貝木「阿良々木、お前もう戦場ヶ原は抱いたのか」

1 : ◆iGjJEjW9Cg :2014/07/04(金) 01:39:33.62
暦「……へ? ……は?」

ひたぎ「……ちょっと!」

貝木「お前は耳まで不自由なのか阿良々木、それともそのまま頭が不自由なだけか」

貝木「戦場ヶ原とはもう性行為をしたのかと聞いているんだ阿良々木」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404405573
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 01:40:56.76
暦「それを聞く理由は何だ」

貝木「いや、何、単なる興味本位と懐かしさの為だ」

貝木「戦場ヶ原から聞いたがお前達は今付き合っているのだろう?」

ひたぎ「……貝木!」

貝木「何だ、戦場ヶ原。怖い顔をして

貝木「聞いておいてなんだがまさかあのお前がまだ抱かれてないということもあるまいに」

貝木「あの色狂いのお前が」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 01:41:53.39
暦「…………え」

ひたぎ「……ちが、違うの「いーい女だろう? 阿良々木」」

貝木「俺が仕込んだからな、技術もその辺の女よりは遥かにあるはずだ」

貝木「それにこいつも元来の好き物だ」

貝木「毎晩毎晩求められて仕方ないだろう阿良々木」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 01:43:24.49
貝木「俺が相手をしていた頃は陸上部だったか、まあ運動部だったこともあって膣の具合も良くてなぁ」

貝木「つい色んなプレイを愉しんでしまったよ」

貝木「中学生だったから肌も水を弾くようでなぁ……いやーあの頃は随分若さを貰ったもんだ」

貝木「そう言えば今は戦場ヶ原は部活に入って居ないんだったか」

貝木「まああの頃には劣るだろうがそれでも十分いい具合だろうなぁ」

貝木「いやー、羨ましい羨ましい」

暦「…………せ、戦場ヶ原……?」

ひたぎ「ち、違うのよ阿良々木君、これは……その……」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 01:44:50.80
暦「だってお前……星を見に行った時は……」

戦場ヶ原「そ、そうよ、誰がこの男となんか……!」

貝木「……足の付け根の黒子」

暦「……!」

ひたぎ「……!」

貝木「あの頃をふと思い出した。 あの黒子が何とも淫靡でなぁ」

貝木「お前もそう思わないか? なぁ阿良々木」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 01:46:36.03
ひたぎ「……!」

暦「……」

貝木「いやー俺とお前は所謂穴兄弟と言う奴だ」

貝木「お互い隠すことなんかないだろう?」

貝木「通常なら恥ずかしいようなこともお前となら照れずに話せるような気がするよ阿良々木」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 01:49:01.53
暦「おい……戦場ヶ原……? はは、まさか本当に「違うの阿良々木君!」」

貝木「何が違うんだ? 戦場ヶ原」

ひたぎ「やめて……貝木……!」

貝木「……ん?」

ひたぎ「やめて……下さい…………」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 01:56:41.36
貝木「おいおい」

貝木「まさかお前達まだ」

暦「……」

ひたぎ「……」

貝木「いやー、これは悪かった」

貝木「まさか"あの"戦場ヶ原が未だに付き合った男とやっていないとは露にも思わなくてなぁ」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 02:00:10.41
貝木「阿良々木、今迄俺が言って居たことは全て冗談だ」

暦「……冗談、だと?」ギリッ

ひたぎ「……」ビクッ

貝木「その通りだ阿良々木」

貝木「知っての通り俺は正直者だからな。 嘘なんかついたこともない」

貝木「だから戦場ヶ原はいまだ清らかな処女で、俺と言う男と肌を重ねたことも無く、お前に純潔を捧げようとしている夢見がちな乙女だ。安心すると良い」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 02:15:27.79
貝木「だからこのまま、仲睦まじく清い交際を続けてくれ」

貝木「いや、冗談とは言え悪かったな戦場ヶ原」

貝木「未来ある若人2人の邪魔をするところだった」

ひたぎ「……」ギリッ

暦「……」

貝木「ではまぁ後は若い者同士に任せて年寄りは退散するとしよう」

ひたぎ「……二度と目の前に現れないで」

貝木「おお勿論、それではな。戦場ヶ原、阿良々木」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 02:16:46.63
貝木「……おっとそうだ、忘れるところだった」

貝木「戦場ヶ原」

ひたぎ「……」

貝木「あのお前がまだ行為に及んでいないと言うことは随分と我慢をしているのだろう」

貝木「"あの番号"はまだ使い続けておく」

貝木「耐え切れなくなったらいつでもかけてきていいぞ」

ひたぎ「……!」キュッ

暦「……!」

貝木「金は取るがな、1000円から相手をしてやろう」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 02:18:30.13
貝木「おっとそう言えば俺はお前達に呼び出されたんだったが……もう話はいいか?」

ひたぎ「……」

暦「……」ギリッ

貝木「良いみたいだな。 ……阿良々木、戦場ヶ原を大事にしてやれよ? 」


貝木「それではまた」





終わり

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 02:21:09.98

過去編待ってる
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 02:23:41.20
乙乙
読みたくないけど読んでしまう魔力のあるssだった
最後らへんが特にすごい貝木っぽかった
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/04(金) 02:33:46.34

たまんねえな阿暦々木くん

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク