ナルト「スゲェ事思いついたってばよ!サスケェ!」【閲覧注意】

1 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:47:04.19
サスケ「何だよナルト」

ナルト「聞いてくれよサスケェ!俺ってばやっぱり天才だってばよ!」

サスケ「だからなんだって聞いてんだろウスラトンカチ」

ナルト「まず影分身の術で一人増やすとするじゃん?」

サスケ「ああ」

ナルト「そんでそんで!影分身を意中の奴に変化させるんだ!それで色々ヤラシー事出来るんだってばよ!」

サスケ「……馬鹿じゃねーの?」

ナルト「えー!結構いい考えだと思ったんだけどなー」

サスケ(そんな事を思いつくなんて……こいつ、天才か!?)




2 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:47:38.97
全体的に汚いので閲覧注意
3 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:48:18.87
ナルト「ちぇー、早速実践してみようと思ったのに。サスケェが馬鹿って言うなら他の奴と一緒に楽しんでこようかなー?」チラッ

サスケ(ッ!こ、こいつ!煽ってやがる、チクショー!)

サスケ「ま、まぁテメェにそんな器用な事が出来るかは知らないが、やれるもんならやってみろよ。俺の目の前で」

ナルト「ははーん?ふふーん?」

サスケ「な、なんだよ」

ナルト「サスケェってば興味津々なの隠しきれてないってばよ」ニヤニヤ

サスケ「う、うるせぇ!そんなんじゃ……ねぇよ」


4 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:48:46.13
ナルト「まーいいってばよ!そんじゃいっちょやってみっか!影分身の術!」ボワン!!

サスケ「そ、それで誰でやるんだ?サクラか?それとも……」

ナルト「真っ先にサクラちゃんの名前が出たってばよ……ま、見てなって!変化の術!!」ボワワン!!

サスケ「」ドキドキワクワク






偽サスケ「これで良し」

ナルト「ヘッ、上手いもんだろサスケェ?」

サスケ「!?」


5 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:49:11.86
サスケ「な、ナルト?コレはどういう事だ……?」

ナルト「どうもこうも」

偽サスケ「始めに言ったってばよ。意中の奴に変化するって」

サスケ「!?!?」

ナルト「ま、そういう事だから……」

偽サスケ「本物のサスケェを交えての」


ナルト「「大乱交だってばよ!!」」


サスケ「うわあああああああああああああああああああああああ!!!」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 00:49:25.52
ホモォ………
7 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:49:34.41
ナルト「早くこっちに来いってばよ」

偽サスケ「前にも試した事はあるんだけどよ」

ナルト「サスケェの尻穴の具合がよくわからないから再現出来ないんだってばよ」

偽サスケ「だから本物が必要だって事!」

ナルト「締め付け具合が最高なんだろうなぁ本物は!」

サスケ「こ、こっちに来るな!!」

ナルト「何でだよ?」

偽サスケ「俺たち、ホモ達だろ?」

サスケ「やめろォ!」


9 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:50:19.47
ナルト「さぁ」

偽サスケ「さぁ」

サスケ「く、クソ!!火遁・豪火球の術!!」ドワッ!!

偽サスケ「ぐわああああ!!」ボフン!!

ナルト「うわっちち!何するってばよサスケェ」

サスケ「それはこっちのセリフだナルト!!さっきからお前、何が目的なんだ!!」

ナルト「お前の尻穴だってばよ」

サスケ「うああああああああああああ!!」ダダダダ

ナルト「あ、サスケェ!待つってばよサスケェ!!」


11 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:51:17.22

――――――
―――



サスケ「クソッ!クソッ!ちょっとだけでもあのバカに友情を感じていた俺が間違いだったのか!!」

サスケ「ナルトのあの態度!!始めから俺の後ろの穴を狙ってたって事かよ!!サクラを隠れ蓑にしてまで!!なんてホモヤローだ!!」

サクラ「あ、サスケ君どうしたの、そんなに切羽詰った顔をして」

サスケ「さ、サクラ!丁度いいところに!ナルトが……ナルトが!!」

サクラ「ナルトに何かあったの?」

サスケ「ナルトが……ホモだったんだ!!」

サクラ「?それがどうかした?」

サスケ「!?!?」


12 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:52:57.21
サスケ「し……っていたのか?」

サクラ「知っていたも何も、アイツ自分とサスケ君の仲を取り持ってくれーだなんてしつこく迫ってくるんだもの。それに同期の間じゃ有名な話よ?下忍食いのナルトって」

サスケ「あ……うあああ……」

サクラ「ま、そのおかげで私も楽しませてもらってるんだけどね。あいつ主催のホモパーティーの資料で」

サスケ「うわああああああああああああああああああああ!!」ダダダダ!!

サクラ「あ、ちょっと!サスケくーん!!サスケ君も参加しなよー!アイツ中々のテクニシャンらしいからさー!」


13 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:53:22.59
――――――
―――



サスケ「クソッ!クソッ!サクラはそっち方面に明るい奴だったのか!!ちょっとだけ心が揺れ動いていた俺がバカみたいじゃねーか!!」


ナルト「サスケェー!どこだってばよサスケェー!」


サスケ「チィッ!もう追いついてきやがった!!」

ナルト「サスケェ?」

サスケ(まずい!このままじゃ見つかる!)

「サスケ、こっちだ!」

サスケ「ッ!」


14 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:53:51.16
ナルト「サスケェー?」ピューン


サスケ「ハァ、ハァ……行ったか」

カカシ「間一髪だったな」

サスケ「礼は言わねーぞ」

カカシ「ハイハイ、いらないよ」

サスケ「だが、何で助けた。この俺を」

カカシ「理由は無いよ、担当が困っている生徒を見捨てるわけにはいかないだろ?」

サスケ「ふん……」


15 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:54:21.67
カカシ「しかしまぁ、見つかるのも時間の問題だな。ナルトの奴、捉えた標的は何があっても掘ろうとするからな」

サスケ「カカシも知っていたのか、アイツがホモヤローだって事」

カカシ「ん、まぁね。ともかく匿おうか?多分アイツ、お前が居そうなところ全部回るつもりだろうし」

サスケ「チッ、癪だが仕方ない。頼む」

カカシ「もうちょっと丸くなってくれると俺も接しやすいんだけどねぇ」


16 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:54:47.95
……


サスケ「ここは?」

カカシ「一種の隠れ家って奴だな。ま、そこのロッカーの中にでも隠れてな。ここも見つかるかもしれないし」

サスケ「結局隠れるのか、仕方がない」ガチャッ

カカシ「……さて、俺は」


ガイ「おーうカカシ!やっぱりここに居たか!!」

カカシ「ん、来たかガイ」


サスケ(何だ?何でアイツがここに……?)


17 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:55:35.13
ガイ「いやぁ、カカシ!いっちょアレやってくれよアレ!待ちきれないんだ!」

カカシ「しょうがないな。本当は夜に皆で集まってやる約束なのに」

ガイ「他の上忍たちには黙っていてくれよ?」

カカシ「へいへい……まったく、それじゃあ行くぞ?」

ガイ「おう!!」


サスケ(な、何が始まるんだ!?)


18 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:56:07.14
ガイ「ぬん!」プリンッ

カカシ「フフ、相変わらずいい尻だ……雷切!!」チチチチチチ!!


サスケ(!?!?)


ガイ「さぁ来るぞ来るぞぉ!」ワクワク

カカシ「これを尻穴に!!」ズドンッ!!

ガイ「おおおおおおん///」

カカシ「さらにもう一発」ズドンッ!!

ガイ「んぎもぢいいいいいいい///」


サスケ「」


20 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:56:39.58
カカシ「どうだガイ!これぞ雷遁・アナルフィスト!!」

ガイ「火遁や風遁もいいが、やっぱりカカシの雷遁が一番だ!」

カカシ「はははは」

ガイ「あっはっはっは!」


サスケ(ダメだ……ダメだこいつら……このままだと俺も……俺も尻穴拡張されちまう!!)


ガイ「ところで、ロッカーの中でコソコソしている奴がいるんだが……」

サスケ(ッ!見つかった!!)


21 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:57:33.13
カカシ「ああ、大丈夫だガイ。そこにいる奴も俺たちの仲間に入れてやろうと思ってね」

サスケ(カカシあああああああああああああああああああ!!)

ガイ「そうか、だがここは上忍の集い。アブノーマルなホモセックスを信条としている。この程度で気配を察知される……下忍?だな、に耐えられるのか?」

カカシ「そこも心配はない。我らがナルトと同じく、将来有望な……」ガチャ

サスケ「うわっ!」ドサッ

カカシ「うちはサスケだ」

サスケ「あ……ああ……!!」


23 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:59:45.69
ガイ「おお!いいねぇ、俺たちの間じゃ上忍食いのナルトだなんて言われているが、それと同じくらいの有望株が出てくるなんて!よし!それに免じて君も特例として我が集いへの参加を歓迎しよう!」キラーン

カカシ「だってさサスケ」ニコッ

サスケ「やめろォ!!」ダダダダ


ガイ「おっと!フラれてしまったみたいだな!何とも初々しくて興奮するな。いいのか?放っておいて」

カカシ「まぁいいでしょ、どうせナルトが捕まえてくるんだし、フフフ」

ガイ「そうだカカシ!今度は雷遁・千年殺しの発展版を頼む!アレも癖になっちゃってて」

カカシ「いいねぇ!雷遁・万年殺し!もっと制度を上げたいと思っていたんだ!」バチバチバチィ!!


24 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:00:30.45
――――――
―――



サスケ「ああああああああ!!どいつもこいつもホモホモホモ!!何なんだこの里は!!」

大蛇丸「フフフフ……見つけたわよサスケく……」

サスケ「うわあああああああああああああ!!消え失せろホモ筆頭おおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

大蛇丸「ぎゃあああああああああああああああああああああああああ!!」ズバズバーッ!!

カブト「お、大蛇丸様ーーーーーーーーーーーー!!」


ナルト「見つけたぞサスケェーーー!!」


サスケ「ヤバい見つかった!?クソッ!このまま里を出るしかないか!!」

ナルト「サスケェのサスケェとサスケェしたいってばよーーーー!!」

サスケ「やめろォ!!」


25 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:01:03.74
……


サスケ「ここまで逃げるのが限界か!」スタッ

ナルト「やっと追いついたってばよ!」スタッ

サスケ「クッ……」

ナルト「……サスケェ、ここがどこだか知ってるか?」

サスケ「あ?ここは……」


26 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:01:34.93
ナルト「終末の谷……かつて伝説の二人の忍びが戦った場所だってばよ」

サスケ「お前にしては随分と……博識じゃないか」

ナルト「興味があって調べたからな……一人は忍の神と謳われた千手柱間」

サスケ(テメェのうんちくなんざ興味はねぇ、どうにか時間稼ぎして逃げる方法を……)

ナルト「もう一人は、そのライバルとして同等の力を持ちそして共に戦ったうちはの男……」






ナルト「ホモの神、うちはマダラだってばよ!!」

サスケ「」


27 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:02:19.55
ナルト「サスケェ、俺嬉しかったんだ。お前が俺とも戦いたいって言ってくれたあの一言が」

サスケ「今すぐ過去に戻ってあの頃の俺をぶん殴ってやりたい気分だ」

ナルト「お前にもあのホモ神マダラと同じ血が流れているってわかっただけで俺ってば、ゾクゾクするんだ!」

サスケ「不名誉な血族に産まれちまったもんだ」

ナルト「さぁ始めようぜサスケェ!!この場所で最後の戦いを!!」

サスケ「チッ、結局戦う事になるか!」バッ

ナルト「俺が勝ったらお前を連れて帰って犯す!!」

サスケ「やめろォ!」

ナルト「お前が勝ったら俺のケツ穴を好きにしろ!!」

サスケ「いらねぇよ!!」


28 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:03:03.55
ナルト「みんなお前の帰りを待ってる……主にカカシ先生とゲキマユ先生が!!」

サスケ「とっととナルト倒して他の里に亡命しよう……もう木の葉に安全な場所は無い」

ナルト「他の里の上忍もお前の穴という穴を狙ってるんだ!見も知らねぇ連中にお前を渡したりなんて出来るか!!」

サスケ「もうやだこの世界」

ナルト「先手必勝!多重影分身の術!」ボワン!!

サスケ「ッ!写輪眼!!」キュイイイン


29 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:03:41.70
ナルト「ほらほらどうした!!背後に注意を向けるのが忍の基本だってばよ!!」

サスケ「クッ!こいつら執拗に尻を狙ってきてやがる!!いくら倒しても切りがない!!」

ナルト「俺のチャクラの一滴まで捻り出してお前のケツを掘るってばよ!!」

サスケ「ぐあああああ!!」ズガアアン!!

ナルト「貰ったああああああ!!」

サスケ「しまった!!?」


30 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:04:18.47
ナルト「これが正真正銘!俺の最高の一撃!!」

サスケ「どうなってんだ!写輪眼で動きが見きれない!!」

ナルト「チャクラを全てこの腕に!!」

サスケ「クソッ!動け!!動け俺の身体あああああ!!」

ナルト「サスケェの尻ン中でおもいっきり渦巻きやがれ!!」


ナルト「淫 遁 ・ 尻 穴 螺 旋 丸」


サスケ「うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」


31 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:04:50.14
――――――
―――



サスケ「あああああああ!!」バサッ

サスケ「ハァ……ハァ……ゆ、夢?」

サスケ「夢か……ハハハ!!そうか夢か!!アハハハハハハハハ!!」

サスケ「ハァ……疲れているのかな、俺」

サスケ「……まぁいい、少し喉が渇いたな。水でも飲みに」ズキンッ

サスケ「痛てッ!あんな夢見たもんだからケツが痛くて仕方ないぜ……」ガチャ






ナルト「お、サスケェ起きたか?昨日は激しかったもんな、もう少し寝ててもいいんだぜ?飯は俺が作るってばよ!カップ麺だけどな!」

サスケ「」



ナルト「スゲェ事思いついたってばよ!サスケェ!」

おしり♂
32 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 01:06:15.24
終わった
マダラは掘る側なのにどうしてサスケは掘られる側なんだろう

もしお付き合いしていただいた方がいましたら、どうもありがとうございました
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 01:06:37.04
乙乙
いつものホモパスタだった
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 02:49:47.80
マダラも掘られる側だろ
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 10:33:30.74
忍者とはケツの痛みに忍び耐える者のことだ
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/11(水) 15:46:22.81
マダラのホモ疑惑は擁護できないから仕方ないね

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

影分身にいろいろやらしいこと、、それってオ⚪︎ニーやん


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク