FC2ブログ
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 12:49:13.35

ーーー学校。

上条「………はあ、不幸だ」

土御門「また何か問題かにゃー?」

上条「まーな……上条さんは現在大ピンチですよ」

青ピ「カミやんが不幸なのはデフォやとして何を困っとるん?」

上条「………………………3日前さ、月に一度の支給金振り込みだったじゃん?」

土御門「なんだ、カードでも紛失して下ろせないのか?」

青ピ「もしくは不具合で支給されてへんとか?」

上条「…いや、支給されましたよ?されたんだけどもね?」

土御門「まさか、もう全額使ったとか言うのかにゃー?」

上条「………」フイッ

青ピ「カミやん、さすがに早すぎやでどないするん?」

上条「………お金貸しt…

土御門「さて、昼飯昼飯だぜい」ガサゴソ

青ピ「今日の購買のパンはやたらうまそうに感じるわぁ」ガサガサ

上条「せめて最後まで言わせろよ!?ちくしょうこの薄情者共め!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406260143
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 13:06:19.20
御坂「1000000時間借りるわ」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 13:07:29.95
青ピ「そんなこと言うたかて、速効で使ったカミやんが悪いんやないのそれ」

土御門「自業自得ぜよ」

上条「……ぐ…ぅ!!確かにそうだけどそれには事情があるわけでしてねぇ!?」

土御門「どんな事情ぜよ」

青ピ「同情出来る理由なら多少は貸さんでもあらへんよ?」

上条「………居候にちょっとね、駄々こねられまして」

土御門「………」

青ピ「同情出来へんな、残念やねカミやん」

上条「だろうね!!お前はそう言うと思ったよ!!」

土御門「どんな要求されたんだにゃー?」

上条「えーと、ミニマムサイズでも快適に生活出来るように風呂やらトイレやらベッドやらその他諸々を改装増築新設してやらなきゃならなかったので…」

土御門「……なるほどな、そっちの居候か」

上条「…けっこうやらなきゃならん事多くてびっくりだよ…」ゲンナリ

青ピ「やんやカミやん、また誰か拾ったん?」

上条「…そんなとこだ」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 13:23:27.88
土御門「…ま、確かに大変ぜよ」

上条「土御門…!!それじゃ…」

土御門「貸さんぞ」

上条「………友達ってなんだろう」グスッ

青ピ「だってカミやんに貸しても返ってくる保証あらへんし、仕方ないんやない?」

上条「まさかの信用ゼロ!?」

土御門「日々の暮らしですらひーこら言ってるからにゃー、金銭面でカミやんほど信用出来ない奴は居ないにゃー」

上条「ひどいっ!!確かにその通りだけども!?」

青ピ「バイトでも探した方がええよ、そっちの方が確実やない?」

上条「そりゃそうなんだが……即金じゃないと明日の飯すらヤバいからなぁ…」

土御門「バイト紹介してやるか?カミやんなら一度の出撃でかなりの額稼げるぞ?」

上条「出撃ってところでお断りだ」

土御門「困ってるんだろう?なに、なるべく汚れ仕事に見えない物を斡旋するぞ」

上条「結局ブラックな仕事じゃねーか!!」

青ピ「んー…ならカミやんにぴったりな稼ぎかたするしかあらへんね」

上条「俺にぴったり?例えば?」
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 13:46:00.63
青ピ「カミやんちょっと待ってな、おーい姫やんフッキー!!」

姫神「なに?」

吹寄「何か用?」

上条「姫神と吹寄がどうかしたのか?」

青ピ「なぁなぁお二人さん、カミやんをこきつかえるとしたら一時間辺りいくら出す?」

吹寄「なにそれ?どういう事?」

姫神「上条くんを借りるって事?」

青ピ「姫やん正解やで、カミやんがお金困ってるらしいから体で稼がせよう思てね?」

土御門「なるほど、青ピナイスアイデアぜよ」

青ピ「せやろ?ぶっちゃけかなり稼げそうやん?」

上条「いやいやいやいや、まてまてまてまて!!俺を貸し出すって何に使うんだよ!?」

青ピ「そこはまぁ、色々とやね?」

土御門「ナニに使おうがレンタル者の自由なんじゃね?」

姫神「…………うーん。悩み所」

吹寄「こんな奴でも役には立つかしら?そうね……500円かしらあたしなら」

上条「やすっ!?」

姫神「制理。せめて最低時給は越えて上げないとかわいそう」

吹寄「そう?なら800円」

土御門「コンビニの時給以下か、お手頃ぜよ」

青ピ「あんまり安過ぎると供給追い付かなくなりそうやしなぁ…それならいっそ千円ぽっきりでどやろ?」

姫神「妥当。高過ぎず安過ぎず」

上条「……いや、微妙に安くね?」

土御門「贅沢言うなにゃー」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 14:12:04.34
上条「…まあ、いいか……とりあえず借りる奴なんか居ないだろうしてきとーで」

姫神「即時レンタル。平気?」

上条「え、姫神?」

青ピ「放課後からレンタル開始の方がええと思うけどなぁ、どやろ?」

姫神「……わかった。とりあえず放課後から十時間予約する」

上条「ひ、姫神さーん?」

吹寄「秋沙、いきなり長時間はどうかと思うわよ?あたしも30 分ぐらいは借りたいし」

姫神「……むぅ。」

青ピ「……んー、レンタル時間の制限必要かもそれんね、つっちーどう思う?」

上条「まて、なんで俺に聞かないの?」

土御門「リミットは必要だろうにゃー、人によったら纏めて10年分とかやりかねん」

青ピ「うーん…なら最大で二時間ぐらいにしとこか、延滞金をバカ高くしとけば抑止になるやろし」

土御門「なら延滞金は10分一万にしとくにゃー、それでも延滞する奴はいるだろうが」

青ピ「延滞料金でがっぽり稼ぐ算段やね?さすがつっちーや」

土御門「それほどでもないにゃー」

上条「俺の意見は?ねぇ?」

姫神「…チッ…仕方ない。なら二時間予約しておく」つ二千円

青ピ「まいどー」

上条「おい!?なんで青ピが受けとるんだよ!?」

土御門「受付と管理費用は勿論貰うから当然ぜよ」

青ピ「はい、カミやんの取り分」つ1500円

上条「中抜きされた!!なにそれひどいっ!!」

土御門「宣伝その他雑務は引き受けるんだ、このくらいは当然ぜよ」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 14:30:52.91
で、放課後。

姫神「上条くん」

上条「お、おお…」

青ピ「姫やんごゆっくりー」ノシ

土御門「二時間したら連絡するぜよ」

姫神「わかった」コクリ

上条「…えーと、まずどうすれば?」

姫神「買い物。付き合って」

上条「あ、ああそのくらいならお安いご用だけど」

姫神「なら急いで。時間がもったいない」グイッ

上条「お、おい引っ張んなくても付いてくって!?姫神さーん?!」





青ピ「………さて、つっちーそっちはどうやろ?」

土御門「順調ぜよ、とりあえず姫神の後に数人予約が入ったにゃー」

青ピ「今から数人って事は夜中になるんやない?」

土御門「3割増しの深夜料金ぜよ、それでも構わんと言う奴はいくらでもいる」

青ピ「大人気やね、こっちも宣伝に掲示板に書き込んだら何人か食いついて来たけど」

土御門「カミやんにはしっかり稼いでもらうにゃー、とにかく入れられるだけ入れておくぜよ」
あ青ピ「了解や」ポチポチ

吹寄「…あのバカ、過労死するんじゃないの?」

土御門「カミやんはタフだし大丈夫じゃね?」

青ピ「へーきへーき、たぶん」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 14:33:48.36
仮に24hがオッケーだったら、1d24000円で30dで720000円で1yで8640000……
労基?しらんがな。

でも深夜料金でたりでようわからんね。
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 14:40:51.86
土御門と青ピ…始末する必要だな
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 14:46:27.64
つうか深夜までやってたら居候の飯作れんやん、飯代とかに使いたいお金なのに、その飯を作れない……本末転倒やね。
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 14:48:06.66
………

上条「…姫神さーん?」

姫神「なに?」

上条「えーと、買い物ってなにを買いに?」

姫神「なんでも良い。気が向いたらお店に入る。それまではこうやってブラブラしててもいい」

上条「あれ?なにか目当ての買い物とかあるわけじゃないの?」

姫神「…うん。こうやって見て回るだけでも構わないから」

上条「うーん…そっか…」

姫神「…………」

上条「………あの、姫神さん?」

姫神「なに?」

上条「そろそろ腕放して貰えないかなーって…えーと」

姫神「……うん。ごめん上条くん。これでいい?」ギュッ

上条「繋ぎ直しただけじゃありませんこれ?」

姫神「いやなの?」

上条「え、嫌じゃないよ!?でもちょっと恥ずかしいかなーってね!?ほら周りに人居るしカップルに間違えられてもね!?」オロオロ

姫神「間違われても良い。もしろ好都合…ふふふ…」

上条「姫神さーん?もしもし姫神さーん?!なんかすっごく禍々しい笑顔なんですけどー!?!?」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 15:09:46.18
で、二時間後

prrrr!!

姫神「……もしもし」

土御門『時間だにゃー、悪いがここまでぜよ』

姫神「……………延長は……」

土御門『延滞は10分一万だぞ?』

姫神「………」ゴソゴソ

姫神「…………………………………………くっ…!!生活費を考えたら無理か。ちくしょう」ガクッ

上条「姫神、なんでそんな落ちこんでんだよ?別にただ歩いてただけで買い物もろくにしてないのに」

姫神「…………そんなことない。私はもっと歩いてても良かった」

上条「えー?でも疲れるんじゃね?ウォーキングだとしてもこれ以上はあんまりなぁ」

姫神「は?」

上条「ん?」

姫神「……上条くん。今日私とデートしてて感想がそれ?歩いてる時なに考えてたの?ねぇ?」

上条「え、デート?」キョトン

姫神「」

上条「あ、いや、今日の感想だったか、えーと、疲れないのかなーってね?ああ俺は平気だったけどさ?店前で立ち止まっても数分だし立ちっぱなしだから休めないしいあのかなーって、あーうん飲み物ぐらいは飲もうかなーって何度か考えたけどほらさ?俺持ち合わせないし奢らせるのもなーってずっとね?うん」オロオロ

姫神「」

土御門『…うわぁ』
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 15:19:15.34
姫神「もしもし」

土御門『ん…』

姫神「予約。今度は実力行使に出る。やっぱりこいつは無理矢理理解させないと駄目って解った」イライラ

上条「えーと、姫神?」

姫神「………」キッ

上条「」ビクッ

土御門『……あー、姫神…予約なんだが』

姫神「なるべく早くお願い。次は仕留める」

土御門『一番早くて2ヶ月後だ』

上条「えっ」

姫神「」

土御門『……一応入れておく、キャンセルが出れば優先して回しもする、悪いな』

姫神「」ズーン

上条「…え、2ヶ月?なにそれ」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 15:31:02.94
姫神「」フラフラ

上条「姫神?大丈夫かお前?」

姫神「大丈夫。大丈夫…」フラフラ

上条「…ひとりで帰れるか?」

姫神「………送ってくれるの?」

上条「そのくらいは…」

土御門『延滞料金』

姫神「」

上条「…土御門、お前なぁ」

土御門『後がつかえてるにゃー、青ピに送らせるからカミやんは次に行け』

青ピ「姫やん送ってくでー」スタスタ

姫神「」フラフラ

上条「……まあいいか、次は誰なんだ?」

吹寄「私よ」

上条「吹寄?そういやそうか」

吹寄「……まったく、また秋沙に酷い事言ったの貴様は?無神経なのは本当に罪ね」

上条「うーん、よくわからんが言っちゃ駄目な事言ったっぽいなぁ」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 15:41:29.14
上条「で、吹寄はなにすんの?確か30分だったよな?」

吹寄「………いいえ、私も二時間よ」

上条「あれそうなの?なんで?」

吹寄「………どうだって構わないでしょ?ほら行くわよ!!」スタスタ

上条「お、おい何処行くのかぐらい教えろよ吹寄!?」

吹寄「………わ、私の部屋よ、だからなに!?」ギロッ

上条「吹寄の!?なぜ!?」

吹寄「いいから来なさい!!うだうだ言うな!!」ガシッ、ズルズル

上条「ちょっ、どういう事か説明をーーー!?!?」ジタバタへ
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 15:51:42.46
吹寄の部屋

吹寄「…つ、着いたわよ、上がって」ドキドキ

上条「ほ、ホントにお邪魔して構わないので?」オドオド

吹寄「大丈夫だから連れて来たんでしょ馬鹿!!」

上条「は、はいすいません!?」ビクッ

吹寄「と、とにかく上がってテキトーに座ってなさい、すぐ出すから!!」トタトタ

上条「え、なにを?」

吹寄「すぐ分かるわよ、とにかく休んでなさいってば」

上条「わ、わかった」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 16:01:56.41
上条「………休んでろと言われてもな……」キョロキョロ

上条「……何気に女の子の部屋にまともにお呼ばれされたのは初めてじゃないだろうか?緊張するっつーの…」

上条「………………」

上条「……けっこう女の子っぽい部屋だなぁ……やたら健康器具が多いけど」ガサガサ

上条「………マッサージ器かこれ?色々あるなぁ」ヴィィィン

吹寄「!?かかかってに触るなぁぁぁ!!!!!」バキィ!!

上条「ぐはっ!?」

吹寄「べべベッドの下からわざわざ引きづりだす事ないでしょ!?」ゼーハーゼーハー

上条「す、すんません」ビクビク
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 16:18:50.49
吹寄「まったく!!油断も隙も無いったら…!!」イライラ

上条「わ、悪かったってば…マッサージ器具ぐらいでそんな怒らなくても…」ブツブツ

吹寄「…………」クワワッ

上条「ごめんなさいホントに許してください」orz

吹寄「……はぁ、もう良いわよ………ほら、用意出来たから食べなさい」コト

上条「へ?料理?」キョトン

吹寄「…そうよ、なにかしらおかしいの?」ギロッ

上条「え、いやおかしいとかじゃ…あ、なるほど!!」

吹寄「今度は何よ?」

上条「自作健康メニューの毒味か!!まず俺に食わせて食えるもんなのか試すつもりだな!?」

吹寄「ぶっとばすわよ?」

上条「え、違うの?」

吹寄「……違うに決まってるでしょ?多少は健康面に気をつけたメニューだけど特別なものとかは使ってないわよ」ハァ

上条「そ、そうなの?なんで?」

吹寄「……どうでも良いでしょ?とにかく食べて、今だけでも寛いでなさい上条、貴様の自業自得だけれど休める時に休まないと持たないから」

上条「お、おう…」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 16:27:07.96
吹寄ちゃんマジいい子
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 16:37:25.85
吹寄「………どう?上条?」

上条「…ん、旨い…バランス良いし」

吹寄「そ、そう…よかった…」ホッ

上条「………これ、レシピある?」モグモグ

吹寄「ん、後で纏めてあげる、高い食材とか使ってないから財布にも優しいわよ?」

上条「……そうかそうか、これは中々…」モグモグ

吹寄「…………ふふ…」ニコリ

上条「…ん?」キョトン

吹寄「なんでもないわ、上条おかわりは?」

上条「えーと、おかわりは良いや」

吹寄「…?おかず残ってるけど」

上条「………吹寄」

吹寄「え…もしかしてホントはあんまりおいしくなかった?」

上条「いや、旨いぞ、旨いからな?」

吹寄「う、うん」

上条「タッパー貸してくんない?」

吹寄「………はい?」

上条「いや、家にいる居候共に持ってかえろーかなーって…」

吹寄「……………」ジト

上条「…あのー、もしかして…ダメ?」

吹寄「……後で作りに行ってあげるからこれは食べちゃいなさいよ馬鹿、冷めたらおいしくないし」ムスッ

上条「そ、そっか、そうだなすまん…」

吹寄「おかわりは?」

上条「…ください」

吹寄「まったく…ちょっと待ってて」
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 16:56:59.28
二時間後。

Prrrr! !

吹寄「…もしもし」


土御門『時間だにゃー、お楽しみだったかにゃー?』

吹寄「五月蝿いわね、別に夕飯食べさせただけよ」


上条「時間か…悪いな吹寄、ホントに寛いじまった」

吹寄「構わないわよ、またね上条」

上条「……また飯食い来ていい?」

吹寄「うっ!?」ピクッ

上条「ん?」

吹寄「な、なんでもない!!早く行け馬鹿!!」

上条「そ、そんな怒るなよ!?わかったから!?」バタバタ

………

吹寄「……………土御門」

土御門『次の予約は三ヶ月後ぜよ』

吹寄「………そ、そう…」シュン
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 17:00:21.83
吹寄うまいことやったな!
しかしたった2時間で1ヶ月の予約埋まったのかww
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 18:37:40.89
上条「それで土御門、次は誰なんだ?」

土御門『白井黒子他二名、計6時間だ』

上条「へ?白井?つか6時間ってなんだよ!?」

土御門『風紀委員の相方が掲示板を見つけて、
それで予約してきたらしい』

上条「風紀委員て…まずいんじゃねーの?何かに引っ掛かりそうなんだが…」

土御門『問題なかろう、なんだかんだで健全にこなしてるからにゃー?』

上条「……ホントかよ…つーか今から6時間って…日付変わっちまうだろ」

土御門『そっちも問題無い、禁書目録と例の魔神にはカミやんはバイトで帰れないと伝えてあるし食事も調達済みだ』

上条「……あー、それはそれで構わないけど…俺の休息は?」

土御門『つべこべ言わずにきびきび働けにゃー』

上条「うおぉーーーい!?!?マジで無休かよ!?」
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 18:51:48.40
……で。

上条「………えーと、よ、よろしく…」

黒子「……よろしくですの」ジト

初春「こ、こんばんわ…」ドキドキ

佐天「上条さんこんばんわー」

上条「…………」

黒子「………」ジロジロ

上条「……あの、白井?」オドオド

黒子「なんでしょうか?」ジロジロ

上条「…なんでそんなじろじろと上条さんを見てるんでせう?」

黒子「いえ、この際ですしお姉様が何故こんな類人猿なんかに夢中になってしまわれてるのか徹底的に調べようと思いまして、ええ」ジロジロ

上条「……御坂が?ああまあそれは良いか…そっちの二人は?」

初春「へ!?いや私は白井さんに頼まれて一緒に居るだけで!!」ワタワタ

佐天「おもしろそうだったんで、お金は白井さんが全部出すって言うし、あはは」

上条「あ、ああそう…」

黒子「そういう事ですの」ジロジロ…グルグル…ジロジロ…
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:02:56.18
そんなことに6時間も使う気なのかww
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:08:53.48
黒子「…ふーむ…見た目はやっぱり冴えないですの」ジロジロ

上条「…悪かったな」

佐天「えーそっかな?そこそこカッコいいと思うけど、初春はどう?」

初春「え、ど、どうでしょうか?」

佐天「んー…」サワサワペタペタ


上条「……あの…」

初春「さ、佐天さん!?」

佐天「なに?」

黒子「躊躇いなく体を触ってますわね…」

佐天「いや、服ごしだしこのくらいは平気でしょう?」ペタペタ

上条「いや、恥ずかしいんだが普通に…」オロオロ

佐天「むっ!!」クワッ

黒子「さ、佐天さん?」

初春「ど、どうしました?」ドキドキ

佐天「…………すっごく引き締まってる、ボクサー細いのにガリガリでもないし贅肉のぷにぷにはひとつもない!!!!」クワワッ

上条「……あのー、それがなにか?」

佐天「……ち、ちょっとドキドキする…」ドキドキ

初春「………へ、へぇ…」ドキドキ

黒子「………別に鍛えてれば普通なのでは?」

佐天「そうですけどっ!!実際に鍛えてる人ってなかなかいないし!!」

上条(…俺はどういう反応をすれば良いんだ…)オロオロ
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:30:40.81
佐天「上条さん上条さんっ!!こう、ちからこぶ作って!!」ワクワク

上条「へ、え、ああこうか?」ムキッ


佐天「おー!!」

初春「……わぁ…」ドキドキ

黒子「それがどうかしましたの佐天さん…?」

佐天「いや、男の人のこういうの良いじゃないですか普通に、ねぇ初春?」

初春「そ、そうですね」チラッ

上条「そんなもんかね、このくらいならみんなあると思うけど、男なら」

佐天「いやいや、だいたいの人はぶよぶよかひょろひょろですって、あってもすごくゴッツイ顔の人だったり」

上条「……俺知り合いのなかじゃ非力な方だけどなぁ…」

佐天「えー、力無いんですか?よいしょ」ノシッ

上条「おっとぉ!?」

佐天「おぉ…あたしひとりなら余裕でぶら下がれる!!」ブラーン

黒子「佐天さん!?はしたないですの!!」

佐天「腕のぶら下がってるだけですよ?よいしょと」ブラーン

上条「……んん…」グイ

初春「…普通に平気そうですね…」

上条「まあ、このくらいの重さなら片腕でも平気だけど…」

佐天「………た、逞しい…!!」ゴクリ

上条「………いや、普通じゃね?」

初春「………な、なるほど…」ドキドキ

黒子「ただ筋肉ついてるだけですの…」ジト
89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:40:45.78
佐天「ほらっ初春もちょっと触っみなってば!!」

黒子「さ、佐天さん?」

初春「い、良いんですか?」モジモジ

上条「え、えーと…構わないけど…」

初春「………」ソー

佐天「お腹めくっちゃえ、えいっ」グイ

上条「………あの…」オロオロ

初春「……わぁ…」サワサワ

佐天「お腹割れてる……すごい…」ゴクリ

上条(……え、なにこれ恥ずかしいっ!?)オロオロ

初春「………」ペタペタ

佐天「………」サワサワ

黒子「」
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:50:34.72
上条「………あの…」

佐天「………」ベタベタ

初春「…すごい……」ムニムニ

上条「………し、白井さーん?ちょっとこれどうにかしてほしいんだけど…」オロオロ

黒子「い、いやわたくしに言われても…」オロオロ

佐天「上条さん上条さん」

上条「は、はい?」

佐天「上全部脱がせて良いですか?」ドキドキ

上条「…………」

黒子「…佐天さん?」

佐天「いやぁだって…ちょっとみたいし…」モジモジ

上条「う、上だけなら…まあ…」ヌキヌギ

初春「おぉ…」ドキドキ

佐天「おー…」ドキドキ

黒子「ついてけねぇですの」
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:52:25.19
初春はどうしてもBL的な視点で見てるように思えてしまう
94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:55:13.65
黒子…これがいつものお前がやった行動じゃ
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 19:58:56.68
上条「……何故にわたくしはセミヌードに…」

佐天「上条さん上条さん!!ポーズ、ポーズとって!!」ワクワク

上条「…こ、こう?」ムキキ

初春「……」カシャッ

上条「ちょ」

佐天「あ、初春カメラ撮ったの?」

初春「え、えへへ…」モジモジ

黒子「う、初春…?」

佐天「あたしも撮ろっと…上条さんポーズ!!」

上条「」

黒子「あ、もしもしお姉様?やっぱり今から帰りますの、ええ、ちょっとついてけないので…はい、門限には間に合うかと」
107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 22:58:52.96
数時間後。

土御門「…そろそろ時間か、どれ」prrrr

Prrrr …prrrr …

土御門「………む?出ないな…」

黒子『………はい、もしもし?』

土御門「お、出たにゃー、もう時間ぜよ」

黒子『へ?あ、実はわたくしは先においとま致しまして、佐天さんと初春に任せたのですけれど』

土御門「ん?そうなの?ならカミやんに掛けるか…今後もよろしくぜよ」

黒子『………いや、もうけっこうですの…なんで類人猿の裸体なんて見なくてはならなかったんですのまったくもう…』ブツブツ

土御門『ちなみに次の予約受付可能な日にちは半年後ぜよ』

黒子『だから!!もうけっこうですの!!上条さんになんてちっとも興味ないんですの!!』

土御門『そりゃ残念ぜよ、じゃお休みだにゃー』

『…あふ…黒子?あいつがなんだって…?こんな夜遅くになによ?』

黒子『げぇ!?お、おおおお姉様起きてたんですの?!いや別にこれはry …』

ブチン、ツーツーツー…

土御門「…………」

Prrrr

Prrrr … prrrr …

土御門「……カミやんも出ないにゃー、仕方ない青ピに出動掛けるか…場所は…佐天涙子の部屋だな?よし」ポチポチ

………

110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 23:13:33.31
………

青ピ「ちーすっ、カミやんレンタルサービスでーす」ピンポーン

ガチャ

上条「青ピぃぃぃ!!良かった助かったぁ!!」ウルウル

青ピ「え、なんでカミやんパンツしか履いておらへんの?」

上条「…もう少しで産まれたままの姿にされるところだった…」ウルウル

佐天「………いやぁ、あはは…」モジモジ

初春「……////」カァァ

青ピ「…………むしろよく抵抗しおったねカミやん、僕なら即ハボなんやけど」

上条「お前と一緒にすんな…どう考えてもそれはまずいだろうが!!」

佐天「あたし達も別にそういう事したかった訳じゃないですよ?ただ男の人のを一回みたいなーって」モジモジ

初春「気にはなりますからねぇ…」

上条「…………女の子ってみんなこうなんだろうか…」

青ピ「それは解らんけども、まぁ普通やないのそれが?僕らかて女の子の体には興味津々やん?おんなじやない?」

上条「………まぁ、そうなんだろうが…」ゲンナリ
111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 23:26:31.73
青ピ「ところでお二人さんちょっとええかな?」

佐天「はい?」

初春「なんでしょうか?」

青ピ「電話に応答がなかったから返却が遅れてしまってるんよ、20分」

佐天「えっ!?」

初春「え、じゃあ…」

青ピ「延滞金20000円、わる悪いけど」

佐天「え、ウソどうしよ初春!?あたしそんなに持ってないよ!?」

初春「わ、私もですよ!?」オロオロ

青ピ「はらえへんの?ちょっと待ってな?土御門くんに連絡せんと」ポチポチ

上条「…なあ、どうしても払わせるのかそれ?」

青ピ「しょっぱなから決めたルール破ったらグダグダになると思うしそこはきっちりせんとなぁ」

佐天「………ど、どうしよう…」

初春「…うぅ…」
112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 23:28:44.80
ニヤニヤ
116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/25(金) 23:44:22.03
土御門『にゃー、ならその二人にもレンタル業務に従事してもらうぜよ、女の子だから一時間5000円で』

上条「俺の五倍かよ!?やっぱり安くね俺の価格設定!?」

佐天「れ、レンタル…上条さんと同じ事を?」

初春「」ガタガタブルブル

青ピ「まあ、二人で二時間づつやし簡単やない?僕借りてええ?」ワクワク

佐天「…う…」ジワッ

初春「…ふぇ…」ウルウル

上条「……まぁ、佐天さん達が俺にしたこと考えたら嫌だよなぁ…というか犯罪だろ」

土御門『そこはきちんと法をくぐり抜ける自信があるから平気そうですねぜよ、問題ないにゃー』

上条「おおありだろうが!?いいよ許してやれよ!?」

青ピ「カミやんがそういうならかまへんけど」

土御門『なら延滞金はカミやんが立て替えって事にするか延滞金20000のうちカミやんの取り分15000は考えないとして、残り5000円引いて通常料金加味したらカミやんのこの6時間の給料は750円だにゃー』

上条「ぐ…ええい構うもんかそれで良いよもう!?」

佐天「か、上条さん…」ウルウル

初春「あ、ありがとうございます…」グスッ

青ピ「カミやんはやさしすぎるやねぇ」

上条「………なんか納得出来んが…ああもう…不幸だ…」

123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 00:00:47.91


上条「………不幸だ、あれだけ苦労して千円にもならんとは…」ガックリ

青ピ「カミやんがカッコつけるからやん、せっかく僕が借りて水に流そうと思ったのに酷いわぁ」

上条「……お前、あの二人レンタルしたとしたらなにやらせたの」

青ピ「膝枕で耳掻きとかどうやろか?」

上条「………あとは?」

青ピ「背中流して貰いたいわぁ」

上条「……やっぱり駄目だ、お前じゃあの二人を不幸にする」

青ピ「えー、普通やん」

上条「お前の願望は基本的に気持ち悪い、わかったか青ピ」

青ピ「ひどっ!?」

上条「…はぁ、まぁ、良いかとにかく今日は疲れたし帰る」トボトボ

青ピ「カミやんダメやで?すぐ次があるから帰れへんよ?」

上条「えっ」

青ピ「ほな行こか、延滞騒ぎで遅れとるし」

上条「俺は就寝すら出来んのか」
132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 00:21:33.81
上条「………なんで病院?」

青ピ「依頼主がここを指定したからやね、とりあえず僕は帰って寝るからカミやんガンバ」

上条「…てめぇ…」イラッ

青ピ「えーと、なんやったかな…妹達って言えば分かるってつっちーは言うとったんやけど」

上条「…あいつらかよ、時間は?」

青ピ「深夜フリー添い寝コースやから朝8時まねやね、たぶん寝れるんやない?たぶきっと」

上条「ねぇマジで俺の意見は?なんでよくわからんコースまで作るの?ねぇ?」

青ピ「ちなみに料金10000円」

上条「………聞けよ話を」
138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 00:25:02.89
妹達キター!!
141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 00:35:36.38
……………

上条「……お邪魔しまーす…」ソー

御坂妹「こんばんわ、とミサカは遂にこの時が来たと感無量になりつつ挨拶をします」

上条「…えーと…よ、よろしく?」

御坂妹「こちらこそ、とミサカは逸る鼓動に戸惑いながら会話を続けます」ワクワク

上条「……あのさ、御坂妹…どういう風に聞いてんの?これ」

御坂妹「どういう風にとは?とミサカは質問の意図を探ります」キョトン

上条「…いや、なんか添い寝だなんだって言ってたからさ、まさか本当にそれするわけじゃ…」

御坂妹「え?」ヌギヌギ

上条「まて、何故脱ぐ!?おい止めろスカート下ろすな!?」ガシッ

御坂妹「着たままの方が好みでしょうか?とミサカはそれならそれで構わないと貴方の好みに合わせる意図を伝えます」

上条「だーかーらー!?!?そういうのはダメって言ってんの!!!!」

144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 00:57:12.28
上条「……お前さぁもうちょい羞恥心ってのをだな?ああもう…」

御坂妹「……ミサカとしては全財産はたいて得たチャンスなので是が非でも成功させないといけないのですが、とミサカは反論します」

上条「…全財産?そういやよく金持ってたなお前…確か小遣いっていうかそんな感じのものほとんど貰えないって前言ってたよな?」


御坂妹「確かにミサカひとりの所持金は微々たる物でしたが、複数のミサカの所持金を寄せ集めて何とかなりました、とミサカは苦労を語ります」

上条「寄せ集めて?つまりほかの妹達も一緒に添い寝するつもりだったとか?ははは…まさかな…」

御坂妹「いえ、このミサカがその権利を勝ち取ったので二人っきりですよ、とミサカは…」

ガタン

10039号「んー!!んー!!」ジタバタ

13577号「むぐっ!!んー!!」モソモソ

19090号「…ん…んん…っ!!」モソモソ

御坂妹「ちょっと失礼します」グイっ、バタン!!

上条「…………」

ミサカ達「「「んー!!!!」」」

御坂妹「黙ってしまわれてなさい、とミサカは他の個体をふんじばってしまいこみます」バタン

上条「」

御坂妹「…ふぅ、諦めが悪くてかないませんね、とミサカは感覚共有はしてやるから我慢してろといい放ちます」フー

上条「」
145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 00:58:23.65
これは抱いてやらねば可哀想
147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 01:16:19.63
上条「……あの、御坂妹?」

御坂妹「なんでしょうか?」

上条「……勝ち取ったって、つまり無理矢理?」

御坂妹「この世界は競争と搾取と弱者の淘汰が常なのです、とミサカは勝ち上がった勝利者の余裕を見せつつふんぞり返ります、えっへん」フンス

上条「出して上げなさい」

御坂妹「嫌です」キッパリ

上条「御坂妹」

御坂妹「………どうしてもでしょうか、とミサカは…」

上条「どうしてもだ、駄目なら俺は帰るぞ」

御坂妹「…………むぅ、分かりました、とミサカは渋々承諾します」バタン

上条「…やれやれ、大丈夫かお前ら?」ゴソゴソ

10039号「ぷはっ…助かりました、とミサカはお礼を言います」

13577号「…ふぅ、感謝します、とミサカは非道な行いを許さない貴方への好感度がうなぎ登りです」

19090号「…み、ミサカは…」モジモジ

上条「……お前らも金出してんだろ?なら全員ですごさないと違うしな」

御坂妹「………むぅ」

上条「御坂妹もこんな事したら駄目だろ?仲良くしろって、な?」
148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 01:25:32.01
あかん
149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/07/26(土) 01:25:59.17
自然な運びでハーレムを形成する上条さん
150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 01:39:56.83
上条「…さて、とりあえず俺は寝たいんだが…」

御坂妹「ご一緒します、とミサカは一つしかないベッドへと誘います」チョイチョイ

上条「…床で寝るか、硬いけど…お前ら四人で何とかベッドで寝ろよ」

10039号「断固拒否です、貴方が床で寝るのならミサカもその隣で寝ます、とミサカは先に床に寝そべります」チョイチョイ

上条「…………」

13577号「むしろ腕枕してください、とミサカはお願いします」

上条「………」

19090号「み、ミサカは…」モジモジ

上条「………」

御坂妹「待ちなさい、ここはミサカに与えられた病室です、つまりミサカの意見が最も尊重されるべきでは?とミサカは…」

10039号「それを言うなら最大出資者であるこのミサカが一番発言権を有しているはずです、とミサカはミサカだけで六千円出してんたぞとにらみを効かせます」

13577号「そんな権利は却下です、一番美味しい思いをしていいのはあのレンタルの書き込みを発見したこのミサカであるべきです、とミサカはまずこのチャンスを作り出した功績を評価すべきと…」

19090号「み、ミサカは…」モジモジ

上条「………け、けんかすんなって…おーい?」オロオロ
151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 01:48:48.49
御坂妹「…おーけぇ戦争だ、とミサカはやはり戦うはめになったとこの宿命を憂います」

10039号「次は負けねぇぞ、とミサカは譲れぬ想いを胸に戦いを決意します…!!」

13577号「kjさんの操はミサカが奪う、とミサカはミサカはミサカはミサカは…」ブツブツ

19090 号「み、ミサカも負けない、とミサカは…」モジモジ

上条「」


ワーワーギャーギャー!!

上条「……寝れねぇ」ウルウル
153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 01:59:44.66

………

チュン、チュン…


御坂妹「…ぐふっ」バタリ

10039号「お、おのれ…とミサカは…」ガクッ

13577号「」グッタリ

19090号「…か、勝った…!!ミサカが勝利ですとミサカは長かった死闘にピリオドを打ちつついい放ちます!!」

上条「」ゲンナリ

19090 号「で、では…」ドキドキ

Prrrr

上条「…もしもし」

土御門『グッモーニンカミやーん!!よく眠れたかにゃー?』

上条「寝れるかぁ!!?!」

土御門『なんだ寝れないほどエキサイトしたのか、まあ、とりあえず終了時間ぜよ』

19090号「」ガーン

上条「…だから仲良くって言ったのに」
172 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 08:09:54.98
上条「」ゲンナリ

青ピ「おはようやでカミやん、なんかえらいげっそりしとるけども」

上条「……寝れなかったんだよ…不幸だ…」

青ピ「なんや寝れないほどハッスルしたん?」

上条「俺は何もしてねーよ…」

青ピ「まあそれは置いといて、次行こかカミやん」

上条「勘弁してください」

青ピ「だめやでカミやん、お客さまはカミやんが来るのをwktk しながら待っとるんや、疲れとるからってサボったらあかん」

上条「マジで寝てないの!!上条さん倒れちゃうからぁ!!」ウルウル

青ピ「人間頑張ればちょっとは出来るんやで、大丈夫大丈夫」

上条「お願いだから上条さんに休息をーーーー!!!!」
173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 08:31:29.86
…………

上条「………で、今度は誰なのよ?」

青ピ「んー…女の子じゃないみたいやけど」

上条「え、なら男か?力仕事頼まれたりしたらキツイなぁ…」

青ピ「ん、どやろね…………たぶんあそこにおる人や、待ち合わせここやし」

上条「ん、どれどれ」

おっさん「待ちくたびれたんだゾ☆」テヘペロ=☆

上条「だれ!?」

青ピ「ん?カミやん知らん人やの?」

上条「…こんなテヘペロ=☆とかやるおっさんの知り合いは居ない!!」

おっさん「この人は只の向かえよぉ?私の引率力でエスコートに抜擢しただけだしぃ」(*゜ー゜)ゞ⌒☆

上条「きもちわるっ!?」

青ピ「確かにキッツいわぁ…」

おっさん「可愛く見せるように私の振付力駆使してるけどダメかしらぁ?」(。・ω・。)ゞ

上条「………つーか、もしかして食峰か?」

おっさん「そぉよ?分からなかったかしらぁ?」(*^∇゜)

上条「………不憫だからその気持ち悪い動作止めさせてあげろ、痛々しい」


おっさん「えー」(/≧◇≦\)

上条「だから止めろってば!!」
178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 08:47:54.18
おっさん「そこまで言うなら止めさせるけどぉ」ピタリ

上条「…かわいそうに…つーか解放してやれよ…」

おっさん「もちろんずっと操作するつもりはないわよぉ?只のエスコートって言ったでしょぉ?」

上条「なら案内してくれよ、何処に居るんだよお前」

おっさん「そこの喫茶店のなか」ビシッ

上条「近いわ!!徒歩30秒じゃん!!お前が直接待ち合わせ場所立ってろよ!?」

おっさん「だったぇ、暑いしぃ、立ってるの疲れるしぃ」クネクネ

上条「自分で動け運動音痴!!」

おっさん「うんちじゃないわよぉ!!動く必要力皆無なだけだしぃ!!」プンプン
180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 09:05:45.56
上条「まったく…このおっさんマジで操られ損だろ…」スタスタ

おっさん「目印は必要でしょぉ?」

上条「………」ゲンナリ

食蜂「待ってたんだゾ☆」テヘペロ=☆

おっさん「だゾ☆」テヘペロ=☆

上条「お願いやめて、つか何故まだ居る!?」

食蜂「そ、それはえっとぉ…ふ、二人きりは少し緊張するしぃ?うん」モジモジ

おっさん「気を紛らわすのには最適力高いかなぁって//////」モジモジ

上条「お願いやめて、マジでやめて」
181 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 09:20:33.10
上条「…で、とりあえずどうすんの?」

おっさん「まずは軽く食事かしらぁ?朝食の時間だしぃ」

上条「……お前が喋れよ……まあいい、飯は確かに食ってないし」

おっさん「たくさん食べていいわよぉ、遠慮しないでね☆」(´・ω←´☆)バチーン

上条「おっさんのウインクで喜ぶ趣味はねぇ!!せめてお前がやれよ!?」

食蜂「………あ、えぇとぉ…」モジモジ

おっさん「直接会うの久しぶりだしぃ、緊張して上手く話せないしぃ/////」モジモジ

上条「………せめておっさんはやめてくれよぉぉぉ!!!!」サメザメ

おっさん「朝早いからか他にお客さん居ないから仕方ないのよぉ」モジモジ
182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 09:34:18.90
上条「…………なんつーか、不幸だ…」ゲンナリ

ウェイトレス「おまたせしましたー」カタッ

おっさん「さぁ、たくさん食べてね☆」

上条「……いただきます」

食蜂「………」ジィィ

上条「………なんだ?」カチャカチャ

おっさん「はい、あーん☆」ズイッ

上条「ぶふぉ!?!?」

食蜂「……ち、ちょっとしてみたかったんだゾ☆」テレッ

おっさん「はやくぅ」クネクネ

上条「だから!!せめて!!!!お前がやれぇぇぇぇぇ!!!!!!」ウガーー!!

食蜂「……ち、ちょ直接は恥ずかしいしぃ」モジモジ

おっさん「だからぁ、意識は私だし気にせずはやくぅ」クネクネ

上条「ざけんなぁぁぁーーー!!!!?!食えるかぁーー!!!!」
185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 09:53:32.73
で、二時間後

上条「」ゲッソリ

おっさん「楽しかったわぁ」テレッ

食蜂「………ど、どうだったかしらぁ?」モジモジ

上条「…何も言える気力がない」グッタリ

Prrrr

おっさん「はぁいもしもし」

土御門『時間ぜよ、またのご贔屓をお願いするにゃー』

食蜂「………ふふ…」ニヤリ

土御門『カミやん聞こえるか?』

上条「はいよ…」

土御門『次の相手との待ち合わせもその喫茶店ぜよ、そのまま待機しててくれ』

上条「…マジで休みないのね…わかったよ待ってるよちくしょう…」グッタリ

食蜂「……さてとぉ、貴方もう貴方もう良いわぁ」ピッ

おっさん「ん?」キョロキョロ

食蜂「……で、次と」

おばちゃん「次はこの人なんだゾ☆」テヘペロ=☆

上条「…え?」

食蜂「……ふふふ…予約はみっちりとってあるわよぉ?全部別名義でね」ニヤリ
187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 09:58:25.36
上条さんを開放してやれば一番好かれると思うんですけど(名推理)
みさきちかわいい
189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 10:10:50.83
上条「つまりあれか?お前が能力で予約入れまくってたと?」

おばちゃん「そういう事よぉ、だってレンタル時間に制限なんてあるんだものぉ」

幼女「おばちゃんの次はこの子!!」バン

土方の兄ちゃん「次はこの人!!」ババン

熟女「その次!!」バババン

じいさん「次!!」バババン

ばあさん「そいや!!」ドババババン!!

メガネ小僧「はいよっ!!」ドババババン!!

ガチムチ「セイヤッ!!」ドンドドドドン!!

ガリ男「どっこいしょぉ!!」ドババババン!!

以下略☆

食蜂「たまに空くけど向こう一年はみっちり確保したんだゾ☆」キャピ☆

上条「」

190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 10:17:01.63
もうみさきちに永久就職しちゃおうぜ
191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 10:32:11.99
上条「もしもし、土御門?」

土御門『なんだにゃー?』

上条「…これ、どう思う?」

土御門『そうだにゃー、カミやん的には?』

上条「こういうすり抜けはちょっと…いや、さっきのおっさんとのくだりループすんのもやだし」

土御門『そうか、なら仕方あるまい…ちょっと食蜂に代わってくれ』

上条「わかった、ほら」

食蜂「…?はぁいもしもし?」

土御門『お前出禁、予約も解除しておくぜよ』

食蜂「はぁー!?!?ちょ、ちょっと待ってなによそれぇ!?」ガーン

土御門『他の客に迷惑だし、個人で連続レンタルは原則禁止だ、名義変えようとそれは変わらんぞ』

食蜂「冗談じゃないわよぉ!!けっこう苦労したのよここまで予約取るの!?」

土御門『なによりカミやんが嫌がっている、悪いが認める訳にはいかん』

食蜂「…っ…うぅ…!!」チラッ

上条「ずっと拘束はちょっと…」

食蜂「……ふ、普通に予約するからぁ、出入り禁止は……」ウルウル

土御門『………次はないぞ?良いな』

食蜂「…っ……!!」コクコク

土御門『…なら良いにゃー、今後もどうぞよろしくぜよ、次の予約可能な日にちは4日後だぜい』

食蜂「わ、わかったお願いするわぁ…!!」コクコク

上条(…予約のほとんどコイツだったのか…)
192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 10:33:57.92
異常な速度で予約増えてると思ったらそういうことかww
193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 10:35:19.97
ということは完全に出遅れたと思われていた美琴にもワンチャンあるのか
196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 11:11:40.22
上条「さて…次はだれだ?どうせ休めないんでしょ上条さんは分かってるもんね!!」

土御門『仕事に対する意欲が湧いてきたようで何よりぜよ』

上条「嫌味かこのやろう」

土御門『だがまあ、残念だが予約の取り消しやら何やらで多少ごたついててな、ちょっと時間が空くぜよ』

上条「え、マジで?休んでいいの!?」

土御門『当たり前ぜよ、仕事がなければ休息になるだろう?しっかり休むぜよ』

上条「やった!!俺お前が俺を使い潰すまでこきつかうのかと思ってたよほんと!!やっと寝れるぅ!!」

土御門『とりあえず夜まで休んでていいぜよ、また連絡するにゃー』

上条「わかった、またな土御門!!」

土御門『んじゃグッバイぜよカミやん』ブツッ

上条「やっと帰れるか…はぁ、疲れたなぁ…」
203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 11:38:44.14
土御門「………カミやんてブラック社畜の素養があるにゃー、将来大丈夫か?」

Prrrr

土御門「はーい毎度ありがとうぜよ、カミやんレンタルサービスだにゃー!!」

『も、ももももももも、もしもし?!』

土御門「はいはいカミやんレンタル、最大二時間まで貸し出し可能だぜい?」

『ち、ちょっと聞きたいんですけども!!なな、なんであいつこんなことしてるのよ!?』

土御門「それには深ーい事情があるぜよ、主に金銭的に」

『お金?なに?あいつ困ってんの?どうしてよ?』

土御門「詳しくは本人に聞けにゃー、んでみこっちゃん予約すんの?」

『人違いです』ブツッ

土御門「…………」ツー、ツー

Prrrr

土御門「はーいカミやんレンタルサービスだにゃー」

鼻声の誰か『…よ、よ"やくするわ"!!一番早いいの"!!』

土御門「予約は4日後だが割り増し料金で飛び入り出来るにゃー、どうする御坂美琴?」

『人違いです』ブツッ

土御門「…………」ツー、ツー

Prrrr

土御門「…カミやんレンタルサービスぜよ」

無理した野太声の誰か『飛び入りできると聞いたんだが、ゴホン…す、すぐ行けるのよn…行けるか?』

土御門「……誰にも言わないから普通に話していいぜよ、なに恥ずかしがってんの?」

『…………』モジモジ

土御門「カミやんは部屋で寝てるはずぜよ、半額でいいから起こさないようにしてやってくれ」

『…え、割り増しじゃないの?』

土御門「疲れてるだろうからにゃー、無理に入るなら条件ぐらいつく」

『…わ、わかった!!それで!!』コクコク

土御門「毎度ありぜよ」
204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 12:01:33.64
………

上条「…………」

禁書「あ、おかえりなさいとうま」モグモグ

オティヌス「随分と帰りが遅かったじゃないか、ええ?家主よ」モグモグ

上条「…なにこの惨劇、なんでこんな食い散らかってんの?」

禁書「とうまがごはん代貰ってきたんでしょ?もとはるがお金おいてったのかも」

オティヌス「おい禁書目録、次はここのステーキをデリバリーするぞ、A5 なら多少は私の舌にも合うはずだ」

禁書「おおー…美味しそうかも!!でもお金足りるかな?えーとあと2000円ぐらいかも、残ってるの」

オティヌス「なに?もうそれだけか…多少使い過ぎたか?」

禁書「え、じゃあお肉は!?ステーキは!?」

オティヌス「我慢するしかなかろう、あまり使うと奴が怒るぞ?説教はされたくないだろう?」

禁書「…うー、わかったんだよ…」ショボン

上条「もうおせぇよ!!!!土御門てめぇぇぇぇなんでコイツらに金わたしたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 12:19:07.21
土御門『にゃー、すまんまさか魔神のほうまで金銭感覚狂ってるとは思わなくてにゃー』

上条「上条さんの努力返せー!!返せぇぇぇ!!!!」ウルウル

土御門『…仕方ないぜよ、なら俺の取り分から半額は出すぜい、舞夏に頼めればこうはならなかったんだしにゃー』

上条「半額…ま、まあそれなら…食ったのコイツらだし」

オティヌス「なれの果てとはいえ私は神だぞ?良いもんくらいたまには食わせろふだんもやしなんだから」

上条「……お前も金稼げこんちくしょう」

禁書「どうやって?おてつだい?」

上条「…………コイツらもレンタルさせようかな…いやでもなぁ、巡りめぐって俺に被害来そうだし…」

土御門『需要はあんじゃね?主にもてないメンズに』

上条「……やめとこう、誰もきっと得しない」
212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 12:43:32.65
オティヌス「聞き捨てならんな、お前より効率的に金儲けなど簡単に出来るぞ、舐めるな」

上条「えー」

禁書「む、わたしもやれば出来るもん!!食べた分くらいは働くかも!!」

上条「…えぇー?」

土御門『やらせてみたらどうだ?カミやんが心心配するような事態にならんように客は選ぶ』

上条「……本当に大丈夫なのか?」

土御門『心配するな、見張りもつける』

上条「……なら、大丈夫か?」

オティヌス「よし、お前はゆっくり寝ていろ、毎日A5のステーキ食えるほど稼いできてやる、いくぞ乗騎よ」モソモソ

スフィンクス「にゃー!!」タタタッ

禁書「わたしもやるかも!!」

土御門『禁書目録は少し待て、護衛と客を見繕わねばならんからな』

禁書「う、うんわかったかも!!」

上条「………本当に大丈夫か?つかオティヌス何処に向かったんだ」

土御門『腐っても魔神だ、何とかなるだろう』
214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 12:52:14.78
……

土御門『禁書目録、客が見つかったから出動ぜよ』

禁書「え、もう?」

上条「5分ぐらいしか経ってねーけどちゃんと吟味したのかよ…」

土御門『大丈夫だろう、完全に草食系の輩だ』

上条「見張りは?」

土御門『ステイルを呼んだ、後数分で合流出来る』

上条「……あいつ、学園都市に居たの?」

土御門『たまに来てるみたいだにゃー』
217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 13:08:21.10
禁書「じゃあとうまいってくるんだよ!!


上条「…お、おうがんばれよ?」

禁書「うん、待っててね」タタタッ、バタン

上条「…………大丈夫なのか?本当に」

上条「………まあ、ステイル付いてるって言うし、大事にはならんはず…とにかく俺は寝る!!もう限界…」モソモソ

上条「………あいつら出掛けてくれてある意味ラッキーだったかもなぁ…ふぁ……Zzz 」



…………


218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 13:14:28.43
………

ガチャ

美琴「………お、お邪魔しまーす…」ドキドキ


上条「……zzz 」

美琴「ほ、ホントに寝てる…起きないのかな?」ツンツン

上条「……んん……zzz 」

美琴「………起きない、やっぱ疲れてんのかな…」

美琴「……………」キョロキョロ

美琴「なんでこんな汚いのかしら、よし…」ガサゴソ

上条「…………zzz 」
219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 13:23:32.92
美琴「うし、こんなもんと…」ガサッ

上条「……んん…zzz」

美琴「……………」ジィィ

上条「…………zzz 」

美琴「……ベッドにちょうどいい感じのスペースが……いやいや、ちょうどいいってなんだっての」ブンブン

上条「……………zzz 」

美琴「………」

上条「……………zzz 」

美琴「………」ゴクリ

上条「……んん……zzz 」

美琴「……ち、ちょっとだけ、ほんの一瞬…」ドキドキ

上条「…………zzz 」

美琴「……ふへへ//////」ノソノソ
220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 13:33:11.27
美琴「……う、腕枕………ふへ、ふへへへ……////」ポスン

上条「んあ…んー…」

美琴「……か、顔近い……あ、あぅ……」ドキドキ

上条「…………んん…」グイ

美琴「え、あ、ちょ!?」ギクリ

上条「……んあーだきまくらー……zzz 」 ギュゥー

美琴「あ、あう、ふぁ、やっ!?」オロオロ








美琴「ふにゃー/////」バチバチビリビリビリビリィィッッ!!!!


上条「ご、があああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!?!?!?」ビクンビクン
221 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 13:36:27.48
イイね!
222 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 13:45:01.71
こげ条「」プスプス

美琴「ふぁ!?しししししまった!?ねぇちょっと!?」ユサユサ

こげ条「」

美琴「おいってば!?ねー!?返事してよ!?」ユサユサ

こげ条「」

美琴「……あ、れ…ちょっと待って?」ソッ

こげ条「」

美琴「……………し、心臓動いてない…」サー


美琴「うわあああああ!?!?ま、まままマッサージ!?心臓マッサージ!!」バチン!!

こげ条「」ビクン

美琴「動け!!動け!!?」バチンバチン

こげ条「」ビクンビクン

美琴「…あ、ああとはえーと!?じ、人工呼吸!?」

こげ条「」

美琴「…ぅ…///////」カァァ

こげ条「…う…」

美琴「!?おーいちょっと!!おきろぉ!!」ユサユサ

こげ条「な、なにごと…」ピクピク

美琴「よ、良かった…!!ホントにシャレにならないところだった…!!」
223 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 14:00:52.24
すでにシャレになってない
225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 14:09:39.57
そういやうまいこと右手だけ触れてなかったんかね
227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 14:19:53.38
右腕枕にして左半身をかぶせる様に抱きつけば右手首から先はみこっちゃんに当たらない
233 :>>227が正解 :2014/07/26(土) 15:04:00.60
こげ条「…痛つつ、なんで御坂が居るんだ?」クラクラ

美琴「そ、それはあれよ、なんかやってるって聞いたから気になって…!!」

こげ条「…な、なんか全身がひきつるように痛い…痛てて…なんだ一体?」ビキビキ

美琴「ご、ごめん…」

こげ条「…なんで謝るんだ?まあいいか…取り敢えず俺はまだ寝る、おやすみ」ガクッ

美琴「え、ちょっと」ユサユサ

こげ条「」グッタリ

美琴「ちょっと待て!?それ寝てるんじゃなくて気絶じゃん!!取り敢えず病院行きなさいってば!?ねぇ!?」ユサユサ

こげ条「」

美琴「………な、なんでこんな悠長なのよこいつは…」



237 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 15:30:43.11
※上条さんが搬送されている間はインデックスとオティヌスさんの仕事っぷりを御覧ください


………

禁書「ここでいいのかな?」

ステイル「そのようだね」

禁書「じゃ、ここで待っててすている」

ステイル「そうはいかない、今日の僕の任務は君の護衛だ、目を離すつもりは無いよ」スパー

禁書「でもわたしのお仕事なのに」

ステイル「勿論邪魔はしないさ、こういう事もこの街で暮らす中では必要なのかもしれないからね」

禁書「わかったかも、なら何も言わないかも」

ステイル「なら頑張るといい、多少の事では手助けはしないつもりだからそう考えていてくれ」

禁書「うん、じゃあ行くんだよ、こんにちはー」コンコン

鋼盾「……はい」

禁書「えーと、お手伝いにきたかも」

ステイル「………」ジロリ

鋼盾「」ビクッ

バタン

禁書「え、なんで閉めちゃうの?ごめんくださーい!!」ドンドン

『……そ、そんな危なそうな人一緒とか聞いてないし…』ビクビク

禁書「え……」チラッ

ステイル「…………チッ…世話の焼ける…」ガンッ!!

『ひぃ!?』ビクッ

ステイル「この子がわざわざ出向いたのになんだその態度は?今すぐ開けろ…焼かれたいのか?」

『』ガタガタ

禁書「す、すている?」オロオロ
241 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 15:41:01.10
鋼盾「………」ガタガタ

禁書「お、お邪魔しますなんだよ」パタパタ


ステイル「ふん」ズカズカ

鋼盾「…え、く、靴…」

ステイル「………」ジロリ

鋼盾「ひぃ!?なんでもないです!?」ガタガタ

禁書「すている、くつ脱いで」

ステイル「ん、そうだったね」ゴソゴソ

禁書「ごめんなさい」ペコリ

鋼盾「…え、あ、うん…」

ステイル「……チッ…」

禁書「それでまず何をすればいいのかな?」

鋼盾「………えーと」オロオロ

ステイル「……下らない事頼んだらどうなるか分かっているな?」スパー

鋼盾「」ガタガタブルブル

禁書「すている!!」
243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 15:55:48.13
禁書「すているは喋っちゃダメかも!!」

ステイル「………」

禁書「わたしにできる事ならなんでも言って欲しいかも、よろしくね」ニコリ

鋼盾「えーと、な…何が出来るの?」

禁書「魔導書の解析や魔術の探索、霊装の特定までなんでも出来るんだよ!!」フンス

ステイル「………」シュボ

鋼盾「…………えーと、ゲームが得意なの?」

禁書「……?てれびげーむはマ○オの一番最初のくりぼーで死んじゃうかも」キョトン

鋼盾「………えと」チラッ

ステイル「この子に機械関係は扱えないよ、それを考慮して仕事を与えてやるんだ、良いな?」ギロリ

鋼盾「は、はい…」ガタガタ
248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 16:05:55.69
鋼盾「じゃあ料理…」

禁書「作ってくれるの!?」

鋼盾「洗濯…」

禁書「せんたっきーじゃなくて洗濯板があれば出来るかも!!」

鋼盾「そうじ……」

禁書「あのぶおーんってやつ怖いんだよ」

鋼盾「………」チラッ

ステイル「君、ふざけてるのか?僕はこの子が出来る事を仕事として与えろと言ったんだ……燃やすぞ」ギロリ

鋼盾(何も出来ねーじゃんこの子!?無茶振りだろそれ!!)ガーン

禁書「早くお仕事したいかも!!」ワクワク

ステイル「早くしろ、あの子が待ってるんだ」

鋼盾「」
250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 16:18:21.24
ステイル「早くしろ、後5秒で燃やす」

禁書「何すればいい?」

鋼盾「」






鋼盾「そ、そこの棚にお菓子たくさんあるからそれ処分してて」ダラダラ

禁書「え、お菓子!?いいのかな?」パァ-

鋼盾「賞味期限近い(嘘)し食べきれなくて(大嘘)困ってたんだ…食べてもらえると助かるよ」ウルウル

禁書「ありがとう!!わーい♪」ガサゴソ

鋼盾「………こ、これで良いですか?」オドオド

ステイル「………ふん、まあいいか…あの子は喜んでいる」シュボ

鋼盾(………た、助かった……)ガクッ
252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 16:26:48.99
…………

ステイル「…時間だ、行くよ」

禁書「わかったかも、今日はありがとうなんだよ」ペコリ

鋼盾「……は、ははは…」ヒクッ

ステイル「邪魔したね、また頼むよ」スタスタ

鋼盾(…二度と頼むか!!)

禁書「またお菓子食べさせてくれるとうれしいな、じゃあね」」ニコリ

鋼盾(…この子だけなら頼まなくもないんだけど………)


鋼盾(……いや、どうせ痛い目見るしやめとこう……こんなのに頼らず自分で彼女作るんだ…お金出してじゃどうせその先行けないんだから…)


鋼盾「……頑張ろう」グッ
255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 16:43:30.13
一方その頃オティヌスさんは

オティヌス「おい!!乱暴にするな!?ちょ…服を捲るなガキ共め!!おいこら脚!?それ以上はひろがらなっ…ぎゃあぁあぁぁぁぁぁぁ!?!?!?」

幼稚園児「おにんぎょー」グチャグチャ

幼稚園児2「つぎわたしにかしてー」ベタベタベタ

オティヌス「うわーーーん!?!?」ウルウル


園児達の世話役(自給100円)という仕事に従事していた。

スフィンクス「にゃー」

幼稚園児3「ねこー」ナデナデ

スフィンクス「にゃ」

幼稚園児4「かわいいー」ナデナデ

スフィンクス(自給150円)「にゃー」ゴロゴロ
257 :>>254そうだったっけ?すまん :2014/07/26(土) 16:55:25.76

………

上条「………ん?」パチリ

冥土返し「気が付いたね?」

上条「先生?ってことは病院か?俺、部屋で寝てただけのはずなんだけど」

冥土返し「軽度の火傷と電撃によるショック症状が出て搬送されてきたんだよ、覚えてない?」

上条「……そういやなんか痺れたような…」

冥土返し「…ま、とにかく明日には動けるだろうから、安静にしてなさい、いいね?」

上条「…はい、毎度すいません」ペコリ
260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 17:11:28.55
青ピ「なんやカミやん入院しよったん?どないしよ」

上条「青ピか、これ仕事どうなるんだ?」

青ピ「カミやん次第じゃあらへん?続けるならつっちーといろいろ考えるけど」

上条「……ぶっちゃけ大して稼げてないよな…入院費も払わなきゃならんし」

青ピ「入院費用は保証してもろたよ、カミやんは払わんでええ」

上条「お、マジで?助かるな」

青ピ「加害者が払うのが当たり前やん?」

上条「まあ、そうだけどそうなった試しなかったからなぁ」

青ピ「…カミやんはいっぺんけがさせられた奴に治療費請求した方がええ」

上条「今さら払えなんて言えねーよ、ま、今回はラッキーだったってことで」

青ピ「……カミやんのラッキーの定義がわからへん」
263 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 17:23:22.01
上条「まあ、とりあえず続けるよ、多少まとまった金無いと不安だし」

青ピ「そか、なら入院イチャイチャ介護コース追加しとくわ」

上条「イチャイチャはやめろ、後添い寝もやめろ夜はさすがに寝かせろ」

青ピ「…需要あるんやけどなぁ、まあカミやんが嫌なら止めとくわ」

上条「初めからそうしろよ…」

青ピ「だってカミやんが即お金必要て言うとったし」

上条「やり過ぎだバカ野郎!?!?」
264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 17:39:04.19
青ピ「さて、カミやんが続行するって言うならさっそくレンタル再開やね」

上条「…さっそくか、次誰だよ?」

レッサー「わたしです!!」ガバァ!!

上条「っ!?レッサー!?」

青ピ「んじゃごゆっくり」スタスタ

上条「まて青ピ!?こいつはダメだ、なんか色々と強硬手段に出て来そうだし!?身動き取れない時にこんな奴連れてくんなぁぁぁぁぁ!!!!?!」ジタバタ

レッサー「まあまあ良いじゃないですか、ゆっくりと楽しみましょうねー、ふふふふふ…」ニヤリ

上条「うおおおおい!?」ジタバタ
266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 17:48:09.41
レッサー「まぁまぁそんな邪険にしなくても、知ってますよ?ホントは嬉しいんでしょう?」

上条「うれしくない」

レッサー「いっつも思うんですけど上条さんてわたしにばっかりきつくありません?なんで?」

上条「お前が節度とマナーとその他色々と弁えてくれるなら上条さんは普通に接します」プイ

レッサー「えー、弁えてますよ?」

上条「上条さんの中では非常識なの!!おわかりか!!」

レッサー「どういう事が非常識なんです?例えば?」ズイッ

上条「……のしかかるな!!それ!!そういうの!!」ジタバタ

レッサー「美少女にのしかかられて喜ばない男は居ない!!実は嬉しいクセに!!」クワッ

上条「自分で言うな!!良いから降りろっつの!?」
267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 17:52:23.87
レッサーかわいいな
269 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 18:02:24.25
レッサー「頑なですねぇ…さすがと言わざるおえませんよ」フー

上条「マジで退け、禁句言うぞこんちくしょう」

レッサー「禁句?」キョトン

上条「…重i…


レッサー「フンッッ!!!!」ガスッ!!

上条「ひょっ!?」ビクンッ!!

レッサー「失礼な、私は平均より痩せぎみです!!」

上条「…ひぇ、へめえ…おとこの聖域を躊躇いなく殴りつけやがってぇ…」ガクガク
270 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 18:14:19.03
レッサー「ふふん、ですが今日のわたしは一味違いますよ?散々避わされつづけたわたしのメンタルはどんどん強靭になっていますので」フンス

上条「あっそう、おつかれ」ホジホジ

レッサー「ちょ、女の子の前で鼻ほじるとか正気ですか!?」

上条「しらね」フキフキ

レッサー「ちょ!?どこ擦り付けてんですか汚い!!そこわたしの靴下!!」

上条「へー」ホジホジ

レッサー「くぅ…!!そ、そうやってわたしを幻滅させる作戦ですね!?その手には乗りませんからね!?」ゴシゴシ
271 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 18:23:53.42
上条「きいてるきいてる」ホジホジ

レッサー「く、確かにちょっと見たくなかった姿ですよ…!!普通にきったねぇし…!!」

上条「わかったらどけ、今の俺の右手には女の子の幻想をぶち殺すものが備わっている…!!」

レッサー「鼻くそがなんだって言うんです!!そんなもんただの生理現象だ!!」クワワッ

上条「てめえ…いい加減にしないと今度はそのパーカーに擦り付けんぞおらぁ!!」ジタバタ

レッサー「どうぞ」

上条「なぬっ」

レッサー「そしたら脱ぎます、ええ全部脱いでやりますとも」ニヤリ

上条「…ち、ちぃ…小癪な奴…!!」ワナワナ

レッサー「ふははははー!!どうしますかそれでもどかそうとしますか!?それとももっと密着してやろうかー!!ふははははー!!!」
275 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 18:35:46.53
上条「やめろ!!そんな事してなんになる!?」ジタバタ

レッサー「全てはイギリスのためです!!さぁ、バッチリ刮目しましょうかー!!」

上条「くっ、まずいどうすれば…」オロオロ

レッサー「す、すっぽんほんはさすがに恥ずかしいですがっ!!もはや手段は選べませんし!!」モソモソ

上条「おい!?なんで布団の中入って来るんだよ!?」

レッサー「………………いや、脱いでる所見られるの恥ずかしいですし」モソモソ

上条「ちょ!?まってダイレクトになんか感触が!?やめろモゾモゾ動くなぁぁぁぁ!?!?!?」

レッサー「……反応したら処理してあげますね?ふふふふふ…」モソモソ

上条「反応したらってなに!?なにすんのやめろってばぁーーーー!!!?!?」
276 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 18:41:35.75
レッサー普通に可愛いやん貧nゲフンゲフンだけど
277 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 18:43:18.82
その積極性を1/3くらい姫神さんに……
278 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 18:50:29.69
上条(……いかん、このままでは色々とやばい!?何とか起死回生の一手を打たないと…!!)

レッサー「…お、おやおやおやぁ?な、なんか膨らんでませんかねぇ?」ドキドキ

ツンツン

上条「はふんっ!?」ビクッ

レッサー「ふふふふふ…もうちょいですね…くくく…」モソモソ

上条(やばいやばいやばいやばいやばい落ち着けこんなときは落ち着いて素数を数えろ!!)ピクピク

レッサー「あとぱんつだけですよ上条さん」ポイッ

上条「!?マジで脱いでやがるこいつ!?」

レッサー「ブラはあえて目の前に放り投げましょうか」ポイッ

上条「」パサッ

上条(…ヤバい、青ピちょっと助けに来て…)クラクラ


上条「……ん?青ピ?」

レッサー「はい?」モソモソ
285 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 19:01:20.14
上条「………ああ、そうか……」フッ

レッサー「………?なんです?もう全部脱いでしまいましたけど諦めたんですか?」ヒョコ

上条「…違う、そうじゃねーよ…」

レッサー「………な、なんです?観念してないなら何故そんな冷静に?」

上条「…気づいたのさ、ああ…これは男にしかわからねー事なのかもしれないからレッサーには分かんないかもな」

レッサー「……なんですか、ハッタリだったら無意味ですよ!!私はこの掛け布団を剥がせばすでにすっぽんぽんです!!それを見れば貴方は欲情必須のはず!!」

上条「…へっ、なら教えてやるよレッサー!!日本の変態spiritsを!!」クワワッ

レッサー「えっ!?」ビクッ



上条「すっぽんぽんに真のエロは存在しねぇ!!!!」カッ!!


レッサー「な、なんだってぇーーーー!?!!?!」ガガーン!!
294 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 20:55:07.80
レッサー「ど、どどどどどどういうことですか!!?!おっぱい丸見えなんですよ!?いろんな所がモロ見えなんですよ!?」

上条「あまーーーーーーい!!!!そんなもんはエロじゃねぇ!!ただの裸だ!!」クワワッ

レッサー「ひぅ!?」ビクッ

上条「良いか、エロっていうのはな…!!ただ見えれば良いなんてもんじゃねぇんだよ!!あっさり見えるもんなんて、簡単にみえちまうものになんか価値なんかないんだよ!!」

レッサー「え、えっ!?」オロオロ

上条「裸ってのはな…数々の困難を乗り越えて、幾つもの死闘を潜り抜けた先で!!初めて拝める物で有るべきなんだよ!!見たくても見れない、確かめたくても出来ない!!そんな存在で、ギリギリ見れるか見れないかの境をさ迷うことで男の精神は磨かれて強くなって行くんだ!!それを、簡単に見れる?ふざけるな…あっさり見れても感動も、歓喜も、欲情すら薄くなっちまうんだよ!!そんなもん認めない、俺はそんなひとっとびのワープなんかしたくない!!そうだろ!?どうしてこの俺の中にある情熱を冷ますような事が出来る!?そんなもんに心揺らぐなら俺は、自分自身の幻想(欲求不満)をぶち[ピーーー]!!」

レッサー( ゜Д゜)

上条「つまりだな、お前のやり方はエロくない、以上だ」

レッサー「」がーん

上条(…よし、押しきった、危ない所だった)ドキドキ

レッサー(|| ゜Д゜)ガーン
297 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 21:03:04.11
……………


青ピ「カミやん時間やでー」ガラッ

上条「ん、そうか」

レッサー「」フラフラ

青ピ「……この子どうしたん?」

上条「ちょっとな、サンキュー青ピ、お前の生きざまに助けられたよ」

青ピ「僕の?なんのことや?」キョトン

レッサー「じゃ、Japanese HENTAI…その深淵がここまで恐ろしいとは…」ガタガタ
299 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 21:17:41.20
一方その頃オティヌスさん。

オティヌス「喰らうかぁ!!」さっ

ひゅー

オティヌス「所詮ガキだな!!このノーコン共め!!」ヒョイ

びゅっ!!

オティヌス「げふぉ!?」びたんっ

幼稚園児5「あたったー!!」

幼稚園児6「ぼくもー!!」ブンッ

オティヌス「へぶっ」ベシン

幼稚園児1「やめてよぉ!!おにんぎょうさんかわいそうだよぉ!!」オロオロ

オティヌス「……お、おのれ人間め…」ヨロヨロ

ボール的あての目標(時給100円)の仕事に従事していた。ちなみにボールは柔らかいカラーボールである。


スフィンクス「にゃー」ゴロゴロ

幼稚園児7「ねこちゃんだっこー」ナデナデ

スフィンクス「うにゃ」スリスリ

幼稚園児8「わたしも!!ねこちゃん!!」ナデナデ

スフィンクス(時給150円)「にゃー」


オティヌス「…ちくしょぉ…ちくしょぉ…」ウルウル
303 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 21:37:24.64
………

青ピ「次いこか、カミやん」

上条「…上条さん的にはもう少しお客さん選んで欲しいんですが」

青ピ「せやかて、お客さんの素性とか僕は知らんし」

上条「土御門はしってんだろ」

青ピ「んじゃ入って来てええよー」

上条「話聞けよ!!ホントに!!」

バードウェイ「なんだ、聞いてやるぞ?面白い話ならばな」

上条「」

青ピ「じゃ、ごゆっくりー」スタスタ

バードウェイ「話してみろ、客を選べとか言ってたな、私はもちろん嬉しい客だろう?ん?」

上条(…どうしよう一番やばいのが来た)
305 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 21:54:08.22
バードウェイ「まあいい、そんな事より何をしてるんだお前は?」

上条「な、何をって?」

バードウェイ「お前がやってる下らんバイトの事だ、男妾みたいな真似してたのしいのか?」ジト

上条「ちょ、その表現は心外ですのことよ!?」

バードウェイ「何が違うんだ、実際請われたら抱くんだろ」

上条「してない!!してないからな!?」

バードウェイ「じゃあこの先は?無理矢理迫られたら拒めるのか?」

上条「当たり前だろ!!」

バードウェイ「そのわりには先程の小娘は危なかったようだが?」

上条「」

バードウェイ「そらみろ、あれ以上に強引に迫られたらなし崩し的にお前は好きでもない女と関係を持ってしまうよ、断言してやる」

上条「そ、そんなことネーヨ?」オロオロ

バードウェイ「語気に覇気がないぞ、それでは認めているようなもんだ、馬鹿者が」ジト
307 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 22:06:44.42
上条「そ、そんなこと言われても上条さんにも生活が…」モジモジ

バードウェイ「そこだ、そこが気に喰わないんだよ私は」ジロ

上条「と、言いますと?」オソルオソル

バードウェイ「なんで言わないんだ、金ぐらいいくらでも工面してやるのに」ムカムカ

上条「いやぁだって、お前イギリスだし居るの…」

バードウェイ「見え透いた言い訳をするな、近くに居てもお前は頼らんだろうが!!」

上条「………いやぁ、まあ…そうかなー?」オロオロ

バードウェイ「…まったく世話の焼ける奴だ…こっちからアプローチしないとまともに支援要請すら出さん…!!」

上条(…あんまり関わんない方が良いと思ってるだけです)

バードウェイ「失礼な事考えたな?今」ジロ

上条「滅相もない」フルフル
309 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 22:19:19.07
バードウェイ「…まあ良い、とにかくお前のバイトは店じまいだ、反論は許さん」

上条「…え、でもまだぜんぜんお金が…」

バードウェイ「反論は許さんと言っただろう?二度も言わせるな」ギロッ

上条「じゃ、じゃあどうするので?」

バードウェイ「ふむ、どうやら人気があって予約も相当入っているようだな?私も多少待つ羽目になったし」

上条「ま、まあな…」

バードウェイ「独断で中断するのだ、反感は十分買うだろうから暫く潜伏する必要があるか…よし」

上条「…あのー、バードウェイ?」

バードウェイ「よし、逃げるぞ、速攻で移動すれば追っ手もまばらになって迎撃しやすい」ガシッ

上条「え、おい!?なにすんだよ!?」

バードウェイ「黙って担がれてろ、すぐに車に詰め込んでやる」

上条「おーい!?だから上条さんの意見は!?」

バードウェイ「しらん」タタタッ

上条「ひ、ひとさらいーーーー!?!?」グネグネ
311 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 22:37:11.97
土御門「させんぞ、明け色の陽射しのボス」ビュッ!!

バードウェイ「っ!!」ザッ!!

上条「うぇぷ!?」ビタン

土御門「貴様の行動はある程度予測していたが、まさか本当に拉致を敢行するとはな」

バードウェイ「…陰陽術師か、私の行動を予測していながらよく客扱いをしたものだな?」

土御門「一応な、上条当麻と交友があるのは事実な以上、貴様だけ弾く訳にもいかんだろう?」

バードウェイ「ふん…本音はどうだかな」

土御門「除け者にすれば駄々をこねて余計に始末が悪い、それだけだろう?」

バードウェイ「…………ほぉ?言うじゃないか」ビキビキ

土御門「事実だろう……ふっ!!」ダンッ!!

バードウェイ「舐めるな…!!」

上条「ちょっと…」オロオロ
314 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 22:51:44.87
バードウェイ「まともに魔術も使えん者の分際で私に立てつくか…良い度胸だよ!!」

土御門「…ふん、単純な戦闘では一蹴されるだけだろうがな…ようは貴様の実力行使を封じれば俺の勝ちだ」

バードウェイ「…なら小細工を掛ける前に消し飛ばすとしよう…『 Regunm771』…!!

パトリシア「姉さん?」ヒョコ

バードウェイ「」ギクッ

土御門「………」ニヤリ

バードウェイ「ぱ、パトリシア!?何故ここに居る!?」

マーク「連れて来ました、こんなこともあろうかと」

パトリシア「マークさんがね、学園都市で姉さんが観光してるから一緒にどうだって」

バードウェイ「………マーク」ギロッ

マーク「暴走するボスが悪いんです」ボソッ

バードウェイ「こ、このやろう…!!」ワナワナ

土御門「俺の勝ちだ」

上条「…お前、必要悪の教会所属なのによくコンタクト取れたな…」

土御門「色々とツテは作っとくもんなんだぜいカミやん」ニヤリ

上条「……そ、そうか」
316 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/26(土) 23:02:09.14
バードウェイ「覚えてろよくそ!!絶対報復してやるからな!!」ウルウル

マーク「駄々捏ねてないで行きますよ、ほら観光するんですから」グイッ

バードウェイ「手を繋ぐな子供っぽい!!馬鹿やろぉ!!」ズルズル

マーク「はいはいわかりましたから、では二人ともご迷惑御掛けしました」ペコリ

上条「お、おう、大変だな相変わらず…」

土御門「助かったぜよ、恩にきるにゃー」

マーク「…いえ、では」スタスタ

パトリシア「姉さん、まずどこ行こうか?」ワクワク

バードウェイ「………遊園地…」ムスッ




上条「…………後が恐いなぁ…」

土御門「そんときはそんときだにゃー」
328 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 08:44:36.88
上条「何度も言うけど客選べよ、上条さん身が持ちません」

土御門「あそこまでする奴はそうそう居ないぜよ、たぶん」

上条「…たぶん……」

土御門「大丈夫大丈夫、時給程度のサポートならキチンとこなすぜよ、俺も青ピも」

上条「お前らの時給って…単純計算でひとり125円じゃん…」

土御門「え、なに?もっと中抜きしていいのカミやん」

上条「レンタル単価上げようって発想にはならんのか」

土御門「自惚れんなにゃー、ヤらねークセに高い金出させるとかおこがましいぜよ」

上条「………いや、まあ確かにこの千円って価格も俺なら出さないけどさぁ…なんで需用あるのか謎だし」

土御門「ならつべこべ言わずに最低賃金並の薄給できびきび働いてろにゃー」

上条「………これ割りあってんのかな……」
330 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 09:00:36.50
土御門「とにかく数こなすぜよ、喋ってれば金儲け出来る、楽な仕事だろう」

上条「デメリットもでかい気がするんですよねぇ」

土御門「それはともかく次ぜよ、今回は二人セット四時間コース」

上条「誰だよ今度は」

土御門「ねーちんと五和」

上条「……一つ思ったんだけどさ、なんでわざわざイギリスからあいつら来るの?レッサーもバードウェイもだけど」

土御門「そんなもん自分で考えろにゃー、んじゃごゆっくり」

上条「…ごゆっくりと言われてもあいつらは?」

土御門「ん?確かに来ないにゃー」

上条「来てんだよな?」

土御門「カミやんが入院する前からスタンバってたはずなんだが……ちょっと待ってろにゃー」
332 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 09:15:03.99
……

土御門「ねーちん、時間ぜよ?」

神裂「」ビクッ

五和「女教皇様、早く行かないと時間が!!」

神裂「しししししかし!!この衣装はもう!?」オロオロ

土御門「なんだ、まだ着替えてねーの?堕天使エロメイド」

神裂「以前これを彼の前で着て大恥かいたではありませんか!!何故またこれを着なくてはならないのですか!?」

土御門「ならそのまま行け根性なし」

神裂「根性なし!?」

土御門「五和を見ろ、堂々と着ているぞ大精霊チラメイド」

五和「あ、いや…はい…」モジモジ

土御門「このままでは五和に全部持ってかれるな?良いのかねーちん?」ニヤリ

神裂「し、しかし!?」オロオロ
333 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 09:33:35.57
土御門「いいかねーちん、このまま五和はチラメイド、ねーちんは見飽きたふっつぅの格好でカミやんと接触するとどうなると思う?」

神裂「見飽き…っ!?い、いやどうなると言うのですか!?」

土御門「カミやんは軽傷だがベッドから動けん、会話していれば細かな動作一つ一つをカミやんは目で追うだろう、意識的か無意識かは置いておいてな」

神裂「つ、つまり…?」

土御門「このままでは五和をエロい目でチラチラ見るカミやんをなすすべなく眺めるだけの置物になる」

神裂「!?」

五和「………え、そ、それは…」モジモジ

土御門「そして最初は会話に入れても徐々に除け者になっていき、最終的には二人のイチャコラを傍観するだけの空気に…」

五和「…い、イチャコラ……」ゴクリ

神裂「………ど、どどうすれば…」オロオロ

土御門「答えはそこにあるだろう?受け入れるか、拒むのか、それだけだ」

神裂「………………」
334 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 09:36:20.44
頑張れねーちん
335 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 09:43:19.47
土御門さんマジパネェっす
338 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 09:50:18.49
神裂「……………わかりました、覚悟を決めます」キッ

五和「女教皇様…!!」ゴクリ

土御門「www」

神裂「………」ゴソゴソ

土御門「外で待ってるぜよ、着替えたらカミやんの所案内するぜい」

神裂「わかりました……………ん?」ピタッ

五和「どうかしましたか?」

神裂「いえ、土御門いいですか?」

土御門「なんだにゃー」

神裂「この衣装なのですが…む、胸の部分の生地が一切ありませんけど他のパーツは?羽織るものとか……」

土御門「んなもんないぜよ」

神裂「は?」キョトン

土御門「堕天使エロメイドと言ったな、あれは嘘だ」

五和「……こ、これい最低限の隠す布地すらありませんけど…」

土御門「堕天使モロメイドにランクアップしておいた、きっとカミやんは悦ぶぜい」

神裂「」
340 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 09:59:22.65
着替えざる状況に追い込んでからのこれ
さすが土御門汚い
341 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 10:01:50.65
神裂「」

五和「……ちょ、これは……」オロオロ

土御門「早くしないと時間なくなるぜよ、既に20分経過」

神裂「こ、こんなの着れません!!」ジワッ

五和「女教皇様…」オロオロ

土御門「それでも良いんじゃね?着るか着ないかは自由ですたい」

五和「女教皇様…む、無理に着なくとも…」オロオロ

土御門「その時はさっきの例え話が真実になっちまうけどにゃー」ニヤリ

神裂「…う…うぅ……!!」ウルウル

土御門「さーどうするぜよねーちん?」

神裂「ですけど!?うぅ……これは!?う…っ…」オドオド

342 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 10:10:29.19
土御門「30分経過」

神裂「あぅ!?ふぁ…!?」オロオロ

五和「女教皇様!!気を確かに!?」オロオロ

神裂「私はどうすれば、私はどうすれば!?」オロオロオロオロ
343 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 10:14:48.96
土御門「一時間経過」

神裂「あうあうあうあう」オロオロオロオロオロオロ

五和「女教皇様!?しっかりしてください!?」ユサユサ
344 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 10:19:31.89
土御門「二時間経過」

五和「わ、わたしだけ先に行っても……」オロオロ

神裂「い、五和!?お願いですから一人にしないでください!?私ひとりじゃ決められません!!」ウルウル

五和「で、でででてすけど時間が!!せっかく休暇取れて上条さんと会えるのに…!!」ウルウル

神裂「わかってます!!わかってますけど!!」ウルウル
346 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 10:28:11.46
土御門「三時間経過」

五和「こうなったら!!わ、わかりましたそっち!!そっちを私が着ます!!交換して下さい女教皇様!!」ヌギヌギ

神裂「なんですって!?しかし五和!!」

五和「もう時間無いんです!!迷ってられません!!」バサッ

神裂「で、でも、サイズ合わない……」モジモジ

五和「」グサッ

神裂「い、五和……」オロオロオロオロ

五和「なんでそんなスタイル良いんですか女教皇様!!」ウルウル

神裂「そ、そんなこといわれても…」モジモジ
350 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 10:43:53.40
土御門「後15分ぜよ」

五和「」ブチン

神裂「あうあうあうあう」オロオロオロオロオロオロ

五和「だらっしゃああああああああああああ!!!!!」クワワッ

神裂「はぅ」ビクッ

五和「行きますよ女教皇様」ワシッ

神裂「え、えっ」ワタワタ

五和「もう無理です、もう1秒たりとも無駄にしたくないです」スタスタ

神裂「ですがき、着替え!?」ヨタヨタ

五和「むこうで着替えましょう、手伝いますから」スタスタ

神裂「!?まって五和!?かかか彼の前で着替えろと!?ちょ、正気ですか!?」ガビーン

五和「女教皇様がうじうじしてるのが悪い!!せっかく来たのに!!」クワワッ

神裂「ひっ」ビクッ

五和「さ、行きましょう」

神裂「ちょ、待って本当に待って下さい五和ーー!?!?」グググ

五和「いや、で…す!!」ズルズル

土御門「聖人のねーちんの踏ん張りが効いてねーぜよ…」ゴクリ

神裂「……ひ、ひぁ…ちょ…!?」オロオロオロオロ

353 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 11:05:10.58
……

バンッ!!

上条「うお!?」ビク

五和「着きましたよ女教皇、さぁ着替えましょうか」

神裂「ちょ、五和!?待っ…!?」

上条「え、なに?なにごと!?」

五和「よいしょ」グイッ

神裂「ちょ!?」プルン

上条「」

五和「早く脱がさないと…」ブツブツ

神裂「」ブチン

五和「さ、次は下をごひゅ!?」ベチン

神裂「ふざけんな大馬鹿野郎がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!んなとこで着替えられるかぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ウガー

五和「げふっ、で、てすけど悩んでたのは女教皇様で時間なくなったのも女教皇様のせいですからね…!!」グイグイ

神裂「ぐっ!?ジーンズ下ろそうとすんなぁ!!ぐぎぎ…!!」グイグイ

五和「だらっしゃああああああああああああ!!!!!」ブチン!!

神裂「ぎぁぁぁぁぁぁ私のジーンズ!?かがひびりはビリビリに!?なにしやがんくそがぁぁぁぁぁ!!!!!」

上条「」

五和「さあもうこれしか着るものありませんよ!!さあ!!さあ!!さあ!!」

神裂「ぐぎぎ…!!」ギロッ

上条「なにしてんのこいつら…」ガタガタ
356 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 11:22:50.77
神裂「…五和…!!後で覚えておきなさい…!!」ギリギリ

五和「それはこっちのせりふです女教皇様…!!延長も仕事の関係で出来ないからホントに時間なかったのに…!!」クワワッ

上条「……」ムクッ、スタスタ

神裂「だ、だからといって無理矢理脱がす事ないではありませんか!!替えのジーンズなど持ってないから出歩けませんよこれじゃ!!」

五和「ジーンズぐらい買えば良いんですよ!!時間はお金じゃ買えません!!」クワワッ

上条「……」バタン

神裂「私だって!!私だってちょっと楽しみにしてましたよ!!でも仕方ないじゃありませんか!!」ウルウル

五和「私だってこの格好は恥ずかしいですよ!!でもこれが一番だって建宮さんが!!」

ワーワーギャーギャー!!








上条「…………ふぅ、もう夜か…インデックスとオティヌス仕事どうだったのかなぁー」カシュ

上条「缶コーヒーうめぇ」ゴクゴク
357 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/27(日) 11:28:32.09
結果的に上条さんを休ませた二人マジ天使
このシリーズSS:

上条「レンタル上条一時間千円です」【前編】


上条「レンタル上条一時間千円です」【後編】



その他のこの書き手のSS:

この書き手のSS

(とある魔術の禁書目録、SAOなど多数あります)
関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2015年04月17日

    待ってました!!

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ