りーさん「めぐねぇに届けて、別れの歌を」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:22:02.80
【夜中 部室】


くるみ「ただいま、りーさん。見回り終わったぜ」ガラッ

りーさん「あら、ご苦労様」

くるみ「それにしても、やっぱり夜はちょっと冷えるな。今はまだいいけど、冬になったらきついかもしれない。暖房もろくに取れないだろうし」

りーさん「そうね……。電気ストーブだと電力をかなり使うでしょうし……。普通のストーブだと灯油の補給が問題になってくるでしょうし……」

くるみ「まあ、色々と着込めばどうにかなるだろうけど。そう考えると、真夏よりはよっぽどマシかもしれないな」

りーさん「そうかもね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440170522
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:24:08.13
くるみ「ところで、ゆきは? あいつ、もう寝たのか?」

りーさん「ええ、勉強で疲れたのか、ぐっすりと。よく眠ってるわ」

くるみ「そっか。それならいいけど」

りーさん「そうね……」

くるみ「……?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:26:14.67
くるみ「どうしたんだ、りーさん。なんか急に暗い顔になって」

りーさん「ねぇ、くるみ。ちょっと真面目に聞いて欲しい話があるんだけど、いい?」

くるみ「ああ……。いいけど」

りーさん「ゆきちゃんの事なの」

くるみ「……どうかしたのか?」

りーさん「この前、ゆきちゃんがめぐねぇの事で危ない状態だったのは、くるみも見たでしょ?」

くるみ「ああ……。あれはちょっとまずかったな。幸い、すぐ立ち直ったみたいだけどさ……」

りーさん「うん……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:28:23.95
りーさん「あの時ね、私、思ったのよ。ゆきちゃん……本当は現実と向き直ろうとしてるんじゃないかって」

くるみ「…………」

りーさん「だけど、そう簡単に現実を受け止める事は出来ないわ。私でさえ、毎日、今の生活が夢だったらって思ってるもの……。本当はゾンビなんか発生してないし、皆もめぐねぇも生きてるんじゃないかって、そう願ってる」

くるみ「……私もだよ、そんなの」

りーさん「でも、もちろんそうじゃないってのも、頭の中ではわかってる。だけど、それでもまだ現実味っていうか、そういうのがどこかふわふわとしていて……」

くるみ「……正直、私たちはゆきを見る事で、現実逃避してるようなものだからな。……実際のところ、ゆきも私たちも何も変わらないかもしれないし……」

りーさん「……そうよね。やっぱり……そうなのよね」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:31:35.41
りーさん「……だからね、くるみ」

くるみ「うん……」

りーさん「私たちもそろそろ、きちんと向き直るべきじゃないかって思うの。ううん、そう考え直したって方が正しいと思う」

くるみ「…………」

りーさん「ゆきちゃんもそうだけど、私たちも。これまで色々と沢山の人が亡くなった。大事な人が沢山……もちろんめぐねぇも……」

くるみ「…………」

りーさん「すぐにその現実全部を受け止めてほしいなんて言わないわ。だけど、少しずつそれを変えていくべきなんじゃないかって……」

くるみ「かもな……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:33:43.99
りーさん「……だから、くるみ。一つ相談があるんだけど」

くるみ「……なんだ?」

りーさん「めぐねぇのお葬式を……もう一度やりたいの」

くるみ「いや、だけど……。それは今のゆきにとって流石にまずいんじゃないか。めぐねぇがいる事で、ゆきはどうにか精神を安定させてるみたいなところがあるし……」

りーさん「うん……。それはわかってる。だから、ゆきちゃんにはお葬式とは言わないわ。別の言い方をするつもり」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:37:34.69
くるみ「りーさん……。別の言い方って?」

りーさん「……私たちだって、正しいお祈りの仕方を知ってる訳じゃないし、お経を覚えてる訳でもないわ。元からちゃんとしたお葬式になる訳じゃないもの。でも、めぐねぇを悼む気持ちが伝われば、めぐねぇはそれで満足してくれると思うの」

くるみ「めぐねぇを想う気持ちって事、か……」

りーさん「うん。感謝の気持ちとか、偲ぶ気持ち。そういうもの。亡くなった時は、哀しみの気持ちの方が大きかったから、今度は感謝をしたい。めぐねぇは私たちを救ってくれたんだから」

くるみ「そうだな……」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:43:43.30
りーさん「……歌を、歌おうかなって。めぐねぇのお墓の前で」

くるみ「……歌?」

りーさん「うん。私たちは元気でやってるって。私たちはめぐねぇに感謝してるって。そういう事を伝える為のレクイエム。……別れの歌」

くるみ「でも、歌って……。私、レクイエムなんて知らないぞ。CDプレイヤーも、この前ゆきが壊しちゃったし、CD自体あるかどうか」

りーさん「別に、本格的なクラシックのレクイエムじゃなくていいわ。どんな歌でも、気持ちが伝わればそれでいいと思うの。知ってる歌をアカペラで歌えばそれで……」

くるみ「アカペラか……」

りーさん「うん。それならゆきちゃんにもカラオケとか歌の練習とか言えるし」

くるみ「……そうだな」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:46:56.96
くるみ「……わかった。正直、私も色々と気持ちの整理がつけたいし、めぐねぇには感謝してるから。葬式とかそういうの関係なく、めぐねぇには歌を届けたい」

りーさん「ありがとう、くるみ……。それなら早速明日みきさんにも伝えて、それでオーケーがもらえるなら、ゆきちゃんにも伝えるわ」

くるみ「みーくんは多分賛成してくれると思うぞ。ゆきの今の状態を一番不安に思ってるところがあるし」

りーさん「そうね。それに、みきさんはめぐねぇの事を知らないから。ただ、参加してもらうだけって形になると思う」

くるみ「わかった。じゃあ、やるって予定で私は歌を考えとく。何を歌えば、めぐねぇに気持ちが届くのか、それを考えとく」

りーさん「……そうね。それに、くるみの場合は、届けたい人が他にも、もう一人いるでしょうし……」

くるみ「……うん。……もう一人の為にも」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 00:50:29.71
【翌日】


ゆき「え? 屋上でカラオケ?」

りーさん「ええ、そうよ。昨日、くるみと話してそう決めたの。みきさんも賛成してくれてるわ」

ゆき「いいね、それ! 何だか楽しそうだよ。音楽室で歌うのとはまた違った雰囲気になりそうだし」

りーさん「じゃあ、ゆきちゃんも参加でいいかしら? 伴奏なしのアカペラになっちゃうんだけど」

ゆき「うん、いいよ、それでも。私、歌うの好きだし」

くるみ「よし、決まりだな。じゃあ、やるのは今日の授業後でいいか、ゆき?」

ゆき「うん、大丈夫。何だか今からちょっとワクワクするね、みーくん」

みーくん「……そうですね」

りーさん「それじゃ、今日の夕方はカラオケを屋上でやるわよ。忘れないでね、ゆきちゃん」

ゆき「うん!」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:06:51.24
【夕方 屋上】


ゆき「んー! 風が気持ちがいいね、みーくん」

みーくん「はい。今日は涼しくて良かったです」

くるみ「じゃあまあ、早速始めようか。ゆき、屋上ならどんなに大声でも歌っても平気だからな。遠慮するなよ」

ゆき「そうだね。うーん……何を歌おう」

みーくん「あれ? 決めてなかったんですか、ゆき先輩」

ゆき「あ、うん。なんか色々と悩んじゃってね」

みーくん「……そうですか」

ゆき「うん。どうしよう」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:08:56.53
ゆき「そういえば、今気づいたけど、めぐねぇもいたんだ?」

くるみ「……!」

りーさん「……!」


めぐねぇ「いたんだ、なんて……。ゆきさん、ひどいわ。私、さっきからずっといたのに……」

ゆき「あ、ごめん、めぐねぇ。そういうつもりじゃなかったの。めぐねぇは影が薄くなんかないよ。私が気が付かなかっただけ」

めぐねぇ「それ、本当に……? 私、存在感ある?」

ゆき「うん。本当の本当。大丈夫だってば。めぐねぇはちゃんと存在感あるよ。安心して」

みーくん「……ゆき先輩」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:10:59.50
ゆき「でも、めぐねぇがここにいるって事は、めぐねぇも何か歌うんだよね? なに歌うの?」

めぐねぇ「え? あ、ううん……。私はただ見学しに来ただけだから……。歌はちょっと……」

ゆき「めぐねぇ、ひょっとして恥ずかしいの?」

めぐねぇ「違うわ。そういうのじゃなくて……。ほら、私、先生だし。生徒に混じって歌を歌うのは、ね?」

ゆき「別にそんなの気にしなくてもいいのに。ねぇ、めぐねぇも何か歌おうよ。ね?」

めぐねぇ「そう言われても……。困ったわね……」


くるみ「……めぐねぇ、いるのか」ボソッ

りーさん「……ええ。そうみたいね」ボソッ

みーくん「…………」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:13:04.66
りーさん「ゆきちゃん……。めぐねぇも困ってるみたいだし、一旦それは置いときましょう」

ゆき「んー……。残念だなあ、私、めぐねぇの歌、聞きたかったのに」

めぐねぇ「あまり無茶を言わないで。ね?」

ゆき「はーい……」

りーさん「それじゃあ、始めましょうか。まずは誰から歌う?」

くるみ「ゆきはまだ何を歌うか決まってないんだよな? じゃあ、後回しにして……」

みーくん「あの……私から歌います」

りーさん「そう? じゃあ、お願いね」

みーくん「はい」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:15:11.73
ゆき「トップバッターはみーくんからかー。ねぇねぇ、みーくん。なに歌うの?」

みーくん「色々と悩んだんですけど……」

ゆき「うん。やっぱり洋楽とか?」

みーくん「いえ……。知ってる人、いるかどうかわかりませんけど、ダ・カーポの『野に咲く花のように』を歌う事に決めました」

ゆき「……ダ・カーポ?」

みーくん「もう何年も前の歌です。子供の頃にお母さんが歌っていて、それで覚えました」

ゆき「ふーん……。そうなんだあ」

くるみ「じゃ、拍手ー」

ゆき「うん」パチパチ

りーさん「ええ」パチパチ

みーくん「……そういうの、なんか照れます//」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:17:14.76
みーくん(……ゆうり先輩が言うには、このカラオケはめぐねぇに届ける別れの歌だって言ってたけど)

みーくん(私はその肝心のめぐねぇに会った事もないし、見た事もない)

みーくん(だから、そんな私がめぐねぇの死を悼むような歌を歌っても、多分、何の意味もない。感情がこもってないんだから)

みーくん(そんな歌を歌う事自体、めぐねぇにも失礼な気がする……)

みーくん(だから、私はみんなから聞いた、めぐねぇのイメージを思ってこの曲を選んだ)

みーくん(これが……私からめぐねぇに捧げるレクイエムです)


みーくん「野に咲く、花のように♪」


【参考】
ダ・カーポ 野に咲く花のように 曲
http://m.youtube.com/watch?v=neq0ys5fyh0
歌詞のみ
http://m.kget.jp/lyric.php?song=27220
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:20:22.73
ゆき「…………」

くるみ「そんな時こそ野の花の……」

りーさん「健気な心を知るのです、ね……」

ゆき「…………」

くるみ「……いい歌だな」

りーさん「……ええ。本当に」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:22:26.46
みーくん「……以上です。ありがとうございました」

くるみ「うん」

りーさん「ええ」

ゆき「…………」


みーくん「……ゆき先輩は、どうでした?」

ゆき「え、あ、うん……。なんか……」

みーくん「……なんか?」

ゆき「なんか……聞いてて涙が出そうになった……。何でだろ」

みーくん「……何ででしょうね」

ゆき「うん……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:24:19.87
りーさん「……次は、誰が歌う?」

くるみ「私は……今は後がいい。りーさん、先に歌ってくれるか」

りーさん「そう……。それじゃ、次は私ね」

みーくん「ゆうり先輩は、何を歌うんですか?」

りーさん「ロードオブメジャーの『親愛なるあなたへ』よ」

みーくん「ああ……。聞いた事があります」

くるみ「そっか……。りーさん、それか……」

りーさん「うん」


りーさん「めぐねぇ……。聞いててね」ボソッ


りーさん「それは夏の終わりの、事でした♪」


【参考】
ロードオブメジャー 親愛なるあなたへ 曲
http://m.youtube.com/watch?v=Q3R6uFQ0xx4
歌詞のみ
http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=B09331
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:26:26.01
ゆき「…………」

くるみ「あの日流れた、あの涙を……」

みーくん「…………」

くるみ「すべてをかけて、守ってくれた……」

ゆき「ぅ……」

みーくん「……ゆき先輩? 泣いてるんですか?」

ゆき「ぅぅ……」

くるみ「ぅっ……」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:28:28.68
りーさん「……これでおしまいよ。私の歌は終わり」

ゆき「りーさん……。りーさん……」

りーさん「……どうしたの、ゆきちゃん。急に抱きついてきて……」

ゆき「わかんない……。わかんないけど、すごく悲しくて……。さっきから涙が止まらなくて……」

りーさん「……うん。私も……なんか泣きそうになってる」

ゆき「りーさん……。りーさん……」

くるみ「ぅ……」

みーくん「くるみ先輩もですか……」

くるみ「だって……。だって……」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:30:32.36
りーさん「よしよし……。ゆきちゃん、大丈夫よ」

ゆき「うん……。うん……」

くるみ「次は……私が歌う……」

みーくん「くるみ先輩、その前に……これ。ハンカチ……」

くるみ「ありがとう……」ゴシゴシ


りーさん「くるみは……結局、何を歌う事にしたの?」

くるみ「私は……flumpoolの『残像』にした」

りーさん「……そっか」

くるみ「うん……」


くるみ(めぐねぇ……それに先輩……。二人に届くといいけど……)


くるみ「風に吹かれ、なびく髪……♪」


【参考】
flumpool 残像 曲
http://m.youtube.com/watch?v=eWDx-HY1xqI
歌詞のみ
http://sp.uta-net.com/search/kashi.php?TID=88974
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:33:08.48
ゆき「えぐっ……。うぁぁ……」

りーさん「うん。……大丈夫。泣かなくても……大丈夫……だから」

みーくん「……笑ってた、君だけ消して」

ゆき「ぃぁぐ……うっ、うっ……」

りーさん「ゆきちゃん……。ぅ……」

みーくん「……色褪せるように、心は出来てなくても」

ゆき「何で……何でこんなに悲しくなるの……。ねぇ、りーさん、何で……」

りーさん「それは……ゆきちゃんにしかわからない事よ……。自分で気がつかなきゃ駄目な事なの……」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:35:12.64
くるみ「ぅっ……。お、終わったぞ。私の歌は……これで終わり……」

みーくん「……はい。先輩、ハンカチどうぞ……」

くるみ「うん……。ありがと……」


りーさん「最後よ、ゆきちゃん……。歌える……?」

ゆき「無理……。無理だよ……。息が詰まって……苦しくて……。歌えないよ……りーさん……」

りーさん「うん……」


めぐねぇ「…………」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:37:16.63
めぐねぇ「ねぇ……ゆきさん」

ゆき「ぅっ……。な、なに……。めぐねぇ……?」

めぐねぇ「私も一曲だけ、歌わせて」

ゆき「めぐねぇが……?」

めぐねぇ「うん……。一曲だけ」

ゆき「……めぐねぇ、歌うの?」

めぐねぇ「歌いたくなったの、だから……」


くるみ「……ゆき。めぐねぇも歌うのか?」

ゆき「うん……。歌いたいって……」

りーさん「……何を、歌うんですか?」


めぐねぇ「聞けば、わかるわ……。聞けば」


めぐねぇ「みんなの気持ちが伝わってくるから……。この歌を……」


めぐねぇ「私のお墓の前で、泣かないで下さい……♪」


【参考】
たんぽぽ児童合唱団 千の風になって 曲
http://m.youtube.com/watch?v=N9RB4rJtMig
歌詞のみ
http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=F05937
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:39:21.44
ゆき「これ……。『千の風になって』……」

くるみ「……!」

りーさん「……!」


ゆき「朝は鳥になって……あなたを目覚めさせる……」

ゆき「夜は星になって……あなたを見守る……」

くるみ「ぅっ……」

りーさん「っ……」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:41:24.56
めぐねぇ「……これでおしまい。少し恥ずかしいわね、こういうの……」

ゆき「……ううん。恥ずかしいとか……そういうのじゃなくて……」

めぐねぇ「なくて?」

ゆき「なんか……また涙が……」

めぐねぇ「泣かないで。ゆきさん。私は満足してるから」

ゆき「わからない……。めぐねぇの言ってる事がわかんないのに……。さっきから、すごく悲しくて、辛くて、でも……温かくて……」

めぐねぇ「いいのよ、それで……。今はそれでいいの。少しずつわかっていけばいいんだから……」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:43:28.66
くるみ「……なあ、りーさん」

りーさん「なに……?」

くるみ「ゆきが見えてるのって……ゆきのイメージなんだよな……」

りーさん「……うん。だけど……」

くるみ「私も……多分、同じこと考えてる。死んだめぐねぇが、めぐねぇの幽霊が今ここに来てて、ゆきだけがそれを見えてるんじゃないかって……」

りーさん「……だとしたら、いいなっていう、それは私たちの妄想よ。それはわかってるけど……でも……」

くるみ「信じたいよな……。めぐねぇは本当に今ここに来てるんだってさ……。でないと……」

りーさん「くるみまで泣かないで……。私まで泣きたくなるから……」

くるみ「ごめん。ごめん。だけど……」


みーくん「来てますよ、きっと……。めぐねぇはここに来て、見てます、多分……。こんなに皆から慕われてるんですから……。こんなに皆から好かれてるんですから……」

りーさん「ぅっ……」

くるみ「っ……」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:45:31.78
めぐねぇ「ねぇ、ゆきさん」

ゆき「なあに、めぐねぇ……」

めぐねぇ「ゆきさん、まだ歌ってないでしょ。何を歌うか、私からリクエストしていい?」

ゆき「うん……。いいよ、めぐねぇ……」

めぐねぇ「じゃあ、『アンパンマンのマーチ』をお願い」

ゆき「めぐねぇ……。私、そんなに子供っぽい……?」

めぐねぇ「ううん。そうじゃないの。ただ、私があの曲を好きだから。それだけよ。お願いしていい?」

ゆき「……めぐねぇが、そう言うなら。……私、歌うよ」

めぐねぇ「うん。元気よくね」


ゆき「じゃあ……」


ゆき「そうだ、嬉しいんだ。生きるよろこび……♪」


【参考】
アンパンマンのマーチ
http://m.youtube.com/watch?v=U5aRoUhzUaU
歌詞のみ
http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=E02014
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:47:34.19
みーくん「これ……アンパンマンの……」

くるみ「でも、こんな歌だったんだ……」

りーさん「……生きる喜び」

みーくん「……はい」

くるみ「辛くても……生きている方が幸せだって事なのかな」

りーさん「だから、精一杯生きてって……そう言われてる気もするわね」

みーくん「……そうですね。……そうなのかも」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:49:39.23
ゆき「……終わったよ、めぐねぇ。終わりまで歌ったよ」

めぐねぇ「……うん」

ゆき「ねぇ……めぐねぇ……。何で……。何でさっきから少し影が薄くなってるの? 何で……?」

めぐねぇ「……ゆきさん。出会いがあれば、必ず別れも来るの。それは寂しいけど、仕方がない事なの」

ゆき「ねぇ、おかしいよ……! なに言ってるの、めぐねぇ! 何でそんな事を言うの……!」

めぐねぇ「でもね。出会わないよりは、出会って別れた方がずっといいの。私と出会って、仲良くなって、それで色々と楽しい思い出も出来たわよね」

ゆき「聞きたくない! やめて、めぐねぇ! やめてっ!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:51:41.67
めぐねぇ「私はゆきさんと出会って良かったと思ってる。別れは辛くて苦しいけど、でも、出会わないよりはずっといい。ほんの少しの間だけど、私は幸せだった。それだけで十分」

ゆき「めぐねぇ……! めぐねぇ、やめて……! 変な事言い出さないで……! でないと、どんどん影が薄くなって……!」

めぐねぇ「私はいつでもあなたの側にいるからね」

ゆき「めぐねぇ……!! ダメ! 消えないで! めぐねぇ!! めぐねぇっ!!」


「……さよなら、ゆきさん。生きてね。とれだけ悲しくても、どれだけ心細くても、みんなで頑張って生きてね」


ゆき「っ! めぐねぇっ!!!」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:53:45.96
くるみ「ゆき……めぐねぇは……?」

ゆき「いなく、なっちゃった……。いなくなっちゃったよ、めぐねぇ……!」

ゆき「めぐねぇ! めぐねぇ……! 何で……」

みーくん「…………」


りーさん「めぐねぇ……。最後に何か言ってた……?」

ゆき「私は……いつでも側にいるって……。みんなで頑張って生きてねって……。そう言って……」

りーさん「……そう」

ゆき「めぐねぇ……笑ってた。最後の最後まで……。消える瞬間まで笑ってたよ……」

くるみ「うん……。めぐねぇは……そういう先生だった……」

みーくん「……いい先生ですね」

りーさん「だって……めぐねぇなんですもの」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:54:25.44









    
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:55:29.88
【数日後】


ゆき「それじゃ、みんな。授業に行ってくるね」

りーさん「ええ。行ってらっしゃい、ゆきちゃん」

くるみ「気を付けろよ」

ゆき「うん!」

みーくん「…………」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:57:36.95
みーくん「結局……ゆき先輩、また元に戻っちゃいましたね」

くるみ「……そうだな」

りーさん「そんなに簡単に治るものじゃないのね、きっと……。だけど」

みーくん「……はい。めぐねぇの事は、もう滅多には言わなくなって」

くるみ「ああ。めぐねぇとの会話を全然聞かなくなったな」

りーさん「あの日の記憶は、きっとゆきちゃんは封印してしまったんだろうけど、心のどこかではめぐねぇが亡くなったって事を認識したのね、多分……」

みーくん「これで良かったんでしょうかね……。ゆき先輩……。前より少し元気がなくなった気がするんですけど……」

くるみ「…………」

りーさん「…………」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 21:59:30.06
くるみ「……それでも」

りーさん「そうね……。それでも、今の方が私もいいと思うわ」

みーくん「どうして、そう思うんですか?」

くるみ「ゆきが昨日、ぽつりと溢してたんだ……。たまにめぐねぇの声が聞こえるって。でも、振り向いたらそこには誰もいないって」

みーくん「…………」

りーさん「だけど、めぐねぇが近くにいる気がして少し安心するんだって。見えないけど、きっといるってそう思えるんだって」

みーくん「……それ、逆に悪化してるんじゃ……」

くるみ「違う。ゆきはその後に、こう言っていたから。めぐねぇは遠くに引っ越しちゃったからって」

みーくん「…………」

りーさん「それで、自分の中で折り合いをつけたみたいね。ゆきちゃんの中ではめぐねぇはもういない。でも、どこかで生きてるんだって」

みーくん「……良い事、なんでしょうか。今までとそう変わりがないような……」

くるみ「……良い事だよ。本当に多少は変わったんだから……」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 22:01:43.86
りーさん「今のゆきちゃんは小さな子供と同じ状態だと思うの。飼っていた犬が亡くなった時、大人は子供にそれを隠して、遠くにいってしまったって言うでしょ。それと同じ」

くるみ「幻が見えてるより、良い事だと思わないか? ほんの少しだけ、現実に近づいたんだ」

みーくん「…………」

りーさん「子供は成長するにつれて、遠くにいってしまった、っていう言葉の意味を理解するわ。だから、ゆきちゃんも時間が経てば……」

くるみ「もう会えないって事を今のゆきは理解している。だから、めぐねぇの幻にもう依存はしていない。それだけでも、十分だと私は思う」

りーさん「だって、幻は心の支えにはなってくれても、実際に助けてはくれないもの。助けが来ないなら、自分自身で自分を助けるしかないわ」

くるみ「ゆっくりでいいと思う。少しずつでもいいと思う。ゆきが最後にそこにたどり着けば。幻に頼らずに生きるようになれれば」

みーくん「…………」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 22:03:44.72
りーさん「ゆきちゃん、アンパンマンのマーチ、歌っていたでしょ」

りーさん「今思うと……辛くても、生きていればどうにかなるって、ゆきちゃんの中のめぐねぇはそう言っていたように思えるわ」

くるみ「多分……実際のめぐねぇもそう言うと思う。生きていたら、きっとそう言っていたと思う」

みーくん「……そうかも、しれないですね」

りーさん「私たちもいつ死ぬかわからないし、生きている方が辛いって思える事がこれからあるかもしれないわ。でも……」

みーくん「生きていれば……」

くるみ「ああ。だから、死ぬなって。私たちにそう言っていた気がする。めぐねぇは」

りーさん「都合のいい解釈かもしれないけど、でも、そう思いたい。めぐねぇは本当にそんな先生だったから」

くるみ「ああ。本当にそんな先生だったから。めぐねぇは……」

みーくん「…………」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 22:05:28.85
くるみ「……さてと、それじゃそろそろ行くか。りーさん」

りーさん「そうね。めぐねぇのお墓にも挨拶しないといけないし」

みーくん「屋上の菜園ですか?」

くるみ「ああ。今日は多分、サツマイモが収穫できるから、焼き芋が食べれるぞ」

りーさん「残念な事に、またお代わりはないけどね」

くるみ「ゆきのやつが、がっかりするだろうな、きっと」

りーさん「そうね。ゆきちゃん、よく食べるし」

くるみ「おまけにずっと犬食いでな」

りーさん「ふふっ。そうね」

みーくん「……ゆき先輩も、もうちょっと味わって食べるべきだと思うんですけど」

くるみ「それは、ゆきだから、仕方がない」

りーさん「そうね。ゆきちゃんだものね」

みーくん「……本当にゆき先輩には甘いですね、二人とも」

くるみ「ゆきだからな」

みーくん「答えになってないですよ、それ」

りーさん「だって、ゆきちゃんですもの」

みーくん「ゆうり先輩まで……」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 22:07:11.76
くるみ「そう言うみーくんはどうするんだ? またゆきの様子、見に行くのか?」

みーくん「まあ……心配ですから」

りーさん「ふふふっ。ゆきちゃんに一番甘いのは、実はみきさんよね」

くるみ「だな」

みーくん「ち、違います! ゆき先輩があんな感じでゆるゆるしてるから、不安になるだけです」

くるみ「みーくんは、ゆきだけには過保護気味だからな」

りーさん「ゆきちゃんのお母さんみたいね、みきさんは」

みーくん「違うって言ってるじゃないですか! もう!」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 22:08:56.42
くるみ「じゃ、みーくん。ゆきの事、頼んだぞ」

りーさん「お願いね、みきさん」

ガラッ、スタスタ……


みーくん「本当に、二人とも、勝手な事ばかり言って……」

みーくん「第一、ゆき先輩は授業を受けてるんだから、私が面倒を見るなんて出来ないのに」

みーくん「そもそも、ゆき先輩は私より年上なんですよ。とてもそうは見えないけど……」

みーくん「まったくもう……」スクッ

ガラッ、スタスタ……












めぐねぇ「ふふ。相変わらずね、みんな」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 22:10:49.96


めぐねぇ「……あれから一人増えたけど、仲良しなのは変わらなくて」


めぐねぇ「全員、良い子ばかりで……」


めぐねぇ「こんな状況なのに、明るく振る舞えて……」


めぐねぇ「これからもそうやって、強く生きていってね、みんな……」



「私はずっと側にいるから……」


「ずっと、ずっと……いつまでも、あなたたちを見守ってるから」






46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 22:11:35.61
【エンディング イメージ曲】

いきものがかり あるいていこう 曲
http://m.youtube.com/watch?v=fQMWAhGVpKA
歌詞のみ
http://sp.uta-net.com/search/kashi.php?TID=121734
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/22(土) 23:29:18.90
おつ!めぐねぇ最後の最後で泣かせるなよ…

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

いいやつだった


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク