FC2ブログ

アニ「反省会」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:00:14 ID:Sazaq0rQ


キャラ崩壊注意
ネタバレ注意

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:01:23 ID:Sazaq0rQ


----新兵勧誘式

エルヴィン「---今回の襲撃で失ったものは大きいが これまでに無いほど人類は勝利へと前進した」

エルヴィン「それは周知の通り エレン・イェーガーの存在だ」

エルヴィン「彼と諸君らの活躍で巨人の侵攻は阻止され 我々は巨人の正体にたどり着く術を獲得した」

エルヴィン「彼に関してはまだここで話せることは少ない」

エルヴィン「だが間違いなく我々の味方であり 命がけの働きでそれを証明している」

エルヴィン「そして彼の成果があるシガンシナ区の地下室には」

エルヴィン「彼も知らない巨人の謎があるとされている」

ベルトルト「!」

アニ「!」

エルヴィン「我々はその地下室に辿り着きさえすれば この100年に渡る巨人の支配から脱却できる手がかりを掴めるだろう」

ライナー「地下室だと・・・」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:01:57 ID:Sazaq0rQ


エルヴィン「うんぬんかんぬん」

エルヴィン「以上だ」

エルヴィン「他の兵団の志願者は解散したまえ」

ベルトルト「・・・」チラッ

アニ「・・・」チラッ

ライナー「・・・」

アニ「・・・」ザッザッザッ


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:02:41 ID:Sazaq0rQ


---同日夜 訓練兵宿舎裏

アニ「・・・はい、集合ー」

ライナー「・・・おう」

ベルトルト「・・・」ノソノソ

アニ「えーっと、皆さんもうご存知の通りなんですがー」

アニ「エレンの実家にぃ、何ぞ巨人の秘密があるそうでーす」

ライナー「・・・」

ベルトルト「・・・」

アニ「もう改めて言わなくても良いんですがぁ」

アニ「彼の実家のシガンシナ区はぁ」

アニ「超大型巨人とぉ、鎧の巨人に依って壁を破壊されぇ、巨人達に蹂躙されてとても近づくことはできませぇん」

ライナー「・・・」

ベルトルト「・・・」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:03:18 ID:Sazaq0rQ


アニ「我々も是非地下室を調査したいのですがぁ」

アニ「我々が巨人を招き入れてしまったためにぃ、そう簡単にはいかなくなってしまいましたぁ」

アニ「つまりぃ、我々は自分の首を自分で絞めてしまってた訳でーす」

ライナー「・・・」

ベルトルト「・・・」

アニ「はい、作戦立案者さーん」

ライナー「・・・はい・・・」

アニ「・・・フッ!!!」バキッ

ライナー「キャンっ!!?!」

アニ「だから!言ったじゃないか!いきなり壁を壊して人類への攻撃を開始するんじゃなくて!!!」

アニ「しばらくは民間人として潜り込んで色々情報を集めようって!」

アニ「それを!あんたは!」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:04:10 ID:Sazaq0rQ


---5年前 シガンシナ区近く---

ライナー『重要な情報ってのはな、安全な所に隠しておくのがセオリーってもんだ』

ライナー『更にだな、重要な情報は偉い人間だけが知っているっていうのもお約束だ』

ライナー『以上を踏まえると、俺たちが欲しい情報はきっとシーナの内部にあるに違いない。』

ライナー『ウォールマリアは破壊しても構わんだろ、多分』

ライナー『どうせ最終的には人類滅ぼさなきゃいかんのだし』

ライナー『行くぜ、アニ、ベルトルト』

ライナー『俺のナイスなタックル魅せてやる!』サムズアップウィンク☆

----------


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:04:43 ID:Sazaq0rQ


アニ「ふわふわ!作戦がふわふわだよ!!」

アニ「シガンシナって一番最初に壊した場所じゃん!あんたのセオリー全然間違ってんじゃん!!」

アニ「大体!私たちが集めなきゃいけない情報とやらもさ!」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:05:16 ID:Sazaq0rQ


---5年前 アニ達の故郷---

偉い人『どうも、壁の中に巨人に関する重要な情報があるらしい』

偉い人『お前達は、壁の中に潜り込み、その情報を奪ってくるんだ』

ライナー『その情報とはどういったものですか?』

偉い人『えっ』

ライナー『えっ』

アニ『もう少し詳しい情報を頂けないと・・・手がかりも何も無いと動きようがありません』

偉い人『えっ』

アニ『えっ』

偉い人『いや、なんかこう・・・行けばぱっと分かるんじゃないかな』

偉い人『如何にも怪しげな井戸とか、宝箱とかさ・・・』

偉い人『あっ、王様の椅子の後ろとかにあるかも!』


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:06:02 ID:Sazaq0rQ


アニ『じゃあせめて、その情報が必要である理由を・・・』

偉い人『もっと偉い人が持って来いって言ってた』

----------

アニ「やっぱりふわふわーーーー!!!」

アニ「これだから!中間管理職は!」

アニ「壁内に潜り込んだは良いものの、全く手がかりを得られず早5年!」

アニ「作戦が全く進まないことに焦ってあんたは!」

ライナー「・・・」

アニ「『そろそろ何か動いとかないとグダるよな。ローゼもいっとく?』」

アニ「もうちょっと考えろ!ノリで動くな!!」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:06:40 ID:Sazaq0rQ


ライナー「いやでもほら、あそこでトロスト区に攻撃してなかったらエレンが巨人化能力持ってることも分からなかったし」

ライナー「あいつの実家が何かヤバいってことも分からなかったし」

ライナー「結果オーライだろ?」

アニ「・・・フッ!!!」バキィッ

ライナー「あふぅん!?!!!」

アニ「全くオーライじゃない!シガンシナ遥か彼方なのは変わらない!厳然たる事実!!!」

ライナー「」シクシク

アニ「両手で顔を覆ってなくな!キモい!!」

アニ「ああもう、どうすりゃいいのさ・・・」アタマカカエ


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:07:13 ID:Sazaq0rQ


アニ「・・・ベルトルト、あんたそんな隅っこにうずくまって何やってんの」

ベルトルト「」ビクッ

ベルトルト「・・・え、いや、アリ・・・」

アニ「・・・フッ!!!」バキィッ

ベルトルト「いやぁっ!?!!?」

アニ「今の会話聞いてた!?今後作戦をどう進めていくか、考えないと!」

ベルトルト「き、聞いてたよぉ・・・」

アニ「アリ観察してんじゃん!」

ベルトルト「ごご、ごめんなさい・・・」ブルブル


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:07:47 ID:Sazaq0rQ


アニ「私たちは戦士なんだよ!?」

アニ「作戦を成功させなきゃ故郷に帰ることすら出来ない!!」

アニ「今の作戦会議もとっても大切なのに、ガン無視でアリの観察とか!」

アニ「どんだけ虫好きなんだよ!!」

ライナー「・・・ムシだけに」ボソッ

アニ「・・・フッ!!!」バキィッ

ライナー「ぃふっ!??!」

アニ「ベル!あんたんちの水槽に入ってるアリの巣!外側からどういう構造になってるか分かるアレ!」

アニ「ずっとキモいって思ってた!」

アニ「故郷に戻ったら真っ先にケリ入れて駆逐してやる!!」

ベルトルト「そ、そんなぁ!?」ガーン

アニ「大体さ、あんた戦士であることよりも虫の方が大事なんでしょ」

ベルトルト「そんなことないよぉ・・・」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:08:18 ID:Sazaq0rQ


---5年前 アニ達の故郷---

偉い人『---と言う訳で、今回の作戦を成功させるためには諸君らの尽力が必要となる』

偉い人『君たちのような子供を壁内に送るには忍びないが・・・』

偉い人『これも、我々のためと思って頑張ってくれ』

ライナー『はっ』

ベルトルト『はっ』

アニ『はっ』

偉い人『良い顔だ。質問はあるか?』

ベルトルト『ひとつ、よろしいでしょうか?』

偉い人『なんだね?』

ベルトルト『コウちゃんとヘイちゃんを今回の作戦に帯同させても良いでしょうか?』


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:08:51 ID:Sazaq0rQ


偉い人『コウちゃんと・・・え、誰?』

ベルトルト『ヘイちゃん』

偉い人『いや、誰だよ。少数精鋭でいきたいから余りゾロゾロとは・・・』

ライナー『コウちゃんとヘイちゃんはベルトルトのペットのカブトムシです』

ベルトルト『』ドヤァ

偉い人『え、それ必要?え、何で??』

ベルトルト『コウちゃんもヘイちゃんもここ1ヶ月ずっと一緒だったんです!彼らが側にいれば僕の志気も上がります!!』キラキラキラ

偉い人『あー・・・まあ好きにすれば良いんじゃないかな・・・』

--------


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:09:45 ID:Sazaq0rQ


アニ「どこがそんなことないって言うのさ!!」

アニ「大体あんたさ、『僕には自分の意志がない』とか言ってたらしいけど」

アニ「違うよね?虫以外どうでも良いだけだよね?」

アニ「最初アルミンやマルコに虫の話振ったけど、ドン引きされちゃったから他の人にも話題振り辛くなっただけだよね?」

アニ「しかも、コウちゃんとヘイちゃん」

アニ「5年前にシガンシナ蹴破った時に、大事に抱えたままだったから蒸発しちゃったし!」

ベルトルト「・・・!!!」ポロポロ

ライナー「・・・っやめろ!アニ!!それ以上ベルトルトの精神を削るなぁ!」

アニ「うるさい!こうしてやる!」ズシッ

ベルトルト「ああ!巣の入り口に石を!なんてことするんだアニ!!!」

アニ「良いから話を聞け!話に加われ!!戦士としての責任を果たせ!!!」

ベルトルト「ふえぇ・・・」ポロポロ


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:10:45 ID:Sazaq0rQ


ライナー「・・・」

ライナー「・・・ってさっきからきついけどよ、アニ。お前もやらかしてるだろ」

アニ「・・・何さ」

ライナー「分かってるだろ?エレンのことさ」

アニ「・・・は?」

ライナー「巨人エレンは随分と強烈だったな」

ライナー「いくら15m級で大きい方とは言え、20体もの巨人を葬るのはでかいだけで出来ることじゃない」

ライナー「俺でも巨人20体を薙ぎ払える自信はない」

ライナー「エレンがお前との対人格闘で学んだ技術の賜物だろうよ」

アニ「・・・」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:11:19 ID:Sazaq0rQ


ライナー「親父さんの格闘術、素直に誉めて学び取ろうとしてくれたのが嬉しかったんだろ?」

ライナー「実は、俺も最初の頃は対人格闘大分手を抜いてたんだ」

ライナー「ところが、お前がエレンに稽古をつけ始めた途端メキメキと力を付けた」

ライナー「しまいには俺も本気でかからんと手に負えなくなった」

アニ「・・・何が言いたいの」

ライナー「俺たちはいずれ、シガンシナへ行きエレンの家の地下室を調査しなければならない」

ライナー「その際には必ずエレンを連れて行かなければならない」

ライナー「人類のウォールマリア奪還を待っていたら、俺たちは白髪の爺さんになっちまう」

アニ「あんたは白髪になる前にはげると思うよ。あんたの爺さんそうじゃん」

ライナー「えぇー・・・」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:11:50 ID:Sazaq0rQ


ライナー「じゃなくて、そうじゃなくて、例え話だから!」

ライナー「とにかく、そんな悠長に構えてはいられない」

ライナー「多少強引にコトを進めなければならないだろう」

ライナー「・・・エレンを攫うしかない」

ライナー「だが、エレン自身が巨人の力を手に入れちまった」

ライナー「これは・・・一筋縄ではいかんぞ」

アニ「・・・ん?」

ライナー「何だ?」

アニ「問題は、どうやって巨人に襲われずにシガンシナまで移動するかじゃないの?エレンを攫うのはどうして?」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:12:35 ID:Sazaq0rQ


ライナー「どうしてってそりゃお前・・・」

ライナー「人様のお宅にお邪魔するのに、留守中に勝手に入る訳にはいかんだろ」

アニ「えっ」

ライナー「そんなことも分からないのか」

アニ「えっ」

ライナー「お父さんはあなたをそんな子に育てた覚えはありません!」

アニ「うざっ」

ライナー「大体、シガンシナについたところで、エレンの家がどこか分からん。住宅密集してるしな」

アニ「住宅地図くらいあるでしょ」

アニ「それがないなら、ミカサやアルミンでも・・・」

ライナー「ミカサ、ダメ、コワイ」プルプル

アニ「アルミンは?」

ライナー「涙に濡れたチワワの瞳でプルプルされたら、俺の心が折れる」

アニ「チッ・・・このホモめ・・・」ボソッ


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:13:36 ID:Sazaq0rQ


ライナー「そもそも地下室の鍵はエレンが持ってる」

ライナー「それに、奴が巨人化する能力を持っているなら奴自身が何かの情報を持っているかもしれん」

ライナー「よって、エレンを攫う必要がある。証明終了」キリッ

アニ「そっちの理由を先に挙げなよ!?」

ライナー「話を戻すと、アニがエレンをあれだけ強くしなければもうちょい楽できた」

ライナー「な?俺だけじゃないだろ?」ニヤニヤ

アニ「」イラッ


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:14:18 ID:Sazaq0rQ


アニ「・・・分かったよ」

アニ「それで、これからどう動く?」

アニ「今のところハッキリしてるのは、シガンシナへ行かなければならないこと、エレンを連れて行く必要があること」

アニ「この2点だ」

ライナー「まずはエレンを片付けるのが先だな」

ライナー「・・・うーん・・・」ウデクミ

ライナー「なんかこう・・・休日とかに・・・壁の上まで散歩して・・・うまいこと?・・・『一緒に壁の外に探検いこ☆』みたいに言えば・・・ついてくるんじゃないか?」

アニ「・・・フッ!!!」バキィッ

ライナー「のぉっ!?!?」

アニ「だから!ふわふわやめて!綿菓子みたいなふわふわやめて!!」

アニ「壁の上に散歩とか!意味分かんないから!!」

アニ「あんたも言ってて不安になってるのモロバレだから!!」

ライナー「やってみなきゃ分からんだろ!」

アニ「そのノリが現状を産んでるんだって理解しな!!」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:14:54 ID:Sazaq0rQ


ベルトルト「・・・あの・・・」オズオズ

ライナー「何だ?」

ベルトルト「エレンなら・・・調査兵団が壁外調査に出た時に攫えば良いんじゃないかな・・・なんて・・・」

ライナー「!!?」

アニ「!?!!」

ライナー「ベルトルトが・・・」

アニ「虫以外のことを喋った・・・だと・・・!?」

ベルトルト「いや、君たち人を何だと思ってるの」

ライナー「ああ、すまない。で、そのココロは?」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:16:46 ID:Sazaq0rQ


ベルトルト「えーと・・・まず今、エレンは調査兵団の中でも最精鋭に囲まれて生活してる」

ベルトルト「一般兵ならともかく、人類最強とかいうのがいる以上安易に手を出すのは危険だ」

ベルトルト「それに、上手く事が運んだとしても壁を越えなくちゃならない」

ベルトルト「こうなったら巨人よりも立体機動のほうが遥かに有利だ」

ベルトルト「敵は調査兵団だけでなく、駐屯兵団もいる訳だしね。固定砲も無視は出来ないだろう」

ベルトルト「壁外ならこれらの問題の大部分は片付く」

ベルトルト「問題はエレンと一緒にいる精鋭部隊だけど・・・」

ベルトルト「平地戦に持ち込む事が出来れば立体機動も使えないし、それほど脅威にはならないだろう」

ベルトルト「壁外調査の陣形も、調査兵団が対応するより早く混乱に持ち込めば精鋭の力をある程度殺ぐことは出来るかもしれない」

ベルトルト「成功した後も、姿をくらますのが容易だろう」

ベルトルト「とにかく速攻で仕掛けるのが肝心だ」

ベルトルト「僕とライナーはエレンが巨人であることが判明した時点で憲兵団から調査兵団へと志望を変えた」

ベルトルト「まだ細かいことは分からないが、これから1ヶ月壁外調査の作戦をみっちりと叩き込まれるだろう」

ベルトルト「そこで得た情報を使えば、エレンを攫うのはそんなに難しいことじゃないと思う」

ベルトルト「結果的に人類が進んで敵に手の内を晒すことになるって言うのも何だか皮肉だね」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:17:17 ID:Sazaq0rQ


ベルトルト「・・・って何2人とも泣いてんの・・・」

アニ「ベルトルト・・・立派になって・・・」グスグスッ

ライナー「ベルトルトはワシが育てた」ダバダバ

ベルトルト「いや、僕だってやるときはやるんだよ?」

ベルトルト「さっきだってアリを観察する振りをして、ちゃんと作戦考えてたんだから!」ドヤァ

アニ「嘘でしょ?」

ベルトルト「はいうそですすみません」


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:17:50 ID:Sazaq0rQ


ライナー「よし、じゃあベルトルトの案でいこう」

ライナー「作戦決行は1ヶ月後の壁外調査だ」

ライナー「エレンを攫う役は・・・アニしかいないな」

アニ「だよね」

ライナー「機動力もあるし、顔も割れていない。正に適任だ」

アニ「まかせて。巨人をわんさか引き連れて壁外調査を潰してやるよ」

ベルトルト「エレンに巨人化させてしまうと手強いよ、大丈夫?」

アニ「弟子は師匠をそう簡単には超えられないもんさ」

アニ「周囲の精鋭部隊をまず潰す。エレンとタイマンになれれば負けない自信がある」

ライナー「壁外調査の詳細はまだ不明だから今作戦を煮詰める訳にはいかないが」

ライナー「まずは情報収集だ」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:18:22 ID:Sazaq0rQ


アニ「それは分かったけど、肝心のエレン誘拐後はどうするのさ」

ベルトルト「それなんだよねぇ・・・」ウーン

アニ「調査兵団は意地でもエレンを手放そうとはしないはず」

アニ「誘拐に成功したところで、必死に追跡はしてくるよ」

アニ「特にミカサ」

ライナー「ああ、奴ならエレンを奪還するためならなんだってするだろう」

ライナー「馬がなくても走って追いかけてくるだろうし、ブレードがなければそこら辺に落ちてる木の切れっ端でうなじを狙ってくる」

ライナー「下手すりゃ空飛んで追ってくるぞ」

ベルトルト「はは、おおげさだな」

ライナー「お前、本気で今の台詞もう一度言えるか?」

ベルトルト「・・・ごめん、言えない・・・」ガクガクブルブル

アニ「その追跡を逆手に取って、馬に乗ったあんたたちと合流するってのはどうだい?」

アニ「もちろん、表向きは追跡してくる体でね」

アニ「私が巨人化した後、マリアまで突っ切ることが出来たら良いけど、流石に無理だからね」

ライナー「うーん・・・馬だって休めないとマリアまではとても保たんぞ」


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:18:57 ID:Sazaq0rQ


アニ「それは追跡してくる調査兵団だって条件は同じさ」

アニ「調査兵団を振り切った後、どこかの廃墟にでも身を隠し休憩を取る」

アニ「マリアまで着くことさえ出来たら、後は・・・!」

ライナー「ああ、そうだな!」

ベルトルト「何とかなりそうだね」

アニ「・・・っ!・・・っ!」ブルブル

ベルトルト「また泣いてる・・・今度はどうしたの?」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:19:30 ID:Sazaq0rQ


アニ「初めて・・・初めてまともに作戦立案したから嬉しくって・・・」

ライナー(ちょっと罪悪感)

ベルトルト「そうだね、でもまだあくまで方向性を決めただけだから」

ベルトルト「また新しい情報が入り次第煮詰めていこうね」ナデナデ

アニ「・・・うん・・・!うん!」ポロポロ

アニ「昨日までは・・・あんたたちなんて巨人なのがバレて削がれれば良いって思ってたけど・・・」ポロポロ

ベルトルト「えっ」

ライナー(酷い)

アニ「今初めて・・・背中を預けても良い仲間だって思うことが出来るよ・・・!!」ナミダグイッ

ベルトルト「5年目にしてようやく!?」

ライナー(えー・・・それ俺のせいなのかー?)ハナホジ


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:20:03 ID:Sazaq0rQ


ライナー「じゃあ、次の作戦会議は2週間後くらいか。中間報告といこう」

ライナー「大分長くなったな、人目につくとマズい。解散しよう」

ベルトルト(アニ、散々発狂してたから人目につかない方がおかしい気もするけど)

アニ「じゃあ、2週間後に」ザッザッ

ライナー「おう」ザッザッ

ベルトルト「じゃあね」テヒラヒラ


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:20:41 ID:Sazaq0rQ








ベルトルト「・・・・・・・・・・・」

ベルトルト「・・・行ったか・・・」

ベルトルト「えっと、確かこの石・・・よいしょっと」シャガミコミ

ベルトルト「さっきはごめんね、ビックリしたね」

ベルトルト「もう大丈夫だよ、脅威は去ったからね」

ベルトルト「・・・・・・・・・・・」

ベルトルト「ふふっ」


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:21:15 ID:Sazaq0rQ

---------------------

こうして、私たちは(多分)綿密な計画を立て、エレン奪取へ乗り出した。

ぶっちゃけ朝っぱらからウォールローゼ領内への移動はしんどかったけど、これで任務が終わると思うと胸の高鳴りが抑えられなかった。

途中まで、途中までは上手く行ってたんだ。

ライナーとベルトルトはエレンの居場所に着いて偽情報を掴まされていたみたいだけど、ライナーが上手いこと本当の居場所らしきものを伝えて来た。

ただ、手の上にブレードで文字書かれるのは予想以上にくすぐったくて気持ち悪くて、本気でライナー潰しそうになった。

したらなんか指切られてちょっとムカついた。



モブ巨人も良い仕事してくれて、調査兵団の一部は壊滅状態に陥った。

それなのに、あのハゲ団長が私をハメやがった。

巨大樹の森に逃げ込まれて、平地戦での優位性を私は失った。

一度は捕獲されたものの、必死に脱出した。群がってくる巨人は超キモかった。

その後、エレンをボコって奪取には成功したもののアレが追いかけてきた。


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:21:49 ID:Sazaq0rQ


ーーそう、ラスボスミカサだ。

何アレほんと怖い。

例えるなら鬼子母神かな。もう抵抗する気も起きなかった。うっかりエレン飲み込んじゃいそうだったし。

必死こいて逃げてたら、もう1人鬼が来た。ちっこくて目つきの悪いオッサンがーーー。

何アレ、何なのあれ。ミカサよりコワイってどういうことよ。

バラモスとゾーマが同時に出現したような絶望感を私は味わった。

つーか、顔が恐いんだよ2人とも。夜中に見たら泣くわ。

そうして私は、体中を切り刻まれた挙げ句エレンを奪い返された。


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:22:20 ID:Sazaq0rQ


ーーーああ、やっぱり計画が甘かったんだ。

そう思ったら情けなくて悔しくて、涙があふれてしょうがなかった。

ーーー折角初めて頭を使ったのに。反省は生かされなかった。

ライナーもベルトルトも助けには来なかった。

陣形を攪乱しきれなかったせいもあるだろう。

巨大樹の森の中では騎馬で駆け回ることが難しいせいもあるだろう。

何より状況も把握できない中、命令違反を行うことも出来なかったに違いない。

ただ、それは理屈の上の話に過ぎない。

ムカついたことには変わりないので、ライナーのエロ本コレクションとベルトルトの蝶の標本は故郷に帰った時に真っ先に駆逐することを心に誓った。


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:22:52 ID:Sazaq0rQ


ーーーそもそも故郷に帰れるのかな?私。

今、私は巨人化能力を応用した結晶の中で眠りについている。

私を助けられるのはあの2人だけだ。

ムカつくけど、頼り甲斐があるんだかないんだか微妙なあの2人だけなんだ。

私がいない状態であの2人が任務を成功させるところはとても想像できないけれど。

それでも、私は祈らずにはいられない。

ライナーとベルトルトがどうか無事でありますようにーーーーー。

おしまい


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:30:16 ID:Sazaq0rQ

良い話にまとめるのって難しいのな。
読んだ後しんみりさせる人は尊敬するわ。


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 22:39:48 ID:cfjWIlgY



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/12(月) 23:38:52 ID:PhQCnR1I


おもしろかった
こういうアニもいいなぁ



元スレ:アニ「反省会」
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1376312414/
関連記事

コメント

  1. ・ワ・/ 2016年07月18日

    ベルトルトが可愛い!とっても!💖💖💖💖💖💖


    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
    キモいですか?あと乙!

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ