ミカサ「初めてはエレンとが良かったのに…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:06:35 ID:/xruv.I2
NTR注意
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:08:36 ID:/xruv.I2
ジャン「ふん……今更そんなこと言っても遅ぇんだよ」

ミカサ「ジャン、やめて……私にはエレンが」

ジャン「はっ、こんな時までエレンエレンかよ」

ジャン「まぁ安心しろよ、俺のことしか考えられなくしてやるからな……」

ミカサ「くっ……」ジタバタ
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:13:00 ID:/xruv.I2
ジャン「おっと、抵抗しようなんて思わないほうがいいぜ」

ジャン「全身にクスリがまわって苦しくなるだけだからな……」

ミカサ「――――――っ!?」ビクンッ

ジャン「おっ、そろそろ効いてきたか?」

ミカサ(体が……熱い。まるで……)

ミカサ「っ……はぁ//」

ジャン「イイ……イイぞミカサ。すっげぇエロい……」

ジャン(闇市で手に入れた原料不明の媚薬。まさかこんなに効くとはな……)

ミカサ「エレン……」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:17:24 ID:/xruv.I2
ジャン「またエレンかよ……」ハァ

ジャン「なぁミカサ、もう全身疼いてしょうがないんだろ?」

ミカサ「……そんな、ことは」

ジャン「どこから触ってほしい? ほら言えよ、お前の口から」

ミカサ「触らないで……」ハァハァ

ジャン「わかったよ、お望み通り御開帳してやるよ」カチャカチャ

ミカサ「やめて……!」

ジャン「へえ……体の方はそうは思ってないみてえだけどな!!」ガバッ

ミカサ「っ……!!」

ジャン「ほら見ろ! すっかり勃起してんじゃねえか―――――」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:18:10 ID:/xruv.I2
ジャン「……え?」








ジャン「……………………え????」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:22:23 ID:/xruv.I2
ジャン「う、うそだろ……」

ジャン「お前……何、生えて……」

ミカサ「……初めてはエレンとが良かったのに……」ユラリ

ジャン「や、やめろ」ガクブル

ミカサ「でも媚薬を盛られてしまった……ジャンに無理やり……」

ジャン「お、俺が悪かった……さぁミカサ、その凶悪なブツを早く」

ミカサ「私にはどうすることもできない……」

ジャン「やめて下さいお願いします!!! なんでもしますから!!!!」

ミカサ「ごめんね……エレン……」ガバッ

ジャン「アッーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:24:29 ID:/xruv.I2
ジャン「」ビクンビクン

ミカサ「ふぅ……」ズルズル




ミカサ(エレン……)

ミカサ(やっぱり……)

ミカサ(ち○ぽには勝てなかった……)グスン
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:28:20 ID:/xruv.I2
マルコ(ジャン遅いなあ。こんな時間まで何を――)キョロキョロ

ジャン「」ビクンビクン

マルコ「ジャン!? お前またレ○プされたのか!?」

マルコ「どうして教えてくれ――いや、どこの誰にヤられたんだ!?」

ジャン「……ぁ……」

マルコ「ん? 何だって?」

ジャン「はぁはぁ……// ミカサのち○ぽぉ……//」アヘアヘ

マルコ「恥を知れよ」チッ
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:31:43 ID:/xruv.I2
翌朝

エレン「よう、ミカサ」

ミカサ「……」フイッ

アルミン「あれ……?」

エレン「何だよ、機嫌悪いのか?」

ミカサ「……」

ミカサ(ごめんなさいエレン、私の体はもう汚れてしまった……)

ミカサ(これからどんな顔をして接すればいいのかわからない……)



ジャン「うへへ……早くミカサの立体機動ケツにぶち込まれてえなぁ……」アヘアヘ

マルコ(クソビッチが……)
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:33:19 ID:/xruv.I2
ミカサ(それからというもの……)

ミカサ(私は夜な夜な男の体を求めてさ迷い歩く……)

ミカサ(性奴隷と化してしまった……)
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:37:33 ID:/xruv.I2
ミカサ「エレン……エレン……」パンパン

ライナー「ンッッギモヂィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ドピュルルル

ライナー(クリスタ……すまない……)

ミカサ「ダメ……エレンが起きてしまう……!」パンパン

ベルトルト「」マグロウマイウマイ

ベルトルト(アニ……ごめんね……)

ミカサ「いやっ……おち○ぽずぽずぽ止まらないっ……!!」パンパン

コニー「痛えええええええ!!! ケツが二つに割れるううううう!!!!」

コニー(くそっ……なんでユミルの顔なんか思い出しちまうんだよ……!!)
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:45:00 ID:/xruv.I2
ミカサ「こんなの……駄目、なのにっ……!!」パンパン

サムエル「サシャアッー!!!!!」

ミカサ「私には……エレンが……」パンパン

トーマス「ミーナアッー!!!!!」

ミカサ「どうして……こんな……」パンパン

フランツ「ハンナアッー!!!!!」

ミカサ「ごめんなさい……エレン……」パンパン

キース「カルラ・イェーガアッー!!!!!」

ミカサ「さぁアルミン!!! 中に出すので!!!! 受け止めて!!!!!」ドピュルルルルル

アルミン「5・7・5はらめぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!!」ビクンビクン

アルミン(クリスタアニユミルサシャミーナハンナカルラおばさん……)ガクッ
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:49:00 ID:/xruv.I2
エレン「何だ……? うるせぇな……」ゴシゴシ



ミカサ「ジャン……私がこうなった原因はあなたにある……」

ミカサ「ので、責任を取ってもらう……」ズプズプ

ジャン「はいっ/// 俺はおち○ぽ大好き淫乱雌馬ですッ////」

マルコ(ジャン……お前は救いようのない変態だね……そして僕もさ)シコシコ



エレン「」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 08:58:44 ID:/xruv.I2
エレン(な、何だコレ……)

エレン(ち○こ生えたミカサが同期の男を犯しまくってる……?)



ミカサ「私の純潔を……返せ……!!」パンパンパンパン

ジャン「んほおおおおおおおおおおおおッッ//////」ビクンッビクンッ

マルコ(良いぞジャン! その醜く蕩けきったアヘ顔をもっと僕に晒せ!!)シコシコシコシコ



エレン(こんな……)

エレン(こんなの……)



ミカサ「エレェェェェェェェェェェェェン!!!!!!!!!!」ドピュルルルル

ジャン「ミカサァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!」ドピュルルルル

マルコ「ジャァァァァァァァァァァァァン!!!!!!!!!!」ドピュルルルル



エレン(興奮しちゃうじゃねえか……////」ギンギン
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 09:02:54 ID:/xruv.I2
ジャン「はぁ……はぁ……黒髪おち○ぽ最高っ……///」グチャア

ミカサ「ふぅ……」

マルコ「ふぅ……」

エレン「……なぁ、ミカサ」

ミカサ「エ、エレン!! 見ないで……!!」カァァ

エレン「いや、もう色々見ちまったから大丈夫だ……それよりお前、それ」

ミカサ「こ、これは……ジャンに無理やり」マエカクシ

エレン「でっけえなあ……//」ウットリ

ミカサ「……え?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 09:07:28 ID:/xruv.I2
エレン「実は俺、ち○こ生えてる人間にしか欲情できないんだ」

ミカサ「エレンにそんな性癖が……!!」

エレン「ああ。これで俺たち、晴れて結ばれるな//」

ミカサ「……でも、私の体はすでに……」

エレン「それなら大丈夫だ。俺もジャンを掘ったことあるからな」

ミカサ「えっ」

マルコ(前回のレ○プの相手はエレンだったのか……)

マルコ(ジャンは何も覚えていないようだった。ショックすぎて記憶が飛んでたんだな)

マルコ(しかしあの時のジャンの絶望顔は最高だった……礼を言うよ、エレン)シコシコ
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 09:14:31 ID:/xruv.I2
エレン「だから、お前のこと全然汚れてるなんて思わねえよ」

ミカサ「エレン……///」

エレン「ミカサ……///」

チュッチュイチャイチャラブラブシコシコパンパントッ゙ピュルンルンペロリンチョ

エレン「はぁはぁ……すっげえな、ミカサの……」

ミカサ「ええ……エレンのも、凄かった///」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 09:18:46 ID:/xruv.I2
エレン「あ、そうだ」

ミカサ「どうしたの?」

エレン「俺もお前もジャンを掘ったよな」

ミカサ「ええ」

エレン「つまり俺たちは穴兄弟ってことになる」

ミカサ「穴兄弟……兄弟、家族」

エレン「ああ! 俺たちは家族だ」

ミカサ「エレン……///」

エレン「ミカサ……///」

チューチューラブリームニムニムラムラプリンプリンボロンヌルルレロレロ

エレン「二人で幸せな家庭を築こうぜ//」

ミカサ「ありがとう、エレン///」

マルコ「おあとがよろしいようで」ヤレヤレ


~Happy End~
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 09:19:24 ID:/xruv.I2
おしまい
昨晩は一睡もできなかったので書きました
もう寝ます
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 10:09:05 ID:Ts8xMm0s
なんだこれ
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/21(土) 03:08:20 ID:wa/07nA.
ワロタ

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

とんでもない所に迷い込んでしまったみたいだ

とあるSSの訪問者

ミカサに掘られたい

コn…とあるssの訪問者

これは誰?ユミルー!

とあるSSの訪問者

待て、教官だけおかしい(錯乱


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク