純一「今日もパンツ貸してくれないか?七咲」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:40:41.24
~水泳部 女子更衣室~

七咲「いいですよ。よっと…はいどうぞ」ファサ

純一「ありがとう七咲、凄く助かるよ!」

七咲「いえいえ、他でもない先輩の頼みですから」

純一「いやあ、七咲みたいな後輩を持てて僕は幸せだなあ」

七咲「もう…先輩ってば大袈裟ですよ」クスッ

純一「それじゃあ僕はそろそろ帰るから。七咲も部活頑張ってね」

七咲「ありがとうございます先輩。それではこれで」


塚原「ちょっと待ちなさいあなた達」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446910841
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:41:41.37
純一「あ、塚原先輩こんにちは。先輩もこれから部活ですか?頑張って下さいね!それでは」クルッ

塚原「何さり気なく帰ろうとしてるの」グイッ

純一「ぐぇっ…襟掴まれると苦し……でもこれはこれで…」

七咲「塚原先輩?どうしたんですか?」

塚原「それはこっちのセリフよ。あなた達がむしろどうかしてるわ」

七咲「え?私と橘先輩が一緒に居るのはおかしいですか?」

塚原「場所がおかしいわよ。ここ女子更衣室って分かってる?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:42:36.37
七咲「ええ、それは分かってますよ。ねえ先輩?」

純一「そうですよ。もう部員の誰がどこのロッカー使ってるのか分かるくらいです!」

塚原「間違った方向に理解してるわよそれ」

塚原「あのね…あなた達が付き合ってるのはよーく知ってるわ、それはいいの」

塚原「問題はね?橘君が女子更衣室に居ることとその手に握りしめてる物よ」

純一「あ、これですか?七咲のパンツです」

塚原「ちょっ…見せなくていいわよ!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:44:14.35
七咲「今日のは特にお気に入りのなんですよ」

塚原「その情報は聞かなかった事にして…仮によ、仮に橘君がここに居るのは百歩譲っていいとしてよ?」

純一「え、いいんですか!」

塚原「仮って言ってるじゃないの!他の部員や顧問に言わないだけでも有難いと思いなさいよ…もう」

七咲「で、私と橘先輩がここでキスしてもいいとして、何ですか?」

塚原「七咲、あなた耳大丈夫?ちゃんと部活の後水抜きした?」

純一「僕と七咲が女子更衣室で堂々とキスしても良いってとこまで聞きました」

塚原「あなた本格的に病院行った方が良いと思うわ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:44:46.86
塚原「話が進まないわね……とにかく一番の問題は橘君が今手に持ってるその…パ…それなの」

純一「え?だから七咲のパンツって言ってるじゃないですか」

塚原「ああもう!だからそういう問題じゃないのっ!」グワッ

純一「うわ!びっくりしたぁ」

七咲「塚原先輩、急にどうしたんですか?」

塚原「はー…はー…ごめんなさい、つい取り乱してしまったわね。って別に私謝る必要無いじゃない!」

塚原「こほん…だからね、なんで橘君が七咲の…パン…下着を持ってるかという事よ」

純一「ああ、そういうことですか!もちろん匂いを嗅ぐために決まってるじゃないですか」

塚原「………はい?」

七咲(今日の塚原先輩、何だか忙しいなあ)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:45:30.29
塚原「ちょっと待って…今…何て?」

純一「だから七咲のパンツの匂いを嗅ぐためにですよ」

塚原「………」

純一「あれ、先輩どうしたんです?」

七咲「塚原先輩…?塚原せんぱーい」ユサユサ

塚原「……はっ」

七咲「先輩…大丈夫ですか?」

塚原「ええ、体調は大丈夫だけど頭の中は嵐が吹き荒れてるわ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:46:18.78
塚原「えっと、どこまで話してたかしら」

純一「七咲のパンツは最高だってとこまでです」

塚原「もう突っ込まないわよ」

純一「え?どこにですか!?」

七咲「上ですか?前ですか?それとも…後ろ?」

塚原「上とか前とか何のことかまったく理解できないし理解したくもないわ」

七咲「ちなみに私は最近後ろにはまってます」

純一「いやー、開発には中々苦労しましてね…」

塚原「あーあー聞こえない聞こえなーい」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:47:54.20
七咲「で、塚原先輩は結局何を言いたいんですか…?」

純一「そうですよ、さっきから僕も気になってるんです」

塚原「気になるのならとりあえずあなた達が黙ればいいと思うわ。ところで七咲」

七咲「なんですか?」

塚原「確認するわよ。あなたが今橘君に渡したものは何かしら?」

七咲「私のパンツですけど」

塚原「そうね、七咲の下着ね……何で渡そうと思ったの?」

七咲「何故…と言われましてもこれが日課なので」

塚原「に、日課!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:48:26.89
塚原「じゃ、じゃああなた達は日頃からこんなことしてるわけ!?」

純一「はい」

七咲「そうですよ」

塚原「……あなた達の将来が私はすっごく不安だわ。今更かもしれないけど」

純一「え、そうですか?」

塚原「ええ、それはとてもとても」

七咲「何だか照れくさいですね…ふふっ」

塚原(さっきの会話のどこに照れる要素があったのよ)
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:49:40.38
塚原「…あのね、二人とも良く聞いてちょうだい」

塚原「仮によ?仮にもし私が二人の目の前で下着を脱ぎました」

塚原「それでその下着をはるかに渡したとします。二人の目の前で」

純一「な、何ですと!?」

七咲「つ、塚原先輩のパンツを森島先輩に…」

塚原「常識的に考えてその光景を見たらあなたたちはどう思う?常識的によ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:51:09.89
純一「塚原先輩の…」

七咲「パンツ…」

塚原(自分で言っててなんだけど想像したら頭痛くなって来たわ)

塚原(まあさすがにこれで如何に異常な行為かが理解できたはず…)

純一「…エクセレーント!」

塚原「そうよね、もちろんおかしいわよね?」



塚原「えっ」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:52:05.13
純一「い、いや!だって塚原先輩のパンツですよ!?想像するだけで…なあ七咲!」

七咲「はい!もうそんなの国宝級じゃないですか!いえ、もはや後世に残すべき文化遺産の域です!」

塚原「ちっちが…そうじゃない、そうじゃないの二人とも」

純一「つまり塚原先輩は僕達のために人肌脱いでくれるという事ですね!物理的に」

塚原「何でそうなるのよ!?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:53:22.80
七咲「塚原先輩…!やっぱり塚原先輩は私にとって最高の先輩です!」

塚原「まだ上げるって決まったわけじゃ…じゃなくてそもそも駄目に決まってるでしょ!」

純一「またまたぁー、先輩素直じゃないんですから」

七咲「そうですよ!どんなパンツ履いてても私はそんな事で幻滅なんてしませんから」

塚原「既にあなた達に幻滅してるわよ!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:53:52.96
純一「と、言うわけで」ジリッ

塚原「ちょ、ちょっと…冗談よね?」

七咲「大人しく」ジリッ

塚原「ねえ、冗談でしょ?二人とも…」

純一「大丈夫ですよ、痛くはしませんから」ジリッ

七咲「覚悟きめちゃって下さいね?ふふっ」ジリッ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:54:34.85
塚原「あっ…あぁ…」

塚原「…誰か助けてっ!!」


ガチャッ

「そこまでよ!」

七咲「!?」クルッ

純一「だ、誰だ!?」バッ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:55:33.06
塚原「その声は!」

森島「呼ばれて飛びててじゃじゃじゃじゃーん!森島ラブリーはるかの登場よ!」ババーン

七咲「も、森島先輩!」

純一「どうしてここが!?」

森島「このラブリーイヤーは誤魔化せないわ!」

塚原「はるか!た、助かったわ…!早くその二人をどうにかして!」

森島「任せてひびきちゃん!…むむむ~」スッ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:56:19.65
七咲「はっ、あの構えは」

純一「知っているのか七咲!?」

七咲「あの構えは森島先輩が思考を巡らせている時、すなわち…」

森島「起動!ラブリーブレイン!」バーン!

梅原『説明しよう!ラブリーブレインとは一時的に脳の働きを超高速化させることができる技である!』

梅原『通常の15倍の演算能力で瞬時に状況判断を出来るラブリー7奥義の一つなのだ!』

森島「きゅぴーん!見えたわ!…なるほどそういうことね~」

塚原「何でもいいから早く助けてちょうだい」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:56:47.02
七咲「橘先輩…マズイですよ…」ヒソヒソ

純一「まさか森島先輩が来るとは…さすがに僕も計算外だった」ヒソヒソ

純一「この状況を打破するためには……ん?」

森島「……」パチッパチッ

七咲「橘先輩?どうしたんですか?」ヒソヒソ

純一「…七咲、どうやら風はこちらに吹き続けていたみたいだ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:57:23.05
七咲「え、それはどういう……あっ!」

純一「さあ森島先輩!僕達が相手です!」ザッ

七咲「容赦はしません!」ザザッ

森島「ふふふ…覚悟しなさーいっ!」

塚原「どうでもいいけど更衣室内で暴れないでほしいのだけれど…」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:57:51.77
森島「…むむっ!」グッ

純一「七咲!来るぞ!」

七咲「はい!」

森島「ラブリー…スプリント!」ビュンッ

塚原「ってきゃあ!ぶつかる!」

塚原「っ!………ってあれ?はるかは…」

森島「ここよ!」

塚原「えっ?…あれ、体がうごかな…」ググー
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:58:21.18
森島「さあ二人とも、今よ!」

純一「ありがとうございます森島先輩!」

七咲「さすがは森島先輩ですね。何という鮮やかな手付きでしょう!」

塚原「えぇ!?じゃあ今渡しを羽交い締めにしてるのはまさか…」

森島「私よ!」

塚原「ちょ、ちょっとはるか!私を助けてくれるんじゃなかったの!?」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:59:10.75
森島「ん~初めはそのつもりだったんだけどね?分析してみると凄く面白いことしてるじゃない?だから急遽計画変更ってわけ!」

塚原「ええ!?で、でもいつ二人と打ち合わせを…」

森島「ふっふっふ…その秘密は私の奥義の一つ、ラブリーウインクよ!」バチコーン

梅原『説明しよう!ラブリーウインクは声にしなくとも大将…対象の相手に情報を伝える事ができる技である!』

梅原『瞬時にウインクを繰り返し微弱な衝撃波を相手に送り、脳内に音声付きで再生されるラブリー7大奥義の一つだ!』

梅原『余りにもウインクが高速すぎるため、傍目には普通にウインクをしてるようにしか見えないぞ!』
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 00:59:39.27
純一「では改めまして塚原先輩、ご覚悟!」

塚原「い…いやあー!」ジタバタ

森島「ひびきったら往生際が悪いんだから~それ!」

塚原「ふぇっ?きゅ、急に体の力がぬけて…」ガクン

七咲「凄い…あの塚原先輩が一瞬で大人しく。それも奥義の一つですか?」

森島「ううん?身体の一部にね、こうキュっと力をこめるだけよ」

七咲「キュ、キュっとですか…難しいです」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:00:21.08
純一「しおらしい塚原先輩も…うーん素敵ですねえ~」

塚原「あ…ああ…やめて…」

純一「七咲は足を広げといてくれないか?」

七咲「わかりました!」ガバッ

塚原「や…やあぁ…」

純一「ではでは、ようやく夢のお宝とのご対面…!」

スルスル

純一「……やった、やったぞ!!とうとう僕らは夢と輝きと栄光を手にした!」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:01:05.32
七咲「橘先輩!おめでとうございます!」

森島「ブラボー!やったわね橘君!」

純一「ああ、今ならもう死んでもいい気分だぁ…」

「そう、ならお望み通りにしてあげるわよ?」

森島「っ!?な、何よこのオーラ…!」

七咲「身体に…ビリビリと…」

純一「この圧倒的な黒のオーラは――まさか!?」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:01:37.63
ガチャ バタン

絢辻「ごきげんよう、橘君?」ニッコリ

塚原「私のロッカーから!?」

純一「やはり絢辻さん!」

七咲「あ、絢辻先輩!?」

森島「絢辻…いきなりラスボスのご登場ってことかしら」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:02:58.39
絢辻「水泳部期待の新人で橘君の彼女の七咲逢さんに、才色兼備なわが校のマドンナの森島はるか先輩…ね」

七咲「私達の名前も!い、いつのまに」

森島「さすがね、情報収集はすでに済んでるというわけ」

森島「2ーAの委員長、品行方正有限実行な完璧超人の絢辻詞さん?」

絢辻「あら、そこまでお褒め頂けるなんて光栄ですわ」ペコ

純一「で、でもなんで絢辻さんがこんな所に」

七咲「いったいいつから…?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:03:31.39
絢辻「うふふ…ふふ……あはははははは!!」

純一「な、なんだ!何がおかしいんだ!」

絢辻「あらごめんなさい?あなた達二人のマヌケな顔が面白くてつい…ね?」

七咲「くっ!」

森島「なるほど…あなたくらいの人になると校内の事なら何でも知り尽くしているというわけね」

森島「もちろん……この校内に張り巡らされた地下通路の事も」

純一「なっ…!地下通路だって!?」

七咲「そんなものがこの学校に…」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:06:10.86
絢辻「さすがは森島先輩、ご名答ですね」



森島「二人が知らないのも無理はないわ。ここ、揮日東高校はその昔旧帝国陸軍の主要軍事施設だったのよ」

森島「空襲で建物が破壊されても避難や移動が出来るようにと、大小様々な地下通路が幾多も掘られたわ」

森島「戦争が終わり、大部分は埋め立てられたんだけど…未だに軍関係者も把握してなかった通路が何本か残ってるの」

森島「私もその存在は知っているけど、全ての道は把握できてないわ」

七咲「まさかこの高校にそんな過去があったなんて…」

純一「僕もこの学校の過去は聞いたことあるけど、まさかそんな通路があったなんて思いもしなかったよ」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:06:51.88
絢辻「当然ね、万が一の時に備えて出入口は巧妙に偽装されているもの。それでも私の目は誤魔化せなかったけど」

森島「つまりあなたはその秘密の通路を使って、誰にも気付かれずに室内に侵入できた―というわけね」

絢辻「そういうこと」


純一「…ん?ちょ、ちょっと待ってよ絢辻さん」

絢辻「なに?今更言い訳でもするつもり?」

純一「ち、ちがうよ!さっき絢辻さんはロッカーから出てきたよね、それも僕らの目の前で」

七咲「はっ…!確かにいくら気付かれずに室内に忍び込んだとしても、さすがに目の前のロッカーが開けば気づくはず!」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:08:40.39
森島「ちっちっち、甘いわね橘君。彼女なら気配を消すのなんて朝飯前のはずよ」

絢辻「その通りよ?あなた達2人が塚原先輩とコントをしてる間にこっそりね」

純一「そうか…確かにあの時は完璧に塚原先輩に気を取られていて周りを見ていなかった…!」

絢辻「隙だらけだったわよ?耳元で息吹きかけても多分気付かれなかったわね」

絢辻「さて…と、そろそろいいかしら?私も早く帰りたいしさっさと大人しくついてきなさい。今ならまだ刑は軽いわよ」

純一(刑は軽い…か。あくまで絢辻さんのレベルでだろうから相当キツいんだろうな)

七咲(軽いって…既に出てるオーラが軽くない…)
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:09:38.25
森島(参ったわね、出入口は塞がれてるし、戦うにしてもここじゃ狭すぎるわ)

絢辻「さて、辞世の句は読み終えたかしら?どうやらこっちに従う気はないようだし……」

純一「くそっ!やるしかないのか!」ザッ

七咲「橘先輩!援護は任せて下さい!」グッ

森島「無傷で脱出とはいかないだろうけど…こうなったらやれるとこまでいくわよ!」

絢辻「ふーん…そっちがその気なら容赦はしないわよ?後悔しなさい」ググッ

コオオオオォォォォオオ

純一「―来る!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:10:50.93
絢辻「はぁっ!」

ビュンッ

七咲「きゃあぁ!」

純一「大丈夫か七咲!」

森島「逢ちゃん!」

七咲「はっはい!かすっただけで……というか今いったい何が」

絢辻「私の攻撃をかわせるだなんて…中々いい身体能力ね七咲さん」

純一(ダークエナジーシェルか、まともに食らうとかなりマズイ代物だ)
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:12:40.05
七咲「まさか…これが噂に聞くダークエナジーシェル?」

純一「自らの黒い心『ダークエネルギー』を錬成し、超高速で相手にぶつける技…」

森島「しかもこれだけ純粋なエネルギーだなんて…流石の私も初体験ね」ゾクッ

絢辻「3発目はないわよ。次は外さない」ググッ

コオオオオォォォォォォオオ


森島「さっきよりデカいの来るわよ!」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:13:40.98
純一「後ろは壁…次に来たら逃げ場が!」

七咲「せ、先輩!」

純一(くそ!ここまでなのか!?)

絢辻「これで終わりよ。諸共消し飛びなさい!」

塚原「え、まさか諸共って私含めてじゃ――

ピカーーッ!
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:16:02.55
塚原「……!」ガバッ

塚原「………そう、夢よね」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:16:31.62
塚原(はあ…朝からよくわかんない夢見てしまった…)

純一「あ、塚原先輩ー!おはようございます!」

七咲「おはようございます塚原先輩。この時間帯に登校って珍しいですね、寝坊ですか?」

塚原「あら、おはよう二人とも。寝坊…って言えば寝坊かしら」

七咲「そうなんですか…?何だか分からないですけどお疲れ様です」

塚原(本当はあなた達のせい…とは言えないわね。そもそも私が勝手に見た夢だし)

塚原(何がパンツの貸し借りよ、そんなのあり得るわけないじゃないまったく)
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:16:58.92
純一「そうだ七咲、この前のパンツと水着返しとくよ。今日はブラと靴下にしようかな」スッ

七咲「わかりました。ではまた放課後に更衣室来て下さいね」

塚原「」








塚原「」




おぱんつ
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:18:48.26
おしまい
書いてて思ったけど夢オチだからって何でも許されるわけではない

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:38:06.78
おつ、塚原先輩のパンツ嗅ぎたい
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/08(日) 01:44:50.54
橘さんのような紳士な人が彼女の後ろを開発したりするわけがないじゃないか
パンツは……まあ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク