FC2ブログ

真姫「ひまねー」 にこ「ゲームでもする?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 19:43:49.67 ID:BTpPMc7I.net
凛「えっ?ゲームあるの?うん!するする!」

にこ「待ってて、今取ってくるわ。」

凛「にこちゃんスマブラ持ってるかな?久々にやりたいにゃ!」

花陽「わ、私は戦うのはあんまり…」

真姫「私、ゲームってしたことないのよね。楽しみだわ。」




にこ「お待たせ、ちょっと古いんだけどいいかしら?」

 _人人人人人人人人人人_
>  ト  ラ  ン  プ   <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人^Y ̄
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 19:51:34.95 ID:BTpPMc7I.net
凛「えっ…」

花陽「あ、あれ…?」

にこ「なんにする?ババ抜き?七並べ?もう高校生なんだからポーカーにする?」

真姫「そうね、私は神経衰弱が得意だわ…ってチガウわよ!」

にこ「えっ?何怒ってるのよ?」

真姫「そうじゃないでしょ?普通トランプのことゲームって言わないでしょ!ゲームっていったらあれでしょ!」

凛「そうにゃそうにゃ!CMとかでやってるアレ!」

にこ「…ああ…あっちね。あれ、片付けがめんどくさいんだけど…まあいいわ。待ってて。出してくるから」

凛「頼むにゃホント…」





にこ「はいはい、いくつかパーツが無いんだけどいいわよね?」

 _人人人人人人人人人人人人人人_
>  猿 も 木 か ら 落 ち る   <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人^Y ̄

no title
6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 19:52:31.70 ID:Ecb37Dz4.net
懐かしすぎワロタw
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 19:56:38.76 ID:BTpPMc7I.net
真姫「ヴエェ!?何これ!」

凛「こんなんCMやってないにゃ!」

にこ「失礼ね!にこが子供の頃はまだやってたわよ!さーるもきからおちるおちるー♪って!」

花陽「…お、おちたぁ~♪」

凛「…まあ、この際やってみるにゃ。」

真姫「そうね、よく見ると案外可愛いわ。」

にこ「でしょ?よくこころ達とやるんだけど…片付けとかないと倒れた時に猿がいなくなるのよね。」



凛「…はい、かよちん」

花陽「うぅ…こわいよぉ……ふう、よかった…」

にこ「ふん!あんた達素人ね。…よっと。」

真姫「な、なんでそこに引っ掛けるの!?」

にこ「ほらほら~、早くしないと時間切れだよ?」

真姫「わ、わかってるわよ!……あっ!」
10: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:04:59.99 ID:BTpPMc7I.net
ガシャーン

凛「わーい!また真姫ちゃんの負けだにゃ~!」

真姫「うぅ…」

にこ「これで30連敗ね!真姫ちゃん弱すぎぃ~。」

真姫「…あー!もうやめやめ!こんなのぜんっぜん面白く無いわよ!子供だまし!つまんない!」

花陽「ま、真姫ちゃん…落ち着いて、ね?」

真姫「私は落ち着いてるわよ!こんな子どもっぽいの私には似合わないわよ!もっと頭を使う大人のゲームがいいわ!」

にこ「大人って…真姫ちゃんにこより年下じゃない…」

真姫「いいから!」

にこ「はいはい、頭をつかうやつね…じゃあ、とっておきのアレを出すわ…」





にこ「はい、お待たせ。ママが実家から持ってきたやつだからちょっと古いけどね。」

 _人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> チ  ク  タ  ク  バ  ン  バ  ン  <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人人人人^Y ̄

no title
11: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:08:21.40 ID:BTpPMc7I.net
真姫「イミワカンナイ!私の事バカにしてんの?」

にこ「な、なによ…これ、結構難しいのよ。」


凛「――かよちん!そっちそっち!」 チン!チン!

花陽「あ、アワワ…タスケテー!」 チン!チン!

真姫「…」

凛「もう!遅いよかよちん!」 チン!チン!

花陽「ピャアアア!」

真姫「…ああ、もう!こっちよこっち!」

凛「おっ!さすが真姫ちゃんだにゃ!」

花陽「つ、次は!?」

キャ;ツキャ;ツ


にこ「…楽しそうじゃないの。」
12: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:10:03.81 ID:nK79GQ79.net
なんだこのゲーム…
>>1は何歳なんだ
15: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:13:04.82 ID:7XIQP/Q2.net
なんだかんだで楽しんでんじゃんwwww
20: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:23:29.30 ID:BTpPMc7I.net
真姫「ふう…ちょっと、疲れたわね。このくらいにしましょ。」

凛「頭を使ったからお腹が減ったにゃ!にこちゃん!甘いものが食べたいにゃ!」

にこ「どんだけ図々しいのよ…待ってなさい。」

花陽「ご、ごめんね、にこちゃん…」





にこ「はいお待たせ。飲み物は麦茶しかなかったんだけどいいかしら?」

真姫「あら、なんだかお洒落ね、この白いお菓子。ヨックモック?」

凛(あっ、これかよちんちでよく出るやつだ…)

 _人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>ホ  ワ  イ  ト  ロ  リ  ー  タ    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人人人人^Y ̄

 _人人人人人人人人人人人_
>  ル  マ  ン  ド    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人^Y ̄

_人人人人人人人人人人人_
>  麦  ふぁ  ~     <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人^Y ̄
21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:27:56.06 ID:J76oohM6.net
最早画像がない
23: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:33:27.21 ID:BTpPMc7I.net
にこ「ヨックンモックン?何よそのコントみたいなの。」

真姫「あら?違うの?まあいいわ。いただきます。」

真姫「…」 モソ…モソ…

凛「…」 モソ…モソ…

花陽「…」 モソ…モソ…

真姫「…結構モソモソしてるのね…」

凛「喉が乾くにゃー。」

花陽「麦ふぁ~ってお得だよね。」 ザクザク

にこ「何よ、不満だっていうの?」

真姫「い、いやそういうわけじゃないけど…」


にこ「わかったわよ。頂きもののマカロンがあるからそれを持ってきてあげる。」

凛「マカロン!すごいにゃ!」

にこ「別に…よくもらうわよ。…ちょっと待ってて。」



にこ「はい、これ。」

 _人人人人人人人人人人人_
> ま   こ   ろ   ん    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人^Y ̄




no title
24: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:37:20.00 ID:BTpPMc7I.net
花陽「すごいよ凛ちゃん!あんなにいっぱい入ってるよ!」

凛「マカロンって結構高いのに…すごいにゃ!」

真姫「ことりに教えてあげたらきっと喜ぶわね。」

にこ「やだ、もう…そんなに褒めないでよ。はい、召し上がれ。」ザーッ

凛「いっただっきまーす!」

真姫「…」 ザクッザクッ

花陽「…」 ザク…ザク…

凛「…うん…うん…?なんか…マカロンって…こんなんだったっけ…?」 ザクザク

真姫「ちょっと香ばしいわね…」 ザクザク

花陽「コーヒーよりもほうじ茶があう味だね…」 ザクザク

にこ「入れてきてあげましょうか?」 ザクザク
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:38:35.20 ID:av7p0jpO.net
玩具はともかくお菓子はまともだろwww何でネタ風なんだ…
29: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:42:44.73 ID:BTpPMc7I.net
凛(…なんか、かよちんのお祖母ちゃんが買ってくるお菓子みたいなのばっかり…)

凛(おいしいけど…もっと、なんかこう…女子高生っぽいのがよかったなあ…)

凛「…あっ!チョコパイ見っけ!」

にこ「あ、それ一個しかなかったの。早い者勝ちで食べてもいいわよ。」

凛「わーい!もらったにゃ!」

凛「ハムッ!モグモグモグ」

凛「…」

凛「…・…」

 _人人人人人人人人人人人人人人人_
>   エ  ン  ゼ  ル  パ  イ   <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人^Y ̄
31: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:44:39.21 ID:jLfTnjIL.net
エンゼルパイの何が悪いんだよ
32: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:47:56.27 ID:BTpPMc7I.net
花陽「凛ちゃん?」

凛「…あ、うん…いや、まあ…凛はこういうのも好きだから…」

真姫「このルマンド?っていうの、結構美味しいわね。どこのメーカー?」

にこ「ブルボンかしらね。」

真姫「へえ、フランスのお菓子なのね。今度ママに買ってきてもらいましょ。」

凛「…」 モゴモゴ

にこ「ちょっと凛!こぼしてるわよ!」

凛「あっ、ご、ごめんなさい…」

にこ「…ったく。ちょっと待ってなさい。掃除機でとっちゃうから。」




にこ「はい、ちょっとどいて。」 ブイーン

にこ「…ん?吸い込みが悪いわね…ああ、これね。」 パカ

 _人人人人人人人人人人人人人人_
>  紙  パ  ッ  ク  式    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人^Y ̄
33: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:50:09.20 ID:BTpPMc7I.net
真姫(にこちゃんって本当に偉いわよね…家事とかちゃんとやってて…)

真姫(あれ?この壁、ゴミがいっぱいついてるわね…とってあげましょ。)

カリカリ 

真姫「…なかなか取れないわね…」

ガリガリ





にこ「…?」

にこ「あーっ!ちょっと真姫ちゃん!何してるの!にこの家壊さないでよ!」

 _人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  キ  ラ  キ  ラ  の  土  壁    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人人人人^Y ̄
35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:52:23.45 ID:/Es2iOmc.net
このにこ何者だよwwwwww
39: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:56:35.72 ID:BTpPMc7I.net
真姫「ご、ごめんなさい。」

にこ「もう!そこも掃除するからどいて!」 ブイーン

真姫「あ、え、あっ!きゃっ!」

ドテッ カチッ

花陽「大丈夫?真姫ちゃん。」

真姫「…もう!さっきから気になってたけどなんで部屋の真ん中にぬいぐるみがぶら下げてあるのよ!」

凛「これUFOキャッチャーで取ったやつだにゃ。」




にこ「ちょっと!電気消さないでよ!」

 _人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  電  灯  の  長  い  ひ  も    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人人人人^Y ̄
40: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 20:57:42.10 ID:CXQ56Tia.net
なんだこの安心感と懐かしさ
43: 名無しで叶える物語(フンドシ)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:01:09.87 ID:oSCRwgKj.net
長い紐は普通だろ!
44: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:02:32.70 ID:BTpPMc7I.net
カチ

にこ「ああ、もう本当に…あんた達って手がかかるわね…」

花陽「ごめんね?にこちゃん。」

にこ「別に、謝るようなことじゃないわよ。…ちょっと気分を変えて映画でも見ましょうか。」

凛「え?何か借りてくるの?」

にこ「違うわよ。にこの家にあるやつ。まあ、こころ達が見るようなのしかないけどね。」

真姫「へえ、いいじゃない。私、ジブリとか好きよ。」

にこ「ジブリならあるわよ…えっと…」




にこ「はいお待たせ!トトロでよかった?」

 _人人人人人人人人_
>   V  H  S    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人^Y ̄

 _人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  手  書  き  の  ラ  ベ  ル  <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人人^Y ̄


にこ「あっ、巻き戻されてない…まったく、見たら巻き戻しなさい、って言ってるのに…」

 _人人人人人人人人人人人人_
>  キュルルルルルルル    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人^Y ̄


にこ「ちょっと待っててニコ!」
46: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:08:32.26 ID:BTpPMc7I.net
ウイーーーーン……

ガチャコガチャコガチャガチャ!!

にこ「あっ、終わったみたい!じゃあ、始まるわよ!」

花陽「わーい!」

 _人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  金  曜  ロ  ー  ド  シ  ョ  ー  <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人人人人^Y ̄


にこ「とりあえずCMカットね…よっ、と…」

キュルルルル…


―――

――――――


『みちこさぁ~ん。いいじゃないかよぉ~!』

『もぉ!ハマちゃん!自分が何したかわかってるの?スーさんに謝るまで合体はなし!』

合   体   失   敗

――――――
―――


凛「え…え…?」

花陽「ピャ、ピャアア…///」

真姫「イミワカンナイ!」


 _人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  釣  り  バ  カ  日  誌    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人人人人人人^Y ̄
48: 名無しで叶える物語(フンドシ)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:09:46.30 ID:oSCRwgKj.net
うわああああ
懐かしいww
51: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:16:16.44 ID:BTpPMc7I.net
にこ「あっ!またママが間違えて録画してる!まったくもう!」

凛「ねえ、かよちん、今のどういう意味?」

花陽「あ…えっと、ね…それは…///」


~~~♪

真姫「…ぷ、ふふっ。」

凛「アハハハ!おっかしいにゃー!」

花陽「ふふ…ふふふっ…」

にこ「ぷ…相変わらずおっさん臭いわね…ふふっふふ…」

~~~♪

真姫「…グスッ。」

凛「…素敵だにゃ…」

花陽「…うん…!うん…!よかったよぉ…!」

にこ「何よ…グスッ…こんなの…お約束じゃないのよ…」グスグス






凛「面白かったー!」

にこ「今度続編も借りてきましょ!」

花陽「みんなにも見せてあげたいです!」

真姫「EDの曲、いいわね。次はあんな感じもいいんじゃないかしら。」
54: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:27:17.33 ID:BTpPMc7I.net
花陽「…あっ、そうだ!にこちゃん、うちの子のことなんだけど…」

にこ「え?ああ、大丈夫よ。しばらく面倒見ればいいのよね。」

凛「えっ?」

真姫「ちょ、ちょっと!何言ってるのよ!」

花陽「へ?何って…来週から花陽の家、みんなで家族旅行だから…」

真姫「育児放棄!?…じゃなくて!その前に色々あるわよ!」

凛「かよちん!どうして凛に相談してくれなかったの!?」

花陽「え?え?」

にこ「何大騒ぎしてんのよあんたら…ちょっと味見させてもらってもいいかしら?」

花陽「もちろん!うちの子もきっと喜ぶよ~!」

真姫「そ、そんな…にこちゃんが…にこちゃんが…」

凛「かよちん……」


花陽「…はい、じゃあこれ。よろしくお願いします!」

 _人人人人人人人人人人人_
>  ぬ  か  み  そ    <
 ̄Y^人人人人人人人人人^Y ̄
56: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:31:35.14 ID:BTpPMc7I.net
真姫「紛らわしいのよ!」 バン!

花陽「ピャア!」

にこ「何怒ってんのよ…」

真姫「はあ…なんか疲れちゃった。そろそろ帰るわ。」

凛「あ、もうこんな時間!」

花陽「あ、ついつい長居しちゃったね。」

にこ「別に構わないわよ…夕飯も食べていけばいいのに。」

真姫「悪いけど、また今度ね。」

凛「凛も!またね!」

花陽「じゃあ、よろしくね。にこちゃん。」

にこ「はいはい。じゃあそこまで送るわよ。」


ガラッ

 _人人人人人人人人人人_
>  ふ   す   ま    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人^Y ̄
57: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:35:32.95 ID:BTpPMc7I.net
真姫「平気よ、寒いから。玄関まででいいわよ。」

にこ「そう?まあ、こころ達もそろそろ帰ってくるからね。そうさせてもらうわ。」

凛「おじゃましました!」

花陽「にこちゃん、今度またチクタクバンバンやろうね!」

凛「うんうん!部室でみんなでやりたいにゃ!」

真姫「わ、私は別に…」 クルクル

にこ「はいはい、今度持ってくわよ。それじゃね。」

真姫「バイバイ」

凛「じゃあね!」

花陽「おじゃましました~」





にこ「あ!みかん持って来なさい!みかん!」

 _人人人人人人人人人人人_
>  お  み  や  げ    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人^Y ̄
58: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:36:11.17 ID:+aX+M3ym.net
ふすまは和室あるならあるだろwwwww
59: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:36:16.11 ID:BTpPMc7I.net
 _人人人人人人人人人人人_
>  お  し  ま  い    <
 ̄Y^Y^Y^Y人人人人人人人^Y ̄


にこにーは物持ちよさそうだよね。
60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:37:05.29 ID:56LDD0Xk.net
乙!
まさに俺の家だわ
61: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:38:21.03 ID:bh3hU+hn.net
クソワロタ
66: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 21:52:50.02 ID:/m3BXJeF.net
こういうにこちゃんも好きだ

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2015年05月10日

    こういうのほんと好き、取り壊されたひいじいちゃんちのキラキラ土壁のザラザラ感超がなつかしい

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング