夕立「吹雪ちゃんが提督さんの愛人だって噂が流れてるっぽい!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:31:20.60
「ヒソヒソ」

「ザワザワ」

吹雪(なんだろ、みんな私の方を見て何か話してるような…)

吹雪(気のせいかな?)

吹雪「…いたっ!」

吹雪「誰かが石を投げてきた?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431441070
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:32:32.45
吹雪「やっぱり今日は変だ…」

吹雪「たくさんの人が私を見て、何か言ってたような気がする」

吹雪「誰かが私に石を投げてきたし…」

吹雪「私、何か悪い事しちゃったのかな…」

夕立「大変っぽい!」

吹雪「夕立ちゃん!!」

夕立「吹雪ちゃんが提督さんの愛人だって噂が流れてるっぽい!」

吹雪「えええ!!??」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:37:26.39
吹雪「何でそんな事に!?どういう事なの夕立ちゃん!」

夕立「みんな、吹雪ちゃんがあんなに出世してるのがおかしいって言ってたっぽい!」

吹雪「そんなー!どうして!?」

夕立「特に実績の無い吹雪ちゃんが加賀さん、金剛さん、瑞鶴さん、レズコンビみたいな凄い人たちと同じ艦隊に入れたのがおかしいって言ってるっぽい!」

夕立「他にも赤城さんの護衛艦になれるのもおかしいって言ってるっぽい」

吹雪「私、頑張ったのに…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:39:18.03
夕立「吹雪ちゃん…元気だして。夕立は吹雪ちゃんの事、信じてるっぽい!」

吹雪「ありがとう夕立ちゃん…」

夕立「あ、それと長門秘書艦が呼んでるっぽい」

吹雪「何だろう…噂の事かな?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:44:25.73
吹雪「吹雪です」

長門「うむ、来たか」

吹雪「何の御用でしょうか?」

長門「この鎮守府に流布している噂の話だ…吹雪、お前が提督の愛人だとな」

吹雪「そんなの出鱈目です!」

長門「本当か?」

吹雪「はい」

長門「そうか…なら、提督がお前をこの鎮守府に呼んだのは、お前が夢に現れたからだという話も出鱈目か?」

吹雪「!!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:45:55.25
吹雪「な、何でその話を…あっ!」

長門「つまりこの話は本当だというわけだな」

吹雪「た、確かに夢の話は本当です。でも、私、司令官の愛人なんかじゃありません!司令官に『ここから始めて行こう』って言われただけです!」

長門「…お前の言う事も提督の事も信じたい…だが、そんな言葉だけで信じてくれるほど甘いものではない。鎮守府の士気や規律にも関わってくる」

吹雪「…はい」

長門「…この事はよく検討してから処理する。下がっていいぞ」

吹雪「…はい」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:49:20.11
長門「厄介な事になったな…」

陸奥「相変わらず提督とあの子は姉さんの頭痛の種ね」

長門「まったくだ」

陸奥「あらあら」

長門「それにしても提督は何を考えてるんだ…夢で見たから吹雪を重用するなんて。いや提督の事だ、もしかして深い考えがあるのでは?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/12(火) 23:54:18.74
吹雪「あー…私これからどうなっちゃうんだろう…」

大井「あー!提督の愛人が歩いてるわよ北上さん!」

北上「あー吹雪だー」

大井「不潔よ不潔!」

吹雪「私、司令官の愛人なんかじゃありません!」

大井「ふん!そんなの信じられないわ!」

吹雪「そんな!同じ第五遊撃部隊だったのに信じてくれないんですか?」

大井「汚らわしいわ!しっしっ!北上さんに近づかないで!」

北上「別に私は提督の愛人でもかまわないけどねー。色んな愛があるわけだし」

吹雪「うぅ…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:14:00.91
神通「吹雪ちゃん、あなたが提督の愛人だというのは本当ですか?」

川内「見損なったぞ特型駆逐艦!水雷魂を忘れてしまったのか!?」

那珂「那珂ちゃんは枕営業なんて認めないよ!!」

吹雪「違うんです!決して愛人なんかじゃありません!」

瑞鶴「良い奴だと思っていたのにな…」

暁「レディの風上にもおけないわ!」

響「ハラショー」

吹雪「どうして?なんで誰も信じてくれないの!?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:18:28.00
赤城「吹雪さん…」

吹雪「赤城先輩!(赤城先輩なら信じてくれるはず…)」

赤城「悖らず、恥じず、憾まず、とあなたに教えたはずです」

吹雪「はい…」

赤城「それがこんな形で裏切られるとは思ってもいませんでした…」

吹雪「信じてくれないんですか!?」

赤城「しかし人はやり直す事ができます。吹雪さん、あなたなら正しき道に戻れると信じています」

吹雪「信じて下さい!私、司令官の愛人なんかじゃありません!ちゃんと努力してここまで頑張って来たつもりです!」

加賀「吹雪さん、これ以上は見苦しいわ」

吹雪「そんな…」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:21:19.01
吹雪「えっぐ!えっぐ!赤城先輩にまで見捨てられるなんて。私、どうしたら…」

金剛「HEY!ガッカリしてメソメソしてどうしたのデスカー?サン(太陽)みたいにスマイルするブッキーはどこデース?」

吹雪「金剛さん!!」

吹雪は金剛の胸元に飛び込んだ。

吹雪「みんな私の事を信じてくれないんです!!私は嘘を言ってないのに!」

金剛「よしよし…そんなに泣いて、辛かったんデスネー」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:23:41.22
吹雪(やっぱり金剛さんは優しいな…ちゃんと私の事を信じてくれる…)

金剛「ワタシはブッキーが提督の愛人でも全然かまわないネー!」

吹雪「!!」

金剛「愛人の一人や二人いても、ワタシはオールオーケーネ!そんな事で提督へのラブは無くなりまセーン!」

金剛「むしろブッキーなら大歓迎デース!!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:28:05.37
吹雪「そんな…金剛さんなら信じてくれると思っていたのに…」

金剛「ワッツ!?」

吹雪「うわああああああんん!!」

金剛「どこに行くのデスカー!ブッキー!!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:30:26.34
吹雪「金剛さんまで信じてくれなかった…ぐすっ!私、このままじゃ鎮守府にいられないかも」

睦月「大丈夫だよ吹雪ちゃん。睦月が絶対にそんな事させないよ」

吹雪「睦月ちゃん!」

睦月「私はどんな事があっても絶対に吹雪ちゃんの事信じてるよ。だって親友なんだから」

吹雪「ありがとう睦月ちゃん…信じてくれるのは夕立ちゃんと睦月ちゃんだけだよ…」

吹雪「でも、このままだと私、鎮守府から追い出されるかもしれないし、軍法会議にかけられるかも」

睦月「大丈夫だよ、吹雪ちゃん。私に良い考えがあるの」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:31:30.27
吹雪「鎮守府にこんな地下室があったなんて」

睦月「昔、捕虜や軍法違反をした人なんかをここに閉じ込めていたみたい」

睦月「今は使ってないみたいだから、誰にも見つからないよ。吹雪ちゃんが無実である事が証明されるまではここで隠れていよう」

吹雪「ありがとう睦月ちゃん!」

ガシャン!

吹雪「え!?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:33:12.36
ガチャッガチャッ

吹雪「!!??」

吹雪「何してるの睦月ちゃん!?」

睦月「何って?鍵を閉めてるんだよ」

吹雪「何でそんな事を?」

睦月「何でって?吹雪ちゃんをこの牢屋から出られないようにするためだよ♪」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:35:01.68
吹雪「え?え?どうして?」

吹雪「まさか、睦月ちゃんまで私の事を信じてくれないの!?」

睦月「そんな事は全然無いよ!睦月が吹雪ちゃんの事を信じないなんて絶対ありえないよ!」

吹雪「じゃあ、どうしてそんな事するの!?」

睦月「吹雪ちゃんの事が大好きだからだよ♪」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:40:54.28
吹雪「え!?」

睦月「ねぇ吹雪ちゃん?何で吹雪ちゃんが提督の愛人だなんて噂がこの鎮守府に流れたと思う?」

吹雪「それは…何でかな?」

睦月「それは誰かが提督が吹雪ちゃんを呼んだ理由をみんなに話したからだよ。夢で見たからって…そんな理由で抜擢され出世していく吹雪ちゃんを見たら、誰もがおかしいって思うはずでしょ?」

吹雪「でも、その話は私と司令官と睦月ちゃんしか知らないはず…まさか!」

睦月「およ?やっと気づいた?そう…噂を流したのは睦月なのでした♪」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:43:48.04
吹雪「どうして?どうしてなの睦月ちゃん!親友だと思っていたのに!」

睦月「吹雪ちゃんが提督の愛人だという噂が広まれば、吹雪ちゃんの評判は悪くなっていく…」

睦月「そうなれば、流石に提督も吹雪ちゃんからは身を引くはずだよ。立場があるし、自身の評判も傷つくからね」

吹雪「酷いよ睦月ちゃん!私の事だけじゃなく司令官の事も貶めるつもりだったなんて!」

睦月「吹雪ちゃんは純粋すぎると思うの…提督はああ言ってるけど、本当は吹雪ちゃんの体だけが目当てのロリコンかもしれないんだよ?」

吹雪「司令官はそんな人じゃない!」

睦月「たとえ提督がどんな人であろうと関係ない!吹雪ちゃんは提督なんかに絶対にわたさない!!」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:50:12.59
睦月「赤城さんにも金剛さんにもわたさない!吹雪ちゃんは睦月だけのものなんだよ♡」

吹雪「お願い!ここから出して睦月ちゃん!!」

睦月「だーめ♪吹雪ちゃんは睦月のものなんだから、ここからずーっと出られないよ♪」

吹雪「誰かー!声が聴こえてるなら助けてー!!」

睦月「ここから大声を出しても無駄だよ。この地下室の壁は分厚くて外へ音が漏れないようにできてるんだ。それに、吹雪ちゃんはみんなに嫌われちゃったから誰も助けに来ないと思うなー」

吹雪「そんな…」

睦月「ご飯は私が用意するし、お風呂の代わりに私が吹雪ちゃんの身体を綺麗にするから心配しないで」

睦月「それじゃあ夕食を取ってくるから、ちょっとの間だけ我慢してね…」

睦月「大好きだよ吹雪ちゃん♡」


終わり
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 00:51:48.83
続きかいてもいいのよ?
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 01:07:39.32
これで終わりです。

個人的にアニメの吹雪は提督の愛人なんかではないと信じてるけど、みんなに愛人と疑われて泣く吹雪の姿を想像すると心が滾ります。
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 03:35:39.01
いや、吹雪監禁睦月は見たい
というかここからが本番だろうが何プロローグで満足してんだ
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/13(水) 04:03:35.59
おつおつ
ここからが本番だろう

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク