに自販機へ)

八幡(この辺はすでにメールでやり取りしてるので目すら合わさずに俺達は行動する)

八幡(まだ興味有り気にこちらを窺うクラスメートがいるが、やはり会話のない俺達に首を捻っていた)

八幡(残念ながら会話をし続けないと死んでしまうようなリア充とは違うのだよ)
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 22:08:37.85
沙希「はい、あんたの分」

八幡「おうサンキュ、これお前の飲み物な」

沙希「ん、ありがと」

八幡(俺は川崎の隣に腰を下ろし、受け取った弁当箱の蓋を開ける)

八幡(ちょっと玉子焼きが多めだった。これは期待だな)パク

沙希「ふふ、あんたって本当に美味しそうに食べてくれるよね。作りがいがあるよ」

八幡「実際めちゃくちゃ美味いからな。店に出るようなってわけじゃないが、味付けやバランスが実に俺好みだ」モグモグ

沙希「作った相手にそう言ってもらえると嬉しいね」

八幡(でもコスパとか考えてもやっぱり俺の方が得してるよなあ……何か川崎に俺ができること……あ、そうか)

八幡「なあ、川崎」

沙希「ん、なに?」

八幡「先週予備校の帰りとかにさ、タクシー代は弁当って話をしたろ」

沙希「したね」

八幡「でも先週は色々あってほとんど送ったけど普段は無理だよな。俺は部活あるしお前は家のことがあるしで」

沙希「そうだね。でもそんなの気にしなくていいよ。予備校の帰りにだけでも送ってくれればさ」

八幡「いや、だから、その……」

沙希「?」
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 22:11:40.84
八幡「自転車を買うまでのバス代も馬鹿にならないだろ? 朝だけでも送り迎えしようか?」

沙希「え!? い、いや、そんなの比企谷に悪いよ!」

八幡「そんなことはない、むしろさせてほしいと思ってるまである。一応朝の二人乗りは学校から注意されるかもしれんから学校の近くまでだが」

沙希「で、でも、あんたは小町を……」

八幡「その小町に言われたんだ。しばらくの間だけでも川崎を優先してやってくれって」

沙希「そ、そう……」

沙希(い、妹に言われたとはいえその妹よりあたしを優先!? あの比企谷が!)

八幡「いや、その、川崎が余計なお世話だっていうなら無理にとは言わないが…………」

沙希「……その前にさ、質問させてもらっていいかな?」

八幡「なんだ?」

沙希「本当に、迷惑じゃない? 負担にならない? あたしに構わず本音を言って欲しいんだけど……」

八幡「…………じゃあ本音を言わせてもらうけどな」

沙希「う、うん」

八幡「川崎を後ろに乗せて走りたい」

沙希「!!」

八幡「正直理由なんかどうでもいいんだよ。川崎が後ろに乗ってると単純に嬉しいんだ」

沙希「…………」

八幡(ああ、勢いに任せて言っちまった…………川崎の顔が見れん)

沙希「比企谷……」

八幡「お、おう」

沙希「雨が降ったり用事があったりで来れなかったら、早めにメールでも何でもちょうだい」

八幡「え?」

八幡(思わずそっちを向くと嬉しそうに微笑む川崎の顔があった)

沙希「ウチの前で、待ってるから」
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 22:20:31.41
乙乙
もっと甘くキモくなってください!
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/03(水) 23:03:15.65
甘いよー甘いよー
糖尿になっちまいそうだ
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/04(木) 18:27:55.60
八幡(はあ……)

八幡(なんで俺は川崎にあんなことを……いや嘘をついているわけじゃないんだが)

八幡(あいつに本音を言ってしまってあとから恥ずかしくなるパターン多くね?)

八幡(俺はあいつを近しい存在だと思ってるんだろう。それがどんなふうにかはともかく)

八幡(そして滅多なことでは俺から離れることはないと信じてるから遠慮なく言葉に出してしまう)

八幡(…………信じてる、だって?)

八幡(今まで裏切られ続けて誰も寄らず寄らせずだった俺が?)

八幡(何だよ、何なんだよお前は、川崎沙希)

八幡(考えても無駄なことがぐるぐる頭の中で回っている)

結衣「ヒッキー、奉仕部行かないの?」

八幡(由比ヶ浜が話し掛けてきた。どうやらいつの間にか放課後になっていたらしい)

八幡(考えるのに没頭しすぎたか……しかしこの状態でもちゃんとノートを取っているとはさすがぼっちの習性だ。見せてもらう相手がいないからな)

八幡「ああ、いや、行くぞ。一緒するか?」

結衣「あ……うん!」

八幡(手早く荷物を鞄に詰め、教室を出る)
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/04(木) 18:30:27.82
いろは「あ、先輩方、どうも!」

結衣「あ、いろはちゃん、やっはろー!」

八幡「よう。じゃあな」

いろは「ちょいちょいちょいちょい、ストップです先輩!」

八幡「誰が止まるか。どう見ても面倒事を持ってきて俺達を待ち伏せてた感じじゃねえか」

いろは「わかってるじゃないですか。でも大丈夫です。ちょっと生徒会室に籠もってわたしをサポートするだけの簡単なお仕事ですから」

八幡「嘘をつけ嘘を。いつの間にか俺がサポートからメインに回されてるまである。行かんぞ」

いろは「そんなこと言って最終的には来てくれる先輩は使え……頼りになりますー」

八幡「おい今使えるって言いかけただろ?」

いろは「まっさかー。それにもしこのままどっか行っちゃったら校内放送で呼び出しをするしかありませんね」

八幡「ぐっ、またぼっちを目立たせるような真似を……」

いろは「そ、れ、にー、先輩に断られたらショックのあまりあることないこと喋っちゃうかもしれないですよ」

八幡「おい、俺の評価をさらにマイナスにしようというのか」

いろは「あとはそうですねー、川崎先輩との秘密とかをうっかり口に出しちゃったりとか。そうなると川崎先輩も困るんじゃないですか?」
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/04(木) 18:32:51.95
八幡(この時俺は自分がどんな表情をしたのかわからない)

八幡(だけど視界の端で由比ヶ浜がひっと声を出さずに息だけで悲鳴をあげたのが見えたことから多少は想像できようというものだ)

八幡(とぼけるようなポーズであらぬ方に目線をやりながら喋り続ける一色を俺は遮った)

八幡「一色いろは」

いろは「はい、なんですか? ……っ!?」ビクッ

八幡(俺の顔を見た一色が驚愕したように一歩後ずさる。それに委細構わず俺は言う)

八幡「お前がそんなやつだとは思わなかった」

いろは「え…………」

八幡(俺は一色から視線を外し、まだ怯えている由比ヶ浜に向く。由比ヶ浜にはまったく関係ないのに悪いことをしたな)

八幡「わりぃ、今日は気分が優れないから帰らしてもらうわ。雪ノ下に伝えといてくれ」

結衣「あ、う、うん……」

いろは「せ、先輩! 違うんです、今のは」

八幡「一色いろは」

八幡(すがりつくように袖を掴んできた一色の手を振り払い、踵を返しながら告げる)

八幡「俺に近寄るな」
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/04(木) 22:29:31.69
八幡(まだ放課後になってから間もないため、今から部活に向かう連中も帰宅する連中も数多くいた)

八幡(なのでぶつかる危険性を考えて、駐輪場から校門を出るまでは自転車に乗らずに押して歩いているわけだが)

八幡(さながら十戒のごとく俺の顔を見たやつが左右に分かれて道をあける)

八幡(原因は元々の俺の悪評だけじゃないな。今の俺は周りからどんなふうに見えているのだろうか)

八幡(遠目に三浦達の姿が見えたが、三浦も少し怯んだように身体を逸らし、あの海老名さんですら俺が見たことないような表情をしていた)

八幡(そんな周りの反応を感じても俺のざわついた心は全然落ち着いてくれない)

八幡(憤っているが爆発先がなく、内部でくすぶっている感じだ)

八幡(どうしたものか、と思ってると俺に近付いてくる人影があった)

沙希「まったく…………またあんたの悪評が増えるよ。そんな怖い顔してどうしたのさ?」

八幡「川崎…………」

沙希「少し人のいないとこに行こうか。話、聞くよ」
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 22:51:57.47
八幡(周囲がざわつく。川崎を好奇の目で見るやつも多い)

八幡(何やってんだ俺は。結局俺自信が川崎に迷惑をかけてしまってるじゃないか)

八幡「かわ……」

沙希「ほら、行くよ」ガシッ

八幡「あ、ああ」

八幡(俺が何か言う前に川崎は俺の腕を掴む)

八幡(俺はそれに抵抗することなく川崎と一緒に学校を出た)
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 22:53:54.78
八幡(やって来たのは学校から少し離れた小さな公園)

八幡(遊具もなく、申し訳程度に屋根のついたベンチがあるだけの、むしろただのちょっとした広場に近いため人の姿はない)

八幡(自転車を停めてベンチのそばに来たが、二人とも座ったりはしなかった)

沙希「で、何があったの?」

八幡「……別に、大したことじゃねえよ」

沙希「ほらまた怖い顔になってる。そんなんで説得力があると思ってんの?」

八幡「…………」

沙希「はあ……とりあえず少し落ち着こうか」

八幡(川崎はそう言うと正面から俺に近付いてくる)

八幡(そのまま両手を伸ばし、俺の両脇を通して背中に回してきた)

八幡(…………え?)

八幡「かかか川崎さん!? なんで俺に抱きついてるんですかね!?」

沙希「ちょっとあんたを落ち着かせようと思ってね。京華とかもぐずった時にこうすると大人しくなるのさ」

八幡「ひ、人を園児と同じ扱いにするな!」

沙希「うるさい。あんたが落ち着くまでこのまんまだよ」

八幡「わかった! 落ち着いた! 落ち着いたから離れてくれ!」

八幡(別の意味で全然落ち着いてないけど! そんなにその柔らかくて大きいモノを押し付けないでください!)

沙希「本当に? 本当に落ち着いた?」ギュッ、ムニュムニュ

八幡「わざとか!? わざとやってんのか!?」
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 22:54:56.84
沙希「ああごめん、胸が当たってたね」スッ

八幡(なんてわざとらしい)

沙希「じゃ、改めて何があったか聞かせてもらおうかな」

八幡「いや、だから大したことは……」

沙希「……まだ落ち着いてないみたいだね」ジリッ

八幡「わかったわかった! 話すから抱きつこうとしないでくれ!」

沙希「わかればいいのさ」

八幡「はぁ……実はな」
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 22:56:58.26
 ~奉仕部~

雪乃「そう、そんなことが……」

結衣「うん、あの時のヒッキーの顔本当に怖かった……」

いろは「…………」グスグス

雪乃(突然由比ヶ浜さんが泣いてる一色さんを連れてきたから何があったかと思えば……)

結衣「い、いろはちゃん、元気出して」

いろは「すいません…………」

結衣「ほ、ほら、ヒッキーも少し大人げなかったっていうかさ」

雪乃「…………」

いろは「いえ、わたしが悪いんです……明日先輩に謝って許してもらいに行きます」

雪乃「…………ちょっといいかしら一色さん?」

いろは「え、あ、は、はい」

雪乃「今あなたは比企谷君に謝罪すると言ったけれど、何が彼を怒らせたかちゃんとわかっているのかしら?」

いろは「え、えと、わたしが普段から先輩を蔑ろ気味にしていたりいいように使ったり……それも脅すような言い方をして、だからですよね」

雪乃「違うわ」

結衣・いろは「え?」

雪乃「そもそも比企谷君を蔑ろにしているというのなら私のほうが質も量も圧倒的に多いわよ」

結衣(自覚あったんだ)

雪乃「それでも比企谷は私に怒らない……いえ、私が彼を怒らせるような決定的な事は言わない、と言った方がいいかしら」

結衣「どーゆーこと?」

雪乃「比企谷君は自己評価が高いように言っているけれど心の奥底では自分はどうでもいい存在だと思っている……そのフシはあなたたちも感じているでしょう?」

結衣・いろは「…………」

雪乃「だから自分がいくら貶されようと本気で怒ることはないのよ……もう少し私の言うことに強く反発してほしいのだけれども」

結衣「え……もしかしてゆきのんわざと」

雪乃「話が逸れたわね。比企谷君が怒るのは彼に近しい人を巻き込んだ場合よ」

いろは「!!」

雪乃「以前小町さんに聞いたことがあるわ。小町さんを他の人に馬鹿にされた時、いつも言われるままされるままだった比企谷君が本気で怒ったと。今回の場合、あなたは川崎さんにも迷惑がかかるようなことを言ったわね」

いろは「は、はい」
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 22:58:35.07
雪乃「普段の比企谷君は近しい人に迷惑がかかるなら自分が動いたり身を引いたりしたでしょうね。でも今回の件は特に何の理由もない。ただなんとなくで川崎さんに迷惑がかかるかもしれない」

いろは「…………」

雪乃「もちろんあなたはちょっとした冗談で言ったのかもしれないわ。でも比企谷君にとってはいつでも川崎さんに被害が及ぶ爆弾を抱えられているようなものなのよ」

結衣「ば、爆弾てそんな大げさな」

雪乃「由比ヶ浜さん、残念ながら本人以外の見え方に意味はないの。セクハラもイジメも脅迫も、した側でなく、された側がどう受け止めるかよ。特に普段から悪意を浴びてきた比企谷君はどう思うかしらね」

結衣「あ…………」

雪乃「特にここ最近比企谷君は川崎さんと親しくなっているから、どうしたらいいのかとっさにわからずに怒ったということも考えられるわ。対象が私達だったらもう少し穏便に済ませたかもしれないけれど」

いろは「わ、わたし……わたし……」

雪乃「それと一色さん、さっき謝って許してもらうと言ったけれども」

いろは「は、はい」

雪乃「相手を怒らせたら謝るのは当然のことなの。許してくれるかどうかはそこから先の話よ」
いろは「!!」

結衣「ゆ、ゆきのん」

雪乃「話を聞く限り私達が見たことないほど怒っているようじゃない。相手をフルネームで呼ぶなんて」

いろは「…………それでも、それでもわたしは謝ります、謝り続けます!」

結衣「いろはちゃん……」

いろは「確かに簡単には許してくれないでしょう。でも、でも、わたしは先輩に嫌われたくないですから! 誠心誠意謝って……わたしにできることを全部やって……いつかまた、先輩と元通りの関係に戻りたいです!」

雪乃「そう、なら私達もお手伝いするわ」

いろは「え?」

結衣「ゆきのん!?」

雪乃「あら、一人でいいと言うなら構わないのだけれど」

いろは「い、いえ、よろしくお願いします!」

結衣「ゆきのーん!!」ダキッ

雪乃「くっつかないでちょうだい由比ヶ浜さん、暑いわ」
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 23:01:01.86
一旦ここまで

女性三人が少し大袈裟に捉えてますがそこは八幡が怒るのがそれほど珍しいってことで

土日も仕事だけど投下ペースは落ちないよう頑張る
サキサキ可愛い
眠い。寝る
また明日ノシ
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 23:14:41.75
乙です
女性陣いいキャラしてるねぇ
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/05(金) 23:21:08.24
乙です
川崎さんええ子やわ
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/06(土) 18:57:07.61
これ正直に怒ってた理由話したらもう告白にならないか?
そんだけサキサキの事を大事に思ってるって吐露するようなもんだし
次回スレ:

八幡「なんだ、かわ……川越?」沙希「川崎なんだけど、ぶつよ?」2



関連スレ:

シリーズ一覧及び・この書き手SSまとめ

(川崎沙希好きの書き手です)

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

これは、結構長いけど、かなりのお勧めだし是非見たほうがいいよー。

むっちゃ面白いかった

とあるSSの訪問者

やっぱりサキサキが一番!


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク