ベルトルト「このチケット、どうしよう……あれ!?」

1 : ◆rsH9FLRPiM& :2013/07/04(木) 18:11:02 ID:V2/3KD9Y
別板に書いたベルユミを、ベルトルさん視点で書き直したものです。
原作バレあり、別カプ要素としてコニサシャ(中学生カップル)があります。 

2 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:13:16 ID:/EtU38pc




ベルトルト「……」





ライナー『すまないベルトルト。この様子じゃ明後日出掛けられそうにない』



ベルトルト『それはもう仕方ないよ。けど、気をつけてくれよ。一瞬蒸気が出た時は本当に焦ったよ』



ライナー『あぁ。再生をおさえて怪我を装うのも大変だな』



ベルトルト『全く……立体機動中にサムエルをかばったりするから』



ライナー『ははっ、まぁ、おかげでクリスタに心配されるっていう役得もあったがな』



ベルトルト『……何言ってるんだ、ライナー。僕たちは戦士だろう?』



ライナー『!』



ベルトルト『……』



ライナー『……あぁ、そうだな』 




3 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:15:04 ID:Ju0mj8nE




ベルトルト(ライナー。時々僕は不安になるよ)



ベルトルト(君が必要以上に、壁内の人類に関わりすぎてるんじゃないかって)



ベルトルト(兵士としての自分に、のめり込みすぎてるんじゃないかって……)



ベルトルト「はぁ。このチケット、どうしよう……」ゴソゴソ



ベルトルト「あれ!?」



ベルトルト(ない! おかしいな、確かにこのポケットに――)





ユミル「劇場のチケット?」



ベルトルト「あっ!」 




4 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:17:51 ID:zQfyXBGY




ユミル「何だ、お前が落としたのか? ベルトルト」



ベルトルト「あ、あぁ。ありがとう、ユミル」



ユミル「それ、今度の休日に行くのか。二枚あるってことは、ライナーと行くのか?」



ベルトルト「そのつもりだったんだけど……ライナー、今日の訓練で負傷してしまって、休日は安静にしているように言われたらしいんだ」



ユミル「じゃあ、誰と行くんだ?」



ベルトルト「うーん、特に当てはないんだ。一人で行くのも味気ないし、今回は諦めようかな」



ベルトルト(誰かにゆずればいいんだしね)



ユミル「なんだ、だったら私が一緒に行ってやるよ」



ベルトルト「えっ?」



ユミル「誰かが一緒に行けばいいんだろ?」 




5 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:19:06 ID:Ju0mj8nE




ベルトルト(そうとったか……まずいな)



ベルトルト「まぁ、そうだけど……でも」



ユミル「今度の休日、10時に兵舎出口で待ち合わせだ」



ベルトルト「え、ちょっ」



ユミル「それじゃあまた」



ベルトルト「ユ、ユミル!」 




6 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:20:50 ID:zQfyXBGY






ベルトルト「行っちゃった……すごい強引だったな」



ベルトルト「……」



ベルトルト(というか、参ったな。誰かと一緒に行くつもりなんてなかったのに)



ベルトルト(それにこの演目、女の子にはきついんじゃ……でもユミルなら大丈夫かな? いやそうじゃなくて)



ベルトルト(僕はあまり、深く関わりたくないのにな。ここにいる人類とは) 




7 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:22:41 ID:cAA86rjM




休日の朝

男子寮

時刻 9:58



ベルトルト(まずい! 完全に寝坊した!)バタバタ



ガチャッ バタン



ベルトルト(ずっと考え事してたから、寝付くのが遅くなった……)タタタッ





訓練兵舎出口





ベルトルト「ごめん、遅れて……」ゼエゼエ



ユミル「女を待たせるとはいい度胸だな。行くぞ」クルッスタスタ



ベルトルト「わっ、ちょっ、待って早いユミル!」



ベルトルト(ほんとに強引だな、もう――) 




8 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:25:23 ID:ExiOVo/I




トロスト区市街地





ユミル「おーおー、賑わってるじゃねぇか」



ユミル「見ろよ、あっちなんか面白そうなのやってんぞ」



ベルトルト(随分はしゃいでるな……まぁ、この後のこと考えたら、今のうちにはしゃいどく方がいいか)



ベルトルト(というかユミル、チケットろくに見ずに僕に返したけど、演目のこと知ってるのかな? もしかして、何も知らないんじゃ)



ベルトルト(それに――)



ベルトルト「あの、さ、ユミル、その……ほんとによかったの?」



ユミル「あん?」



ベルトルト(こんな僕なんかに付き合って、一緒に出かけるなんて)



ベルトルト(こんな、不誠実な僕に) 




9 :以下、名無しが深夜にお送りします&
:2013/07/04(木) 18:26:00 ID:Qel.WCvI


最近、ベルユミ多いな 




10 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:29:50 ID:uX8MIenI




ベルトルト「いや……何でもない」



ユミル「何だよ。はっきりしないやつだな。なぁ、劇場ってどっちだ?」



ベルトルト「向こうの通りをまっすぐ行って、左かな。チケットの地図を見る限り」ピラッ「でもまだ時間があるから、先にどこかでお昼を食べたほうがいいかもね」



ユミル「なぁ、そういや今日って、どんな演目見るんだ?」ヒョコッ



ベルトルト「あっ」ギクッ





『古城の真っ赤な階段~真夜中に現れる少女~』 




11 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:32:41 ID:uX8MIenI




ユミル「……」



ベルトルト「ご、ごめん……言おう言おうと思ってたんだけど。これ、ホラーものなんだ」



ユミル「……」



ベルトルト「だから、ちょっと女の子は誘いづらくって……それに僕は」



ベルトルト(――訓練兵団に来てから、ライナー以外の人と二人で出かけるなんて、考えたことなかったから……)



ユミル「……」



ベルトルト「えっと……ユミル?」 




13 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:37:47 ID:zOrPfqZM




ユミル「……べ」



ベルトルト「え?」



ユミル「別に平気だっつの! 何だよお前、私がビビるとでも思ったのか?」



ベルトルト「あ、いや」



ユミル「お、地図はこれか。ここなら近くに美味い鶏肉料理の店があるから、そこに行くか! な!」スタスタスタ



ベルトルト「あっ、ちょっ、待ってくれユミル!」



ベルトルト(……これはもしかして、悪い予感が当たったかな) 




14 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:40:17 ID:Fni8heEQ




鶏肉料理店





女店員「いらっしゃいませ!」



ユミル「ふ、二人!」



ベルトルト「ユミル、店員さんまだ何も聞いてないよ」



ユミル「」



ベルトルト「ごめん、演目のことで緊張させちゃったかな」



ユミル「そんなんじゃねぇって! ほら、行くぞ!」



ベルトルト「ユミル、だからまだ、案内もされてないって!」 






16 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:44:01 ID:Fni8heEQ




ユミル「……」ソワソワ



ベルトルト「ねぇ、ユミル?」



ユミル「……」プルプル



ベルトルト「ユミルってば」



ユミル「ふぁっ!?」ビクッ



ベルトルト「そんな驚かなくても」



ユミル「わ、私は別に」



ベルトルト(だいぶ怯えさせちゃったかな……というか、ユミルってホラー苦手なのか。ちょっと意外だな)



ベルトルト(ここは緊張をほぐしてあげるか) 




17 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 18:46:50 ID:R7oHzB5w




ベルトルト「ねぇ、よくここには来るの?」



ユミル「ん?あぁ、まぁな。ここはわりと有名だぞ」



ベルトルト「そうなんだ。来たことなかったな」



ユミル「お前はそもそも、あんまり出かけてないんじゃないか? たまに外出するにしても、ライナーとしか見たことないぜ」



ベルトルト「ま、まぁ、そうかもね。でも君だって、クリスタといつも一緒じゃないか」



ユミル「私はちゃんと他にも交友関係持ってるよ。だいたいお前、ライナー以外のやつと打ち解けて話してるか?」



ベルトルト「えっ?」



ユミル「お前って、人並みには話すけど、どうも表面的に見えるんだよな」 




23 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 23:51:41 ID:VhYOvLOc




ベルトルト(――!)ドクン



ベルトルト(そんな……気づかれてたのか? 僕がなるべく、人に印象付けられないようにしてること)



ベルトルト(感情をこめて話したりはしないから、特徴のない声になるし)



ベルトルト(そんな馬鹿な。そもそもユミルとなんて、最近までほとんど話したことなかったのに)



ベルトルト「……どうして」



女店員「はい、お待ちどうさま!」



ベルトルト「!」



ユミル「おっ、来た来た! 食べるか!」



ベルトルト「……あぁ」 




24 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 23:52:23 ID:VhYOvLOc




ユミル「このトマト煮込みが絶品なんだよな~」パクパク「ん~うま~」



ベルトルト「美味しそうに食べるね」



ユミル「お前は美味しくないのか?」



ベルトルト「いや、美味しいよ、とても」ニコッ



ユミル「ほら、その顔だ」ビシッ



ベルトルト「え?」



ユミル「今の顔、ほんとに心から美味しいと思って笑ってる顔か?」



ベルトルト(……これは、間違いないな)



ベルトルト(ユミルは気づいている。おそらく相当鋭いんだ) 




25 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 23:53:02 ID:VhYOvLOc




ユミル「な?」モグモグ



ユミル「お前は感情を出さなすぎる」



ユミル「出せないのか隠してるのか知らねぇけどさ」



ユミル「こうして向かい合って一緒に飯食ってる相手とは、もっと素直に接してもいいんじゃねぇか?」



ベルトルト「……」



ベルトルト(気づいた上で、今日、僕と一緒に来てくれたのか)



ベルトルト(ひょっとして、気を使ってくれたのか? 僕がもっと、他の人に心を開けるように)



ベルトルト(そんなこと、できるわけがないのに) 




26 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 23:53:38 ID:VhYOvLOc




ベルトルト(でも……)



ユミル「何だよ」



ベルトルト(本音を言えば、嬉しいと思ってしまったから)



ベルトルト「いや、その……ありがとう、ユミル」



ユミル「は?」



ベルトルト「今日、僕についてきてくれて」



ベルトルト(お礼だけは、伝えておこう)



ユミル「別に。いいから食おうぜ」



ベルトルト「あぁ」 




27 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 23:54:25 ID:VhYOvLOc






劇場前





ユミル「いよいよか……」ドキドキ



ベルトルト「ユミル、大丈夫かい?」



ユミル「別に、どーせ子どもだましのレベルだろ?」



ベルトルト「どうかな……15歳未満お断りってなってるし、結構本気で脅かしにかかるかも」



ユミル「」



ベルトルト「……ごめん。やっぱりやめても」



ユミル「いいい行くぞ!」 




28 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 23:55:22 ID:VhYOvLOc




開演





ヒュウウウウ



『何だ……誰もいないのか?』



『おーい……』



ギイイ



『空いて、る……?』





ベルトルト(すごいな。セットが本格的だ。暗くて見えないけど、あの大道具、天井まで届きそうなくらいだ)



ベルトルト(……それにしても)チラッ



ユミル「……」バクバク



ベルトルト「ユミル? 大丈夫?」



ユミル「……」



ベルトルト「聞いてないか……」 




29 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/04(木) 23:55:56 ID:VhYOvLOc




『すみません、道に迷ってしまったんです』



『今晩泊めてもらえませんか?』



シーン 



『誰もいないか』



ガタン!





ユミル「ひっ!」



ベルトルト「……」





『何だ? やっぱり誰かいるのか?』



『上から聞こえてきたな……』



『あそこにあるのは……階段か?』





ベルトルト「……」チラ



ユミル「」ガクガク



ベルトルト(この後、どうなっちゃうんだろう) 




30 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 00:04:19 ID:6G2Zi3MY




『暗くてよく見えないな。正面に回り込んでみよう』



『大きな階段だな。上の方がよく見えな――うん?』



パッ!(血まみれの階段が照らされる)





ユミル「うわあああっ!!」ガシッ!



ベルトルト(え? 腕つかまれ――痛ったああ!)



ベルトルト「ちょっ、ユミル! 声が大きいよ!」ヒソヒソ



ユミル「あっ、あかっ、か、階段がっ」ギリギリ



ベルトルト「痛い痛いユミル! 手をつかむのはいいけど、爪食い込んでるから!」ヒソヒソ 




31 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 00:04:54 ID:6G2Zi3MY




『な、何だこの階段!?』 



『血の量が尋常じゃない。これ、絶対死ん――』 



ポタ… 



ユミル「!」ビクッ



『な、何だ?』 



ポタ…ポタ…



『水……音?』 




32 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 00:06:13 ID:6G2Zi3MY




ポタ…ポタ…ヒタ…ヒタ…



『水音に混じって……何か』



『足音が……上から――』



ドロッ(階段がさらに血に染まる)



ユミル「ひっ!」ギュウッ



ベルトルト(痛い) 




33 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 00:06:57 ID:6G2Zi3MY




ヒタ…ヒタ… 



ヒタ……







『……ダァレ?』 




34 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 00:08:19 ID:6G2Zi3MY




ユミル「いやああああっ!!」ガバッ!



ベルトルト(え、え、えぇ!? 抱きつかれた!?)



ベルトルト「ユミルちょっ、前見えないよ!」



ユミル「あああ、あの子っ、血まみれでっ、頭がな――いやあああ!!」



ベルトルト「落ち着いて! あれ作り物だから! ユミル!」 



ユミル「うわああああん!!」



ベルトルト(ど、どうしようこれ……) 






36 :以下、名無しが深夜にお送りします&
:2013/07/05(金) 00:13:16 ID:SSo39nEw




ユミルかわいい 





37 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 21:53:17 ID:ktMNNH/c




ベルトルト(……そういえば、アニも小さい頃は、お化けとか怖がってたっけ)



ベルトルト(僕も今ほどは大きくなかったけど、身長差は丁度このくらいあって)



ユミル「うわああっ、嫌だ、嫌だぁっ」



ベルトルト(落ち着くまで、頭撫でてあげてたんだっけ)



ユミル「ううぅ~~っ」プルプル



ベルトルト「ユミル、大丈夫」ポンポン



ユミル「ひぅ……うっ」



ベルトルト「大丈夫だから、ね?」



ユミル「……」グスッ



ベルトルト(ユミルにこんな一面があるなんて、知らなかったな……) 




38 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 21:54:52 ID:tgNDRkJU




閉演後





ベルトルト「ユミル?」



ユミル「……」



ベルトルト「ユミル、もう終わったよ」



ユミル「……え? 終わった?」



ベルトルト「全く、目も閉じて耳も塞いで、ほとんど見れてないじゃないか」



ユミル「だ、だってよ――ん?」



ベルトルト「大丈夫?」



ユミル「う、うわぁっ!」バッ!



ベルトルト「まだ怖い?」



ユミル「だ、大丈夫だ! もう全然平気!」



ベルトルト「よかった」フッ



ユミル「……!」 




39 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 21:56:49 ID:p9dASMmc




ベルトルト「どうしたの?」



ユミル「いや……何でもない」



ベルトルト「いったん外に出ようか」



ユミル「あぁ……」



ユミル「……なぁ、ベルトルト」



ベルトルト「何?」



ユミル「その……ありがとう」



ベルトルト「どういたしまして」 




40 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:01:31 ID:PsGvzD7s




劇場の外





ユミル「おー、だいぶ日が傾いてるな」



ベルトルト「そうだね。少し散歩して――あっ」



ユミル「うん? どうした?」



ベルトルト「サシャとコニーだ」



ユミル「何っ!? どこだ!」



ベルトルト「あそこ」スッ



ユミル「よし行くぞ!」ガシッ



ベルトルト「えぇっ!? おいちょっ、ユミル!」ズルズル 




41 :以下、名無しが深夜にお送りします&
:2013/07/05(金) 22:04:08 ID:H8LnVL0Q


ベルユミ!ベルユミ 




42 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:05:40 ID:8zVC/wlc




商店街 路地裏





ユミル「よし、十分距離はとったし、ここからなら見つからねぇな」



ベルトルト(……前から思ってたけど、ユミルって結構、野次馬根性あるな)



ベルトルト(まぁ、それに付き合ってる僕も僕なんだけど)



ユミル「んー? 何だよあいつら、まだ手も繋いでねぇのかよ。お子様だな」



ベルトルト「まぁ、二人のペースってものがあるんじゃないかな」



ユミル「あいつらのペースって、牛よりも遅いんじゃねぇの」 




43 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:36:18 ID:13xIcWsk




ユミル「お、立ち止まったぞ」



ベルトルト「露店、かな? おばあさんが座ってる」



ユミル「サシャの奴、随分興味津々に見てるな。あれは……髪留めか?」



ベルトルト「みたいだね。白い花のついた髪留めを手に持って見てる」



ユミル「お、財布出したぞ。買うのか」



ベルトルト「あれ、なんか、がっかりした顔してる」



ユミル「金が足りなかったのか、馬鹿だな……うん? コニーがそわそわしだしたな」



ベルトルト「視線があっちこっち動いてるね」 




44 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:38:21 ID:zt8Vj1zs




ユミル「待て、コニーがサシャになんか言って……髪留め渡されたな。んで、ばーさんのとこ行って……財布取り出したぞ! 買ってやる気か」



ベルトルト「そのようだね。サシャが驚いてる」



ユミル「やるじゃねぇか、コニー」



ベルトルト「サシャ、すっごく喜んでるね。コニーがサシャの右手をとって、髪留めを渡して――」





ベル・ユミ「「おぉー」」 




45 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:41:33 ID:03c9dRUM




ユミル「そのまま反対側の手をとって繋ぐとはな」



ベルトルト「ちゃんとコニーの方から繋いであげたね」



ユミル「何だ、男ってのはそういうの気にするのか?」



ベルトルト「気にする男も、いるってことだよ」



ユミル「ふーん……なぁ、あの露店、ちょっと覗いてみないか」



ベルトルト「あぁ、いいよ」 




46 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:46:46 ID:sOmvorzs




露店





おばあさん「いらっしゃいませ」



ユミル「へぇ、なかなかいいのが揃ってるな」



ベルトルト「可愛らしいものが多いね」



ユミル「あぁ。サシャも見てたが、遊びのきいた髪留めが多いな。あいにく私は、飾りもんに興味はないが」



ベルトルト「そうなの?」



ユミル「似合わないだろ? 私には」



ベルトルト「そんなことは」



ユミル「いいや、こういうのはサシャみたいな、愛嬌あって可愛いやつがつけるもんさ」



ベルトルト(そんな――ユミルだって、きっと似合うのに)



ユミル「せっかくだし、クリスタに何か土産に買ってってやるかな――ん?」 




47 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:57:57 ID:Rx6nbkzE




ベルトルト「それも、髪留めだね。シンプルだけど、青い石のあしらいが綺麗だね」



ユミル「この石……護り石だ」



ベルトルト「護り石?」



ユミル「持つ人を護るまじないをこめた石だよ。石の御守りだ。こんなところに売ってるなんて……」



ベルトルト「へぇ、初めて聞いたな」



ユミル「……」



ベルトルト「ユミル?」



ユミル「……」ジィー



ベルトルト(真剣に見てる……欲しいんだろうな)



ベルトルト(この髪留め、ユミルに似合いそうだな……)



ベルトルト「……」 




48 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 22:59:44 ID:TPsryano




ベルトルト「すみません、これください」



ユミル「えっ!?」



おばあさん「はいよ。ありがとう」



ユミル「お、おいちょっ、お前何やって!」



ベルトルト「見ての通りさ。ほら」グイッ



ユミル「!」 




49 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 23:02:06 ID:TPsryano




ベルトルト「はい」ポンッ



ユミル「お前……どうして」



ベルトルト「今日のお礼だよ、ユミル」



ユミル「え?」



ベルトルト(僕に、心を開いてくれたから)



ベルトルト「今日は、ありがとう。ユミル」フワッ



ユミル「――!」 




50 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/05(金) 23:03:23 ID:13xIcWsk




ユミル「……」



ベルトルト「ユミル?」



ユミル「お前、ずっとそのツラしてろよ」



ベルトルト「えっ?」



ユミル「ずっと、そうやって笑ってろ。その方がいい。その方が似合ってる」



ベルトルト「……!」



ベルトルト(今、笑ってたのか、僕は――)



ベルトルト「……ありがとう」



ユミル「礼をいうのはこっちだよ。これ、大切にする」



ベルトルト「あぁ。そろそろ日が暮れるね。戻ろうか」



ユミル「おう」 






52 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:29:39 ID:yZ5UQn2o






男子寮





ベルトルト「……」ゴロン



ベルトルト(――ユミル、か)



ベルトルト(気付いたら当たり前みたいに呼んでたな)



ベルトルト(あんなに何度も名前を読んだ相手は、この壁内では初めてかもしれない)



ベルトルト「……」



ベルトルト「ユミル……」ボソッ





久しぶりに、こんなに満たされた夜を迎えられたのは、



きっと君のおかげなんだね。





ベルトルト(――ありがとう) 




53 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:30:37 ID:yZ5UQn2o


翌日

午前 兵站訓練





ベルトルト(兵站訓練用の服って、あっついんだよなぁ。全身覆われてるし)



ベルトルト(今日の組は、僕とクリスタと――ユミルか)



ベルトルト「ユミル、頑張ろう」



ユミル「あぁ」



ベルトルト「……? なんか、元気ない?」



ユミル「いや、そんなことねぇよ」



ベルトルト(なんか、落ち込んでるみたいに見えるんだけど……どうしたんだろ) 




54 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:31:30 ID:yZ5UQn2o


ザッザッザッザッ



ベルトルト(道ぬかるんでるのに、みんな結構ペース速いな……)チラッ



ユミル「……」ゼェゼェ



ベルトルト(ユミル、随分辛そうにしてる。でも、もっと辛そうなのは――)



クリスタ「ユミル……っ待って……速い、よ……」ゼエゼエ



ユミル「クリスタ! 大丈夫か?」



クリスタ「うぅ……重い……」



ユミル「待ってろ、今荷物をこっちに――」



ズルッ



ユミル「!」グラァ



ベルトルト(!) 




55 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:32:18 ID:yZ5UQn2o




ガシッ



ベルトルト「ユミル!」



ユミル「――ベル、トルト?」



ベルトルト「大丈夫? ゆっくり体を起こして」グッ



ユミル「あ、あぁ」



クリスタ「ユミル!」ザッ「ごめんね! 大丈夫だった?」



ユミル「あぁ。ありがとな」



ベルトルト「クリスタ。僕が君の荷物を持つよ。貸して」



クリスタ「ほ、ほんと? でも、そんなことしたら、ベルトルトが」



ベルトルト「平気だよ。ほら」ヒョイッ



ユミル「ほー、軽々と持ち上げるじゃねえか。流石だな」 




56 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:38:10 ID:yZ5UQn2o




ベルトルト「そんな誉めても何もでないよ。ほら、頑張ろう」ザッザッ



ユミル「お前ってわりと面倒見がいいんだな」ザッザッ



ベルトルト「そうかな?」ザッザッ



ユミル「あぁ。故郷に妹か弟でもいるのか?」



ベルトルト「!」ギクッ



ベルトルト(故、郷――) 




57 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:39:43 ID:yZ5UQn2o




ベルトルト「……」



ユミル「ベルトルト? どうした?」



ベルトルト「いや……その……ごめん」



ユミル「ごめんって、何が」



ベルトルト「その……故郷のことは」



ユミル「え――」ハッ 




58 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:42:35 ID:yZ5UQn2o




ベルトルト(――そうだ、何を夢見ていたんだ、僕は)



ベルトルト(僕は、故郷に帰るためにここにいるんだ。戦士として、役割を果たすために)



ベルトルト(だから、壁内の人類に心を開かれたところで――)



ベルトルト(……?)





『夢見ていた』?



――何を?





ベルトルト(……) 




59 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:49:04 ID:yZ5UQn2o




ユミル「――悪かった」



ベルトルト「いや、謝らないでほしい」



ユミル「……」



ベルトルト「ユミル、フードが落ちそうだよ。さっき滑ったからかな」スッ



ベルトルト「――あっ」



ユミル「……?」



ベルトルト「髪留め、つけてくれてたんだね」サラ



ユミル「!」



ベルトルト「……」 




60 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:54:38 ID:yZ5UQn2o




そうか、僕は。



自分からも、心を開きたいと思ったんだ。



ほんの少しでも、僕をわかってもらいたいって。



それが自分の任務に支障をきたす行為だって、わかっているのに。



――それでも。





ベルトルト「うん、似合ってる。綺麗だよ」



ユミル「――!」





君の前では、素直になりたい。



僕に素直な自分を見せてくれた、君にだけは。 




61 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 00:55:23 ID:yZ5UQn2o




クリスタ「はぁっ、はぁっ……もう、私荷物持ってないのに、二人ともなんでそんなに早いの……」



ベルトルト「クリスタ、そろそろ目的地点だから荷物を戻したいんだけど、大丈夫?」



クリスタ「うん、ありがとう」



ベルトルト「あとちょっとだ。頑張ろう」ザッザッ



ユミル「……」 






66 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 16:54:47 ID:8vJd.W9g






食堂





ベルトルト(ライナーの怪我、そろそろ完治したってことになってるはずだけど)キョロキョロ



ベルトルト(まだ来てない、か)ガタン



ベルトルト「……」



ベルトルト(何を――ほっとしてるんだ、僕は)



ユミル「なぁ、ベルトルト」



ベルトルト「うん?」



ユミル「その、隣空いて――」



ライナー「ユミル? 久々だな」



ベルトルト「!」ハッ 




67 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 16:55:42 ID:8vJd.W9g




ユミル「ラ、ライナー? お前、怪我したって聞いたけど、もういいのか」



ライナー「休日安静にしてたら、この通りだ。もう訓練にも参加できる」



ユミル「そうか、よかったな」



ベルトルト(ライナー……!)



ユミル「ベルトルト? どうした?」



ベルトルト「いや……何でもない。大丈夫だよ」



ユミル「大丈夫な奴は、大丈夫って言わねぇよ」



ベルトルト「はは……かなわないな。君には」



ライナー「なぁ、お前ら、俺がいない間に随分仲良くなってないか?」



ベルトルト「!」ギクッ 




68 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 16:56:34 ID:8vJd.W9g




ベルトルト(あぁ、やっぱりそうだ)



ベルトルト「……ライナー」



ライナー「うん?」



ベルトルト「君の目から見ても、そうかい?」



ライナー「何がだ?」



ベルトルト「君の目から見ても、僕とユミルが……仲良さそうに映るのか、ってこと」



ベルトルト(僕は――恐れているんだ)



ベルトルト(君に、今の僕の気持ちを勘付かれるのが)



ベルトルト(君が戦士であることを疑っている僕が、戦士から遠ざかる気持ちを持っているなんて) 




69 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 16:57:22 ID:8vJd.W9g




ライナー「まぁ、そうだな」



ベルトルト「……」



ライナー「そんなことよりとっとと食うぞ。ユミルお前、そこに座るんだろ? このテーブルはもういっぱいだし、俺は向こうに行く



かな」クルッ



ユミル「あ、あぁ……ベルトルト、隣座るぞ」ガタン



ベルトルト「……」



ユミル「なぁ、一体どうしたんだよ。さっきライナーに聞いたのは、どういう意味なんだ?」



ベルトルト「……」 




70 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 16:58:19 ID:8vJd.W9g




ベルトルト「……ごめん」



ユミル「私には言えないことなのか」



ベルトルト「……」



ユミル「……そうかよ」



ベルトルト(……)



ベルトルト(限界、かな)



ベルトルト(もうこれ以上、ユミルには近づけない)



ベルトルト(近づいては、いけないんだ――)



ベルトルト(戦士であるために) 




71 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 16:59:35 ID:8vJd.W9g




翌朝

男子寮





チュンチュン



ベルトルト「……」ボー



エレン「ふぁーあ。ん? ベルトルト、目の下にクマできてないか?」



ベルトルト「なんだか昨日、寝付けなくてさ」



ベルトルト(ユミルのこと考えて、ずっと頭の中がぐるぐるしてたから……)



アルミン「何かあったの?」



ベルトルト「大したことじゃないんだ。大丈夫」



ベルトルト(そう――大丈夫だ)



ライナー「お前らやっと起きたか。食堂行くぞ」 




72 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 17:00:30 ID:8vJd.W9g




食堂





ミカサ「エレン、アルミン、やっと来た」



アルミン「おはよう、ミカサ」ガタン



エレン「お、席とっといてくれたのか。サンキュ」ガタン



ライナー「何だ、俺たちの分の席はないのか?」



エレン「あ、悪りい」



ベルトルト「いや、エレンが謝ることではないんだけど」 




73 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 17:01:40 ID:8vJd.W9g




ミカサ「もう少し奥なら席が空いているはず。サシャとコニーが行った方だけど」



ライナー「はいはいありがとよ……お、クリスタも一緒にいるな」



ベルトルト「!」



ベルトルト(クリスタがいるってことは……)



ライナー「おいお前ら、道ふさいでるぞ」



クリスタ「あ、おはよライナー、ベルトルト」



ユミル「!」



ベルトルト(やっぱり……) 




74 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 17:02:22 ID:8vJd.W9g




ライナー「おお、おはよう皆」



ベルトルト「おはよう……」



ユミル「……あの」



ベルトルト(駄目だ。まともに目を合わせられない)



ベルトルト(以前と同じ接し方にさえ、戻せそうにない――)



ベルトルト「……」フイッ スタスタ



ユミル「――!」



ライナー「ん? お、おいベルトルト!」 




75 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 17:10:27 ID:8vJd.W9g




ガタン



ベルトルト「はぁ……」ストン



ベルトルト(傷ついただろうな……きっと)



ベルトルト(でも、これでいいんだ。これで)



ライナー「おいベルトルト、お前いったい――」



ガチャーン!



ベルトルト(え?)



クリスタ「ユミル!? ユミルーっ!!」



ベルトルト(ユミル?)ガタッ! 




76 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 17:15:43 ID:8vJd.W9g




クリスタ「ユミル! しっかりしてユミル!」



コニー「お、おい! 一体どうしたんだ!



サシャ「ユミル、しっかりしてください!」



ライナー「おい、どうした!」



クリスタ「ユミルが倒れて……!」



ベルトルト(倒れた?)



ベルトルト(――ユミルが!?)ダッ 




77 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 17:17:14 ID:8vJd.W9g




ベルトルト「ユミル!」ガバッ



クリスタ「!」



コニー「うお!? ベルトルト!?」



ベルトルト「すぐに医務室に運ぶ! クリスタ、一緒に来てくれ!」ダッ



クリスタ「は、はいっ!」ダダッ



バタバタバタ・・・ 




78 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 17:18:34 ID:8vJd.W9g




ザワザワ・・・



コニー「すっげ……ユミル抱えてから食堂出るまで、あっという間だったな」



サシャ「はえー、今のベルトルト、かっこよかったですねー」



コニー「え?」



サシャ「なんというか、たくましくて」



アニ「何だいこれ? 何の騒ぎ?」



サシャ「あ、アニ! 実はですね今――」



アニ「……え? ベルトルトが……そんなことを?」



コニー「……」チカラコブ 






83 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 23:38:30 ID:8vJd.W9g




医務室





ユミル「……」スウスウ



ベルトルト「今朝から具合悪かったの?」



クリスタ「うん……何て言うか、顔色も悪くて、心ここにあらずって感じだった」



ベルトルト「そっか……とりあえず、今日ゆっくり休んで、回復してくれるといいんだけど」



クリスタ「……」



ベルトルト「じゃあ、申し訳ないんだけどクリスタ、訓練が始まるまでは、ユミルに付き添ってあげてもらえないかな? 目が覚めて

医務室じゃ、ユミルもビックリするだろうし」



クリスタ「――ねぇ」



ベルトルト「うん?」



クリスタ「どうして……ユミルを避けたの?」 




84 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 23:39:28 ID:8vJd.W9g




ベルトルト「……」



クリスタ「昨日の夜、食堂から帰ってきた後から、ユミル、どこか上の空だった」





クリスタ「食堂で一緒だったでしょ? あの時、一体何があったの?」



ベルトルト「……僕からも質問させてほしい」



ベルトルト「どうしてあの時、クリスタはユミルと離れていたのかな? いつも一緒にいるはずなのに」



クリスタ「……」



ベルトルト「答えて。クリスタ」



クリスタ「……私が、ベルトルトの隣に行くように、ユミルをけしかけたから」



ベルトルト「!」 




85 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 23:40:06 ID:8vJd.W9g




クリスタ「ごめんね。私、余計なことしてるってわかってる」



クリスタ「けど、週末ベルトルトと出かけてから、少し嬉しそうにしてるユミル見てたら、協力してあげたくて」



クリスタ「だから……」シュン



ベルトルト(ユミルが、嬉しそうにしていた?)



ベルトルト(『協力』って、つまり、そういうことだよな……ユミルも、クリスタの『協力』に乗ったってことか?)



ベルトルト(クリスタ大好きな、あのユミルが?)



ベルトルト「……」





ユミル、もしかして、



君は――





ユミル「う、ん……」



ベルトルト「!」 




86 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 23:41:36 ID:8vJd.W9g




ベルトルト(まずい、今起きられたら――どんな顔したら)



クリスタ「あれ、ユミ――」



ベルトルト「ごめんクリスタ、とにかくここは任せたから!」ダダッ



クリスタ「えっ、ちょっ、ベルトルト!」



ベルトルト「あ、それと、僕がユミルを運んで来たことは、ユミルには言わないでね」



ベルトルト「それじゃまた」ガチャッ



クリスタ「ちょっと!」



バタン 




87 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 23:42:38 ID:8vJd.W9g




ベルトルト「……」



ベルトルト「はぁ……」



ベルトルト(とりあえず、いったんここを離れよう)テクテク



ベルトルト(そういや、僕もクリスタも朝食食べてないよな。パンだけでも、食堂から持ってこれないかな)





食堂





ベルトルト(よかった、ちゃんと残ってて)



ベルトルト(また医務室に戻るのは怖いけど……クリスタが出てくるのを待ってればいいだろう)



ベルトルト(うん? 入り口の方から誰か来る)



アニ「……」



ベルトルト(アニ?) 




88 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/06(土) 23:52:07 ID:8vJd.W9g



ベルトルト(周り、誰もいないか)キョロキョロ(なら、普通に話しかけていいよな)

ベルトルト「アニ、どうしてここに――」

アニ「今夜入浴時間前に、男子寮裏口で待ってて」

ベルトルト「!」

アニ「話があるから」クルッ スタスタ

ベルトルト「……」

ベルトルト(短い時間を狙って、わざわざ男子寮まで来てする話?)

ベルトルト(……嫌な予感がする。こういう時はたいてい、注意や警告を促されるから) 


89 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 00:17:29 ID:hsjKpNOQ




医務室入り口





ガチャッ バタン



クリスタ「あっ、ベルトルト」



ベルトルト「しっ。はい、クリスタのパン持ってきたよ」



クリスタ「ありがとう……ほんとに、中には入らないつもり?」



ベルトルト「もうすぐ訓練が始まるしね。クリスタの班、今日の立体機動訓練の先遣隊役やるんじゃなかったっけ?」



クリスタ「えっ、あっ、そうだ! もう行かなきゃ! ありがとう!」パタパタ



ベルトルト「……」 




90 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 00:18:34 ID:hsjKpNOQ




ベルトルト「……」キョロキョロ



コンコンコン



ベルトルト(……寝てる、かな?)



コンコンコン



ベルトルト(返事なし)



ベルトルト「……」



ガチャッ… 




91 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 00:45:33 ID:hsjKpNOQ




ユミル「……」



ベルトルト(うん、寝てるみたいだ)コツ コツ コツ



ベルトルト(なんか苦しそうな表情してるけど、熱あるんじゃないよな?)



ベルトルト(……おでこ触っても、起きないかな?)



ベルトルト「……」スッ



ベルトルト(うん、熱くない。大丈夫そうだ)



ベルトルト「……」



ベルトルト(ユミル、意外と髪の毛、細いんだなぁ)スッ



ベルトルト(わっ、すごくサラサラしてる――って、何をやってるんだ、僕は)



ベルトルト(こんなことしてたら、そのうちユミル起きて――あ)カチリ 




92 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 00:46:21 ID:hsjKpNOQ




ドクン



ベルトルト(これ……僕があげた髪留めだ)



ドクン



ベルトルト(今日も、つけていてくれたのか)



ドクン ドクン



ベルトルト(ユミル……)



ドクン…



ベルトルト「……」スッ 




93 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 00:52:26 ID:hsjKpNOQ




震える手で、ユミルの肌に触れる。



整った眉、凛とした目元、すっと通った鼻筋、そばかすのある頬。



一緒に話している時は、こんなにまじまじと見たことはなかった。



とても――綺麗だ。



少なくとも僕には、綺麗に見える。





ベルトルト「――!」





口元に指先が達して、思わず手を離す。



ユミルはまだ、起きる様子はない。 




94 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 00:55:20 ID:hsjKpNOQ



ベルトルト「……」


そっと、優しく、ほんの一瞬だけ。

指先が、彼女の唇に触れた。

自分が望んでいる物が何なのかを、自分の行動で知らされることになった。

叶えてはいけないと、わかっていて。


ベルトルト「……」

クルッ

コツ コツ コツ

ベルトルト「……何をやっているんだ。僕は――」

パタン・・・ 






98 :以下、名無しが深夜にお送りします&
:2013/07/07(日) 12:57:56 ID:E/TyQR8s


とても…良いです 







103 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:07:46 ID:bTcG0U5M






男子寮裏口ドア前





ベルトルト(よし、みんな浴場の方に行ったな)



ベルトルト(そろそろ、かな)



ガチャッ



アニ「……」



ベルトルト「わざわざ来てもらっちゃって、ごめんね」



アニ「時間がない。用件だけ言うよ」 




104 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:08:45 ID:bTcG0U5M




アニ「食堂での一件からか、あんたとユミルのことが噂になりかけてる」



ベルトルト「……」



アニ「別に、それについて私がどうこう言うつもりはない。ただ、今後の任務に支障が出ないように、ってだけ」



ベルトルト(アニ……君にまで、そんなことを言われるなんて)



ベルトルト「……わかった。ありがとう」



アニ「話はそれだけだから」クルッ タタタッ 




105 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:09:49 ID:bTcG0U5M




ベルトルト(……)



ベルトルト(任務に支障が出ないように、か)



ベルトルト(――そんなの無理だよ、アニ)



ベルトルト「はぁ……」



ユミル「ベルトルト」



ベルトルト「え――ユミル!?」ドキッ



ベルトルト(え? え!? なんでここにユミルが!?) 




106 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:10:37 ID:bTcG0U5M




ユミル「よぉ。奇遇だな、こんなとこで会うなんて」



ベルトルト「もう大丈夫なのかい?」



ユミル「あぁ。この通りだ」



ベルトルト「よかった……」



ユミル「なぁ、今、アニと何話してたんだ?」



ベルトルト「!」ギクッ 




107 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:11:29 ID:bTcG0U5M




ユミル「話してただろ? アニと」



ベルトルト「……見てたのか」



ユミル「何だよ、見ちゃいけなかったか?」



ベルトルト「いや、そんなことないよ。偶然会って、話しただけだから」



ユミル「お前さ、いい加減私に嘘が通じると思うなよ」



ベルトルト「……」



ユミル「もう一度聞くぞ。何話してたんだ?」 




108 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:12:24 ID:bTcG0U5M




ベルトルト「……ごめん」



ユミル「そんな言葉が聞きたいんじゃない」



ベルトルト(僕だってほんとは、こうして謝るようなことをしたくないんだ)



ベルトルト「頼む……これ以上は、聞かないでくれないか」



ベルトルト「君に嘘をつきたくないし、かといって、素直に話せることでもないんだ」



ベルトルト「本当に……ごめん」



ユミル「……」



ユミル「わかった。もういい」 




109 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:13:31 ID:bTcG0U5M




ベルトルト「ユミル?」



ユミル「邪魔して悪かったな。ベルトルト」クルッ



ユミル「――じゃあな」ダッ



ベルトルト「ユミル!」





行ってしまう。ユミルが。



追いかけるなんて、できない。





ベルトルト「――ユミル! 待て!」ダッ 




110 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:16:58 ID:bTcG0U5M




こんなことは、決して許されない。





「ユミル!」ガシッ





こんなことは、間違っている。





「離せよ!」バッ



「どうせ何聞いたって、答えてくれないんだろ!」



「どうせ……私になんて……」





なのにどうして、どうしてだ?





「ユミル」グイッ





わかっていてなぜ僕は。





「聞いてくれ」ギュッ





望むがままに、動いているんだ。 




111 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:21:28 ID:bTcG0U5M




「……」





ユミルの体が、僕の腕の中に収まる。劇場での時みたいに。



だけどあの時とは全然違う感情が、今の僕の中にはある。



そして、君も同じ気持ちだということを、僕はもうわかっている。



わかっている――そのせいで。 




112 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:23:11 ID:bTcG0U5M




「ユミル。僕は」





君に甘えてしまいたくなる。





「君が好きだ」





君に受け入れてもらいたくなる。





「ベルトル――っ」





君に何一つ真実を明かせない、こんな身勝手な僕のことを、





「んっ……」





愛してほしいと、思ってしまう。 




113 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:25:22 ID:bTcG0U5M




「んっ……はぁっ、うっ……」





唇を離し、目が合うと、彼女の目から雫が落ちた。



頬を手で包み、涙を拭ってあげると、自分の視界も曇り始めた。





「ごめんね。本当は泣かせたくないんだ」



「本当は……君にすべてを打ち明けてしまいたい。僕が楽になるだけだけど、全部吐き出してしまいたい」



「だけど、そうしてしまったら、君をこの腕に置いておけなくなる。それだけは、どうしても嫌なんだ」



「僕は、君に嘘をついてばかりだけど……この気持ちだけは、本当なんだ」 




114 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:26:22 ID:bTcG0U5M






最後の方は、もう声が震えていた。ユミルが涙を払ってくれる。



そのまま、慰めるような口づけをもらう。僕も、抱きしめる腕に力を込める。





あとはもう、どちらが求めているかなんて、関係なかった。



僕たちは泣いて、泣いて、泣き疲れるまでずっと、お互いに強く抱き合っていた。 




115 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:28:10 ID:bTcG0U5M




翌朝

男子寮





エレン「ふぁー、おはよ」



ベルトルト「おはよう、エレン」



アルミン「ベルトルト、このパンフレット、君の? 落ちてたよ」



ベルトルト「あっ、ありがとうアルミン」



ベルトルト(この前の劇場のパンフレットだ……)パラ



ベルトルト(あれ?)



ベルトルト(最後のページに、次の演目のチケットが――)



ベルトルト「……」



サッ



ライナー「食堂行くぞー」 




116 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:29:54 ID:bTcG0U5M




食堂





マルコ「あっ、おはよう皆」



アルミン「おはよー」



ベルトルト「……」チラ



クリスタ「おはよう!」



アルミン「クリスタ、おはよ――えっ!? どうしたのその顔! 目が腫れてるじゃないか!」



クリスタ「えへへ……ちょっとね」



マルコ「ユミルも目が大分腫れてるね。二人とも喧嘩でもしたの?」



ユミル「そんなんじゃねーよ。ほっとけ」 




117 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:30:26 ID:bTcG0U5M




ベルトルト「ユミル、ちょっといいかい?」



ユミル「……おう」スタスタ



ユミル「何だよ」



ベルトルト「この前の劇場で、また別の演目が上演されるらしいんだ。今度はホラーじゃないやつ」ピラッ



ベルトルト「その……よかったら、今度の休日、一緒にどうかな?」



ユミル「――!」 




118 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:32:31 ID:bTcG0U5M




いつかきっと、僕は君を裏切ることになる。



この想いがどんなに強くても、僕は使命を忘れられはしない。



けれど、それでも。





ユミル「……あぁ、いいぜ」





罪深いとわかっているけれど、今だけは。



君のそばにいたい。この気持ちは嘘じゃない。





ユミル「――ベルトルさん」



ベルトルト「ベルトルさん、か……悪くないね」





君が僕に、心を捧げてくれるなら。









終わり 




119 : ◆rsH9FLRPiM&
:2013/07/07(日) 19:41:37 ID:bTcG0U5M


これにて完結です。

上の方に書いた通り、この話は別版に投下した、



ユミル「劇場のチケット?」ベルトルト「あっ!」





の、ベルトルト視点として書きました。

拙い文章ではありますが、もしよろしかったらそちらも是非、見に来て頂けるとうれしいです。



読んでくださった方、支援してくださった方、ありがとうございました。 




120 :以下、名無しが深夜にお送りします&
:2013/07/07(日) 19:49:50 ID:KnNYHVfQ


乙!乙乙! 





121 :以下、名無しが深夜にお送りします&
:2013/07/07(日) 22:24:19 ID:RZcx5qDk


乙!前から別板の方も見てたけど!すごくよかった!! 



関連スレ:

ユミル「劇場のチケット?」ベルトルト「あっ!」



サシャ「コニー!勝負しましょう!」コニー「勝負?」





元スレ:ベルトルト「このチケット、どうしよう……あれ!?」
http://jbbs.livedoor.jp/internet/14562/storage/1372929062.html

 
関連記事

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク