うまる「SSのあとがきって必要?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:23:46.680 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「ただいまー。どうしたんだ、うまる。独り言なんて言って」

うまる「あ、おかえりお兄ちゃん! ちょっとこれ見てよ!」

タイヘイ「あー! うまるお前、パソコン触るときは箸でスナック菓子食えっていつも言ってんだろ!」

うまる「そんなことはどうでもいいんだよ! 早くこれ見てよお兄ちゃん!」

タイヘイ「そんなことってなんだ、そんなことって!
  お前が触った後にパソコンやると、キーボードがヌルヌルしててイライラするんだよ!」ドンッ!

うまる「ヒィッ!?」
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:26:02.779 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「ご、ごめん。大声出して」

うまる「……うまるの方こそごめんね。お兄ちゃん」ションボリ

タイヘイ「い、いやいや。いいよ別に。で、どうしたんだ」

うまる「あ! そうなんだよ! これ見てよこれ!」

タイヘイ「ん? なんだこれ」

うまる「私が毎日巡回してるお気に入りのまとめサイトだよ」

タイヘイ「いや、それは分かるんだが……。なんだ、このセリフの羅列みたいなの」
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:28:13.276 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「え? お兄ちゃん、もしかしてSS知らないの?」

タイヘイ「SS?」

うまる「そうだよ! SSだよ!」

タイヘイ「スクリーンショットのことか?」

うまる「ぶふっ! 何ありがちなつまんないこと言ってんの!
   そんなことじゃまとめサイトに転載してもらえないよ!」

タイヘイ「……」

うまる「そっかー。お兄ちゃんSSも知らないのかー」
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:30:01.982 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「……知らないから教えてもらえるか」

うまる「えー! 今さらSSの説明しなくちゃいけないなんてー!」

タイヘイ「……」

うまる「もー! お兄ちゃん時代の波に乗れてないよー!
   完全に時代遅れの老害だよー!」

タイヘイ「……」

うまる「SS知らないとかー! 信じられないよー!」

タイヘイ「うるさいなッ! 知らないよそんなことはッ!!!」ドンッ!

うまる「ヌヘェッ!?」
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:32:24.550 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「こっちが教えを乞うてるのになんだその態度は! いい加減にしろ!」ドンッ!

うまる「ご、ごめんなさい」

タイヘイ「まったく……。で、なんなんだ。そのSSとか言うのは」

うまる「ほとんどセリフだけのお話のことだよ、お兄ちゃん。
   たまに地の文書いてる低能がいるけど、私はあれをSSとは認めてないからね」

タイヘイ「ふぅん。じゃあSSってショートストーリーの略なのかな」

うまる「ストップ! 何の略語かって話は荒れるんだから! やめてよお兄ちゃん!」

タイヘイ「そ、そうなのか。……すまん」
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:34:52.181 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「そんなことも知らないでよく今まで生きて来れたね!?」

タイヘイ「あ、謝ってるんだからもういいだろ……」

うまる「良くないよ! 自分がどれだけ荒れる話題振ったから分かってる!?」

タイヘイ「ここには俺とお前しかいないし……。別にいいじゃないか……」

うまる「どこで誰が聞いてるか分からないんだから!
   海老名ちゃんももしかしたらまとめサイトの住人かも知れないんだよ!?」

タイヘイ「……悪かったよ」
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:37:09.794 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「あーもう! お兄ちゃんと話してると疲れるちゃうよー!」

タイヘイ「……」

うまる「うまる怒ってるんだからね! 分かってる!?」

タイヘイ「分かってる。分かってるよ」

うまる「いちいち話の腰折ってさぁ。全然話が進まないよ」

タイヘイ「……」

うまる「全くもって嫌になっちゃうよ。……ねえ! 聞いてるの! お兄ちゃん!」

タイヘイ「んなデカい声出さなくても聞いてるよ! うるさいなッ!」ドンッ!

うまる「ヒョエエッ!」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:39:28.749 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「何回も言わなくても分かるよ! お前じゃないんだから!」

うまる「ご、ごめんなさい。お兄ちゃん」

タイヘイ「何の話がしたいのか簡潔に話せ。分かったな」

うまる「ちょっと……。なんか怖いよ、お兄ちゃん……」

タイヘイ「で、SSがどうしたんだ」

うまる「あ、そうそう。これなんだけど。ちょっと読んでもらえる?
   そんなに長いものじゃないから」

タイヘイ「ふむ。どれどれ」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:41:30.953 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「どうだった?」

タイヘイ「これって素人が書いたの?」

うまる「うん。多分ね」

タイヘイ「へぇ。伏線の張り方から話運び、キャラクターに至るまでよく考えられてるな。
   とても素人の作品とは思えないよ」

うまる「でしょ!? これは久々のヒットだったなぁ」

タイヘイ「で、これがなんなんだ?」

うまる「ここからが本題だよ! 心して聞いてね、お兄ちゃん!」
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:44:39.291 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「うん。どうしたんだ」

うまる「問題はSSが終わったあとなんだよ。ここ見てよ、お兄ちゃん」

タイヘイ「ん?」

うまる「これだよ、これ! 終わった後にあとがきがあるじゃん!」

タイヘイ「ああ……? 『読んでくれてありがとうございました』……?」

うまる「そこから始まる超長文のあとがき! こんなのはSSスレに必要ないんだよ!」

タイヘイ「いや……。それは個人の自由でいいんじゃないか?
   こんなに素晴らしい作品なんだし、少しくらい補足とか挨拶してくれても」
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:46:16.780 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「分かってないね、お兄ちゃんは!
   内容が素晴らしいからこそ、あとがきがあるのが残念なの!」

タイヘイ「そういうもんなのか?」

うまる「そうだよ! せっかく作品の世界に没頭してたのに、
   作者のあとがきがあるせいで一気に現実に引き戻されちゃうんだよ!
   私はもう少し余韻に浸っていたかったの!」

タイヘイ「それなら完結したところでブラウザ閉じればいいだろ」

うまる「かー。これだから素人さんは困るねぇ」

タイヘイ「……」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:48:53.883 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「もしかしたら二部構成になってるかもしれないじゃん!
   そこを見逃しちゃったらと思うと、マウスホイールをクリクリする指が止まらないんだよ!」

タイヘイ「あー。二部構成とかあるのか。本格的だな」

うまる「それだけじゃないよ。こういうSSってのは作者のレス以外に、
   読んでる人のレスも含めて楽しむモノなんだよ!
   だから完結したからってブラウザバックするのは、
   てんで分かってない素人さんだけが行う愚行なの!
   分かる!? お兄ちゃん!」

タイヘイ「……ああ」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:50:56.596 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「それにまとめサイト管理人さんのご厚意で、
  関連スレのリンクが貼ってあることもあるんだから!」

タイヘイ「へぇ。随分親切なんだな」

うまる「そうだよ! まとめサイト管理人さんは偉大なの!」

タイヘイ「ふぅん」

うまる「はぁ。お兄ちゃんがこんなにずぶの素人さんだとは……。
   うまる、妹として恥ずかしいよ。もっとちゃんとしてよお兄ちゃん」

タイヘイ「……」
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:53:34.918 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「返事は!?」

タイヘイ「……はい」

うまる「素人さんと話してたら喉乾いちゃったよ。コーラ飲も」グビグビ

タイヘイ「ペットボトルから直接飲むなよ。みっともないぞ」

うまる「ぷはーっ! ……みっともないのはお兄ちゃんの方でしょ。
   SSも知らない、まとめサイト管理人さんの努力も知らない。
   毎日何考えて生きてるの?」

タイヘイ「……」

うまる「まったく」グビグビ

タイヘイ「だから直接飲むなって言ってんだろ! うまるッ!!!」ドンッ!

うまる「ボベエエエーーーーーッ!!!」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:55:25.475 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「あー! パソコンにコーラかかっただろ! 何してんだよ!」ドンッ!

うまる「ヒィ……!」

タイヘイ「ベットベトじゃねぇか! 何考えてんだお前!」ドンッ!

うまる「ご、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」ガタガタ

タイヘイ「ちっ……」

うまる「……」

タイヘイ「なぁ!!!」ドンッ!

うまる「ヒエッ……!?」
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 14:57:53.543 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「ぐだぐだ言うならもうまとめサイトなんて見るな! 文句ばっかり言いやがって!」

うまる「ご、ごめんなさいお兄ちゃん」

タイヘイ「大体お前は何か人に感動を与えるようなことができるのか!?」

うまる「え……?」

タイヘイ「あとがきだとかなんとか言ってるけど、
   これ書いた人は無償で人を楽しませてくれてるんだぞ。
   お前に同じことができるのか?」

うまる「ええと……」

タイヘイ「出来るのかッ!?」ドンッ!

うまる「ヒィィィイイイッ!?」
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:00:07.196 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「文句言うならお前が書けばいいだろ!
   与えられるもん貪ってるだけで、お前は何もできないんじゃないか!」

うまる「うう……」

タイヘイ「現実世界に引き戻された、だ? お前のその姿のどこが現実だ」

うまる「……」

タイヘイ「現実見ろよ、うまる」

うまる「……」

タイヘイ「なぁ、聞いてんのか?」
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:01:37.197 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「……さい」

タイヘイ「ああ?」

うまる「ごめんなさい……。うわああああああああああんっ!!!
   お兄ちゃんごめんなさいぃぃいいっ!!!!!!!」ポロポロ

タイヘイ「お、おい。うまる」

うまる「わああああああああああああんっ!!!!!!!
   うわあああああああああああんっ!!!!!!!!!」

タイヘイ「何も泣くことないだろ……」
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:04:34.118 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「だって……。ヒック……。だってぇ……!」ポロポロ

タイヘイ「わ、分かればいいんだよ。お兄ちゃんも強く言いすぎた。ごめんな」

うまる「うまる……、書けないもん……。SSとか……」

タイヘイ「いいってば、別に。書けないなら書けないでも」

うまる「でも……文句ばっかり言ってた……」

タイヘイ「そうだな」

うまる「駄々こねる子供と一緒だった……。恥ずかしい……」

タイヘイ「うまるお前普段から駄々こねてるだろ。そこを反省しろよ」
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:06:31.746 ID:Jx8vbYQUM.net
うまる「分かったよ、お兄ちゃん。もう文句言わない」

タイヘイ「いや文句は言っていいぞ」

うまる「えっ」

タイヘイ「糞つまらんやつには糞つまらんって言っていい。
   けど、あとがきがどうとか現実世界に引き戻されるとか訳の分からない理論並べて批判するのはやめろ」

うまる「ええ……」

タイヘイ「お前はプロの批評家じゃないんだからな。
    ただ、面白いかどうかの判断くらいはつくだろ」

うまる「う、うん」
41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:09:32.603 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「面白いかつまらないかくらいはお前にも言う権利がある」

うまる「……うん。分かったよ、お兄ちゃん」

タイヘイ「変に気取ったこと言うからうざいと思われるんだ。
    例えばキャラがぶれてるとか、ここが矛盾してるとか。
    そんな細かいこと考えるならプロが書いた物読んだ方がいいぞ」

うまる「そうだね」

タイヘイ「二次創作に対してキャラが違うとかな。そんなものは脳内補正でなんとかしろ」

うまる「うん! うまる、そうする!」
43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:11:19.730 ID:Jx8vbYQUM.net
後日

うまる「できた!」

タイヘイ「ん。どうしたんだ、うまる」

うまる「へっへーん。お兄ちゃん、うまるはついにやったよ」

タイヘイ「なんだ。随分ごきげんだな」

うまる「SS好きが高じてね、うまるもSSを書いてみたんだよ!」

タイヘイ「へー。ちょっと見せてみろよ」

うまる「ええー。どうしよっかなー」
46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:14:14.397 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「おいおい。恥ずかしがるなよ。いいから見せてみろって」

うまる「えー。せっかく書いたんだしタダじゃなぁ」

タイヘイ「じゃあ明日仕事帰りにポテトチップスとコーラ買って来てやるから」

うまる「ポテトチップスじゃなくてポテイトチップスだよ、お兄ちゃーん」

タイヘイ「ポテイトチップスな。分かったから、ほら」

うまる「それだけじゃあなぁ。他にも」

タイヘイ「ごちゃごちゃ言ってないでさっさと見せろ!」ドンッ!

うまる「ウッヘェ!?」
47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:17:21.244 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「ふぅん……」クリクリ

うまる「……」ドキドキ

タイヘイ「これで終わりか」カチッ

うまる「ど、どうだった……? お兄ちゃん」ドキドキ

タイヘイ「ん。普通につまらん」

うまる「え」

タイヘイ「最初から低空飛行で山場もないし、オチも無い。
    話として成り立ってないな。
    なんだか内容の薄い萌えアニメをさらに薄めて上澄みだけすくったようなSSだった」

うまる「……」
48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:19:44.600 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「起承転結が全くないんだよな。話のテーマもよく分からんし。
    結局、うまるはこれで何を伝えたかったの?」

うまる「えっと……」

タイヘイ「内容が薄すぎて、逆に読んでて苦痛とすら思わなかったな。
    なんだか文字の羅列をずっと眺めてるようで、悟りの境地に辿り着きそうだった」

うまる「……」

タイヘイ「なんつーか主人公が何をしたいのか理解できないんだよ。
    血の通ってない人形と言うかさ。かといって他のキャラにも魅力が無いし」

うまる「……」
49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:21:59.511 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「あとさぁ、あとがきで補足しすぎなんじゃないの?
    世界設定とか読まされても、こっちは「で?」としか思わないよ。
    そういうのは作品内でやってもらわないと」

うまる「お、お兄ちゃん!」

タイヘイ「何?」

うまる「言ってることとやってることが違うよ! なんでそんな批判するの!
   面白いかどうかだけ言えばいいって言ってたじゃん!」

タイヘイ「ああ。だから内容は糞つまらなかったよ」

うまる「……」
50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:24:17.138 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「なんだよ、その目。怒ってるのか?」

うまる「怒ってる……。うまるは怒ってるよ、お兄ちゃん!
   なんでそんなにひどいこと言うの!
   だったらお兄ちゃんが書けばいいじゃん!」

タイヘイ「俺は書かないよ。別に書きたくないし」

うまる「じゃあ文句なんて言わないで!
   お兄ちゃんが言ったことでしょ!?」

タイヘイ「おいおい。SS批判するにはSS書かなきゃいけないなんて一言も言ってないぞ。
    むしろ、批判されるのが嫌ならお前が書かなきゃいい話だろ。
    絶賛しか受け入れられないってんなら書くのやめなよ」

うまる「ええ……」
53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:26:42.208 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「大体さぁ、なんでこんなもの書こうと思ったんだよ」

うまる「だって……、うまるだって……、まとめサイトに載りたかったんだもん……」

タイヘイ「載るわけないだろこんなの」

うまる「……」

タイヘイ「お前が管理人だったとして、こんなもの転載するか?」

うまる「……」

タイヘイ「なぁ。すると思うか?」

うまる「……」
55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:30:37.959 ID:Jx8vbYQUM.net
タイヘイ「俺が管理人だったら絶対しないよ」

うまる「うう……っ」グスッ

タイヘイ「うーん……。そうだなぁ」カチカチ

うまる「……?」

タイヘイ「ここはこうした方がいいんじゃないか? タイトルもこう変えた方が多分目につきやすいぞ」

うまる「お兄ちゃん……!」

タイヘイ「よし。じゃあ今日はこれの手直しするか。仕事も休みだから」

うまる「……うん!」

こうして、タイヘイの手によって直されたうまるのSSは、見事まとめサイトに転載されましたとさ。
良かったね! うまるちゃん!

終わり
59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:41:36.977 ID:Jx8vbYQUM.net
応援してくれた方、ありがとうございました!
ROMってた方が多かったのかな……? もう少しレスがつくと嬉しかったような(モニョモニョ

ここまで長い作品は初めてだったので、書いている間はずっと不安でいっぱいでした。
それでも最後まで書き切れたのは、ひとえに応援してくれた皆さんのおかげだと思います!

なにぶん不慣れなもので、叱責の言葉もたくさんいただいてしまいましたが……。
これを糧にして次の作品に生かしたい所存でございます!

ちなみにキャラクターが違うのは作者のちょっとした遊び心です。
そこを指摘されるたびに内心ニンマリとしておりました。

というか実際顔がニヤけていたかも……(気持ち悪いとか言われてもキニシナイ!

では、最後になりましたが、同じ言葉を繰り返させていただきます。

応援してくれたみなさん! ありがとうございました!
また会える日を楽しみにしています!

では、また近いうちに!(早ければ今晩にでも……
60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 15:45:28.852 ID:TCC7JZaJ0.net
>>59
カタカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタカタ
63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/27(木) 16:09:54.574 ID:hSS99yxO0.net
最高

関連記事
タグ:

コメントの投稿

名無し

地の文あってこそのSSであって、セリフのみこそ邪道なんだがなぁ…

とあるSSの訪問者

どんなに感動的なSSでも、あとがきを「くぅ疲」で締められると
がっかり感がハンパねー。


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク