桐生一馬「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている様だな」【俺ガイルSS】

1 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 18:41:48.93
俺は相沢と戦ったあと意識を失った。だが確かに遥もそこにいた。
だが目を覚ますと、俺はガキの頃に戻っていて高校に転校する事になった。

小町「お兄ちゃんは相変わらず寡黙だね でもそれじゃ学校では友達何か出来ないからね?」

桐生「30も下のガキに説教される程、俺は子供じゃねぇよ」

小町「お兄ちゃんが30歳年下?冗談でしょ?確かに外見は40代だけど」

桐生「とにかく神室町に帰りたいんだ 小町とやらどうすれば神室町にいけるんだ?」

小町「お兄ちゃん 頭おかしくなったの?とりあえず行ってらっしゃい!友達家に連れてきてね」

桐生「全く人の話を聞かないやつだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435225298


注目記事




2 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 18:44:55.14
平塚「転校生の桐生一馬くんだ 皆、仲良くしてやってくれ ほら桐生!自己紹介を!」

桐生「東城会四代目の桐生一馬だ 今は福岡でタクシー運転手をしている。」

三浦「はぁ~このおっさん何言ってるの?あ~しこういうの結構受けちゃうんだけど」

桐生「おい俺は確かに40代後半だ。それに言葉遣い気をつけるんだな」

葉山「まぁまぁ二人共 よろしくね桐生くん」

桐生「あ、あぁ・・・」

結衣「でも結構渋くてかっこよくない!?」

三浦「結衣さ あーいうのタイプなの?」

平塚「見ての通り 桐生くんは冗談が大好きだ 」

桐生「冗談じゃなくて事実だと・・・」

3 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 18:48:31.64
放課後~職員室にて

平塚「何だねこの作文は!桐生、私が与えた課題は何だ?15歳の頃の自分についてだろう!」

俺は15歳の時には既に堂島組に入っていた。唯一無二の親友の錦と共にな。
最初は借金の取立てや用心棒の仕事ばかりだった。
当然、稼ぎも少ないから恥ずかしながら、喧嘩をしたあとカツアゲをした事もある。
以下略

桐生「ありのままに書いただけだろう それの何が悪いと言うんだ?」

平塚「それにその反抗的な態度、君は私の手には負えんな!付いてきた前!」

桐生「どこへいくつもりだ?」

平塚「いいから来たまえ!」

桐生「お、おい!」
4 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 18:53:55.74
~奉仕部~

雪ノ下「平塚先生!ノックを!」

平塚「すまんすまん」

雪ノ下「で、その見るからにカタギじゃなさそうな中年男性はどうしてここに?」

桐生「初対面の相手に失礼だろう・・・礼儀ってものがないのか・・・」

平塚「まぁまぁこれが彼女の良い所だ」

桐生「俺も子供達を育てていたがダメな事はきちんとダメと伝える教育をしていたぞ」

平塚「雪ノ下、見ての通り 桐生は社会は愚か、学校生活にも上手く過ごせそうにない だからお前に依頼だ 桐生を更生させてくれ」

桐生「更生?悪いが刑務所に10年間入って更生はもう済んだ それにこんなガキに更生される程、俺は子供じゃねぇ」

5 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 18:57:27.11
雪ノ下「いいでしょう 平塚先生の依頼なら無下には出来ないでしょう 引き受けましょう」

桐生「ちょっと待て 俺はまだ・・・」

平塚「では頼んだぞ!雪ノ下!」

ガラガラガラ

桐生「雪ノ下と言ったか、お前は一体ここで何をしているんだ?高校生が更生と言っていたが」

雪ノ下「いきなりお前とはどういう事かしら 失礼にも程があるわ 私はお前じゃないわ 雪ノ下雪乃よ」

桐生「桐生一馬だ 」

雪ノ下「あら自己紹介はきちんと出来るのね 見直したわ」

桐生「40過ぎで出来ない方がどうかと思うが・・・」
6 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:00:42.82
雪ノ下「何を訳の分からない事を言っているのかしら 脳を使わなすぎて退化しちゃったのかしら?」

桐生「こう見えてもタクシーの運転手をやっていた。客とは毎日の様に話していたんだぞ?」

雪ノ下「もう手遅れの様ね・・・」

桐生「本当に失礼なやつだなぁ!」

雪ノ下「話を戻すのだけれどあなたはここは何部だと思う?」

桐生「部活なのか・・・ここは・・・」

雪ノ下「私ではなく精神科医の方が良いかしら」

桐生「う~ん 演劇部とやらか?」

雪ノ下「はずれ」
7 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:04:09.10
桐生一馬(多分、中卒の俺にはこういった知識はないだろう ここは敢えて受けを狙い親睦を深めるか・・・)

雪ノ下「で?わかったのかしら?」

桐生一馬「ここはSMクラ部か?その何というか 部活にしては特殊なものはないし、それと言い さっきのお前からのドS発言の連発・・・そうとしか
考えられんな」
8 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:06:34.78
雪ノ下「フフフフフ」

桐生(どうやら受けたみたいだな・・・)

雪ノ下「ごめんなさい 今のはあまりにもつまらなかったから哀れみの意味での笑いよ 勘違いはしないでちょうだい!」

桐生「素直じゃないな お前は」

雪ノ下「正解を教えて欲しいのかしら?」

桐生「あぁ教えてもらえると助かる 俺も強引にここで活動する事になったんだ ならば知っておかないとな」

9 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:10:24.72
雪ノ下「ここは奉仕部よ 困っている人間を助ける 人はボランティアとも呼ぶわ」

桐生「俺もボランティアの経験ならあるぞ 育った孤児院でみんなでゴミ拾いとかをしたぞ」

雪ノ下「貴方養護施設で育ったの?」

桐生「あぁそうだ」

雪ノ下「平塚先生の話によると妹さんがいるらしいのだけれど」

桐生「小町ってやつの事か?この世界ではどうやら俺はごく普通の家庭に育ったみたいだな」

雪ノ下「桐生くん 冗談でも孤児院のネタとかは笑えないわよ?」

桐生(色々詮索されても面倒の様だな)「すまない」

雪ノ下「桐生くん、歓迎するわ 貴方の問題を矯正してあげる!」
10 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:16:44.01
桐生「なぁひとつ聞いてもいいか?」

雪ノ下「何かしら?」

桐生「この部活は俺たちだけなのか?最近だと友達同士で入ったりするのが普通じゃないのか?」

雪ノ下「まず友達を具体的に定義して貰えるかしら?」

桐生「まぁ上辺だけでも一緒に飲めば友達と言えるだろうな だが本当の友達ってのは同じ修羅場を潜り抜けてこそ出来るものなのではないか?」

雪ノ下「驚いたわ 貴方には友達がいるというのね」

桐生「まぁ友達と言っていいのか分からんが 大吾と真島の兄さん ユウヤと一輝 それに伊達さん・・・あとは・・・」

雪ノ下「もういいわ 貴方にはたくさん上辺だけのお友達がいるということね あなたのいう本当の友達ってのはいないんじゃないかしら?」

桐生「大吾や真島の兄さんは戦友の様なものだな 錦はもうこの世にはいねぇしな・・・」

雪ノ下「ごめんなさい 気に障ったかしら?」

桐生「フッ 気にするな 性格の割には可愛いところあるじゃないか」

雪ノ下「ぶ、部活中に口説くのはやめて欲しいのだけれど!」

11 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:21:37.18
平塚「どうだね 雪ノ下、桐生の奴は?」

雪ノ下「確かに性格に難はありますが平塚先生の表現は過剰だったのではないでしょうか?」

平塚「君の事だ 批判ばかりかと思ったがそうではないんだな」

桐生「おい俺は何と言われてたんだ・・・」

雪ノ下「知らない方がいいわ 夜髪の毛が抜けると思うから」

桐生「お、おい!俺はハゲてないぞ!」

雪ノ下「フフフ 夜鏡を見てみるといいわ」

平塚「雪ノ下 桐生はピュアな一面もある あんまりからかうな」

雪ノ下「すみません」

桐生「ったく」

12 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:26:52.65
平塚「なぁ雪ノ下 賭けをしないか?」

雪ノ下「高校生はギャンブルをしてはいけないのですけど」

平塚「そうじゃない 勝負だ」

桐生「俺を甘く見るな こう見えてもパチンコと麻雀 将棋 博打だって出来るんだぜ?」

平塚「桐生、その年でワルに憧れるのはわかるが非現実的過ぎてかっこ悪いぞ?」

桐生「まぁいいさ 俺と勝負するのが怖いんだな?雪ノ下は?」

雪ノ下「いいでしょう その安い挑発に乗るのは気乗りしませんが受けて立ちましょう」

平塚「ルールは簡単だ 奉仕部で今後先、どれだけ人を多く救えるかで勝負をする。勝った方は負けた奴に何でも命令を出来る これだけだ」

桐生「なるほどな 面白そうじゃねぇか」

雪ノ下「フフフ 調子に乗っていられるのは今のうちだけよ」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 19:30:03.09
このクロス自体が間違ってるような
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 19:33:07.70
すごく面白いんだが
15 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:33:15.26
1時間後

桐生「なるほどつまりお前はクッキーの焼き方を教えて欲しいという事だな?」

由比ヶ浜「っていうか私は結衣!キッシー 女の子に向かってお前とか有り得ない!」

桐生「そのキッシーってのは何だ?」

由比ヶ浜「桐生くんのあだ名だよ!普通気づけし!」

桐生「何か違和感があるな・・その呼び名」

17 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:37:05.71
雪ノ下「ではまず由比ヶ浜さん?作ってみて頂戴 その後的確なアドバイスをするわ」

由比ヶ浜「頑張るね!」

30分後

雪ノ下「これは何かしら・・・?」

由比ヶ浜「何ってクッキーに決まってるじゃん!クッキー作ったんだし!キッシーも何か言ってよ!ってか素直にね!」

桐生「これはその、あの地獄絵図か?ひとつの作品としては上手いな 敢えて地面だけを表現する当たり 冴島が見たら喜ぶぞ」

由比ヶ浜「キッシー酷い!よくそんな言葉思いつくね!最低!キモイ!」

桐生「お前が素直に・・・と言ったんだろう?」

雪ノ下「でも限度ってものがあるわ それにあなたのその発想、古風過ぎるわ」
18 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:39:59.33
雪ノ下「由比ヶ浜さん 私のやる通りに作って頂戴!」

由比ヶ浜「私頑張る!」

30分後

雪ノ下「どう教えればいいのかしら・・・」

桐生「ん~今度は若干地面の色が薄くなって中途半端だな きちんと統一性を持たせるんだな」

由比ヶ浜「それアドバイスになってないし!」
19 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:44:35.12
由比ヶ浜「私やっぱり才能がないのかな・・・こういうの向いてないのかも・・・それに今はこういうのあんまりやらないみたいだし」

雪ノ下「由比ヶ浜さん 努力をしない人間が才能のある人間を恨む資格などないのよ?貴方はお料理する上で努力はしたのかしら?それにそうやって周りに合わせるの不愉快だわ」

桐生「由比ヶ浜 人間、1回で出来なかったから不向きなんて決め付けるもんじゃねぇぞ 1回でハイハイできなかっただけで不向きなら人間不向きって事だろう?」

由比ヶ浜「か、かっこいい」

桐生「それにな雪ノ下のいう通り 努力もしないで才能をないなんていうのは間違っているぞ 努力して見える才能だってあるんだ」

雪ノ下「貴方にしてはまともなこと言うわね」

桐生(こうは言ったものの根本が解決していないな・・・ん?待てよ!あの手が!)

20 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:49:44.55
桐生「お前ら30分後にここに来てくれ!俺が教えてやるぜ!道理をな!」

雪ノ下「随分威勢が良いのね 異性からはモテないのに」

桐生「お、俺は童貞じゃないぞ!」

由比ヶ浜「キッシーキモイ!そういう事女子の前で言うな!」

雪ノ下「負け犬の遠吠えね」

桐生「そういうお前らはどうなんだ?」

由比ヶ浜「わ、私はまだ処女だし!」

雪ノ下「大体ね 責任が取れない年齢でそういう行為をするのがおかしいのよ バージンで悪いかしら?」

桐生「由比ヶ浜・・・?と言ったか 以外だな お前みたいなタイプ、ヘルス嬢に結構いるから経験してるものだと思っていた」

由比ヶ浜「キッシー!キモイ!」

雪ノ下「どうやら実は変態の様ね それに素人童貞になるタイプだわ この男」

桐生(雪ノ下は何で分かったんだ!俺が18の誕生日に錦に連れられてヘルスに行って童貞を卒業した事を)

21 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 19:55:38.70
30分後

雪ノ下「ではあなたの考えを聞かせてもらいましょうか」

桐生「俺も多少料理をするからそれなりに知識はある。答えは簡単だ このチョコを溶かして 市販のパンをカットする」

由比ヶ浜「す、凄い」

桐生「溶ければチョコのソースになる だから形は関係ない それにお前が作った事には違いないだろう?」

雪ノ下「その発想はなかったわ」

桐生「だがな由比ヶ浜 このチョコをパンにつけて渡すとしたら それはお前の考えではない このチョコソースをどう活かすかはお前で考えろ」

雪ノ下「驚いたわ 桐生くん そうよ奉仕部は飢えてる魚に餌を与えるんじゃなくて餌の取り方を教えるのが目的よ だから私たちが出来るのはここまでだわ」

由比ヶ浜「キッシー!ゆきのん!本当にありがとうね!」

雪乃「ゆ、ゆきのん?」

由比ヶ浜「ゆきのんはゆきのんだよ~」ダキッ

雪乃「ちょっと抱きつかないで貰えるかしら」

由比ヶ浜「ゆきのんは私のこと嫌い?」

雪乃「ごめんなさい、ちょっと苦手だわ!」

由比ヶ浜「それ同じ意味だし!酷い!」

桐生「やれやれ」
22 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 20:03:08.09
帰り道

桐生(高校生活とはこういうものなのか・・・疲れるが悪い気はしないな)
プルル プルル

桐生「電話か、もしもし誰だ?」

???「桐生一馬か 学生生活を満喫している様だな」

桐生「誰だと言っているんだ」

???「名はいずれ名乗ろう ひとつ大切なことを伝えておこう」

桐生「何だ?」

???「お前はこの世界である一定数、お前自身が否定されれば元の世界でもお前の存在は消滅することになる」

桐生「つまり、どういう事だ?」

???「この世界ではこの世界の人間になりきれ そうすればいずれ元の世界へ帰れる」

桐生「つまりここでは高校生になりきれという事だな?」

???「伝説の極道は理解が早くて助かるよ 検討を祈る」

ツーツー ツーツー

桐生「まったく一体なんだってんだ・・・だが俺はこの世界では高校生になるしかない様だな!仕方がない覚悟を決めるか・・・」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 20:05:01.11
ん?
なに?
なんだと?
29 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:01:48.23
桐生「俺のこの世界での設定表か・・・」

桐生一馬(15)昔気質で頑固な性格で義理人情に暑い高校一年生、家庭環境はごく普通で家族構成は両親と妹

桐生(つまり俺はこの設定に基づいて過ごせばいいというわけだな。)
31 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:05:43.26
小町「お兄ちゃん!おはよう!ご飯出来てるよ!」

桐生「お前が作ってくれたのか 母親は作らないのか?」

小町「お兄ちゃん何言ってるの?いつも小町が作ってるでしょ?」

桐生「すまん 昨日色々あって疲れていた様だ」

小町「お兄ちゃん友達はできたの?」

桐生「友達というか部活に入ったな」

小町「え?お兄ちゃんが部活!?今まで俺は青春ってのは柄じゃねぇとか言ってやらなかったのに!それで何部?」

桐生「奉仕部と言ってボランティア部みたいなものだ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 21:06:15.38
待ってたでー桐生ちゃん
33 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:09:54.32
小町「そっかお兄ちゃんも部活やるんだ!じゃあがんばってね!」

桐生「あぁ それじゃあ行ってくる」

小町「いってらっしゃい!」

小町(お兄ちゃん、昔から友達はいない癖に学校に行くのは早いんだよなぁ 早く行って困るとかは無いとかで・・・)

35 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:14:18.66
由比ヶ浜「キッシー!やっはろー!」

桐生「由比ヶ浜か おはよう」

由比ヶ浜「ねぇキッシー!昨日はありがとうね!」

桐生「気にするな部活としての活動を行っただけだ」

雪ノ下「あらカタギじゃない人と由比ヶ浜さんじゃない おはよう」

桐生「ったく折角いい顔してるのに口は悪いんだな お前は」

雪ノ下「ナンパなら慣れているわ 申し訳ないけど相手にしてないわ」

由比ヶ浜「ねぇゆきのん!今日一緒にお昼食べようよ!あっ!キッシーも一緒にどう?」

桐生「すまない 由比ヶ浜 弁当はゆっくり食べたいんだ」

由比ヶ浜「釣れないなぁ!」

雪ノ下「察してあげなさい 今まで一人だったからそういういい訳しか出来ないのよ」

36 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:18:02.79
桐生「おい俺は中学の時 由美が作ってくれた弁当を錦と一緒に屋上で食べたりしたぞ!」

由比ヶ浜「由美ちゃんって誰?もしかして妹さん?」

桐生「いや家族に近いんだが 何というか・・・」

由比ヶ浜「家族ではないんだ!」

雪ノ下「由比ヶ浜さん この男の妄想に付き合うのは終わりにしましょう 授業が始まるわよ」

37 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:23:35.75
~昼休み~

三浦「ってかさ 弁当はあーしらで食べるのがルールじゃん?それを破るわけ?」

結衣「ごめんね優美子 別にそういう訳じゃないんだけど 今日はちょっとその別の人と・・・」

三浦「つーか結衣 最近付き合い悪くない?」

結衣「ごめんね優美子 部活とかも始めたからさ・・・」

三浦「だから何よ?あーしハッキリ言ってくれないとイライラしちゃう」

結衣「その優美子とも今まで通り仲良くするけどさ・・・部活もその少しは優先したいかなぁなんて・・・」

三浦「ふーん なら部活は放課後だから昼はいいじゃん」

結衣「いやでも今日は約束しちゃったし・・・」

三浦「あぁ本当にイライラする!結衣のためを思って言うけどそういうハッキリしないの止めたほうがいいよ?」

結衣「ごめん・・・」

三浦「ごめんじゃなくてハッキリ言えって言ってるの あーしは」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 21:28:36.74
なんだこのクロスは...(驚愕
39 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:29:36.30
桐生「ったくこの教室は静かにメシも食えねぇのか・・・」

三浦「はぁ?何か言った?」

桐生「三浦って言ったか?お前 お前が話すのは自由だがもう少し小さい声で話せ それじゃ怒鳴ってるのと同じだ」

三浦「アンタ、何偉そうに言ってるの?転校生の分際でさ」

桐生「じゃあお前は由比ヶ浜のクラスメイト程度で何を偉そうに言ってるんだ?」

結衣「キッシー・・・」

三浦「はぁ?結衣と私は友達だし!アンタ何偉そうに言ってるの?」

桐生「ほぉ、お前のいう友達とやらはそういう言い方で話すんだな」

三浦「はぁ~?今時これぐらい普通だし アンタさ~本当むかつくんだけど」

桐生「フッ 由比ヶ浜は泣きそうになってるんだぞ?それにイライラするのはこっちだ そんなデカイ声で喋られるとな」

葉山「まぁまぁ二人ともその辺で!」

三浦「本当むかつく!行こう隼人!」

雪ノ下「遅くなってごめんなさい 由比ヶ浜さん」

結衣「キッシー ありがとうね!ゆきのん今行くよ~!」
40 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:38:41.70
~奉仕部~

材木座「ここが生徒の願いを叶えるという奉仕部だな?」

雪ノ下「厳密に言えば願いを叶える手助けをする部活よ」

材木座「よかろう!ならば我の願いを聞きたまえ!」

桐生「でお前の願いってのは何だ?」

材木座「実は我は今からライトノベルを書こうと思うんだが良い舞台設定が浮かばぬのだ!」

桐生「ライトノーヘル?何だそれは・・・」

雪ノ下「あらラノベを知らないとは以外ね 時代遅れね」

由比ヶ浜「簡単に言えば最近流行の小説みたいなものだよ!」

1時間後

材木座「では一人ずつ聞こうではないか!まずは結衣殿から!」

結衣「私は恋愛ものがいいと思う!でもありきたりな恋愛物じゃつまらないからこう何か斬新で泣けるやつ!」

雪ノ下「由比ヶ浜さん それだけじゃアドバイスにはならないわ」

結衣「そういうゆきのんは何かあるの?」

雪ノ下「えぇ勿論」
41 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:44:16.04
雪ノ下「私が考えたのは寿司職人が実は凄腕の探偵という設定よ」

桐生「お前その年齢で渋いな 確かに想像がつくな 普段は客思いの寿司職人が実は凄腕の探偵・・・か」

材木座「だがそれでは推理小説になってしまうではないか!次に桐生よ!言ってみるが良い!」

桐生「元極道と目の見えない女の恋愛劇だ!テーマは無償の愛だ!」

雪ノ下「昭和の映画にありそうね」

桐生「驚くのはまだ早い!この主人公の元極道は片目なんだ!」

由比ヶ浜「どういうこと?」

30分後

桐生「というわけだ」

雪ノ下「桐生くんの知り合いの話かしら?」

由比ヶ浜「何かちょっと怖い!」

材木座「天啓が来たぞ!」
42 : ◆Er.887q/N. :2015/06/25(木) 21:46:48.59
材木座「お主らのおかげで非常に助かった!作品が出来たらもってこようではないか!」

由比ヶ浜「人の発想を真似するだけじゃん・・・」

雪ノ下「仕方がないことよ彼にそれだけの能力がないのだから」

材木座「ではサラバだ!」

桐生「やれやれ 真島の兄さんが知ったら怒りそうだな・・・」

47 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:14:08.61
小町「お兄ちゃん!おはよう!朝だよ!」

桐生「遥・・・俺は疲れているんだもう少し あと5分だけ寝かせてくれ~」

小町「遥って誰?もしかして彼女出来たの!?」

桐生「うっうう・・・あぁ小町かすまない おはよう」

小町「お兄ちゃん!遥さんって誰?もしかして本当に彼女?」

桐生「すまない何か変な寝言を言っていた様だな」

小町「お兄ちゃん!最近学校充実してるみたいで何よりです!」

48 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:18:48.22
~体育~

桐生「すまない 俺はテニスを早々やった事がない だから一人で練習してもいいか?迷惑をかけると悪いしな」

教師「あぁいいだろう だがその言葉遣いはどうにかしろ!」

桐生「すまない!」

桐生「せいやっ!さっ!う~らぁ!」

戸部「ってか桐島くんマジやばくね!?壁打ちで壁に穴開けたぜ!?テニプリとかに出れそうだわ!」

桐生「なるほどな テニスってのは 力強さで相手を仕留めるものか・・・」

桐生「ん?イテテ・・・」

戸塚「珠ぶつけちゃってごめんね~大丈夫だった桐生くん?」

桐生「あぁ気にするな だが当たったのが俺で良かったな」
(それにしても何で女子が男と一緒に授業を・・・?)

戸塚「桐生くんは優しいんだね」

桐生「そんな事はないさ」

49 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:23:24.83
~昼休み~

由比ヶ浜「あっ!キッシー!何でタバコ吸ってるの!未成年はダメでしょ!」

桐生「だから俺はガキじゃ・・ すまない今度から家で吸うようにする」
(イカン流石に高校生が学校でタバコを吸ったらまずないな)

由比ヶ浜「そういう問題じゃないでしょ!20歳になるまで吸っちゃダメ!」

桐生「お前は吸ったことないのか?」

由比ヶ浜「あるわけないでしょ!大体私は元気な子供を産みたいから・・・その・・・何ていうか」

桐生「心配すんな お前みたいな騒がしい奴から物静かな子供が産まれるってのはありえねぇよ。」

由比ヶ浜「嬉しいけどちょっと失礼じゃない!」

桐生「で、お前はこんな所で何をしてるんだ?お前も実は吸いに来たんじゃないのか?」

由比ヶ浜「違うよ 私はゆきのんとおもちゃの火薬ピストルでロシアンルーレットゲームをして負けたから飲み物を買いに来たの!」
50 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:35:00.01
桐生「最近の女子とやらはそんな遊びをするのか・・・アサガオの子供たちが心配だな」

由比ヶ浜「ゆきのん最初は、由比ヶ浜さん こういったものに好奇心を抱くのは危険な傾向にあるわ!って言ってたけど負けるの怖いんだ?って言ったら乗ってきてさ~」

桐生「あいつらしいな」

由比ヶ浜「でもロシアンルーレットがあんなに楽しいとは思わなかったなぁ~」

桐生「確かに危険な傾向にあるかもしれないな・・・」

戸塚「あれ、由比ヶ浜さん!それに桐生くん!」

由比ヶ浜「彩ちゃん!やっはろー」

桐生「そういえば由比ヶ浜 こいつは女子なのに何故男子の体育に混ざっているんだ?」

戸塚「あのさ・・・僕男の子なんだけど・・・!」

桐生「なんだと・・・・!?」
51 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:38:31.34
桐生(遥にも優らずとも劣らずの美少女の様な顔立ちをしているこいつが男だと・・・!?)

由比ヶ浜「キッシー 男の友達も女の友達もいないもんね 知らなくても無理ないね!」

桐生「おいおい わざわざ 男と女に分ける必要はないだろう・・・」

キンコーン カーンコーン

戸塚「じゃあ僕はそろそろ時間だから行くね!またね由比ヶ浜さん!桐生くん!」

由比ヶ浜「またあとでね!」

桐生「お、おう!」
52 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:41:36.08
~奉仕部~

雪ノ下「依頼がないからと言って部活中に筋トレするのはやめてもらえるかしら?」

桐生「お前だって本を読んでるだろう?」

雪ノ下「ここは運動部ではないのよ?あくまでも奉仕部よ?」

桐生「じゃあここは読書部でもないな」

雪ノ下「何というか私は女子なのよ そ、それに」

桐生「何だ?」

雪ノ下「そ、そのスカートを履いているのだけれど だから腹筋はやめてほしいのだけれど//」

桐生「気にするな 俺もそこまで飢えちゃいないさ」

雪ノ下「そ、そうならいいだのけれど」
53 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:47:13.61
結衣「やっはろー!」

雪乃「こんにちは、由比ヶ浜さん」

結衣「今日はね!依頼人を連れてきたよ!」

雪乃「あの、由比ヶ浜さん何故?」

結衣「いやぁ私も一応部員じゃんだから当然の事をしただけだよ!だからお礼とかは・・・」

雪乃「貴方は部員ではないわ 入部届けも平塚先生の許可も貰ってないわ」

結衣「え!?そうなの!?」

桐生「それにな由比ヶ浜 組織に入るというのは簡単なものではない 遊び半分なら怪我するだけだ。それに下手打てば死ぬことだってある。
お前には家族だっている・・・だからよく考えるんだ・・・」

結衣「えっ!?そんな大変なの!この部活?」

雪乃「確かに楽ではないのだけれど この男は北野映画に憧れてこういうセリフを言っているだけだから気にしなくていいわ」

桐生「ヤクザ映画と言えば深作監督だろう!」
54 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 07:57:39.93
結衣「何かついていけない!」

戸塚「仲良いんだね・・・」

結衣「うん、だから中々入り込めない・・・」

15分後

桐生「なるほど お前の依頼は簡単に言えばテニス部を強くするために自分が強くなりたいと」

戸塚「そういう事 でも僕中々上手くなれなくてさ・・・」

結衣「一緒に頑張ろうよ!」

桐生「で、雪ノ下 お前はどうするんだ?」

雪ノ下「決まってるじゃない。死ぬまで走らせて、死ぬまで壁打ちさせるわ」

2時間後

戸塚「はぁはぁ・・・僕、もう無理かも・・・」

結衣「ちょっとゆきのん!どこ行くの?」

雪乃「由比ヶ浜さん あとは頼んだわよ」

戸塚「あまりにも下手だから見捨てられちゃったかな?」
55 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 08:04:00.99
結衣「そんなことないと思うよ!ゆきのんああみえてもすごく優しいし!」

三浦「隼人!あ~しテニスやりたい」

葉山「やぁ桐島くんに結衣じゃないか 楽しそうだな」

桐生(桐島・・・誰の事だ?)

三浦「あ~しらも混ぜてくんない?」

戸塚「僕は遊んでるんじゃないんだよ~練習してるんだよ~」

三浦「隼人あ~しはやくやりた~い」

結衣「でも今は彩ちゃんが借りてるし・・・」

葉山「でもみんなでやった方がいい練習になるだろ?」

56 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 08:06:47.43
桐生「人の縄張りに土足で足を踏み入れて お前らいつからそんなに偉くなったんだ?」

三浦「は~それならアンタだって関係ないじゃん~」

桐生「俺は戸塚の依頼を受けて手伝っているんだ 無関係って事はない」

葉山「まぁまぁ二人共」

桐生「悪いがこっちは遊びじゃねぇんだ それでも冷やかすってなら黙っちゃいねぇぜ?」

葉山「じゃあこうしないか?俺と桐島くんがテニスをして買ったほうがこのテニスコートを使える」

三浦「あ~しもテニスやりた~い いっそのこと男子混合にしよう~よ隼人~」

57 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 08:10:43.63
桐生「望む所だ ぬるま湯育ちのお前らに礼儀ってもんを教えてやるぜ!」

葉山「言ってくれるな それに随分な自信だ」

結衣「キッシー!私も頑張る!」

結衣「結衣それってあーしと戦うって事?」

桐生「お前本当にいいのか?」

結衣「うん!」

ゲームスタート!

桐生「せいっやっ!さ~!」

葉山「力強い一撃だな!だがこのぐらいどうって事はないさ・・・!」

桐生「フッ お前も中々やる様だな!だが俺は焦れったいのは好きじゃない 次で決めさせて貰うぜ!」わああああああああああ!

テニスの極み

三浦「隼人!大丈夫!?しっかりして」

葉山「すまない・・・痛くて動けそうにない・・・」

三浦「ちょっとこれ反則でしょ!」


58 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 08:15:05.82
雪乃「何かしら?由比ヶ浜さん」

結衣「いやぁキッシー いつの間にキッシー一人で戦ってたけど限界みたいだから呼んじゃった!」

三浦「あんさ ここからは雪ノ下さんと私の一対一で戦わない?男子はどっちも無理そうだし」

結衣「優美子は中学時代、県選抜に選ばれてるから気をつけてね!」

雪乃「いいでしょう 私のともだ・・・ 部員の頼みなら無下には出来ないわ!」

三浦「あ~しアンタみたいなタイプマジで嫌い 痛い目にあわせてやるわ!」

雪乃「奇遇ね 私も貴方みたいなタイプは嫌いだわ」

20分後

戸塚「どっちも同じくらい強いね!決着はつかなさそう」

雪乃「言い忘れたいたのだけれど私体力に自信がないわ・・・」

三浦「そういう事 弱点分かっちゃった」

桐生「雪ノ下、俺も出るぜ」
59 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 08:20:38.82
雪ノ下「引っ込んでいて貰えるかしら?これは私の勝負よ」

桐生「そうはいかない あっちの男はもう回復した様だ」

葉山「さてここからが本番の様だね!」

桐生「[ピーーー]つもりでかかってこい!」

葉山「さぁ行くよ!せいっ!」

桐生「雪ノ下!」

雪ノ下「舐めないで貰えるかしら 三浦さんの考える事なんて分かるわ あの人も所詮は女だからね」

桐生(これが青春というものなのか、何故か負けられない気がしてきたな!)

葉山「さぁ!これで終わりだ!」

桐生「わああああああああああ!」

超テニスの極み

葉山「優美子!危ない!」ドーン!

三浦「隼人!」

戸部「いやぁマジで隼人くんヒーローだわぁ」

葉山「いたた・・・こりゃしばらくは湿布が必要だな それに君は容赦がないな」

桐生「ガキ相手だ 力加減はしたつもりだ。さぁ俺たちの勝ちだ おとなしく引くんだな」
60 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 08:23:41.34
~奉仕部前~

戸塚「本当にありがとうね!桐生くん!」

桐生「気にするな お前はもう戻っていいぞ 」

戸塚「また明日!」

桐生「あぁ」

ガラガラガラ

結衣「へ、変態!キッシーマジキモイ!死んじゃえ!」

雪ノ下「け、警察呼ぶわよ!害悪のぞき男!」

桐生「やれやれ・・・青春ってのは大変なんだな・・・」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/26(金) 19:30:15.55
桐生「もうこんな時間か・・・そろそろ家に戻って学校に行く準備をするか・・・ん?」

???「桐生さん!どうしてここに!?」

桐生「大吾!?」

大吾「桐生さんこそどうしてここへ?」

桐生「気づいたらここへ来て学生になっていた だがこの世界で学生として過ごせばいずれは戻れるらしいが・・・」

大吾「その話本当ですか?実は俺も気づいたらこの世界に・・・」

桐生「そうか だが心強いな 知り合いがいると」

大吾「実は俺も学生として総武高校という高校に入学する事になったんです」

桐生「何だって?お前まで・・・」

65 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 19:49:19.78
大吾「俺が元の世界に戻れる方法はある人物を一定期間監視をして何かを阻止する事らしいです」

桐生「それで監視対象は誰何だ?」

大吾「雪ノ下陽乃という人物です ちなみにこの情報はこっちの世界に来た人間以外に知られるとその時点でアウトらしいです」

桐生「雪ノ下だと・・・?その話、本当か?」

大吾「はい、これからボディーガードとして雪ノ下家に潜入する所です」

桐生「この世界で知り合ったやつに雪ノ下って女がいる 名前からしてお前のいう雪ノ下も女みたいだな」

大吾「そうなんですか!?監視対象について何か知ってる事はありませんか?」

桐生「すまん・・・だが雪ノ下にその名前について詳しく聞いてみるさ お前の力になれるかもしれないからな」

大吾「桐生さんありがとうございます では俺はこれから仕事に取り掛かります たぶん同じクラスなのでまた後ほど」
66 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 19:58:18.69
HR(ホームルーム)にて

平塚「またまた転校生の紹介だ 堂島大吾くんだ さぁ堂島自己紹介を」

大吾「堂島大吾です 皆さんと一日も早く打ち解けられる様に努力します」

桐生(そうか、大吾は自分の立場上礼儀作法は知り尽くしているんだなこれなら好印象だろう)

女子「堂島くんって男前でイケメンじゃない!?LINE交換したーい!」

女子2「私も!」

大吾「じゃあ昼休みに交換しよう」

女子たち「やったー!」

桐生「ったく最近のやつ等は外見しか見ていないのか」

結衣「それ負け惜しみ!?」

桐生「うるせぇ」

結衣「もしかして堂島くんに嫉妬してるの?キッシー!」

桐生「馬鹿言え、大吾は俺の・・・」

結衣「え、キッシー堂島くんのこと知ってるの!?」  

桐生「いや・・・」(詮索されると面倒だが墓穴を掘ってしまった)



68 : ◆Er.887q/N. :2015/06/26(金) 20:06:21.63
大吾「君は桐生くんか!?久しぶりじゃないか!小学校以来か?」

結衣「やっぱり知り合いなんじゃん!」

大吾「桐生くんと僕は小学5、6年生の時に同じクラスだったんだ!桐生くん覚えてるかい?一緒にボーリングに行ったのを!」

桐生「あ、あぁ勿論覚えてるさ!」(大吾の機転に助けられたな)

結衣「じゃあさ!堂島くんも奉仕部に入ったらどうかな!?」

桐生「それは駄目だ!」

結衣「えぇ!?どうして?」

桐生「こいつはボランティアをするんじゃなくてボランティアを増やすやつなんだ昔からな、ポイ捨てとかコーヒーの缶をそのへんに捨てたりな」

結衣「えぇ!堂島くんそんなことするの?」

大吾「それは桐生くんの方じゃないか!君だって若い頃 セレブの車に石ぶつけて 影から反応見たりしてたじゃないか!」

桐生「む、昔の話だろう!」

結衣「キッシー最低!悪魔!」
70 : ◆Er.887q/N. :2015/06/27(土) 16:17:30.56
~奉仕部~

桐生「なぁ雪ノ下、ひとつ聞きたい事があるんだがいいか?」

雪ノ下「何かしら?あまりにも卑猥な質問だったら警察を呼ぶわよ」

桐生「ったくお前は何でいつもそうなんだ」

雪ノ下「早く言いなさい」

桐生「雪ノ下はるの?という奴を知らないか?」

雪ノ下「!!!」

桐生「どうした?」

雪ノ下「その人がどうしたというの?」

桐生「別に深い意味がない 3年の奴らがその名前を口にしていたからお前に聞いてみただけだ」

雪ノ下「そう 陽乃は私の姉よ」

桐生「そうなのか・・・」
71 : ◆Er.887q/N. :2015/06/27(土) 16:20:27.86
雪ノ下「それで姉さんが何?」

桐生「ちなみにどんな性格をしているんだ?お前と同様、キツいのか?」

雪ノ下「姉さんは明るくて友人も多いわ それに完璧だし」

桐生「なるほどな お前とはそんなに似ていない様だな」

雪ノ下「えぇそうかもしれないわね この話はあんまりしたくないのだけれど」

桐生「すまないな嫌な事を聞いてしまって」

雪ノ下「貴方気を使う事が出来るのね?驚いたわ」

桐生「一体俺を何だと思ってるんだ」
72 : ◆Er.887q/N. :2015/06/27(土) 16:22:52.86
桐生「そういえば今日は由比ヶ浜はこないのか?」

雪ノ下「友達と約束があるそうよ」

桐生「そうか」

雪ノ下「今日は依頼がもうこさそうね この辺にしておきましょう」

桐生「そうだな」

73 : ◆Er.887q/N. :2015/06/27(土) 16:27:03.45
~ワック~

桐生「すまない ブラックコーヒーをひとつくれないか」

店員「かしこまりましたー」

由比ヶ浜「あれ?キッシーなんでここにいるの?」

雪ノ下「あら貴方も勉強会をするつもりなのかしら?流石に二人を教えるのは無理だわ」

桐生「コーヒーを飲みに来ただけだ 別にお前らとどうこうしようってわけじゃない」

小町「あれ?お兄ちゃん!何でここにいるの?小町ビックリ!」


77 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:21:05.18

大志「桐生さんのお兄さん?」

桐生「お、お兄さんだと!?」

大志「お兄さんイケメンなんですね!」

桐生「おい待てお前にお兄さんと言われる謂れはない やめてもらえないか?」

雪ノ下「気持ち悪いわね シス生くん」

桐生「どういう意味だ?」

雪ノ下「あらごめんなさい 時代遅れな貴方には通じないわねこういったネタは」
78 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:24:52.72
20分後

小町「良かったね!お兄ちゃん!美人なお友達が二人も出来て!」

桐生「まぁ確かにこいつらは容姿は優れているな 由比ヶ浜は外見の通りだが 雪ノ下の外見には騙されるな」

雪ノ下「貴方に褒められても嬉しくなどないわ それに何よその表現は?容姿は優れている?高校生らしい表現は出来ないのかしら?」

由比ヶ浜「ゆきのんも素直に喜ぼうよ!」

小町「こんなお兄ちゃんですが末永くよろしくお願いしますね!」

桐生「お、おい!気が早いぞ!」

小町「そういえば大志くんのお姉さん 総武高の二年生だったよね?」

大志「うん」
79 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:27:55.76
桐生「なるほど つまりお前は帰りの遅くなった姉が心配ということだな?」

大志「はい」

桐生「まぁ心配する気持ちも分からなくは無い 雪ノ下、俺はこの依頼を引き受けてもいいと思うぞ」

雪ノ下「そうね貴方のお姉さんの川崎さんはうちの生徒よ 活動の範疇ね」

桐生「大志と言ったな、詳しい話を聞かせてくれないか?」

80 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:30:50.15
桐生「で、どうするつもりなんだ?」

由比ヶ浜「やっぱり人の気持ちを変えるのは恋だと思う!私は!!!」

桐生「恋か・・・」

雪ノ下「どうやら桐生くんはヤクザと間違われいつも警察を呼ばれまともな恋をした事がない様ね」

桐生「職質は数えられんが補導はそこまではなかったぞ」

由比ヶ浜「そんなに悪い事してたの!?」

葉山「で俺に何の用かな?」

由比ヶ浜「適任者を呼んじゃった!」
81 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:33:16.11
葉山「川崎さん 何か疲れてるみたいだね 俺で良ければ話を聞こうか?」飛び切りスマイル

川崎「あっそういうのいいんで」

桐生「フッ 葉山は女心をまったく理解してない様だな 次は俺の番だな」

雪ノ下「貴方は女心以前に常識を理解してないと思うのだけれど」

桐生「こう見えても人生経験は豊富なつもりなんだがな・・・」

82 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:35:13.12
桐生「よう!川崎 お前最近色々と切羽詰ってるみたいだな どうだ?近くの店で一杯やらないか?互いに心情を語らないか?」

川崎「おっさん誰っすか?」

桐生「・・・」

雪ノ下「いつの時代のナンパかしらね」

桐生「う、うるせぇ!」

83 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:37:59.18
雪ノ下「何かしら?そのグレーなスーツは趣味が悪いほどにも程があるわ」

桐生「これが俺の一張羅なんだ それにお前は何でそんな高いドレスを持ってるんだ?子供が着るもんじゃないだろう」

雪ノ下「それは貴方の価値観だと思うのだけれど それより行くわよ 多分こういった高級店はヤクザはお断りだから気をつけるのよ」

桐生「もうヤクザは辞めたんだがな・・・」

由比ヶ浜「本当に川崎さんはここにいるのかな?」

桐生「行ってみないことには始まらないだろう 行くぞ」


84 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:40:15.53
桐生「よう川崎!お前はここで働いていたんだな しかしこんな高級店、お前がバイトする所じゃないだろう」

川崎「当店は暴力団関係者のご入場はお断りしております。」

由比ヶ浜「川崎さん!やっはろー!」

川崎「由比ヶ浜、雪ノ下 このヤクザはアンタたちの知り合い?」

桐生「いやお前と同じクラスなんだがな」

川崎「そういえばアンタがこの前の転校生か」

桐生「そうだ」
85 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:45:03.09
雪ノ下「18歳未満が働いてはいけない時間はもう過ぎれていると思うのだけれど まだ終わらないのかしら?」

桐生「なぁ川崎 ひとつ聞いていいか?」

川崎「何よ?」

桐生「この店、俺が見た所 客はそんなにいないな なのに未成年のお前を雇う程人材に困っているのか?」

川崎「何が言いたいのよ?」

桐生「お前は見張り役なんじゃないのか?この店の入り口はここひとつだけだ それにお前のいるカウンターの前を客は必ず通る」

川崎「・・・・」

雪ノ下「どういうことかしら?」

由比ヶ浜「私も意味が分からないよ!」
86 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:52:48.24
桐生「不信な点はそれだけじゃない 何故かあそこのトイレの近くの席には厳つい客がずっと滞在しているな 何も頼まずに」

川崎「・・・・」

桐生「あのトイレは本当にトイレなのか?俺の見立てではあそこはきっと通路のはずだ」

川崎「・・・」

桐生「多分ここは知る人ぞ知る 違法営業店なんだろうな 高級感あふれる内装と庶民では入りにくい雰囲気から察するとな」

87 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:56:06.99
川崎「だったら何なのよ?私は売りをやってないし悪くないじゃない それにお金が必要なのよ」

雪ノ下「そうね でも違法行為に加担した事は事実よ 汚いお金ね」

川崎「アンタにそんな事言われる義理はないと思うんだけど アンタの親父、ヤクザの組長なんでしょ?」

雪ノ下「!!!」

由比ヶ浜「ちょっと!今はゆきのんの家の事情なんて関係ないじゃん!」

川崎「じゃあ私のことだった関係ないじゃん」

桐生「お前ら、今日は帰るぞ」

雪ノ下「え、ええ・・・」

由比ヶ浜「うん!」

88 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 11:59:37.94
桐生「川崎、最後に質問に答えろ お前は今いくら必要なんだ?」

川崎「アンタに答えて何か解決になるの?」

桐生「それは分からない だが手助けは出来るかもしれない」

川崎「毎月5万ぐらいは必要よ・・・」

桐生「そうか分かった 明日の5時 昼間の店に来い それとこの店は今日付けで辞めろ」

川崎「そんなの無理だって・・・」

店員「そうだよ知っちゃった以上は君たちを帰すわけにはいかないよ?」

桐生「フッ 内装と比べて店員の質は低いみたいだな 暴力で解決しようとするとはな・・・」
89 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:04:53.37
桐生「雪ノ下、由比ヶ浜、川崎 お前らはそこから一歩も動くな」

雪ノ下「警察を呼びましょう!無茶よ貴方一人でどうにかしようだなんて」

桐生「警察を呼ばれれば川崎までも連れて行かれる そうするわけにはいかないだろう」

店長「お客様!覚悟は出来ていますね?私共は相手が誰であろうとも容赦は致しませんが」

桐生「フッ 俺も手加減は無しだ!かかってこい!」

店長「おいお前ら!この野郎、絶対生きて返すんじゃねぇぞ!」

店員一同「はい!」

ボコボコ×50
ドンドン×30

雪ノ下「あ、貴方一体何者なの!?この人数を相手に簡単に・・・」

店長「もう勘弁してください!」

桐生「おいお前らがこの先 営業を続けるのは自由だ だが今後一切川崎に関わるな?もし脅しかけたりしたらその時は・・・?」

店長「や、約束します!」

桐生「帰るぞ」
90 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:07:25.31
大吾「桐生さ・・・桐生くん こんな朝早く呼んで何の用?」

川崎「早く言いなさいよ」

桐生「大吾、お前今いくら持ってる?」

大吾「どうしたんですが急に!」

桐生「いいから答えろ」

大吾「現金は常に300万ぐらいは持ち歩いていますよ 何かあった時のために」

桐生「大吾 100万ばかし俺に金を貸してくれないか?」

大吾「えぇ・・・いいですけど・・・」

91 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:13:28.15
桐生「川崎 この100万、俺が無利子と担保無しでお前に貸す」

川崎「は?そんな事・・・」

桐生「何に使うのかは聞かない この100万、お前がいつか働いて余裕が出来たら少しずつでもいいから俺に返してくれ」

雪ノ下「ちょっと高校生同士でそういうやり取りは良くないわよ」

由比ヶ浜「少し大金過ぎるよ・・・」

桐生「いやぁいいんだ 川崎は決して金を返さない様な奴じゃない それに万が一返さなかったとしてもそれは俺が人を見る目が無いという事で自己責任だ」

川崎「でもやっぱりこんな大金・・・」

桐生「金がないという理由だけで自分の可能性を潰す様な生き方をさせるわけにはいかない だから素直に受け取ってくれないか?」

川崎「分かった!本当にありがとう!この金はアンタに絶対に返すわ・・・何年掛かっても!」

桐生「あぁ待ってるぞ・・・」

小町「お兄ちゃん!来たよ!って皆さんもういたの?」

桐生(流石に小町に見られるわけには行かない あえて時間をずらして置いて正解だったな)

92 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:15:47.03
桐生「それと雪ノ下 お前に話がある 悪いが雪ノ下以外は先に帰ってくれないか?」

雪ノ下「どういう話かしら?」

桐生「いいからお前らは早く帰れ」

一同「はーい」

93 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:16:52.91
雪ノ下「で、話というのは?」

桐生「ほらコーヒー飲めよ」

雪ノ下「あ、ありがとう」

桐生「あまり気にするな」

雪ノ下「何をかしら?」

桐生「家の事だよ」

94 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:26:37.48
雪ノ下「・・・」

桐生「俺の親友に錦って奴、いたって言っただろう?」

雪ノ下「えぇ」

桐生「そいつもヤクザの親っさんに育てられたんだ 血の繋がりは無かったがな」

雪ノ下「・・・」

桐生「雪ノ下、お前が特別な環境で育ったからと言って馬鹿にしてくる奴はいくらでもいたはずだ」

雪ノ下「そうね、たくさんいたわね」

桐生「だがなお前は立派だと思うんだよ。そんな事にも負けず人助けをしようと一生懸命で学力だって1位だ」

雪ノ下「・・・」

桐生「お前は胸張って生きろ。それに極道の娘だからと言ってお前から去っていく奴がいるとすればそれはそこまでの奴って事だ」

雪ノ下「き、桐生くん」

桐生「由比ヶ浜だってお前の事を庇ってくれただろう?それに俺だって気にしていない」

雪ノ下「・・・」

桐生「それにいつかお前の事を理解して支えてくれる男だっているはずだ。」

雪ノ下「そんな保証はないじゃない」
95 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:27:17.83
雪ノ下「・・・」

桐生「俺の親友に錦って奴、いたって言っただろう?」

雪ノ下「えぇ」

桐生「そいつもヤクザの親っさんに育てられたんだ 血の繋がりは無かったがな」

雪ノ下「・・・」

桐生「雪ノ下、お前が特別な環境で育ったからと言って馬鹿にしてくる奴はいくらでもいたはずだ」

雪ノ下「そうね、たくさんいたわね」

桐生「だがなお前は立派だと思うんだよ。そんな事にも負けず人助けをしようと一生懸命で学力だって1位だ」

雪ノ下「・・・」

桐生「お前は胸張って生きろ。それに極道の娘だからと言ってお前から去っていく奴がいるとすればそれはそこまでの奴って事だ」

雪ノ下「き、桐生くん」

桐生「由比ヶ浜だってお前の事を庇ってくれただろう?それに俺だって気にしていない」

雪ノ下「・・・」

桐生「それにいつかお前の事を理解して支えてくれる男だっているはずだ。」

雪ノ下「そんな保証はないじゃない」
96 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:31:29.11
桐生「お前もまだまだ子供だ 俺の知り合いのヤクザでだって結婚した奴は何十人といるさ。」

雪ノ下「それは一例に過ぎないわね」

桐生「本当に人を愛せば、家柄や生い立ちなんて二の次だ。まぁお前の言うとおり保証はないがな」

雪ノ下「き、桐生くん、あ、ありがとう」

桐生「すまないな説教じみた事言っちまって」

雪ノ下「さぁ行きましょう みんなが待っている用だし」

桐生「そうだな」
(雪ノ下、まだは今自分に自信が持てなくて不安かもしれない。だがお前は愛される価値のある人間だ。そう長くは無いがお前との日々がそう感じさせてくれた)

97 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:35:26.93
翌日

八幡「おい材木座!いくら何でも、この発想は無かったぞ」

材木座「我はもうラノベには飽きたのだ!本当に強いのは桐生一馬なのだ!」

八幡「まぁな桐生一馬は俺たちとは男として出来が違うからな」

由比ヶ浜「でも、この桐生さんってちょっとかっこいいね!」

雪ノ下「そうね こういう男性なら私も惚れてしまいそうだわ」

八幡「お前が認めるなんて珍しいな それ程、桐生さんは男前って事だな」

98 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:39:35.80
材木座「何を勘違いしているのだ?八幡よ、桐生一馬と奉仕部の物語はまだ始まったばかりである!」

八幡「っていうか、これ俺の立場を桐生さんに変えただけじゃないか しかもこんなかっこいい事されたら俺、必要ないじゃねぇか」

雪ノ下「それは勘違いよ 比企谷くん?貴方は確かにこんなヒーローではないわ でも私にとっては・・・」

由比ヶ浜「あっ!私優美子たちと遊んでくるね!実質、2月は休みばっかだし 高校生活ももう終わりだし!」

材木座「では我も卒業までには続きを書くとしようではないか!」

99 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:42:20.18
八幡「なぁ雪ノ下・・・」

雪ノ下「な、何かしら!?」

八幡「いや、その 正直に答えてほしい、俺って男としてどうだ?」

雪ノ下「クイズミリオネアの問題だとしたら簡単過ぎて苦情が来るレベルだわ」

八幡「で、どうなんだよ?」

雪ノ下「そ、そうね 確かに貴方は男子高校生らしいかっこ良さはないわね それに男らしさも」

八幡「二回傷つけないでね」

雪ノ下「お、女の子に言わせるのかしら?貴方のそういうやり方嫌いだわ」

100 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:55:10.78
八幡「雪ノ下雪乃、確かにお前は芸能人並みに可愛くて頭もかなり良いし 家事も完璧だ そしてお前は負けず嫌いで強がりだ」

雪ノ下「何を当たり前のことを言っているのかしら?」

八幡「俺は2年近くお前と過ごして分かった お前は俺とは違う人間なんだと だから俺とお前じゃ不釣合いだ 人間として出来が違う」

雪ノ下「・・・・」

八幡「でもそれだけじゃねぇんだ お前は本当は弱くて乙女な良くも悪くも女の子だ そしてお前は今までで一番俺が好きになった女の子だ」

雪ノ下「そ、そう」

八幡「だから俺と・・・」

雪ノ下「ごめんなさいそれは無理よ」

八幡「やっぱりか・・・」

雪ノ下「言い方が悪かったかしら こんなシチュエーションの告白が嫌よ 何よ無理やり言わなければいけない雰囲気になったから言った様な感じで」

八幡「だよな・・・伝え方が悪かったな 雪ノ下 今週末俺とデートしてくれないか?」

雪ノ下「どこで?」

八幡「お前が留学したら会えなくなっちまう だから最後に二人で神室町に行かないか?」

雪ノ下「何故、神室町なの?デートで行くような場所ではないでしょう それに告白の場所でも」

八幡「いやっこう見えてもきちんと下調べはしたんですけどね 駄目か?」

雪ノ下「えぇいいわよ」ニコッ
101 : ◆Er.887q/N. :2015/06/28(日) 12:57:07.49
ここまでお付き合い頂きありがとうございました。本当は文化祭の辺りまで書こうと思ったのですが
明日から色々と忙しくなるので無理やり完結という形を取らせて貰いました。
ですがまだ時間が出来れば、桐生と奉仕部の物語の続きを書きたいと思います!
ありがとうございました!
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/28(日) 14:45:22.30
おつ
つぎも気長にまっちょるよ
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/28(日) 16:25:19.84

面白かった
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/30(火) 08:35:41.41

この書き手のSS:

八幡「雪乃との結婚生活」


八幡「おい!雪ノ下!リスカはやめろって!」


八幡「雪ノ下に間違って変なメールを送ってしまった」


八幡「雪乃へのDVがやめられない」


桐生一馬「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている様だな」


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。