チャージマン研「使徒だって? ジュラル星人の仕業に違いない」

1 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:11:56.04







危機!? ネルフを爆破しろ!!




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391778715
2 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:18:27.03
ここは第3新東京市。
専門的な事は兎も角、前に色々な事があって作られた都市なんだ。
君達の中にも行った事がある人がいるだろう?



シンジ「手紙によると、待ち合わせ場所はこの角を曲がった場所か……」




ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

キキィィィィィィィィィィィィン




パパ「あぁっ!?」




シンジ「え? 車が突っ込んで……うわアアアアア!?」





ドォォン
3 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:20:34.30
キィン

バタン




パパ「おい、君。大丈夫か、君?」


研「パパ、この人大丈夫なの?」


パパ「……うん。どうやら命には別条はないようだ。気を失っているだけの様だ」


ママ「まぁそれはよかったわ」


キャロン「あら~? この人手紙もってるわよ」


バリカン「本当だ。どうやら、ここら辺で待ち合わせをしていたようですよ」


研「そうだ、パパ。僕がこの人の代わりにその待ち合わせの場所に向かうよ」


パパ「それが良いだろう。この少年の事はパパに任せなさい」


研「はい、任せてください」


キャロン「お兄ちゃん、頑張ってね」


バリカン「でも、研坊一人で大丈夫かなあ」


研「あっ、言ったな。バリカンの方こそ、パパの邪魔にならないようにするんだぞ」


バリカン「何ですとぉ!? よくも言ったなぁ!!」


パパ「喧嘩している場合じゃないだろう。研は早く行きなさい」


研「はい」
4 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:22:08.57
ネルフ


ゲンドウ「久しぶりだな、シン……誰だこいつは?」


研「僕は泉研っていいます」


ゲンドウ「葛城一尉……これはどいう事だ?」


ミサト「いや、あの……ですね。待ち合わせ場所に行ったらこの子がいて。それで、シンジ君の代わりに来たとかいうから……あの、で、ノリで」


リツコ「呆れた。あなたノリでこの子を連れて来たの?」


ミサト「だってしょうがないじゃない。安全な場所に避難させるだけのつもりだったのに、使徒が出てきて、それにこの子。ジュラルが何だ、とか言ってるし」


リツコ「ジュラル? 何なの、それは?」


研「地球を支配しようとしている恐ろしい奴等です。きっと、あの怪物もジュラル星人の仕業に違いありません」


冬月「……碇、一体どうするつもりだ?」


ゲンドウ「問題ない。予備が使えなくなっただけだ。レイを起こしてくれ」


ミサト「レイを使うって!? でも傷がまだ」


レイ「うう……」


研(傷だらけの少女を戦わせるなんて……、普通の人間はそんな事はしない、まさか!?)
5 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:23:34.92
マヤ「あ、あの……」


ミサト「なによ!? 今忙しいんだけど!?」


マヤ「あの、さっきから言おうと思っていたんですけど」


ミサト「だからなんなのよ!?」


マヤ「実は……使途がモニターに映ってないんですよね……」


ミサト「え?」


リツコ「あら、本当ね。使徒ってモニターに映らなかったかしら?」


ミサト「なんでそんな軽いノリなのよ!? というよりも、あんた達さっきから何を見てたのよ!?」


研(モニターに映ってない……間違いない、ジュラル星人の仕業に違いない!!)




ドォオオオン




ゲンドウ「奴め……ここに気付いたか……」


研「あっ!?」
6 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:24:11.22









研「チャージング……ゴオオオオオオオオオー!!」







7 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:25:14.81
チャージマン研「皆さん、あれはジュラル星人なんです。僕が戦いますので待っていてください」


ミサト「え、何!? なんでこの子行き成り姿が変わったの!?」


リツコ「戦うってどうやって? 貴女じゃエヴァには乗れないのよ」


ミサト「そうよ。って言うか、あんたなんなのよ!?」



チャージマン研「僕はチャージマン研です。スカイロッド!!」



カベドォォン



ミサト「ネルフの装甲が……」


チャージマン研「とぉ!!」スカイロッドニノリコム



リツコ「あの子、あの飛行船に乗って使徒に向かっていったわ」


ミサト「ちょっと、何であんたはさっきからそう冷静なのよ!!」

8 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:26:21.03
チャージマン研「ジュラル星人!! お前たちの好きにさせてたまるか!!」




サキエル「……ガァ」メカラビーム




チャージマン研「喰らうものか。これでも、喰らえ!!」ヨケテビームハッシャ




サキエル「ウワアアアアアアアア」






ポワーン
9 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:27:40.76
マヤ「目標の消失を確認」


ミサト「え!? ちょっと待って、何今の? 使徒が溶けたの!?」


リツコ「まさか、使徒があんなわけのわからない一撃で倒されるなんて……」



冬月「これも、お前のシナリオ通りなのか?」


ゲンドウ「も、問題ない…」
10 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:28:58.77
とある部屋


SOUNDONLY1『まさか、チャージマン研にばれるとは』


SOUNDONLY2『あぁ、15年前に使徒という怪物を作り、ネルフを創設させて碇ゲンドウの心を揺さぶって人類をいっぺんに消滅させる計画が全てパーになるところだったな』


SOUNDONLY3『取り敢えず、次の使途を送り出さなければ』



「ハハハハハハハハハハハッ!!」



SOUNDONLYS『誰だっ!?』



チャージマン研「やはりお前たちジュラル星人の仕業だったか!!」



SOUNDONLYS『チャージマン研、どうしてここがわかった!!』


チャージマン研「黙れ、ジュラル星人。お前たちは全滅してやるぞ」


SOUNDONLYS『えぇい、小癪な』




ポワァァァァン




ジュラル星人「えぇい、やってしまえ!!」メカラビーム


チャージマン研「えぇい!!」

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ……


チャージマン研「アルファガン!!」



ジュラル星人1「ウワアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」


ジュラル星人2・3「ギャアアアアアアアアアアアアア!!」



ポワァン
11 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:30:03.21
ネルフ・本部


リツコ「さっきのあの子、そこに行ったのかしら?」


ミサト「なんか、急にいなくなっちゃったけど」



タタタタタタタタタ



チャージマン研「皆さん、この基地に爆弾を仕掛けました!! 早く逃げてください!!」



ミサト「ちょっと、あんた何してくれてるのよ!!」


チャージマン研「さぁ、速く!!」
12 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:30:31.03




ドォゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!


バゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!





ゲンドウ「ユイーーーーーーーーーーーーーー!!」




ミサト「ネルフが……明日から仕事が……」





チャージマン研「よし、次だ!!」スカイロッドニノリコム

13 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:31:37.46
その日、世界中にあるネルフ支部がチャージマン研の活躍により爆破したんだ。
爆発のさなか、ドイツの少女は「冗談じゃないわよぉ!!」と叫んだらしいんだ。

それと使徒も急にでなくなっりして、人類に平和が戻ったんだ。
14 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:32:35.98
泉家


研「えぇー。それじゃあ、シンジ君は何も覚えていないの?」


パパ「あぁ、どうやら事故のショックで自分の名前以外全部忘れてしまったらしいんだ。しかも父親も里親も色々あって彼を引き取ってくれないらしいんだ」


キャロン「可哀想なシンジ君」


シンジ「ごめんなさい。みんなに迷惑をかけて」


ママ「そこでパパと話し合ったんだけどシンジ君を家で引き取ろうと思うの」


研「そりゃ、いいや!!」


シンジ「でも、いいんですか……ぼくがここにいても」


パパ「あぁ、いいんだよ。今日からシンジ君も私の家族だ」


シンジ「あ、ありがとうございます」


研「わーいい、僕にお兄ちゃんが出来たぞ」


シンジ「僕にお兄ちゃんなんか務まるかな……?」


バリカン「だったら、おいらがシンジ君のお兄ちゃんなんてどうですか」


研「えぇー、バリカンはお兄ちゃんなんかより、シンジさんのペットの方がお似合いだよ」



バリカン「何ですとぉ!? よくも言ったなぁ!!」


研「はははははは、ごめん、ごめん」


ドタバタドタバタ



一同「ハハハハハハハハハハハハハ」



シンジ「チャージマン研にありがとう」
15 : ◆xIy.jBmGrWVO :2014/02/07(金) 22:35:50.83
ジュラル星人「魔王様、人類補完計画や綾波レイの秘密などは……」
魔王様「気にするな」

程度のノリで見てください。それじゃ、機会があればまた次回


チャージマン研のSS2作品目、応援ありがとー

チャージマン研「学園都市?」


16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 22:37:30.07
おっ、チャ、アッーーーーーーーーーー!!!!!(賞賛)
20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/08(土) 01:03:58.93
このSSが一部の狂いもない点検に点検を重ねて書かれているのが、分かるだろう?

この書き手のSS:

チャージマン研「学園都市?」


チャージマン研「使徒だって? ジュラル星人の仕業に違いない」


チャージマン研「ふーん。君達は学校で暮らしているのかい」


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

よくもこんなキチガイssを!


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク