やはり俺の幼馴染みが彼女なのは間違っている。雪乃「何を言っているのかしら?」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 09:49:54.54

雪乃「馬鹿なこと言ってないで早くそのみっともない顔を洗ってきなさい」バタンッ

八幡「…あい」



雪乃「遅いわよ。早く食べなさい」

八幡「悪いな…毎日。面倒だったらこなくていいんだぞ」ガタッ

雪乃「…別に。問題ないわ。幼馴染みですもの」


八幡「…そうだな」モグモグ



2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 09:52:03.14

雪乃「早くしてくれないかしら?」

八幡「もっとゆっくりいこうぜ」

雪乃「嫌よ」

八幡「やれやれ」ガチャガチャ

雪乃「……」テクテク

八幡「鍵よし…と」

八幡「…よし。行くか」

八幡「いや無視かよ」クルッ

八幡「……」

八幡「…あれー?」

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 09:53:30.23

八幡「うーす」ガチャ

雪乃「…」ペラペラ

八幡「…今日も誰も来ないのかね」ペラペラ

雪乃「それならそれで良いと思うのだけど」

八幡「違いない」

結衣「こ…こんにちは」ガラガラ

八幡「きたな…見事に」

雪乃「ようこそ。奉仕部へ」

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 09:54:33.77

八幡「クッキーねぇ」

結衣「うん」

雪乃「…そういえば小学生の時に貴方焦げたクッキーを作ってボロボロに貶されてたわね」

八幡「おい。やめろ。今まさに思い出してブルーになってたんだから」

結衣「…なんか、仲良いね」

八幡「…腐れ縁だしな」

雪乃「誠に遺憾ながらね…こんな腐った縁さっさと腐敗しきって切れないかしら」

八幡「腐りすぎだろ…」

結衣「あ、あはは」

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 09:56:07.44
結衣「上手くいかないなー」

雪乃「どうすれば伝わるのかしら」

結衣「……才能ないのかなぁ」

雪乃「……」ピクッ

八幡「あー。そういうのは良くないぞ」

雪乃「…」

結衣「え?」

八幡「才能とかいうけどさ、才能あってもやったことないことはすぐにできないんだ。上手くなるスピードは違ってもな」

結衣「……」

雪乃「…」プイッ

八幡「才能あるやつだって努力はしてると思うぜ?…俺はしないが」

雪乃「最後の一言で台無しね。まぁ事実なのだけど」

八幡「そこはフォローしてくれよ…」

結衣「…凄い」ボソッ

八幡「まぁ、ゆっくりやってみようぜ」

結衣「うん!」

6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 09:57:46.95

八幡「帰りはどーするんだ?乗ってくか?」

雪乃「……」

八幡「おーい。どうした」

雪乃「いえ。なんでも」

八幡「…乗れよ」

雪乃「…ええ」チョコン

八幡「何か言いたそうだな」

雪乃「…まさか貴方があんなことを言うとわね…少し…いいえ。かなり意外だったわ」

八幡「別に…思った事言っただけだ」


雪乃「…そう」

八幡「今夜なに食うよ」

雪乃「今日は久しぶりに私が作ってあげるわ。ありがたく思いなさい」

八幡「…へいへい」

8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 10:09:41.65

中々良い設定と滑り出し
期待
9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 11:23:11.81
これはいいツンデレ幼なじみ
17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 16:57:01.34

小町「お帰りー。お兄ちゃん。雪乃さん」

八幡「たでーま」

雪乃「ただいま。小町さん」

小町「あ、お兄ちゃん。陽乃さん来てたよ」

八幡「うげぇー。わかった」

雪乃「まったく…」

八幡「ちょっと行ってくるわ」

雪乃「晩御飯までには帰るのよ?」

八幡「あいあい」

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 16:57:35.52

八幡「陽乃さんー?いますかー?」コンコン

陽乃「八幡ー!ひっさしぶりー」ダキッ

八幡「三日ぐらいですけどね」

陽乃「もー。そんなこと言うー」ギュー

八幡「苦しいです。離してください」

陽乃「だめー。八幡成分を充電中だからね!」

八幡「ご飯作れませんよ?」

陽乃「それは困るー」

八幡「ならレポートしといてください。どうせ。ギリギリなんでしょ?」

陽乃「後5つかなぁ。それ終われば2年まで出なくてもよくなるしね」

八幡「ほんと…自由な人ですね」

陽乃「誉め言葉?」

八幡「えぇ。まぁ」

19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 16:58:02.00

八幡(やべぇ…遅くなった。絶対怒ってる。)

八幡「たでーまー」ガチャ

雪乃「あら?遅かったわね」

八幡「あれ?普通だ」

雪乃「なんの事かしら?」

八幡「や、もっと怒られると思ってたわ」

雪乃「どうせ姉さんに捕まってなかなか帰ってこれなかったのでしょう?」

八幡「あぁ。まぁ」

雪乃「ほら、手を洗ってきなさい。暖め直すから」

八幡「うい」

20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/20(月) 16:58:41.27

雪乃「それじゃ、私は帰るわ」

八幡「送ってく」

雪乃「良いわよ。近くなのだし。それに貴方が痴漢と間違えられて通報されてしまうわ」

八幡「おい」

雪乃「冗談よ?」

八幡「…わかってるよ。とりあえず送ってくから待ってろ」

雪乃「珍しく律儀ね」

八幡(遅くなったのは俺が飯に遅れたせいだからな)

35 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/01/21(火) 08:35:04.95

結衣「やっはろー!依頼人つれてきたよー!」

八幡「なんでだよ…」

結衣「え?あたしも部員だし」

八幡「え?そうなの?」

雪乃「違うわ」

結衣「違うんだ!?」

八幡「違うのかよ…」

雪乃「入部届けや平塚先生の了承がないもの」

結衣「かくよー!いくらでも書くよ!」


雪乃「それで…そちらのかたは?」

結衣「あ、同じクラスの彩ちゃん」

戸塚「戸塚彩加です」

36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 08:38:11.93

雪乃「つまり、貴方を強くすればいいのね?」

八幡「お前テニスしてたっけ?」

雪乃「あら?貴方ともやったはずよ?忘れたの?」

八幡「…なんか、スパルタで鍛えられた記憶が蘇ってきたんだが…」

雪乃「そもそも、貴方がテニスの王子になるとか言ったから始めたのだけど?」

八幡「やめろ。頼むからやめろ」

戸塚「凄い仲良いんだね」

結衣「仲良すぎて入り込めない…」

37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 08:40:14.73

三浦「あれ?テニスしてんじゃんー」

結衣「優美子」

三浦「結衣じゃん。あーしらも入っていい?」

結衣「えーっと。それはどうだろうー…みたいな」

三浦「はぁ?なんで?」

八幡「悪いがここは戸塚が練習で使ってるんだよ」

三浦「あんたも使ってんじゃん」

八幡「俺らは正式に戸塚の依頼人としてここにいるんだよ」

三浦「依頼ー?」

葉山「まぁまぁ、優美子」

八幡「…葉山」

葉山「久しぶり…って訳でもないね。同じ教室だし」

八幡「……」

葉山「比企谷…こうしないか?勝った方が戸塚の練習に付き合う」

三浦「なにそれ!じゃあいっそ男女の混合ダブルスにしよーよ!」

八幡「はぁ…悪いが戸塚さん。付き合ってくれないか」

戸塚「え?ごめん…その、僕…男なんだけど…」


八幡「…は?」


39 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 11:37:43.59

八幡「…どうすっかなぁ」

八幡(雪ノ下は多分飲み物とか作りにいってるし…由比ヶ浜は三浦のグループの一員だし。ここで頼るのは酷だろ)

八幡「……二対一で勝負しないか?勿論俺が一だ」


結衣「まって。ヒッキー」

八幡「なんだよ?」

結衣「あたし出るよ」

八幡「やめとけ。お前見学しとけ」

結衣「でも!」

八幡「お前はお前の居場所を守っとけ」

40 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 11:38:33.89

八幡「ったく…」

結衣「さぁいくよー!」

八幡(……どんだけ良い奴だよこいつ)

葉山「ルールはどうする?」

八幡「俺らはいいけど、由比ヶ浜は初心者だし、適当で良いだろ」

葉山「わかった。それでいこう。…手加減はしないよ?」

八幡「……」

41 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 11:42:38.07

結衣「ヒッキーうまっ…」

八幡「まぁ昔やってたからな。王子にはなれなかったが」

三浦「嘘でしょ?」

葉山「さすがだな…」

三浦「…ごめん結衣」ボソッ

八幡(……なるほどな。由比ヶ浜狙いか)

結衣「よっ!はっ!」

戸塚「deuce」

結衣「ご、ごめんヒッキー」

八幡「……」ポンッ

結衣「あぅ。…イタッ」

八幡(足にきたか。まぁずっと足元狙われてたもんな)


八幡「お前、サーブ以外は全部前衛に行け。」


結衣「で、でも!」


雪乃「なんの騒ぎかしら?」

八幡「…雪ノ下」

葉山「雪ノ下さん」

雪乃「……なるほどね」

八幡「ぁー。これは」

雪乃「言わなくていいわ。大体理解したもの」

八幡「そうですか…」

雪乃「由比ヶ浜さん。交代しましょう。これでも飲んで休憩しときなさい」

結衣「あ、ありがと」

42 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 11:45:22.30

雪乃「さて、点差は?」

八幡「deuce」

雪乃「…落ちぶれたわね?」

八幡「お前もうちっと俺に優しくしてくれ…」

雪乃「これが終わったら貴方も鍛え直してあげるわ」

八幡「やめてくれ…」


雪乃「さて、行くわよ?私の友…知り合いを可愛がってくれたお礼はしっかりと返すわ」


結衣「……ゆきのん」


八幡(素直じゃないなぁ)

43 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 11:46:07.22

八幡「ほんと…化け物だよなお前」

雪乃「なんのことかしら?」

八幡「三浦泣いてたぞ…」

雪乃「ただテニスをしただけよ?」

八幡「はぁ…まぁいいけどよコートも守れたし」

雪乃「そうね…それで比企谷くん」

八幡「あー?」

雪乃「試合前にいったこと覚えてるかしら?」

八幡「……ワスレタ」

雪乃「…」ニコリ


八幡(殺される…ぜってぇ殺される)

47 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 17:25:53.25


ガハマさんが入り込むスキが無い・・・
48 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 20:07:49.95
ガハマさんやっはろーで散々はったからええやん
49 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/01/22(水) 10:31:06.32

結衣「ねぇヒッキー」

八幡「んー?」ペラッ

結衣「入学式の事……覚えてる?」

八幡「や、俺初日に事故ってるから式に出てないんだよ」

八幡(まぁ陽乃さんとこの車に跳ねられたんだけどな……マジ痛かった)

雪乃「…」ペラッ

結衣「…そうなんだ」

八幡「?」

50 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 10:31:36.70

平塚「遅刻とは良い度胸だなぁ?」

八幡「や、今日は優秀な目覚ましが機能しなくてですね」

八幡(ほんと、昨日ちょっと言い合いになっただけなのになぁ…)

平塚「反省をしろぉ!」

八幡「ぐぁ…」バタッ

八幡「……黒の…レース?」

川崎「……バカじゃないの」

雪乃(…何故か比企谷くんを虐めたいわね)
51 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 10:32:02.56

小町「おにーちゃんー!ゆきのさーん」

八幡「あー?なんだ小町。学校まできて」

雪乃「あら?」

結衣「ふぇ?」

小町「やーちょっと相談があってさー」

大志「ども」

八幡「よし。お前、名前と小町との関係をいえ」

大志「え?」

雪乃「落ち着きなさい?シス谷くん。それで、貴方は?」

大志「えっと。川崎大志です。姉ちゃんがこの学校の生徒で……」

52 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 10:32:28.78

雪乃「なるほど。つまりお姉さんが最近帰りが遅いと」

八幡「あの黒のレースか」

雪乃「…」ピクッ

雪乃「どういうことかしら?」ゴゴ

八幡(まずい。地雷踏んだ)

八幡「や、何も言ってないぞ」

結衣「ヒッキー?」

八幡「な、なんでもないって」

小町「んー?」

小町(んー。どっかで見たことあるような?)

53 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 10:33:51.33

八幡「で、ここがそうか」

雪乃「みたいね」

結衣「メイド…カフェ?」

八幡「メイド…ねぇ」チラッ

雪乃「なにかしら?いやらしい視線を向けないでもらえるかしら?通報するわよ?」

八幡「別に見てねーよ」

八幡(こいつには程遠い存在だな)

結衣「ここ。メイド体験できるみたいだね」

八幡「ま、雪ノ下は絶対できないな」

雪乃「…」ピクッ

54 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 10:34:19.75


八幡「しまった…」


八幡(女性人が行ってしまったせいで一人になってしまった…普段なら問題ないんだが…この店で一人はちょっと辛いぞ)


「お、お待たせ」

八幡「……」

結衣「ど、どうかな?」モジモジ

八幡「…まぁ似合ってるぞ」

雪乃「…」ズイッ

八幡「な、なに?」

雪乃「…」ジー

八幡「…えぇー何この高圧的なメイドさん。…お前が着るとメイドって感じじゃないな。まぁ…なんだ…似合ってるぞ」

雪乃「……そう。ここには川崎さんはいないわ。次に行くわよ」クルッ

結衣「ゆきのん照れてる?」

八幡「……さぁな」プイッ

60 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/01/22(水) 20:16:59.70

八幡「ここか…またあれな場所だ」

雪乃「この手の店にはもう慣れてるでしょ?」

八幡「ばっか。慣れてるわけないだろ」

雪乃「…大丈夫よ?いつも通りにしていれば。父母との席に比べれば軽いものよ」

八幡「お前の母ちゃんを引き合いに出すなよ…大抵の修羅場が修羅場じゃなくなってしまう」

雪乃「それもそうね」

結衣「すっごいなぁーこの服」クルクル

八幡「はぁ…行きますか」

結衣「えぇ。いきましょう」

結衣「あ、まってー!ゆきのんー!ヒッキ」


八幡「いたな…」

雪乃「私が基本話をするわ」

結衣「あ、うん」

55 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 10:36:45.94

川崎「あんたの父親県会議員なんてましょ?」

雪乃「ーーーっ!」ガタッ

結衣「今ゆきのんの家族は関係ないじゃん!」

川崎「なら、私も関係ないよね?」

結衣「それは……」

雪乃「大丈夫よ。由比ヶ浜さん」

八幡(あぁ。駄目だなこれは。この問題は雪ノ下にはわからない。川崎の言う通りなのだから)

八幡「川崎。明日の朝時間くれ」

川崎「まだなんかあるの?」

八幡「…お前の問題を解消してやる方法がある。駅前のマックに朝五時な」

川崎「ちょっと」

八幡「?」

川崎「会計。まだなんだけど」

八幡(払わず出たのかよ……)

56 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 10:37:21.92

雪乃「スカラシップ…ね。そんな制度があったのね」テクテク

八幡「まぁあの塾に行ってなきゃわかんねーよ」テクテク

雪乃「…そう。ね」

八幡「…どうしたよ?」

雪乃「いえ…何でもないわ」

八幡「…気にすんなよ。お前は悪くないんだ」ポンッ

雪乃「やめなさい…通報するわよ…」

八幡「……」ナデナデ

雪乃「……」
66 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/01/24(金) 08:04:46.73

小町「やーお兄ちゃん。結衣さんと会えてたんだね」

八幡「あー?なんのこと?」

小町「ほら。お菓子の人」

八幡「お菓子ー?」

小町「あれ?話してなかったっけ?」

八幡「…全部初耳だぞ。なんだお菓子って」

67 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/24(金) 08:05:19.02

八幡「へー…由比ヶ浜があの犬の」

小町「そうそう。運命的出会いだね!」

八幡「や、どこがだよ…たまたまじゃねーか」


八幡(あーまさか由比ヶ浜はそれを気にして奉仕部にいんのか?…だとした誤解は解いとかないとな)

68 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/24(金) 08:06:09.92

結衣「やっはろー!」

八幡「うーす」

結衣「ヒッキー何読んでるの?」

八幡「経済学の本」

結衣「ケイ…ザイ?けいざい?」

八幡「……まぁ普通の本だ」

雪乃「……」ペラッ

「ここが奉仕部かぁぁ!」ガラッ

結衣「ふぇ!?」

雪乃「……」ペラッ

八幡「……」


「はーはっはっは。八幡!」

八幡「どちら様ですか?」

「えぇ!?た、体育でペアを組んだ…ざ、材木座輝義…なんですが」

八幡「冗談だから。キャラぶれすぎだから」

材木座「わっはっは。冗談とは愉快愉快!さすが八幡!」

結衣「…な、なに?この人」

雪乃「材なんとか君よ。中二病?という病にかかっているそうよ」


結衣「え?ゆきのん面識あるんだ?」

雪乃「ええ。比企谷くんと下校中に出会ってしまったの」

結衣「え?ヒッキーと下校?」

雪乃「…間違えたわ。比企谷くんにストーカーされてたの」

八幡「や、何でストーカーにされてるんだ俺は。むしろ後ろにいたのはお前…」

雪乃「何をいってるのかしら?まったく…貴方腐ってたのは目だけではなく脳もだったのね?そんなのでは私は貴方の将来が心配よ?」

結衣「あ、心配するんだ」

雪乃「あ、いや、ちがうの」カァァ

八幡「… 」ポリポリ

材木座「あ、あれー?あ、あの我の話を……」

69 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/24(金) 08:06:36.53

八幡「ラノベねぇ」

材木座「さよう。読んでくれ」

八幡「投稿サイトのがいいとおもうぞ?」

材木座「酷評されたら我…多分死ぬぞ?」

八幡「や、だからだよ」チラッ

雪乃「……」ペラッ

八幡「まぁお前がいうなら読むけどよ…」

70 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/24(金) 08:07:14.44

雪乃「今日はここまでね。鍵を返してくるわ」

結衣「おっつかれー!」

八幡「お疲れさん」

結衣「あれ?ヒッキー帰らないの?」

八幡「あー。まぁちょっと忘れ物だ」

結衣「……二人ともツンデレだなぁ」

八幡「さて、なんのことかな」

八幡(あぁ。そういや、今二人じゃん。誤解を解くには丁度いいな)


八幡「なぁ由比ヶ浜」

結衣「なーに?」

八幡「何で奉仕部に入部しようと思ったんだ?」

結衣「え!?そ、それはーそのー」テレテレ

八幡(なぜそこで照れる…)

結衣「ヒ、ヒッキーこそ…なんで?」


八幡「あん?俺は成り行きだ。強いて言うなら雪ノ下が作るって言いだしたからだな」

結衣「……ゆきのんが羨ましいなぁ」

八幡「なんで?」

結衣「ううん。何でもないよ。あたしが入った理由はね……うん!」

八幡「?」

結衣「二人と仲良くなりたかったからだよ!」ニコリ

八幡「……そっか」

結衣「うん!それじゃあね!ヒッキー!」
71 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/24(金) 08:07:44.00

雪乃「あら。まだそんなとこにいたの?また私のストーカーをするつもりかしら?」

八幡「や、ちがうからな。と言うかストーカーは止めろって」

雪乃「……今日は一人で帰ろうと思うのだけど」

八幡「由比ヶ浜を気にしてるなら要らない心配だぞ」

雪乃「え?」

八幡「あいつなら大丈夫だろ」

八幡(……まだ確信はないけどな)

雪乃「そう…かしら」

八幡「あぁ。だから乗ってけ」

雪乃「……し、仕方ないわね」

72 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/24(金) 08:08:10.87

陽乃「やっほー八幡ー」

八幡「陽乃さん…だから勝手に人の部屋を漁らないでくださいよ」

陽乃「いやー。八幡の性癖を調べてたんだけどねぇー。尻尾すら掴ませないとは…やるねぇ!八幡」

八幡「や、持ってないですから」

八幡(今の時代は携帯が主流だしな。…なんでもできる…そうiPhoneならね!)

八幡「…で、今日はどうしたんですか?」

陽乃「えー?八幡に会いに来たんだよー?」

八幡「そうっすか。ご飯どうします?」

陽乃「あ、お願いしていい?」

八幡「えぇ。問題ないですよ」

陽乃「んー!さすが私の八幡ー♪」ダキッ

八幡「だから暑いですってば」

陽乃「雪乃ちゃんは?」

八幡「一回着替えに戻りましたよ」

陽乃「そっかーざんねーん」

八幡「ほら、料理作りますから離れてください」


陽乃「やーだー。前に八幡は後ろから抱きつかれながらも料理できたじゃん」

八幡「誰かさんが離してくれなかったからですよ」

陽乃「じゃあ今回もなのだ♪」

八幡「……はぁ。包丁の時は気を付けてくださいよ」

陽乃「はーい♪」

78 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/24(金) 14:34:43.10
なにこのはるのんかわいい
86 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/01/26(日) 10:30:34.23
雪乃「姉さん…きてたの」

陽乃「やっほー雪乃ちゃん」

雪乃「……何をしているのかしら?エロ谷くん」

八幡「どうみても冤罪だ……」

陽乃「んー?雪乃ちゃんもすれば?」

雪乃「いやよ。襲われてしまうもの」

陽乃「私ははいーんだけどなぁ。八幡なら」

八幡「やめてください。マジで洒落にならないですから」

雪乃「……」

八幡「ほらご飯食べましょう」

陽乃「八幡ー。食べさせてー」アーン

八幡「はぁ……」スッ

陽乃「ん……おいしい♪」


雪乃「……比企谷くん」アーン

八幡「え……なんですか」

雪乃「……」アーン

八幡「……マジかよ」

87 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/26(日) 10:31:09.67


八幡「……くぁぁぁ」ペラッペラッ

雪乃「……」ペラッペラッ

八幡「なぁ…雪ノ下」ペラッ

雪乃「……なにかしら?」ペラッ

八幡「背中合わせで読む必要あるか?」ペラッペラッ

雪乃「だって、貴方に顔を見られながら読書したくないもの」


「それに、中二さんの小説は時々不可解な文章があるから、それを説明してもらうには貴方が適任でしょ?」


八幡「そうですか」

雪乃「ええ。それだけよ」

雪乃「……♪」ペラッ


88 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/26(日) 10:31:46.85

八幡「結論。おもしろくない」

材木座「ぬぁぁぁぁぁ」ゴロゴロ


結衣「うっわーヒッキー手加減なしだ」


八幡「ばっか。本気でやるなら現実を見ないといけないだろ?まぁこいつが本気かわからないけど」

雪乃「中二さんが死んでしまったようなので私は言う必要ないかしら?貴方が概ね言ってくれたことだし」

結衣「あ、あたしもそうかなぁー」アセアセ

八幡(こいつ……読んでなかったな?)

材木座「……」チーン

89 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/26(日) 10:32:14.50

八幡「誕生日?お前はまだだったろ?陽乃さんもまだだし」

雪乃「私達じゃなくて由比ヶ浜さんよ」

八幡「あれ?そうなのか?」

雪乃「ええ。それで、その……付き合って…貰えないかしら?」モジモジ


八幡「……へ?」

90 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/26(日) 10:32:46.58

八幡(プレゼント選びね…一瞬でも勘違いした俺を殴りたい)


雪乃「これとかどうかしら?」つ参考書


八幡「や、だめだろ……」


八幡「なんていうか、小物とかか、よく使えるものとかのがいいんじゃないか?」

雪乃「参考書は使えると思うのだけど?」

八幡「それだけはやめとけ……」

雪乃「そう。わかったわ」


「あっれー?雪乃ちゃんー?」


八幡「?」

雪乃「?」

陽乃「やっほー」

109 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/26(日) 21:38:54.56

八幡「陽乃さんも来てたんですか」

陽乃「うんー。買い物にね。まさか雪乃ちゃんとデートしてるとは思ってなかったよー」

八幡「や、デートじゃないですよ」

陽乃「え?そうなの?」

雪乃「そうよ。ただ誕生日プレゼントを選びに来てるだけよ」

陽乃「誕生日?誰の?」

八幡「まぁ、部活仲間ですよ」

陽乃「えぇー!部員増えたんだ?どんな子?どんな子?」

八幡「んー……アホの子ですかね」

雪乃「貴方……さらりと酷いことを…でも、反論のしようがないわね」

陽乃「アホの子……ほーほー…もしかして女の子?」

八幡「ええ。そうですね」

陽乃「……ふぅん?」

雪乃「姉さん?」

陽乃「ねぇ八幡」

八幡「はい?」

陽乃「その子って可愛い?」

八幡「??」

八幡(由比ヶ浜ねぇ…まぁ普通に可愛いんじゃないか?三浦とつるんでる理由も可愛いからとかだった気がするし)

八幡「可愛いんじゃないですか?」

陽乃「う……あ、あのね」

八幡「?」

陽乃「私は?」

八幡「え、急にどうしたんですか?」

陽乃「もー!ちゃかさないの!」

八幡「いや、可愛いですよ?」

陽乃「そっか♪」

雪乃「……」クイクイ

八幡「ん?どした」

雪乃「私はどうなのかしら?別に特に意味がある訳じゃないのだけど姉さんや由比ヶ浜さんを評価したのだから私にも評価するのが筋じゃなくて?」

八幡「や、なにいってんだよ…お前だって可愛いだろ…そう言われてきただろ?今までだって」

雪乃「他人の評価なんてどうでもいいわ。私はあな……いえ何でもないわ」

110 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/26(日) 21:39:49.48

陽乃「でも、由比ヶ浜さんかぁ。会ってみたいなぁ」

八幡「いや、その必要はないんじゃないですか?」



「ワンワン!」タタタッ


八幡「へ?犬?」ダキッ


「サブレー!すいませーん!うちの犬がぁ!」

八幡「え」

雪乃「あら」

結衣「へ?」

陽乃「んん?」


サブレ「くぅん」

111 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/26(日) 21:40:20.65

結衣「ヒッキーじゃん!それにゆきのんと…えと」

陽乃「あ、雪乃ちゃんのお姉ちゃんで、八幡の彼氏の雪ノ下陽乃でーす」

結衣「あ、ゆきのんのお姉さんで…ヒッキーの彼女…彼女?ヒッキーの?…ええええ!?」


八幡「信じるなよ。嘘だからそれ」


結衣「ええ?どっち!?どっちなの!?」

陽乃「あははー。どっちだろうね?」

120 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/01/27(月) 19:17:46.66

陽乃「いやー面白い子だったねぇー」

八幡「そうですか」

陽乃「さーて、私も行くね!人待たせてるから!本当は八幡とデートしたいんだけどねぇ」

八幡「や、人待たせてるなら早く行ってあげてください」

陽乃「はーい。あ、夜には帰るからよろしくね」

八幡「はいはい」

陽乃「じゃーねー八幡!雪乃ちゃん!」

八幡「…さて、探すの続けますか」

雪乃「そうね」

八幡(俺も探すか…まぁ犬飼ってるのはわかったし…あれでいいだろ)

121 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 19:18:16.46

雪乃「……」ジー

八幡「?」

八幡(ああ。パンさんか)

八幡「欲しいのか?」

雪乃「べ、別にそんなことないわ。勝手に決めつけないでくれないかしら?」

八幡「はいはい。」テクテク

八幡「これお願いします」

店員「はーい。2980円になります」


八幡「ほれ」

雪乃「あ、ありがとう」モフッ

八幡(本当、パンさん好きなんだな。雪ノ下なのに毒がないじゃん)


雪乃「…♪」サワサワ

122 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 19:18:53.22

雪乃「今日は大事な話があるの」

結衣「だ、大事な話?」ゴクッ


雪乃「貴女にはちゃんと言っておかないといけないから」

結衣「も、もしかして…この前のあれかな?」

雪乃(この前のあれ?プレゼント選びのことかしら?)

雪乃「ええ。それも関係するわ」

結衣「じゃ、じゃあやっぱり……ヒッキーは…」

八幡(なんか微妙に噛み合ってない気がする)

123 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 19:19:26.58

結衣「へ?付き合ってないの?」

八幡「当たり前だ……釣り合わんぞ俺とあの人じゃ」

雪乃「確かにそうね」

八幡「だから少しはフォローしてくれ…」

雪乃「いやよ」

結衣「な、何だぁーよかったー」

八幡「よかった?」

結衣「う、ううん!なんでもない!プレゼントありがとう!ゆきのん!ヒッキー!」

雪乃「構わないわ」

八幡「どーいたしまして」

結衣「えへへ」

128 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 19:52:10.12

はるのん可愛いよぉハァハアハァハア
129 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 21:10:11.81
ヤバイ黒くないはるのんが八幡いじってる可愛いんだけど
135 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/01(土) 21:25:27.22

陽乃「やほー!八幡ー!」ダキッ

八幡「ちょ!危ない危ないですよ」

八幡(主に理性的な意味で!)

陽乃「いやーやっと休みだねぇ!待ってたよ!」ギュッ

八幡「あ、暑いですから離れて」

陽乃「うん。それ無理♪」

八幡「……冷房強くしていいですか?」

陽乃「んふふ。やっと諦めてくれた?」

八幡「陽乃さんには敵いませんからね」

陽乃「あはは。でも、冷房は必要ないかな?」ズイッ

八幡「え、ちょ、ちかっ」

陽乃「…八幡」

八幡「は、陽乃さ…」


バンッ!


雪乃「朝から何をしているのかしら?」ゴゴゴ

八幡「ゆ、雪ノ下!」

陽乃「あーん。残念」

雪乃「姉さん……比企谷くんを呼ぶのが遅いから来てみれば…」

陽乃「えへ。ごめんねー」

八幡「え?どっか行くの?やだよ俺」

雪乃「比企谷くん…」ゴゴゴ

八幡「30秒で仕度します」

136 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:25:55.60

結衣「ヒッキーおそーい!やっはろー」

戸塚「こんにちは。八幡」

小町「やっはろーですー。結衣さん。戸塚さん。何時もうちの兄が迷惑をおかけしてすいません」

八幡「や、かけてないだろ…ない…よな?」

八幡(もしかして影で言われてたりするの?なにそれ死にたい)

結衣「全然迷惑なんなじゃないよー」

戸塚「そうだよ。むしろお世話になってるよ」

小町「おおっ。お兄ちゃん好評価だ」

平塚「全く……そろそろ行くぞ?時間もギリギリだ」

八幡「そもそも何処に行くんですか…なにも聞いてないんですけど」

平塚「千葉だ」

八幡「千葉?」

陽乃「さぁ!レッツゴー♪」

137 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:27:20.03

陽乃「私助手席いくねー」

雪乃「あら?てっきり比企谷くんの横だと言うと思ったのだけど?」

陽乃「本当はそうしたいんだけどなぁ。静ちゃんと久しぶりに話したいしー」

平塚「だから静ちゃんはやめろ…」

陽乃「あ、八幡私の膝の上に乗る?」

八幡「いいです」

結衣「即答だ!?」

陽乃「あーん。つれなーい」

平塚「……イチャイチャするんじゃない!ほら、もう行くぞ!」

結衣「じゃーあたし、ヒッキーの横!」

八幡「ん。わかったから。引っ張るな。子供か」

雪乃「……」スタッ

八幡「お前もか……後ろのが空いてるぞ」

雪乃「動くのがめんどくさいわ」

八幡「どんなめんどくさやがりやだ!」

小町「さすがゴミィちゃん。いつの間にかフラグを乱立させてるよ」

138 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:28:24.90

平塚「ついたぞ」

陽乃「んー!長かったー」

八幡「つーかここって…」

平塚「ふっ…何時から千葉にいくと錯覚していた…」


平塚「残念!ち」

結衣「うっわー!千葉村だー!!なつかしー」

平塚「………」

八幡「惨いな由比ヶ浜……天然って恐ろしい」

陽乃「八幡ー!荷物ー!」

八幡「あ、はい」テクテク

平塚「……うぅ」



八幡「結構ありますね」

陽乃「よろしくね!」ダキッ

八幡「や、何で背中に抱きついてるんですか」

陽乃「私も荷物ってことで」ニコニコ

八幡「無理です」

陽乃「えー?」

平塚「……リア充爆発しろ!」

139 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:28:51.23

平塚「あーなんだ。よーはー小学生の林間学校の手伝いをーしてもらうー」

結衣「うわ、先生なんか投げやりだ」

八幡「多分お前のせいだぞ……」

結衣「ええ!?あたしなにもしてないよ!」

平塚「イチャイチャイチャイチャと……見せつけてるのか?」

陽乃「まぁまぁ静ちゃん。今度うちのコンパ呼ぶから許して」

平塚「なに!?や、や、約束だぞ!」

陽乃「うん♪」

陽乃(まぁ先生が相手されるかは別の話だけどね♪)

平塚「よ、よし!お前たち!とりあえず小学生がくるまでは自由でいいぞ!」

「はーい」

140 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:29:46.44

八幡「つーか、お前らも来たのな」

葉山「まぁ内申目当てでね」

戸部「タダでBBQできるってきいたしな!そりゃやるしかないっしょ!」

八幡「…そーですか」

陽乃「八幡ー!」ガラガラ

八幡「ちょ、せめてノックしてから」

陽乃「いいからいいから!いくよ!」パシッ

八幡「え、ちょ、まって!」

戸部「すっげぇ美人。なにあれヒキタニ君の彼女?すっげー!ぱねぇわ」

葉山「……」

141 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:30:13.14


八幡「一体どうしたんですか」

陽乃「ほらほら。ここ」

八幡「川?」

陽乃「明日遊ぼーね!」

八幡「無理です」

陽乃「えー!いーじゃん。私の水着だよー?」

八幡「……」

陽乃「おんやぁ?興味津々かなぁ?」

八幡「べ、べつに」

陽乃「ほれほれぇ、本音ゆうてみぃ?」

八幡「は、陽ねぇの水着なんて中学のときだってみてたし」

陽乃「お、久しぶりにその名前で呼んでくれたねー八幡は焦るとそうなるから面白いよ」


八幡「……」プイッ


陽乃「恥ずかしいと顔背けるのも何時も通りだね」ニコッ

142 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:30:41.81

雪乃「遅いわよ」

八幡「悪い。もう始まったのか」

雪乃「今からスタートよ。小学生のアテンド役ね。……間違えて通報されないようにしなさいよ?」

八幡「心配しながら貶すって本当お前器用だな」

雪乃「あら?褒めてくれてるのかしら?」

八幡「なんでだよ…」

143 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:31:26.00

「えぇー!八幡あっちなのー?なら私もー!」


「ダメよ。貴女はこっちを手伝ってもらうわ」ガシッ

「うわーん八幡ー」ズルズル


八幡「んじゃ、行くか」

結衣「う、うん!」

葉山「ははは…」

144 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:31:55.92

「…ネェ」

「クスクス」

「……」

八幡「……」

結衣「……」

葉山「ポイントは見つかった?一緒に探そうか。お名前は?」

「鶴見…留美」


葉山「よし、よろしくね」


八幡「……」

結衣「……ヒッキー…今のって」

八幡「……行くぞ」

145 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:32:26.01

陽乃「見て見て八幡ー!ウサギ」

八幡「これ梨ですよ…?食べにくくないすか」

雪乃「でも、子供たちは喜んでるわよ?」

八幡「ふー…参りましたよ」

陽乃「……」

八幡「どうしました?」

「…クスクス」

鶴見「……」

陽乃「んーん。ただ、何処も同じなんだなって思ってね」

八幡「……」

雪乃「……」
146 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:32:58.69

平塚「孤立している生徒…ね」

葉山「はい。何とかしてやりたいです」

雪乃「……無理よ貴方じゃ。そうだったでしょ?」

葉山「それは……」

三浦「あんたっ!」

八幡「こら言い過ぎだ」ペシッ

雪乃「……」プイッ

八幡「…はぁ」

陽乃「いい方法があるよ?」

葉山「それは?」

陽乃「あの子のグループ全員同じ状態にしてあげればいいんだよ」

葉山「な!」

陽乃「全員虐められればすぐ解決だよ?あの年の子は連帯感が全てみたいなものだし、鶴見ちゃんも孤立しなくなるよ?」

八幡「陽ねえ。却下」ベシッ

陽乃「あんっ。ダメー?」

八幡「駄目だろ…その方法じゃ虐めはなくならないだろ?」

陽乃「……それを君がいうかなぁ」ジトッ

八幡「……」

雪乃「……」

葉山「……」

結衣「?」

八幡「……一個思い付いた事がある」

147 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:33:51.08

八幡「よかったのか?あんな役引き受けて。俺がやるつもりだったのに」

葉山「……駄目だ。これは俺がやるよ」

八幡「……そうかい」

葉山「……ああ」

八幡「…ちょっと外出てくるわ。電気消しといていいから」

葉山「……」

148 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:34:17.71

雪乃「誰?」

八幡「俺だ」

雪乃「……だれ?」

八幡「幼馴染みを忘れるのかよ…」

雪乃「…冗談よ」

八幡「お前、こんな夜にどうしたよ」

雪乃「……三浦さんが突っかかってきたから返り討ちにしたの」

八幡「……そりゃ三浦が可哀想だ」

雪乃「まさか泣いてしまうとはね……だからしばらく外にいるのよ」

八幡「そうか」ドッコイショ

雪乃「何故隣に座るのかしら?」

八幡「別に?ちょっと風にあたるだけだ」

雪乃「そう」

八幡「ああ」

149 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:34:54.50

八幡「……スースー」

「クスッ…可愛い寝顔♪」

「おーきーて?八幡」

八幡「…ん」ゴロン

「起きないと…イタズラしちゃうぞ?」耳フー

八幡「……」ガバッ

「きゃ♪」

八幡「あ、朝からなにやってるんですか陽乃さん」

陽乃「おっはよー!じゃ。行こっか」

八幡「ちょ。朝飯。せめて顔洗わせてください」

陽乃「全部向こうでできるよ!」

151 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:35:21.13

八幡「川…ですか」

陽乃「そうだよ!」

小町「あ、お兄ちゃんー!」

八幡「んー?」

小町「ほれー!それー!どうだー!」キラキラ


八幡「ん。世界一可愛いよ」


小町「やったね!じゃあ結衣さんは?」

結衣「こ、小町ちゃん…は、恥ずかしいよ」

八幡「ん。似合ってるぞ」

結衣「そ、そうかな。えへへ」

陽乃「おっ待たせー!」ダキッ

八幡「ちょ!陽乃さん!」

陽乃「んふふー。どうだー?お姉ちゃんの水着はー」


八幡「抱きつかれてたら見えません」

陽乃「……えへっ」

八幡「わざとですか…」

結衣「え、えいっ!」ダキッ

八幡「あの…由比ヶ浜さん?」

結衣「あ、あたしも、見、見られたら恥ずかしいから」

八幡(抱きつく方が恥ずかしいんじゃないのかな?いや、つーかこの状況はヤバイ)

八幡「俺、ちょっと木陰で休んどきます」

陽乃「えぇー」

152 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:36:21.43

八幡「……ふー」

鶴見「……」チョコン

八幡「……なにやってんだ?」

鶴見「今日、自由行動だったんだって」

八幡「……そうか」

鶴見「うん」

八幡「……一人は嫌か?」

鶴見「別に……一人なのは別にいいよ。ただ、見下されてるのは嫌だな…って」

八幡「……そうか」

八幡(問題…新世界の神になるにはどうしたらいいか)

八幡「肝試し…楽しめたらいいな」

八幡(答え…デスノートを拾う)

八幡「ま、死神役やるのは葉山だけどな」

153 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:37:03.05
八幡「始まったか」

雪乃「これでよかったのかしら」

八幡「まぁ解決はしないな。けど解消はできる」

雪乃「……昔から変わらないわね」

八幡「……昔なんて忘れたよ」

雪乃「そう……」

八幡「そろそろ止めに入るか」

雪乃「ええ…」

154 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:38:15.10


葉山「後10秒…9……5……うっ」パシャ

三浦「え?」

戸部「まぶしっ」

鶴見「こっち!」タタタッ

155 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:39:09.61


八幡「……」

雪乃「…仲よかったのかしら」

八幡「んな訳ないだろ……ただあいつが凄いってだけだろ」

雪乃「…そうね」

八幡「……」

156 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:39:51.77


平塚「危ない橋を渡ったな」

八幡「……ええまぁ」

平塚「全く……君は何故そう卑屈なんだ」

八幡「まぁ周りが馬鹿正直者しかいないんで…ね」

平塚「なんだそれは。反骨精神か」

八幡「……すいません」

平塚「……まぁ結果として虐めは沈静化したみたいだから…よしとするがな」

八幡「方法は最低ですがね」

平塚「全くだ……」

157 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/01(土) 21:40:36.04

鶴見「……」スタスタ

八幡「……」

鶴見「……」ピタッ

八幡「……止まるなよ」

鶴見「……」

八幡「……ま、頑張ってくれ。一人ってのも案外悪くないからさ。もしどうしても辛かったら俺と友達になろうぜ」

鶴見「……ありがとう」テクテク


陽乃「……甘いなぁ八幡は」

八幡「そうですか?」

陽乃「他人にはね」

八幡「自分にも甘甘ですがね」

陽乃「……クスッ。八幡ー!」ダキッ

八幡「止めてください」

陽乃「んふふーやーだ」ナデナデ

八幡「はぁ……」

173 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/03(月) 21:16:00.66

ピンポーン

八幡「はい。どちら様で」ガチャ

結衣「来ちゃった♪」

八幡「……は?」

174 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:16:26.92

サブレ「ワンワンッ!」

イヌリンガル【遊んで!!】

八幡「まさかサブレを預かるとはな」

小町「やー困ったねぇ」

八幡「そうだな……まぁ由比ヶ浜に悪意はないだろうがな」

小町「まぁ思わないだろうねぇーまさか……」


雪乃「ひ、比企谷くん!サブレがこっちに!」ガクブル


八幡「雪ノ下が犬嫌いでしかも家によく来るなんてな。そりゃ思わないわ」


雪乃「た、たすけっ」

サブレ「わんっ!」ピョン


雪乃「ひゃぁ!」バタンッ

175 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:16:52.50

小町「雪乃さんがこなくなっちゃったね」

八幡「まぁ妥当だろ。由比ヶ浜が旅行にいってる間だけだし」

小町「雪乃さんの犬への苦手意識ってなんでだっけ?」

八幡「あれだあれ。小学生の時に犬に追いかけ回されたんだよ。んで、あいつ号泣」

八幡「そっから犬が苦手になったんだったかな」

小町「あーそういえばそうだったねぇ。そんとき雪乃さんを助けたのもお兄ちゃんだったね」

八幡「…さぁ。どうだったかな」

小町「あれ?照れてる?」

八幡「……別に」ポリポリ

176 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:17:48.53


結衣「ありがとうねー!ヒッキー!小町ちゃん!」

八幡「おう」

小町「いえいえー!サブレまた連れてきてくださいねー!」

結衣「うん!また必ずお礼するね。それじゃね!」

八幡「気いつけてな」

結衣「うん!……」ピタッ

八幡「どした?」

結衣「……えっと…」

八幡「?」

結衣「ひ、ヒッキー……来週末…暇?」

八幡「来週末?まぁ暇だが」

結衣「えっとね!」

177 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:18:48.74

八幡「花火大会ねぇ」

小町「やー。結衣さん積極的だねぇ」

八幡「なにがだよ?」

小町「ほーんと、分かってるんだか無いんだか……」ヤレヤレ

八幡「……」


小町「まぁとにかく、ちゃんとエスコートするんだよ?」

八幡「おいおい……どうしろと」

小町「わかった!?」

八幡「……うぃ」

178 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:19:30.05

結衣「ご、ごめん!お待たせ!」

八幡「ん。全然だぞ。今来たとこだし」

結衣「そ、そう?」

八幡「あぁ…」ジー

結衣「う…ど、どうかな?変じゃ…ない?」

八幡「ん。良いと思うぜ?似合ってるぞ」

結衣「そ、そかな」

八幡「おう」

結衣「えへへ」

八幡「んじゃ、いくか」

結衣「うん!」

180 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:20:00.82


結衣「何食べる?りんごあめかな!りんごあめだよね!」

八幡「どんだけ好きなんだよ……あ、おい」ギュ

結衣「ひゃぁ!」

八幡「慌てすぎだ……人にぶつかるぞ」

結衣「ご、ごめん」

八幡「まぁいいけどよ」

「あれ?結衣ちゃんー?」

結衣「へ?……さがみん!」パッ

相模「やっほー!」

結衣「やっはろー!」

相模「あれ?今日は二人なんだ?」

結衣「え?ああ。うん」

相模「えーそーなんー?いーなー。ねー?」

「クスクス」

結衣「……あ、あはは」

八幡「……由比ヶ浜。焼きそば並んでるみたいだから行ってくるわ」

結衣「あ。……待って!」

八幡「?」

八幡(おいおい。ここで引き留めるなよ)

結衣「それじゃね。さがみん」ニコッ

相模「え……う、うん。バイバイ」

結衣「お待たせー!ヒッキー」

八幡「……よかったのか?」

結衣「んー?いいのだ!」ギュッ

八幡(……まぁ迷子になられても困るしな)

181 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:20:51.95


結衣「何処も人で一杯だねぇ」

八幡「そうだなぁ。っとここら辺でいいか」スッ

結衣「へ?」

八幡「シートだよ。ここなら通行の邪魔にもならないし、いいだろ」

結衣「…前から思ってたんだけど」

八幡「ん?」

結衣「ヒッキーって…優しいよね」

八幡「……雪ノ下が聞いたら鼻で笑いそうだな」

結衣「ううん。笑わないよ」

八幡「そうか?」

結衣「うん」

八幡「……」ポリポリ

結衣「ヒッキーは優しい!」ニコッ

八幡「褒めすぎだろ」プイッ

結衣「えへへ」

182 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:21:24.15

陽乃「あーーー!いたー!」

八幡「え」

結衣「へ?」

陽乃「八幡の浮気者ー!」

八幡「なんのことすか…」

陽乃「だってー!花火大会私や雪乃ちゃんじゃなくてガハマちゃんと来てるんだもん!」ブーブー

八幡「……陽乃さんは今回の花火大会で挨拶があったでしょうに。それに雪ノ下はめんどくさがって来ませんよ」

陽乃「ん?そうだったかなぁー?」

八幡「そうですよ……」

陽乃「むー!でもー!」

八幡「はいはい。また今度機会があれば行きましょう」

陽乃「八幡のばーかー!でもいくー♪」ポカポカ

八幡「痛いです止めてください」

陽乃「べーだ!あ、じゃあもう時間だからいくね!」タタタッ

八幡「やれやれ」

結衣「……陽乃さんとも仲良いよね…ヒッキー」

八幡「まぁあの人とも幼馴染みだしな」

結衣「いいなぁ……」ボソッ

八幡「…何か言ったか?」

結衣「んーん。それよりさ!ゆきのんとかとどう知り合ったの?」

八幡「あー雪ノ下とか……」

結衣「うんうん!」

八幡「まずは…そう。陽乃さんと出会ったのが始まりだったな」

183 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:21:50.09

八幡「よっと」カキーン

八幡「ほ」パシッ

「へぇ……面白いことしてるね。君」

八幡「……だれ?」

「雪ノ下陽乃だよ。よろしくね♪」

184 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:22:21.21


八幡「と、まぁ俺が一人野球やってるときに陽乃さんが話しかけてきて、そんで仲良くなって雪ノ下と出会ったんだよ。以上」

結衣「説明終わり!?ってか一人野球ってなんだし!?」

八幡「まぁ昔の話なんてしなくてもいいだろ?今が全てさ」

ヒューーー

結衣「ちぇー。興味あるのになぁ」

バーン!

結衣「わぁ!綺麗!ほらヒッキースッゴい綺麗!」

八幡「そうだな」

結衣「……ねぇヒッキー」

八幡「んー?」

結衣「…あたしね」

八幡「ああ」

結衣「あたしは……」

八幡「?」

結衣「……ううん。何でもない」

八幡「……そうか」

結衣「うん。ごめん」

185 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:23:02.12

結衣「駅でよかったのに」

八幡「まぁ一応な」

結衣「やっぱり優しい」

八幡「これぐらいで優しいなら全国の大半の人は優しくなるな」

結衣「素直じゃないなぁ」

八幡「むしろお前らが素直すぎるんだよ」

結衣「そかな?」

八幡「ああ」

結衣「そんなことないと思うけどなぁ」

結衣「でも、ヒッキーあたしのこと見てくれてるんだ?」

八幡「当たり前だろ?同じ部活なんだし。嫌でも見るさ」

結衣「嫌なんだ!?」

八幡「……」ポリポリ

結衣「……クスッ」

八幡「な、なんだよ?」

結衣「んーん。ただヒッキーも素直だなぁって!」

八幡「はぁ?」

結衣「クスクス。ごめんごめん。それじゃ、もう家だから。ここまでありがとう」

八幡「あぁ。じゃあな……由比ヶ浜」

結衣「うん!バイバイ」

八幡「……さて、帰るか」

八幡(小町と雪ノ下と陽乃さんのお土産買っていっとこ……後が怖いし)

186 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:23:38.19

八幡「休みも後一週間……溜まり貯まったコイツらを片付けなければ…」

雪乃「見せないわよ」

八幡「や、自分でやるっての」

雪乃「あら?そうなの?」

八幡「別に今まで見せてもらったことないだろ」

雪乃「あら?そうだったかしら?小学生の頃は事ある毎に雪乃ちゃんーと呼んでいたのに」

八幡「小学生だろ……それは。今は自分でやってるぞ」

雪乃「本当…何時からこうなってしまったのかしら…」ボソッ

187 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:24:40.48
陽乃「八幡ー!海に行こー」

八幡「え。俺宿題がまだ。それに前行ったじゃないですか」

陽乃「それは川♪」

八幡「水遊びには変わりないですよ」

陽乃「……」ボソボソ

八幡「……え」

陽乃「八幡のPCのパスワードだよね?」

八幡「……」ダラダラ

陽乃「やー…あんな趣味だったんだね」ニコニコ

八幡「さって、行きますか」

陽乃「うん!」

188 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:25:06.87

陽乃「きゃー!綺麗だねー!」

八幡「あ、あの」

陽乃「なぁに?」

八幡「や、おかしいでしょ」

陽乃「海だよ?」

八幡「確かに海ですね……グアムの」

陽乃「やー。一回来たかったんだよねぇ」

八幡「何故こんなことに」

陽乃「えへへー。サプライズの方が楽しいでしょ?」

八幡「や、サプライズ過ぎますよ…パスポートもいつのまに作ってたんですか…」

陽乃「褒めて褒めてー♪」

八幡「や、なんでですか」

陽乃「えー冷たいー。ちぇー」

八幡(言ってること無茶苦茶なんですけど。……まぁでもわざわざ計画たてて連れてきてくれたんだしな)

八幡「…ありがとうございます連れてきてくれて」ナデナデ

陽乃「へ」

八幡「あ」

八幡(ヤバイ小町への癖が出た)

陽乃「あの、その、えっと…… 」

八幡(なにこの慌てる陽乃さん。超可愛い)

八幡「す、すいません」バッ

陽乃「あ……う、うん。大丈夫」

八幡(なんか陽ねえがしおらしいと空気が…)

陽乃「と、とりあえずホテルに荷物置きに行こっか」

八幡「……ホテル?」

陽乃「うん。二泊三日だよ!」

八幡「……え。そんな荷物もってないですよ?」

陽乃「大丈夫大丈夫。現地調達だよ!」

八幡「えぇー…」

陽乃「私に任せなさい!七ヶ国語ぐらいならわかるからさ!」
189 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:26:07.59

八幡(そうしてあっという間に時は過ぎた)

陽乃「今日が終われば明日の朝には日本に帰っちゃんだねー」

八幡「十分遊んだじゃないですか」

陽乃「んー足りないなぁ」

八幡「まだ足りないんですか…」

陽乃「うん。だって私は八幡と一緒に学校いけないんだもん」

八幡「……それはそうでしょう」

陽乃「中学も、高校も…私は一緒にいれなかったんだもん。やっぱ一緒に居れる時間少なくなるもん」

八幡「……」

陽乃「……留年すればよかったかなぁ」

八幡「バカ言わないでください」

陽乃「あはは。そうだね」ダキッ

八幡「……」

陽乃「……今日は嫌がらないんだ?」

八幡「……」ナデナデ

陽乃「八幡の手……なんか落ち着くね」

190 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:26:38.62

八幡「たでーまー」

小町「あ、お兄ちゃんお帰りー。グアムはどうだったー?」

八幡「お前知ってたのかよ……ほれお土産」

小町「わぁー!ありがとうー!さっすがお兄ちゃん」

八幡「雪ノ下は?」

小町「あー。スッゴい怒ってたよぉ?宿題ほったらかしでー!って」

八幡「うげ……明日から外で勉強するかなぁ」

雪乃「何を言ってるのかしら?」ニコニコ

八幡「……ゆ、雪ノ下さん?」

雪乃「ふふふ。さぁ、弁明を聞こうかしら?」

八幡「や、なんのだよ」

雪乃「せっかく私が手伝ってあげようと思って来たのに貴方は宿題を放っておいて、姉さんと旅行に……」

八幡「悪かったよ」

雪乃「私だって比企谷くんと……」ブツブツ

八幡「…あー。雪ノ下」

雪乃「……何かしら?」

八幡「これ。お土産」

雪乃「もので釣ろうなんて浅はかね。そんなのでは私は……え。これって」

小町(とか言いながらちゃっかり受け取ってるんだもんなぁ)

八幡「なんか、向こう限定とかの奴だってよ」

雪乃「あ、あ……ありがとう」

八幡「……ん。どういたしまして」

小町(しかも釣れちゃったよー……雪乃さんちょろすぎだよぉ!)

191 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:27:07.50


八幡「うー」モゾモゾ

雪乃「ほら、さっさと起きなさい」ユサユサ

八幡「んー。後二分」ゴロン

雪乃「はぁ……まったく仕方ないわね」

八幡「んん……スースー」

雪乃「……起きないと……わよ?」

八幡「……」ガバッ

雪乃「おはよう。寝坊助さん」

八幡「お、お、お、お前な!」

雪乃「ほら、さっさと起きなさい。今日から新学期よ」

八幡「……そうだったな…地獄だ」

192 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:28:08.99


八幡「なん…だと…」

平塚「なんだね?何か問題でもあるのかね?」

八幡「俺が実行委員……ですか?」

平塚「そうだ。では女子の方を決める」

八幡「ちょ、勘弁してください」


「えー。では、女子の方は誰かいませんか?」

相模「はーい。うちは由比ヶ浜さんがいーとおもいまーす」

結衣「へ?私?」

相模「だってぇ?仲いーじゃん?そういうの素敵だと思うよー」クスクス

八幡「……」

結衣「うん。いーよ?」ケロッ

相模「え」

八幡「は」

三浦「ええー!結衣はあーしと売り子じゃんー?」

結衣「ふぇ!?そうだったの!?」

三浦「まー結衣がそっちやるってならいーけどさー」シクシク

結衣「ご、ごめんね?」アセアセ

三浦「結衣のばかぁ」

結衣「あ、あはは」

平塚「ふむ。では男子は比企谷で女子は由比ヶ浜だな。では解散」

相模「な、なんでっ」ワナワナ

195 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/03(月) 21:37:10.30
おつ
ああもうどいつもこいつも可愛いな
202 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/04(火) 21:37:31.74

八幡「お前良かったわけ?」

結衣「んー?なにがぁ?」

八幡「委員会だよ」

結衣「うん。別にやるのは嫌じゃないし。ヒッキーもいるしね」ニコッ

八幡「……そうか」

八幡(まぁ俺もこいつの方が気が楽でいいけど……なんつーか、ちょっと変わったよな。由比ヶ浜)

結衣「さーいこー!いざ委員会!」

八幡(バカなのは変わらないけど)

203 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/04(火) 21:40:10.50

八幡「やっぱいやがった」

雪乃「何よ?それより貴方こそ、ここにいるなんてどうしたの?迷子かしら?」

結衣「やっはろー。ゆきのんー」ダキッ

雪乃「ちょっと、由比ヶ浜さん。人前で」

結衣「んー。ゆきのん柔らかーい」

八幡「やれやれ……」

「皆さんこんにちはー」

めぐり「生徒会長の城廻めぐりです。これからしばらくよろしくね」

めぐり「今日は早速なんだけど、文化祭の実行委員長を決めたいと思いますー」

めぐり「それじゃー立候補する方ーどうぞー」

「……」

「……」

八幡(まぁー立候補何てする奴いないわな)

めぐり「あれ?もしかして……比企谷くんと雪ノ下さん?」

八幡「え。なんで俺」

雪乃「そうですが」

めぐり「やっぱりー!陽乃さんから話をよく聞いてるよー」

めぐり「陽乃さんが委員長の時はそれはもう凄い盛り上がりでね!」

雪乃「……」

八幡(俺らも盛り上がった一部だから知ってますよ)

めぐり「どうかな?二人なら出来ないかな?」

八幡「いや、俺らは…」

雪乃「……わかりました」

八幡「え」

めぐり「本当にー!?スッゴク助かるよぉ。ありがとうー!」

八幡「……雪ノ下?」

雪乃「……」

204 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/04(火) 21:40:53.43

八幡「……何で受けたんだよ」

雪乃「……別にいいじゃない。ただの気まぐれよ」

八幡(こいつが気紛れで動くわけがない。そもそも最初から立候補するなら迷わず挙手してたはずだ……切っ掛けは…)

八幡「……大分前にも言ったけどよ」

雪乃「……なにかしら?」

八幡「お前は陽ねえにならなくていいんだぞ」

雪乃「……わかってるわよ。そんなこと」プイッ


八幡(本当に大丈夫なのかよ)


205 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/04(火) 21:42:19.79

雪乃「こうなってしまったからには暫く奉仕部は休部するわ」

八幡「そだな」

結衣「んーそうだねぇ」

雪乃「それじゃあ会議に行きましょうか」

結衣「うん!ちゃんとゆきのんの補佐するよぉ!」

206 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/04(火) 21:42:46.41


雪乃「……では、その資料の通りのスケジュールで行こうと思います。お疲れ様でした」

八幡(終始雪ノ下の独断場だったな)

「疲れたー飯食って帰ろーぜ」

「やー堅苦しいっていうかピリピリしてたから気が抜けなかったわー」

八幡(反応はバラバラだけど……これが最悪どうなるかだな)


結衣「ゆきのーん!お疲れー!」

雪乃「ええ。お疲れ様。由比ヶ浜さん」

結衣「ねぇねぇサイゼよって帰らない?」

雪乃「……ごめんなさい。今日は用があるの」

結衣「えーそうなんだ。残念」

雪乃「ええ。ごめんなさい」

結衣「いいよいいよ。んー……それじゃまたねー!ゆきのん!ヒッキー!」

八幡「……居残りか?」

雪乃「……ええ。皆には明日から動いてもらうけれどその為の準備をするわ」テキパキ

八幡「そうか」スッ

雪乃「ええ。だから今日の晩御飯は……何をしているのかしら?」

八幡「手伝うよ」

雪乃「……平気よ?」

八幡「いいんだよ。勝手にやる」

雪乃「……そう。勝手なら仕方ないわね」

八幡「……ああ」テキパキ

雪乃「……ありがどう」ボソッ

213 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/05(水) 19:38:51.47


陽乃「おかえりー!おそいよー!」ダキッ

八幡「ぐぇ……は、離してください陽乃さん」

陽乃「帰りが遅かったから八幡成分切れちゃったのだー♪」ギュー

雪乃「姉さん。やめなさい」

陽乃「えー?だめー?」

八幡「だめです」

雪乃「だめよ」

陽乃「うぅー。ふたりしてー」シクシク

八幡「まぁとにかく座っててくださいご飯作るんで」テクテク

陽乃「はーい」

雪乃「……」テクテク

八幡「んじゃ作るか」

雪乃「ええ」

214 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/05(水) 19:40:14.21

八幡(あれから三日が過ぎた。今のところ問題はない。ただ……)

「だりー」

「また会議かぁー」

「俺あの空気苦手」

「俺も俺も」

八幡(まぁこうなるわな。何も問題がないから、平凡な作業をこなすだけだからやる気は減る一方だ。まして殆どが無理矢理ここに来たようなもんだしな)

雪乃「それでは今日の会議を始めます」

八幡(まだ何も問題にはなっていない……けどこの空気で本当に成功できるのか?)

215 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/05(水) 19:40:41.80

陽乃「やっほー」ガラガラ

八幡「え」

雪乃「姉さん」

結衣「あ、陽乃さんだー」

陽乃「有志の申し込みに来ましたー……って八幡ー!」ダキッ

八幡「ばっ。学校ではやめてください」ジタバタ

陽乃「八幡のいけずー」ギュー

結衣「いーなー」ボソッ

雪乃「……雑務仕事よ」ゴゴゴ

八幡「なんで怒ってるんだよ……」

216 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/05(水) 19:41:18.42

数日後

「すいません。クラスの手伝いで遅れました」ガラガラ

雪乃「……問題ないわ。それじゃあ会議を続けます」

八幡(明らかに遅刻者が増えてるな。というか遅刻だけならましだ。サボる奴も出てる)チラッ

雪乃「入場門の作成が遅れているわね。その理由は?」

「はい、人手不足と後はやはり慣れてないから時間がかかっていますね」

雪乃「そう。わかったわ」

八幡(こいつが遅刻しようが、サボろうが何も言わないから人がどんどん減ってるんだよな)

雪乃「それでは次は……」

八幡(今は人手不足や進行の遅れは雪ノ下や俺、由比ヶ浜でフォローできてるけど……もしこれ以上となると)

結衣「……」

217 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/05(水) 19:42:44.72

八幡「お前、まだやるのかよ」

雪乃「引き受けたからには全力を尽くすわ」カリカリ

八幡「だからって帰ってまで……」

雪乃「……大丈夫よ。現場に回っていて遅れた事務関係を片付けてるだけだもの」

八幡「……バカ野郎が」ボソッ

八幡「手伝う」

雪乃「……ではそこの資料の束に印鑑をお願いするわ」

226 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/06(木) 17:37:20.95

雪乃「……」テキパキ

「んー休憩ー」グター

「終わんねー」ポイッ


八幡(不味いな。本格的に作業が遅れてる……だけど部活やクラスがあるからこっちは強くは言えない)

めぐり「ふー。もうちょっとだから皆がんばろー!」テキパキ

八幡(生徒会は頑張ってくれてるけど……既に全体でしっかりとやってくれてるのは三割ぐらいか。どうしたものかね)

めぐり「ごめん比企谷くん。これもお願いしてもいい?」

八幡「……ふー。問題ないですよ。雑務ですからね」

めぐり「……比企谷くんがいなかったら凄く大変だったよ」

八幡「?」

めぐり「裏で凄く頑張ってくれてるもんね」

八幡「……ただの気紛れですよ」ポリポリ

227 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/06(木) 17:38:15.00

雪乃「今日はここまで。お疲れ様でした」

「終わったー」

「帰ろーぜー」

「お腹すいたー唐揚げ食べてー」


八幡(またやり残しが出来たな……)

八幡「しょうがない……」ガタッ

結衣「あたしもやるよ」ガタッ

八幡「あ?別にいいぞ力仕事だし」

結衣「だめ。やるの」

八幡「……そうか。なら頼むわ」

結衣「うん!」

八幡「雪ノ下ー入場門の作成行ってくる」

雪乃「……わかったわ」テキパキ

228 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/06(木) 17:39:11.61


結衣「ヒッキーうまっ!」

八幡「まぁ男子はこういうの慣れてるんだよ」

結衣「そーなん?」

八幡「ああ。段ボールで色々作ったりしたしな」

結衣「へー」

八幡「つーかお前、遅くなるぞ?大丈夫か?」

結衣「ああ。うん。大丈夫だよ」


八幡「そうか。あ、そっち持ってくれ」

結衣「ん。わかったー」

結衣「……ねぇ、ヒッキー」

八幡「んー?」カンカンッ

結衣「大丈夫かな?」

八幡「……」

結衣「大丈夫……だよね?」

八幡「……わからん」カンカンカン

八幡(……少しでもあいつの負担を減らしてやらないとな)

229 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/06(木) 17:39:52.80

小町「お兄ちゃんー朝だよー」

八幡「ん……あれ。雪ノ下は?」ボー

小町「んー。今日は来てないよー?連絡もなかったし」

八幡「……まさか」ガバッ

小町「ちょ。お兄ちゃんー?ご飯はー!」

230 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/06(木) 17:40:25.69

ピンポーン


八幡「……もう行ったのか?いや、まさか」

プツッ

雪乃「……はい。どちら様ですか」

八幡「俺だ。開けろ」

雪乃「嫌よ」

八幡「……体調崩したんだろ」

雪乃「……大丈夫よ」

八幡「いいから開けろ」

231 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/06(木) 17:40:53.81

八幡「おい。熱あるのに仕事してるんじゃねーよ」

雪乃「……大丈夫よ」フラフラ

八幡「フラフラしながら言われても説得力の欠片もないぞ」パシッ

雪乃「な、なにを……ひゃぁ」

八幡「病人は大人しく寝ろ」

雪乃「ひ、比企谷くん。お、おろして!下ろしなさい!」ジタバタ

八幡「ベットで下ろすから暴れるな」

雪乃「も、もう!」

232 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/06(木) 17:42:11.31

八幡「38,7か……死ぬぞお前」

雪乃「う、うるさいわね」

八幡「とにかく大人しくしろ。陽ねぇには連絡いれたから後ですぐ来る」

雪乃「……」

八幡「飯は?」

雪乃「……少し食べたわ」

八幡「よし。なら薬だな。待ってろ」スタスタ

雪乃「……比企谷…くん」ボー

八幡「薬これでいいよな」ガチャ

雪乃「……スースー」

八幡「……無理しすぎなんだよバカ野郎」ナデナデ

雪乃「……ん」

八幡(……何とかしないとな)

236 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/06(木) 22:51:34.61
>「お腹すいた―唐翌揚げ食べてー」

モブの中に下野らしき人物がいるんですがそれは…
237 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/07(金) 19:47:48.44


結衣「あ、ヒッキーやっはろー。遅かったね」

八幡「雪ノ下が寝込んでな。それで少し遅れた」

結衣「ええ!?」

八幡「まぁただの風邪だし、あんま心配すんな」


結衣「ほんとうに?」

八幡「ああ。陽乃さんも見てくれてるし、俺達はとにかく授業受けて委員会だ」

結衣「……うん」

238 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 19:53:14.07

葉山「こんにちは」ガラガラ

八幡「…葉山」

葉山「やぁ。比企谷くん。有志の申し込みに来たんだけど」

八幡「ん。この用紙に記入な」

葉山「ありがとう。それにしても忙しそうだな」

八幡「……まあ人手不足なうえに、雪ノ下がいないからな。自然に仕事量が増えただけだ」

八幡(まじ仕事って辛いよね。働いてる皆様毎日ご苦労さまです)

葉山「そうか。因みに君の仕事は?随分と積まれてるけど」

八幡「記録雑務」

葉山「ああ。似合うな」

八幡「おい」

葉山「ごめんごめん。…有志代表って形で手伝うよ」

八幡「お前クラスの方が主役じゃなかったか。時間無いだろ」

葉山「台詞は大体覚えたから大丈夫だよ」

八幡「……そうか」

239 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 19:58:18.00

平塚「下校時間だな。今日は解散だ」

「お疲れー」

「駅前のマッグ行こうぜー。店員が可愛いんだってよー」


八幡(……さて、もう少しやっていくか)

結衣「よっと」

八幡「……最近ずっとだけど、帰ってもいいんだぞ」

結衣「だってヒッキー、一人で全部やっちゃう気でしょ?」

八幡「周りが頼れないなら自分でやるしかないだろ」

結衣「あたしにも頼ってくれないんだ?」

八幡「……もう充分助かってるよ」

結衣「……そっか。よーし頑張ろう!」

八幡「ああ」

240 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 19:59:24.36

八幡(なんとか現場の遅れは取り戻せたな。後は事務処理を家で片付けて……その前に雪ノ下の調子を見に行くか)

八幡「たでーま」ガラガラ

小町「あ、おかえりーお兄ちゃん。ご飯できてるよー」

八幡「サンキューって……おい」

雪乃「何かしら?」

八幡「……寝てろっていっただろ」

雪乃「……もう熱は下がったわ」

八幡「それでもだ、寝ろ」

雪乃「嫌よ」

八幡「ね」

雪乃「嫌」

八幡「……はぁー。で、何でいんの?」

雪乃「私の仕事を返して貰いに来たのよ」

八幡「さぁなんのことでしょうか」

雪乃「私の部屋にあったもの勝手に全部持っていって……犯罪よ?」

八幡「や、何でだよ……」

八幡「はぁ……」

八幡(病人に働かせるつもりはないし、仕方ない……あれ使うか)

八幡「雪ノ下」スッ

雪乃「な、何かしら?ち、近いわよ、通報するわよ?」

八幡「俺に任せてお前は寝ててくれ。な?」ササヤキ

雪乃「ひっ……」ゾクゾク

八幡「いい子だからさ…頼む」ナデナデ

雪乃「ば、ば、ばかぁ。近いのよ。痴漢ね。痴漢。こ、こんな犯罪者の近くなんて居たくないからもう帰るわ」カァァァ


八幡「ああ。送るよ」

雪乃「い、いい!さ、さようなら!比企谷くん。小町さん」ピュー

八幡「ふぅ」

小町「うっわーお兄ちゃん今のわざと?」

八幡「あいつ耳弱いうえに頭撫でると何か素直になるんだよな……まぁ次の日五割増しで攻撃的になるからあんまり使いたくないんだけどな」スタスタ

小町「それってただの照れ隠しじゃないのかなぁ……気づいてないかゴミぃちゃんだもんね」

241 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:05:13.45

八幡「もう一日ぐらい様子見たほうがよくないか?」

雪乃「うるさいわ。変質者。変態」

八幡「……う」

雪乃「それに昨日、変態と一緒に作業した由比ヶ浜さんが心配だから休めないわ」

八幡「どういう意味だよ……」

雪乃「あら?そのままよ」

八幡「さいですか……」

242 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:10:52.98

八幡「あん?お前のクラスこっちじゃないだろ」

雪乃「由比ヶ浜さんにお礼を言いに行くのよ。貴方と一緒に行くなんて不快極まりないのだけど仕方ないわ」

八幡「そーですか……でも、由比ヶ浜はバス通だしまだ来てないと思うぞ」

雪乃「あら?そうだったの。仕方ないから外で待とうかしら」

「えーほんとにー?」

「間違いないって!」

「ありえなくない?だってあれだよ?」

「だから面白いんじゃん」

雪乃「……騒がしいようね」

八幡(……)ガラッ


「お、きたきた」

「かっくいーー」

八幡「……」テクテク

相模「ねぇ。あんた」

八幡「なんだよ?」

相模「由比ヶ浜さんと付き合ってんだよねー?」

八幡「はぁ?」

相模「とぼけないとぼけない。花火大会も一緒だったし?昨日も二人で仲良くやってたじゃん?もうまるわかりだし」ケラケラ

相模「でも、由比ヶ浜さんあんたのことなんてどーでもいいと思ってるに違いないよぉ?キープ君」

「おいおいやめてやれよー」ケラケラ

相模「えー?でもそうっしょ?まぁウチならキープでもお断りだけどねぇ」アハハハ

八幡「……あのな」

雪乃「少しは黙ったらどうかしら?低脳なお猿さん」

相模「え?」

八幡「おい、お前が出てくるなややこしくなる」

雪乃「止めないでくれるかしら」

結衣「やっはろー!ってどしたん?」

八幡「ああ、もう……」

243 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:14:08.58

八幡「はぁ……」

結衣「あはは……ゆきのん凄かったね」


八幡「相模は大泣きして帰るし、一緒にからかってたクラスメイトの大半論破して…まるでお通夜会場になってたぞ……」

八幡「気まずすぎて教室から出てきちまったしよ」

結衣「でも、何でゆきのんあんなことしたの?」

八幡「あー……」

八幡(どう説明したものか)

八幡「まぁ色々あってな」

結衣「そーなんだ?」

八幡「まぁーな」ガサガサ

結衣「?」

八幡「どうせ一現サボったんだ。委員会の仕事する」

結衣「手伝うね」

八幡「ん。頼む」

八幡(キープ君ねぇ……そもそもそういう意識がないだろ……)

【付き合ってるんじゃない?あの二人ってさ!】

八幡「……なんで今さら」ボソッ

結衣「♪」カキカキ

244 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:18:24.52


八幡「……なんとか間に合いそうだな」テキパキ

雪乃「後はこの事務処理の山ね」

結衣「よーし!あともうちょっとがんばろー!」

めぐり「おー!」

陽乃「はろろーん」ガラガラ

八幡「陽乃さん」

雪乃「姉さん?」

陽乃「雪乃ちゃんー薬。昼の分飲んでなかったでしょー!薬は飲まなきゃダメだよ!」

雪乃「の、飲んだわよ?」

陽乃「はい。ダウトー。ダメだよー」

八幡「お前また……」

雪乃「し、仕方ないじゃない。美味しくないんだもの」

結衣「あー確かに美味しくないよねぇ。でもゆきのん薬嫌いなんだ。なんか意外」

八幡「ちなみに注射も嫌いだぞ。こいつは」

雪乃「こ、こら!比企谷くん!」カァァァ

陽乃「はーい。お薬飲みましょうねー?」

雪乃「う……し、仕方ないわね」

八幡「普通に飲め」

陽乃「んで、ついでだから仕事手伝うよー八幡」

八幡「え。あ、はいお願いします」

陽乃「これ半分貰うね」ガサッ

雪乃「……ならこれもお願いするわ」ドサッ

陽乃「……あれー?」

八幡「鬼だな」

結衣「鬼だねー」

245 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:21:08.69


八幡「……終わったー」グー

雪乃「……ふぅ」

陽乃「お姉ちゃん頑張ったよー八幡」シクシク

八幡「お疲れ様です」

陽乃「うぅー充電」ギュー

八幡「ちょ。暑いです」

雪乃「止めなさい姉さん」

結衣「むー。あたしも充電したいなぁ」

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん?」

結衣「あ、な、何でもないよ!」

めぐり「比企谷くんモテモテだぁ」

246 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:24:53.78

八幡「何とかなったな…」

雪乃「まだ本番が残ってるわよ」

八幡「まぁそうだな……今年は楽しむ側じゃないのが残念だけどな」

雪乃「そ、その」

八幡「ん」

雪乃「……何でもないわ」プイッ

八幡「んー?」

陽乃「八幡ー!」バーン

八幡「な、なんすか」

陽乃「お腹すいたぁー!」

八幡「……やれやれ。座っててください。ご飯作りますんで」

陽乃「ぬふふー今日は私も手伝うよ」

八幡「やめてください」

陽乃「うえーんなんでー!」

八幡「陽乃さんが料理作ったら食費がバカになりません」

陽乃「えーちゃんと計算してるよぉ?」

陽乃「ねー?雪乃ちゃん」

雪乃「いえ、姉さんは料理をするべきではないわ」

陽乃「ひどい!」ガーン

八幡(だって宮廷料理とか作り出すんだもん)

247 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:31:49.49


当日

結衣「へ?あたしが挨拶するの!?」

八幡「頼めないか?多分雪ノ下だとすっげぇ堅苦しい挨拶で終わるからさ」

雪乃「失礼ね。ただ羽目を外しすぎないように注意するだけよ」

八幡「はいはい。お前中学の時もやらかしてるんだから、却下な」

八幡「そんな訳だからさ、頼めないか?」

結衣「…んー。うん!頑張ってみる」グッ

八幡「ああ、頼む」

雪乃「私だって……」ブツブツ

八幡「はいはい。お前は現場監督な」

248 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:35:27.20

結衣「やっはろー!みんなー!お待たせー!」


結衣「まぁ色々先生から注意事項言えって言われたけど、そんな前置きおいといてー」

結衣「楽しく盛り上げていこー!総武高文化祭の始まりだー!」


ワァァァ


八幡【ほれ。由比ヶ浜が適任だっただろ?】

雪乃【そのようね……】

雪乃【……それより貴方何処にいるのかしら?存在が見えないのだけど】

八幡【はぁ?】

雪乃【ああ、もしかしたら私が貴方の存在を直視したくないだけかもしれないわね。ごめんなさい】

八幡【おい。ふざけんな。超こっち見てるじゃねぇか】

雪乃【変な言いがかりは止めてくれないかしら?】

【会長。インカム繋がってます】

雪乃【ぁ……以下のプログラムも予定通り進めるわ。準備よろしく】

【了解】

249 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:37:36.85

雪乃「見回りに行くわ。貴方は文化祭の風景写真をとっといてもらえるかしら?」

八幡「ん。了解」

雪乃「はい。腕章」

八幡「腕章?」

雪乃「これがないと不審者に見られるわよ?……あぁ元々だったわね」

八幡「酷すぎませんかねぇ……」

250 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:42:02.53

結衣「あ、ヒッキーお疲れー」

八幡「ん。お前こそ。クラスの方もだもんな。お疲れさん」

結衣「うん、大変だけど楽しいよ」

八幡「そうか」

結衣「あ、ヒッキーこれ食べようよ」

八幡「?」

結衣「ジャーン!ハニトー!」

八幡「すっげぇ食パンなんだけど」

結衣「おいしーよー?」

八幡(食べるのはやっ……つか、そのクリーム俺のからも取ってませんか)

結衣「んー!おいしー!」ニコニコ

八幡「……まぁいっか」モグモグ

八幡(超パンだな……)

八幡「あ、お金」ゴソゴソ

結衣「いーよいーよ」

八幡「ばっか。金は揉める原因だし、しっかりしないといけないんだぞ」

結衣「いーの!……ど、どうしてもっていうなら、ま、また今度…その、ハニトー奢って!」

八幡「……まぁ。それなら……いいか」

結衣「うん!いいのだ!」

251 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:49:02.97


雪乃「それじゃここの届け出は直しておいてね」

「はーい」

「すみませんでしたー」

雪乃「……ふぅ」

八幡「お疲れ」

雪乃「あら、、雑務は仕事終わったのかしら?」

八幡「ああ。まぁな」

雪乃「そう。なら空いた時間は楽しんでいいわよ?」

八幡「……まだお前は仕事終わってないんだろ?」

雪乃「そうね。後は出店関係を回るぐらいかしら」

八幡「んじゃ、いきますか」

雪乃「え、嫌よ」

八幡「仕事なら仕方ないんじゃないか」

雪乃「……それもそうね。仕事だから。仕事なら仕方ないわね」

八幡「ああ。行こうぜ」

252 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:51:24.86


八幡「……お。うまそう」

雪乃「仕事中よ」

八幡「味見も仕事だ。お前も飯まだだろ?」

雪乃「それはそうだけど……」

八幡「ほら、食えよ。お前の分」

雪乃「あ、ありがとう」パクッ

雪乃「……おいしい」


陽乃「あ、雪乃ちゃーん!八幡ー!」

八幡「ああ。陽乃さん」

陽乃「午後のステージ見に来てよねー!」

八幡「ああ。もちろんですよ」

雪乃「と言うより、委員会なのだから嫌でも見るわ」

陽乃「そっかそっか。それじゃ私準備してくるから!」タタタッ

八幡「……素直じゃないよな、お前」

雪乃「あら、貴方に言われるなんて心外ね……ほら、早く見回りを終わらせるわよ」

八幡「うぃ」

253 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:53:09.08

「それでは次のプログラムは有志団体による演奏です」


陽乃「……」スッ


「すげぇ……」

「ぷ、プロみてぇ」


八幡「さすが……としかいいようがないな」

雪乃「そうね……さすがだわ」

雪乃「……ああなりたいのだけどね」


八幡「……ならなくていいのに」


雪乃「……」


254 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:54:57.84


陽乃「やっほー!どうだったー!?」

八幡「流石でした」

結衣「凄かったです!」

雪乃「まぁ80点ね」

陽乃「えへへー!ありがとう!」

雪乃「後は二つのプログラムで終わりね」

「会長!」

雪乃「どうしたの?」

「実は……」

255 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:56:26.76

雪乃「次のプログラムの演奏が出来なくなったのね」

「はい」

雪乃「とりあえず先に葉山くん達に演奏してもらいましょう」

「わかりました」

八幡「余る時間どうする?別に切り上げても構わないと思うが」

雪乃「そうね。別に問題はないわね」

陽乃「はいはーい!」

雪乃「姉さん?」

陽乃「私いいこと思い付いたよ!」

八幡「……まさか」

雪乃「そのまさかでしょうね……この流れは」

256 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 20:59:10.28

平塚「全く……なんだねこんな時に呼び出して」

陽乃「えへへーごめんね静ちゃん」

雪乃「姉さん一応聞くわ……何をするつもりなのかしら?」

陽乃「へへー。それは勿論!バンドだよ!」

結衣「ふぇ!?」

八幡「やっぱり……」

雪乃「……はぁ」

257 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 21:00:21.50

陽乃「ギターが八幡。リズムギターは雪乃ちゃん。ドラムが私。んで静ちゃんはベース。ボーカルはガハマちゃん!」

結衣「どぅへぇー!?あ、あたしボーカルですかぁ!?」

陽乃「大丈夫大丈夫!雪乃ちゃんもやってくれるから!」

雪乃「はぁ……また無茶苦茶な」

八幡「と言うか何で俺がギターなんすか……リズムならともかく……普通に考えて俺より上手い雪ノ下と役割逆でしょう」

陽乃「だってー。八幡のかっこいいソロ聴きたかったんだもん♪」


八幡「……はぁ」


陽乃「大丈夫大丈夫!八幡のギターはお姉ちゃんと雪乃ちゃん直伝なんだから!」

八幡「そうですかねぇ」

雪乃「時間もないし仕方ないわね」

八幡「マジですか……」

258 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 21:01:03.40

結衣「……やっはろー!みんなー!」

ワーワー

結衣「えーっと!今回!特別プログラムとしてあたしたちのバンド演奏をやることになりましたー!」


結衣「とにかく全力でいくよー!!」

259 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 21:01:32.18

結衣「……終わったー!」

八幡「……ふぅ。……疲れた」

雪乃「……ほっ」

陽乃「八幡ー!かっこよかったよー!」

八幡「……どうも」

雪乃「途中音が抜けたときはどうしたものかと思ったけれどね」

八幡「……仕方ないだろ。2ヶ月ぶりぐらいだったんだから」

結衣「でも!すっごくかっこよかったよ!ヒッキー!」ズイッ

八幡「お、おう」プイッ

雪乃「……」ムッ

陽乃「……ほほぅ」ニヤニヤ

結衣「また来年もやろうよ!皆で!」

八幡「……」

雪乃「まずは貴女は歌詞をちゃんと覚える所からね」

結衣「あぅ、ゆきのん厳しいよぉ!」

雪乃「ふふっ。でも、すごくよかったわよ」

結衣「……えへへ!ありがと!ゆきのんもすっごくかっこよかった!」

陽乃「んふふー八幡」ダキッ

八幡「ちょ、陽乃さん!」

陽乃「よいではないかーよいではないかー」

雪乃「姉さん!」

260 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 21:03:01.99


八幡「お疲れさん」コトッ

雪乃「……毒入りかしら?」

八幡「おい」

雪乃「冗談よ」カチャ

八幡「……ったく」ゴクゴク


雪乃「……本当助かったわ」

八幡「……なんだ、明日は嵐か?」

雪乃「……」

八幡「……冗談だよ」

雪乃「……貴方がいなければ恐らく間に合わなかったでしょうね」

八幡「そうでもないぞ……成るようになってたと思うぞ」

雪乃「……まったく…本当に誰にでも優しいんだから」

八幡「……」

雪乃「……ありがとう本当に」ニコッ

八幡「……」ポリポリ

雪乃「……」

小町(り、リビングに入れない)

263 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 21:15:32.08
やっぱり雪乃が一番だな 陽乃もいいけど

264 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/07(金) 21:21:56.06

雪乃ルートなのにガハマさんの霊圧が消えてないのがポイント高い
270 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/10(月) 14:51:45.05

陽乃「いーなー!」

八幡「あの……陽乃さん?」

陽乃「なーにー」

八幡「もう少し離れてもらえないでしょうか?」

陽乃「えー?やーだー」

八幡「あ、あの、ならせめて……後ろからお願いできませんか」

陽乃「なんで?」

八幡「そのですね……前から抱きつかれると顔が近っ」

陽乃「えへへ。やーだよ♪」

八幡「……」

八幡(何故今日に限って雪ノ下がこない)


陽乃「私も修学旅行いきたーい!」

八幡「や、無理ですよ……」

陽乃「いきたいー!」

271 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:52:11.09

八幡「修学旅行ねぇ……」

結衣「あ、ヒッキー!一緒にまわろーよ!」

八幡「え、お前は三浦とか葉山とかそこら辺と回るんだろ?」

結衣「班はそうだけどー。でもほら、ここに自由行動あるじゃん」

八幡「ぁー。でも俺自由行動は一人の予定なんだけど。寺巡りするし」

結衣「えぇー……どーしてもだめ?」

八幡「や、どーしてもって訳じゃないが……寺巡りするだけだし、面白くないぞ?」

結衣「それでもいーからさ!私はヒッキーといれば楽しいし!」

八幡「……まぁ、いいけど」

結衣「約束だよ!」

八幡「ああ」

八幡(……てか、班どうしよう)

272 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:53:19.02

戸塚「八幡と一緒だね」

八幡「そうだな。よろしく」

戸塚「うん!」

八幡(そういや、あいつ班どうなってるんだろーな)

姫菜「……」ジー

273 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:54:23.50

八幡(あー。やっぱここで飯食うのが落ち着くわ。人来ないし)

姫菜「比企谷くんー」

八幡(と、思ったらこれだよ)

八幡「えーっと」

姫菜「海老名だよー。海老名姫菜。よろしくね」

八幡「はぁ……こりゃご丁寧どうも」

姫菜「……本当はこんなこと頼んじゃいけないんだろうけど……」

八幡「?」

姫菜「比企谷くんにお願いがあるの……」

姫菜「実は……」

八幡「……え?まじ?」

274 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:54:53.48

雪乃「修学旅行の班?……ああ。残念だけれど私はもう決まっているわよ?」

八幡「おい。俺だって決まってるぞ。その言い方だと俺が決まってないみたいだぞ」

雪乃「あら?そうだったの?貴方と一緒に回るなんて……うら……可哀想ね」

八幡「おい。止めろ。戸塚はそんなこと思わないだろ」

雪乃「そうね。戸塚くんに失礼だったわね」

結衣「でも、あたしはヒッキーと回りたかったなぁ」

八幡「お前は三浦たちがいるだろ……」

結衣「そうだけどさー。ヒッキーこっちに来ればよかったのに」

八幡「嫌だ。三浦恐い。ダメ。絶対」

結衣「そんなに怖くないけどなぁ」

八幡「そりゃ友達だからだろ……」

ガラガラ

葉山「やぁ、こんにちは」

八幡「……葉山」

雪乃「……」

結衣「やっはろー!隼人くん」

275 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:56:16.56

八幡「今日はどうしたんだよ?」

葉山「……依頼があってね」

八幡「依頼?お前がか?」

葉山「いや、入っておいでよ」

戸部「ど、どもー」

八幡「……」

結衣「戸部っち?」

雪乃「……」ペラッ

276 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:56:45.24

八幡「……や、そんなもん自分でなんとかしろよ」

戸部「うはー!ヒキタニクンつめてー!でもマジその通りだから言い返せないわー」

結衣「ふぇー。戸部っち姫菜のことが好きだったんだー」

戸部「お、おう。まぁな」

結衣「へー。全然気がつかなかったや」

277 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:57:26.31

雪乃「どうして引き受けたの?」

八幡「しょーがねーだろ?由比ヶ浜がやる気だったんだしよ」

雪乃「全く……まぁ、彼らをうまい具合に二人きりにするのが目的なのだからそんなに難しい問題ではないのかしらね」

八幡「……だな」

278 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:58:04.20

八幡「明日から修学旅行か……」ボフッ

八幡「……さっさと寝るか」

陽乃「そうだね♪」

八幡「……」

陽乃「……」ニコニコ

八幡「……寝るんですけど」

陽乃「うん。わかってるよ♪」

八幡「いや、絶対わかってないですよね?」

陽乃「え?男女の交友を深めるんだよね?」

八幡「違います」

陽乃「えー……つまんなーい!」

八幡「はぁ。どーしたんですか?こんな遅くに」

陽乃「寝に来た。性的な意味で」

八幡「よし帰れ」

陽乃「やーだー!」ギュー

八幡「ちょ。せまい。落ちる。離してください」

陽乃「……だって八幡明日からいないんだもん」

八幡「え……たった二泊三日ですよ?」

陽乃「それでもー!寂しいんだよ!察してよーもう!充電なのだ!」

八幡「……さいですか」

陽乃「そーですよー」

八幡「……何か目が覚めたんで話でもしますか」

陽乃「うん!」

279 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 14:58:30.61

雪乃「……」ピキピキ

八幡「……スースー」

陽乃「……スースー」ギュー

雪乃「ふふふ……どうやって起こそうかしら?」ゴゴゴ

陽乃「んん……ふぁー………ん?どこここ」ゴシゴシ

雪乃「おはよう姉さん……いい夢は見れたかしら?」ゴゴゴ

陽乃「……あれ?寝ちゃってた?おはよー!雪乃ちゃん!」

八幡「ん……んん……朝からうるさい」モソモソ

陽乃「おはよー。八幡♪」

八幡「おはよーございます……陽乃さん……陽乃さん?」

雪乃「おはよう。比企谷くん」ゴゴゴゴゴ

八幡「あ、あれ?雪ノ下さん?何でそんなに怒ってられるんでしょうか?」

雪乃「怒ってなんかないわよ?ただ、どうやって法的に処分しようかと考えているだけよ」ニコリ

八幡「すげぇ怒ってるよな……それ」

雪乃「うふふふ」

陽乃「はっ!?寝癖とか大丈夫かなぁ!?鏡鏡ー!」バタバタ

雪乃「あ、こら!姉さん!まだ話は!」

八幡「今のうちに」

雪乃「……比企谷くん」

八幡「は、はい」

雪乃「後でゆっくり話を聞かせてもらうわよ」

八幡「……うす」

282 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 16:49:43.82
はるのんが可愛すぎて生きるのが辛い
289 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/10(月) 22:38:36.79

八幡「やっと駅か……」

結衣「やっはろー!ヒッキー!ゆきのーん!」

八幡「おう」

雪乃「おはよう。由比ヶ浜さん」

結衣「あれ?何かヒッキー寝不足?クマできてるよ?もしかして楽しみで寝られなかったとか?」

八幡「俺は子供か……ちげーよ。あと今その話題を出してほしくはなかった」

雪乃「昨晩……ねぇ」ゴゴゴ

結衣「わぁ!?なんかゆきのんから変なオーラが……」

八幡「はぁ……落ちつけ雪ノ下。何度も説明しただろ……」

雪乃「ええ。貴方と姉さんが寝たということをね」

結衣「寝た?ヒッキーとお姉さん?陽乃さん?寝た?え?えええええ!?」

八幡「ばっか!わざわざ誤魔を招く言い回ししやがって!」

雪乃「ふん。それじゃ私は向こうだから」

八幡「せめてフォローしてからいけよ!ああもう!」

結衣「ヒッキーが……ヒッキーがぁ」

八幡「いいから落ちつけ」ビシッ

290 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:39:04.91

八幡「ふぅ」ギシッ

戸塚「何だか疲れてるね?八幡」

八幡「あー……ちょっと色々あってさ。ねむっ……」

戸塚「いいよ。寝てて。僕が着いたら起こすから」

八幡「ごめ……ん」スースー

291 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:40:00.08

八幡「結局何も起こらずホテルまで来ちまったな」

結衣「んー。姫菜と戸部っちがなかなか二人きりになれないんだよねぇ。結構頑張ったのになぁ」

八幡「……そだな」

結衣「何とかならないかなぁ……」

八幡「……わからんな。それじゃ俺部屋こっちだから」

結衣「あ、うん。お休み!ヒッキー」

八幡「おう。お休み」


結衣「……あたしも……二人きりになれたらなぁ…」

292 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:41:04.37

八幡「ちょっとコンビニ行ってくるわ。何かいるものあるか?」

戸塚「ううん。特になにもないよ。気を付けてね。八幡」

八幡「ん。了解」

293 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:41:32.13

八幡(よし、後は飲み物くらいか……ってあれ三浦か。まぁ雑誌読んでるし無視で良いだろ)

八幡「……」テクテク

三浦「ねぇ、あんた」

八幡「……俺か?」

三浦「当たり前だし、あんたさ、結衣の事どう思ってるの?」

八幡「はぁ?なんで由比ヶ浜?」

三浦「いいから答えろし」

八幡「……悪いやつじゃねーよ。良いやつだと思ってる。優しいやつだよ。あいつは」

三浦「……ふーん」

八幡「もういいか?」

三浦「あと一個」

八幡「?」

三浦「あーしは今の関係が結構気に入ってるんだよね。だから、あんま下手なことしないでほしいんだよね」

八幡「……わかってるよ」

三浦「……わかってる?」

八幡「いや、何でもない。まぁ何だ……お前らの関係を崩すってことは無いからこの修学旅行中は見逃してくれ」

三浦「そっか……悪かったね。引き留めて」

八幡「気にすんな」

三浦「あーヒキオ」

八幡「?」

三浦「さっきの関係うんぬん……あんたなら認めてやるよ」

八幡「……」

三浦「……」

三浦「ふんっ。ほらさっさと帰んな」

八幡「……ああ」

294 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:42:42.51

八幡「あれ?何してんだ」

雪乃「別に。ただの買い物よ?」

八幡「そうかい」

雪乃「貴方こそ何してるの?」

八幡「別に買い物だよ」

雪乃「そう」

八幡「おう」

雪乃「ねぇ……」

八幡「んー何だよ。あ、これ小町へのお土産にいいな」

雪乃「貴方、私に隠し事をしてないかしら?」

八幡「……隠し事?」

雪乃「ええ」

八幡「……してないな」

雪乃「……そう」

八幡「……ああ」

平塚「こら、何をしてるんだ二人とも」

八幡「え」

雪乃「平塚先生」

平塚「とっくに部屋に戻る時間だぞー……ったく」

八幡「すいません」

雪乃「……戻ります」

295 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:43:51.11

結衣「ヒッキー!さっそく尾行するよー!」

八幡「ん、ああ……っても、尾行って訳でもないがな」

結衣「……んースパイ?」

八幡「そうだな。そんな感じだ」

結衣「それじゃ、私は姫菜。ヒッキーは戸部っちをよろしく!」

八幡「……ああ」

戸部「やべぇ……マジ緊張してきた」

葉山「……落ちつけって」ニガワライ

296 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:45:36.33

結衣「よっし!やっと二人きりに出来たね!」

八幡「……」

雪乃「こんな所を見るなんて不謹慎じゃないかしら?」

結衣「まぁまぁ。ゆきのん」

結衣「……ヒッキー?」

八幡「……ん。ああ。そだな」

結衣「どしたん?」

八幡「……いや、何でもない」

結衣「そう?」

雪乃「……比企谷くん?」

八幡「ああ。問題ない」スッ

結衣「ちょ!ヒッキー!?なにして」

297 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:46:45.10

姫菜「それで、私に話って何かな?」

戸部「えーっとな」

姫菜「……うん」

戸部「……その」

戸部「俺と!」

八幡「俺と付き合ってください!」

戸部「……え」

結衣「……え?」ズキン

雪乃「……」ボウゼン

姫菜「……ごめんなさい!今は誰とも付き合う気はないの!本当にごめんなさい」タタタッ

戸部「あ、あれー?」

八幡「……ふぅ」

戸部「ちょ、ヒキタニくんそりゃないぜー!?」

八幡「ははっ。悪いな。けど、お前は次があるから……よかったな」

戸部「そりゃそうだけどさぁー!」

八幡「はは……」スタスタ

298 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/10(月) 22:47:44.01

八幡「……」スタスタ

雪乃「……」スタスタ

八幡「雪ノし……」

パンッ!

雪乃「……はー…はー……もう二度と…」

八幡「……」

雪乃「もう二度としないって言ったじゃない! 」キッ

八幡「……これしかなかったんだよ」

雪乃「……何時も貴方はそうやって一人で……どうして……私に」クルッ

八幡「……」

雪乃「……叩いて……ごめんなさい」

結衣「ゆきのん!」

結衣「……ヒッキー」

八幡「……」

結衣「ああいうの……よくないよ……もっと周りの事考えてあげてよ」

八幡「これが最適で……これしかなかったんだよ……」

結衣「それでもっ!!……バカッ」

八幡「これしか……ないだろ。時間だって……なかったんだよ」

【お願い。もう二度とこんなことは……しないって約束して】

【……うん。約束する】

306 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/11(火) 15:09:30.08
過去

陽乃「君が一人野球の比企谷くんかぁー」

八幡「えっと……すいません。誰ですか?」

陽乃「あーごめんね?私は雪ノ下陽乃だよ。小学六年生」

八幡「……雪ノ下?」

陽乃「そ。君と同い年の雪ノ下雪乃ちゃんのお姉ちゃんでーす。雪乃ちゃんは知ってる?」

八幡「はぁ……名前くらいは」

八幡(うちのクラス……というか学年じゃ有名人だし。……あんまり良い意味ではないけど。ってそれは俺もか)

陽乃「そっか!まぁ早速なんだけどね」

八幡「?」

陽乃「比企谷くん!私と友達になろう!」ニコッ

八幡「へ?」

307 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:09:59.52

陽乃「ほらほらー!遅いぞー!」

八幡「ちょ。雪ノ下さんが早すぎるんですよ」

陽乃「そんなことないよー?まだまだよゆうだよー?」

八幡「ちょ!休憩させてください……」

陽乃「だーめー。ほーらサーブいくよー」

八幡「うわぁ!」

陽乃「あららーそんなんじゃテニス界の王子様にはなれないぞー。ほらほらー!」パシッパシッ

八幡「なれなくて……いい」バタッ

陽乃「あらま。倒れちゃった」

308 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:10:27.47

陽乃「はーい。比企谷くんー!これがうちの妹の雪乃ちゃんでーす!」

雪乃「……」

陽乃「んで、こっちが比企谷くんだよ!雪乃ちゃん!」

八幡「……ど、どうも」

雪乃「姉さん。もう部屋に戻ってもいいかしら?」

陽乃「だめ♪今日は外で遊びまーす」

雪乃「嫌よ」

陽乃「だめ♪」

雪乃「嫌」

陽乃「そーれいくよー!」パシッ

雪乃「ちょ、ちょっと姉さん!」

309 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:10:54.06


陽乃「やほー!八幡ー!」

八幡「こ、こんにちは。雪ノ下さん」

陽乃「もー!だめだぞー!陽乃だよ?」

八幡「う……は、はるの……さん」

陽乃「よろしい!雪乃ちゃんも。ほら!」グイッ

雪乃「引っ張らないで。姉さん。……こんにちは……は、八幡」

八幡「え、えっと……こんにちは……雪乃……ちゃん」

陽乃「んんー二人とも照れてるなんて可愛いなぁー!」ギュー

八幡「ちょっと!陽乃さん!苦しいですよ」

雪乃「は、はなして頂戴!」

310 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:11:24.37

陽乃「んー……もっと二人と一緒に学校生活したかったなぁ」

八幡「……卒業おめでとうございます」

陽乃「うん。ありがとう。それでね、八幡」

八幡「はい?」

陽乃「雪乃ちゃんのこと……よろしくね?」

八幡「……?それはわかりましたけど」

陽乃「うん!任せたぞ!」

311 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:11:53.48

八幡「四年生で初めて同じクラスだね!雪乃ちゃん」

雪乃「ええ。そうね。よろしく……八幡」

八幡「うん」


「……な?」

「だろー?」

「へー……」

葉山「……」

312 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:12:22.78

八幡「あれ?どうしたの雪乃ちゃん」

雪乃「……いえ。何でもないわ」キョロキョロ

八幡「何か探し物?」

雪乃「……いえ、どうやら教室に置いてきてしまったようだから八幡は先に帰っておいて頂戴」

八幡「え?待つよ?」

雪乃「大丈夫よ。それじゃまた明日ね。八幡」

八幡「あ。うん」

クスクス

八幡「……?」

313 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:12:48.32

「えー。まずいでしょー」

「大丈夫大丈夫!バレやしないって!」

「なんせ雪女だからな!」

アハハハ

八幡「……?」ガラガラ

「やべっ!……って何だ引きこもりか」

八幡「……なにやってんだよ?」

「あー?別に何もやってないぞ?」

八幡「その机……雪乃ちゃんのだよな?」

「ぷっ!雪乃ちゃんだってよ!」

「なぁなぁ!前から思ってたんだけどよー」

「お前ら二人って付き合ってんの?」

「あり得ねー!」

葉山「何してるの?」

「葉山!」

「やべっ隼人だ」

「な、なにもしてねーよ」

葉山「……大丈夫かい?比企谷くん」

八幡「……え?あ、うん」

「おいおいー。隼人ー!そいつの肩持つのかよ!」

葉山「そんな訳じゃないけど?」

「……ちっ」

八幡「……」

314 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:14:06.10

八幡「え?上履き持って帰るの?」

雪乃「ええ。ちょっと汚れてしまったし、洗いたいと思ったからね」

八幡「そうなんだ?」

雪乃「ええ。それじゃ、帰りましょうか」

八幡「うん」

315 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:14:32.02

数日後

八幡「あれ?雪乃ちゃん。何でスリッパ?」

雪乃「……ちょっと上履きを洗っていてね。職員用のスリッパを借りたのよ」

八幡「……」

雪乃「……」

八幡(……絶対嘘だ)

陽乃【雪乃ちゃんのこと……よろしくね?】

八幡「……守らないと」

八幡(……例えどんなことをしてでも)

316 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:15:06.53

「キャーー!ちょっと!なにこれ!」

「うっわ。蛙の死体?」

「うわぁ……なんか他にもたくさん……」

「誰よ!?こんなこと私の机にしたやつ!」

「……まさかあんたじゃ!?」

「はぁ!?違うよ!」

「出てきなさいよ!誰よ!?」

八幡「はははは」

「……え、なに。まさかこれあんたがやったの!?」

八幡「うん。そうだよ?傑作だったよ。さっきの顔」

「なにしてくれてんのよ!」

八幡「あれ?やるのには慣れててもやられるのには慣れてないんだ?」

「なに言って!」

八幡「そのままの意味だよ。わからないわけないよな?」

「……なに?もしかして復讐?あの雪女にでも頼まれた?」

八幡「いや?全然?ただ、俺がムカついたからしただけだよ?」

「はぁ?なにそれ!嘘だってバレバレだし!」

八幡「雪ノ下なんか関係ないよ。そもそも俺、あんな奴のために頑張らないし」

「……何…わけわかんない……」

八幡「俺もあいつには迷惑してたんだよね。ちょっと仲良くしたら勝手になつかれてさ。俺一人のが好きなのにちょこまかと付いてくるし」

「なにこいつ……最低……」

「……気持ち悪い」

雪乃「……なんの騒ぎ?……八幡?」ガラガラ

八幡「…………俺はこんな奴大嫌いだ」

雪乃「……え?」

八幡「もう二度と俺のこと八幡とか呼ぶなよ。雪ノ下」

雪乃「ちょ、ちょっと!八幡!?」

八幡「……」

雪乃「待って!待ってよ!八幡ってば!」

317 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:16:25.08

八幡「……」ガラガラ

「ち……また来やがった……学校にくんなよ人でなしが」

「何か空気が不味くなったねー」

「てか何か臭くない?」

八幡「……」ガタッ

「なんか、喋れよな。ああ、でも人間じゃないし無理か」

「あいつが喋ると臭くなるからやめろって」

「違いない」

雪乃「は……八幡?」オズオズ

八幡「……」ギロッ

雪乃「は…八」

八幡「話しかけんな」ガタッ

雪乃「……ぁ」

雪乃「待ってよ!八幡!」

「もう雪ノ下さんもあんな奴ほっときなよ!」

「そうそう!」

318 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/11(火) 15:16:55.38


「は……まん……八幡!」

八幡「っ……」

戸塚「おはよう。八幡。もうすぐ千葉につくよ」

八幡「戸塚……?」

戸塚「そうだよ。大丈夫?顔色よくないよ?」

八幡「……いや、大丈夫だ。起こしてくれてサンキューな」

戸塚「うん。全然だよ」


八幡(……嫌な事思い出したな……)

八幡(ぁー……また陽乃さんに怒られるんだろうなぁ……小町にもか)

八幡「……帰りたくないな」

325 :1 ◆g5dLMrAnA6 :2014/02/15(土) 16:00:01.14

ピピピピピピ

八幡「……朝か」ポチッ

八幡「……はぁー」

八幡(結局というか……やっぱりというか……小町には散々言われた)

小町【お兄ちゃんのばかぁ!唐変木!】

八幡(陽乃さんは……逆に普通だった。むしろそれが怖いんですけどね)

八幡(当然あれから雪ノ下は我が家にこなくなった。こうして俺は、はれて学校でもボッチ、家でもボッチのプロボッチになってしまった)

八幡「……まぁ小学の時とかで馴れてるし……問題ないけど」

326 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 16:02:15.52

姫菜「比企谷くん」

八幡「ああ。海老名さん。どうしたんですか?」

姫菜「ごめん……私のせいで。結衣の誤解は解いといたから」

八幡「……別によかったんだけどな」

姫菜「だめだよ!とにかく……多分結衣は謝ると思うから……その、許してあけでほしいの」

八幡「……もともと怒ってないし、謝る必要もないんだけどなぁ」

姫菜「それでも!……お願い」

八幡「……わかりました」

327 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 16:02:47.71

八幡「うす」ガラガラ

結衣「あ、ヒッキー……」

八幡「おう」

結衣「……えと……」

雪乃「……」ペラッペラッ

八幡「……どうしたよ?」

結衣「ぁ………ううん。何でもない」

八幡「そうか」

結衣「……うん」

雪乃「……」ペラ

コンコン

結衣「?」

雪乃「……はい」

めぐり「こんにちはー」

いろは「どうもー」

八幡「……?」

328 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 16:03:50.55


雪乃「生徒会長……ですか」

めぐり「そうなの。この子は嫌みたいだから相談しにきたんだけど……」

いろは「私……信任投票でなるのが嫌なんですよ……なんか負けたみたいで…嫌です。それに何かショボいじゃないですか」

結衣「それって辞退とかできないんですか?」

雪乃「無理ね。生徒会選挙についての項目にそんな方法は載ってないのよ」

結衣「さ、さすがゆきのん。物知りだ」

八幡「……ぁーじゃあ」

雪乃「貴方が応援演説で無茶苦茶を言って一色さんを落選させる」

八幡「……エスパーかよ」

雪乃「……ただの幼馴染みよ……絶対に認めないわ。そもそも確実性がないもの」

結衣「……そんなの私も嫌だよ…ヒッキーがまた悪く思われるの」

八幡「……じゃあ他にどうすんだよ」

雪乃「それは……」

八幡「少なくともこれなら楽に依頼はクリアだ。一色は生徒会長にならなくて済むし、名誉も傷つかない」

雪乃「だめよ」

八幡「……じゃあ他にどうするんだよ」

雪乃「……そうね。一色さんに代わる立候補者をだして、その者が勝てばいいんじゃないかしら」

八幡「そもそも間違ってるだろ、候補者がいないから信任投票になってるんだぞ」

雪乃「だから候補者を増やせば良いと言ってるのよ」

八幡「それこそ確実性がないだろ」

雪乃「それはあなたの案だって同じでしょ」

結衣「ストップ!二人ともそれ以上言い合わないで!落ち着こうよ」

八幡「……」

雪乃「……」

いろは「な、なんか殺伐としたところですね……奉仕部って」

結衣「今だけ……だよ。本当はもっと……」

329 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 16:04:19.14

雪乃「……私が立候補するわ。自惚れかもしれないけど、これなら一色さんは落選することができるはずよ」

八幡「……奉仕部はどうするんだよ」

雪乃「……ちゃんと考えているわ」

八幡「まさか両方やるとか虫の良いこと言うんじゃないだろうな?そんなの無理だぞ」

雪乃「ええ。何も問題ないわ。だから今回貴方は動かないで頂戴」

八幡「……勝手にしろ」

雪乃「……」

330 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 16:05:37.42

結衣「ゆ、ゆきのん……本当に立候補しちゃうの?」

雪乃「ええ。そして勝つわ」

八幡「……」

結衣「……」

雪乃「まずは推薦人30人を集めないといけないわね」

雪乃「貴女にも協力してもら……」

結衣「あたしも……」

雪乃「え?」

結衣「あたしも出る……選挙」

雪乃「……由比ヶ浜さん?」

結衣「それで、ゆきのんにも、ヒッキーにも負けない!」

八幡(おいおい……どうするんだよこれ)

338 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:05:40.52
八幡「……なんでお前まで出るんだよ?」

結衣「……だって、嫌だから」

八幡「嫌?」

結衣「多分ゆきのんなら選挙に勝っちゃう……そうなったら奉仕部は無くなっちゃう……そんなのやだよ」

八幡「……そうか」

結衣「あたし……奉仕部が好き。ゆきのんがいて、ヒッキーがいて、あたしがいて……そんな空間が……好きなの」

八幡「……でも、お前が当選してもそれは同じだぞ」

結衣「あたしは……当選したら生徒会は適当にして逃げちゃうからいーのだ!」

八幡「……」

八幡(嘘だ。こいつはこいつで責任感が強い。仮に由比ヶ浜が選挙で勝ったなら……結局奉仕部はなくなるはずだ)

八幡「……まぁ、頑張れよ。俺は活動禁止されたしな」

結衣「まかせといて!」

八幡(……奉仕部を守りたい……か)

339 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:06:08.07

八幡「……たでーま」

八幡(……まぁ返事なんてないわな)

小町「……おかえり」

八幡「え……あ、ああ。ただいま」

小町「……私勉強するから」

八幡「……ココア飲むか?」

小町「……うん」

八幡「了解 」

340 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:07:08.34

小町「……ねぇお兄ちゃん」

八幡「なんだ?」

小町「また……なんかあったでしょ?」

八幡「……誤魔化せないなぁ」

小町「誤魔化したりしたら小町怒るよ」

八幡「……そうだな。ちょっと聞いてくれるか?」

小町「……ココア飲む間ならきくよ」

341 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:08:35.51

小町「ねーお兄ちゃん」

八幡「なんだよ」

小町「本当にダメダメだなぁ……雪乃さんや結衣さんが怒るのも無理ないよ」

八幡「……」

小町「お兄ちゃん……何もしないの?」

八幡「俺は動くなって言われたんだぞ」

小町「そっか……じゃあさ……小町のために動いてよ。小町も奉仕部がなくなっちゃうのは嫌だからさ」

八幡「……」

小町「……来年小町が入部する部だしさ。それが無くなったら受験勉強も捗らないなぁー 」

八幡「……わかったよ。小町が勉強出来なくなったら困るしな」

小町「うん……」

342 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:11:04.05


自室

八幡「……と、言ってもなぁ」

陽乃「困っちゃうよね?」

八幡「ええ……いや、何でいるんですか」

陽乃「え?八幡に会いに来たら何か、楽しい話してたから……思わず聞いちゃった♪」

八幡「……すいません」

陽乃「何で謝るの?」

八幡「こんなことになってしまったので」

陽乃「気にしすぎだよー」

八幡「……そうですか」

陽乃「ふふっ。八幡」ギュ

八幡「……なんすか」

陽乃「……一緒に考えよっか……何とかする方法」ナデナデ

八幡「……」

陽乃「雪乃ちゃんにも、ガハマちゃんも否定されないやり方を」

八幡「……」

陽乃「……ね?」

八幡「……そうですね」

陽乃「覇気がないなぁ」

八幡「それが俺ですから」

陽乃「……あはは!それもそーか♪」

343 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:13:28.58

陽乃「……それじゃ、これでいこうか」

八幡「全く……時間のかかる作戦ですね」

陽乃「でも、考えたのは八幡だよー?」

八幡「まぁこれで何とか……あいつらと交渉しますよ」

陽乃「でも、これにはその有名人が必要なわけだけど」

八幡「そこは俺が何とかします」

陽乃「そっか♪任せるよ」

陽乃「それじゃー私は今から仕込みに入るねぇー」

八幡「すいません。面倒なこと頼んで」

陽乃「んふふーじゃあ今度デートしてね」

八幡「……はい。いくらでも付き合いますよ」

陽乃「よしっ!お姉さんとの約束だぞ♪」

344 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:15:01.56

八幡「……」モグモグ

八幡(策は出来た……後は実効するだけだが……本当にこれでよかったのか?)

八幡(……他に手はない……と思う。これなら二人とも降りれる。一色の不満も解消だ……けど何か引っかかる。何かモヤモヤするんだよな)

材木座「コラムコラム」

八幡「?……材木座。どうした?」

材木座「いやな、主が何かおかしいと戸塚氏に聞いたものでな」

八幡「え?戸塚?」

八幡(そういや、朝に挨拶したときも何か、変だったな。いやこの場合変だったのは俺になるのか?)

材木座「うむ。しかし本当に変だな」

八幡「……そんなにわかるものか?」

材木座「うむ。まぁ我と八幡の仲だからのぅ」

八幡「うぜぇ……あ」

材木座「む?どうした?」

八幡「材木座……お願いがある」

材木座「我に願いだと?」

八幡「ああ。お前にしか出来ないことだ」

八幡「とりあえずここじゃなんだから、放課後サイゼでどうだ?」

材木座「うむ。任された」

345 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:16:16.04


八幡「……と、まぁこれまでの成り行きはこんな感じだ」

材木座「……ふむ。先に聞くが何故当選したらだめなのだ?」

八幡「……想像してみろよ……あの二人が生徒会長になったらどうなるか」

材木座「……うむ。我に優しくない学校になるだろうな」

八幡「そういうことだ」

八幡(まぁそんな風には変わらないだろうけどな……)

材木座「うむぅ……しかしこれは中々難しい問題ではないか」

八幡「方法はあるんだ。その手伝いをしてほしい」

材木座「何だ。解決策はもう見つけてあるのか」

八幡「ああ」

小町「……あ、お兄ちゃーん!」

八幡「小町?」

小町「よかった。間に合った」

八幡「どうしたんだよ」

小町「えっとね。ほら電話でお兄ちゃん作戦会議するみたいだったから……」

大志「どうもっす!」

川崎「……何で呼ばれたの?私」

戸塚「やっほー八幡」

小町「助っ人を呼んでみたの。小町も協力するって決めたしね」

八幡「お前ら……」

八幡「……とりあえず俺が考えた方法なんだが……」

346 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:18:25.54

八幡(手段は揃った……Twitterのアカウントでの票数獲得も半数に近づいてきた……だけど違和感がある……何でだ?)

陽乃「おー。さすが隼人だねぇ。票数がどんどん増えていくよ」 カタカタ

八幡「まぁアイツはよくも悪くも目立ちますから」

陽乃「そうだねぇー。あ、また増えた」カチッ

八幡(ずっとモヤモヤしている。修学旅行の時みたいな手段は使わないようにした……ましてや昔のやり方とも違う)

八幡「……なんでだ?」ボソッ

陽乃「どうかした?」

八幡「あ、いえ。何でもないです」

陽乃「おやぁ?怪しいですなぁ……お姉さんに言ってみなさい」

八幡「いや、大したことじゃないですよ」

陽乃「それでも言うのー」ギュー

八幡「わ、わかりましたから抱きつかないでください」

八幡「その……何と言うか、これでよかったんだろか?って思うっていいますか……何か違和感があるんですよ」

陽乃「違和感?」

八幡「ええ。方法は間違ってないはずです。まぁ人には言えないやり方ですけど……ただ、何か見落としてるっていうか……」

八幡(そうだ……何かを見落としているんじゃないか?それが分からないから違和感として出ているんじゃないのか?)

陽乃「違和感ねぇ……まぁ。雪乃ちゃんは素直じゃないからなぁ……後で何言われるかわからないしねぇ」

八幡「……素直じゃない」

陽乃「どうしたのー?」

八幡(そうだ。雪ノ下雪乃は素直ではない。その思考は解りやすいが決してそれを口に出さない。それが雪ノ下雪乃だ)


八幡(いや、待てよ……俺は何年も雪ノ下と過ごしてきた……だから俺は雪ノ下を理解しているものだと誤解しているんじゃないか?)


八幡(最初から考え直せ……全く知らない状態と仮定してそれでアイツを見つめ直せ)


八幡「……まさか、あのバカ」

陽乃「もーなに考えてるのー?無視されるのは寂しいよー」

八幡「……あ、すいません」

八幡(まだ確証はない……というか確証なんて持てない。ただの可能性の一つだ)

八幡「……陽乃さん。お願いがあります」

八幡「……」

陽乃「へ?ああ。うん。全然いいよ」

八幡「お願いします」

八幡(一つでも多くの可能性を試してみるべきだ)

347 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:20:46.69

いろは「先輩ー……何で推薦名簿を書き写してるんですか。」

八幡「いいから書け」

いろは「……もー……手が痛いなぁ」

いろは「これ、やる意味あるんですかぁ?」

八幡「ないな。どうせやっても雪ノ下や由比ヶ浜が勝つだろうしな。そういう意味じゃこれは無意味だ」

いろは「……で、でももしかしたら勝つかもーなんて」

八幡「ない。安心しろ」

いろは「……」ピクッ

八幡「雪ノ下の応援演説は葉山がするし」

いろは「……」

八幡「由比ヶ浜は三浦だ」

いろは「ぁー……三浦先輩」

八幡「多分お前を推薦したクラスの連中も影で笑ってるぞ」

いろは「……」ムカッ

八幡「……そういうのムカつくよな」

いろは「……え?」

八幡「自分達は影に隠れて涼しい顔をしている。そんな奴らに一泡吹かせてやろうぜ」

いろは「そ、そんなこと…」

八幡「できる」

八幡「何せこの推薦名簿はお前のなんだから」

いろは「……は?……あ。……ふぇ?」

八幡(言い直さなくていいから)

八幡「推薦人約400人……これが一色いろはの支持者だ」

いろは「え、ええええ!?」

348 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:24:56.75

八幡「……よう」ガラガラ

雪乃「……こんにちは」

結衣「や、やっはろー」

八幡「悪いな、呼び出して」

結衣「う、ううん。問題ないよ」

雪乃「……それでなにかしら?貴方の方法は却下したはずよ?」

八幡「まぁ落ち着け……とりあえずだ。依頼は破棄されたこと伝えに来たんだよ」

結衣「へ?」

雪乃「……どう言うことかしら」

八幡「……簡単なことだ。一色いろはが生徒会長をやることを承認した。ただそれだけのことだよ」

雪乃「……何故急に」

八幡「これだ」バサッ

結衣「なにこれ……名簿?」

雪乃「推薦人名簿……」

八幡「約400これが一色の推薦人の数だ……事実上の当選だな」

雪乃「一体どうやって」

八幡「SNSで有志のやつが募集かけてたみたいだな……」

結衣「うわ……ホントだ」ポチポチ

雪乃「……これはあなたが?」

八幡「……さぁ。俺の知らないやつだろ」

雪乃「……」

結衣「そ、それじゃぁもしかして……」

八幡「……ああ。お前らが生徒会長選挙に出る必要はない」

結衣「……よかった」

雪乃「そうね……」

八幡「……ああ」

雪乃「……」

八幡「……なぁ雪ノ下」

雪乃「何かしら?」

八幡「一つ聞きたいことがある」

349 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:26:16.55

八幡「お前……本当は生徒会長したかったんじゃないのか」

結衣「えぇ!?なにいって」

雪乃「……そんなことを聞いてどうするのかしら?例えそうだとしても、既に選挙になっても私に勝ち目はないわ」

八幡「……生徒会長になって、由比ヶ浜と俺も生徒会に引っ張るつもりだったんじゃないか?」

結衣「……え?」

雪乃「……」

八幡「そう考えれば納得できる。ここでの活動も生徒会として大々的にやればもっと利用するものも増えるし、出来ることも増える」

結衣「……そっか」

八幡「……違うか?」

雪乃「……そこまでわかっていながら……どうして」

八幡「わかったのはちょっと前だ……それに、お前が当選してしまったら……奉仕部の理念から外れるだろ?」

雪乃「どういうことかしら?」

八幡「……奉仕部は依頼者の自立を促すもの……だろ」

雪乃「……」

八幡「……今回はちょっとケースが違うが、こうして一色は自ら生徒会長になることを決意した……これも自立と言えるんじゃないか?」

雪乃「それは……」

八幡「後な……これ」ピラッ

雪乃「生徒会副会長……申込書?」

八幡「陽乃さんに頼んで城廻先輩に聞いてもらったんだよ。まだ受け付けてるかどうかを」

八幡「全然受付てるし、お前そのまま副会長に立候補したらどうだ?一年の生徒会長のバックアップとしてさ」

雪乃「……」

八幡「んで、由比ヶ浜は計算とか得意だし会計とか書記とかそこら辺でいいんじゃないか?」

結衣「そ、そっか!もしそれでみんな当選すれば!」

八幡「そういうこと……雪ノ下の考えた通りに出来るって事だよ」

350 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:26:50.25

雪乃「……相変わらず無茶苦茶を言うわね」

八幡「……どうするんだ?」

雪乃「確認なのだけど……貴方は何になるの?」

八幡「はぁ?俺?役職なんていらないぞ。めんどくさい」

雪乃「ダメよ」

八幡「えぇー……」

雪乃「そうね。あなたにぴったりの役職があるわ」

八幡「うっわー……嫌な予感しかしないんだけど」

雪乃「庶務ね。雑務でもいいけど」

八幡「うっわー……予想通りだわ」

結衣「あ、あはははは」

八幡「おいっ。笑うなよ。つか、これで笑うとか酷くないか」

結衣「ご、ごめん……だって……あはは」

雪乃「ほら、雑務早速書類を提出しにいくわよ」

八幡「おい。役職で呼ぶな。つかまだ認めてない」

結衣「あはは。……やっと……やっと元通りだ」

351 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:32:25.67

いろは「先輩お茶いれてぐだーい」

雪乃「雑務。仕事よ」

八幡「……くそ。やっぱ言わなきゃ良かったな……」

結衣「あはは。手伝うよ」

雪乃「由比ヶ浜さん。ここの計算が抜けてるのだけど」

結衣「うわぁぁぁ。ご、ごめんゆきやんー!」

いろは「先輩まだですかー?」

八幡「ちょっとは待ってろ!」

いろは「遅いですよー。もー」

雪乃「そういえば。裏庭の草刈りが合ったわね……頼んだわ」

八幡「……何でだよ。手伝ってくれよ……まぁいいけどさ」

めぐり「こんにちはー」

いろは「あ、めぐり先輩ー!ほらほら、先輩お茶ですよお茶」

八幡「少しは自分で淹れろ!」

結衣「あははは」

雪乃「……」クスッ

めぐり「おー……楽しそうだね」

陽乃「やほー!八幡ー!」ダキッ

八幡「ちょ。陽乃さんなんで学校に!」

めぐり「あ、私が呼んだの♪」

雪乃「姉さん離れなさい」ゴゴゴ

結衣「うーん!あたしも!」ダキッ

雪乃「由比ヶ浜さんまで……」

陽乃「約束のデートは何時しよっか?八幡♪」

八幡「は、陽ねぇ!火に油注がないでくださいよ!」

結衣「あー!陽乃さんズルいですよ!ヒッキー!あたしもデートの約束してたよね!?」

八幡「ちょ。由比ヶ浜まで!」

雪乃「……どういうことかしら?八幡?」ゴゴゴ

八幡「落ち着け!俺は悪くない!」

雪乃「言い訳……無用よ」

八幡「こ、殺される」

いろは「あーあ、可哀想に」

八幡「い、一色助けてくれ……」

いろは「自業自得です」

八幡「なんでだよ!」

雪乃「覚悟はいいかしら?八幡」

八幡「待て!俺のせいじゃない!」

パチンッ!

やはり俺の幼馴染みが彼女なのはおかしい


End
353 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:38:27.74
乙、ゆきはるのんルートはやるって言ったじゃないですかー!
需要はここにあるんですよ!(バンバン
356 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/02/15(土) 19:49:52.97
おつ
設定活かして後日談とか、読みたいなぁ(チラッ

この続編

八幡「強化外骨格なしのん?」陽乃「うん♪」 (陽乃ルート)


雪乃「ほら……早く起きなさい」八幡「……後……五分」(雪乃ルート)


それ以外のこの書き手のSS:

由比ヶ浜結衣「やっはろー!」


やはり俺の幼馴染みが彼女なのは間違っている。雪乃「何を言っているのかしら?」


いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」


やはり俺のバレンタインデーは間違っている


八幡「強化外骨格なしのん?」陽乃「うん♪」


雪乃「ほら……早く起きなさい」八幡「……後……五分」


【安価】八幡「どこだ?……ここ」結衣「記憶喪失?」


やはり俺のホワイトデーは間違っている


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

これの陽乃ルートと八幡レンタルが糖分過多

とあるSSの訪問者

ゆきのんの圧倒的正妻力で幼馴染とか、もう熟年夫婦ですやん
ガハマさんが入る余地がない

とあるSSの訪問者

あーーー、ひきがやそこ変わってくれ、、

とあるSSの訪問者

とてもおもしろかった。もっと先を見たいと思いました

とあるSSの訪問者

ガハマさんの「いいのだー」を想像したら本当に可愛すぎて吐血した


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク