幕之内一歩「僕の両腕が幻想殺しって…どういうことですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:29:22 ID:IB6m9gfd0

一歩「あ、美琴さん!」

美琴「アンタ!また私と勝負しにきたってわけ!?上等よ!!」

一歩「勝負って…いつも美琴さんがふっかけてきて…」

美琴「問答無用ーー!!私より年上のくせに敬語使ってんじゃないわよーー!!」

バチッビリッ

一歩「うわぁあああああ!!!ごめんなさぁぁぁぁい!!!」



美琴「また逃げたわね…私の電撃をしっかり防いでおいて…あーもうムカつく!!」



注目記事




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:31:56 ID:Z2v5PRWG0

一通さん死亡のおしらせ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:33:55 ID:xeL8faN5O

そげぶ+本格的なボクシングの技術とか、上条さんの上位互換じゃね?

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:34:07 ID:HpMqyOW50

一歩「はぁ…美琴さん、ひどいなぁもう…間柴さんより怖いかもしれないぞ、あの人……」

御坂妹「……」

一歩「ってうわぁあああああ!!!ごめんなさいごめんなさい!!!」


御坂妹「なぜ謝るのですか?ミサカは首を傾げます」

一歩「え?あ、あれ?美琴さん、怒ってないんですか?」

御坂妹「私が怒る原因となる要素を記憶の限り検索していますが、それは見当たりません。とミサカは訝しげに貴方の顔を覗きます」

一歩「そ、そうなんだ…怒ってないならよかったですよ」

美琴「待ちなさいよぉお!!」タッタッタ

一歩「うわぁあああああ!!!またぁぁ!?…て、あれ?」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:37:55 ID:HpMqyOW50

美琴「……アンタ……どうしてここにいんのよ……」

御坂妹「……」

一歩「ごめんなさい!すぐ消えます!!すみません!!」

美琴「あんたじゃないわよ!」

御坂妹「…ミサカのオリジナル……お姉様と、認識しました」

美琴「どうして!?なんで!?」

御坂妹「……」

一歩「な、なんだかこみいった話だな。僕はいないほうがいいのかも……双子さんかな…と、とりあえずロードワークに……」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:41:15 ID:HpMqyOW50

一歩「へぇー、まさか美琴さんに双子の妹さんがいたなんてなぁー」タッタッタ

一歩「でも、なんだか喧嘩してたみたいだけど、大丈夫かなぁ」タッタッタ

一歩「はやく久美ちゃんに会いたいなぁ、なんで僕だけ学園都市に合宿なんだろう。会長はここに僕の拳を完治させる技術があるっていってたけど……」タッタッタ


一歩「あっ!美琴さ……の妹さん!」


御坂妹「………あ…」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:46:46 ID:H8qWwmOG0

一歩「さっき、お姉さんと喧嘩してたみたいだけど……」

御坂妹「いいえ。心配には及びません、とミサカは素人のシャドーボクシングで健全さをアピールします」

一歩「そうですか。シャドーボクシングはこうやるんだよ、まず右ストレートからね。左足をしっかり踏み込んで、それから…」

一歩(懐かしいなあ。僕も最初こうして鷹村さんに教えてもらったっけ。いつのまにか僕も教えられるようになったんだなぁ。それも女の子に)


御坂妹「何にやついてるんですか?とミサカは心内で邪推を重ねてみます」


一歩「あっ!いや!!その!な、なんでもないです!!」

一歩(な、何を舞い上がっているんだ!僕には久美ちゃんがいるじゃないか!あれ?このいいかたなんだかまるで彼女みたいに……)

御坂妹「さっきよりニヤケが酷くなってますよ、とミサカはたしまなめます」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:51:23 ID:KzmAHSuN0

一歩「あれ?その猫は……」

御坂妹「黒猫です……名前はまだ決まってません」

一歩「ワンポ、元気にしてるかなぁ」

御坂妹「ワンポ?この猫はワンポというのですか?とミサカは名前のギャップに驚きます」


一歩「はは、違うよ。いつも、僕と一緒にいる犬なんだ」

一歩「あっ!いけない!こうしちゃいられないぞ!会長から渡されたメニューがまだいっぱいあるんだ!!」

御坂妹「そうですか。ミサカもこれから用があります。とミサカも歩を進め始めます」


一歩「じゃあ、また明日ね!」

御坂妹「……さようなら」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 12:58:34 ID:KzmAHSuN0

翌日
一歩「あれ?君は昨日の……」
ネコ「ニャォ」タッタッタ
一歩「ちょ、ちょっとどこいくのさ!!!」

……路地裏
御坂妹「」
一歩「な、なんだこれ……」
一歩「う、うわ、うわ、わ、わ、…」
一歩「うわぁああああああああああああああ!!!!!!」

……

アンチスキル「君、本当に見たのかい?」

一歩「は、はい!…たぶん……」

アンチスキル「多分?しかし、君が言った場所には痕跡一つないぞ?」

一歩「で、でも!」

アンチスキル「これから、こういう悪戯はやめるようにね」

一歩「…すみません…」
一歩(…確かにあったのに…また鷹村さんの悪戯なのかな……)

妹達「……貴方が、幕之内一歩ですね。とミサカは確認をとります」

一歩「え?あ!よかった!無事で………」
一歩「………え?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:00:54 ID:yfGEymHD0

上条さんのパンチ一発でばたんきゅーする奴等ばっかだし一歩が殴ったら肉片になって飛び散るんじゃ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:02:03 ID:gSgNyeUz0

ステイルとか一発目で顎砕けて
二巻の二発目で舌千切れそう

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:03:45 ID:KzmAHSuN0

御坂妹「ミサカ達は実験動物、つまりモルモットなのです」

御坂妹「先日貴方が話していたと思われる、ミサカ10031号の遺体は、この中です」

一歩「ど、どうして?君たちは一体……」

御坂妹「ミサカ達は、レベル6計画の実験の協力者です。単価にして18万。ここにいるミサカ達は皆、オリジナル御坂美琴のクローンです」

一歩「う、…嘘だ……嘘だ……」

………


大橋

美琴「……ワタシが一方通行に勝てば、この実験は…最悪、死んだっていい…」


一歩「……美琴……さん……」

美琴「アンタ……なんでここがわかったの?……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:08:47 ID:PZimlePn0

一歩「ダメ、ですよ……美琴さん…」

美琴「何よ……こうするしかないじゃないの……!!何もしらないくせに、無責任にとめないでよ……!!」

一歩「美琴さんは強いですよ……でも、やっぱり危険なんですよ!!相手とは階級が同じでも、2位しかランクが違わなくても!」

美琴「…こうなったのは、私のせいなんだから…私に責任とらせてよ!!!!」

一歩「…そこで、考えたんです。そして、気づいたんです」

一歩「会長が合宿中僕に渡したメニュー、これはきっとこの時のためのものなんです。僕が戦わなきゃいけなくなったときに……」

一歩「とても、とても怖い。怖いけど……勝ってみせます!!美琴さん!!」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:12:52 ID:PZimlePn0

一方通行「ほらほらァ!!抵抗しねェとさっさと終わっちまうぞォ?ギャハハ!!」

御坂妹「く……ぅ………」

一方通行「……おい……この場合実験ってのはどうなっちまうンだァ……?」

一歩「……貴方が、一方通行さんですね……」

一方通行「見られちまったからには生かしておけねェっつーおきまりの展開かァ?ヒヒヒッ」

一歩「僕は…貴方に勝ちます!!」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:17:00 ID:PZimlePn0

『さぁ!!両雄ついに合間見える!!勝つのはどちらか!!?』

『赤コーナー!!学園都市最強にして最凶!!一方ーーー通行ーーー!!!』

『対して青コーナー!!フェザー級国内チャンピオン!幕の内ーー!!!一歩ーー!!』

一方通行「オマエ…面白ェな……」
一方通行「さっさと挽き肉にしてやるよォ!!」ダッ

『あーーっと!!チャンピオンいきなり前へ出たーー!!これには挑戦者も面を食らっているー!!』

一歩(速い!!そんな、僕が始めに前に出るって決めていたのに!あっという間に先手をとられた!!)

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:21:59 ID:PZimlePn0

『挑戦者あわてて距離をとるーー!!しかしチャンピオン追わない!!追いません!!!』

一方通行「なかなかいい動きすンじゃねェか。ちったァ楽しませてくれよなァ!!!」ガンッ!

『あーっと!!チャンピオン鉄骨を飛ばすーー!!!挑戦者避けられるかーー!!?』

一歩「くっ」ヒュッ
一歩(見える!ちゃんと見えるぞ!!でも当たったらまずい!!)

『挑戦者!!避ける避けるーーー!!!』

一方通行「ギャハハハハ!!!そォらこいつはどォだァ!!!」ガンガンガンッ!!!

『チャンピオン!!さらに鉄骨を増やしたーー!!!』

一歩(そんな……多すぎるよ……!!避けられない!!)

『挑戦者の体に激しい衝撃が襲いかかるーー!!!』

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:25:29 ID:PZimlePn0

『まだまだラウンドは時間があります!挑戦者凌ぎきれるかーー!!?』

一歩「ぐっ……うっ……」

『あーーっと!!挑戦者ダウンだーー!!ダウンです!!流石チャンピオンは強かったーー!!カウントが積み重ねられるーー!!』

一方通行「中身は小麦粉でしたってかァ?……なァオマエ、粉塵爆発って言葉くらい聞いたことあるよなァ?」

一歩「……!!!」

『挑戦者慌てて起き上がり距離をとるーーー!!!逃げきれるかーーー!!!?』

一方通行「ギャハハハハ!!!」

ズドォンッ!!!

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:30:06 ID:PZimlePn0

一歩「……そんな……強すぎるよ……」

一方通行「オーオー、よく逃げたもンだァ……」

『あーーっと!!挑戦者!!足が震えているーー!!先程の攻撃が聞いてきたかぁーーー!?』

美琴「イカン、小僧のやつめ、怯えておるわ!!」

御坂妹「以前の千堂君と戦ったときのようにですか!?」

美琴「いや、それよりもタチが悪いかも知れん……!!」
美琴(ファイターは一度怯えると、それがイップスとなり攻撃から目を背けてしまうようになる……これが選手生命そのものに響きかねん……堪えるんじゃ小僧!!)

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:32:33 ID:Flh+xNwk0

おい

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:34:03 ID:1j8i9/k4T

冷静だなwww

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:34:28 ID:PZimlePn0

『チャンピオン!!ゆっくりと迫りよるーー!!挑戦者!なおも動けません!!!』

一歩(駄目だ!動けない!!怖い!怖い!!怖い!!)

一方通行「…いい加減楽になりやがれ……なァ三下ァ!!!」

『チャンピオンの血流操作だーー!!挑戦者、避けられるかーーー!!!』

バキッ…

『チャンピオンの顎があがったーーーー!!!挑戦者のカウンターだーー!!!』

一歩「………え……」

一方通行「………な…………!?」

一歩(なんだ……今の……僕の拳が勝手に……)

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:39:01 ID:PZimlePn0

美琴「そうか!!小僧のやつめ!!」
御坂妹「何かわかったんですか!?」

美琴「小僧は今まで何千、何万回とバッグを叩いてきた。普段はファイター向きではないが、リングにあがれば小僧は並々ならぬ闘志を放ち、強敵に打ち勝ってきた」
美琴「意識がないまま戦ったこともあるじゃろう。それがなしえたのは、他ならぬ日々の鍛練じゃ」


一方通行「なンだこいつ……急に目の色が変わりやがった!!」

美琴「日々の努力が拳に宿っておるのじゃ……!!」

一歩(当たる!!僕の拳だって当たるぞ!!)

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:45:18 ID:eHTo5QMh0

一方通行「オマエ……最高に面白ェぞぉ!!!!」

『チャンピオン距離をつめるーーー!!!』

バキッ!!

『挑戦者のカウンター決まったーーー!!!挑戦者の脇腹に突き刺さるーー!!!』

一歩(今だ!!一気に攻めるんだ!!!)


『挑戦者のリバーーーーー!!!チャンピオンの顎が下がるーー!!』

一歩(ここだ!!)

『さらにアッパーーーー!!!』

一方通行「ぐっは………!!」

『そして右ストレートーーーー!!』

一方通行「ガァァァア!!!!」

『チャンピオン!ダウンだーーー!!!チャンピオン、立てるかーーーー!!!?』

一方通行「ハァ……ハァ……なンだよこれ……クソッ……なめんじゃねェぞォ!」

『チャンピオン、起き上がり激しい突風を繰り出したーーー!これには挑戦者もたまらず吹き飛ばされる!!』

一歩「う、うわぁああああああああああああああ!」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:48:08 ID:H3xDd5KG0

まだ生きている一方さんが凄い

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:49:26 ID:pnnVE+420

アバラが折れて内臓に突き刺さってもおかしくないのに

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:53:26 ID:QN7B94Rk0

一方通行「空気を圧縮、空気を圧縮ゥ…………圧縮?………おいおい、最ッ高に愉快なこと思いついちまったぜェ…!!!」

『こ、これは!?チャンピオン!!プラズマを作ろうとしているーーーー!!!!国技館は大荒れです!!』

一歩「う、うわ……うわぁ……!!」

美琴「小僧!!」
御坂妹(会長がタオルを握りしめている……会長も耐えているんだ……!でもあれを食らうと一歩君の選手生命が……!!)

一歩(よく見るんだ!必ず勝機はある!かわす方法を、かわす方法…………駄目だ!見つからない!!)

一方通行「くたばりなァ!!!三下ァァ!!!!」


一歩「……ぁ…ぁぁ……!」
一歩(見えた!!そうだ避けることばかり考えていたから見つからなかったんだ!!!いける!!いけるぞ!!!!)


『挑戦者!!!なんとチャンピオンに突っ込んだーー!!!』

美琴「小僧!!?」
御坂妹「無茶だ一歩君!!!」


一方通行「ガッハ………!?」

『なんと!!!両腕をあげたチャンピオンのがら空きのボディに挑戦者の拳が突き刺さったーーー!!!』

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 13:59:08 ID:xnWJO4UU0

一方通行「な………ォ……ぐっ……」

ドスッ!!ドスッ!!

『ダブル!!トリプル!!!執拗なリバーにチャンピオンのプラズマが消滅ーー!!チャンピオンの体が折れ曲がる!!』

一歩「うわぁあ!!」

ズガンッ!!

『さらにガゼルパンチだーー!!!チャンピオンの顔面が宙を向くーー!!!』

伊達「よけられないなら出させなければいい……幕之内らしい戦法だぜ」

千堂「そうやーーー!!!それでこそ幕之内やーーーー!!!」

一方通行「ぐっ………!!」

『チャンピオン!!たたらを踏んでいるーー!!あっと!?
挑戦者のこの動きは!?この動きはまさかーーー!!!?』

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 14:00:39 ID:EJoduk2B0

デデデデデンプシーロールやーーーーーーーーーー

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 14:03:07 ID:QN7B94Rk0

一方通行(なンだよこりゃ…………その無限の記号みてェな動きは……)


青木「いけーーーー!!一歩ーーー!!!」
木村「これで決めちまえーーーー!!!」
鷹村「デンプシーやる気だな。やるじゃねぇか」

『デンプシーロールだーーーーー!!!!挑戦者、幕之内一歩の伝家の宝刀が今抜かれるーーー!!!』

まっくのーうち!まっくのーうち!まっくのーうち!!

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 14:07:58 ID:xnWJO4UU0

美琴「いけーーーーー!!小僧ォーーーーー!!!」


猫田「やるダニーーーーーー!!!!」

板垣「先輩!!」


一歩「ぅぉぉぉおおおおおお!!!!!」


ズガンッ!!!
一方通行「ガッ………ァ…………」

ズガンッ!!!ズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッズガンッ!!!

『デンプシーロール始動だーーーーーー!!!!左右からの殴打!!チャンピオンの頭がピンポン玉のようにバウンドしているーーー!!!!』


一歩「ぅぉぉぉおおおおおお!!!!!」

一方通行「……っ………ッ…………」
一方通行「………………」

『レフェリーが止めたーーーーーー!!!!!KOだーーーーーーーー!!!!!』

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 14:20:03 ID:U6lJ+foO0

………

美琴「私、アンタが戦ってる時の記憶がないの」


一歩「え?そうなんですか?あはは、てっきりあの場所に会長がいるものお勘違いしてたんですよ」

美琴「……その…あの……こ、これ」

一歩「え?」

美琴「ク、ク、クッキーよ!……一応あの、その、お礼、だから……」

一歩「いいんですか!?」
一歩(女の子のクッキーだなんて……久美ちゃんじゃなくても嬉しいなぁ~~)

鷹村「おい一歩、なんだよそりゃ」
青木「俺たちだって応援してたのによぉ!!」

一歩「ゲッ……鷹村さん……」

鷹村「何がゲッだ!!よし、俺様が毒味してやろう!うん、お前に女がもの寄越すなんて毒があるかもしれねぇしな!!」ガツガツ

一歩「あーー!!!!!」

終わり

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 14:22:39 ID:zpDOieSg0



一通さん堅すぎだったなwww

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 14:31:14 ID:bokneRu30


 


元スレ:幕之内一歩「僕の両腕が幻想殺しって…どういうことですか?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377142162/
 

注目記事!




関連記事
 

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。