FC2ブログ

当麻「御坂の家でヒモ暮らししてたら笑えないぐらい、俺に依存するようになった」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:06:42.487 ID:h+lmlU6p0.net
大学生当麻「美琴と付き合ってたらヒモみたいになってた」

俺が高校を卒業すると同時に、一緒に住めと言ってきた美琴。

家賃光熱費はあたし持ちで良いというので、そのまま甘えさせてもらうこと2年。

甘えは甘えを呼んで、最近では食費から遊ぶ金まで全部用意してもらっている始末。

そんな美琴と俺の愛の巣で、暖房をガンガン利かせて、ピコピコゲームをしながら

ふと思った。

これってヒモじゃないの?


ガチャ

美琴「ただいまーー!」

と、美琴が帰ってきたみたいです。


注目記事




2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:07:53.166 ID:h+lmlU6p0.net
ダッダッダッ!

美琴「当麻ぁーー!寒かったよぉーー!」

リビングへのドアをほとんど蹴飛ばす勢いで入ってきた美琴が、胡坐を掻く俺の背中に貼りついてくる。

当麻「おかえり。美琴」ピコピコ

美琴「当麻ぁぁ……当麻ぁぁ……」グリグリ

冬場は帰ってくるといつもこうです。

というより、夏でもこうです。
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:08:12.274 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「うぅぅーーん・・・」スゥハァ

両手、両足を俺に絡ませながら顔をこすりつけて言う。

正直、暖房が利いているので少し暑苦しい。

が、可愛らしいので画面から少し顔を離し、美琴の方を向いてみる。

ん?と何かを期待したような顔を美琴がするので
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:08:22.872 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「……お疲れ様。美琴」サスサス

右手で美琴の頭をやさしく撫でてみた。左手はコントローラーを操作。

美琴「あぁぁ……すっごい幸せ……」

ウットリ顔の美琴をみると、この世知辛い世の中でも生きている幸せってあるもんだなー

と、考えちゃいます。

いや、別に働いてるわけじゃないんですけど。
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:09:37.245 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「よし!エネルギー充填完了!」

と、1時間ほどダラダラくっつかれて美琴がそう言った。

正直ゲームしている最中は、あまりひっつかないでほしいけど、文句は言えません。

美琴「当麻ぁ、何食べたい?」

当麻「うーん、なんでもいいよー」ピコピコ

美琴「そのオーダーが一番困るのよね……いつものことだけど……」
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:09:46.755 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「美琴の作るものだったら何でも良いって意味だよ。すっげぇおいしいし」ピコピコ

美琴「しょ、しょうがないなー!すぐ作るから待っててね!」

と、冷蔵庫からウキウキ顔で食材を取り出す、みこっちゃん。

正直、このセリフ使うのもう何度目かわからないです。

使うとなんでも許してくれるし。

汎用性が高いです。この言葉。
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:11:17.952 ID:h+lmlU6p0.net
1時間後


当麻「……モグモグ……モグモグ……」

美琴「おいしい?」ニマニマ

当麻「うん。おいしいよ」

美琴「おかわりいっぱいあるからね!」

と、満面の笑みを浮かべてみこっちゃんが言ってくれます。

ちなみに今日のレシピは、

デミグラスハンバーグに、シーザーサラダ、大根とジャガイモの味噌汁に、漬物です。
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:11:44.861 ID:h+lmlU6p0.net
美琴と住むようになって数年。

何が一番変わったかというと、やはり食生活なのだと思う。

みこっちゃんは、俺の食生活を完全に把握しています。

朝昼夜のすべての食事をノートに取ってくれていて、

総カロリー数やコレステロール、野菜類の摂取などそのほとんどを栄養医学的な見地からメニューを作っているみたいです。

なら人に何が食べたいかとか聞くなよ。
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:12:21.662 ID:h+lmlU6p0.net
そんな突っ込みはしません。

かわいいみこっちゃんのおかげで

ここ2年、肥満はおろか便秘にもなっていないのですから。



言い忘れていましたが、現在俺は大学生です。

1年です。

留年しました。
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:13:38.606 ID:h+lmlU6p0.net
美琴は、高校3年です。

最も、高校一年の時からすでに研究所で働きだしていて、

学校に行くのは週に1,2度程度らしいです。


なんでも電気機械の分野で、みこっちゃんはすごく優秀らしいので、稼いでいる金額も

そこらの研究員の何十倍にもなるらしいです。
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:14:11.582 ID:h+lmlU6p0.net
だからこんなダダっぴろい家に住めているんです。

4LDKですよ。ここ。

四つも部屋があるんです。凄すぎます。

多すぎて使ってないのが三つあるぐらい。


当麻「ごちそうさまでした」

美琴「はい。お粗末さまでした」

と、空いた食器をみこっちゃんが片付けようとしてくれます。
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:15:11.219 ID:h+lmlU6p0.net
みこっちゃんのお皿を見ると、まだ残っているようでした。

当麻「いいよ。たまには俺が洗い物するよ」

美琴「え?い、いいよ!当麻は横になってて!」

当麻「いいっていいって、みこっちゃん仕事で疲れてるだろ?たまにはゆっくりしてくれよ」

と、座っている美琴の肩を揉んであげる。

当麻「いつも感謝してるよ。美琴」ボソボソ

耳元で囁いてあげた。
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:15:45.012 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「……と、当麻ぁ…………あ、あたし……幸せだよぉ……」グスッ…グスッ……

泣き出してしまいました。

こ、こんなはずでは。




と、オロオロしたりしません。

慣れてます。

たまにやさしくすると、いつもこれです。
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:17:03.023 ID:h+lmlU6p0.net
1時間後


美琴「ふぅー……良いお湯だったぁ……冬場にお風呂って最高ね……」

と、パジャマ姿のみこっちゃんがリビングに着ました。

とっくにゲームに飽きていた俺は、ソファに横になりながら漫画を読んでました。

美琴「コーヒー牛乳って、何でこんなにお風呂と相性がいいのかしら……」

髪にバスタオルを巻いたみこっちゃんが、腰に手を当てゴクゴク飲んでいます。

なんとなく暇だったんで

当麻「みこっちゃん。ちょっとおいで」
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:17:16.035 ID:yY8zCSXP0.net
ダメな子ほどかわいいって言うよな


どっちがダメな子なのか微妙な感じだが
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:17:18.482 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「んん?なーに?」スタスタ

当麻「ここ座って」

と、自分の膝もとを指差します。

美琴「え?ど、どうしたの?いきなり。・・・するの?」

当麻「髪。」

美琴「……え?」

当麻「髪かわかしてあげるよ」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:19:42.570 ID:h+lmlU6p0.net
5分後


ブロロー

美琴「あぁぁ…………あったかーい」

当麻「かゆいところはない?」

美琴「かゆくないでーす。でももっと撫でてー」

当麻「はいはい。」サスサス
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:23:00.538 ID:h+lmlU6p0.net
ここ数年で美琴さんの髪の毛はすごく伸びました。

美鈴さんぐらいあります。

最近は親子なんだなぁ、と思うことも多いです。面影的な意味で。


当麻「はい。終わり」

美琴「えぇーもっとー」

当麻「でも乾いてるのにブローし続けると髪痛むぜ?」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:26:04.700 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「じゃあ……髪……撫でるだけで良いから……」

当麻「はいはい。」サスサス

美琴「………あぁぁきもちぃぃ……」

ふと、みこっちゃんのうなじが見えたので

当麻「…………」ペロ

美琴「……ひゃぅっ!」

舐めてみました。
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:26:15.786 ID:HVgderd7M.net
一緒に住みたくなってくる
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:28:49.927 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「…………と、とうまぁ……」

当麻「…………」ペロペロサスサス

右手で頭を撫でつつ、左手でお腹を抱きしめ、首元にキス。

美琴「……んっ…………ぁっ……」

そのまま3分ほど続けました。
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:31:23.407 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「あ、そうだ。みこっちゃん」

美琴「…………な、なに……?」ハァハァ

当麻「明日遊びに行くから、お金ちょうだい」

美琴「いいよぉ……いくら……?」

当麻「5万ほど」

美琴「……んっ……わかった……だから……もっと……」

当麻「ん。ありがと。みこっちゃん」チュッチュッ

美琴「……あっ……とうまぁ…………」

明日はどこに行きましょうか。
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:31:56.083 ID:0Nd3B8ud0.net
クズ過ぎワロタ
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:36:15.478 ID:Q1ZNVqtJ0.net
wwwwwwwww
31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:36:16.535 ID:h+lmlU6p0.net
翌日

もらった5万円をあっという間に、残り2万まで散財してしまいました。

自分で苦労して得たお金でないと、失うのも早いと言う言葉の意味をよく学べます。

ここ1ヶ月で7回は学びました。


さて、残った二万円をどうしましょうか。もうパチンコは飽きたし。

と、街を歩いていた俺の前に、美琴が好きそうな人形屋がありました。
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:37:26.705 ID:mW72lGbG0.net
パチかよwwww
他の女と遊ぶよりはましだが
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:38:29.331 ID:9am/VwfO0.net
一応構ってあげてる当たりまだいい方
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:43:18.995 ID:h+lmlU6p0.net
いかにもファンシーって感じですけど、みこっちゃんは本当に目がないんだよなぁ。

あ、そうだ。

みこっちゃんにプレゼントを買っていきましょう。

二万円も出せばなかなかでかいぬいぐるみが買えると思うので、それをダシにしてさらにお金をもらいましょうか。

当麻流錬金術。
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:49:14.180 ID:h+lmlU6p0.net
その夜。


ガチャ

美琴「ただいまーー!」

帰ってきたみたいです。


美琴「とーまーー!たーだーいーまー!……って、あれ?どこー?」

ちなみに暇だったんで、寝室のベッドの下に隠れてみました。

美琴「あれー?バイクはあるから帰ってると思ったのに……、あれー……?居ないのかなー……」

独り言が激しすぎると思います。
41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:55:29.532 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「うぅぅ……とぅまぁ…………、クタクタになった私を癒してよぉ……」

家に帰ったらまずフロとかで疲れを癒せよ。

正直ここまで依存されると結構引いちゃいます。

嘘です。

いや、引くには引くんですけどもう慣れました。
42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 20:55:56.880 ID:h+lmlU6p0.net
あの娘、最近本当に行動全ての基準に俺を置いてるみたいなんです。

その事には一緒に暮らし始めて半年経った段階で気づきました。

そりゃ最初は、どうにかしてお互い(一方通行)に依存しすぎないようにしようと努力してみましたけど、

やればやるほど、夜の生活が激しくなる一方だったので、俺が先に根をあげました。

あれに比べたら、日常でベタベタされまくって分散させた方がよっぽどマシです。


美琴「……うぅ……ひもじぃ…………」

……ひもじい?
44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:00:03.386 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「…………ん?」

と、ようやく気づいたみたいです。

そうです。実はリビングテーブルの上に置き手紙を書いてみたんです。




『愛する愛するみこっちゃんへ。

突然ですが、俺はみこっちゃんが好きなあまりこの家を出ることにしました』


美琴「……はぁっ!?!?」
45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:00:52.832 ID:h+lmlU6p0.net
『午前中に家を出て、遊び疲れたので夕方になって帰ってきました。

みこっちゃんは好きなままでした。

………おどろいた?』


美琴「………………」プルプル


あまりウケなかったみたいです。
47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:05:16.894 ID:h+lmlU6p0.net
『さて、みこっちゃん。俺とゲームしよう。

題目は「かくれんぼ」だ!

俺は今現在、たしかにこの家に存在している。

さぁ探してみるんだ!

この無駄にでかい4LDKを初めて有効活用してみろ!

愛の力で探し当てるんだ!

P.S.
能力で探索するの禁止ね』
49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:05:48.182 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「……なるほどね。とうまぁ!居るのね!?今この家に!」

居ますよ。

美琴「……ふふ。流石に返事はないか。」

馬鹿にしすぎだと思うんです。



美琴「すーーぐに見つけてあげるからねー。待ってなさいよー!」

ダダダッ!
54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:10:28.933 ID:h+lmlU6p0.net
ドタバタッと、美琴っちゃんが俺を探し始めました。


美琴「ここかなーーっ?」ガバッ

みこっちゃんがクローゼットを調べてます。

美琴「……それとも、こっちかなっー?」ガラッ

今度はお風呂を調べに行ったみたいです。


関係ないんですけど、これ置き手紙だけ残して、俺が外に遊びに行ってたらどうなってたんですかね?

それはもうシュールな光景だと思うんですよ。

まぁそんなことしないんですけどね。かわいそうだし。
56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:13:22.177 ID:yY8zCSXP0.net
いつヤンデレ化するのかヒヤヒヤする
57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:14:34.820 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「……ここかなー?」ガチャ

と、そんなことしていたらみこっちゃんがついに寝室にやってきました。

正直、リビングの次はこの寝室を調べに来ると思っていました。


美琴「……感じる……。感じるわっ!当麻の存在を確かに感じる!」

……本当に能力使ってないんでしょうか?
60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:17:06.889 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「どこかなーー?……とっうまぁーはどっこかなー?」スタスタ……スタスタ……

あっちにいったりこっちにいったり。

逆にこっちを焦らしているつもりなんでしょうか?

正味な話、飽きてきたんで早いところ見つけて欲しいんですが。
61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:18:11.077 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「……ふふ。…………ベッドの下とか怪しいかなー??」スッ

みこっちゃんが膝を着きベッドに片手を置きます。

パンツ丸見え。


美琴「……居るかなー?当麻はベッドのしたにいるかなーー?」チラッ

………………。

ちなみに今の俺の体制はと言うと、ベッドの下。奥の奥の隅に本当に縮こまっています。

なのでみこっちゃんの目には、イモムシのように丸くなってる俺が、隅に居るのが見えるはずです。
63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:23:55.680 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「……あれーー?あれなんだろーー?何か隅っこにいるー?」

………………。

ビクンと身体を揺らしてみました。


美琴「…………っ!」キューーン


何か背中に嫌なものを感じました。


美琴「……い、いちおうなんなのか確認しておかないとねーー、」ゴソゴソ
64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:27:18.793 ID:h+lmlU6p0.net
と、美琴ちゃんがベッドの下に潜り込んできました。

もぞもぞと、みこっちゃんが俺のすぐ後ろまで来たのが気配でわかります。

美琴「…………おーい……、君はなんですかー?……ここは私と当麻の寝室だよー?」ツンツン

フリフリっ

と、子供がイヤイヤするように背中を振ってみると

美琴「……っ!…………も、もうしょうがないなぁ……これは抱きついて誰か確認する必要がありまちゅねー?」

とか言い出しました。

もうツッコミどころが多すぎる。
67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:31:06.262 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「……さーて、だれなんだ君はー?」スーッ

と、みこっちゃんが俺に両手を絡めようとした瞬間に、勢いよく振り返りました。

美琴「……っ!?」

当麻「おめでとう。みこっちゃん。」ギュッ

そのままこっちから抱きしめてあげました。

美琴「……あっ……と、とうまぁ…………」
68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:32:46.267 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「お仕事お疲れ様……みこっちゃん。今日もよく頑張ったね」ボソボソ

美琴「……とうまぁ…………あたし……あたし……グスグス」

あらら、また泣き始めちゃいました。

美琴「……あたし寂しかったぁ…………当麻がいなくなって寂しかったぁ!……」グスグス

5分でここまで言われるとは思いませんでした。



俺はそれほどでもなかったぁ!

って言いたい気分です。

言いませんけど。
71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:40:22.052 ID:h+lmlU6p0.net
リビングにて。

美琴「……ふふふっ。久しぶりに二人で遊んだら、仕事の疲れなんてすぐふっとんじゃった!」

当麻「そりゃよかった」

美琴「またやろうね!かくれんぼっ!」

当麻「……今度は俺が探す役でやる?」

美琴「だめっ!あたしが探すの!あたしが当麻を探して、見つけて、ぎゅっとして、そしたら当麻が見つかっちゃった、って言うの!」

それでいいの!

らしいです。

よくわからん。
77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:50:14.153 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「……あ、そうだ」

当麻「……ん?」モグモグ

二人でご飯を食べながら、みこっちゃんが俺に話しかけます。

美琴「この前言った話覚えてる?」

当麻「……なんの話だっけ?」モグモグ

美琴「あたしが開発した独立モジュールの話」

当麻「……?……全く覚えてない」モグモグ

美琴「……だと思ったわ。もうっ!……あのね」
80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 21:59:03.400 ID:h+lmlU6p0.net
と、みこっちゃんが説明し始めました。

詳しい話はよくわかんないんですけど、みこっちゃんが何やら機関ですごいものを発明したそうです。

当麻「ふーん。よくわかんないけど、すごいじゃん。」

美琴「そうなの!本当はもっと改良したかったけど、今のでも十分すごいって評価で!……それでね!きょう」



当麻「……あ、そうだ。ちょいまって」スタスタ
81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:00:24.588 ID:ikRWdz3k0.net
幸せそうでなにより
82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:02:34.881 ID:h+lmlU6p0.net
忘れてました。

ぬいぐるみを買っていたんだった。

美琴「……もう。人が話してるのにー。」

当麻「……みこっちゃん。ちょっとの間、目をつぶってて」

美琴「え?な、なんで?」

当麻「いいからー」

美琴「う、うん…………」

と、クローゼットに入れておいた巨大ぬいぐるみを取り出して、みこっちゃんに近づけてみます。
83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:04:26.296 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「いいよ。目開けてもー」

美琴「……う、うん」パチッ

美琴「…………っ!?」

みこっちゃんの眼前に巨大ぬいぐるみを持ってみました。


美琴「……と、当麻、このクマさんは……?」

当麻「いつもお世話になってるから。プレゼント。みこっちゃんに」

美琴「………………」プルプル

当麻「おいしいごはんありがとう。みこっちゃん」
84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:07:44.067 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「………………と」

ん?

美琴「……とうまぁぁぁあぁあっぁあ!!!」ガバッ

ものすっごい勢いで飛びつかれました。



美琴「……とうまぁ!とうまぁ!あたしこそだよ!あたしこそなんだよ!」

当麻「…………」

美琴「あたしこそ当麻にありがとうって!感謝してるんだよって!本当に伝えたいんだよ!」グリグリ
86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:09:35.603 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「あたしが……あたしが!本当に絶望した時に近くにいてくれたのが当麻だった!支えて!助けてくれたのが当麻だった!」

美琴「あたしが辛くて死まで考えたのに、まるごと救ってくれたのが当麻だった!」

美琴「あたしの世界は一度死んでるの!……当麻が死んだ私に生きる意味と目標をくれたの!」

美琴「私の世界に居るのは、ただただ当麻だけなの!当麻しか居ないの!」

美琴「だからあたしっ……あたしっ!…………言葉が出ないよぉお…………うわぁぁああぁぁ……」グスッグスッ

やばいスイッチを押した気がしました。

これは久しぶりにやばい。1年に一回ぐらいに発動するレベル。
87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:13:00.619 ID:uqMX39Oup.net
イイネ・・・
90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:16:28.965 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「…………ヒッグ…………ヒッグ…………」グス

当麻「……………………」

お互いに膝をついたまま抱き合っています。

正直、精神ブッ壊れてるんじゃないかと疑うレベルの発狂ぶりだったんで、あせりました。

いまはだいぶ落ち着いてきました。

当麻「……もう大丈夫か?」

美琴「…………うん…………グスッ」
91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:16:41.737 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「……離れても平気か?」

美琴「…………待って…………もう少しだけ……」

当麻「………………」


美琴「…………あのね。…………さっきの話なんだけど……」

と、抱きついたままのみこっちゃんが話し始めました。
93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:19:37.895 ID:h+lmlU6p0.net
美琴「機関から報酬が出るみたいなの」

当麻「……その開発したって奴の報奨金みたいな?」

美琴「……うん。……特許とはまた違うんだけど」

当麻「……やったじゃん。みこっちゃんの頑張りが認められたんだろ?」

美琴「…………うん。……わたし頑張ったの……」
94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:20:00.110 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「おめでとう。みこっちゃんが頑張った結果、世界に貢献できたんだろ?それってすごい事なんじゃないか?」

美琴「…………ありがとう……とうま……」

当麻「……ちなみにいくら出るの?」

額は気になりますよね。やっぱり。




美琴「……えっと、確か……10億ちょっとだったような……」

当麻「ブフォッ!」

豪快に吹き出してしまいました。
96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:22:51.163 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「……お、お前……10億て……」

美琴「……それでね、当麻…………そのお金なんだけど」

当麻「……お、おう……」

美琴「……ぜんぶとうまにあげる」

…………はい?
97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:23:01.613 ID:WYjEwHmkd.net
これは働くのがバカらしくなるレベル
100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:24:38.145 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「……ちょ、ちょ、ちょっと待った!いまなんて!?」

美琴「だから、全部とうまにあげるって言ったの!」

当麻「……あげるって、報奨金を……?」

美琴「報奨金を!」

当麻「……じゅ、十億ぜんぶ……?」

美琴「ぜーんぶ!」

当麻流錬金術によって二万が十億になって帰ってきました。

恐ろしい。
103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:32:16.962 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「……ま、待てって……ちょっと冷静になろうぜ?」

美琴「あたしはずっと冷静よ!ずっと考えてたの!」

当麻「……だってお前……十億だぜ?」

美琴「十億だけじゃないよ!……あたしの貯金も!持ってるものなんでも!ぜーんぶぜんぶ!当麻にあげる!」

当麻「…………えぇぇ……」

美琴「あたしは当麻が何不自由なく過ごせるように隣にいるだけでいいの!お金が足りないならあたしに言って!いくらでも稼いできてあげる!」

美琴「もう当麻は何もしなくていいの!ただ毎日楽しく過ごして、面白おかしく過ごして、夜になって疲れて眠って、気づいたら朝になって!そんな毎日を過ごしたらいいの!」

美琴「毎日贅沢して、何も困ることなく生活して、…………一日の最後に……一言だけあたしに愛してるって……言ってくれれば……それで…………あたしは……」

これはまずい。

直感でそう感じました。
106: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:39:33.575 ID:h+lmlU6p0.net
エンディングを選んでね。

1.二人とも頭おかしいEND

2.ヤンデレルート

>>108
107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:40:25.497 ID:zcmf/nk90.net
まともなのがないst
108: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:40:33.589 ID:mhQMtqxH0.net
1
111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:46:43.364 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「……美琴…………」

美琴「……とうまぁ……あたしの気持ち受け取ってぇ……」

当麻「……うん。受け取るよ。美琴」

美琴「……っ!?……ほ、ほんとう!?」

当麻「……あぁ。みこっちゃんの物は全て俺がもらう!報奨金も!預金も!何から何まで!」

美琴「……とうまぁ……」

当麻「それだけじゃないぞ。みこっちゃん」

美琴「……え?」
113: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:49:26.149 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「みこっちゃんも俺のもんだ!俺の所有物だ!」

美琴「……そ、それって……」

当麻「美琴の全てを、全部をひっくるめて俺がもらってやる!」

美琴「……うっ……ううぅうぅぅっ!とうまぁああぁぁぁあ!!」ガバッ

また力強く抱きしめられました。

本当に背骨が折れるくらい強く。強く。

ただただ、強く、抱きしめられました。
116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:52:20.990 ID:h+lmlU6p0.net
数年後。

美琴「……たーだーいーまーーー!!!当麻ーーーー!!」

当麻「……おかえりー」ピコピコ

美琴「じゅっうでん!じゅっうでん!当麻パワーを補充ー」ガバッー

帰ってくるなり、背中にひっついてくるみこっちゃん。

よくもまぁ毎日毎日同じことを、飽きもせず繰り返せるなぁと

数年前と同じタイトルのゲームをやりながら、しみじみそう思う。
117: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 22:54:34.672 ID:h+lmlU6p0.net
あれからしばらくして、正式に俺に譲渡すると相続税やらなんやらで色々めんどくさいとの事なので

みこっちゃんの通帳やら、キャッシュカードやらは全て俺の管理下に置かれることとなった。

それどころか、携帯やら鞄やらも家にいるときは常時俺に預けることとなっている。何故かみこっちゃんの方から提示してきた。

「あたしの全てを所有して欲しい。あたしの全てを管理してほしい。」

だとのことで。

俺が知らないみこっちゃんの所有物は一切存在しない。

下着すらも全て何を買ったか、どんなものを選んだかを俺に報告してくる。
119: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 23:01:12.904 ID:h+lmlU6p0.net
少し前からほとんど見なくなった通帳だが、最後に確認した時には桁が2つか3つぐらい増えていた。

使うあても無いし、使い切る必要もない。

毎日それとなく過ごせていればそれだけで良い。

そんなことをそれとなくみこっちゃんに言ってみたら、また泣いてしまった。

「……あぁ……あたしのとうま…………ずっとそのままで居て」

だそうだ。
120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 23:02:28.147 ID:h+lmlU6p0.net
ちなみに結婚はしていない。

と言うよりもみこっちゃんが望んでいない。

「あんな紙切れ一枚出したら他人になるような物要らない。あたしは何があっても当麻のそばにいるし、何があっても尽くし続ける」

と言い、きっぱり拒絶した。

俺の方としても、みこっちゃん以外の女には反応しないし、まぁそんなんでいいかなー、と思う。

幸せだー!って言えるような感じじゃないけど、

幸せだなぁって思える今が、

俺はたまらなく、愛おしいと思ってる。




   ふたりは頭が沸いてる
             END
121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 23:03:17.544 ID:h+lmlU6p0.net
当麻「……ちなみに他の女に反応しないのって……みこっちゃん原因わかる?」

美琴「…………知らない」
123: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 23:06:46.461 ID:zDEDTIlI0.net
理想やんけ
124: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 23:08:13.985 ID:TtLD6jHc0.net
原作より良かった
125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 23:08:18.901 ID:eyTFaXs7M.net
ヤンデレルートみたい!!
130: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/15(土) 23:21:14.446 ID:RO19jwgjK.net
ヤンデレもください

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

一服盛ってるだろ…みこっちゃん。


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。