範馬勇次郎「ワンパンマン?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:45:24.17
範馬勇次郎「貴様がサイタマか…」

サイタマ「あ?誰だおっさん」

勇次郎「先日ソニックとかいう忍に挑まれて半殺しにしてやったらお前の名前が出てきた…」

勇次郎「エフッエフッ!しかし期待外れのようだな」

勇次郎「貴様からは格闘家の匂いが感じられんッッッッ」

サイタマ「俺はちゃんと毎日風呂入ってるからな」

勇次郎「さっさと失せいッッッッ!」

サイタマ「おっさんが呼び止めたんだろ…さっさと退けよタイムセール始まっちまうだろ!」トンッ

勇次郎「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401641124
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:47:49.33
勇次郎「(なんだいまの衝撃は…)」

サイタマ「おい大丈夫か?」

サイタマ「力加減間違えちまったみたいだ」

サイタマ「まあ俺そこに住んでっから、なんかあったら俺の弟子に治療費もらっといて」

勇次郎「待て…」

勇次郎「貴様これほどの力どうやっt…」

サイタマ「あ、タイムセールやべえ! おっさんじゃあな!!」

勇次郎「」

ジェノス「なんだあいつ…」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:48:22.84
無免ライダー「む?そこの君そんな所に立ってどうしたんだ?」

勇次郎「…」

無免「道に迷ったならC級1位ヒーローのこの無免ライダーに任せたまえ」

勇次郎「ヒーローか…」

勇次郎「じゃあ食うぜ?」ぐにゃ??

無免「(なんだこの雰囲気は!?)」ガタガタッ

無免「しかし!ヒーローたるもの、逃げては市民が犠牲になる!」

無免「行くz…」

勇次郎「ふん」

無免「」バタッ

勇次郎「つまらん…」

勇次郎「だが、貴様なら少しは楽しめそうだな…」に????

キング「え、なにこの状況…!?」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:48:59.60
キング「お前は…何者だ?」ドッドッドッドッ

勇次郎「範馬勇次郎ってんだ。」

勇次郎「まぁそんなことはどうでも良い…」

勇次郎「来な」

勇次郎「てめぇからも格闘家の匂いはしねぇが…あいつと同類なんだろ?」

キング「おもしろい…」(やべぇなんだこの怪人みたいなおっさん…)ドッドッドッドッ
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:51:00.60
キング「どうやら俺はサイタマ氏の代わりのようだな…」

キング「気に入らんな」

キング「そう思って先ほどタイムセールを終えたサイタマ氏に電話しておいた…」

勇次郎「中々気が効くな…」

勇次郎「貴様はまた今度食らうッッ」

キング「(サイタマ氏早く来ないかなぁ…)」


サイタマ「おーっす遅れた」

サイタマ「なんかさっき全裸で2mくらいの原始人に襲われて手間取っちまった」

サイタマ「卵が割れないように倒すのが大変だった」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:55:33.31
サイタマ「で?おっさんまだ暴れてんのか」

サイタマ「近隣住民として言わせてもらうが迷惑だぞ」

勇次郎「貴様。ナメてるのかッッッッ」

サイタマ「だからうるさいって…」

勇次郎「どうでもいい。こちらから始めさせてもらう…」ゆら~

サイタマ「(ホント話聞かないなこいつ)」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:56:00.35
勇次郎「邪ッッッッッ!」

勇次郎の右爪先がサイタマの首を薙ぐ

サイタマ「うおっ」

さらっと避けるサイタマ

サイタマ「さっき小突いたのは悪かったって」

勇次郎「覇ッッッ」

サイタマの足が勇次郎の神速のローキックを食らう

勇次郎「!?」

コンクリートを楽に砕く勇次郎の剛脚にヒビが入った

サイタマ「おい、地味に痛いぞこれ!まぁこれでチャラな?」

サイタマ「これ以上突っかかるなら」

サイタマ「殴るぞ?」

勇次郎「ッッッッ」ゾクッ
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:56:57.49
勇次郎「この感覚…久しぶりだ」

勇次郎「来いよ」

勇次郎「貴様の拳、堪能させてもらう…」

サイタマ「(めんどくせえなこいつ)」

サイタマ「じゃあ行くぞ…」

サイタマの右拳が勇次郎の顔面を捉えた

勇次郎「!!!」ググッ

勇次郎「(反射的に消力をつかってしまった)」

サイタマ「おっさん20回転ぐらいしてたけどすげーな」

サイタマ「マジで殴ったら何回転すんだろうな」

勇次郎「」ビクッ

サイタマ「おい冗談だって!マジになんな!」

勇次郎「おもしろい…」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 01:57:57.40
勇次郎「貴様の本気…俺に見せて見ろッッッッッ」

サイタマ「おい!今にも負けそうな奴が言うようなセリフをやめろ!!」

勇次郎「では、本気を出させるだけだぜ…」

サイタマ「?」

勇次郎はサイタマの家の壁を拳で破壊した

勇次郎「お?い。おじさんに本気見せてくれよ?」

サイタマ「ッッッッ!わかったマジで一回殴ってやる…」

サイタマ「壁は弁償してもらうからな」

勇次郎「」バッ

サイタマが攻撃の姿勢に入る

勇次郎「(おそらく、筋肉の硬さはオリバの約5倍ってとこか…)」

勇次郎もサイタマに合わせて両腕を宙に高く掲げて迎撃の姿勢をとる

勇次郎「(しかし本気のあいつの拳に消力で対応し、回転力を合わせて鬼の貌を使って攻撃すればッッッッ)」

二人の間のかりそめの静寂が訪れ、一秒がまるで一時間に感じるまでに時間が濃縮された刹那

打ッッッッッッッッ

サイタマの拳が勇次郎の顔面に突き刺さる
それを受けて勇次郎の体が衝撃を吸収して回転する

勇次郎「ッッッッッ」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 02:04:39.73
勇次郎の体が100回転を超えた時

勇次郎「(そろそろ回転力がピークの頃合いだな…)」

カウンターを仕掛けようとした勇次郎の頭部に衝撃が走るッッッッ

勇次郎「(これは…)」

勇次郎が先ほど壊した壁のガレキであった
これが勇次郎の頭部に当たったのである

勇次郎「(しくったぜ…)」

勇次郎の意識は失われた
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 02:00:37.22
サイタマ「おーいジェノスー。こいつ一体なんだったんだ?」

物陰から現れるジェノス

ジェノス「先生。この男は範馬勇次郎」

ジェノス「キングと並ぶ実力者と呼ばれてましたが…」

サイタマ「意外にあっけなかったな」

ジェノス「いえ、偶然戦闘不能になったもののあのまま続けていれば先生といえど手こずったかと」

ジェノス「俺も手を出していたらやられていたでしょう」

ジェノス「しかし今回も先生には届かなかったですね」

サイタマ「まあガロウとどっこいどっこいって所だったな」

ジェノス「」

サイタマ「あっタイムセールの卵があのおっさんの回転に巻き込まれて割れてる!」

サイタマ「ぐあああああああ」

ジェノス「(しかし先生にこれほどショックを与えた敵も初めてかもしれないな…)」

終わり
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/02(月) 05:24:05.80
消力って反則だよな

まあ武とは狡き物

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク