鶫「きゃっぴぴぴぴーん!みんなのアイドル誠士郎ちゃんなりよ~!」【ニセコイss】

1 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:23:34.33
鶫のキャラ崩壊注意!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436498614
2 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:24:26.99
千棘「ねえダーリン。」

楽「どうしたんだいハニー?」

千棘「最近鶫の様子が変なのよ。」

楽「変?どういった感じにだ?」

千棘「なんというか…今までの自分を捨てたような感じ…かな?」

楽「いや、意味がわからん。」

千棘「とりあえず見たら分かるって!」グイッ

楽「お…おい!引っ張るなよ!!おわぁぁっ〜!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

鶫「クロード様。任務が終わりました。」

クロード「ご苦労誠士郎。今日はゆっくりと休め。」タッタッ

鶫「はい。」
3 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:25:25.58
楽「……いつもの鶫じゃねえか。」

千棘「いいから見てて!」

鶫「ん?」

千棘「あ。マズイ…」

楽「何がだ?」

鶫「お嬢ーーーーー!!!」ダダダダダ

ギューーッ

千棘「ちょっと!抱きしめるのが強いって!」

鶫「お待ちしてましたよお嬢!早く可愛い服を買いに行きましょう!」

楽「ふ…服?」

楽(鶫って女の子のファッションとか分からないとか言ってたのにどうしたんだ?)

楽(ていうかオレの事見えてるのか?千棘としか喋ってねえじゃねえか。)
4 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:26:02.76
楽「おい鶫…」

鶫「い…一条楽!!い…いつの間にそこにいた…!?」

楽「ずっとハニーの隣にいたけど?」

鶫「な………そんなはずないだろ!私が見逃すはずが…………」

楽(なんか鶫らしくねえなー………)

鶫「そんな事より!早く行きますよお嬢!」

千棘「わ、分かったって!でも、ダーリンも一緒に行くからそれは了承してね。」

鶫「もちろんですよお嬢 !」

楽(こんなの鶫じゃねえよ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ー服屋さんー

シャーーー

千棘「どう?似合うダーリン?」キラッ

楽「あぁ。似合ってるよハニー。特にその靴超似合ってる。」

千棘「あ…ありがとう。さすが見るところが違うわねダーリン…!」

楽「ははは…
5 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:26:36.97
シャーーー

楽(このカーテンが開いた時、オレらは見てはいけない物を見てしまった。)

楽(おそらく…今年これを超える衝撃はもう二度とないだろう。)

鶫「きゃっぴぴぴぴーん!つっぐつっぐみーん!みんなのアイドル誠士郎ちゃんなりよ〜!」

千棘「あ…………」

楽「か……………」

シャーーー

楽「とりあえず閉めようか………」

千棘「ナイス判断ダーリン………」

楽「今のは何だ?どこの生き物だ?」

千棘「私たちがよく知っている鶫よ。間違いなくね。」

楽「でも!鶫って言ったらもっと女を捨ててたじゃねえか!あんなの鶫じゃねえだろ!」
6 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:27:20.81
鶫「ちょっと〜。勝手に閉めないでくださいよ〜。」シャーーー

楽「鶫!目を覚ませ!」ガシッ

鶫「な、なんなんですか楽!?」

楽「ら…楽?」

千棘「あの鶫が……下の名前でダーリンを呼んだ………!?」

楽「何があったんだ鶫!」

鶫「何って……いつもの僕ですけど?」

楽「僕……?」

千棘「鶫…?変な物でも食ったの?」

鶫「な…何を言ってるんですかお嬢!僕はそんな物を食べても大丈夫なように特訓されてるんですよ!」

楽「間違いなく鶫だ………記憶自体は鶫なんだな……」

千棘「でも、喋り方が違うわね……怪しい……」
7 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:28:03.16
鶫「うぅ……酷いですよ二人揃って………僕をいじめないでくださいよ………」ジワッ

楽「う!」

楽(い…いつもより鶫が女の子っぽく見える……だと?)

千棘「ダーリン…?」

楽「ハ…ハニー……ちょっと疲れたから今日は帰るわ………」

千棘「う…うん。わかったわ。」

千棘(ごめんねダーリン…変な事に付き合わせて。)

楽(ま…まさかな……)

鶫「………………」

ーーーーーーーーーーーーーーー

楽「…………………」

楽「くっそー…鶫のあの顔が頭から離れねえ!」

ピンポーン

竜「坊ちゃん!客人ですぜぇ!」

楽「誰だこんな時間に?」

タッタッ

ガチャ
8 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/10(金) 12:28:36.19
鶫「あ…」

楽「つ…鶫?ハニーとのショッピングはどうしたんだよ。」

鶫「お、お嬢には向こうで待ってもらっているんだ。どうしても楽に言いたいことがあって…」

楽「ん?なんだ?」

鶫「今日は……その………ごめんね。なんか二人の気分を悪くしたみたいで……」

楽「いや……気にしてないから大丈夫だよ。それに………」

鶫「?」

楽「鶫が元気ねえとこっちも元気なくなるからさ。元気出してくれよ。な?」

鶫「ら…楽………」

鶫「…………」

鶫「あ…あったりまえですよ!元気が僕の取り柄ですからね!えへへ…」

ズキュン

楽「!!」

鶫「? どうかしたのか楽?」

楽(おいおいおいおい……今の笑顔可愛いじゃねえか………どうしたんだよ今日の鶫は………)

鶫「それじゃあまた明日学校で!バイバーイ!」

楽「お…おう。」

楽「………あのままずっといてくれねえかな……」

つづく…?
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/10(金) 12:45:56.56
ポルナレフの気分だぜ…
まったく意味がわからないwwww

今後に期待
17 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:37:46.56
ー翌日ー

楽「………………」

集「どうしたんだ楽。元気ねえじゃねえか。」

楽「いや…何にも………」

集「ったく…らしくねえなー。」

集「……………」

集「もしかして誠士郎ちゃんか?」

楽「!」

集「やっぱりなー。」

楽「な、なぜわかったんだ?」

集「勘。」

楽「お前すげえな…」
18 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:39:18.95
集「で、誠士郎ちゃんがどうしたんだ?」

楽「それは………」

鶫「お嬢!このクマのぬいぐるみ可愛いと思いませんか!」

千棘「うん。確かに可愛いね。」

鶫「さっすがお嬢!お嬢なら分かってくれるとおもいましたよ!」

集「うむうむ…確かに可愛らしいぬいぐるみじゃのー…」

鶫「え?集くんも分かってくれるんだ!なんか嬉しいなー…」

集「な………なん……だと…?」

集「バカな!!いつもの誠士郎ちゃんなら銃を撃ってくる…又はボコボコにするはずなのに…!」

楽「分かってくれたか?」

集「これは大問題だぞ…!」

鶫「?」

楽「ここではなんだし、屋上行くか。」

集「あぁ。」
19 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:40:00.16
ー屋上ー

楽「昨日からあの調子なんだよ。」

集「考えられる可能性は2つ…1つはイメージチェンジを試みているとか!」

楽「鶫が…?」

集「…………」

楽・集「ないな!ないない!」

楽「もう一つは?」

集「誰かが乗り移っている……だ。」

楽「そんな心霊現象みたいなことがあるのか?」

集「ある。だから誠士郎ちゃんは女っぽくなってしまったんだ!」

集「女っぽい誠士郎ちゃんはそれはそれでありだが、それではなんかいけない気がする!オレの直感がそう言っているんだ!」

楽「いつもならバカらしいって思うんだろうけど、今回は乗るしかないようだな。」

楽「で、何か元に戻す方法はあるのか?」

集「除霊。」

楽「それ以外で。」
20 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:43:41.45
集「うーん…そうだ!楽。」

楽「なんだ?」

集「おまえ誠士郎ちゃんと一回二人っきりで遊びに行ってきてくれよ。」

楽「はぁ?なんで?」

集「オレが遠くの方から見守って誠士郎ちゃんを見極める。それで打開策を見つけるんだ。」

楽「………ちゃんと見つかるのか不安だが、頑張ってはみる。頼むぞ集。」

集「おう。」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

鶫「珍しいね。楽から僕を遊びに誘うなんて。」

楽「そうだな。」

楽(いつもなら間違いなく断るのに今回はこんなにも簡単に誘いに乗っている。やはりいつもの鶫ではない。)

女子1「あの人かっこいいね。」

女子2「どこのモデルなんだろう。」

楽(やけに視線が集まってる…まぁ相手は多分……)

鶫「なんかすごく見られてる気がする…………」

楽(言わなくても分かるか…)
21 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:44:22.59
鶫「ねえ楽。僕ってさ。そんなに男の子に見えるかな?」

楽「どうしたんだよ急に。」

鶫「最近いつにもまして男の子に間違われるんだ…僕だってもっと可愛らしい服装しようと思えばできるのに!」

楽「俺から見れば十分女の子らしいと思うけどな。」

鶫「え?」

楽「あ…いや……今のは気にすんな。」

鶫「そんなこと言われたら気になるに決まってるでしょ!」

楽「お願いだから気にしないで!」

鶫「ダメです!聞くまで帰りません!」

ピピピ…

楽(ん?携帯から?)

集『ラブラブだね〜。周りから見たらお似合いのカップルだぜ!(ハートマーク)』

楽(うっせーよ!)
22 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:49:39.78
鶫「あ!見て!クレープ屋だ!」

楽「ここって…」

鶫「水族館の帰りに寄った所だよ。」

楽「覚えてたのか?」

鶫「もちろん!僕と楽の思い出の場所だからね!」

鶫「懐かしいな〜。」

楽(………いけない!正気に戻れオレ!!)

楽(危うく鶫の目に吸い込まれる所だった。)

ピピピ…

集『危うく誠士郎ちゃんの口に吸い込まれそうになったぜ…』

楽(頼むから早く打開策を見つけてくれ!)

鶫「そういえばあの時の答えってまだ聞いてなかったね。」

楽「え?」

楽「!!」

楽(マズイ!これを集に聞かれたら……)
23 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:50:53.13
ピピピ…

集『すまん!トイレ行ってくる!(非常出口)』

楽「ナイスタイミング!」

鶫「どうしたの?」

楽「な………なんでもない。」

鶫「で、覚えてる?」

楽「え…えーと……」

小野寺「あれ?一条くん?」

楽「お…小野寺!?」

楽(マズイ…小野寺にこの場面を見られると誤解される……!)

楽「ごめん小野寺!今急いでるんだ!」ダダダダダ

小野寺「え?い…一条くん?」

鶫「どうして走り出すの楽!」ダダダダダ

楽(ウソだろ……オレの全力疾走に普通にしゃべりながらついてきてる………)

ピピピ…

楽「こんな時に………なんだよ…!!」
24 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/13(月) 07:51:26.21
集『今トイレから帰宅、なんか面白いことなってんな〜。ところで、誠士郎ちゃんの走り出した地点から50mのタイムを計ったんだが、一ヶ月前の誠士郎ちゃんの50m走のタイムを1秒も縮めている。これは立派な証拠だ。』

楽「なに!?」

楽(つまり今の鶫は普段の鶫より運動神経が良いってことか…?)

ピピピ…

楽(今度はなんだ…?というか走りながら携帯見るのしんどい!!)

集『そのまま近くのカラオケに入ってくれ(グッジョブ)』

楽(カラオケ?………)

鶫「どこまで走るんですかー!!」

楽「こ……ここに………入ろう………」ハァハァハァ

鶫「カラオケ?そのためにダッシュしてたの?」

楽「は……早く鶫と…………来たかったからな………」

鶫「ほ……褒めても何も出ませんよ!」

楽(オレはお腹の中からなんか出そうだわ………)

つづく…
27 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:27:05.91
ーーーーーーーーーーーー

鶫「なに歌おっかな〜。」

楽「…………………」

ピピピ…

集『今お前の隣の部屋にいるぜ(星マーク)』

楽(鶫とカラオケか………あの時は集たちと来たときに鶫が千棘とカラオケするために一人カラオケしてたんだっけ。)

楽「ていうかオレの前だけど歌うのか?」

鶫「何がですか?」

楽「この前あんなに恥ずかしがってたのに。」

鶫「あの時は……その………色々あったから………あぁもう!別にいいでしょ!」
28 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:28:32.74


《絶険、あるいは逃げられぬ恋》

楽(この曲って765プロの菊地真ってアイドルの新曲だったよな………鶫が歌うってのは意外だったな………)

鶫「……2、3……」

タッタッダラー

楽(でも鶫がなぜ変わったのか気になるな………集の言う通り誰かが乗り移ってい………)

鶫「そっと肩を…抱き寄せて〜。迷わず今。奪いたい〜。」

楽「お、上手いな。」

鶫「へへ…戒める枷。」

楽(鶫のやつこんなに歌がうまかったのか。)

鶫「あまた煌めく花もーーーーーー。色あせるほど鮮やかに。」

鶫「ただひとこと…あなたが欲しい………」

楽「!」

楽(な…なんだろう……今、鶫が俺の方を見て言った気が………)
29 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:29:56.10
鶫「……………」

鶫「楽も一緒に歌いましょうよ。」

楽「え?」

鶫「ほら!」

楽「あ、あぁ。」

鶫「踊ろう!風袋を纏わぬままで。」

楽「手を取りこの夜扉に向き合い…」

楽(み…見つめないでくれ鶫!)

鶫「始まりは…熱い口づけで〜…」

楽(鶫の唇って……柔らかいのかな……?)

楽「燃え滾り…めくるめく…」

楽(落ち着けオレのバカ!!!)バコン

鶫「突然どうしたんですか!?」

楽「いや……なんでもない。」

鶫「あーすっきりした。次の曲入れてもいいですか?」

楽「あぁ。いいぜ。」

楽(このカラオケは自分との戦いだ………)
30 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:30:49.08


《自転車》

鶫「ちょっと待って!僕は君を……ぎゅっと抱きしめたクッション。あ〜また夢だ。」

鶫「何度目だろう。やっぱちゃんと伝えなきゃ。」

楽「………………」

楽(気持ちこもりすぎだろ!)

鶫「さぁ外出てみたら。眩しさに瞳がウィンク。チェーン外して、ストッパー上げて、こぐ度楽しくなる揺れるショートヘア。」

鶫「どんな道でだって!負けないで、進んで見せる〜。」

鶫「好きだよ!」

楽「!」ドキッ

鶫「心込めて…」

鶫「好きだよ!」

楽「!」ドキッ

鶫「力込めて…」

楽(…………クソックソックソッ!!ドキッとするなオレ!)
31 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:31:53.26
鶫「………一つだけ言わしてください。」

楽「え?」

鶫「……ぼ…僕………鶫誠士郎は………キミが…」

ピピピ…

鶫「す………?」

楽「ご…ごめん鶫!ちょっと待ってくれ!」

鶫「え?は…はい。」

集『もうお前ら付き合えよ。』

楽『見てたのかよ!』

集『うん。楽が誠士郎ちゃんの歌に聞き惚れてた所から扉の外で。』

楽『そんなことよりどうなんだよ!解決策は見つかったのか?』

集『ない。』

楽『え?』
32 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:32:59.39
集『だってこれ夢だもん。』

楽「え?」

集「……く……おい楽!」

楽「!」

集「授業終わったぞ。」

楽「………鶫は?」

集「誠士郎ちゃんなら千棘ちゃんと帰ってたぜ。」

楽「………夢でよかった……のかな?」

集「なにが?」

楽「なんでもねえよ。」

集「……変な奴。」

タッタッ
33 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:33:57.31
楽(………これでいいんだ。夢でよかったんだ。だってオレは………)

鶫「おい一条楽!!」

楽「つ…鶫!?」

鶫「何を驚いているんだ!」

楽「いつもの鶫だ〜………」

鶫「な…何を言っている!」

鶫「それより貴様!今日はお嬢と帰る約束をしていたのではないのか!」

楽「あ、そういえばそうだった。」

鶫「貴様ーーー!!!」

楽「お!おい!頼むから撃つなって!」

鶫「うるさいうるさいうるさい!!」

楽「逃げるしかねえ!」ダダダダダ

鶫「待てーーー!」ダダダダダ

楽(いつもの日常に戻ってよかったと思ったと同時にオレは、なぜか鶫が元に戻って良かったと感じた。なんでだろう。)
34 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:35:35.61
楽(女っぽい鶫は可愛かったのにオレはこっちの鶫の方がいいと思ってしまっている。それは………まぁいいか。)

鶫「今度こそ殺してやる〜!」

楽「落ち着け鶫!!」

鶫「落ち着けるかーーー!」

楽(オレはこの関係がずっと続けられればそれでいいや。)

楽「鶫!」

鶫「なんだ一条楽!」

楽「これからもよろしくな!」

鶫「な…………」ポォ…

鶫「か………勘違いするな!貴様とはあくまで友達ではなく……だな……」

鶫「………………」

鶫「よろしく………はしないが……その……………」

鶫「…………………あぁ!もう!この気持ちはなんだ!!!私をイライラさせるな一条楽ーーー!!!!」

楽(こっちの鶫の方が可愛いな。)

………

MC「本日のゲストは菊地真さんです!」

真「皆様初めまして。菊地真だ。以後知っておいてくれ。」

MC「今日はいつもの真さんではないですね。」

真「これが私だ。」

MC「ですが…」

真「うるさーい!!」

おわり
35 : ◆P502OJXJv6 :2015/07/15(水) 10:36:31.31
完結ー
見てくれていた人ありがとうございました。
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/15(水) 11:28:56.39
笑った
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/15(水) 17:12:12.58

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク