FC2ブログ
1 :1 :2015/10/29(木) 18:01:42.05

────────

執務室


提督「……」カリカリ

加賀「……」カリカリ

提督「……うん」

加賀「……?」

提督「……またやろうかな」

加賀「死んだフリ……ですか?」

提督「どうせなら全員に……って思ったが、それは諦めた」

加賀「大概にしてほしいわね」

提督「わかってるよ。でも何ていうか……」

加賀「……まあ、気持ちが分からない訳ではないですが」

提督「……被害者になってもやりたいものか?」

加賀「あれはリターンが大きかったので。後でちゃんと罰を与えたでしょう?」

提督「ああ。今までで一番効いたグーパンだったよ」

加賀「捻りましたからね」

提督「確実に殺しにきてたよね?」

加賀「愛情の裏返しです」

提督「そうか」ククッ

提督「じゃあ、誰にしようかな──」

加賀「──さすがに気分が高揚します」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446109301
2 :1 :2015/10/29(木) 18:04:47.27

加賀さんでラストと言ったな。あれは嘘だ

全然書きためてませんがこれから頑張って書きます。

お茶目な加賀さんと迷演技提督の日常をお楽しみに!

前スレを見てもらった方が楽しめるかもしれません↓

提督「俺が死んでたらどんな反応をするのか見てみたい」加賀「そうね」

http://ss-navi.com/blog-entry-4610.html

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/29(木) 18:39:05.64
前スレ見てたぞ期待
8 :1 :2015/10/31(土) 20:10:13.28
お待たせしました
投下します
9 :1 :2015/10/31(土) 20:11:13.69

────────


扶桑「提督? 私が旗艦で本当によろしいのですか?」

提督「ああ。扶桑にしか出来ない事だ」 

扶桑「私にしか……」

扶桑「……わかりました。戦艦扶桑、出撃致します……!」

 
 ガチャ……バタン


加賀「……罪な人ね」

提督「……ああ言わないと、アイツがどこかに行ってしまいそうでな」
10 :1 :2015/10/31(土) 20:11:43.11

提督「危なっかしい時が良くあるだろ? だから帰ってきてほしい人がいるんだ──っていう意識を持ってもらわないと」

加賀「少し……妬いてしまいますね」

提督「俺は皆の事を思ってるつもりだよ」

加賀「そういう所も好きですよ、提督」

提督「お、おう……///」

加賀「照れないでください。気持ち悪い」

提督「あげて落とすタイプか。それもまた──」

加賀「爆撃しますよ?」


 
 ……ズイ(ง ˘ω˘ )ว ズイ ……


11 :1 :2015/10/31(土) 20:12:33.95

────────


加賀「提督、艦隊が帰投したようです」

提督「おお、そうか」


 ガチャ……


扶桑「提……督……」ボロッ

提督「扶桑!?」

扶桑「申し訳ありません……私が不甲斐ないばかりに……」

山城「違うんです! 提督、扶桑姉様は……!」

時雨「──僕が悪いんだ! ……扶桑姉さんは悪くない!」
12 :1 :2015/10/31(土) 20:13:16.13

扶桑「時雨……いいのよ」

時雨「……敵の砲弾が僕に集中してたんだ。捌ききれなかった僕の責任だよ……」

扶桑「そんなこと無いわ。旗艦として当然の事をしただけよ」

時雨「でも──」

提督「──そこまでだ」

時雨「提督……」

提督「皆帰ってきたんだ。それでいいじゃないか。ほら、早く風呂入ってこい」

山城「時雨、提督もそう仰ってるんだし」
13 :1 :2015/10/31(土) 20:14:22.54

時雨「……うん。ありがとう、提督」

提督「いえいえ」


 ……バタン


提督「……ん? 行かないのか?」

扶桑「あの……ありがとうございました」

提督「俺は何もしてないよ」ハハッ

提督「……扶桑」

扶桑「何でしょう?」

提督「……お前がいなくなったら悲しむ奴がいる。その事だけは覚えておいてくれ」
14 :1 :2015/10/31(土) 20:15:09.28

扶桑「……はい」

提督「よし、話は終わりだ。お前も早く休め」

扶桑「わかりました」


 ガチャ……バタン


加賀「──流石ですね」

提督「……演技じゃないぞ? ホントに心配してたんだよ」

加賀「知っています。だから流石と言ったのですよ?」

提督「……さすがだな、俺の嫁」

加賀「そ、そんな直球に……///」

提督「照れてやんの」ププッ

加賀「……」ブチッ

加賀「頭に来ました」スッ

提督「ちょっ!? 艦載機放つ準備するのやめえええええい!!」
15 :1 :2015/10/31(土) 20:16:11.22
 
────────


扶桑「……そんなに落ち込まないの」

時雨「うん……」

扶桑「……良い提督に巡り会えたわね」

時雨「そう……かな」

山城「そうですね。私は提督の艦娘であることを誇りに思いますよ」

扶桑「私も……かしら」

時雨「……そうだね。落ち込んでばかりじゃ駄目……だよね」
16 :1 :2015/10/31(土) 20:16:47.71

────────

翌日


扶桑「……」

扶桑「『お前がいなくなったら悲しむ奴がいる』……か」

扶桑「私は……必要とされているのかしら」

 コンコン……ガチャ

扶桑「提督、入渠が終了──」

提督「」

扶桑「……提督?」

扶桑「っ!! 提督!?」バッ

扶桑「そんな……どうして!?」

山城「どうしたんですか姉様?」

扶桑「山城! 提督が……!」

山城「ひっ……血が……」
17 :1 :2015/10/31(土) 20:18:10.20

扶桑「……何故ですか」
   ・・・
扶桑「あなたがいなくなっても悲しむ人などいないと思っていたのですか!!」
 
扶桑「いったいどれだけの人が悲しむと思って……」グスッ

山城「扶桑姉様……」

「──そうね。私も悲しむわ」

扶桑「ッ……」

山城「……加賀さん?」

加賀「そんなあなた達に朗報ですよ」スッ


『ドッキリ大成功!!』

18 :1 :2015/10/31(土) 20:19:01.83

山城「……え」

扶桑「ドッキリ……?」

「──そうだな。俺が死んだら皆が悲しむ」

扶桑「てい……とく……?」

提督「だが、俺もお前や他の皆に死んで欲しくない」

山城「じゃあ……今のは……」

提督「ああ、悪かったな騙して」

山城「不幸だわ……」

扶桑「……驚かせないでくださいまったく……」ハァ 

提督「すまんすまん。最近癖になっててな」アッハッハ

扶桑「仕掛けられる側の気持ちにもなってください……」

加賀「……」ピクッ
19 :1 :2015/10/31(土) 20:20:02.58

提督「うむ。迷惑をかけた。お詫びにコレを贈呈するよ」スッ

山城「これは……」

提督「間宮のアイス券。使ってくれ」

扶桑「こんな寒いときに……?」

山城「不幸だわ……」





加賀「……なるほど」




終わり
20 :1 :2015/10/31(土) 20:21:17.33
以上です
思ったより短かった……




時雨「えっ、僕の出番あれだけ?」

夕立「ぽい!」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/31(土) 20:24:22.44
乙乙
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/01(日) 01:44:55.76
ドッキリにかかったドッキリ的な伏線かと思った
ともかく乙
このシリーズ:

提督「俺が死んでたらどんな反応をするのか見てみたい」加賀「そうね」


提督「加賀が嫁になっても死んだフリをしてみる」加賀「懲りない人ね」



関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2015年11月11日

    時雨は扶桑姉さんなんて言わねーよエアプ君

  2. とあるSSの訪問者 2015年11月11日

    二次創作に注文付けんな、アホ。

  3. とあるSSの訪問者 2015年11月11日

    リアクション薄いし短いしで面白くないぞ

  4. とあるSSの訪問者 2015年11月12日

    まあ、加賀が可愛いからよしと、、

  5. とあるSSの訪問者 2015年11月29日

    お前ら本当に文句しか言えないな

  6. とあるSSの訪問者 2016年02月02日

    やっぱ加賀でしょ!

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ