雪美「Pが……タバコ吸ってる……」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:05:34.04
美嘉「ちょっとプロデューサータバコ臭ーい!また吸ったでしょ!」

P「あれ?ばれた?そんなに臭い?」

美嘉「もおー、気をつけてよ?うちは小さい子が多いんだから……」

P「そんなに臭ったか?ごめんごめん。一応喫煙室で吸ってるんだけどなぁ……」

美嘉「気をつけないとみんなに「臭い」って言われちゃうよ☆」

P「それは嫌だな……わかった、気をつけるよ」

美嘉「莉嘉にもタバコ臭いって言われないようにね。あの子遠慮なく言うから」

P「お前も言ってたじゃん!臭いって言われるのすげー傷つくぞ」

美嘉「あはは、ごめんごめん☆」

P「ハア……」

雪美「……」じー


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1368882333


注目記事




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:13:29.74
P「みんなそんなにタバコ嫌いかな?」

P「ちょっと聞いてみるか」






P「凛、ちょっといいか?」

凛「どうしたの?プロデューサー」

P「凛はタバコの臭いは嫌いか?」

凛「うーん、嫌いな訳じゃないけど……ちょっとむせちゃうかも」

P「そっか……なあ、俺ってそんなに臭いか?」

凛「え?プロデューサーが?臭くないよ。むしろプロデューサーの匂いはいい匂いだよ」

P「そ、そうか……ありがとう……」

P「俺ってタバコ臭いみたいだからさ、ちょっと気になって聞いてみたんだ」

凛「……プロデューサーが臭いってだれが言ったの?」

P「ん?美嘉から言われてちょっとね……」

凛「そっか……うん、わかった。ありがとね」

P「ああ」

ガチャッ


雪美「……」じー
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:25:19.22
P「もう一人にも聞いてみるか」






P「桃華、聞きたい事があるんだけどいいかな?」

桃華「はい、なんでございましょう?」

P「桃華はタバコは嫌いか?」

桃華「私ですか?特に嫌ではありませんわ」

桃華「Pちゃまがお煙草を吸われるのが好きだというのなら、私としては特に問題ではありません」

P「そうか、済まないな、こんな質問して」

桃華「いきなりご自分を臭いだなんて、どうかされたんですか?」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:25:52.33
P「いや、さっき美嘉に臭いって言われて少しショックだったから、俺ほんとに臭いのかなって思って……」

桃華「そうですの……」

桃華「……少し失礼しますわ」

P「ああ、ありがとうなこんな話をして」

桃華「いえいえ……」

ガチャッ

雪美「……」じー
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:32:30.96
美嘉にげてー
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:32:55.60
煙草は健康害すとか言うし…(震え声
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:36:27.14




雪美「……P」

P「ん?雪美か……いつから来てたんだ?」

雪美「……Pが……タバコ……吸ってたときから……」

P「え?」

雪美「……」ギュッ

P「……気づいてやれなくてごめん……」ギュッ

雪美「いい……P……謝ってくれた……抱きしめてくれた……」

雪美「それだけで……嬉しい……」

P「……なあ、雪美」

雪美「……わかってる……P……臭くない……」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 22:39:00.31
P「本当にそう思ってくれてるか?」

雪美「うん……タバコの匂い……好きだから……」

P「不安になるなあ、そう言われると」

雪美「P……タバコ好き……?」

P「うん、好きになっちゃったって感じかな?」

雪美「……どうして?」

P「うーんとね、昔俺の行ってた大学に綺麗なお姉さんがいたんだ」

P「その人がよく煙草を吸う人でさ、かっこ良くて羨ましかったんだ」

P「煙草を吸えるお姉さんに憧れて吸い始めたんだ」

P「最初は格好つけたくて吸ってたんだけど」

P「気づいたら好きになってやめられなくなった、って感じだな」

雪美「……」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:00:37.28
雪美「……Pは……私が……吸いたいって言ったら……Pは……怒る?」

P「そうだな……アイドルとしては良くないだろうな。雪美が20歳以上でアイドルじゃなければ、意外と似合うかもな」

雪美「……うん」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:02:00.08
……


……


……


……

「……」カチッ

「……」ジュポ

「……」カチン

「……すー……」


雪美(24)「……ふぅー……」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:03:49.91
・・・・・・ん?
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:10:33.89
それはアカンて……
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:33:56.97
雪美「……」トントン(灰皿)

20歳になってから、私はPにはじめてタバコを教えてもらった。

回想

雪美(20)『P……おすすめを……教えて……』

P『え!?本当に吸うのか!?親御さんは!?』

雪美『親は……自分で考えたなら……いいって……』

P『……でも……』

雪美『Pの……好きなもの……私も……好きになりたい……』

P『……わかった、後悔するなよ?』

雪美『……うん』

回想終わり
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:35:17.51
Pの好きなものと考えると不思議と苦しいものではなかった。

私は18歳までアイドルとして活動し……

ガチャッ

P「ただいま!」

「おかえりー!!」
「おかえりー!!」

P「まだ起きてたのかー!もう寝ないと駄目だろう?」

雪美「……お帰りなさい」

P「うん、ただいま」

雪美「今日も……吸う?」

P「うーん……俺は今日はお酒でいいや」

雪美「……準備してくる……」ニコッ

P「ありがとな」

4年前、Pと結婚した
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:42:13.26
……

……

……

……


雪美「P……最近……吸わない……」

P「俺もそろそろ禁煙しようかなって思ってさ」

雪美「タバコ……吸う私……P……嫌い?」

P「そんな事ないよ、雪美はどんな状態でも雪美なんだ。」

P「それにタバコは俺が教えちゃったしな……」

雪美「……気にしないで……Pの好きなもの……私も好き……だから」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:43:40.47
P「それにタバコは俺が教えちゃったしな……」

雪美「……気にしないで……Pの好きなもの……私も好き……だから」

雪美「……すー……」

雪美「……ふぅー……」

P「……」

雪美「……?どうしたの……?」トントン

P「……あの小さかった雪美が煙草を吸ってるって思うと……感慨深くてさ……」

P「雪美はクールだから様になるな」

雪美「……ありがとう」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:49:45.41
雪美「P……明日も早い……寝よ?」

P「そうだな……もう寝るか」

雪美「……片付けてくる」

P「先にベッド行ってるから」

雪美「……うん」

雪美(これが……私の……幸せ……)




終わり
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:50:58.54
雪美ちゃんで書いたけど、千枝ちゃんも将来大人になったとき似合いそう
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/18(土) 23:53:36.74


ところでベッドの中での描写はないんですかね・・・・(ゲス顔)
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/19(日) 01:30:24.44

ゆきみんは凄いべっぴんさんになりそう
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/19(日) 11:17:26.82
嗜む程度にしか吸わないけど、風当たり強いよなぁ。
ずっと軽いの吸ってたら一日一、ニ本でも十分な感じなんだけど。

とりあえず乙

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。