凛「え?彼氏?」未央「うん」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:12:37.08
凛「何でそんな話?」

未央「いや、最近なんだけどね」

凛「うん」

未央「彼氏が出来たー彼女が出来たーデートしたーって話題で持ちきりなんだよね。ウチのクラス」

凛「うん」

未央「で、まあ…」

凛「…」

未央「…じゃん?」

凛「誤魔化したね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441804357


注目記事




2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:13:31.39
未央「いやー…アイドルは恋愛禁止だからねぇ」

凛「まあ…っていうか今はそういう感じじゃないし」

未央「興味無いの?」

凛「…無いことは、ない…かな」

未央「そういえばさ」

凛「うん」

未央「…いるの?」

凛「察してくれる?」

未央「だって分からないじゃん。しぶりんそういうの普通にいますよみたいな感じ醸し出してるし」

凛「朝5時から犬の散歩して公園で一人ベンチに座ってる人の何処に?」

未央「…そういえば女子校だったよね」

凛「うん」

未央「…」

凛「…」

未央「……え、そっち!?」

凛「引っ叩くよ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:14:15.25
未央「んー…何か、女子校っていうと…何か、ね?」

凛「…じゃあさ、未央は?」

未央「ん?」

凛「どうなわけ?」

未央「いたらこんな話してないよ」

凛「ふーん…」

未央「?」

凛「いや、普通に『彼氏ー!』とか紹介してきそうだったから…」

未央「私そんなキャラじゃないよ!」

凛「何か…普段明るいから、そんな感じかなって…」

未央「恋愛禁止って話の頭に置いといたよね?」

凛「…」

未央「…」

凛「…欲しいの?」

未央「…無いことは、ない…かな」

凛未央「…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:15:25.45
凛「…もし、いるとしたら、だけど…」

未央「ん…」

凛「…誰?」

未央「……美嘉姉?」

凛「あー…」

未央「後は…楓さん…」

凛「うん」

未央「大穴…しまむー」

凛「…意外と…」

未央「…無いか」

凛「無いね」

未央「だってさ、コウノトリが子供を運んでくるって言いそうじゃん」

凛「うん」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:16:06.72
凛「…」

未央「…」

凛「…あ」

未央「ん?」

凛「ちひろさん」

未央「あ」

凛「アイドルじゃないし、それに美人だし…」

未央「あー…」

凛「プライベートとか分かんないし」

未央「分かる」

凛「…」

未央「…プロデューサー…?」

凛「…無いことは、ない」

未央「…うーん…プロデューサーか…なあ…」

凛「…」

未央「…」

凛「…私達が、レッスンで疲れて帰った後」

未央「二人で何処かへ消えてゆく」

凛「…それは、何か腹立つね」

未央「うん」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:16:50.06
凛「でもさ」

未央「うん」

凛「プロデューサーって、いつも夜遅くまで仕事してない?」

未央「そだね」

凛「…」

未央「…」

凛「…無い、か」

未央「無いね」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:17:30.65
凛「…トライアドプリムス」

未央「ん」

凛「…どう思う?」

未央「んー…まあ、決まったことだし、ねぇ」

凛「…無責任って、思ってない?」

未央「何で?」

凛「…あの、あっちに行ったりこっちに行ったりで…」

未央「…当事者じゃないと分からない事もあるよ」

凛「未央…」

未央「ってプロデューサーが言ってたからさ」

凛「あ…」

未央「だからほら、私もソロ活動始めたんだよ」

凛「…そうだったね」

未央「しまむーも最近は美穂ちゃんとユニット組んだって言ってたしさ」

凛「…」

未央「…」

凛「…」

未央「…そんな簡単にバラバラになるようなユニットじゃないよ。ニュージェネレーションズは」

凛「…うん。ありがとう」

未央「へへー」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:18:04.25
凛「…もし、だよ?」

未央「うん」

凛「…彼氏出来たってなったら、どうする?」

未央「うぇっ!?」

凛「いや仮にだからね?」

未央「…んー…正直に、言う…のかなあ…」

凛「…」

未央「…プロデューサーは、どう思うかな…」

凛「…」

未央「…」

武内P『………………………』

凛「…無言で、立ち去って…」

未央「…」

武内P『………………………』

凛「無言で、書類持ってきて…」

未央「…」

武内P『…申し訳、ありま』

未央「やめよ?」

凛「うん」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:18:52.80
未央「でもさ、好きな人が出来た、とかならまだOKなのかな」

凛「いるの?」

未央「いない…いや、まあlikeの方なら…」

凛「それならみんな大体いるでしょ…」

未央「まあ、うん」

凛「そもそも何でこんな話?」

未央「いやー…思春期っていったらこれかなあって」

凛「アイドルがする話じゃないよ…」

未央「アイドル…だとしたら、どういう話が良さげなの?」

凛「仕事とか…将来どんなアイドルになりたいとか…」

未央「そりゃあ…仕事はたくさんしたいし、超有名で人気のアイドルになりたいよね」

凛「そう…だね」

未央「…」

凛「…」

未央「終わっちゃった」

凛「何で?」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:19:25.48
凛「そういえばさ」

未央「うん」

凛「卯月…まだ?」

未央「美穂ちゃんとのレッスンが長引くってのは聞いたけど…」

凛「長引いてるみたいだね、随分」

未央「しまむーも大変なんだねぇ」

凛「…最近、三人で集まること少なくなったね」

未央「…しょーがないよ」

凛「…やっぱり、私の…」

未央「何回言うのさ。しぶりんは結局どうしたいの?」

凛「…」

未央「それ、かえって逆効果だよ。どうせならシャキッとしなさい!」

凛「…ありがと」

未央「へへー」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:20:03.59
菜々「お友達を待ってるんですか?」

未央「はい!」

凛「あ、菜々さん…」

菜々「お互い大変な時期ですけど、頑張りましょう!ウッサミーンパワー注入!ビビビビ!」

未央「ぐわー」

菜々「あっ!違います!今のは元気になる魔法ですよ!」

未央「あ、そうだったん、ですか…」

凛「…」

菜々「…」

未央「…」

菜々「…飲み物どうです?奢りますよ」

未央凛「いただきます」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:20:55.64
凛「前にキャラって言ってたよね」

未央「うん」

凛「ソロ活動始めてさ、何か見つけられそう?」

未央「うーん…演技派、アイドルなんて個性、アリかな?」

凛「演技派?」

未央「うん」

凛「…何かめちゃくちゃ性格悪い人みたいに聞こえるんだけど」

未央「あ、ごめん。演技が上手いアイドル………いや同じだこれ」

凛「…」

未央「…」

凛「…○○派ってあるけどさ」

未央「うん」

凛「それが清純とか、個性派とかなら分かるけどさ」

未央「うん」

凛「演技派女優ってなに?」

未央「演技が上手いって事じゃないの?」

凛「だから女優になったんじゃないの?」

未央「あー…本業なんだから、上手くて当然だろう、と」

凛「演歌派演歌歌手って言ってるようなものでしょ?」

未央「それ極端じゃない?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:21:32.06
凛「話戻るんだけどさ」

未央「うん」

凛「アイドルって恋愛禁止…なんだよね?」

未央「うん。…多分」

凛「ファンがいるから、かなあ」

未央「だと思うよ。暗黙の了解ってやつ」

凛「その、相手がいるとやっぱり嫉妬されるのかな」

未央「ほら、たまにあるじゃん。アイドルの人がお泊りデートしてブログが荒れるやつとか」

凛「…」

未央「どうしたの?」

凛「……川島さんとか、片桐さんとかって…」

未央「流石にいた事はあるでしょ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:22:08.39
未央「片桐さんで思い出したよ」

凛「?」

未央「…おっぱいデカすぎ」

凛「あ」

未央「後、雫ちゃんとか…」

凛「名前からして大きそうだもんね…」

未央「ウチで一番おっきいのって誰?」

凛「…きらりちゃんじゃない?」

未央「かな子ちゃんは?」

凛「…」

未央「…」

凛「…」

未央「何してるの?」

凛「…はちじゅう…」

未央「…」

凛「…ご」

未央「無い」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:23:01.39
未央「藍子さんとさ、舞台の稽古やってる時にね」

凛「うん」

未央「なーんか寒気感じるなー、怖いなー、怖いなーって思ってたらね」

凛「その話のオチそういう空気じゃないよね」

未央「いやまさかと思ったんです。それでもおかしいなーって思って視線を感じる方向をん〜っと、見たの」

凛「続けちゃってるよ」

未央「そしたらね、すぐ近くだ。こうやってグイイッと、見てるんだ。アタシの胸を。こう寂しげに」

凛「…」

未央「あー…こりゃ間違いないなって思ってね。その場で思わず立ちすくんじゃった」

凛「本人が聞いたら流石に怒りそうだね」

未央「言わないよ」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:23:41.74
未央「もし、だよ?」

凛「ん」

未央「付き合うとしたら、誰が思い浮かぶ?」

凛「…」

未央「…」

凛「…未央は、男友達たくさんいるよね」

未央「んー…」

凛「どうなの?」

未央「…ビジョンが思い浮かばないんだよね」

凛「そうなの?」

未央「私が特殊なのかな」

凛「普通なんじゃないの?……もしかして理想が高いとか」

未央「無い…よ。多分…」

凛「欲を言えば?」

未央「そりゃ、背が高くて、それなりに顔も良くて…優しい人がいいよ」

凛「…別に悪くないよ?」

未央「うん…」

凛「…」

未央「…」

凛「あっ」

未央「あっ…」

凛「…や、やめよ。この話」

未央「う、うん」

菜々「アイスコーヒーお待たせしましたー!」

凛「ごちそうさまです」

未央「ゴチになります」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:24:25.81
未央「コーヒーで思うんだけどさ」

凛「うん」

未央「あそこのコーヒーが美味しいとか、不味いとか言う人いるじゃん」

凛「うん」

未央「どうなの?実際」

凛「どういうこと?」

未央「私コーヒーの良し悪しなんて分かんないんだけど」

凛「分かる人には、分かるんじゃない?」

未央「しぶりんは分かる?」

凛「缶コーヒーと店の違いくらいは…」

未央「缶コーヒー買うんだ」

凛「たまに…」

未央「…ってか缶コーヒーこそ、どうなの?」

凛「?」

未央「何とか製法とか、高級豆とか焙煎とか言ってるけど、値段同じじゃん?」

凛「あー…」

未央「もうさ、一缶200円の缶コーヒーとか出てもいいんじゃないの?」

凛「逆に買いたくなるね、それ」

未央「…」

凛「あ、それやるんだ」

未央「え?」

凛「フレッシュでかき混ぜるの」

未央「あー…何かもったいないじゃん?この辺に残ってるやつとか」

凛「そういうの気にするんだ…」

未央「え」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:25:14.13
未央「いつだったかなー。プロデューサーがストーカーに遭ってるとか言ってた事件」

凛「ちょっとくらい前…かな」

未央「なんでまたまゆさんも疑われるようなことするかなー…」

凛「疑われる…?」

未央「いや、まあそっちは分かってるよ。なんとなく」

凛「プロデューサーに対してってこと?」

未央「うん。流石にあの写真は寒気がしたもん」

凛「よく保存出来たね」

未央「割と早めに消したよ。…でもしぶりんが隠れるってのは意外だったなぁ」

凛「怖いものは怖いよ。本物なら尚更」

未央「何かの間違いだよ…とか言って平然と眺めてそうなのに」

凛「無理だよ。未央の方こそ面白がってなかった?」

未央「そんなわけないじゃん。画面見てなかったもん」

凛「プロデューサーガン見してたもんね」

未央「…もしかしたら、心当たりがあったとか?」

凛「…」

未央「…」

卯月「何のお話ですか!?」

未央「どわあああ!!!」

凛「ッ!!!」

卯月「ひえっ!!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:25:52.00
未央「びっくりさせないでよしまむー!」

卯月「え、え?」

凛「…レッスン、長引いてたんだって?大丈夫?」

卯月「はい!大丈夫です!」

未央「ん!…んー…!じゃ、帰ろっか!しまむーも来たし!」

卯月「あれ?で、でも…先に帰っててって…」

凛「え?」

未央「んー?聞いてないなー」

卯月「え…」

未央「さー帰ろー」

凛「…どこか寄ってく?」

未央「いいね。しまむーはどこがいい?」

卯月「………」

未央「しまむー?」

卯月「…ありがとうございます!」

未央「…へへー」

凛「ふふっ…」

未央「いやー、何か懐かしささえ覚えるねぇ。この感じ!」

凛「…そうだね」

卯月「えー?まだそんな前じゃないですよー」

凛「…でも、懐かしいんだ」

卯月「…?」

未央「ま、なんでも良いから!どこ行く?」

凛「じゃあ…あー…ごめん。ファミレスでいい?」

未央「ん?良いよー。しまむーは?」

卯月「どこでも大丈夫です!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:27:50.25
奈緒「…」

加蓮「…」

周子「どーしたの二人とも」

奈緒「え?あ、いやー…」

周子「?」

加蓮「凛を誘おうと思ったんですけどね…」

周子「んー?…ああ、あれは無理だよ」

加蓮「…ですよね」

奈緒「何か、良いなあ。ああいうの」

周子「…人間、やっぱ家が一番落ち着くって事だよ」

加蓮「ふふっ…本当ですね」

周子「じゃあ、私達も帰ろっか」

奈緒「あれ?家こっちでしたっけ?」

加蓮「寮でしたよね?」

周子「同じ道歩かせる気?めちゃくちゃ気まずいじゃん」

奈緒「あー…ですよね」

加蓮「じゃあ、マック寄っていきましょ!」

周子「はいはい」

奈緒「(家、かあ…)」

奈緒「(やっぱ、そうだよなあ)」

奈緒「(…アタシ達も、頑張ろう)」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:29:35.65
がんばれ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:34:36.14
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 22:49:40.12
良かった。心地よい雰囲気
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 23:40:04.88
シンプルだけど上手いな
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 23:47:28.16
乙乙
島村さんがいないだけでこんなにもローギア…でもありそうww
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 02:22:23.62
雰囲気良くて尚かつあまり見ない凛未央の組合せで面白かった

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

感動した.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚.

とあるSSの訪問者

感動した(;∀;)

とあるSSの訪問者

感動した

とあるSSの訪問者

この独特な雰囲気最高だな


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。