真尋「這いよる大納言ッッッ!!!」

1 :1 :2015/06/23(火) 23:11:10.94
怪物「グァァァァッ」

真尋「…………」

ニャル子「はーいいつもニコニ」

真尋「憤怒ッッッ」ドゴッ

怪物「ギャチェ」ぐっちょん

ニャル子「コ…え?」

真尋「拳一つで塵になるとはなんと骨がないやつだ!!もっと闘争を…む?なんだ貴様?」

ニャル子「あっ、ハイ、いつもニコニコ…」

真尋「良い、喋るな」ポンッ

ニャル子「えっと、あの…?」

真尋「なるほど全て分かった、惑星保護機構とかニャルラトホテプ星人とかお前の年齢とか」

ニャル子(こっえええええ)ガクガク

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435068670
2 :1 :2015/06/23(火) 23:15:48.92
真尋「生憎我は護衛を必要とするほど貧弱でない故な、さっさと自分たちの星にけぇれ雑種」

ニャル子(えぇ~なんですかこの英雄王みたいな人…)

ニャル子「そ、そう言われましてもこちとら仕事で来てるんで、貴方を護衛しないことには…」

真尋「くどいぞアナルラトホテプ星人」

ニャル子「侮辱されたぁ…」

真尋「早々に退け、さもなくば世にも恐ろしい大納言の波動で貴様を宇宙の塵にするぞ」

ニャル子(大納言…?)
3 :1 :2015/06/23(火) 23:21:50.15
ニャル子「あ、そうだ!なんなら召使い!召使いでもいいから雇ってください!なんでもしますから!」

真尋「羅ッッッッッッ」ドゴン

ニャル子(威圧で壁ががががが)

真尋「二度は言わんぞ、虚弱貧弱無知無能のニャルラトホテプ星人」

ニャル子「トホホ…」トボトボ

グゥ~

真尋「む?なんだ腹が減っているのか、なら一食くらい馳走してやらんこともないぞ」

ニャル子「えっ!マジですかやった!」

真尋宅

ニャル子(む、無数のフォークが壁に…)

真尋「プロテインでいいか?」

ニャル子「や、筋肉鍛えるつもりはないんで…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/23(火) 23:27:54.03
大納言……うっ頭が……
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/24(水) 16:46:27.33
大納言まとめてみた

SAO

キリト「リィィィンクスタァトォォォ!!!」


キリト「黒の剣士、参上!キリッ!!!!」


キリト「我が剣大納言の如しッッ!!!!」


キリト「笑顔より強い剣はないッッッッッ!!!!!」


キリト「おしるこにはアレを入れろッッッ!!!」


キリト「アンタは大納言を舐めちょるッッッ」



やめおに

達也「自分はただの、エリートです」ドヤァ


深雪「やめなさい、お兄様」


キリト「コード」達也「レジスタッッッ!!!」



その他

ベル「ダンジョンよ僕に挑むのは間違っているッッッッ」


当麻「不幸?否、幸福ッッッ!!!」


楽「ニセコイッッッッッッ!!!」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/24(水) 20:58:34.25
この溢れんばかりの大納言のフィール
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/24(水) 21:10:25.24
大納言さんのssって大抵が無双モノなのにイラって来ないのが凄い。
14 :1 :2015/06/24(水) 21:08:05.23
ニャル子「いやーご馳走さまでした!」

真尋「用が済んだら出ていけ」

ニャル子「えー…実は住処が壊されちゃってて寝床がないといいますか…」

真尋「なにぃ!?それはいかんな!ここに住むといい」

ニャル子(ちょろいですねぇ)

ズドン

真尋「フォークは投げれば邪神を殺すことなど蟻を踏み殺すより容易い」シュウウ…

ニャル子「すんません」
16 :1 :2015/06/24(水) 21:13:27.80
翌朝

余市「おはよう八坂くん…筋肉の躍動がいつもより少ないような」

真尋「ぬぅ、貴様もそう思うか」

余市「何かあったら相談してくれよ、僕達は親友♂なんだから」

真尋「ガッハッハ、案ずることはない」

ガラララ

教師「えー今日は転校生を紹介するぞー、はい黒板に名前書いて」

カッカッカッ

八坂ニャルラトホテプ

ニャル子「3日でこの学校シメ」

ズドン

真尋「少しこっちにこい」ズルズル

ニャル子「あぁ~ドナドナ~」

余市(なんだあの女)ギリリ
17 :1 :2015/06/24(水) 21:17:28.71
トイレ

真尋「きっさま…」

ニャル子「え、えーとやはり八坂は不味かったですかね…」

真尋「違う、問題はそこじゃない、なぜ『八坂・D・ニャルラトホテプ』にしなかった」

ニャル子「でぃ、D?」

真尋「ドはドーナツのド、Dは大納言のD、地球の常識だ」

ニャル子「な、なるほど!」

真尋「モンキー・D・ルフィやHDのDも全て『大納言』のDだ」

ニャル子「すっげえ」
18 :1 :2015/06/24(水) 21:22:56.63
キーンコーンカーンコーン

真尋「ふん、料理は中々ではないか」

ニャル子「邪神の肉を弁当箱ごと平らげるとは…」

珠緒「ちょっと八坂く~ん、ニャルちゃんとはどういう関係なのさ~」

真尋「サンドバッグだ」

ニャル子「特に理由のない暴力が私を襲う」ガクガク

真尋「…む?この気配、屋上に人でないものがいるな」ヒュンッ

ニャル子「え?どこに…」

珠緒「知らないの?八坂君の大納言(テレポート)だよ」

ニャル子「さ、さも当たり前のように地球人外れしたことを…」
19 :1 :2015/06/24(水) 21:37:13.21
怪物「グギャァァァ」

真尋「ふん、やはり骨の無さそうな奴よの」

ニャル子「真尋さん、ここは私にお任せを…シャンタッ君、君に決め…」

真尋「――体は大納言で出来ている(I am the bone of my 大納言)」

ニャル子「へ?」

真尋「血潮は大納言で心は大納言(大納言 is my body,and 大納言 is my blood)
幾度の大納言を越えて不敗(I have created over a 大納言)
ただ大納言の敗走もなく、(Un大納言 of loss. )
ただ一度の大納言もなし(Nor aware of 大納言)
大納言はここに独り(大納言 pain to create weapons,)
大納言の丘で大納言を鍛つ(大納言 for one's 大納言. )
ならば我が大納言に意味は不要ず(I have no 大納言.This is the only path.)
この体は、(My whole life was )
無限の大納言で大納言("unlimited 大納言大納言゛ )」ダナナナナナナナ

怪物「ギィッ!?」

ニャル子「固有結界!?」
20 :1 :2015/06/24(水) 21:43:16.78
怪物「固有結界…それが貴様の能力か」

ニャル子(喋った!?)

真尋「ここにある大納言は全て大納言、お前の言う取るに足らない大納言だ…だがな、大納言(にせもの)が大納言(ほんもの)に敵わない道理はない」

真尋「行くぞ大納言、大納言の貯蔵は十分か」

怪物「思い上がるなよ、雑種!!」ダダッ

真尋「憤ッッッッッッ!!!」ゴシャ

怪物「あぼーん」ティウンティウンティウン

ニャル子(普通に殴ったー!床に刺さった無数のフォークの意味は!?)

真尋「おい終わったぞ、これでいいのか」

ニャル子「あっ、はい」
21 :1 :2015/06/24(水) 21:46:29.96
ルルイエランド

ノーデンス「なっ…なんなのだあの人間は!?」

クー子「…問題ない、私がいれば」

ドガァァァン

真尋「ここがアジトか」

ニャル子「あ、あれ?ここは?る、ルルイエランドですか?」

クー子「…勝てるとは言ってない」

ノーデンス「ひええええええ」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/24(水) 21:48:35.08
>大納言(にせもの)が大納言(ほんもの)に敵わない道理はない
お前は大納言(ほんもの)の方やないかwwwwww
24 :1 :2015/06/24(水) 21:49:57.15
真尋「おいアナル、あのファイヤー娘はお前が相手しろ」

ニャル子「遂にホテプすら言わなくなりましたね!もういいですよっ!…ってあいつはクー子!?」

クー子「…おひさ」

真尋「なんだ知り合いか?」

ニャル子「まぁかくかくしかじかで」

真尋「まぁいい、これも鍛練だ、やつと存分にやりあうがいい…この超大納言次元でな」ズモモモ

クー子「…ニャル子、あの筋肉達磨少年は一体何者…?」ボソボソ

ニャル子「こっちが聞きてーですよ…」ボソボソ
25 :1 :2015/06/24(水) 21:56:14.90
ノーデンス「えっ、ええーい!お前らかかれー!」

怪物軍団『ギィーーーーツ!!!』

真尋「大納言の大納言(ゲート・オブ・大納言)」ドドドドド

怪物軍団『ギャァァァァァ』デデーン!

ノーデンス「おっ…おのれあんなフォークごときにぃ…!」

真尋「どこを見ている」ヒュッ

ノーデンス「なっ!後ろに…!」

真尋「どっせぇぇい!!」ゴシャ

ノーデンス「ごはぁっ!!」

真尋「LOVEをクラフト闘いながらねとかなんとかいってもホントはこんなにこんなに大好き」ゴシャ、ベキッ、メキョ

ノーデンス「うわぁんっ!ちょっ!タンマッ…」

真尋「君が!泣くまで!殴るのを!止めない!」ゴシャシャシャシャ
26 :1 :2015/06/24(水) 22:01:06.80
数分後

ニャル子「真尋さーん!終わりました…」

ノーデンスだったもの?「」

真尋「ノーデンス、テメーの敗因はたった一つ、たった一つのシンプルな答えだ」

真尋「テメーは俺を、怒らせた」

ニャル子(なんですかあれ…ノーデンス?ニャルラトホテプよりグロいことに…)

真尋「む?何者だ貴様!?黒い鎧!?骨がありそうだな!」

ニャル子「えっ、ちょ、私!私ですっていつもニコニ」

真尋「鉄拳!!」ゴンッ

ティウンティウンティウン
27 :1 :2015/06/24(水) 22:09:01.99
真尋「あれからニャル子は居なくなってしまった」

真尋「きっとノーデンスの仕業だ、絶対に許さない、絶対にだ」

真尋「こうして八坂真尋の長い旅が始まったのであった…」

ニャル子「生きてます!生きてますってば!」

真尋「チッ」

ニャル子「なんですかそのチッて!?あんたは鬼ですか!?」

真尋「だが少しやり過ぎた、すまんかったな」

ニャル子「え?」

真尋「せめてもの詫びだ、召し使いとしてなら雇ってやらんこともない」

ニャル子「でっ!では…」

真尋「その前に、我が八坂家のしきたりを行って貰おうか…」ガッ

ニャル子「へっ?」

真尋「ついてこい、大納言の素晴らしさを体と心に染み付けてやる」ズルズル

ニャル子「えっ、なっ、そんなぁっァァァァァァァ!!!!!!!!」

数時間後

ニャル子「大納言ってすげぇぇぇぇ!!!!!」

洗脳end
28 :1 :2015/06/24(水) 22:09:56.69
これでこのスレは終わりです、ありがとうございました
29 :1 :2015/06/24(水) 22:12:01.09
次回予告

「あは大納言、あはは」

「…ニャル子、しっかり」

「せっかくだ、貴様も大納言に染めてやろう」

「…えっちょま」

ネタバレ:大納言

次回・真尋「大納言は萌えだッッッッッッ!!!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/24(水) 22:12:26.26
おつ!

大納言感覚!大納言感覚!YO!YO!YO!YEAH!
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/24(水) 22:15:06.64
大納言。乙。
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 02:11:53.99
大納言なんだよなあ、おつ
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 05:25:31.11
大納言ってなんなんだよ……

この書き手のSS:

キリト「リィィィンクスタァトォォォ!!!」


キリト「黒の剣士、参上!キリッ!!!!」


キリト「我が剣大納言の如しッッ!!!!」


キリト「笑顔より強い剣はないッッッッッ!!!!!」


キリト「おしるこにはアレを入れろッッッ!!!」


キリト「アンタは大納言を舐めちょるッッッ」



達也「自分はただの、エリートです」ドヤァ


深雪「やめなさい、お兄様」


キリト「コード」達也「レジスタッッッ!!!」



ベル「ダンジョンよ僕に挑むのは間違っているッッッッ」


当麻「不幸?否、幸福ッッッ!!!」


楽「ニセコイッッッッッッ!!!」


真尋「這いよる大納言ッッッ!!!」


士道「デートしてデレさせるッッッ」


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

原作の真尋も身体能力は高い
肺活量はクラス1だし0フレームで蹴りが出来るんだからこれくらい出来るに決まってる訳がなかろう


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク