海未「私とことりと鈴と」

1 : ◆J56L221nBM :2014/11/08(土) 13:15:53.32
ガチャ


ことり「あっ、海未ちゃん」

海未「ことり、お疲れ様です」

ことり「お疲れさま~。書類の整理は終わったよ♪」

海未「ありがとうございます」

海未「……で、穂乃果は何処へ?」

ことり「あっ、えっと、その~…」










ことり「と、突然お昼寝から飛び起きて……」

海未「飛び起きて?」

ことり「おっきなお饅頭が穂むらを潰す夢を見たって言って、正夢かどうか確かめに行っちゃった……」

海未「……ははっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415420153
2 : ◆J56L221nBM :2014/11/08(土) 13:24:28.05
ことり「う、海未ちゃん怒ってる…?」

海未「いえ、余りの下らなさに笑いが零れただけです」

ことり「あはは……」

海未「帰ってきたら説教です。全く……」

海未「仕方ありません。しばらくは二人で作業していましょう」

ことり「あ、だったらことり飲み物買ってくるねっ。海未ちゃん何がいい?」

海未「すみません。ではコーラを」

ことり「はーい♪行ってきまーす」


ガチャ









ガチャ


ことり「海未ちゃん!?コーラって本気なのぉ!?」 ハァハァ


海未「良かった、気付いてくれましたか……」
4 : ◆J56L221nBM :2014/11/08(土) 13:38:55.22
ことり「すごく自然に言うからそのまま買って来ちゃうところだったよ~」

海未「ふふっ、すみませんつい……」

ことり「はい、アイスで良かったよね?」

海未「はい、ありがとうございます」 スッ

海未「あつっ!」

ことり「えっ!?」

海未「こ、ことり……これ、ホットです」

ことり「え、ええっ?本当に…?」

海未「はい、触ってみてください」ピトッ

ことり「やぁんっ!?冷たいっ!」

海未「……ふふっ」

ことり「あっ、もう海未ちゃ~ん!」

海未「ことり、買って来た貴女が熱いか冷たいか分からないっておかしいですよ?」クスクス

ことり「そ、それはそうだけどぉ~…」グスン

海未「ふふふ……」
6 : ◆J56L221nBM :2014/11/08(土) 14:05:56.74
ことり「…海未ちゃん、どうしたの?」

海未「えっ?」

ことり「今日は何時もより元気だよね」

ことり「ことり微かにいじめられてるような……」 ウルウル

海未「い、いじめているだなんてとんでもない!」

ことり「じゃあ、何かあった?」










海未「……ふぅ、やはりおかしいですね」

海未「私がこんな風にひょうげた事をするのは」

ことり「えっ?」
8 : ◆J56L221nBM :2014/11/08(土) 14:41:56.73
海未「最近、μ'sの皆さんを見ててふと思うのですよ」

海未「どうして穂乃果には、人を元気にする事が出来るのか」

海未「どうして花陽には周りを落ち着かせる力があるのか……と」

ことり「海未ちゃん?」

海未「絵里や希には、全てを受け入れる包容力をもっていますし」

海未「真姫には音楽の才能、にこや凛のいざと言う時に出せる爆発力は尊敬します」

海未「そういった一人ひとりの個性が、μ'sを輝かせているのです」











海未「……しかし、私には突出した個性はありません」

海未「どれもこれもが皆、凡人の域で止まっている事に、……最近気がつきました」

ことり「……」
12 : ◆J56L221nBM :2014/11/08(土) 15:11:50.74
ことり「……海未ちゃん」

海未「今までの自分を振り返ってみたのです」

海未「練習の指揮は絵里に劣りますし、作詞なんてその気になれば誰だって出来ます」

海未「歌もダンスも、自信を持ってアピールする事などとても……」

ことり「海未ちゃん、でもそれって」

海未「分かっています」

海未「隣の芝生は青く見えるだけ……そう言いたいのでしょう?」

ことり「あ、あの……」

海未「でも、実際に青いのですよ、μ'sのメンバーは」

海未「欠点を補えるほどの魅力を、他の皆さんは持っています」

海未「私には……それが無いのです」













ことり「…だからさっき、いつもと違う事をことりに?」

海未「……すみません、ことりを実験台の様に扱ってしまって」

海未「これではただの嫌がらせですよね……ごめんなさい」
17 : ◆J56L221nBM :2014/11/09(日) 00:04:33.19
海未「…ふぅ」






ことり「…ねぇ、海未ちゃん」

ことり「海未ちゃんはこんな歌、知ってる?」

海未「えっ?」

ことり「私が両手を広げても~♪」チュン

ことり「お空はちっとも飛べないが~♪」チュン

海未「こ、ことり……?」

ことり「ほら、海未ちゃん」

海未「……」











海未「…空飛ぶ鳥は私のように」

ことり「じめんーを早くは走れない~♪」チュン
18 : ◆J56L221nBM :2014/11/09(日) 13:51:11.03
海未「ことり、これは…」

ことり「うん。そういうこと」

ことり「海未ちゃん、さっき自分以外のみんなが才能あるって言ったよね?」

海未「はい……事実です」

ことり「ことりからしたら、海未ちゃんの方が才能あるって思うけどなぁ~」

海未「……何故ですか?」

ことり「だって、何でも普通に出来るんだよ?」

ことり「どんな事でも不得意無くこなせるのってぇ……とってもすごいって思うの」

海未「ですが、それではただの没個性で……!」

ことり「も~!そんな考え方したら落ち込んじゃうからだめ」

ことり「何でも普通に出来る事だって才能なの」

ことり「それに、海未ちゃんは普通に出来るまでの努力をちゃんとやってる」

ことり「ことりには分かるよ?海未ちゃんが一生懸命頑張ってること」

23 : ◆J56L221nBM :2014/11/11(火) 20:45:49.90
海未「……ことり」

ことり「ことりは海未ちゃんみたいに、全部は頑張れない」

ことり「でも、ことりにしかできない事で、海未ちゃんやみんなを助ける事ができちゃう」

ことり「みんな、みんなそうやって誰かの為になってるんだと思うよ?」

ことり「海未ちゃんも、その一人なの♪」

海未「……」

ことり「はい海未ちゃん、この詩の最後のフレーズは?」

海未「え、えっと…」








海未「……みんな違って、みんないい」

ことり「はい♪よく出来ました~♪」

25 : ◆J56L221nBM :2014/11/11(火) 21:23:05.85
海未「……ことり、あなたはずるいです」

海未「その詩の言葉だけでは私は絶対納得出来ない」

海未「でも、貴女がそれを代弁すると、私は何故が素直に受け取ってしまいます……」

ことり「えへへ……海未ちゃん、可愛いね」

海未「か、可愛くなどありません!」

ことり「だって、本当に可愛いんだもん」

海未「や、やめて下さい…恥ずかしいです」





ことり「海未ちゃん」

ことり「自分に自身が持てなくても、ことりは別にいいって思うの」

海未「えっ?」

ことり「何か一つでもみんなの為になるものがあれば、それで十分だよ」

ことり「あまり肩肘を張らないで、もっとリラックスしてもいいんだよ?」

ことり「ことりは、いつもの海未ちゃんが、一番好きだから」

海未「……」

ことり「ねっ♪」






海未「……ことり」

ことり「なーに?」

海未「やっぱりあなたはずるいです」

海未「……でも」

海未「ありがとう、ございます」
26 : ◆J56L221nBM :2014/11/11(火) 21:31:42.03
ことり「…えへへ~♪」 ギュッ

海未「ちょ、ちょっとことり…何をするんですか……」

ことり「海未ちゃんって本当に可愛いっ」

海未「も、もう……」

ことり「あ、そう言えば……」

ことり「どうしてさっき、ことりの事だけ何も言ってくれなかったの?」

海未「そ、それは…その」

ことり「じーっ…」

海未「め、面と向かってを言うのは…少し恥ずかしくて」

ことり「あ、じゃあことりにも良い所あるんだね?よかった~」

ことり「ことりだけ何もないんだって思ってちょっと悲しかったんだよぉ?」

海未「そ、そんな事有り得ません!ことりには数え切れないほどあります!」


27 : ◆J56L221nBM :2014/11/11(火) 21:37:20.46
ことり「本当?」

海未「本当です!」

ことり「じゃあ、1つ目は?」

海未「え…絵が可愛い」

ことり「二つ目」

海未「い、衣装のデザインが素敵です」

ことり「三つ目♪」

海未「み、みんなを……癒してくれます」

ことり「四つ目~」

海未「え、えっと…か、可愛い所です!」

ことり「やん♪じゃあ五つ目」

海未「こ、ことり!もう勘弁して下さい!」

ことり「いーやっ♪全部言ってくれるまで離さないからねっ」

海未「そ、そんなぁ……」 

ことり「えへへ♪」







~おわり~
29 : ◆J56L221nBM :2014/11/11(火) 21:50:03.00
コ ニ シ キ の う た



じゃあの
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 21:41:10.39

癒された
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 22:37:35.12
大変良かった
乙乙
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 22:45:11.33
あなたは最高です
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 22:51:30.73
ことりかわいすぎ、乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク