FC2ブログ
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 22:47:00.11
凛  「ねぇ、恋愛ってどう思う?」


海未 「ななな、何ですか藪から棒に」


凛  「凛ね、この前・・・ラブレターを貰っちゃって・・・/////」


海未 「凛、落ち着いてください。それにラブレターならよく貰っているではないですか」


凛  「あの、それがね。お、男の子からのラブレターだったの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407419210
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 22:48:25.01
海未 「なるほど、音乃木坂は女子高ですからそういう手紙は女性からが多いですしね」


海未 「それでも男性からのラブレターも少なくは無い数を貰っているのではないですか?」


凛  「うん、でもね。直接渡されたのはこれが初めてで、凛どうしたら良いかわからなくてさ」


海未 「凛はその方とお付き合いしたいのですか?」


凛  「うーん、凛ね。そういう経験が全然無いから、好きとかよくわからなくて」


海未 「わ、私だってありませんよ。道場でその、告白・・・などはされた事もありますが全てお断りしてますし」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 22:48:58.31
凛  「でもでも、他に相談する相手もいないんだよー」


海未 「花陽や絵里、希じゃ駄目なんですか?」


凛  「かよちんには恥ずかしいし・・・絵里ちゃんと希ちゃんは要らないお節介をしてきそうで」


海未 「あぁ、なんとなくですがわかる気がします」


海未 「とりあえずどうお返事するかを考えてみるべきじゃないでしょうか」


凛  「うん、わかった。考えてみるね」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 22:49:40.30
海未 「恋愛ですか・・・・穂乃果達にも相談してみましょう。凛の名前を出さなければ大丈夫ですよね」



海未 「穂乃果、ことり。少し話があるのですが」


穂乃果「え?何々?楽しい話?」


ことり「どうしたの?改まってお話なんて」


海未 「2人は恋愛ってどう思いますか?」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 22:50:32.24
穂乃こと「・・・・・・」


海未 「え?どうしました?」


穂乃果「ことりちゃーん、海未ちゃんがついに大人の階段をのぼっちゃったよー」ウルウル


ことり「え?誰なの?絵里ちゃん?希ちゃん?真姫ちゃん?あ、亜里沙ちゃんかな?」


海未 「ふ、2人とも落ち着いて下さい。それとことりは言っている意味がわかりません」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 22:51:07.70
海未 「もし・・・こ、告白されたとしたらどうしますか?」


穂乃果「今はμ'sに全力を注ぎたいからちょっと無理だけど、でもちょっと憧れるよねぇ」


ことり「私は穂乃果ちゃんや海未ちゃんやμ'sのみんながいてくれればそれで良いかな」


穂乃果「わーい、ことりちゃん大好きー」ダキッ


ことり「ええへ、私も大好きだよー」ギュー


海未 (穂乃果もことりも今はμ'sが一番という事ですね)


海未 (また放課後に凛と話してみましょう)
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:02:09.01
海未 「凛、昨日の話はどうするか決めましたか?」


凛  「そんなに早く決められるなら相談してないよー」


海未 「そうですね。凛にとって一番好きなものってなんですか?」


凛  「え?うーんと・・・ラーメンかにゃ?」


海未 「すいません、そういう意味ではなく。一番好きな人は誰でしょうか」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:02:57.82
凛  「え!?あ、うん。えーっと、そのー・・・」モジモジ


海未 「?」


凛  「そうにゃ、μ'sのみんな!!みんな大好き過ぎて決められないにゃー」


海未 (意外ですね、一番は花陽と言うものだと思っていました)


海未 「どうしたいのかわからないのなら今はそれを大切にしてみるのも良いかもしれません」


海未 「きっと時が経てば他の好きにも目を向ける事が出来ると思いますよ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:03:37.93

凛  「んー?今はμ'sが大好きだからそれだけを大切にしろって事?」


海未 「そこまでは言っていません。ただ今は焦らずに好きって気持ちを理解してからお付き合いを始めても良いのではないでしょうか」


凛  「まだ良くわからないけど、やっぱりわかんないのに良い返事をするのは相手にも失礼だよね」


凛  「うん、凛その子にごめんなさいしてくるよ」


海未 「そうですか、一緒に行きましょうか?」


凛  「ううん、一人で大丈夫。相談のってくれてありがと、海未ちゃんだーい好き」ギュウ


海未 「り、凛!?ふふっ、いってらっしゃい」


凛  「行ってくるにゃー」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:37:26.40
海未 「昨日は勢いでアドバイスしてしまいましたが、あれで良かったのでしょうか・・・」


にこ 「あれ、昼休みに一人で部室にいるなんて珍しいじゃない」


海未 「にこですか。ちょっと考え事をしていたもので。にこの方こそどうして?」


にこ 「私はアイドル雑誌を読みにきたのよ。教室じゃ集中出来ないからね」


海未 「あぁ・・・・なるほど」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:38:04.12
にこ 「何よ、その目は。まあいいわ、あんたも大変そうだし・・・また練習メニューでも考えてたの?」


海未 「あ、いえ、そうでは無くて・・・・にこは恋愛についてどう思います?」


にこ 「何あんた、変なもんでも食べたの?」


海未 「失礼な!私だってそういう事を考える事だってあるんです」


にこ 「ふーん、・・・アイドルは恋愛禁止よ。みんなを笑顔にしなきゃいけないのに特定の誰かに入れ込むなんて許されないわ」


海未 「にこならそう言うと思っていました」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:39:58.29
にこ 「ただね」


海未 「え?」


にこ 「女子高生として人並みの恋愛経験もするべきだと思うのよ。ほら、恋愛って笑顔と同じで世界共通の喜びの形っていうか幸せなものでしょ」


にこ 「だから恋とか愛とかを否定する気も無いの。もちろんにこはする気も無いし、不純な事は絶対許さないけどね」


海未 「意外です。にこがそんな事を言うだなんて」


にこ 「アイドル恋愛禁止ってのも今のアイドル業界じゃ幻想みたいなもんだしね」


にこ 「だからこそ私は絶対にその信念をつらぬいてやるのよ!!」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:40:47.12
海未 「信念ですか。にこのそういうところ、私は好きですよ」


にこ 「なっ!?」


にこ 「あんたが女子に人気がある理由がわかる気がするわ・・・」


海未 「?」


にこ 「で、どっちなのよ」


海未 「え?どっちとは?」


にこ 「穂乃果かことりかよ」


海未 「・・・・何の話ですか?」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:53:18.28
海未 「まったく、にこは信じられません。おかげで2人が気になって練習に集中出来ませんでした」


凛  「海未ちゃん、ちょっといいかな」


海未 「あぁ、凛。大丈夫ですよ。昨日はどうでしたか?」


凛  「うん、ちゃんと断れたよ。えっと、それでね・・・また話を聞いて欲しいんだけど」


海未 「はい、私に答えられる事なら何でも聞いてください」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:54:02.05
凛  「あの、えっとね。海未ちゃんは・・・・女の子同士の恋愛ってどう思う?」


海未 「ブフッ!!」


凛  「きゃ!海未ちゃん!?汚いにゃー」


海未 (何なんですか、流行ってるんですか。いや、普段からラブレターは貰いますが、いやいやいや)
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 23:55:11.05
凛  「あのね、昨日お断りした時に『やっぱり凛ちゃんは花陽ちゃんが好きなんですか』って聞かれちゃって」


凛  「かよちんの事は大好きだけど凛の好きと違う好きだと思ってるみたいで何か頭がぐちゃぐちゃになっちゃって」


海未 (とりあえずその男性とお付き合いしなくて正解でしたね)


凛  「それで結局走って逃げてきちゃったんだ」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 00:02:28.97
凛  「凛、あの人に悪い事しちゃったかな・・・」


海未 「凛は悪くありませんよ。凛はお断りした事でちゃんと礼儀を尽くしました。気にすることはありません」


凛  「そう、なのかな?へへ、ありがと。海未ちゃんと話したら何か気分が楽になったよ」


海未 「それなら良かったです。さあ、暗くなる前に一緒に帰りましょうか」


凛  「あ・・・うん!」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 00:59:49.84
海未 「女性同士ですか・・・でも最近はそういう話も多いと聞きますし」


海未 「そういえば前に女生徒から手紙を貰った時に絵里とそんな話をした気がしますね」


海未 「おや、このピアノの音は・・・真姫でしょうか」


真姫 「昨日に手をふって、ほら~前向いて~♪」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:00:22.45
海未 「やはり真姫は歌が上手いですね」


真姫 「ヴエェ!海未じゃない。いつから聞いてたのよ」


海未 「昨日に手をふって、辺りからでしょうか」


真姫 「ほんとに最後だけじゃなのね」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:00:49.98
海未 「そういえば、さっきの歌・・・」


真姫 「『愛してるばんざーい!』の事?」


海未 「はい、この曲は穂乃果が始めて会った時に歌っていた曲だと聞いたのですが」


真姫 「そうだけど、それどうしたの?」


海未 「真姫は何を考えてこの詩を作ったのですか?」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:01:25.80
真姫 「ヴエェ!?あの、これは、あれよ、えっと・・・ほら、チュウガクジダイノカレシトカ?」


海未 「ま、真姫は恋愛経験があるのですね!!」


真姫 「ヴエエェェ!?そんなに何で食いつくの!?無いことも無いことも無いけど」クルクル


海未 「恋愛経験者である真姫に聞きたいのですが」


真姫 「な、なによ」


海未 「女の子同士の恋愛ってどう思いますか?」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:02:00.71
真姫 「ハァ?ナニソレイミワカンナイ」


海未 「実は知り合いが同性愛と思われた事にショックを受けているようでして」


真姫 「ふーん、知り合いねぇ・・・その知り合いさんは同姓愛では無いって事よね」


海未 「幼馴染の事を大好きではあるみたいなのですが、恋愛とは違うと考えているみたいです」


真姫 「意外ね。海未自身は同性愛についてどう思っているの?」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:03:16.49
海未 「私は・・・そうですね。よく同性の方から告白もされますし嫌悪感は持っていないと思います」


真姫 「私はよくわからないわ、憧れとか尊敬はあっても恋愛として同性を見たことは無いし」


真姫 「でも、身近な人がもしもそうなったら私は出来るだけ応援をしてあげたいと思うわ」


海未 「そうですか、ありがとうございます。参考にさせてもらいます」


真姫 「ねぇ、その幼馴染が別の子を好きだったとしたら、う・・その知り合いはどうするの?」


海未 「ん?聞いてみないとわかりませんがきっと真姫のように応援するんじゃないでしょうか」


真姫 「そう、まあ頑張りなさいよね」


海未 「?ありがとうございます」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:04:00.06
海未 「何故か恋愛相談のようになってしまいました・・・真姫も意味深でしたし・・・まさか誰の事かバレていないですよね」


凛  「あ、海未ちゃん今日も残ってたんだ」


海未 「はい、今日も凛が来るような気がしていたので」


凛  「凛のために待っててくれたの?へへへ、嬉しいにゃー」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:04:33.23
凛  「海未ちゃん、あのね。昨日は聞きそびれちゃったんだけどね」


海未 「はい、何でしょうか?」


凛  「えっとね、海未ちゃんは女の子同士の恋愛ってどう思う?気持ち悪いとか思う?」


海未 「そんな事は思いませんよ。女子高ですからそういう思いの人も少なからずいますし、否定する気はありません」


凛  「そっか、うん、ありがとう海未ちゃん」ギュー


海未 「ふふっ、最近の凛は甘えん坊ですね」


凛  「海未ちゃんにだけだにゃー」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:10:58.66
海未 「昨日の話の感じは、凛は好きな女の子がいるという事なんでしょうか」


海未 「何か胸の辺りがもやもやしますね。変な物でも食べたでしょうか」


海未 「保健室で胃薬でも貰ってきましょう」


海未 「あれ?絵里と希。保健室でどうしたのですか?」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:11:34.58
絵里 「あら海未じゃない。ちょっと手を紙で切っただけよ。希ったら心配性なんだから」


希  「だって血も出てたし。化膿して綺麗な指にアトが残ったら大変やん」


絵里 「海未こそ、どうしたの?怪我はしていないみたいだけど」


海未 「ちょっと胸の辺りがもやもやとしていて、薬を貰おうかと」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:12:19.24
希  「今保健の先生がいなくて薬は取り出せないんよ。それに・・・・なんとなく薬じゃ治らない病気って顔してるやん」


海未 「希は医療の知識もあるんですか!?」


希  「医療やなくてスピリチュアルだけどね」


絵里 「希の言う事を真に受けちゃ駄目よ」


希  「えりち酷いわー」


絵里 「でもそうね、何か悩んでるって顔してるわよ。良かったら人生の先輩達に話してみない?」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:45:16.30
絵里 「同性愛ねぇ・・・ついに我慢できなくなって穂乃果を襲いたくなっちゃった?」


海未 「何で穂乃果が出てくるのですか!!」


絵里 「あら、じゃあことりかしら」


海未 「ことりも関係ありません!!」


希  「知り合いが同性が好きみたいなんだけどそれを考えると胸がもやもやねぇ」


絵里 「だってそれって完全に恋じゃないの」


海未 「え?」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:45:47.32
海未 「散々2人にいじられました・・・」


海未 「凛の見立ては確かでしたね、あの2人は信用できません」


海未 「あ、廊下を歩く足音が。今日も凛が来ましたね」


海未 「あれ?」


海未 「花陽?」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:46:23.72
花陽 「海未ちゃん、少し良いかな」


海未 「は、はい。どうしたんですか突然」


花陽 「海未ちゃんはさ、人を好きに、恋をした事はある?」


海未 「・・・いえ、おそらく無いと思います」


花陽 「そっか、じゃあさ。女の子同士の恋愛ってどう思う?」


海未 (その質問を聞くのは・・・何度目でしょうか)


海未 「私は・・・今は一つの恋愛の形として有りだと思っています」


花陽 「そう、なんだ。じゃあ、最後の質問・・・」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:47:12.12
海未 (廊下を走る音が聞こえますね)


凛  「はぁはぁはぁ、海未ちゃんまだいてくれたんだ」


海未 「そんなに急いで来なくても大丈夫ですよ」


凛  「ごめんね、先生にお手伝い頼まれて時間かかっちゃったから、もう帰ってるかとも思ったんだけど」


海未 「別に無理して来なくても良かったんですよ、待ち合わせをしているわけじゃないんですから」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:48:49.32
凛  「んーん、凛がね、会いたかったんだ。もし居なかったら仕方ないけど、居るかもって思うといてもたってもいられなくて、それでね・・・」


海未 「凛」


凛  「ん?」


海未 「私はいつでも待っていますから」


海未 「あなたも待っていてくれますか?」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:49:24.90
私には恋という感情がまだよくわかりません。だから私がわかるようになるまで待って欲しいです

それが最後の質問の答えです
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 01:53:42.00
終わりです。後半がずいぶん駆け足になってしまいました。

初めてカップリングを意識して書きましたが恋愛感情なんてわからない

需要無さそうですがまたネタを考えて何か書こうかと思います
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 02:30:00.89
乙です
恋心に気づく過程がドキドキできてとても良かったです
次はじっくり書いて欲しいです!
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 09:39:19.82
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 16:23:00.70
乙でした

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング