提督「艦娘の喘ぎ声がうるさい」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/10(火) 23:44:03.44
提督「うるさいんだよ……」

明石「そう言われましても……」

明石「大きな喘ぎ声、ですか?」

明石「それほど気になるものなのでしょうか」

提督「なるんだよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423579443


注目記事




2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/10(火) 23:49:54.84
提督「例えば、この前、金剛と閨を共にしたわけだが……」

~回想中~

金剛『Wow!Congratulations!』

金剛『Oh! Oh,yes! yes,yes,yes……』

金剛『Oh, My Gad! Oh, My Gad! Ah,fuuuu……!』

金剛『B,B,B……』

金剛『Burning! Love!!』

~回想終了~

提督「異文化コミュニケーションの難しさを痛感したね」

明石「はあ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/10(火) 23:53:02.36
明石「でも、それは性に大らかな金剛さんだけでは?」

明石「そういう艦娘ばかりではありませんよ。例えば……」

明石「そうだ! 加賀さんなんて、いかにも淡白そうですけど」

提督「加賀か……」

提督「加賀はなあ……」

明石「何か問題でも?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/10(火) 23:54:03.98
憲兵さんこっちです
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/10(火) 23:58:45.83
~回想中~

加賀『あまり乱れるな? 馬鹿馬鹿しい』

加賀『これは仕事よ。秘書官の仕事。我を忘れるなんてあり得ないわ』

加賀『一航戦の誇りにかけて……一航戦の、一航戦の……!』

加賀『のおおおおっほおおおおおおっ!』

加賀『ほっ! ほっ! ほっ! ほっ!』

加賀『んほおおおおおっ!!』

~回想終了~

提督「一航戦の誇りって何なんだろうな」

明石「さあ……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:01:14.29
明石「まあ、でも、仕方ありませんよ」

明石「艦隊戦は死と隣り合わせ。かかるストレスも尋常ではありません」

明石「鬱積した感情を、そうやって吐き出すことが出来るのは、むしろ良いことだと思います」

提督「そうか」

提督「でもな、明石。相手を務める俺がどうにかなりそうなんだよ」

明石「難しいですね」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:06:05.30
提督「お前の改修工房で、どうにか出来ないだろうか」

明石「まさか声帯を取るわけにもいきませんし……」

明石「申し訳ありませんが、順応していただくしか」

提督「そうか……すまなかった。下世話な話に付き合わせて」

明石「いえ。私で良ければいつでもお付き合いしますよ」

明石「提督は私たち艦娘にとって、大事なお方ですからね」ニコッ

提督「明石……」キュン
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:11:48.06
~五分後~

明石「ああ、たくましい……! 提督の主砲がいきり立っています!」

明石「早く私の艦内工場で修理しなくちゃ……ああっ!」

明石「ダ、ダメです、提督! そんな乱暴にしては、私、小破してしまいます!」

明石「ああっ! 熱いっ! 熱いっ! 工作機械が延焼するぅ!」

明石「もうダメ、轟沈すりゅう……」ビクンビクン





提督「……」

提督「明石もか!」ドンッ!
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:16:41.05
提督「まさかの実況系だとはな……」

提督「途中まではイケると思ったんだが」

提督「世の中、そうそう上手くはいかないな」

提督「はあ……」

愛宕「あら? 提督、何か嫌なことでもありました?」

提督「愛宕か」

提督「いや、なに。艦娘たちの喘ぎ声がうるさくてな」

提督「どうにかならないものかと悩んでいるのだ」

愛宕「あらあら」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:22:07.26
愛宕「ごめんなさいね、高雄ちゃんの声、大きくって」

愛宕「執務室まで届いてました?」ウフフ

提督「ん? いや、そんなことはないが」

提督「――待て。高雄も喘ぎ声が大きいのか?」

愛宕「そうですよー?」

愛宕「提督と肌を合わせる機会がなくて、一人で慰めているんですけどぉ」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:31:19.44
~回想中~

高雄『くっ、卑劣な……!』

高雄『分かりました。今は提督に従いましょう』

高雄『私の、そして愛宕さんの命を保障してくれるのなら……』

高雄『ですが、勘違いなさらないでください。私は、私は屈しませんから!』キリッ

高雄『んひぃぃぃぃ! ま、負けない! 私は負けにゃい!!』ンホォ

~回想終了~

愛宕「って感じですよぉ?」

提督「知らないところで私の悪評が立ちそうだな」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:46:20.89
提督「しかし、高雄もアウトか」

提督「どこかに静かな艦娘はいないものか……」

愛宕「提督、わたしなんてどうですかぁ?」

提督「お前が?」

愛宕「ええ♪ こう見えて、夜も貞淑な大和撫子なんですよ♪」

提督「ほう……」

提督「試してみるのも、悪くはないな」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 01:07:31.07
~十分後~

愛宕「んもぅ、意外と甘えん坊なのですね」

愛宕「焦らなくてもわたしは逃げませんよ?」

愛宕「はぁ~い、リズムに合わせて動きましょうね~」

愛宕「いち、に、いち、に♪ いち、に、いち、に♪」

愛宕「ぱんぱかぱーんっ! よく出来ましたぁ♪」

愛宕「たくさん出ましたね♪ えらいですよ~」ヨシヨシ





提督「……」

提督「声は大きくなかったが、何かが違うっ!」バンッ!
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 01:51:25.19
提督「……う~む、しかし、高望みが過ぎたのかもしれん」

提督「艦娘のケアは提督の大事な仕事」

提督「本来ならば、そこに私情を挟むべきではない」

提督「いや、しかし……」

提督「ままならんなあ」ハァ
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 02:12:50.04
長門「提督。ここにいたのか」

提督(出たな退魔忍)

長門「ん? 何か言ったか?」

提督「いや、何も」

提督「それより、今日の午後は長門が秘書艦か」

提督「久しぶりだな、お前が秘書艦を務めるのは」

長門「あ、う、うむ。そうだな」ソワソワ

提督「?」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 02:47:02.97
長門「陸奥から聞いたのだ」

長門「な、何でも、提督と同衾することで、一時的に能力を上げることが出来るのだと」

長門「そして、それは秘書艦だけの特権なのだと」

長門「それで私も、その、だな」

長門「戦いのため……あくまで、戦いのためにだな!」

長門「抱かれたいと思うのだが……」カァァ

提督「……そうか」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 02:50:33.10
提督(正直、気が進まない)

提督(長門のことは好きだ。好ましく思っている)

提督(しかし、結果が目に見えているから、尻込みしてしまう)

提督(世界に名だたるビッグセブン。喘ぎ声もさぞビッグなのだろう)

提督(どうやら処女のようだが、すぐに『んほぉ!』とか『あひぃ!』とか言うに違いない)

提督(……だが、これも提督の務め。長門が望むのならば、私は彼女を抱こう)
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 02:53:41.25
提督「分かった。ここではなんだ。寝室に行こう」

長門「そっ、そうか……」

長門「ただ、恥ずかしながら、こういった経験がなくてな」

長門「面倒をかけると思うが、よろしく頼む」

提督「ああ、任せろ」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 03:01:26.94
~そして、五分後~

長門「つっ……!」

長門「い、いや、すまない。思ったより痛かっただけだ」

長門「そうか、これが破瓜の痛みか……」

長門「気を取らせた。続けてくれ」


~十五分後~

長門「あ、くっ……!」

長門「はあ、ぁ……わ、私なら心配いらない」

長門「好きに動いてくれて構わない」


~三十分後~

長門「あっ、あっ!」

長門「ふうっ、うっ」

長門「あっ、あっ、あっ、ああっ!」

長門「ああぁっ!」ビクッ
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 03:03:35.32
~四十分後~

長門「すまない、最後はすっかり翻弄されてしまった」

長門「男の悦ばせ方を、陸奥から色々と聞いていたのだがな」

長門「何も出来ず仕舞いだった」ハハハ

提督「……」

提督「えっ!?」

長門「えっ!?」ビクッ
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 03:04:31.97
あれ?
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 03:08:00.24
おしまい

長門さんがアナルが弱い退魔忍であるはずがない
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 03:11:52.97
乙っした
長門が普通に乙女だった……
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 08:07:48.46
ながもんとケッコン不可避

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

いいゾ^〜これ

とあるSSの訪問者

榛名は大丈夫です


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。