提督「比叡の喘ぎ声がひどい」霧島「…………」【エロ注意】

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 19:48:03.04
提督『比叡! 比叡っ!』パンパン

比叡『あぁ、んッ、は、ぁン! ふぁ、あ!』

提督『い、イきそうだ……!』パンパン

比叡『ンあっ、ひ、比叡も、ん、はっ、ああッ!』

提督『で、出るッ!』パンパン

比叡『ひえぇ~~~~~~~っ!!』ビクビクッ

提督『…………あ』シナッ


ポチッ

提督「……録音機って偉大だよな。腰を打ち付ける音まで録れるんだから」

提督「まあ、俺はこの『ひえぇ~』の一言で毎回萎えてしまうわけだが」

提督「つまり中折れってことだ。射精手前で萎えるなんて老人みたいだな。ははは……」

提督「……笑えよ、霧島」

霧島「笑えませんよ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437389273
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 19:50:19.34
提督「笑えないか。なら、せめて罵れよ」

霧島「……司令?」

提督「大事な比叡姉様を奪っておいて、夜の生活も満足させられないクソ提督だと!」

霧島「…………」

提督「罵ってくれよ! なあ、霧島!!」

霧島「分かりました、分かりましたから。まずは落ち着きましょう、司令」

提督「はぁ、はぁ……」

霧島「さあ、そちらの椅子に座って。ゆっくり話しましょう、時間は沢山ありますから」

提督「…………くそ……」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 19:52:48.27
霧島「緑茶を淹れました。飲むと心が落ち着きますよ」

提督「落ち着く、ね。お得意のデータでそう出てるわけでもないんだろ」

霧島「データはありません。ただの気休めです」

提督「ふん」

 ズズズ…

提督「…………ふぅ」

霧島「金剛姉様ほどではありませんが、霧島もお茶の淹れ方には自信があります」

提督「…………」

霧島「どうです? 少しは気持ちが安らぎましたか?」

提督「さあな。さっさと本題に入ろう」

霧島「……ええ、そうしましょう」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 19:56:31.26
霧島「最初に断っておきます。この類の話、霧島はどちらかといえば疎い方です」

提督「それは、だいたい分かる」

霧島「……では、どうして霧島にご相談を? 例えば、鈴谷や足柄の方が向いているのでは」

提督「これは繊細な問題だ。故に、まず姉妹艦に相談するべきだと思った。が……」

霧島「司令をお慕いしている金剛姉様と榛名姉様は、さすがに避けたと」

提督「恋敵である比叡の性事情なんて、金剛達にとってはただのイヤミだからな」

霧島「……霧島も、司令を密かに懸想しているかもしれませんよ?」

提督「バカを言うな。普段の態度を見ていれば、その気が無いことは分かる」

霧島「あら。提督への好感度を最大100とすると、霧島は80以上ですけど」

提督「……それは高いのか? 低いのか?」

霧島「ご想像にお任せします。なお霧島の分析では金剛姉様は90、榛名姉様は95くらいですね」

提督「高すぎて参考にならん……霧島はそこまで極端ではないんだな?」

霧島「ええ。相談相手としては適切かと思います」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 19:59:26.46
提督「それはいいとして、比叡の喘ぎ声がひどいって話だが」

霧島「……喘ぎ声って、もう少し表現を」

提督「喘ぎ声は喘ぎ声だ。そんなくだらない言い回しなんてどうでもいい!」

霧島「司令……」


提督「比叡と結ばれて1ヶ月……コトの最中に中折れして、毎回毎回中途半端に終わって」

提督「あいつは決まって泣きそうな顔で言うんだ。『満足させられなくて、ごめんなさい』と」

提督「俺の方がごめんなさいだよ! 俺だってイきたいし、いっぱい中に出してやりたいよ!」

提督「でもイけないんだよ! 『ひえぇ~』でどうしても萎えちまうんだよ!」

提督「比叡は悪くない! ずっと独り身だった俺を愛してくれる、いい女なんだ!」

提督「その女一人、俺は満足させられない! 俺は、どうすりゃいいんだよ……ううぅ……」


霧島「…………」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:03:16.18
霧島「問題は、思った以上に深刻なようですね」

霧島「そして、司令が深く比叡姉様を想ってくださっていることも、よく理解しました」

提督「霧島……」

霧島「自らの恥を義妹である霧島に知られる屈辱。それでも、比叡姉様に尽くしたいと……」

霧島「その勇気に敬意を表して、霧島もまた、恥、体裁、外聞という眼鏡を外しましょう」

霧島「司令の覚悟には、覚悟を以て当たらねば失礼になりますから」

霧島「姉様の『喘ぎ声』の改善……艦隊の頭脳であるこの霧島にお任せください、司令!」

提督「おお……やはり霧島に相談して良かった!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:04:33.74
ギャグボール噛ませてしまえ
実はSM好きなんだとか言って
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:05:54.89
霧島「では、早速」

提督「いや、待ってくれ霧島……その、さっきはすまなかったな」

霧島「はい? 何がですか?」

提督「ずっと、棘のある言い方をして……」

霧島「ああ、そんなことですか。霧島は気にしていませんので」

提督「しかしだな」

霧島「司令にも機嫌の悪い時はあるでしょう。艦娘にも、キラキラや赤疲労があるんですから」

提督「……ありがとう、霧島」

霧島「い、いえ……ちゃんとお礼を言われると、なんだかこそばゆいです……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:11:23.72
霧島「そ……それでは今度こそ、戦況分析に入りたいと思います」

提督「『戦況分析』か。いかにも霧島らしいな」

霧島「まず最初に。そもそも司令の中折れは、本当に比叡姉様の喘ぎ声が原因なのか?」

提督「え、違うのか?」

霧島「『ひえぇ~』は喘ぎ声としては珍しいでしょう。が、無くはないと思われます」

提督「……まあ、確かに。『きりしまァァン』よりは喘ぎ声っぽいかもしれん」

霧島「トリシマンみたいに言わないでください。霧島も怒る時は怒りますよ」

提督「いやスマン、冗談だ。続けてくれ」

霧島「……とにかく重要なのは、司令が『ひえぇ~』を喘ぎ声と認識している、ということ」

提督「ということは、例えば比叡の喘ぎ声を無理やり変えさせたとしても」

霧島「そもそもの原因が違うのであれば、無意味に終わる可能性がありますね」

提督「なるほど……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:15:56.05
霧島「ということで。本当に喘ぎ声が中折れの理由なのか、検証してみましょう」

提督「検証?」

霧島「司令。いまここで、自慰行為をしてください」

提督「……かわいそうな霧島。データにまみれる毎日でついに頭がおかしく……」

霧島「霧島は至って正常です。さあ、早く」

提督「いや、待て待て。理由を説明しろ」

霧島「質問、意見、ツッコミは一切受け付けません」

提督「なぜ……」

霧島「先に理由を説明しては、検証の意味が無いからです」

提督「とは言われても、だな」

霧島「司令……霧島を、信じてください。これは比叡姉様と、司令のためなんです」

提督「…………」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:20:16.85
提督「分かったよ。霧島を信じて、やろう……」

霧島「ありがとうございます。では、霧島は検証の準備をしてきますので」

提督「準備?」

霧島「ええ。早く検証したいので、司令はその間にしっかり『勃てて』おいてください」

提督「……まあ、それは構わんが」

霧島「戻ってきた時に勃っていなかったら、お手伝いしますね」

提督「霧島、お前本当に大丈夫か。主に頭が」

霧島「霧島は大丈夫です。司令、準備中に勢い余って出さないようにご注意を」


 ガチャッ バタン


提督「あの霧島から卑猥な発言を聞く日が来るとは。いや、あれが本当の霧島なのか?」

提督「生真面目だから、色々溜まってるのだろう。今まで悪いことをしたな……」

提督「……おっと、いかん。霧島が戻ってくるまでに勃てておかねば」

 ボロンッ シコシコ…
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:24:12.84
 ガチャッ

霧島「お待たせしま」

提督「うおわああぁぁぁぁぁぁぁ!?」

 ビンビン

霧島「……あら。すっかり準備万端ですね」

提督「は、入る前に一声くらいかけろ!」

霧島「すみません。準備に手間取って急いでいたので、思わず」

提督「うぐ……霧島に見られた……」

霧島「霧島は司令の定期健診に何度も立ち会っていますから、今更ですよ」

提督「そりゃそうだ」ボロン

霧島「開き直りましたね。検証しやすいので助かりますけど」

提督「で、何をすればいいんだ? 下半身が寒いぞ」

霧島「ここに録音機があります。これに、ある艦娘の喘ぎ声が入っています」

提督「まさか……それを聞きながら自慰行為をしろと?」

霧島「さすが司令、理解が早いですね」

提督「……頭のいい奴の考えることって、たまにワケ分からん……」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:28:55.09
5分後――


比叡『あぁ、んッ、ハァ、ぁン! ふぁ、あ!』

提督「誰の声かと思ったら……比叡の声、か」シコシコ

霧島「…………」ジー

提督「霧島、5分もこんなの見てて面白いか?」シコシコ

霧島「かなり興味を引かれますね」ジー

比叡『はあっ、く、んん、あ、ンっ、はッ!』

提督「あ……比叡、比叡……っ!」

霧島「…………」ジー

比叡『ひ、比叡っ! イ、イき、ますっ、あ、あっ!』

比叡『ひえぇ~~~~~~~っ!!』ビクビクッ

提督「うっ!」ドピュ

霧島「!!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:31:44.49
提督「…………ふぅ……」

霧島「お疲れ様でした。ちり紙をどうぞ」

提督「どうも……なんなんだ、この儀式みたいな淡々とした流れ」フキフキ

霧島「分析・検証とはこういうものです。ソレもちゃんとしまってください」

提督「言われなくても……」モゾモゾ

霧島「また必要になったら出していただきますので」

提督「もう勘弁してくれ。しかし、さっきの比叡の喘ぎ声は凄かったな」

霧島「……恋人とはいえ、喘ぎ声を他人に自慢するのはどうかと」

提督「そっちじゃない、録音の話だ。うまく俺の声や雑音が取り除いてあっただろう」

霧島「ああ。提督が自慰行為に使うには邪魔かと思いましたので」

提督「つまり、俺が録音した比叡の喘ぎ声を、うまく切り貼りしたんだろうと」

霧島「いえ。最初はそのつもりでしたが、再録した方が早いことに気付きまして」

提督「ほう、さすがに有能……ん?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:34:50.48
提督「再録? さっきの短時間で、部屋にいた比叡を喘がせて録音してきた……のか?」

霧島「いくら霧島でもそれは無理です。ですから、他の艦娘の声で代替しました」

提督「代替? 比叡と同じ声が出せる艦娘なんて…………」

霧島「…………」

提督「も、もしかして。そういうこと、なのか……?」

霧島「……ご想像の通りです。せ、僭越ながら……」

提督「あ……ああ! あの声……なんか、その。良かったぞ……うん」

霧島「そ、そうですか。い、急ぎでしたので、あんなもので、恐縮です……」

提督「そんなことは……で、でもそれじゃあ、アレは比叡の喘ぎ声で検証したとは」

霧島「いえ。『ひえぇ~』など、司令が録音した比叡姉様の声も3割は入っていますよ」

提督「……残りの7割は」

霧島「け、検証が進みませんので! この話はやめましょう! ハイ、やめやめ!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:38:25.87
霧島「とにかく、検証した結果……やはり、そういうことでしたね」

提督「どういうことだ?」

霧島「司令は比叡姉様の喘ぎ声を聞きながらでも、中折れしませんでした」

提督「……あれ? そういえばそうだな」

霧島「つまり! 『ひえぇ~』は中折れの原因ではないんです!」

提督「なん……だと……」

霧島「霧島は最初から、司令が中折れする理由を『3パターン』考えていました」


 ①比叡の喘ぎ声がひどくて中折れする
 
 ②提督と比叡の体の相性が悪くて中折れする
  
 ③提督の精神面にまったく別の問題があり中折れする


霧島「①が違うと証明されたいま、次は②と③を検証する必要があります」

提督「有能さを発揮する方向を間違えてやしないかね、霧島さん……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:39:23.92
試しに霧島さんとやる必要があるな
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:41:31.53
霧島「しかし、②の相性は違うでしょう。司令と比叡姉様の体の相性は抜群だからです」

提督「断言してるが、いくら霧島でもそこまでは分からないだろ」


霧島「司令のソレは、勃起時で12cm、直径は3cm。平均からするとやや小柄です」

霧島「これは定期健診の結果から間違いありません」

霧島「対して比叡姉様のアレは、司令のソレがうまくハマる形状になっています」

霧島「これも金剛四姉妹で百合性交した際に、司令のと同型の張形で確かめたので確実です」

霧島「だから、形状が悪く挿れた際の快感が少ない、ということはありえません」


霧島「よって、中折れの理由として②は考えにくいんです」

提督「今の霧島の発言について、色々聞きたいことがあるんだが」

霧島「となると、最後の③。提督の精神面に問題がある、が正解かと」

提督「無視された……」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:45:10.29
提督「しかし、精神的な問題なんてすぐ見つかるものか?」

霧島「そう、ですね……見つける方法はありますけど」

提督「あるのか!? さすが霧島だな」

霧島「ただそれを実行するには、司令が不退転の決意を固める必要があります」

提督「……それほどのものなのか」

霧島「はい。比叡姉様を幸せにするために、何でもやるという決意です」

提督「その程度、当然のことだ。俺に原因があるというならなおさらな」

霧島「……分かりました。もう、取り消しはできませんよ」

提督「ああ。なんでもこい!」

霧島「では……」



霧島「霧島と、性交しましょう」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:49:21.37
提督「……本気で言ってる……んだろうな。霧島はいい加減なことは言わないだろ?」

霧島「はい。確信を持ってお話しています」

提督「理由は分からんが、そうすれば原因は分かるんだろう。しかし……」

霧島「もちろん、比叡姉様には言いません。我々だけの秘密、です」

提督「…………」

霧島「このままでは姉様も司令も不憫です。本当に姉様のことを想うなら……」

提督「…………」

霧島「…………」

提督「分かった……霧島を信じる。お前を抱くぞ」

霧島「……はい」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:53:32.21
提督「その……霧島は、経験があるのか?」

霧島「……姉妹以外、まして男性は初めてです……」

 ファサッ...

提督「…………!」

霧島「霧島の裸体、比叡姉様とそっくりでしょう。姉妹艦ですから」

提督「いや。そんなんじゃなく、綺麗だなと思っただけだ」

霧島「えっ……あっ、あまり見ないでください……!」

提督「今更恥ずかしがるなよ、霧島……」

霧島「霧島ではなく……『比叡』です」

提督「ん?」

霧島「霧島を、比叡姉様だと思って……抱いて、ください……」

提督「なんで……いや、そうするべきってこと、なんだな」

霧島「ありがとうございます。幸い、容姿も少しは似ていますので……」

提督「……分かったよ。『比叡』……」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 20:56:45.76
霧島「……司令……」

提督「好きだ、比叡……んっ……」

霧島「ちゅっ……『比叡』も、お慕いしています……ん……」

提督「ん……ふぅ……」

霧島「ちゅ……はぁ……んんっ……」

提督「……はぁっ……」

 むにゅ...

霧島「あ……ッ」

提督「比叡の胸、柔らかい……」

 むにゅ、むにゅ…

霧島「あ、はぁ……っ……」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:00:31.41
提督「ん……ちゅっ……」

霧島「……や……んっ、首に……跡、つい……」

 ちゅ、ちゅっ...

霧島「ンぁ、あぁっ……」

 ちゅううっ、ちゅうっ...

霧島「あ、んッ……あ、あッ……!」

 つぷ...
 
霧島「ン……っ!?」

提督「下、濡れてる……」
 
霧島「ふ、あぁッ……!」

 くちゅ、くちゅ...
 
霧島「あ、あッ! ンぁ、は、あっ、あン……!」

 くちゅくちゅ、くちゅっ

霧島「ん、あ、んんッ! や、は、あッ、ン、あぁっ……!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:04:50.93
提督「……挿れるぞ、比叡」

霧島「ハァ、ハァッ……ん……!」

 ずぷぷっ…
 
霧島「ッ……! あ、ぁ、ああぁぁッ…………!」

提督「比叡……比叡っ……」パンパン

霧島「あッ、は、ン、あっ! あ、ひっ、ぁ、あっ……!」ビクンッ

提督「ひえ、い……!」パンパン

霧島「あンっ……! はぁ、ん、や、あぁ!」ビクビク
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:08:38.35
提督「うっ……きもち、いい……!」パンパン

霧島「はぁ、あ! くぁ、はぁ、あッ!」ビクッビクッ

提督「だ、すぞ……ひえい……!」パンパン

霧島「はぁ、あッ! き、てッ、し、れいっ、んッ!」

提督「ひ、え……」ピタッ


 ポロッ…


霧島「……えっ……涙……?」

提督「うっ……ひっ、ぐうっ……うぐぅぅ……!」ポロポロ…

霧島「……司令……」

提督「そう、か……えぐっ……俺、は……」

提督「不安、なんだ……」ポロポロ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:12:59.58
10分後――


提督「霧島……すまなかった」

霧島「いえ。それよりご気分はいかがですか」

提督「気の済むまで泣いたら、ずいぶん楽になった」

霧島「……司令は、ずっと不安を抱えていたのですね。誰にも話せない不安を……」


提督「艦娘と交わるってことは、艦娘との子供を作るってことだ……」

提督「人間と艦娘の間の子供なんて……本当に、みんなに祝福されるのか……?」

提督「普通じゃない……上の奴等は、絶対にいい顔はしない」

提督「それに、家庭だって……人間と、艦娘。それと、人艦から生まれた子供……」

提督「人間の女とすら結婚できず、ずっと独身だった俺が……」

提督「そんな家庭を持って……比叡を、子供を、幸せにできるのか?」

提督「……そんな不安が、頭から離れない…………」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:15:39.24
霧島「最後の一線が越えられないのは、それが理由なんですね」

提督「そうみたいだ。その不安も、自覚したのはついさっきだが」

提督「比叡を抱いてるつもりだったが、やはりこの女性は霧島なんだと認識して」

提督「比叡と霧島……2倍の責任を感じた瞬間に、悪い将来しか考えていないと気付いた……」

提督「俺はそういう普通の……子供を作り、家庭を持つことを恐れているんだ……」

霧島「……司令は、特別な存在ではありません」

提督「え?」

霧島「将来が不安なのは、人間も艦娘も、司令も霧島も、比叡姉様も同じです」

霧島「幾多の困難が待ち受けていることも、みんな分かっています」

霧島「それでも、好きならその相手と一緒になるしかないんです」

霧島「もし何かあったら、霧島が……鎮守府の艦娘たちが、司令を全力で助けます!」

提督「霧島……」

霧島「だから、比叡姉様にいっぱい中出ししてください!」

提督「感動が台無しだよ」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:19:40.20
最後台無しすぎるww
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:22:05.79
霧島「さて。では原因が『司令の将来への不安』と分かったところで、先ほどの続きですね」

提督「……待て、何を言ってる?」

霧島「原因と解決は一組。解決、即ち司令は不安を振り切り、艦娘と交わる勇気を持つべきです」

提督「おい、まさか……」

霧島「小心者の司令がぶっつけ本番で上手くいくとは思えませんから。霧島で練習しましょう」

提督「……いやいや。霧島の……中に出せってことだろう、それは」

霧島「そうそう『当たる』ものではありませんし。比叡姉様との本番に向けての予行演習です」

提督「いや、しかし……」

霧島「それに……頑張った霧島にご褒美の1つくらい、いただけませんか?」

提督「こんなのご褒美になるのか。好感度80って、そんなに好かれてないだろうに」

霧島「あら。霧島は80とは言っていません。80以上とは言いましたけど」

提督「え……」

霧島「ふふ。夜戦は速度と火力が大事ですから。司令の戦闘力、期待していますね?」

提督「…………比叡。一夜限りの過ちを許してくれ……」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:27:30.47
数ヶ月後――


提督『比叡! 3発目、出すぞ!』パンパン

比叡『ひええぇぇぇぇ~~~~~~っ!』ビクビクッ

提督『うあぁっ!』ドピュ ドピュッ


金剛「うう……ワタシ達のルームで励むのはいいかげんやめてほしいネ」

榛名「これじゃ入れません……で、でも榛名もあんな風に愛されたい」ガリガリ

霧島「榛名姉様、柱に爪を立てないでください」

金剛「……なんだか、霧島は随分ヨユーがあるように見えるヨ」

榛名「そういえば、提督ともかなり親密に……も、もしかして既に提督と!?」

霧島「ふふ、どうでしょう?」

金剛「シィーット! 比叡に続いて霧島まで!?」

霧島「いえ。霧島は……ただの練習台で……」ポロッ

榛名「えっ……霧島、泣いて……」

霧島「だとしても、あの一夜の想い出は……霧島にとって、最高の……」ポロポロ


霧島「おめでとう、比叡姉様」

霧島「そして、お幸せに。霧島の愛した人――」


おわり
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:31:50.66
乙。なかなか良い話だったぜ
てっきり「きりしまァァン!!」オチだと思ってたよ
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:32:04.46

どう見てもネタスレとしか思えなかった出だしからは予想も出来ないほろ苦いエンド
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 21:34:25.96
まさかのシリアス
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/20(月) 23:49:19.97
おつー
ただの下ネタスレかと思ったら想像超えて良い話だったww
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/21(火) 01:28:26.66
乙でしたー
スレタイに釣られて来たら意外と面白かった
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/21(火) 16:05:58.16
比叡スレかと思ったが、霧島スレだった
感謝

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク