FC2ブログ
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 21:33:24.70 ID:RgKOy0qA0.net
部室

由比ヶ浜「ね、ねえ、ヒッキー」

八幡「なんだ?」

由比ヶ浜「そ、その……ヒッキーってもしかして、いろはちゃんと付き合ってるの?」

八幡「は? なんで?」

由比ヶ浜「だ、だって……」

八幡「俺と一色が付き合ってるだと? 馬鹿言うなよ」

いろは「そうですよ! 笑えない冗談です」ギュ

八幡「おい、くっつくな離れろ」

いろは「え~」ギュ

雪ノ下「……」
由比ヶ浜「……」
3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 21:34:18.63 ID:0QcL4y+m0.net
いろはす~
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 21:40:36.71 ID:RgKOy0qA0.net
雪ノ下「……一応、確認したいのだけど」

八幡「んだよ、お前まで由比ヶ浜みたいな馬鹿なこと言う気か?」

雪ノ下「なぜ一色さんが奉仕部にいるのかしら」

八幡「なんでってこいつが仕事手伝えって煩くてな」

いろは「そんな事言って、ほんとは可愛い後輩に頼み事されて嬉しいんですよね~」ギュ

八幡「だから離れろ。あざとい、鬱陶しい」

いろは「酷い!」

雪ノ下「……」

由比ヶ浜「……」
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 21:53:07.49 ID:RgKOy0qA0.net
由比ヶ浜「てかヒッキー、なんだかんだでいろはちゃん仕事手伝ってるし……」

八幡「あ? それはあれだ。こいつが手伝わないといつまでも絡んでくるからだ……ほら、一色できたぞ。次の書類よこせ」

いろは「さっすが先輩! はい、次の書類です」

八幡「ったく……ほら、ここ訂正した方がいいぞ」

いろは「えっ、どこですか?」

八幡「ここだ。良く見ろ」グイ

雪ノ下「!?」
由比ヶ浜「!?」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 22:00:48.61 ID:RgKOy0qA0.net
いろは「あっ、ほんとですね~あちゃ~」

八幡「あちゃ~じょねえよ。これで何箇所目だ」

いろは「ほんと助かりますよ先輩~!」ギュ

八幡「だから離れろって」

雪ノ下「ねえ、由比ヶ浜さん。いま彼……なにを、したの?」

由比ヶ浜「い、いろはちゃんの肩を掴んで、ひ、引き寄せた……」

雪ノ下「あの比企谷くんが? 女の子相手に?」

由比ヶ浜「しかも手慣れた感じだし……」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 22:17:26.76 ID:RgKOy0qA0.net
八幡「つか一色、お前も仕事しろ。人に手伝わせてるだけでさっきから何もしてねえじゃねえか」

いろは「え~ちゃんとしてますよ?」

八幡「……何をだ」

いろは「こうやって先輩を応援してるじゃないですか! 可愛い後輩に抱きつかれながらだったら先輩もモチベーション上がりますよね~」ムギュ

八幡「だからあざといんだよ。んなにあざとくてモチベーション上がるか」

由比ヶ浜「……文句は言うのに振り払わないんだ」

雪ノ下「ねえ、一色さん」

いろは「なんですか、雪ノ下先輩」

雪ノ下「その男をどう扱うが勝手だけど、部員でも依頼人でもないあなたがいつまでもここに居るのはどうかと思うのだけど」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 22:32:38.25 ID:RgKOy0qA0.net
八幡「確かに雪ノ下の言う通りだ。さっさと生徒会室に帰れ」

いろは「え~もう少しだけ……」

雪ノ下「一色さん、あまり同じ事を言わせないで欲しいのだけど」ギロ

いろは「ひっ、す、すみません……」

由比ヶ浜(ゆ、ゆきのんが怖い……)

いろは「わ、分かりました……それじゃあ先輩、行きましょうか」

雪ノ下「は?」

いろは「」ビク

雪ノ下「一色さん、いま、なんて?」

いろは「えっ、その……お邪魔になるようなんで先輩と生徒会室で仕事の続きをしようと……」
49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 22:47:56.24 ID:RgKOy0qA0.net
雪ノ下「一色さん」

いろは「」ビク

雪ノ下「比企谷くんは仮にもこの奉仕部の一員なの。勝手に持ち出す事は私が許可しないわ」

八幡「持ち出すって……」

由比ヶ浜「そうだよ! ヒッキーは奉仕部の部員だもん!」

いろは「わ、分かりました……」ショボン

八幡「……」

いろは「じゃあ、私はこれで……」

八幡「……一色」

いろは「なんですか?」

八幡「その、あれだ。部活中は無理だが、部活が終わったらあとな……暇だから」

いろは「!? 先輩!」パアアア

由比ヶ浜「……」
雪ノ下「……」
54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 22:57:53.03 ID:RgKOy0qA0.net
いろは「えへへ、さっすが先輩!」ギュ


八幡「だからあざといから止めろ……だいたい責任取れって言ったのはどこのどいつだ。別に手伝いくらいなしてやる」

由比ヶ浜「せ、責任取るって……え、えっ?」

雪ノ下「……」

いろは「そうでしたね♪それじゃあ、先輩!部活終わったら生徒会室に来てください!」

八幡「……ああ、またな」

いろは「ではまた後ほど! 結衣先輩、雪ノ下先輩、お邪魔しました!」

バタン

八幡「ったく……」
62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 23:20:36.07 ID:RgKOy0qA0.net
八幡「やっと静かになったな。騒がしい奴だ」

雪ノ下「……」ジー

由比ヶ浜「……」ジー

八幡「……えっ、お前らなんでそんなに俺睨んでるの? ぼうぎょ下げたいの?」

雪ノ下「責任を取る、とはどういう意味かしら」

由比ヶ浜「やっぱりヒッキー、いろはちゃんと……」

八幡「ちげえよ。さっきも言っただろ。俺と一色は別にそういう関係じゃない」

雪ノ下「なら、どういう関係なの?」


八幡「どうって言われてもな……」
70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 23:31:40.45 ID:RgKOy0qA0.net
八幡(あれ? 確かにどういう関係だ?)

八幡(友だちではない。勿論、彼氏彼女の関係でもない)

八幡(ただの先輩と後輩……なら俺があいつにここまでしてやる義理はない)

八幡(奉仕部と依頼人……だが依頼の終わったいま、その関係も当てはまるとは言い難い)

八幡(俺が一色の手伝いをしているのは、俺があいつを会長した為……)

八幡(だが、それも前回のクリスマスの依頼で一応はけりが着いた筈。なのに、いまでも俺があいつの手伝いをしているのは……)

八幡「そうだな、俺とあいつは……」
74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 23:42:04.60 ID:RgKOy0qA0.net
―――
――

生徒会室

いろは「ふう、とりあえず一段落つきましたね先輩」

八幡「……ったく、結局俺がほとんど仕事してたじゃねえか」

いろは「まあまあ、お茶くらいおごりますから!」

八幡「……なあ、一色」

いろは「なんですか?」

八幡「俺とお前ってどんな関係だ?」

いろは「……すみません先輩。ここからさりげなく告白に繋げるつもりなんでしょうが、まだダメですごめんなさい」

八幡「お前に告白とかアホか。ねーよ」

いろは「酷い!というか、なんですか? 急に」

八幡「さっき雪ノ下に聞かれてな」
78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/23(水) 23:50:15.94 ID:RgKOy0qA0.net
いろは「雪ノ下先輩に……ふーん」

八幡「んだよ、その反応は……」

いろは「別に。それで、先輩はなんて答えたんですか?」

八幡「よく分からんって答えたよ」

いろは「えーなんですか? そのてきとーな答え」

八幡「んなこと言われても実際によく分かんねえんだから仕方ないだろ」

いろは「もっと、ほらあるじゃないですか! 可愛い後輩をほっておけない片思いの先輩、とか!」

八幡「ねーよ」

いろは「酷い!」
83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/24(木) 00:03:18.49 ID:dGvYhxt40.net
八幡「んで、お前はどう思う?」

いろは「えっ?」

八幡「俺とお前の関係だ。先に言っておくがさっきの片思い云々はなしな」

いろは「えー」

八幡「えー、じゃねよ」

いろは「私と先輩……そう、ですね、うーん」

八幡「な? よく分からん、としか言いようがねえだろ」

いろは「いえ、そうじゃないです」

八幡「なに?」

いろは「……どんな関係か、ってことならたぶん言えると思いますよ。私視点で、の関係ですけど」

八幡「どういう意味だ?」

いろは「……たぶん私から見る先輩の関係と先輩から見る私の関係は違うと思うんです」

八幡「なるほど……まあ人との関係の捉え方なんて必ずしも互いに共通してるとは限らないしな」
89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/24(木) 00:14:32.38 ID:dGvYhxt40.net
八幡「んで、お前から見た俺たちの関係はなんだ?」

いろは「それは……」チラ

八幡「……んだよ」

いろは「……ダメです」

八幡「はあ?」

いろは「今はダメです」

八幡「なんだそりゃ……」

いろは「えへへ、安心してください、先輩」ギュ

八幡「おい、だからくっつくなって……」

いろは「先輩……」ボソ
八幡「み、耳元で囁くなよ……なんだよ」ビク

いろは「……いつかちゃんと、伝えますから」

八幡「えっ……?」

いろは「だから……今はダメです、先輩♪」

八幡「……ほんて、あざといな」

終わり
92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/24(木) 00:16:06.82 ID:dGvYhxt40.net
ゆきのんが好きですでもいろはすはもっと好きです

支援保守ありがとうございました
93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/24(木) 00:17:23.00 ID:e14SXrwc0.net
おつ
98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/24(木) 00:26:52.06 ID:gW+VJxmP0.net
おつ
面白かったで
100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/24(木) 00:48:34.40 ID:G0UxvMfU0.net
続編待ってる
おつ
104: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/24(木) 01:04:47.74 ID:511ynoof0.net
良かった

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2016年05月11日

    面白かったです。

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ