島村卯月「凛ちゃんて、胸があまり大きくないの気にしてるんですか?」

1 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 20:43:15.44
凛「は? どうしたの急に」

卯月「ほら、私達も最近お仕事が増えてきたじゃないですか」?

凛「そうだね」?

卯月「それでファンの人も増えてきて、良く言ってくれる人たちも大勢いますけど、悪く言う人もいますよね?」?

凛「まぁ、そうだね」?

卯月「特にインターネットだと悪い意見が多くて、例えば私の場合だと」?

卯月「しりむらさんとかガンバリマスロボとか普通とか……」?

卯月「もちろん、良く言ってくれる人の方が多いですけど、やっぱり気になっちゃって……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445859795
2 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 20:52:09.76
卯月「それで、凛ちゃんは胸の大きさの事とか蒼とか厨二病とか言われる事が多いんですけど」

卯月「凛ちゃんはそれをどう思ってるのかなって思って」

凛「ああ、そういう事」

卯月「そう、そういう事です」

凛「別に気にしてないけど?」

卯月「えっ」

凛「えっ?」
3 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 20:54:25.93
卯月「気にしてないんですか?」

凛「気にしてないよ」

卯月「本当に?」

凛「本当に」

卯月「そ……そうですかぁ」

凛「うん」

卯月「……」

凛「……」
4 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:00:03.49
卯月「えっと……あっ、そうだ! 私、コーヒー淹れてきますね。凛ちゃんも飲みますか?」

凛「……うん、お願いしようかな」

卯月「わかりました! それじゃ淹れてきますね」トテトテ

凛「………」

卯月「お待たせしました! あ、そういえば……凛ちゃん、昨日の話なんですけど――」トテトテ

 ガツッ!

卯月「『いた』っ!」

凛「………」
5 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:04:50.01
卯月「い……『いた』ー……テーブルの脚にスネをぶつけちゃいましたぁ……」チラ

凛「………」

卯月「うぅ……『いた』……」チラチラ

凛「そんなに痛いの? 大丈夫? 清良さん呼んでこようか?」

卯月「あ、あれ……えっと……だ、大丈夫です!」

凛「そう? 本当に平気?」

卯月「は、はい……大丈夫です」

凛「それなら良いけど……。気をつけないと駄目だよ?」

卯月「は……はい……」

凛「それで、昨日どうかしたの?」

卯月「あっ、えと……いえ、別に大した事じゃないんですけど、昨日ちょっと料理の練習をしようと思って」

凛「うんうん、それで?」

卯月「そうしたら『まな板』が全然見つからなくて……」

凛「大変だね、料理できないじゃん」

卯月「あれ? あ……あ、はい。それで何処にあるのか探してたら、なぜか柱と『壁』の間に落ちてて」

凛「なんでそんなとこに落ちてたんだろうね?」

卯月「え? あっと、えっと……なんでかは、わからないですけど……」

卯月「そ、それで拾って見てみたら『まな板』じゃなくて『洗濯板』で……」

凛「卯月の家、洗濯板なんてあるんだ。珍しいね」

卯月「あれれ? あぁ、いえ……えっとぉ……」

卯月「……あっ! そう、そうしたらですね──」ズズッ

卯月「『薄』っ!」

凛「……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/26(月) 21:09:58.49
しぶりんも楓さんもないわけじゃないよ、でもそこまではねぇだろ!(と○のあな、メ○ンブックスのHPを見ながら)
7 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:13:05.33
卯月「わ、わぁー! 『薄』い! このコーヒー『薄』いですっ!」チラ

凛「………」

卯月「うわー、失敗しちゃいましたー、『薄』いです! とっても『薄』いです!」チラチラ

凛「そう? そんな事ないと思うけど……私が淹れ直してこようか?」

卯月「あ、あれ? あ、いえ……大丈夫、です」

凛「そう? 遠慮しなくていいよ?」

卯月「いえ、大丈夫です」

凛「そう?」

卯月「はい……」

凛「ふーん」

卯月「………」

凛「……」
9 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:17:29.03
凛「……そういえば、卯月はどうなの?」

卯月「え? 何がですか?」

凛「普通って言われるのとか、気にしてるんじゃない?」

卯月「え……いえ、気にしてないです……」

凛「そう?」

卯月「……はい」

凛「ふーん」

卯月「……」

凛「……」
13 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:26:56.78
凛「あ、そうだ。この卯月が淹れてくれたコーヒーなんだけど……」

卯月「あっ、はい。やっぱり薄かったですか?」

凛「ううん、『普通』」

卯月「え……」

凛「濃くもなく薄くもなく『普通』」

凛「可もなく不可もなく『普通』」

凛「特別おいしくもまずくもなく『普通』」

凛「全くなんの特長も無い、ごくごく『普通』のコーヒー」

凛「超『普通』すっごい『普通』凄まじく『普通』極めて『普通』『普通』of『普通』」

凛「『普通』という言葉がこれ以上無いくらいにぴったり似合う、究極に『普通』のコーヒーって感じかな」
15 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:30:21.09
卯月「ふえっ」ジワァ

凛「どうしたの卯月? 泣いてるの?」

卯月「な、泣いてません……!」プルプル

凛「気にしてるよね?」

卯月「いえ、気にしてないです……!」

凛「本当に?」

卯月「ほ、本当です……」

凛「ふーん」

卯月「……」

凛「……」
22 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:46:43.72
卯月「……あっ! そういえば凛ちゃん」

凛「どうしたの?」

卯月「他にも凛ちゃんは、蒼とか厨二病とか言われてますけど」

凛「あぁ、そうみたいだね」

卯月「こっちはどう思ってるんですか?」

凛「別に気にしてないけど?」

卯月「えっ」

凛「えっ?」
23 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/26(月) 21:47:35.96
卯月「気にしてないんですか?」

凛「気にしてないよ」

卯月「本当に?」

凛「本当に」

卯月「そ……そうですかぁ」

凛「うん」

卯月「……」

凛「……」
44 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 00:28:01.14
卯月「あ、凛ちゃん。このコーヒー、薄いのでやっぱり淹れ直してもらえませんか?」

凛「ん、良いよ。ちょっと待ってて」スタスタ

卯月「はい、ありがとうございます!」

凛「はい、お待たせ」スタスタ コトッ

卯月「ふーん、これが凛ちゃんが淹れてくれたコーヒー? まぁ、悪くないですね」

凛「そう? ありがとう、淹れてきた甲斐があったよ」

卯月「あれ……あ、いえそんな……」

卯月「えっとえっと……あっ、そうだ。凛ちゃん」

凛「どうしたの?」

卯月「今度、ニュージェネでライブがありますよね! 私、頑張って走っていきますから、もたもたしてると置いてっちゃいますよ?」

凛「うん、私も卯月に抜かれないように走っていくよ」

卯月「ぁぅ……うー……あっ、それで頑張って、私達の足跡を残していきましょうね!」

凛「そうだね、残していこう。私達の足跡を……」

卯月「あれ……えっとぉ……そうしたらー……」

凛「卯月、さっきからなんか唸ってるけどどうしたの?」

卯月「えっ!? あっと……いえ、なんでもないです……」

凛「そう?」

卯月「はい……」

凛「ふーん」

卯月「……」

凛「……」
45 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 00:29:31.59
凛「……そういえば、卯月はどうなの?」

卯月「え? 何がですか?」

凛「お尻のこと言われるのとか、気にしてるんじゃない?」

卯月「え……いえ、気にしてないです……」

凛「そう?」

卯月「……はい」

凛「ふーん」

卯月「……」

凛「……」
48 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 00:46:48.43
凛「……そういえばね」

卯月「どうしたんですか?」

凛「いや、こないだ『知り』合いから聞いた話なんだけど……」

卯月「……はい……」

凛「この前、その『知り』合いが『シリ』アに旅行に行ったんだけど」

凛「旅先のホテルの朝食が『シリ』アルだったらしいんだけど、食べてたら中から乾燥剤の『シリ』カゲルが出てきて」

凛「残りを食べようか『尻』込みしてたら急に部屋に強盗が入って来て、楽しい旅行が一変、凄い『シリ』アスな展開になっちゃって……」

卯月「……」

凛「それで……まぁ、端的に『結』末だけ言うと、その『知り』合いが『ヒップ』ホップを歌って強盗を『しり』ぞけたっていう……」

凛「なんともまぁ、凄い荒唐無稽で『支離』滅裂な話だよね」
50 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 00:48:13.37
卯月「ふえっ」ジワァ

凛「どうしたの卯月? 泣いてるの?」

卯月「な、泣いてません……!」プルプル

凛「気にしてるよね?」

卯月「いえ、気にしてないです……!」

凛「本当に?」

卯月「ほ、本当です……」

凛「ふーん」

卯月「……」

凛「……」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/28(水) 00:58:52.08
尻が引き締まって大きいのはイイことだぞ
アメリカだとセクシーお姉さんが、お尻のためにジム通い
尻増強のためだけに、ヒップトラストというトレーニングがある
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/28(水) 01:02:03.13
ほんとこれ好き
卯月可愛すぎて辛い
55 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 01:14:14.11
凛「卯月、本当にどうしたの?」

卯月「え……な、何がですか?」

凛「だって普段の卯月だったら、今日みたいに他人を煽ってくるようなこと絶対言ってこないよ」

凛「何かあったとしか思えない……悩みとかあるなら相談に乗るよ? 話を聞くぐらいなら私にも出来るし……」

卯月「あぅ……うう……実は、その……やっぱり普通とか個性が無いって言われてるのを気にしてて……」

卯月「それで、765プロの天海春香さんも私みたいに特徴が無いって言われてますけど、実は腹黒キャラなんていう噂もあって」

卯月「それで私も、春香さんみたいに実は腹黒なキャラをやってみようと思ったんですけど……あんまり上手く出来ませんでしたね、失敗しちゃいました。えへっ」

卯月「でも、まだまだ諦めません! もう普通とか個性が無いとか言われないように……島村卯月、キャラ作りをもっともっと頑張ります!」フンスッ

凛「ごまかさないでよ!!!」

卯月「っ!?」
56 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 01:35:40.98
卯月「え……私、ごまかしてなんか……」

卯月「本当に何かキャラ付けしようと思っただけです……」

卯月「うちに所属してる人達は、蒼とか猫キャラとか厨二病とかヤンデレとか病弱とかキス魔とかツンデレとかドジっ子巫女とかファザコンとかクンカーとかニートとか団地妻とか未亡人とか歩くセクロスとかカリスマ処女ギャルとかきのことかにわかとかイチゴパスタとかとかパンキチとかドナキチとかメガネキチとかぴにゃキチとかアンチエイジングとか永遠の17歳とかウサミン星人とか鬼とか悪魔とかちひろとか色々その他諸々etcetc、皆何か特徴もってて……」

卯月「でも、私だけ普通とか特徴無いとか言われてて……このままだったらどうしよう……」

卯月「もしこのまま普通なだけだったら……」

卯月「怖いよ……もし私だけ特徴無いままだったら……」

卯月「……どうしよう……怖いよ……」
57 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 01:43:20.31
凛「……」

卯月「プロデューサーさんや友達とかアイドルの皆は、私の良い所は笑顔とお尻だって……」

凛「……」

卯月「だけど……」

凛「……」

卯月「笑うなんて誰でも出来るし……」

凛「……」

卯月「お尻の大きさなんて……」

凛「……」





卯月「サイズなんて……未央ちゃんと同じだもん……!!!」ボロボロ
62 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 02:04:10.60
卯月「私だけが大きい訳じゃないもん……でも、未央ちゃんと同じなら……やっぱり何にも無い……私には何も……」ポロポロ

凛「未央と同じなんて言わないでよ……」

卯月「うっ、ぐすっ……ひっく……」

凛「未央のお尻には未央のお尻の……卯月のお尻には卯月のお尻の良さがあるんだよ」

卯月「ふぇっ……ぐすぐす……」

凛「卯月のあのお尻が、フワフワのプニプニのもちもちで柔らかかったから……」

凛「あのお尻があったから、私……」
63 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 02:17:52.50
未央「ごめんね、気づけなくて……」ギュッ

卯月「ひっく……ふえぇ……」ポロポロ

凛「……」

未央「私達さ、もっかい友達になろうよ!!」
67 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 02:48:45.14
未央「……で、仕事終わって事務所に戻ってきたらしまむーが泣いてたんだけど、またアニメ23話ごっこ?」

凛「うん」

未央「そっかー、今回はしまむーはどうしたの?」

卯月「実は腹黒なキャラにチャレンジしてみました」

未央「腹黒かー、しまむーにはちょっと難しいんじゃない?」

卯月「はいぃ……あんまり上手く出来ませんでしたぁ……」ショボン

凛「取り敢えず、未央も戻ってきたし行こっか」

卯月「そうですね! どこに行きましょうか?」

未央「はいはーい! 未央ちゃんはお腹が空いたのでご飯が食べたいです!」

凛「うん、良いね。それじゃ行こうか」

未央「よっしゃー! そうと決まったら早く行こ行こ!」

卯月「はい! あ、そうだ。未央ちゃん」

未央「ん? どうしたのしまむー」

卯月「未央ちゃんも結構、個性が無いとか不憫キャラとか色々言われてますけど、未央ちゃんは気にしてるんですか?」

未央「気にしてるよっ!!」











おわれ
68 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 02:55:05.52
という訳で終わり

取り敢えず卯月に未央とお尻のサイズ変わらないって言わせたかっただけです

23話は大変良い話でした
24、25話は偶然その日だけ夜勤になって未だに視聴出来ていません
続きが気になって仕事でのミスが止まりません
早く見たいなぁ……

こんなコピペを読んでくれた人達、ありがとうございます
70 : ◆jCuNTsyVe2Xz :2015/10/28(水) 03:03:49.34
因みに今回のssは、私がモバマスでコピペssを書き始める前に本家765で書いたss

春香「千早ちゃんて、胸が小さいの気にしてるの?」


こちらを基に、今の自分流の書き方で再構成してみたものです
良ければこちらも読んでくれたら嬉しいです
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/28(水) 02:59:04.79
凄くよかった乙
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/28(水) 05:13:05.34
あのお尻があったから何だよwwwwwwww
面白かったです!
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/28(水) 07:16:49.33

うづりん尊い

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク