P「プレミアムPガチャ1回3000円です」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:18:52.04
春香「えっ!な、何をしているんですかプロデューサーさん」

P「ああ春香、やってくか?Pガチャ1回3000円だぞ」

春香「Pガチャ?…ってなんなんですか?」

P「ガチャガチャ知らないか?スーパーとかおもちゃ屋なんかにたくさんならんでるだろ」

春香「ガチャガチャ自体は知ってますけど…」

P「なら話は早いな。どうだ?1回3000円なんだが」

春香「3000円って…ガチャガチャにしてはちょっと高過ぎじゃないですか?」

P「だよなぁ。……こんなの回す奴いる訳がないって俺も言ったんだが」

春香「? 」

P「あ、いやなんでも無い。忘れてくれ」

春香「はぁ。ちなみにそのガチャガチャで何が出てくるんですか?」

P「それなんだが……俺の私物とか俺とのデート券だとか、全部を確認した訳では無いけどまぁ誰が欲しがるんだって感じのつまらないものばかりだよ」

春香「………プロデューサーさんの私物?それにデート券!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441919931
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:21:50.26
P「売り上げは三等分とかいう話だったけど、そもそも売れるはずがないんだよなぁ。はぁ…今月どうしよ」ブツブツ

春香「………」ゴソゴソ

P「さてと、切り替えて仕事を

春香「プロデューサーさん」スッ

P「ん?あれ、そのお金…3000円?まさか春香」

春香「はい!そのPガチャ回させて下さい!」

P「……俺が言うのもなんだが、本当に回すのか?コレ何が出てきても返金できないみたいだぞ?」

春香「構いません!お願いします!」

P「わかった。ただ春香が初めてのお客さんだし俺の取り分は…あ、いや特別に2000円でいいぞ。まぁ2000円でも高過ぎるとは思うけど」

春香「わぁ、ありがとうございます!でははい、2000円です!」

P「まいどあり!それじゃあ回してくれ」

春香「はいっ!うぅ~出ろぉ~」

春香(デート券!デート券!デート券!デート券!デート券!デート券!)

ガチャガチャ

春香(デート券っ!!)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:25:30.26
~翌日・765プロ事務所~

ガチャ

千早「おはようございます」

春香「千早ちゃん、おはよ!」

千早「おはよう春香」

春香「~♪」

千早「朝からご機嫌ね。何かあったの?」

春香「えー、んふふー、ちょーっとねー♪」

千早「?」

P「おう、千早来てたのか。おはよう」

千早「あ、プロデューサー。おはようございます」

P「あれ、そういえば千早の今日のスケジュールでは仕事は午後からでレッスンも休み、午前中は完全にオフじゃなかったか?」

千早「はい。実はプロデューサーに相談したい事があって」

P「ああ、そういうことか。なんだ、言ってみ

春香「ごほんっ!」

P「あっ…」

千早「?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:27:32.09
P「……それはプロデューサーとしての俺にか?」

千早「? そうですけど」

P「……あー、すまん千早。せっかくのオフに来てくれて悪いんだが今は無理なんだ」

千早「何かご予定が?忙しいのでしたら別に今すぐでなくても…」

P「今じゃなくて今日だな。今日は一日中無理なんだ。すまん」

千早「いえ…私の方こそいきなりですみません」

千早(そうよね。プロデューサーだって忙しいんだもの。私一人に構ってもいられないわ)

春香「プロデューサーさーん!」

P「どうした春香」

春香「ちょっと相談したい事があるんですけど」

千早(……春香、今の私たちのやり取りを見てなかったのかしら?残念だけれどプロデューサーは忙しくて今日は

P「おう、何でも言ってみろ」

千早「!?」ガタッ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:28:27.01
春香「今日のラジオ収録前の空き時間についてなんですけど」

P「ああ、1時間くらい空きがあるな」

春香「この時間って自由に使っていいんですよね?」

P「まぁ…そうだな。何かあるのか?」

春香「はい!実は収録現場の近くに美味しいと評判のクレープ屋さんがあって……その空き時間に一緒に行きませんか」

P「えっ、俺もか!?」

春香「はい、是非!」

P「……そうだな。一緒に行くか」

春香「やったぁ♪」

千早「プロデューサー」

P「ん、どうした千早?」

千早「今の……どういうことですか?」

P「へ?あっ、やばっ…」

千早「プロデューサーは私の相談事は聞いてすらくれないのに春香だとデート紛いのお誘いまで聞いてあげるんですね」

P「いやこれには事情が…」

千早「言い訳なんて聞きたくありません。……今日は、もう事務所には戻って来ませんから安心して下さい。嫌いな私と顔を合わせる心配がなくなって良かったですねプロデューサー?」

P(やべぇ、最近病んできた千早がさらに病んでしまう)
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:29:41.77
千早「プロデューサーは私なんかの事より大事な春香を優先したんですよね。何も言わなくても…わかってますから…っ」ハァハァ

P「千早ちょっと落ち着い

千早「私は冷静です!」ハァハァ

P(ヤバイな、過呼吸気味になってきた。早くどうにかしないと)

春香「千早ちゃん」

千早「何よ春香!」

春香「ちょっとプロデューサーさんのおでこ見てみて」

千早「おでこ?何をいきなり」

『春香専属プロデューサー』

千早「春香専属プロデューサー…?」

春香「そそっ」

千早「これは……どういう事ですかプロデューサー?」ギロッ

P「ひいっ、俺ちょっとトイレ行ってくる!春香あとは頼んだ」ダッ

千早「……春香、どういう事かしら?」

春香「どういうって、プロデューサーさんは私の専属プロデューサーって事だよ」

千早「そうじゃなくてどうしてそうなるのか説明して!」

春香「もう、怒らないでよ千早ちゃん。あのね…
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:30:41.96
~翌日・765プロ事務所~

ガチャ

美希「あふぅ…おはよーなの」

美希「………珍しく誰もいないの」

美希「………」

美希「ソファで寝るの」

美希「……あれ、先に誰か眠ってる?」

千早「Zzz」

美希「あはっ、千早さんが事務所でお昼寝なんて珍しいの!写メっちゃお!」パシャッ

美希「ついでにLINEのグループトークに送信しちゃうの☆」ポチポチ

美希「………あれっ、千早さんが使ってるこの枕って」

美希「………」

美希「…ハニーの枕なの」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:32:25.64
美希「……千早さん、今すぐ起きるの」ユサユサ

千早「……んっ、んん…zZZ」

美希「起きるの!」バシッ

千早「…はっ!いけない、思わず寝てしまうところだったわ」

美希「ばっちり寝てたの。そんな事より千早さん、その枕」

千早「これ?………私の枕だけど、この枕が何か?」

美希「嘘なの!その枕はハニーの枕なの!」

千早「なぜ美希がプロデューサーの枕を知っているのかしら?まぁ今はそれについては置いておくとして…この枕は私の私物よ」

美希「……まさか、盗んだ?盗んだの!?それだけはアンモクのルールとして守ってきたのに、そんなのってないの!」

千早「盗む?私が本当にそんな愚かな事をすると思っているの?」

美希「千早さんなら盗んでもおかしくないの。千早さんはハニーの事になるとあんまり関わりたくないくらい人が変わるし、盗みくらい平気でやるの!」

千早「……美希、流石にそこまで言われると私でも怒るわ」

美希「ハニーの枕を盗んだ千早さんが悪いの!とっとと返すの!というよりミキに渡すの!……ミキがハニーに返しておくから、ね?千早さん☆」

千早「これは本当に私の枕よ。ここを見なさい」スッ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:35:01.00
美希「何なの?……ち…はや?なっ!勝手に刺繍していい加減にするの!今すぐミキに返すのっ!」グイッ

千早「!!?」

美希「くんくん……やーっぱりハニーの枕なの!これはいつかミキから返しておくから千早さんは反省するの」

千早「……して」ボソッ

美希「えっ、聞こえなかったの」

千早「今すぐ私の枕から手を離してっ!!」カッ

美希「わっ、びっくりした~」

千早「今のでも聞こえなかったのかしら?なら次は最大声量でいくわ。鼓膜が破れてから後悔しても知らないから」スゥー

美希「ま、待つの!それは本当にマズイからとりあえず手を離すの」スッ

ポトッ

千早「あっ、もう!美希ったら床に落とすなんて酷いわ」ポフポフ

美希「……その枕、本当に千早さんのなの?」

千早「何度も言ってるでしょう?」

美希「でもっ…!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:36:18.06
ガチャッ

P「おはようござ……ああ、お前達来てたのか」

美希「ハニー!」ズイッ

P「おう美希、おはよう」

美希「うん、おはようなのっ☆それよりハニー、千早さんがハニーの枕を自分のだって言い張ってるの!すぐに注意して欲しいの!」

P「ああ、あれか。あれはな、千早の枕になったんだ」

千早「ほら言ったでしょう」

美希「おかしいの!だったらミキだってハニーの枕欲しいの!」

P「あー、すまんが枕はもうないな」

美希「なっ!そんなのってないの!」

千早「んー、プロデューサーの匂いがするわ」スンスン

美希「…ケンカなら買うの」スッ

P「わー、待て待て!千早はガチャを回して俺の枕を当てたんだよ!」

美希「ガチャ?何なの?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:38:39.53
P「プレミアムPガチャだよ。1回3000円なんだが、美希も回すか?」

美希「そのガチャガチャをやればハニーの枕が貰えるの?ならやるの!」

P「ああいや、千早はたまたま枕が当たっただけだから何が当たるかは俺にもわからないんだ。それと枕はもうないからな」

千早「ちなみに春香は1日専属プロデューサー券を当てていたわね。昨日使っていたわ」

美希「それで昨日はハニーと会えなかったんだね!もう、春香もずるいの!ハニー!なんでミキにもっと早くこのガチャガチャをさせてくれなかったの!?」

P「いやまさか需要があるとは思ってなかったからさ。スマンな」

美希「うん、もういいの。それよりミキも回すの!」

P「おっ、美希も回してくれるのか?ろくに景品の説明もしてないけど…と言っても俺の私物やらなんやらって事ぐらいで景品については殆ど把握してないんだが」

美希「そこはもう察してるから何も問題ないの!1回3000円だよね?」ゴソゴソ

P「ああ」

美希「なら、はい3万円なの!とりあえず10回回すの!」スッ

P「えっ、美希までいきなり10回もやろうと思ってるのか?」

千早「残念だったわね。1人一週間に1回までよ」

美希「むー、本当に残念なの。じゃあ1回お願いしますなの」スッ

P「おう、まいどあり!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:40:09.87
美希「何が出るのかすっごく楽しみなの☆」

千早「枕より良い物があればいいわね」クスッ

美希「黙るの」

P「よし、じゃあ回してくれ」

美希「うんっ☆よ~し、出るのぉ~!」

ガチャガチャ……コロン

美希「カプセルが出てきたの」

千早「早く開けてみましょう」

美希「う、うん!なんだかドキドキするの」

P「俺までドキドキしてきたぞ」

パカッ

美希「えっ、これって…!!」

千早「……………は?」

P「おいおいマジかよ…」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:46:20.51
~翌日・765プロ事務所~

ガチャ

貴音「おはようございます」

響「おはようだぞ!」

春香「あ、二人ともおはよう」

響「春香一人なのか?」

春香「ううん、千早ちゃんと美希も来てるよ」

響「そうなのか…って、千早が死んでるぞ!?」

千早「………」

春香「ああ、それ?大丈夫、ただ枕に顔をうずめてるだけだから」

響「そうなのか?でもこんな体制で寝てたら窒息しちゃうぞ」

千早「大丈夫よ我那覇さん」

響「うああ!?起きてたのか、びっくりさせないで欲しいぞ…」

春香「あ、そうだ千早ちゃん!響ちゃんに鑑定して貰ったらどうかな?」

千早「あ……そうね、我那覇さんにならお願い出来るかもしれないわね」

響「え、なになに自分に頼みごとか?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:46:56.37
千早「………この枕、どうかしら?」

響「へ?どうかしらって聞かれても何とも答えようがないぞ」

千早「なら………匂いを嗅いでみて欲しいのだけど」

響「えー、自分そんな変な趣味してないぞ…」

春香「どんな匂いがするかだけでいいから教えてくれないかな?」

響「うー…じゃあちょっとだけ」クンクン

響「…!」

千早「どうかしら…?」

響「…………千早が使ってるシャンプーの匂いしかしないゾ」

貴音「………」

千早「そう、残念だわ」

春香「あー、響ちゃんでもそう感じるんだ。やっぱりもう匂いがなくなっちゃってるんだね。もうその枕に価値はな

千早「あげないわよ」

春香「…」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:48:05.49
貴音「先程から気になっていたのですが、なぜ事務所に布団があるのでしょう?面妖な…」

春香「あ、そっちは美希が包まって寝てるよ」

響「事務所に布団まで持って来て寝るなんて、正直だらけ過ぎだと思うぞ」

美希「別に寝てはいないの」ヌッ

春香「あ、起きてたんだ」

美希「あたりまえなの!こんなキケンな状態で寝てなんかいられないの!」

貴音「はて、危険…とは?」

美希「春香と千早さんにずっと狙われてるの!」

春香「あはは、やだなぁ美希…別に狙ってなんかいないってば」クスッ

千早「そうよ。おかしな事を言うのね」クスクス

美希「ウソはバレバレなの。現にこんなに近くに来て隙をずっと狙ってるの!でもミキはゼッタイにこの布団から離れないからね!」

春香「うーん…けどさぁ美希、そろそろ限界なんじゃない?」クスッ

千早「そろそろよね」クスクス

美希「くっ…バレてるの」モジモジ

響「限界って?」

美希「ト、トイレに行きたいの…」ブルルッ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:49:28.92
響「トイレ?そんなの布団から出て行ってくればいいのに」

美希「そういうわけにもいかないの。ねえ、響、貴音、お願いがあるんだけど」

響「ん、なんだ?」

美希「その…言いにくいんだけど、ペットボトル的な何かが欲しいの。……空の」

響「空のペットボトル的な何かって……あーっ、まさか美希!」

春香「うーわぁ…その発言は流石に。あ、これなんかどうかな千早ちゃん」

千早「ファンの方達が聞いたらどう思うかしらね。いいんじゃないかしら?とりあえずこれを流しましょう」

美希「だ、黙るのっ!うぅ~ヤバイの」ブルブル

チョロチョロ♪

響「水の流れる音?あ、なんか自分までトイレに行きたくなってきたぞ」

美希「う、うぅ~二人ともホントにイジワルなの」

春香・千早「ふふふ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:50:32.47
貴音「冗談はそれくらいにして、早く行きなさい美希。その布団は私が死守致しましょう」

美希「ほ、ホントに?でも貴音一人じゃあ二人相手には…」チラ

響「自分も貴音と一緒にガードしてるから……早く行って来て欲しいぞ」

美希「二人ともありがとうなの!じゃああとは任せたのっ!」ダダッ

ガチャ……タッタッタッ…バタン

貴音「………」モゾモゾ

響「……やっぱりか貴音」モゾモゾ

春香「あっ、二人ともやっぱりわかってたんだ!」モゾモゾ

千早「策士ね」モゾモゾ

響「この部屋にいるのはこの四人だけだぞ」スンスン

貴音「響、それ以上の言葉は無用です」スンスン

春香「ちょっと美希の匂いが邪魔だけど、新鮮な匂いはやっぱ違うね千早ちゃん」スンスン

千早「春香、少し集中させて」スンスンスン

貴音・響・春香・千早「クンカクンカスーハースーハー……ペロッ」

春香「ちょっ!?今ペロって!」

ジャァー……………タッタッタッ

響「帰ってきた!?」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:51:32.71
サササッ

美希「ただいまなのっ!」ダッ

響「おっ、早かったな。じゃあ自分も行ってくるぞ」スッ

美希「うん!響、貴音、ありが…」チラッ

布団「」

貴音「………どうかしましたか?美希」

美希「………敵なの。二人、ううん四人とも敵なの!」


-こうしてアイドル達によるPガチャ景品争奪戦が幕を開けた
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:52:15.10
「プロデューサーに首輪をつけて散歩させる券!?や、やったぞ!」「ちょ、音無さんなんでこんなものが入ってるんですか!?」

「次はあちらのエリアの二十郎へ参りましょう」「連続で二十郎は勘弁してくれ…うっぷ」

「うふふ、どうですか~プロデューサーさん?」「あーすっごく気持ちいいです。っていいんですかね俺がマッサージされる側で」

「プロデューサーこれなんかどうですか?ボクに似合ってません?」「うーん、それもいいけど真ならこっちの白いワンピースの方が…」

「熱っ!ちょっと、もう少し考えながらやりなさいよ!…フーフーして冷ますとか」「でもこれ結構恥ずかしいんだよな…フーフー、ほらこれでいいか?」

「コップ…当てちゃいましたぁえへへ」「へぇ、普通の景品も入ってるんだな」

「に、兄ちゃんの使用済みパンツ!?どうしようコレ///」「もう完全にゴミ!ごめんな亜美、洗濯はしてあるから」

「へ…?に、兄ちゃんの使用済みハブラシ?あ、でも流石に…///」「真美も困ってますって音無さぁん…」

「うっうー!液晶テレビ当てちゃいましたー!」「うぅ…大事にしてくれ!っていうかホントに音無さぁーん!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:54:01.24
~半年後・765プロ事務所~

春香「プロデューサーさん、10連ガチャお願いします!」スッ

千早「プロデューサー、私もその…今回も10回」スッ

美希「ハニー、はいお小遣いだよ☆」スッ

P「お前達…もうやめた方がいいぞこんな詐欺ガチャ。どうせ変なものしか当たらないんだし、他のみんなはとっくに辞めてる」

春香「んー、確かに初回に回したガチャ以外はあんまりいい景品は出ませんでしたけど、私は後悔してませんよ」

P「春香…」

千早「私も後悔はしていません。あの時貰った枕…今でも大切にしているんですよ」

P「千早…」

美希「ミキだってそうなの。思い出はプライスレスって思うな!あはっ☆」

P「美希…」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:54:48.78
-3人はガチャを回し続けた

「プロデューサーさんの…携帯ゲットしちゃいました!」

「ハニーの通帳ゲットなの☆」

「プロデューサーの家の鍵……ふふ、うふふふふふ」


「もう………辞めたい……こんな副業やるんじゃなかった」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:55:42.40
~さらに半年後・765プロ事務所~

小鳥「ふふんふ~ん♪」

P「あ、あの音無さんちょっとよろしいですか?」

小鳥「あら、プロデューサーさんどうされましたか?」

P「あの……もう辞めたいんですけど」

小鳥「え、辞めたいって……ええっ!?」

P「もう、限界なんですよ…Pガチャ」

小鳥「どうしよどうしよプロデューサーさんが765プロを辞め………Pガチャ…?」

P「もう俺が自由に使えるのってスーツくらいしか残ってないんです。今週のガチャで…俺の……俺は…ううっ」グスッ

小鳥「ちょ、ちょっといきなりどうしちゃったんですか?とりあえず説明してください」

P「説明もなにも…Pガチャですよ!音無さんが始めたことじゃないですか!俺……本当にもう何もかも…ううっ」

小鳥「えっ、あの………私知りませんよ」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 06:56:32.85
P「………へっ?」

小鳥「なんなんですか、そのPガチャって」

P「だ、だってメールで副業始めませんか?って音無さんから1年前に!」

小鳥「プロデューサーさん……私、プロデューサーさんのメアド…知らないんですけど」

P「えっ、あ…そういえばそうだった。………じゃあ誰が何のために」

ガチャ

「おはようございまーす!」

「おはようございます」

「おはようなのー!」

P「ひっ…」

「今日という日を待ちわびたの☆」

P「まさか…」

「今週からよね、プロデューサーが貰えるのって。とても楽しみだわ」

P「う、嘘だろ…?嘘だよなぁおい!?」ガタガタ

「今週もガチャガチャですよ、ガチャガチャ!」

P「う、うわぁぁぁぁぁああああ」


終わり
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 07:00:49.09
楽しそうなネタだと思って勢いで書いたけど締め方が難しかった。正直すまん

依頼だしてきます
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 07:05:38.45
おつー

三等分……そういう事か……
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 09:29:30.48
ガチャの闇は深い
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 09:49:47.60
乙!悪魔‼ちひろ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/11(金) 09:57:35.18
悪魔に対する風評被害が...
ちひろが悪魔如きと同じなわけないだろ!

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

犯人は……赤青黄……!!


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク