梅原「よ~大将」橘純一(もしかして僕は男が好きなんじゃ?)

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 14:37:03.43
ちょっと前

美也「ちょっとにぃに!早く起きてよ!」

橘「う~ん……ってもうこんな時間!?なんで起こしてくれなかったんだ~」

美也「みゃーちゃんと起こしたよ?全くそんなんだからにぃにはいつまでたってもモテないんだよ……」

橘(ん?モテない?)

橘(たしかに僕はクリスマスから恋愛に対して苦手意識を持っていたけど……)

橘(それってつまり女性を避けてきたってことだよな……)

美也「それでね、まんま肉まんは……ってにぃに聞いてる?」

橘「はっ!」

美也「え?」

橘(もしかして僕は男が好きなのか!?)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423633023
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 14:47:13.29
美也「ねぇにぃに、大丈夫?」

橘「え?あ、あぁ!大丈夫だよ!早く学校に行こう」

橘(さすがにそれはないよな……うんないよな)


美也「それでね~逢ちゃんがね~……」

梅原「よ~大将 今日も仲がよいこって」

橘「お、おう梅原 おはよう」

梅原「どうした大将?なんか元気ないじゃないか」

橘「そ、そうか?」

橘(男が好きなのかとか考えてたなんていくら梅原や美也でも言えないよな……)
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:09:08.39
橘「僕……疲れてるのかな」

梅原「大将?ホントに大丈夫か?」

橘「え?あ、あぁ!大丈夫だよ」

橘(って、さっきも言ったような……)

棚町「ぐんも~純一」

橘「あ、あぁ薫か」

棚町「なによ、元気ないわね」

美也「朝からこんな感じなんだよ?」

梅原「おい大将、大丈夫か?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:11:57.57
興味深い
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:18:38.12
橘(とりあえず学校に着いた……)

橘(しかし僕はなんてことを考えてたんだろう)

絢辻「おはよう、橘くん」

橘(もしかして欲求不満!?と、なると今日はお宝本にお宝ビデオもオーダーしないと……)

絢辻「……」ニコッ

橘「うわぁぁぁぁ!!!!!絢辻さん!!!!」

絢辻「なに?その幽霊を見たような悲鳴は」

橘「ご、ごめん……ちょっと考え事を」

絢辻「手伝ってほしいことがあるからちょっと来てくれない?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:34:02.56
橘(はぁ……絢辻さんは怖いな……)

橘(そういや絢辻さんと一緒にいたときはあのこと考えなかったな……)

橘(うーん……)

橘(まあ今はこの荷物をクラスに運ぼう)
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:38:00.40
七咲「先輩」

橘「おお、七咲かおはよう」

七咲「おはようございます その荷物はどうしたんですか?」

橘「え?あぁこれは絢辻さんの手伝いだよ」

七咲「そうですか……」

橘(なんで微妙な顔してるんだ?)

七咲「あ、あの先輩!」

橘「ん?」

七咲「放課後空いてますか?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:44:42.71
橘(え?急だな……)

七咲「ダメですか?」

橘「う、ううん!全然!むしろ嬉しくて踊りたいくらい!」

七咲「そ、そうですか……///」

橘()

橘(あれ七咲ってこんなかわいかったっけ)
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:48:56.60
七咲「それじゃ先輩 すみませんが部活が終わるまで……」

橘「うん、わかったよ」

七咲「それでは」ペコッ 

橘(うーん……僕は男が好きって訳じゃないのかな)

橘(やっぱこれは相談したほうがすっきりするし……)

橘(うん!そうしよう さっそく梅原に相談だ!)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 16:02:44.60
梅原「はぁ?もしかして男が好きかもしれない?」

橘「あ、あぁ……ちょっと朝方美也と話してたら」

梅原「おいおい大将~しっかりしてくれよ」

橘「あぁ……僕は多分疲れてるんだろうな……」

棚町「なんの話してるのよ?」

橘「あぁ薫と田中さんか」

梅原「ちょっと聞いてくれよ棚町と田中さん」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 16:07:00.92
棚町「いくらなんでもそれは純一……」

田中「う、うん……それは……」

橘「だから疲れてるのかなって言ったじゃないか!」

棚町「そうだけど……ねぇ?」

田中「う、うん……」

梅原「ま、まあ大将 景気付けにこれはどうだ?」スッ

橘「ん?」(こ、これは!)

梅原「取引は放課後……でどうだ?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 16:09:19.18
田中「薫 なにあれ?」

棚町「知らないほうがいいこともあるのよ恵子」

田中「そ、そう……」

橘「あっ!」

梅原「お、おい!何大声上げてるんだよ!」

橘「ごめん……今日放課後は用事が……」

梅原「そうか どんな用事だ?」

橘「実は……七咲に(買い物に)付き合ってくれないかって……」

梅原「……」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 16:30:24.77
梅原「大将それはな」

絢辻「梅原くん、橘くん そろそろ授業だから座ってくれないかな?」

梅原「おう、すまん」

梅原(鈍いってレベルじゃないな……)

橘(なんか橘くんのところだけ強調されてたような……)
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 16:43:50.08
キンコンカンコーン

高橋「はい、じゃあここまで!」

橘(結局頭に入ってこなかった……)

絢辻「橘くん」

橘「は、はい!」

絢辻「ちょっといいかな?」ニコッ

橘「は、はい……」

梅原「最近あいつらの距離近くなったな」

棚町「そ、そうね……」

梅原(かぁ~!大将も罪な男だね!俺にも一人くらい)
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 16:50:18.31
田中「梅原くん、なんか呼ばれてるよ」

梅原「え?」

梨穂子「純一いる~?」

香苗「この子が橘くんに用があって来たんだけどいなさそうね」

梅原「あぁ、大将なら創設祭の仕事だと思うけど」

香苗「そ、そうなの……」

香苗「ね、ねぇ梅原くん……」

梅原「ん?」

香苗「……いやなんでもない ほら桜井また後で出直すわよ!」

田中「ふーん……」ニヤニヤ
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 17:25:42.75
その頃

橘「ちょっと絢辻さん?いったいどこへ……」

絢辻「この辺でいいわね……」

橘(ここはめったに人が来ないところ……)

橘(はっ!まさか……)

絢辻「橘くん」

橘「は、はい!」

絢辻「あなた、今日放課後創設祭の準備があること忘れてないでしょうね?」

橘「え?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 19:07:00.29
橘「えっ?いや今日はたしか……」

絢辻「忘れてないでしょうね?」

橘「えっ?だから今日は……」

絢辻「ん?」ニコッ

橘「あ、あぁ!そうですよね!ありました!」

橘「そ、それじゃ僕はこれで!」

橘(困ったなあ……七咲に何て言おう)

絢辻(ふふ……七咲とかいったかしら?)

絢辻(お気の毒……フフッ)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 19:09:49.26
橘(うーん困ったなあどうしよう)

森島「橘くん!」

橘「森島先輩、塚原先輩」

塚原「私たちこれから食事しようと思ってるんだけど一緒にどう?」

橘「ありがとうございます!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 19:12:40.67
食堂

塚原「そういえば橘くん」

橘「はい?」

塚原「さっき七咲とあったんだけど」

塚原「なんかすごい嬉しそうだったわよ 橘くんの名前出したらうつむいちゃって」

森島「あの時の逢ちゃん キュートだったわー」

橘「そうですか……」

橘(どうしよう!これは間違いなく放課後のことだよな!?)

塚原「橘くん、七咲に何かした?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 19:16:12.76
橘「い、いや!何もしてないですよ!」

塚原「そう?」

橘(は、はやく行けなくなったことを伝えなきゃ……)


橘「ごちそうさまでした!」

森島「また一緒に食べようね~橘くん」

橘「はい!よろしくおねがいします」

橘(とりあえず美也のクラスにいくか……)
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 19:21:56.93
美也「え?逢ちゃん?」

橘「うん どこにいるかわからないか?教室にはいなさそうだし」

美也「逢ちゃんならさっきプールに行くって言ってたよ」

橘「サンキュー美也!」

美也「でもなんで……って行っちゃった」

??「」ササッ

美也「え?……気のせいかな?」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 16:38:51.47
プール

橘「七咲!」

七咲「先輩?」

橘「あーいたいた 伝えたいことがあってさ」

七咲「どうしたんですか?」

橘「いや実は……」


七咲「そ、そうだったんですか……すみません」

橘「いや!七咲は悪くないよ!この埋め合わせは必ずするから!」

七咲「本当ですか?」

橘「あぁ!もちろん!」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 16:44:40.14
七咲「じゃあ予定が空いたときに先輩から誘ってください」

橘「僕が決めていいの?」

七咲「はい 楽しみにしてますよ?」

橘「じゃあなるべく早く予定が空くようにするよ じゃあ、自主練がんばれ」

七咲「あ、あの先輩!」

橘「ん?」

七咲「いや……また楽しみにしてます……///」

橘「お、おう(あれ……七咲って)」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 16:48:24.31
橘(うーんやっぱ七咲には悪いことしたなあ)

橘(でも絢辻さんに逆らうと怖いし……)

橘(すまん七咲!)


棚町「恵子?なにニヤニヤしてんのよ」

田中「ほらあれ」

棚町「桜井さん?桜井さんがどうかしたの?」

田中「そっちじゃなくて!」

棚町「あぁ香苗さんと梅原くん?……え?もしかして」

田中「ほら!薫!ご飯食べに行こうよ!」

棚町「え?う、うんいいけど……」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 17:12:42.51
放課後

絢辻「あら、来たのね」

橘「そりゃまあ仕事だし……」

絢辻「七咲さんはいいのかしら?」

橘「えぇ!?なんでそれを!?」

絢辻「まあいいわ、早速始めるわよ」

橘「はい……」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 17:21:06.10
橘(ふぅ……疲れた)

絢辻「お疲れさま」

橘「あ、お疲れさまです」

絢辻「はいこれ」

橘「え?ジュース?」

絢辻「そうよ 見ればわかるでしょ」

橘「それはそうだけど……いいの?」

絢辻「えぇ、その……たまにはね」

橘「じゃあ……いただきます」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 17:25:02.26
橘「それじゃ、僕はこれで」

絢辻「……」

橘「あれ?もしかしてまだ仕事……」

絢辻「……いやなんでもないわ お疲れさま」

橘「うん、それじゃ」


橘「ただいま~」

美也「おかえり~」

美也「今日はいつもより帰り早いね」

橘「え?そう?」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 17:27:47.58
橘(そういや僕今日の朝変なこと考えてたな……)

橘(梅原とか薫とか田中さんに話したときは梅原がフォローいれてくれたけど)

橘(正直引いたよな……)

橘(はぁ……)

橘(これは美也にも話せないよな)

美也「ねぇにぃに」

橘「ん?」

美也「にぃに大丈夫?」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 17:30:13.10
橘「え?なにが?」

美也「ほら、朝元気なくて棚町先輩と梅ちゃんに心配されてたじゃん」

美也「みゃーも心配してたんだよ?」

橘「あ、あぁ 美也も心配してくれてたのか」

美也「も、もちろんだよ!」

橘「そうか……ありがとう大丈夫だよ」

美也「うん……」

橘(あれ?美也が元気なくない?)
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 17:39:18.91
風呂

橘(でも冷静に考えたら男を好きになるってないよな……)

橘(そしたらいつも貸し借りしてるお宝本とかなんなんだよ!)

部屋

橘「そうだ!きっと疲れてるんだ!」

橘「よし明日は借りるぞ!」

美也「……なにを?」

橘「み、美也!(しまった!声に出てたか!)」

美也「もしかしてお宝本?」

橘「ち、ちがう!」

美也「だからにぃにはいつまでもモテないんだよ」

橘「」ピクッ
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 17:40:50.16
美也「じゃあみゃー寝るね~」

橘「あ、あぁおやすみ」

橘(……それ朝も言われたよな)

橘(れ、冷静に考えよう 僕は女が大好きだ)

橘(そうだ!きっとそうだ!僕も寝よう)
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 18:25:08.44
橘「あぁ~あ」

橘(よく寝れたな)

橘(ん?)

七咲「おはようございます、先輩」

橘()

橘(え?あれ?)
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 18:27:22.11
橘「お、おはよう」

七咲「遅刻しますよ、急いでください」ガチャ

橘(……あれ?今の七咲だよな?)

橘(いつもは美也だったはずだけど)


美也「にぃに起きた?」

七咲「うん、起きたよ」

美也「珍しいね、みゃーが起こしに行っても起きないのに」

七咲「そうなの?」

美也「そうだよ!この前なんか……」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 18:32:14.06
梅原「よ~大将 あれ?今日は美也ちゃんと一緒じゃないのか」

橘「あぁ あいつなら七咲と行ったよ」

梅原「七咲って最近お前と仲がいい後輩か?まぁそれはともかくだな!大将……昨日渡せなかったこれ……」

橘(こ、これは……!)

梅原「取引はいつにする?」コソコソ

橘「そ、そうだな……とりあえずここは人の目が多いから学校で……」コソコソ

梅原「了解したぜ大将」コソコソ

棚町「な~に朝からコソコソしてんのよ!」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 18:34:57.76
七咲可愛すぎて死にそう
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 18:44:04.44
梅原「!?」

橘「!?……なんだ薫か 驚かすなよ」

棚町「なんだとはなによ 私以外だったらどうしたわけ?例えば絢辻さんとか」

梅原「それは勘弁願いたいぜ~……」

棚町「だから、アンタたちは私に感謝するべきなのよ」

橘「お、おう……あ、ありがとう?」

棚町「あっ!恵子~」

橘「なんなんだあいつは……」

梅原「まあまあ、夫婦漫才はこの辺にして」

橘「だ、誰と誰が夫婦なんだよ!」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 19:23:20.25
梅原「……ほれ」スッ

橘「どれどれ……」

橘「こ、これは……!」

橘(スラッとした体に似つかないとにかくデカイ胸!)

橘(そしてこのカメラワーク!下でも上でもなく、僕のベストアングル!)

橘「梅原、お前……」

梅原「フッ……兄貴に頼んで頼んで頼み込んでようやく手に入れた戦利品だぜ?大事にしろよ、大将……!」

棚町「な~に見てんのよ!」

橘「うわぁぁぁぁぁああああ!!!!!」

棚町「なによ、そのお化けでも見たような反応は 傷つくわよ」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 19:33:53.25
橘「ご、ごめん ちょっと立て込んだ話をしてて」

梅原「そ、そうだぜ棚町 俺らは重要な話をしてたんだ」

棚町「まっ、いいわ 見なかったことにしてあげる」

橘「ふぅ…… なんとかごまかせた」

梅原「危なかったな……」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 19:37:06.77
橘「やっと昼食だ~」

梅原「腹減ったな~さっさと行こうぜ」

棚町「2人とも、一緒にどう?」

橘「ああ、いいよ」

梅原「よしっ!そうと決まれば行こうぜ」


棚町「ねぇ純一」

橘「ん?」

棚町「昨日の、結局なんだったのよ」

橘「昨日?」

棚町「ほら、なんか男がどうのこうの」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 19:38:55.83
橘「あぁあれは多分気のせいだよ」

梅原「気のせいじゃなかったらかなり……」

橘「まあまあ、早く食べよう」

梅原「そうだな」

棚町「そうね」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/12(木) 22:32:37.93
楽しみにしてるぞ
あまがみはやっぱ良いな
このSSみて久しぶりにPSPの電源入れたわ
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:07:48.93
梅原「大将……」

橘「あぁ……」

梅原「ついに明日だな……」

橘「あぁ……」

梅原「……ってお前は絢辻さんと見回りだろ?」

橘「まぁ実行委員だしな」

梅原「本当にそれだけかね~……」

橘「そ、それだけだよ」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:10:22.61
梅原「まぁ何にせよ、とりあえず今年は男二人で聖夜を過ごすこともなさそうじゃねえか」

橘「あぁ……そうだな」

橘(去年は梅原に慰められたな……)

梅原「相変わらず俺は一人だけどよ……だが!来年こそ……!」

橘「それ去年も言ってなかったか?」

梅原「大将、それは言っちゃダメだぜ~」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:14:11.46
創設祭当日

橘「いよいよだね、絢辻さん」

絢辻「そうね……ここまでいろいろあったわ」

橘「でもこのクリスマスツリーも、この創設祭も小さくなることはなかったし、本当によかったよ」

絢辻「まだ気を抜いちゃダメよ 創設祭は始まってないんだから」

橘「……そうだね」

絢辻「……橘くん」

橘「ん?」

絢辻「……ありがと」

橘「……うん」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:19:41.24
絢辻「これより、第57回輝日東高校創設祭を開始します!」

ヒュ~ パン!

橘「あのクリスマスツリー、昨日まで僕たちのクラスが装飾してたんだよな……」

橘「きれいだな……」

橘(梅原は何やってるんだろうな)


梅原「そこの後ろ姿が素敵なお姉さ~ん!」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:45:40.18
橘(見回りってのも疲れるな)

橘(お、ここすごい混んでるな 何の店だろう)

橘(水泳部……おでん?)

七咲「先輩?」

橘「七咲!おでんやってんのか?」

七咲「はい 去年もやってたらしいですけど、知らなかったんですか?」

橘「あ、あぁ 去年は参加してなかったからな」

七咲「もったいないですね 何してたんですか?」

橘「え?!いや普通に……」

橘(男二人で過ごしてたなんて言ったらどんな顔するんだろうな……)
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:51:21.75
七咲「じゃあこれどうぞ」

橘「ん?」

七咲「クリスマスプレゼントです」

橘「クリスマスプレゼントにおでんね……ははっ」

七咲「一個50円ですよ?」

橘「金取るの!?」

七咲「はい♪もちろんです」

橘「なんか押し売りみたいだけど……」

七咲「味は確かですよ?」

橘「そ、そうなのか?じゃあ頂くよ」

七咲「ありがとうございます!じゃあ私はこれで」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:54:29.16
橘「あぁ がんばれよ!」


橘(ん……結構いけるなこれ)

橘(乗ってみるもんだな)

橘(と、もうすぐベストカップルコンテストの時間だな 急がなきゃ)

橘(誰が出るんだろう?)
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 15:56:28.40
橘「おい薫……その格好は……」

棚町「んふふ~どう?似合ってる?」

橘「似合ってる似合ってない以前の問題だろ!なんで学ランなんだよ!」

田中「薫……かっこいいよ!」

棚町「ふっ……恵子、今夜は寝かせないぜ」

田中「キャー!!」

橘「もうお好きにどうぞ……」

棚町「あっちにも突っ込んだらどう?」

橘「え?」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 19:47:39.06
梅原「よ~大将!」

橘「……」

梅原「どした?大将」

橘「梅原……まさかそのピンクのと出る気か?」

梅原「あったりめぇよ!寿司職人のパートナーは魚だろ!」

梅原「今日のトロ子はブリ恵よりかわいいぜ……」

橘(放っておこう……)
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 22:08:43.95

絢辻「続いてエントリーナンバー……」

橘(絢辻さん大変だなぁ……)

橘(創設祭当日までもそうだけど、こうして当日もがんばってる……)

橘(多分、創設祭後も反省会みたいなのをやるんだろう)

橘(何か恩返しというかそういうのが出来たらいいんだけどなあ……)
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 23:11:45.91
司会「以上で、創設祭は終了となります 皆様お気をつけてお帰りになってください……」

生徒A「それじゃあかんぱーい!」

生徒達「かんぱーい!」

橘「ふぅ……」

梅原「実行委員、お疲れさん」

棚町「大変そうね 私だったら絶対やらないわ」

橘「本番も意外と疲れるものだね……」

梅原「ささ!一杯どうよ?大将?」

橘「一杯ってもジュースだろ?」

棚町「なによ、ノリ悪いわね こういうのはノリが大事なのよ」

橘「はいはい」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 23:15:48.08
橘「絢辻さん!」

絢辻「ん?どうしたの?」

橘「お疲れさま 疲れたでしょ?」

絢辻「ええ、橘くんもお疲れさま」

橘「いや~……想像以上に疲れたよ」

絢辻「一年後は大学試験よ?」

橘「そのことは今は忘れたいよ……」

絢辻「ふふっ、それもそうね 今は楽しみましょ?」

橘「そうだね」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 23:18:29.33


橘「ただいま~」

美也「おかえり~ 実行委員お疲れさま~」

橘「あぁ、ありがとう もうクタクタだよ」

美也「みゃーもクタクタだよ 劇やったり動き回ったりさ」

橘「そういや劇やってたんだっけな ごめん見に行けなくて」

美也「ううんいいよ 結構好評だったし満足だよ」

橘「そうか、僕はもう寝るよ」

美也「じゃ、美也も寝よ~おやすみ~」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/13(金) 23:21:26.09
橘「……」

橘(やっぱ何かしたほうがいいよな……)

橘(色々迷惑もかけたし……)

橘(でもなにをすれば……梅原とか薫に相談しても茶化されそうだし……)

橘(……今はいいや なんも思い付かないし寝よう)
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 20:30:54.22

橘(うーん結局何も思い付かなかったな)

梅原「よう大将!……ってあれ?無視か?そうくる?」

橘「お、おうごめん ちょっと考え事を」

梅原「へぇ~……あの橘が考え事ね~……」

橘「し、失礼な 僕だって考えることはあるよ」

梅原「冗談だよ冗談 んで、何で悩んでたんだ?」

橘「それが……」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 20:35:31.79
梅原「ふーん……恩返しねえ……」

橘「うん でも何も思い付かなくてさ」

梅原「絢辻さんの好きそうなことは勉強とか読書とかその辺だと思うしな……」

橘「そうなんだよ 僕勉強なんて教えられないし」

梅原「それもそうだな……ま、俺も考えてみるよ」

橘「ありがとう」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 20:37:14.02
橘「……あれ?」

梅原「どした?」

橘「いや、こんな真面目に聞いてくれるとは思わなくて…」

梅原「おいおい大将、俺だって真面目になるぜ?」

橘「そ、そうだよな ははは……」

梅原「っと、そろそろ急ごうぜ」

橘「ああ」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 20:42:00.51
梅原(と、言ったものの何も思い付かねえよなあ……)

梅原(ちょっと俺も相談してみようかな)


放課後 帰り道

橘(うーん)

橘(結局何も思い付かなかったな)

橘(梅原にも悪いことしたかな)

ピエロ?「ハロ~!こんにちはネ~」

橘「えっ!?は、はろー」

橘(いきなりなんだ……?)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 20:45:33.78
ピエロ?「サイキン、ココのチカクに遊園地、オープンしましたネ! コレ、ペアチケットネ!」スッ

橘「えっ?は、はぁ、どうも…… !」

ピエロ?「ゼヒきてネ~!」

橘(……これだ!)

ピエロ?「ソコのオネエサ~ン!」

橘(絢辻さんがOKするかはともかく!誘ってみる価値はありそうだ!)

橘(ありがとう!ピエロ……?)
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:15:51.35
橘「ただいま!」

美也「おかえり~……ってにぃに、いいことあった?」

橘「えっ?なんで?」

美也「いやいつもなら低い声で『ただいま~……』みたいな感じだからさ」

橘「そ、そうかな まあたしかにあったことはあったかも……」

美也「ま、いいことあったならよかったね!」

橘「あぁ、ありがとう」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:19:14.82
朝 

梅原「よっ!大将」

橘「あぁ、おはよう梅原 そうだ、昨日のことなんだけどさ」

梅原「ん?なんか思い付いたのか?」

橘「思い付いたというか……まあこれを見てくれよ」

梅原「なになに……って遊園地のペアチケット……?」

橘「あ、あぁ……ま、まずかったかな」

梅原「うーんまあこればっかしは俺にはわからねえな しかしこんなもんどこで?」

橘「なんかピエロみたいなのに貰ったんだ ほら、最近開いたあの遊園地の」

梅原「なるほど……(しかし、これじゃあただのデート……)」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:23:38.83
梅原「しかし大将がそこまで動くってなんか珍しいな」

橘「えっ?そうかな」

梅原「あぁ、まあお前はお宝本を必ず持ってきてくれる義理固いやつというのは知ってるが……」

橘「うーん……」

橘(たしかに、なんでここまで動いてるんだろ)

梅原「あ、もうこんな時間か また麻耶ちゃんに怒られちゃうぜ?」

橘「そうだな、動こう」

橘(これとは全く違うけど、前にもこんな感じにひょっとしたことから考え込んだなんてあったな……)

橘(ま、あまり深く考えてもしかたないか)
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:28:21.59
少し時間を創設祭より前に戻して

2-A教室

梨穂子「純一~」

橘「ん?」

梨穂子「新作作ったんだけど、食べに来ない?」

橘「また試食か……?」

梨穂子「あ、味は確かだもん!先輩達お墨付きだよ?」

橘「まあそれはそうかもな……うん、じゃあまたお邪魔させてもらおうかな」

梨穂子「楽しみに待ってるよ~」

橘「おう」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:34:23.30
田中「……」ニヤニヤ

棚町「……どしたの恵子?ニヤニヤしちゃって」

田中「あれよ」

棚町「ん?純一と桜井さんと梅原くんと香苗さん?」

棚町「あ~……なるほどねなんとなくわかったわ」

田中「薫、あまり突っ込んじゃダメだよ?」

棚町「う……大丈夫よ それにしても最近よく来てるわね」

田中「どっちが誘ってるんだろうね?」

棚町「さあね~」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:42:35.63
香苗「梅原くんのお家って寿司屋なんだよね?」

梅原「あれ?俺言ったっけ」

香苗「あ、いや聞いたことがあってさ 実は私お寿司が好きなのよね」

梅原「へぇ~」

香苗「でも、わさびが苦手で…… いつもさびを抜いたのしか食べれないのよね……ちょっと子供っぽいよね」

梅原「い、いや!そんなことはないと思うぜ?」

香苗「そ、それでさ……」

梅原「ん?どうした?」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:48:22.44
香苗「そのー……今度空いてるときでいいんだけどさ」

香苗「梅原くんの家のお寿司を食べてみたいかな~……なんて……」

梅原「え……?」

梅原(こ、これは……)

香苗「あ、ごめん!急に言われても迷惑……」

梅原「い、いや!全然いいぜ?むしろ大歓迎だ!」

香苗「ほ、本当?」

梅原「ああ!男梅原に二言はねぇぜ!」

香苗「あ、ありがとう!」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:56:35.74
香苗家

香苗(ど、どうしよう!!)

香苗(無理を承知で言ったのに……)

香苗(ど、どんな格好で行けばいいんだろ……)

香苗(まだ日はあるけど……やっぱり緊張しちゃう)

香苗(も、もう寝よう……とりあえずそのことはまた後で考えよう……)
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 21:59:28.58
東寿司(梅原家)前

香苗(ど、どうしよう)

香苗(あっという間に来ちゃったわ……)

香苗(結局服装は普通にしたけど……)

香苗(ここを開ければ梅原君がいるのよね……)

香苗(……よし!)
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 22:03:09.05
香苗「お、おじゃましまーす……」

梅原「へい、らっしゃい!」

香苗「う、梅原君……その格好」

梅原「ま、一応制服みたいなもんだしな」

香苗「……ふふっ」

梅原「え?そんなおかしかったか……」

香苗「あ、いや!すごく似合ってるよ!」

梅原「そうか?そいつぁうれしいねえ!」

梅原「まだ見習いみたいなもんで、お口に合うかわかりませんが……ま、食べてみてくれ」

梅原「……っとそういやさび抜きのほうがいいんだっけか」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 22:06:06.10
香苗「あ、覚えていてくれたんだ」

梅原「まあな じゃ、適当に食べていってくれ」

香苗「じゃ、遠慮なく……」



香苗「ごちそうさまでした!」

梅原「送っていこうか?」

香苗「……いや、大丈夫」

梅原「そうかい 気を付けてな」

香苗「梅原君!このお礼は絶対するね!」

梅原「え?いやそんな」

香苗「いや、する!……その、楽しみに待っててね?」

梅原「ま、そこまで言われちゃ断れねえな 楽しみに待ってるぜ」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 22:11:48.22
それからしばらくしての帰り道

香苗(って言ったものの……)

香苗(なにをすればいいんだろう……)

香苗(結局あれから全然何もできてないよ……)

香苗(梅原君は気にしてないような感じだけど……)

香苗(やっぱ何もしないのは悪いよね……)

香苗(ってあれ?前にいるのは橘くんかな?)

香苗(それに前にいるあのでかいピエロみたいなのはなんだろう…… あ、こっち来る)

ピエロ?「ソコのオネエサ~ン!」

香苗「は、はい」

ピエロ?「コレ、ペアチケットネ!」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/14(土) 22:14:27.66
香苗「ペアチケット……? あ」

香苗(こ、これだ!)

ピエロ?「サイキン開いた、ソコの遊園地ノネ! ゼヒキテネ!」

ピエロ?「ソレジャ、グッバーイ!」

香苗(いやでもこれやってどうなるんだろう……)

香苗(断られたり……しないかな……)

香苗(……いや大丈夫 お寿司も食べさせてもらったし)

香苗(やらないよりはやったほうがいいわ!)

香苗(明日、このことを話そうかな……!)
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/15(日) 17:25:30.51
ここから先、橘純一と伊藤香苗の二人の主人公で最後まで書いていきたいと考えています
なので、どのように書けばいいか少し聞きたいです

① 橘 前編→香苗 前編→橘 後編→香苗 後編
② 橘 前後編→香苗前後編
③ どちらか片方

この三つの中からどれがいいでしょうか?
もしこの三つ以外に何かあったら書いてくれて構いません
どうか意見をお願いします……
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 01:38:25.31
香苗→橘
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 19:33:11.63
伊藤香苗編
ケッシン



香苗(よし!)

香苗(昨日決心したこと、今日に絶対やる!)

香苗(って決めたものの……)

ガヤガヤガヤ……

香苗(ちょ、ちょっと行きにくいな……)

橘「あれ?香苗さん」

香苗「た、橘くん!?」

橘「そんな驚かなくても……」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 19:36:54.07
香苗「ご、ごめん ちょっと考え事しててさ~」

橘「大丈夫?」

梅原「お~い橘~ ってあれ?」

橘「おお、梅原 どうかしたか?」

棚町「ほら、純一」コソコソ

橘「え?ああ、ごめん梅原 ちょっと宿題やって来るよ!」

梅原「え!?おい!大将?」

香苗(……はっ!い、今!)

香苗「あの、梅原くん!」

梅原「ん?」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 19:38:46.13
香苗「ほ、放課後……空いてる?」

梅原「あぁ、空いてるぜ」

香苗「その……ちょっと話したいことがあるからさ、校舎裏に来てくれたら……いいな」

梅原「あぁ、いいぜ 放課後に校舎裏な」

香苗「あ、ありがとう……」

梅原「いいって事よ んじゃまた後でな」

香苗「うん」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 19:45:41.30
放課後

橘「梅原~一緒に帰らないか?」

梅原「あぁ悪ぃ、ちょっとこの後用事がな」

橘「え?そうか」

梅原「ごめんな大将」

橘「いやいいっていいって じゃあ」

梅原「おう」

梅原「……」

梅原(しかし、一体なんの用なんだろうな)
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 19:53:30.77
放課後 校舎裏

香苗「……」

香苗(あんなこと言ったけど……来てくれるかな)

梅原(っと……ここかな?あ、まずっ)

梅原「すまん!!!」

香苗「……? あ、梅原君」

梅原「すまん、待たせちまって……」

香苗「いいよ、私もさっき来たところ」

梅原「そ、それで……話ってのは?」

香苗「……ヨシ うん、とりあえずこれ見て」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 19:59:47.63
梅原「これは……遊園地のチケットか?」

香苗「うん、もう前になっちゃうんだけど、お寿司を食べさせてくれたお礼に」

香苗「どう……かな?」

梅原「あぁ、いいぜ で、いつなんだ?」

香苗「ここに書いてある期限内なら私はいつでも大丈夫だよ」

梅原「そうか、じゃ今度の日曜で」

香苗「うん!ありがとう梅原くん」

梅原「いいってことよ 用はこれで終わりか?」

香苗「え?ああ、うん」

梅原「じゃあ送っていくよ」

香苗「あ、……ありがとう」
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 20:01:35.26
別れ道

香苗「じゃあ、私こっちだから じゃあね」

梅原「あぁ、じゃな~」

梅原「……」

梅原(おいおい……これは夢か何かか?まさか向こうから誘われちまうなんて……)

梅原(大将……俺にも一足先に春が来るようだぜ……)
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/16(月) 20:03:24.08
香苗家

香苗(……さ、誘えたんだよね?)

香苗(うん……夢じゃない 誘えたんだ)

香苗(この事は色々相談にも乗ってくれた桜井と橘くんにも感謝しなきゃ……)

香苗(はぁ……早く日曜日にならないかな……)
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 20:36:45.73
遊園地

香苗(ちょ、ちょっと早かったかな)

香苗(……)チラッ

香苗(に、20分前か……)

香苗(梅原くん……来てくれるよね)


梅原「はぁ……はぁ……」

梅原(ご、5分前か……これなら遅れたうちにはならね……)

梅原(ま、待たせちまってる……と、とにかく急がねえと)

梅原「お~い!」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 20:41:02.38
香苗「……? あ、梅原君」

梅原「悪ぃ、また待たせちまったな……」

香苗「う、ううん!まだ集合時間じゃないし!」

梅原「まあ、そうだが……待たせちまったのは事実だし……」

香苗「じゃあ、その分早く行こう?1分でも遊ぼうよ!」

梅原「あぁ、そうだな」

梅原(まぁ、怒ってないみたいだしよかったな……)
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 20:49:55.32

香苗「梅原君、ジェットコースターはどう?」

梅原「あぁ、いいぜ」

香苗「でも結構並んでるわね~」

梅原「たしかにな……ま、これも遊園地の醍醐味みたいなもんだな」

香苗「そうね~ じゃ、並びましょ」

梅原「おう」

梅原(しかし香苗さん、元気出たみたいだな……)

梅原(最近、本調子じゃないように見えたしよ……)
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 20:51:52.16
香苗「くるくるくる~!」

梅原「うおっ……結構高けえな……」

梅原(こりゃ高所恐怖症のやつなんか地獄だな……)

ゴーッ!

香苗「きゃー!」

梅原「うおおおお!!」
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 20:55:26.60

香苗「楽しかったね~!」

梅原「ああ、中々スリルもあってすごかったぜ~……」

香苗「梅原君は高いところ大丈夫なの?」

梅原「あぁ、結構大丈夫だぜ」 

香苗「そ、それはよかった……」

梅原「ん?どうかしたか?」

香苗「う、ううん!なんでもない!ほら次、あれ乗ろう?」
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:02:37.88

香苗「あぁ~楽しかった」

梅原「っと、もう昼飯時か どっかで食べるか?」

香苗「そうねぇ……こういうところはやっぱ和食とかないのかなあ~」

梅原「そうだな……俺も和食が食いたいが、こういうところにはまあないだろうな」

香苗「じゃ、ここでいいよね?」

梅原「あぁ、もう腹減りまくってるからそこで」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:13:35.97
梅原「ん、メニューか……どれどれ……」

梅原「……結構種類あるな」

香苗「見せて見せて……あ、ほんとだ これは迷うわね」

梅原「じゃ、俺はハンバーガーにしようかなと」

香苗「じゃあ私はこのサンドイッチで」

梅原「うしっ!決まりだな!すいませーん!」
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:22:01.37
梅原「お、うまいな!」

香苗「そうね!結構いけるわ」

香苗「そっちもうまそうね 食べていい?」

梅原「……え?」

香苗「ダメ……かな?」

梅原「い、いやいいけどよ……」

梅原(お、俺が意識しすぎなのか?)

香苗「じゃあ食べちゃうわよ?あーん……」

香苗「……うーん 中々おいしいわね」
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:26:09.67
梅原(おいおい……俺の食べかけなのによ)

梅原(まあ、あんまり意識してもしょうがねえのか?)

梅原「そうだ、香苗さん」

香苗「ん?どうかした?」

梅原「いや、今日はいつもより元気だな~って感じて」

香苗「えっ?そ、そうかな?」

梅原「いや、いつも元気ないっていう意味じゃなくてな?最近本調子じゃないな~って思ってたんだけどさ」
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:28:14.38
香苗「そ、そうかな?あんまり意識してなかったわ……」

梅原「ま、元気があるならいいんだけどよ」

香苗(意識しないで元気なくなって……また意識しないで元気になったのかな、私)

梅原「うしっ、っとまだ食べてたか」

香苗「あっ、ごめん 急ぐね」

梅原「いやいいってゆっくりでいいよ 俺はちょっくら水を取ってくるから」
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:30:23.90
香苗「ふ~満腹満腹」

梅原「んじゃ、そろそろ行くか」

香苗「うん!次はどうする?」

梅原「そうだな……ま、あんまハードなものは乗れねえことは確かだな」

香苗「そうね……じゃあそこに行きましょ?」

梅原「おう」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:35:18.38

香苗「ほんと、遊園地って楽しいね!」

梅原「そうだな……って空がいつの間にか暗く……」

香苗「……」

梅原「香苗さん?」

香苗「あ、あのさ……私最後に乗りたいものがあるんだけど……いいかな?」

梅原「おう、いいぜ どれだ?」

香苗「あ、あれなんだけど……」

梅原「あ、あれ……?って……」

梅原「……観覧車?」
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:38:35.57
梅原「……」

香苗「……」

香苗(ど、どうしよう……勢いでさそったのはいいけど……)

香苗(い、いや……伝えるなら今よね……)

梅原「お、だ、だんだん上がってきたな」

香苗「……うん」

梅原「すげえな ここまで高く来るとちょっと怖いな……」

香苗「……」

梅原「……香苗さん?どうかしたのか?」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:44:51.51
香苗「……いや、大丈夫」

梅原「そ、そうか……」

梅原(よ、よく考えたらこうして二人で観覧車乗るって初めてじゃないのか……?)

梅原(め、めちゃくちゃ緊張するじゃねえか……)

香苗「あのね……梅原君」

梅原「お、おう!ど、どうした?」

香苗「その……伝えたいことがあるの」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:47:09.22


香苗「私、梅原君のことが好き……なんだ」

155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:52:27.98
梅原「えっ……」

香苗「もう覚えてないくらい前から好きだった」

香苗「創設祭までに彼女を作ると意気込んでいた梅原君も」

香苗「結局作れないで、魚のぬいぐるみとベストカップル賞で笑いをとっていた梅原君も」

香苗「お寿司を食べさせてくれた梅原君も」

香苗「そして……」

梅原「……?」

香苗「こうして、一緒に遊園地に来てくれた梅原君も」
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 21:58:10.37
香苗「だから……その……」

梅原「いや、香苗さん 俺は物凄い大馬鹿野郎だ」

香苗「え……?」

梅原「俺は創設祭までに彼女を作ると意気込んでいたが……作れなかった」

梅原「だけどあの時、俺は後悔していた」

香苗「……え?」

梅原「俺も香苗さんと毎日話すようになってから、いつの間にか香苗さんとの話を楽しみにしていた」

梅原「俺はひょっとしたらその時から好きだったのかもしれない」

梅原「だけど、今ははっきり言える」
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 22:00:24.64

梅原「俺も香苗さんが好きだ」

梅原「こんな大馬鹿野郎でいいならこれからもよろしく頼む」


香苗「……う、ん……」

梅原「お、おい香苗さん!?なんで泣いて」スクッ

香苗「」バッ!

梅原「えっ……」

チュッ

梅原「……!」

香苗「……」
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 22:05:35.88
梅原「か、香苗さん……?」

香苗「今のは私たちの初めてのキス」

香苗「……ものすごく恥ずかしかったんだから」

梅原「……あぁ」

香苗「……私たちはもう恋人同士になったわけだし……」

香苗「……その、これからも側にいていいよね?」

梅原「もちろんだ」

香苗「ふふっ もう魚とベストカップル賞には出なくていいんじゃない?」

梅原「そ、そうだな……」
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 22:07:02.09
梅原「あ……もう終わるんだな」

香苗「……そうね」

梅原「早いな……」

香苗「……手、つなご?」

梅原「……あぁ」

ギュッ
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 22:09:32.41
伊藤香苗編終わりです
明日できたら橘さん書きます
じゃ
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/17(火) 23:00:45.05
???「うんうん!よかったね梅ちゃん!後は私の出番だね!」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:30:54.51
橘純一編

橘(うーん、とは言ったもののどうすりゃいいんだろ)

橘(いきなり誘うのも……いやいや、これはお礼だし)

橘(とはいえ、視線が集まるとちょっと困るな……)

橘(うーん……)

梅原「よ~大将 どした?うかない顔してよ」

橘「あぁ、梅原か いやなんでも……」

梅原「……ほんとはまだ誘えてないんだろ?」

橘「……まぁね」
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:33:01.23
梅原「おいおい、早く誘っとかねえと もう昼だぞ?」

橘「それはわかってるけど……」

梅原「行動を起こさない限り何も始まらねえぞ?」

橘「……そうだよな これ食べたら行ってくるよ」

梅原「それでこそ大将だ! じゃ、がんばれよ」

橘「よし……」
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:35:23.27
橘「……」

橘(えーっと……いたいた)

橘「絢辻さん!」

絢辻「ん?どうかした?」

橘「放課後話があるんだけど大丈夫かな?」

絢辻「えぇ、いいわよ どこで?」

橘「図書室……とかどうかな?」

絢辻「わかったわ 放課後に図書室ね」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:39:51.27
図書室

橘「えーっとチケットチケット……」

橘「よし、あるな」

橘(絢辻さんは仕事でちょっと遅れるって言ってたし、勉強でもしようかな)


絢辻「ごめん、遅れた……って珍しいわね勉強なんて」

橘「あ、絢辻さん まあ暇だったからね」

絢辻「……ところで何の話なの?ここまで来させたってことは教室では話しにくい話なんでしょうけど」

橘「うん、実は……」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:46:58.73

絢辻「ゆ、遊園地?」

橘「うん、なんかチケット貰っちゃってさ」

橘「絢辻さんには創設祭とかで色々迷惑かけたし」

絢辻「迷惑なんて……私は私のためにやっただけなのに……」

橘「まあまあ 迷惑なら破り捨てても……」

絢辻「さすがにそんなことはしないわよ」

橘(そうかな……)

絢辻「あなた、考えてることが顔に出てるわよ」

橘「えっ!?」
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:48:55.57
絢辻「……まあいいわ」

橘「ホント!?」

絢辻「えぇ、勉強の息抜きにもなれそうだし」

橘「やった!!」

絢辻「ちょ、ちょっと!ここ図書室よ?」

橘「あ……ご、ごめん」

絢辻「……それで」

橘「ん?」

絢辻「いつ行くの?」
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:52:47.90
橘「それが全く決めてないんだ……」

絢辻「はぁ?普通そういうのは決めるもんじゃないかしら……」

橘「ご、ごめん……だからそこに書いてある期限内から絢辻さんが都合のあう日を選んでくれたらな~って……」

絢辻「そうね……じゃあ、次の日曜日で大丈夫よね?」

橘「うん、僕はいつでも平気だよ」

絢辻「じゃあ、決まりね 楽しみにしてるわよ?」

橘「もちろん楽しませるよ!」

絢辻「ふふっ 元気でよろしい」
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 19:56:43.49
橘「じゃあ日曜日」

絢辻「うん またね」

橘「また」


橘「……」

橘(よし……誘うところまではOKだ)

橘(……日曜ってもうすぐじゃん)

橘(……とりあえず帰るか)
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:06:54.67
絢辻家

絢辻(橘くん……本当に……不思議な人ね)

絢辻(恩返し……のつもりかしら?)

絢辻(フフッ わたしが誰かのことを気にするなんて……本当に初めてかもしれないわね)

絢辻(いつの間にか目で追ってて……)

絢辻(誘われたときなんかすごく嬉しかった)

絢辻(わたし……どうしちゃったんだろ?)

絢辻(早く日曜日にならないかな……)
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:12:21.77
日曜日 遊園地

絢辻(す、少し早く来すぎたかしら……)

絢辻(さ、30分前かあ……)

絢辻(ま、ちょっとくらい待ちましょう)


橘「はぁ……はぁ……」

橘(まずい!!!!)

橘(これは非常にまずい……)

橘(美也のやつ……茶化しすぎなんだよ)

橘(……!?)チラッ

橘(5分も遅れてるじゃないか!急がなきゃ……)
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:14:51.87
橘「はぁ……はぁ……」

橘(さて……絢辻さんは……)キョロキョロ

橘(うーん……どこだ……?)

橘(もしかして愛想つかして……)

橘(と、とにかく探さなきゃ……)

…………

橘(……いた!)

橘「絢辻さ~ん!!!」
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:17:13.78
絢辻「……橘くん」

橘「はぁ……はぁ…… 本当にごめん……」

絢辻「……このあたしを待たせてそれだけ?」

橘「ほ、本当にすいません……」

絢辻「……ま、いいわよ そんな顔されたら怒れないわ」

橘「ご、ごめん……」

橘(はぁ……最悪だ……)
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:20:59.37
橘「……ごめん」

絢辻「気にしないでいいわよ その、ちゃんと来てくれたから……」

橘「もちろん来るよ 約束したのに来ないなんてありえないよ」

絢辻「……」

橘「……僕、変なこと言ったかな」

絢辻「えぇ、かなりね それが遅れた人の言うセリフかしら?」

橘「う……」

絢辻「ま、早く行きましょ 遅れた時間を取り返すくらいまで遊びましょ?」

橘「……そうだね」
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:26:14.27
絢辻「色々あるわね……」

橘「うーんどれから乗るか迷うね」

絢辻「じゃあ、あれ乗りましょ?」

橘「どれどれ……うっ」

橘(ジェ、ジェットコースター……)

絢辻「……?」ニコッ

橘(無言の圧力を感じる……僕が高所恐怖症っての知ってるんじゃないか……?)

橘「絢辻さん……まだ怒ってる?」

絢辻「なんで?」

橘「いや……うん」

橘(は、腹をくくるしかないな……)
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:28:24.77

絢辻「だ、大丈夫……?」

橘「ジェットコースターの速さは大丈夫なんだけど、高さがね……」

絢辻「そ、そんなに苦手だとは思わなかったわ……」

橘「ごめん……」

絢辻「じゃああれは大丈夫かしら?」

橘「……ん?」

橘「コーヒーカップか うん、あれなら余裕だよ」

絢辻「決まりね?」
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:31:15.44

絢辻「うーん、たまにはこういうのもいいわね」

橘「でしょ?息抜きは大事だよ」

絢辻「年中息抜きしてる人はよく知ってるわね」

橘「うっ……ひどい……」

絢辻「冗談よ ……あれ?なにかしら?」

橘「え?……なんか集まってるね 行ってみる?」

絢辻「えぇ……なにかしら?」
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:36:27.21
絢辻「ん?水上バイク?」

橘「あれはここの遊園地のマスコットらしいね」

絢辻「ってことはショーみたいなものかしら?」

橘「うーんたぶんそうかな」

キャー!

橘「えっ!?」

絢辻「あ……」

橘「うわっ!水に落ちちゃってるよ……あれ大丈夫なのか?」
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 20:40:42.78
絢辻「……」

橘「……はははっ」

絢辻「……あれ息できてるのかしら……」

橘「すごい動いてるね……」

絢辻「これもショーの一部なのね?」

橘「じゃないと思う……」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:06:39.14
プシュー!

橘「な、なんだ!?急に霧が……」

絢辻「前がよく見えないわ……」


橘「は、晴れてきた……」

絢辻「あ、あれ……?」

橘「どうかした?」

絢辻「あ、あそこ……」

橘「……あれ?さっきまで溺れてたのに……」

橘(って、乾くの早すぎだろ……)
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:09:32.18
絢辻「あ~面白かった」

橘「そ、そう?」

絢辻「ええ、一ヶ月分は笑わせてもらったわ」

橘「まあ普通にショーを見るよりは面白かったかも……」

絢辻「そろそろご飯食べない?」

橘「ん?ああ、もうそんな時間なんだ うん、食べよう どこにする?」

絢辻「……フフッ」

橘「え?」

絢辻「あるわよ、ここに」
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:13:07.90
橘「て、手作り弁当……!」

絢辻「ちょっと前、あたしがあなたにお礼として作ったとき以来かしら?」

橘「そ、そうかな……とにかく嬉しいよ!早く食べよう!」

絢辻「まあまあ、そんなに焦らないで」

橘「う、うん」

絢辻「それじゃあ、食べましょ?」

橘「うん!いただきます!」
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:16:04.70
絢辻「今度こそはあたしが作ったものがわかる?」

橘「うーん……これかな?」

絢辻「さあ?どれでしょうか?」

橘「え?」

絢辻「うんうん……」

橘「こ、答えは?」

絢辻「言わないわよ?恥ずかしいもん」

橘「う、うーん……気になる」
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:17:57.05

橘「ふーごちそうさまでした!」

絢辻「お粗末様でした」

橘「すごくおいしかったよ!」

絢辻「そう言ってもらえると嬉しいわ 次はどうする?」

橘「うーん食べたばっかだからなるべく優しいのがいいな」

絢辻「じゃああれ……」

橘「うん、いいよ」
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:21:19.11

アナウンス「まもなく閉園の時間となります……」

橘「もう終わりか~……」

絢辻「そうね……あっという間だったわ」

橘「ちょっとそこの公園で休まない?」

絢辻「……ええ」
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:26:21.92
公園

絢辻「ふう……」

橘「疲れたね」

絢辻「うん……」

橘「息抜きになったかな?」

絢辻「ええ……本当、楽しかったわ」

橘「ならよかったよ」

絢辻「……」

橘「……」

橘(……うっ、何話そう……)
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:31:29.23
絢辻「ねえ橘君……」

橘「は、はい……」

絢辻「話があるの」

橘「は、はい……」

橘(な、なんだろう……)

絢辻「ふぅ……」

橘「……」ゴクリ
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:32:21.83


絢辻「わたし、あなたのことが大好きなの」

191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:35:11.83
橘「……」

絢辻「わたし、気づいたらあなたのことを目で追っていた」

絢辻「そして、あなたと会うことを楽しみにしていた」

絢辻「いつからかわからない もう、覚えてないくらい……」

絢辻「お願い……はっきりした返事を聞かせて……」

橘「……僕も」
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:38:47.84

橘「僕も気づいたときには絢辻さんが視界にいた」

橘「あの手帳を拾うまで、僕は絢辻さんをあまり知らなかった」

橘「こうして一緒に遊園地に行くなんて、それまでの頃じゃ信じられない」

橘「……」

絢辻「……」


橘「僕も絢辻さんのことが好きだ こんな僕の側にいてくれるなら、僕は嬉しい」

193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:39:29.62
絢辻「……」

絢辻「……ありがとう」

橘「え?」


チュッ

194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:41:04.43

橘「……」

絢辻「う……」

橘「絢辻さん……」

絢辻「な、なに……?」

橘「鼻……」

絢辻「え……?」

絢辻「……鼻血?」

橘「はははっ……ティッシュティッシュ」
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:43:12.56
橘「……」

絢辻「……」

絢辻「手、つなぎましょ」

橘「う、うん……」

ギュッ

橘(寒いのに暖かいな……)
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:47:34.36
橘「……」

絢辻「……」

橘「……こ、この後どうする?」

絢辻「か、帰るしかないでしょ……」

橘「そ、そうだよ……ん?」

絢辻「ん?……あれって……」

橘「う、梅原だよな……隣の人は……」

絢辻「声かけてみる?」

橘「え?い、いいの?じゃあ……おーい!梅原~!」
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:49:28.37
梅原「……ん?」

香苗「どうかした?」

梅原「あれ……大将と絢辻さんか!?」

香苗「え!?ど、どうする?」

梅原「ま、まあ行ってみるか……」

香苗「そうだね……」
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:52:55.46
橘「梅原と……香苗さん!?もしかして……」

梅原「そういうお前こそ……」

橘「……」

梅原「……まぁ、よかったな」

橘「あぁ、梅原も」

梅原「結局……クリスマスまでには作れなかったけど、二人とも作れてよかったじゃねえか」

橘「それもそうだな」
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:55:49.03
梅原「もう二度と男のことが好きとか言うなよ?」

橘「い、言わないよ てか覚えてるのかよ」

梅原「あったりめえよ!……次はどっちが先に別れるか勝負するか?」

橘「え、縁起でもないこと言うなよ!」

梅原「ははは、冗談に決まってるだろ ま、俺は別れる気ないけどな」

橘「僕もだよ」

橘(そうか……梅原にも……よかったな)

橘(……僕も頑張ろう 絢辻さんの側にずっといれるように)
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 21:58:57.75
終わりです

ここまで見ていただいた方ありがとうございました
次回また別のを書くときがあった場合はもうちょっと考えてから書けるようにしたいです……
ありがとうございました
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/18(水) 23:03:45.72
???「えへへへ…橘くんと遊園地デート!橘くんと遊園地デート!……ってあれ?」
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/19(木) 00:11:34.51
乙乙!
非常に良かったです
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/19(木) 00:23:41.52
おつおつ!
次回も期待してるよー
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/26(木) 23:04:14.82
乙、最高れす

次は森島先輩で頼む

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク