由比ヶ浜「キス……しても、いい?」 八幡「なっ!?」 【前編】

1 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:47:13.78
( ・∀・)ノ やっはろー!

つれづれなるままに、八結のイチャイチャ系SSを書いていこうと思います。



◆基本的に台本形式。

◆多分プロローグとエピローグだけ地の文あり。

◆大体短編集っぽい感じ。


2 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:49:28.92
   【プロローグ】


心理学における、単純接触効果というものを御存知であろうか。
単純接触効果とは、繰り返し接することで好意度や印象が高まる効果のことである。
分かりやすく言うと、何度も同じ曲を繰り返し聞いているといつの間にか好きになっていたり、ギャルゲーで特定のヒロインとの会話を重ねることにより好感度が上がったりするアレだ。

これは、現実の人間関係においても同じことが言える。
同じ部活に所属し、毎日放課後を共に過ごしている相手に惹かれる……。
これはある意味、自然なことなのだろう。

総武高校の卒業式を迎える頃には、由比ヶ浜の想いにとっくに気がついていた。
もう、「どうせまた勘違いだ」などと言って逃げることが許されないくらいには、己に向けられた好意を確信していた。


だが、それはほんの一時の幻想だ。

奉仕部という、たった数人だけの空間を2年間共にしたからこそ生まれた、ただの思い込みに過ぎないのだ。

そんな不確かなものが、それぞれ違う学校に通うようになってまで、ずっと続くなんてことはありえない。
3 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:50:50.47
きっと由比ヶ浜は、大学で沢山の友達を作って、忙しいながらも充実した日々を送るのだろう。
そして俺は、慣れない大学生活に四苦八苦しながら、せめて休日くらいは精一杯引きこもるのだろう。
そこに互いが介在する余地はない。
だから、別々の大学になったことを機に一度距離を置き、一時の幻想は断ち切ってしまえばいい。



失われることがわかりきっているものを延命させることになんの意味があるのか。



いつか失くしてしまったものを時折そっと振り返り、

まるで宝物みたいに懐かしみ慈しみ、

ひとりそっと盃を傾けるような幸福も、きっとある。




だから、俺と彼女の青春ラブコメは、これでまちがっていない…………
4 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:51:54.05




…………そう、思ってたはずなんだけどなぁ。




結衣「ヒッキーお待たせ~!」ギュッ!

八幡「ちょっ!? おまえ街中でそういうことすんのはやめろよ!!」アセアセ

結衣「えー? 別に腕に抱きつくくらい良くない? だって……」


結衣「あたし達、付き合ってるんだし……さ?」///

八幡「っ! そ、そうだな」///

おい!
いつものポーカーフェイスな俺はどこへ行ってしまったんだ!!

結衣「あはは。ヒッキー顔真っ赤ぁ~」

八幡「うっ……」

結衣「さっ! それじゃあ気を取り直して、出発進行ー!!」

腕を絡ませたまま、俺を引っ張り歩き出す。
あの、いくらなんでもギュッとしすぎじゃないですか?
腕になんかふにっとしたもの当ってるから!

ええい、柔らかい可愛い良い匂い恥ずかしいっ!!
5 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:53:44.20
由比ヶ浜とは疎遠になるとばかり思っていたのに、どうしてこうなった。
ぶつくさと文句を言いつつも、由比ヶ浜に振り回される生活を楽しく思ってしまっているあたり、俺も随分と角が取れたものだ。

小町や平塚先生あたりは「捻くれ具合がマシになった」だの「ついに更生した」だの喜びそうなものだが、俺から言わせてみればこれは断じて更生などではない。
個性の没落である。
頑張れ! 俺のアイデンティティー!!

しかし、今更頑張って理性を総動員したところで仕方がないか。



───まぁ、どうしようもない奴待っても仕方ないわな

─────違うよ。待たないで、……こっちから行くの



やっぱり由比ヶ浜には勝てなかったよ……。
6 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:56:14.69
   ◇ ◆ 設 定 ◆ ◇


・原作で高2の人達は、現在大学1年生。

・奉仕部は皆大学バラバラだけど、比企谷八幡と由比ヶ浜結衣は付き合っている。
 (八幡&結衣は実家暮らしのままで、雪乃は都心で一人暮らし)

・このSSにおいて高3の一色いろはと高2の比企谷小町は、生徒会メンバーで仲良し。
 (八結スレという体ですが、小町と一色の出番も多めになると思います)



『ゆきのんとの関係はどうなったの?』とか、
『そもそも高3の時どんなことがあったの?』
といった過去篇は、要所要所で明かしていこうと思います。


それでは、本編スタート!
7 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:57:44.11
   【①おかえり】



八幡「あぁ~、大学疲れた~……」


八幡(6月下旬、大学に通うのにもそろそろ慣れてきた頃合いだ。そうなってくると最初は新鮮だったキャンパスライフも、段々面倒に感じてくるものである)
八幡(ぼっちだから代筆なんて頼める人が居るわけないし、当然ノートの貸し借りをする相手も居ない)

八幡(つまり、面倒な授業であってもサボることができないのだ……)



  ガチャッ!
八幡「ただいま」



小町「おかえりー」

結衣「おかえり~」
8 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:58:29.79
八幡「……おい、なんで由比ヶ浜がうちに居んの?」

結衣「あ~。今日ね、うちの大学四限の授業が休校になって暇だったから、急に遊びに来ちゃった」テヘッ

八幡「テヘッじゃねぇよ」

小町「ちょっとごみぃちゃん! せっかく可愛い彼女が玄関で出迎えてくれてるのに、その態度はないんじゃない?」

結衣「……ヒッキー嬉しくないの?」

八幡「う、嬉しいです……」///

結衣「えへへー」


小町(わぁ~お。お二人さん、すっかりバカップルですなぁ)ニヤニヤ
9 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 14:59:54.42
   【②見ちゃダメ!】



小町「さて! お兄ちゃん帰って来たことだし、小町はどこかにお出掛けでもしよっかな~」

八幡「変な気ぃ使わんでいい。勝手に俺の部屋に入ってこなければ問題ないから」

小町「はーい」


小町(なるほどね。それで最近部屋の掃除してたんだ)


八幡「由比ヶ浜、飲み物とテキトーな菓子でも出すから、俺の部屋で待っててくれ」

結衣「あ、うん。前に来た時は部屋に上がられるの嫌がってたけど、今は大丈夫なの?」

八幡「あぁ。その、なに、交際相手をリビングまでしか通さないままってのもなんかアレだし……」

結衣「そっか。……なんか嬉しいな」

八幡「ん……。あ、ただし変なとこ漁ったりすんなよ!」

結衣「そんなことしないって」
10 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:01:46.31
結衣「……ってか、やっぱり見られたたら困る物とかあるんだ」

八幡「んなことわざわざ聞くなよ。あるに決まってんだろ」

結衣「まぁヒッキーも男の子だから仕方ないよね。あんま良い気はしないけど、黙認したげる」

八幡「ちげぇから! いや違くないけど、そういう物ばっかってわけじゃないから!」

結衣「ほんとー? 怪しいなぁ」ムムム

八幡「なんだ、お前の中では見られたくない物=全てエロイ物なのかよ」
八幡「どんだけ脳内思春期なの? 流石なんちゃってビッ……こほん」

結衣「あっ! 今超失礼なこと言いかけたでしょ!! 彼女に向ってそんなこと言うとかマジありえないんだけど! ヒッキーマジキモい!!」

八幡「だから途中で言うのやめただろ! ってかそっちこそ俺に失礼なこと言いまくってるけどそれはいいのかよ」
八幡「そもそも俺の中で、ビッチとなんちゃってビッチは微妙に定義が違───」

小町「ちょっとお二人さーん。小町に家にいても良いと言った以上、ここでずっと痴話喧嘩続けるのはやめていただけませんかねー」ジトー…

結衣「小町ちゃんっ!? ち、痴話喧嘩とか、そんなんじゃ、ない…し……」///

八幡「……いいからとっとと部屋行ってろ」

結衣「う、うん……」
11 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:02:58.00



・・

・・・

・・・・

・・・・・


   ~八幡の部屋~

結衣「あぁ~、恥ずかしかったぁ~~~」ボフンッ!

結衣(ッ!? 勢いでダイブしちゃったけど、ここヒッキーのベッドじゃん)アワワワワー

結衣(……なんか、心地良いかも)

結衣(毛布も、枕も、全部ヒッキーがいつも使ってる物なんだよね……)


結衣「…………」ギュッ!

結衣「…………」スリスリ

結衣「…………」クンカクンカ






八幡「………何してんだよオイ」
12 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:03:39.22
結衣「っ!??? わぁぁぁぁあああああ!!!!!!!」
結衣「見るなぁ!!」ブンッ!

八幡「いたっ」ボフッ!
八幡(……くないな。投げられたの枕だし)

八幡「やめろやめろ。ジュース持ってきたのに零したらどうすんだ」

結衣「あ、ごめん……」

八幡「…………」

結衣「…………」カァァァアアア…


八幡(何これ超気まずい……)

八幡「あー、えぇっと、俺何も見てないから……」

結衣「……そういうことでお願いします」シュン…
13 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:05:20.63
   【過去篇其ノ一:本日はお日柄もよく、つまるところ練習日和である。】



   ~高校三年時、4月初旬~

一色「えー……、新入生の皆さん御入学おめでとうございます。長い冬も過ぎ去り暖かな春の日差しが心地よく感じられる季節となりまるで皆様の入学を待ちわびていたかのように桜の蕾が一斉に咲き乱れ───」


八幡「ストップ」


一色「ちょっと、何なんですか! せっかくつっかえずにちゃんと読めてたのにー」プンプン!

八幡「あれのどの辺がちゃんとなんだよ……。もっとゆっくり聞こえやすいように話せ」

一色「いやぁ~、こういう堅い文章読むの、未だに慣れないんですよねー……」

八幡「あと、桜の蕾が咲き乱れって何?」

一色「え?」キョトン…

八幡「この前の春一番で、学校の桜半分くらい散ってるじゃねえか。恐らく入学式当日にはもっと散ってるぞ。どっかから言葉パクってきたのがバレバレすぎる」

一色「そんなこと言われても仕方ないじゃないですかー。わたしがこういうの、自分で考えられるように見えます?」

八幡「あのな、一から十まで自分で考える必要はないんだよ」

一色「でも今せんぱいがー」ブツブツ

八幡「理研だってコピペやりまくってるこんな世の中だ、高校生がやって悪いわけがない。テンプレの言葉を、丸パクリだと思われない程度に改変しておけばそれでいい」

一色「……理屈は理解できませんが、やるべきことは分かりました」
14 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:06:21.58
八幡「ほら、俺も一緒に考えてやるから、とっとと考えなおすぞ」

一色「は~い」チッ…

八幡(え? 手伝ってやってるのになんで舌打ちされなきゃならないの? 俺一人に全てやらせるつもりだったのだろうか……)







八幡「まっ、こんなもんだろ」

一色「ふぅ~……やっと終わったー……」ノビー

八幡「いや、まだ全然終わってないから。言葉考えるより、おまえの読む練習の方がよっぽど時間かかりそうだ」

一色「もうめんどくさいですー」ムスー

八幡「やれやれ、面倒なのは俺の方だ」

一色「そんなこと言って、先輩は毎回助けてくれますよねー。もしかしてわたしのこと好きなんですか?」

八幡「んなわけないだろ」

一色「それは残念です。わたしは先輩のこと、結構好きですよ?」

八幡「あんまり気安く好きとか言うな」
八幡(勘違いしちゃったらどうするんだよ……)

一色「ごめんなさい、もう気安く言いません」

八幡(お? やけに素直だな)

一色「気安くとかそんなんじゃなくてですね、真剣に───」
15 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:06:55.23





一色「先輩のこと、心の底から愛しています」





16 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:08:16.53
八幡「    」


一色「…………」ジー


八幡(……は? こいつ葉山のこと諦めてないんじゃなかったの?)
八幡(え、どういうこと!? ドッキリ!? それとも俺の人生にもついに春が────)


一色「……………ぷぷっ」

八幡「おまえ……まさか…………」

一色「あはははははは~! わたしが先輩のこと、本気で好きになるとでも思いましたー?」

八幡「なっ…………」アングリ

一色「何慌ててるんですか、ぶっちゃけキモいです」クスクス

八幡「おい……、いくらなんでもやって良い冗談と駄目な冗談があるだろ! 俺のトラウマ掘り返すようなことするなよっ!!」クワッ!

一色「ひいぃっ!? ちょっ、何ムキになってるんですか! 日付思い出して下さいよ日付!!」アタフタ

八幡「日付? …………あっ」


八幡(本日、4月1日でした……)



一色「さぁ~って、休憩しゅうりょー! 気を取り直して練習再開しますよー」エイエイオー!

八幡「ぐぬぬ……」

17 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:09:33.13
   【③大学生活】



結衣「ねえねえ、大学どんな感じ?」

八幡「どんな感じって言われてもなぁ。多分、おまえんとこの大学と大差ないだろ」

結衣「そーゆーことじゃなくって、ヒッキーが大学でどんな感じなのか気になるじゃん」

小町「それ小町も気になります! お兄ちゃん、結衣さんと付き合い始めてからちょっと明るくなった気がするし、案外友達沢山作れてたりするの?」

結衣「ん~。あたし的には、女友達が多いとちょっと複雑なんだけど……」

八幡「安心しろ。浮気なんてするわけないだろ。ってかそもそも、大学に友達なんて居ない」

結衣「えっ……」
小町「うわぁ……」

八幡「なんだその反応は。別に友達居なくっても良いだろ! 俺はこれでも大学生活を満喫してるんだよ」
18 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:11:55.85
八幡「大学、それはとても素晴らしいものだ」
八幡「なぜなら、大学とは“ボッチに優しい空間である”」

八幡「授業中に『二人組作ってー』とか『班になれー』とか言われることもないし、何よりクラスというものがない」
八幡「そもそもクラスって何なんだろうな。大人から言わせりゃ協調性を養う場らしいが、あんなのはむしろ逆だ
八幡「一部の仲間同士だけでツルみ、相容れない者を攻撃する……、つまり排他性を学んでいるに過ぎない。ソースはもちろん俺」

八幡「他に大学の良い点を挙げるとすれば、……そうだな」
八幡「授業中にしろ休み時間にしろ、案外一人のやつが多い。本当は友達がいるが取ってる講義の関係で現在は一人である、なんてやつも少なくない」
八幡「そのため、購買や食堂で一人飯をしている者も必然的に多いわけで、俺はそんなやつらに擬態し堂々と室内で昼食を取れるというわけだ」

八幡「つまり大学ではぼっちでいても、『何あの可哀想な人……』『友達居ないの?』『うわぁキモ……』みたいな視線を浴びせられる可能性が極めて低いといえる」

八幡「結論を言おう」
八幡「~嗚呼、素晴らしきかなキャンパスライフ~」
19 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 15:12:51.87


小町「…………」

結衣「…………」

八幡「え、……なに?」


小町「最近口数が増えたのは明るくなったわけじゃなくて、学校で話し相手が居ない分、小町や結衣さんの前でよく喋る様になっただけなんだね……」ウルウル

結衣「あたしがヒッキーと同じ大学に合格してれば、きっと違う未来もあったのに……。なんかごめんね」ウルウル


八幡「おいお前等、俺に憐れみの視線を向けるのはやめろ」

小町「大丈夫だよ。小町がいくらでも話し相手になってあげるから! あ、今の小町的にポイント高い」

結衣「寂しくなったらいつでも電話とかしてきて良いんだからね!」

八幡「だからやめろって! なんか逆に虚しくなっちゃうだろ! ……やめてくださいお願いします」
27 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:13:49.34
   【過去篇其ノ二:いつの間にやら、部員は増えている。】




   ~高校三年時、4月中旬~

雪乃「まだ少し肌寒いし、紅茶でも淹れましょうか」

結衣「わーい!」

小町「ここの部室、紅茶が常備されてるんですか?」

結衣「うんっ。ゆきのんが入れてくれる紅茶、すっごく美味しいよ~!」

小町「ほほぉ~」

雪乃「温度調節と手順さえ間違わなければ、これくらい誰でも出来ることよ。もし良ければ、今度小町さんに教えようかしら」

小町「お願いします!」

結衣「ねぇねぇゆきのん、あたしは? あたしには教えてくれないの?」



雪乃「……さぁ、紅茶の準備が出来たわ」

結衣「シカトされたっ!?」


28 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:15:59.45



  ゴクゴク ズズズ…

小町「流石雪乃さんですね~、その辺の自販機のやつよりよっぽど美味しいです!」

雪乃「そうかしら。買ったものとあまり大差はないと思うのだけれど、喜んでもらえたようで嬉しいわ」

結衣「ふぅ~、あったまる~……」



雪乃「はい。比企谷君の分も淹れておいたわ。せっかく、あなた用のティーカップもあるのだしね」コトッ

八幡「ティーカップっつうか、どこからどう見ても湯呑みだけどな。……ま、どうも」

雪乃「ふふ、どういたしまして」


八幡(雪ノ下から素直な善意を向けられることに未だに慣れないというか、何だかむず痒い……)
29 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:17:31.04


八幡「コホン……。それより、なんで最近小町が居るの? ってか溶け込みすぎじゃね?」

雪乃「なんで、とは、どういう意図の質問かしら」

結衣「そうだよヒッキー! 同じ部員に対してそんなこと言っちゃ失礼だよ!」

小町「まったく、これだからごみいちゃんは……」ジトー


八幡(え、これ俺が悪いの? 小町が入部したこと全く聞いてないんだけど……)


結衣「あっ、そうだ! 今度小町ちゃん用のティーカップ、一緒に買いに行こうよ!」

小町「おおっ! そんなことまでしてもらっちゃって良いんですか?」

雪乃「ええ、もちろんよ。小町さんだけ紙コップというのも申し訳ないし、なるべく早く買いに行きましょう」

30 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:18:34.83
結衣「ついでにカラオケとかボーリングも行きたいな~!」

雪乃「……それのどこがついでなのかしら。時間配分的に考えると、そちらがメインになってしまうじゃない」

結衣「えぇ~、たまには良いじゃん」

小町「小町も行きたいでーす☆」

結衣「ねー♡」

雪乃「……仕方ないわね。それと、ボーリングではなくボウリングよ。あなた、穴掘りでもするつもり?」

結衣「穴掘り? ゆきのん何言ってんの?」

雪乃「はぁ……」ヤレヤレ

  ワイワイ キャッキャ



八幡(いかにも“女の子の空間”って感じで居辛いんだけど)
八幡(……何これ俺要らなくね?)
31 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:22:34.09
   【④来訪者】



八幡「たでぇま」

八幡「…………」

八幡(大学から家に帰ってくると、玄関には見慣れぬ女物の靴)
八幡(また由比ヶ浜でも来てんのか?)



   ~リビング~
 ワイワイ ガヤガヤ ワイワイ ガヤガヤ


   ガチャッ!
八幡「おーい、ただいm……」

小町「あ、お兄ちゃんおかえり~」

一色「せんぱ~い、お久しぶりですねー。おじゃましてまーす!」


八幡「……なんでお前が居るんだよ」
32 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:24:07.76
一色「ちょっとー、そんな嫌そうな顔しないでくださいよぉ」プンプン
一色「この時期は生徒会の仕事も少なくて暇ですし、友達の家に遊びに来て何が悪いんですかー?」

小町「そうだよお兄ちゃん! いろはさんは小町のお客さんなんだから、失礼な態度取らないでよね!」

八幡「はいはい……」

一色「もしかして、『先輩に会いに来ましたよー!』とか言った方がポイント高かったですか?」

八幡「高くねえよ。むしろそんな理由だったら、即座に追い返すまである」

小町「小町的にも、今んとこお義姉さん候補は結衣さんだけで十分かな~。修羅場とか見たくないし」
33 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:25:10.26


一色「ねえ小町ちゃん、先輩と結衣先輩ってそんなにラブラブなの?」

小町「そうですねぇ……。小町の前では物理的にイチャついたりはしてないけど、かなり仲良いと思いますよ」

一色「へぇー、なんか意外。普通にカップルしてる先輩が想像できないっていうか、そもそもどうやって付き合い始めたのかも想像つかない……」

小町「ほらほらお兄ちゃん、そんくらい教えてあげなよ」

八幡「あ? なんでそんなこと一色に教えなきゃならねぇんだよ」

小町「そりゃまあ恥ずかしくって言えないよねー」
小町「高校卒業の時は自分から結衣さんを遠ざけておきながら、いざ数ヶ月間会わなくなると寂しくてたまらなくなったとかお兄ちゃんマジごみいちゃん」

八幡「ちょっと待て! 違うから! いやほんとそんなんじゃないからっ!!」

一色「うわぁ~……。捻くれてるというよりも色々こじらせすぎててキモい……」

小町「あの時は小町も苦労したんですよ? 4月頃のお兄ちゃん、なんかいつも元気なかったし」


八幡「忘れろ……、忘れてくれ……」クロレキシガー…
34 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:26:50.09


一色「小町ちゃんもこんなのが兄妹で大変だねぇ」

小町「ま、こんな愚兄を支えてあげるのが小町の役目ですから! ちなみに今の、小町的に超ポイント高い」

一色「あはははは! 愚兄ってwwwww」


八幡「ちょっと。さっきから俺の扱い酷過ぎない?」
八幡「何気にこんなのとか言うんじゃねぇよ……」

一色「まぁまぁ、先輩にもたまぁ~に良い部分があるってことくらいちゃんと理解してますから」

八幡「嘘つけ」

一色「ホントですってばー! その証拠に、卒業前に先輩からもらった第二ボタン、今でも大事にとってあるんですよ?」

小町「えっ、なにそれ!? お兄ちゃんいろはさんに第二ボタンあげたのっ!? 浮気はポイント大暴落だよ!!」

八幡「浮気も何もその頃は由比ヶ浜と付き合ってねぇし、そもそもあげたんじゃなくて一色に毟り取られただけだから……」

一色「またまたぁ~。あの時結構デレデレしてたくせに、先輩ったら強がっちゃってー」

八幡「デレデレなんてしてねぇよ」
35 : ◆SnKC1m7x8. :2014/08/07(木) 19:27:45.78


八幡(はぁ……、こいつと会話してると疲れる……)


八幡「小町、一色が帰ったら教えてくれ。それまで俺は自分の部屋に引き篭もるから」

小町「りょーか~い」ラジャッ!

一色「えぇ~~~! せんぱぁ~い、もうちょっとわたしとお話ししましょうよー!」

八幡「嫌だ。じゃあな」





小町「お兄ちゃん、なんだかんだ言っていろはさんと喋るの楽しそうにしてましたね」

一色「そうかな? 久々に会ったのに調子乗りすぎちゃったかなーとか気にしてたんだけど」

小町「いえいえ、そんなことありませんよ!」

一色「そっか。小町ちゃんの目に楽しそうに映ったなら、きっとそうなんだろうね」


一色(良かったぁ~)
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/07(木) 21:14:28.98

由比ヶ浜もいろはすもかわいい
40 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/07(木) 23:50:55.97
   【⑤散歩しよ】




FROM ☆★ゆい★☆
SUB  やっはろー!

こんばんわ ・∀・)ノ

ヒッキーさぁ、
明日ってたしか講義午後からだったよね?




FROM 比企谷 八幡
SUB  Re:やっはろー!

おう




FROM ☆★ゆい★☆
SUB  Re2:やっはろー!

相変わらず返信二文字だし……(-д-;)
まぁいいや。

それでね、明日の朝なんだけど───



・・・・・

・・・・

・・・

・・




41 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/07(木) 23:52:20.37

   ~次の日~


サブレ「わんっ! わんわん!!」フリフリ

八幡「…………」


八幡「なぁ、ほんとだったら今日は昼前まで寝てられたんだけど。なんでわざわざ早起きしてまで、犬の散歩に付き合わなきゃなんないの?」

結衣「小町ちゃんにさぁ、『お兄ちゃんが午後から授業の時、よく寝過してるみたいなんですけどどうしましょう?』って相談されて」
結衣「だから、ちゃんと朝から起きる理由を作ってあげたの!」

八幡(小町のせいかよ……)

八幡「仕方ないだろ。ノンビリ寝ていられると思うと、ついつい寝すぎちゃうんだよ」
八幡「つうか小町のモノマネすげぇ似てないな」

結衣「そうかなー? そんなことないと思うんだけど」

八幡「そんなことあるから」

結衣「むぅ~……」
42 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/07(木) 23:54:01.81

結衣「え~、コホン」
結衣「お兄ちゃんお兄ちゃん! そんなイジワルなことばっか言ってると結衣的にポイント超低いし!! ……じゃなくって、低いよ!!」

八幡(似てなさすぎてヤバイ)
八幡(あと、由比ヶ浜にお兄ちゃんって呼ばれると、なんか妙な気分になってくる……)

結衣「ちょっと、外でニヤニヤしないでよ。これだからごみいちゃんは……」

八幡(ニヤニヤなんてしてないから。し、してないよね?)
八幡(たしかに俺はシスコンだが、妹プレイで喜んでしまう性癖なんてないはずだ。いや、断じてない!)


八幡「由比ヶ浜さん、それはあなたがそう思っているだけよ。私の顔は至って普通だわ」
八幡「それと、その小町さんの物真似を即刻やめてもらえないかしら? 傍から聞いていて物凄く滑稽なのだけれど」

八幡「あなたの物真似は、ただ口調を似せているだけよ。声質、イントネーション、間の取り方……、全てがお座成りでまるでなっていない」
八幡「声質を似せるのは声帯的に限界があるにしても、口調のトレースくらいもう少しなんとかしてもらいたいものね」

八幡「はっきり言って、酷く不愉快だわ」
43 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/07(木) 23:55:10.47

八幡「……っと、モノマネってのはこうやるんだよ」
八幡(ちなみに、何かを誤魔化したい時に捲くし立てるとこまで含めて完璧なモノマネである)

結衣「似すぎてて逆にキモいからっ! ってかゆきのんそこまで酷いこと言わないし!!」

八幡「まぁそれもそうか。おまえにはとことん甘いもんな」






八幡「さて、一通り会話を楽しんだことだし、そろそろ帰るとするか」

結衣「ダメダメ! まだ全然散歩してないじゃん!!」

八幡「チッ、誤魔化せなかったか」

結衣「本気で帰るつもりだったんだ……」

八幡「冗談に決まってんだろ。ほら、行くぞ」

結衣「うんっ♪」


44 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/07(木) 23:58:37.41
   【⑥散歩しよ Part2】



サブレ「ハッ ハッ ハッ」トテトテ

結衣「~~~~~♫」スタスタ


八幡「散歩のさせ方、意外としっかりしてんのな」

結衣「ん?」

八幡「リードの長さとか、犬歩かせる位置とか。もっと適当にやってんのかと思ってた」

結衣「あぁ~、たしかに昔は適当だったかも。でもほら、高校の入学式ん時のあれで怖くなっちゃって」
結衣「だからもっとしっかりしないと! って思ったの」

八幡「良い心がけのわりに、高二の時も逃げられてた気がするんですがそれは……」

結衣「あれは首輪のせいでしょ! ……それも含めて飼い主の責任かもだけど」シュン…

八幡「まぁ、もう首輪やリードの心配はないだろ。結構まともそうなやつを選んだつもりだし」

結衣「うん、ありがとね。サブレも気に入ってるみたい」

八幡「ほんとかよ。サブレとちゃんと意志疎通できてんの?」

結衣「失礼な! あたしこれでもサブレのこと、滅茶苦茶大事にしてるんだからね?」

八幡「俺だってカマクラ大事にしてっから。なんなら、大事にしすぎて一切外に出していない」

結衣「なにそれかわいそう!!」
45 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/07(木) 23:59:46.67
八幡「んなことないって。生まれて此の方ずっと室内で育ってきた猫を、今更外に出したところで戸惑うだけだ」

八幡「それに、猫は犬と違って好き勝手に動くからな」
八幡「外に放し飼いした事によって、怪我したり病気を患ったりするケースも珍しくない」
八幡「猫が健康的に生活できる空間をしっかり家の中に作っておけば、室内飼いは決して悪いことじゃないんだ」
八幡「むしろ推奨されてるまである」

結衣「ほえぇ~」

八幡「ちなみに犬も、犬種によっては毎日外に出す必要はないんだぞ」
八幡「特に小型犬は肉体的に脆いのが多いから、あんまり散歩しすぎると足に良くないって話も聞いたことあるなぁ」
八幡「まぁダックスフンドの場合元々が猟犬だから、その心配は必要ないと思うけど」
八幡「サブレは毎日散歩するのが習慣になってるみたいだし、それに丈夫そうだからこのままで問題ないだろ」

結衣「なんか、ヒッキーが動物博士みたい……」

八幡「こんくらい動物好きなら普通の知識だ。実際うちは、昔犬飼ってたわけだし」

結衣「そういえばそんな話してたことあったね。ってかヒッキーって、そんなに動物好きだったんだ」

八幡「おう。結構好きな動物は多いな。……ただし人間以外に限る」

結衣「うわぁ……、一言余計すぎる……」
46 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 00:01:01.09



結衣「あ、そうそう。首輪とリードだけじゃなくって、シュシュとか、この前の誕生日にもらったネックレスとか……」
結衣「ヒッキーから貰ったものは、全部大事にしてるからね!」

八幡「……あっそ、そりゃよかった」

結衣「ふふっ、照れちゃってー」ウリウリ

八幡「うっせ」///



サブレ「くぅ~ん……」(リア充爆発しろ……)



47 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 00:04:30.22
ヒッキー誕生日おめでとう!!

ってなわけで、次の話題は誕生日(ただしヒッキーの誕生日とは言っていない)
48 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 00:06:42.57
   【過去篇其ノ三:由比ヶ浜結衣は皆に愛されている。】



  ~高校三年時、6月 inカラオケボックス~


雪乃「それでは由比ヶ浜さんの、18歳の誕生日を祝して……」

一同「「「「「「かんぱ~い!!」」」」」」




結衣「皆、本当にありがとーーー!!」

彩加「こちらこそ、今年も呼んでもらえて嬉しいよ」ニッコリ

八幡「俺も戸塚が居てくれて嬉しいぞ」

彩加「もぅ! からかわないでよ八幡っ」

義輝「八幡よ! 今回こそ我と共に歌いつくそうではないか!」

八幡「いや、俺は歌わないから……」



結衣「今年もこんなに祝ってもらえるなんて思ってもみなかったから、超ビックリしたよー」

雪乃「それだけ、あなたが皆から愛されているということよ」

結衣「そうかなぁ~」エヘヘー

小町「もちろんですよ! ねっ、お兄ちゃん?」

八幡「え、まぁ、う~ん……。よく分からんけど、きっとそうなんじゃないか?」

小町「もぉ~。そこはもっとこうハッキリと……『もちろん俺も愛してるぞ、結衣!』って言ってあげなきゃダメでしょ!!」プンプン

結衣「小町ちゃんっ!???」///

八幡「そんなに慌てなくても、んな台詞言うわけねぇだろ」

結衣「だ、だよね……」ハァ…


八幡(露骨に落ち込まれても反応に困るんだが……)
49 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 00:08:31.67


雪乃「由比ヶ浜さん、今年もケーキを作ってみたのだけれど、食べてもらえるかしら」

結衣「ワーイ! ゆきのん大好き!!」

雪乃「食べる前からそんなに喜ばなくても……」

結衣「ゆきのんが作ってくれた料理なら、なんだって美味しいに決まってるよー」

雪乃「そ、そうかしら」テレッ





小町「ほら、お兄ちゃんもさっさとプレゼント渡さないと。わざわざ二人きりのシチュで渡せるほど大それた物選んだわけじゃないんだからっ」ヒソヒソ

八幡「言われんでもわーってるよ」ヒソヒソ






結衣「ん~~~! これマジ美味すぎだし!!」モグモグ

雪乃「ふふ、作った甲斐があったわ。切り分けたから、戸塚君や材……えっと、そこの人もどうぞ」

彩加「わぁ~。すごく美味しそう! 雪ノ下さんありがとう!」

義輝「うぐぅ……。我にもケーキを恵んで下さるのは非常にありがたいのだが、どうにも複雑な気分であるぞ……」
50 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 00:09:30.71


八幡「なぁ由比ヶ浜、少しいいか?」

結衣「ん?」

八幡「ほれ、プレゼントだ」つ□

結衣「!! ありがと~! これ、開けてみていい?」

八幡「おう。大した物じゃないけどな」

ガサゴソ
結衣「わぁ~、模様とか超カワイイー」

八幡「去年首輪だったから今年リードってのは、ちょっと安直すぎたか?」

結衣「そんなことないよ! あたしの好みっぽいやつ選んでくれたのかなーとか、色々伝わってきて凄く嬉しい」

八幡「なら良かった」

結衣「ありがとね、ヒッキー!」ニコッ
51 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 00:11:21.65


八幡(安直も何も、本当は色々と悩んだのだ)

八幡(去年プレゼントした犬の首輪をチョーカーと勘違いして喜んでいたことから推測するに、そういう類の物をあげればきっと喜ぶのだと思う)
八幡(だから最初はネックレスでもプレゼントしてみようかと思ったが、俺にはハードル高すぎて結局やめた)

八幡(由比ヶ浜の容姿と社交性なら、来年の今頃にはどこぞの大学で素敵な彼氏でもできていることだろう)
八幡(チョーカーとかネックレスとかそういうのは、その彼氏から貰えばいい)


八幡(そうだ、これでいい。俺は何も間違っていないはずだ……)

53 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:36:46.92
>>52

ありがとうございます。

話が分かり辛くなっちゃうかなぁ~と若干不安になりつつも、
現在の話と一年前の話をいったりきたりしてるのは、
そういう風に関連付けて見せる意図があったりする。
54 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:38:10.82
   【⑦梅雨】



   ザァァァアアア……

結衣「雨だね~」

八幡「そだな」

結衣「遊び行けないし嫌だね~」

八幡「俺は室内の方が好きだけどな」

結衣「もぉ! 天気もヒッキーもムカツク!」

八幡「天気については俺に文句言われても知らん」
八幡「もう7月だし、梅雨なのは仕方ないんじゃねえの?」

結衣「そーだけどさぁ~……」
55 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:38:59.97


結衣「あっ! 雨に関する良い思い出あった!」

八幡「良い思い出?」

結衣「ほらほら、去年の今頃相合傘したじゃん!」

八幡「……知らん知らん。忘れた」

結衣「絶対嘘だ~。ヒッキー嘘は嫌いなんじゃないの?」

八幡「俺は嘘も欺瞞も嫌いだが、誤魔化しは好きなんだよ」

結衣「いやもう意味分かんないし……」



結衣「ねぇ、また相合傘してみる?」

八幡「……あんなこともうしないから。なにあれ恥ずかしすぎでしょ」

結衣「あ、やっぱり覚えてたんだ」

八幡「そりゃ忘れらんないだろ。大体お前はああいうシチュエーションに託けて、くっついてきすぎなんだよ」

結衣「しょうがないじゃん! せっかくのチャンスだったんだもん!!」
結衣「それに嫌じゃなかったでしょ?」

八幡「その質問はズルイと思います……」

結衣「あはは」


56 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:41:03.45





結衣「今はもうさ、理由とかなくてもくっついて良いよね?」

八幡「……う。それは、えっと」
八幡「お手柔らかにお願いします……」


結衣「えへへー」ギュゥーッ!
八幡「…………」/////


八幡(ヤバイヤバイ)

八幡(離れたいのに離れたくなくて自分でもワケが分からん……)
57 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:42:20.34
   【過去篇其ノ四:想いは雨の様に降り注ぎ、鳴りやまない。】



   ~高校三年時、7月初旬~


ザァァァァァァ…

結衣「あ、あれ?」
結衣「折り畳み傘鞄に入れたはずだったのに入ってない! なんでっ!?」ガサゴソ
結衣「もうゆきのん帰っちゃったしどうしよぉ~……」

八幡「仕方ねぇな。小町、由比ヶ浜に傘貸してやってくれないか? おまえは俺の傘に入って帰れば済む話だし」

小町「ん~。小町とお兄ちゃんで相合傘するのもそれはそれでポイント高いけど~……。いやでもなぁ……」ブツブツ

八幡「おまえ、また変なこと企んでるんじゃ───」

小町「結衣さん! 傘を貸してあげたいのは山々なんですけど、小町は食糧買いに行ったり晩御飯作ったり色々やらなければならないことがあるんですよ!」

結衣「は、はぁ」

小町「そ・こ・で! うちの兄を貸しますんで、バス停まで連れてってもらって下さい!」

結衣「えぇっ!? そ、それってあたしとヒッキーが一緒の傘で……ってこと!?」

小町「はいもちろんそうなりますねぇ~」ウェヒヒヒ
58 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:43:29.14

八幡「おい小町! いくらなんでもそれは悪ふざけが過ぎるぞ!」

小町「いやいや何言ってんの。バス停なんて歩いてほんの数分でしょ?」
小町「それでは結衣さん頑張って下さい! さよ~なら~」スタコラサッサ


・・・・・

・・・・

・・・

・・




  ザァァァァァァ…

八幡「…………」
結衣「…………」チラッ

八幡「……おい、あんま離れると濡れるぞ」

結衣「あ、うん。じゃあくっつくね……」スッ

八幡「いやちょっとそれはいくらなんでも近すぎるんじゃっ」///

結衣「ご、ごめんっ!」///


八幡(どうしてこうなった……。怨むぞ小町……)
八幡(はぁ……。小町が最近色々企みまくりで小賢しすぎる。いやまぁそんなところも可愛いんだけど)


59 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:44:27.27

結衣「ヒッキー、その……、あたしが傘忘れちゃったせいでこんなことになっちゃって、ごめんね?」

八幡「いや、別に謝るようなことじゃないだろ」

結衣「でもなんか、複雑そうな顔してたから……」

八幡(それはほら、さっきからずっと触れてる肩の柔らかさとか、すぐ隣の髪から漂う良い匂いから気を紛らわそうとこっちはこっちで必死なんだよ!)

結衣「…………」ピタッ

八幡「ん、どうかしたのか?」

結衣「もうすぐ、バス停着いちゃうから……、もう少しこのままじゃ、駄目…かな?」

八幡「お、おい。急に何言い出すんだ……」

結衣「だって、あたし等もう高3なんだよ?」
結衣「奉仕部も、きっともうすぐ終わっちゃうんだって思ったら……、これ以上、今までのままじゃいられなくって、それで……」

八幡「…………」

結衣「それにね、急にじゃないよ。全然、急になんかじゃない」

八幡「……そうか。そう、だな」


60 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:45:51.39
八幡(由比ヶ浜が、俺に抱いているであろう特別な想い。そんなものは存在しないと、どうせまた俺の勘違いだと、ずっとそう思ってきた)

八幡(いや、そう自分に言い聞かせて逃げてきたんだ。そうしなければ、自制が利きそうになかったから)

八幡(かけがいのない存在なんて作りたくはなかったのに、由比ヶ浜のことが、奉仕部がそうであると認めてしまいたくなかったから)


八幡(だが、目をそらし続けるのは、もう限界なのかもしれない……)



八幡「由比ヶ浜、俺は今のぬるま湯のような関係性が好きだ。おまえはそうじゃないのか?」

結衣「好きだよ。でも……、それでもあたしは……」

八幡「……仮に、仮にだ。俺と由比ヶ浜の関係性が、何か別のものに変わったとする。でも、そんなのきっと1年間も続かないぞ?」

結衣「……どういう意味?」

八幡「そういうのはな、同じ高校・同じ部室で共に時間を過ごしていたからこそ芽生えた、ほんの一時の感情に過ぎない」
八幡「そんなものは幻想なんだと、少し離れればすぐに気付くことになる」

結衣「あたしは、そんなことないと思うけどな……」

八幡「そんなことあるだろ、きっと……」

結衣「……っ」
61 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:46:47.02

八幡(そんな顔をしないでほしい。悪いのは由比ヶ浜でなく、全て臆病な俺のせいなのに……)


八幡「……すまない。でも、どうにも変われそうにないし、そう簡単に変わりたくもないんだ……」

結衣「じゃあ、じゃあさ……。もし、この先も一緒に居られるなら、ヒッキーはそれで安心できる?」

八幡「……俺は守れる保証のない約束はしない主義だ。だから、そうなってみないとには何とも言えない」

結衣「あ、あはは……。そう、だよね……」


八幡(俺は、ここまできても尚、由比ヶ浜の気持ちを完全には把握しきれていないのだろう)
八幡(だが、これだけは分かっている。一度変わってしまえば、二度と元に戻すことはできない)
八幡(それくらい由比ヶ浜も分かっているはすだ。それでも、こいつは踏み出してきた)

八幡(なら、俺にできることは───)


八幡「……ただ、その、なに」
八幡「どんなに変えたくないと願っても変わらないものなんてない」
八幡「だから、俺もその内ちょっとくらいなら変わる可能性がある気がしないでもないような……、そんな気がするような……」
62 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:48:05.72

結衣「ふふ、何それ」

八幡「悪かったな」

結衣「うん、悪い。さっきから曖昧な表現しすぎだし。聞いててもどかしすぎっ」

八幡「んなこと言われてもだな……。仕方ないというかなんというか」

結衣「ばか…」

八幡「うっ……」

結衣「でも、ヒッキーなりに頑張ってくれたんだよね」

八幡「なんでそんなこと分かんだよ」

結衣「それくらい分かるよ。ヒッキーのこと、今までずっと見てきたもん!」

八幡「見てんのかよ……」

結衣「うん。これからも、ちゃんと見てる」ニコッ



結衣「ありがとね。今はこれで、我慢できそうな気がする、かな」

八幡「そうか……」

結衣「傘、ここまででいいよ」

八幡「おい、まだ雨強いままだろ」

結衣「もうバス停すぐそこだし、走ってけば大して濡れないって!」

八幡「まぁいいけど、風邪引くなよ」

結衣「うん、今日はほんとありがとう」




結衣「それと───」
63 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:48:48.17




結衣「───待っててね。今度は絶対逃がさないからっ!」





八幡(そう言って走り去る彼女の顔は、先程までとはうってかわってまるで晴天の様に輝いていて、俺の網膜から離れてくれそうにない)

八幡(そして、一度高鳴り始めた俺の想いも、依然降りつづける雨の様に、暫くやんでくれそうにないのであった……)
64 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 01:52:43.12
話が7月まで進んだし、とりあえず一旦終わり~!
今日中に8月8日の話まで間に合うかどうかわからないけど、もう寝ます。

ここまで見てくれた方々&感想くれた方々、ありがとうございました。
おやすみなさーい。
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/08(金) 06:38:50.94
おつ
かわゆい
68 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 17:59:33.80
>>65
やっはろー


>>66
いろはすは、目立つサブキャラくらいのポディションにしといた方が、個人的に書きやすい。


>>67
うぇーい! あざーす!



んじゃ、今日も元気に投下スタート
69 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:00:51.82
   【⑧歌うのって楽しいよね!】



   ~カラオケデート中~

八幡「フリータイムか……」

結衣「そだけど、どうかしたの?」

八幡「フリータイム、直訳で自由な時間、まったくもって嫌な響きだ」
八幡「修学旅行、遠足、体育の授業etc、自由時間と言われる度にどうしたらいいものか、昔の俺は大変悩まされた」

結衣「なんか似たような話、高2くらいの時にも聞いたことあるし……」

八幡「え、そうだっけ?」
八幡「やべぇな、今回はマジで全然覚えてないわ。俺も歳かもしれん」

結衣「もう老化現象っ!? ボケるの早すぎだからぁ!」

70 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:02:11.44



八幡「まぁそんな話はともかく、フリータイムで入ってどうすんの? 二人で6時間もカラオケに居座るとかそんなの無理だろ」

結衣「そんくらい余裕じゃない? 歌う以外にもやれること色々あるし!」

八幡「例えば?」

結衣「お昼ごはん食べれるしー、ドリンクバー付くから色々飲みながらお喋りしたりもできるしー、あとデザート系のメニューも案外豊富でおいしい!」

八幡「飲み食いしてばっかじゃねえか……。あと、こういう所で食べる飯は、高い割に美味くないと相場が決まってるもんだ」

結衣「え~、普通に美味しくない? それにあたしクーポン持ってるし!」
結衣「他にはー、ええっと……、歌うのに疲れたらお笑い見たりもできる!」

八幡「は?カラオケでお笑い?」

結衣「ヒッキー知らないの? カラオケのテレビで、芸人さんのコント見れるんだよ」


八幡(え、マジで? 最近のカラオケそんな機能付いてんの?)
八幡(もういっそのこと、スーパーヒーロータイムやプリキャアも見られるようにしちまおうぜ! そしたら日曜寝坊した時とか非常に助かる)
71 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:02:48.66


結衣「別にずっと歌ってるんでも良いんだけどね」

八幡「いや、だからそれは無理だろ」

結衣「無理じゃないよ?」

八幡「は?」

結衣「前に優美子と2人でフリータイムの間中、交互に歌いっぱなしなのやったの!」
結衣「楽しかったけど終わる頃には凄い喉痛くなっちゃってさー、次の日まで声ガラガラで大変だったよ~」アハハー

八幡(なんでそんなにテンション高く話せるんですかねぇ……)
八幡(それ本当に楽しいの? 喉を痛めてまで歌い続けるとか拷問の間違いなんじゃないの?)
72 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:03:30.19


結衣「それに、さ」

八幡「?」

結衣「ヒッキーと一緒だったら、大抵何してても楽しいかなぁ~、なんて。たははー……」


八幡「……自分で照れるようなことわざわざ言うなよ」

結衣「あぅ……」




八幡(いや、まぁ、嬉しかったけど……)


73 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:04:35.34
   【⑨テスト期間】




FROM ☆★ゆい★☆
SUB  へるぷ・みー・ヒッキー!

うちの大学、来週からテスト期間なんだけど……
いーやーだー><




FROM 比企谷 八幡
SUB  Re: へるぷ・みー・ヒッキー!

俺んとこも来週からテストだ




FROM ☆★ゆい★☆
SUB  Re2: へるぷ・みー・ヒッキー!

へぇ~
じゃあさ、次の休み一緒に勉強会とかやんない?(〃ω〃)




FROM 比企谷 八幡
SUB  Re3: へるぷ・みー・ヒッキー!

真面目な話、
大学も学部も違うのに一緒に勉強したとこで意味なくね?




FROM ☆★ゆい★☆
SUB  Re4: へるぷ・みー・ヒッキー!

えぇー
二人とも文系なことに変わりはないじゃん!!(`・ω・´)

74 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:05:25.04




FROM 比企谷 八幡
SUB  Re5: へるぷ・みー・ヒッキー!

俺文学部
おまえ経済学部
おk?

ちなみに、教養科目として
経済学入門っつー授業取ってみたけど、
まるで意味が分からなかった。
ミクロとかマクロとかなんだよ
あれ文系科目じゃなくて数Aの仲間だろ
俺は金輪際数学とは関わらないと誓った男だ
この誓いをあまり舐めるな




FROM ☆★ゆい★☆
SUB  Re6: へるぷ・みー・ヒッキー!

珍しく返信長いと思ったら文句ばっかだし……(´・ω・`)

あ、そうだ!
ならあたしが経済学おしえてあげる!!




FROM 比企谷 八幡
SUB  Re7: へるぷ・みー・ヒッキー!

お、マジか
若干屈辱的な気がしないでもないけど助かる

そして俺は単位を取れて、
代わりに由比ヶ浜が落とすんですね分かります




FROM ☆★ゆい★☆
SUB  Re8: へるぷ・みー・ヒッキー!

屈辱的ってなんだし!
ってか一番最初のテストから単位落としたりしないからぁ!!


75 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:06:45.31
   【過去篇其ノ五:人ごみに紛れないように握ってくれた手が、胸の奥までつかんで離さない。】




~高校三年時、8月下旬~

八幡(現在駅俺は駅にて、とある人物と待ち合わせ中だ)
八幡(待ち合わせ時間より少々早く気すぎてしまったため、待ちぼうけを食らっている次第である)

八幡(べ、別に、楽しみすぎて家を早く出ちゃったとかそういうことでは決して───)


結衣「お、お待たせ……」テトテト


八幡(───そこには、去年と同様の可愛らしい浴衣に身を包む、由比ヶ浜結衣が居た)


八幡「お、おう」

結衣「待たせちゃってごめんね……」

八幡「いや、そんなに待ってないから大丈夫だ。まだ集合時間より早いしな」

結衣「そっか。えぇっと……」

八幡「その、なに。……今年もいいな、その浴衣」


八幡(なんで中身じゃなくて毎回服の方を褒めてんだよ。ほんと俺って成長してないな……)


結衣「そうかな? えへへ……、ありがとう」///

八幡「ん。……そんじゃ、そろそろ行くか」

結衣「うんっ!」



76 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:07:34.95


八幡(電車に揺られること数十分、千葉ポートタワー周辺……つまりは昨年と同じ千葉市民花火大会会場へ到着である)

八幡(いくつもの出店が軒を連ねており、時間が経つにつれ人の流れもだんだんと激しくなっていく)

八幡「おい、はぐれんなよ」

結衣「うん。……うわわっ!?」ヨタヨタ

八幡「ったく、言ってるそばから……」

結衣「だってぇ……、これ歩き難いんだよ!」

八幡「なら無理してその格好で来なくても良かったんじゃないか?」

結衣「それは、えっと……、ヒッキーが、去年も浴衣褒めてくれたから……」

八幡「はぁ……」


  ギュッ

結衣「っ!? その、手……」

八幡「……嫌なら止めるけど」

結衣「嫌じゃない! 全然嫌じゃないし!!」

八幡「この人混みじゃケータイも通じ難いだろうしな。はぐれないようにするにはこれが一番効率いいだろ……」プイッ

結衣「そっか、そうだね。なら、しょうがないよね。しっかり握っててよっ」ギュッ!

八幡「お、おう」///


八幡(ヤベー何これ自分でやっておいて滅茶苦茶恥ずかしいんだけど……)


77 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:08:40.08


結衣「~~~♪」ルンルン

八幡「随分とご機嫌だな」

結衣「今、すっごく幸せだな~って」エヘヘー

八幡「別に、手をつなぐのくらい初めてのことでもないだろ」

結衣「そうだけどさ。……ねぇ、初めて手を握った時のこと、ちゃんと覚えてる?」

八幡「ん、まぁ、一応。ディスティニーランドだろ?」

八幡(正直、犬耳パペットガハマさん、物凄く可愛かったです……)

結衣「もー、違うし!」

八幡「え?」

結衣「修学旅行の、えーっと……お化け屋敷!」

八幡「あぁ~、映画村のとこか」

結衣「そうそうそれそれ! あの時も、手を差し伸べてくれたのはヒッキーの方からだったんだよ?」

八幡「そ、そうか。そんな細かいとこまでよく覚えてんな」

結衣「うん。忘れられるわけないよ……」

八幡「…………」



結衣「あっ、林檎飴の屋台みっけ! おいしそ~」

八幡「ま、今回は小町のおつかいもないことだし、好きなとこ回ろうぜ」
結衣「うんっ!」



78 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:09:34.66



八幡「そろそろ花火も始まるだろうし、見易い場所に行くか」

結衣「そだね。どの辺にする?」

八幡「どこでも良いぞ。去年の反省を生かしてビニールシート持って来たしな」

結衣「わぁ、ありがとー」


八幡(これなら前回の様に有料エリアへ迷い込むこともないし、毎年来ているであろう陽乃さんとエンカウントせずに済むだろう)
八幡(いや、エンカウントというより固定シンボルの方がイメージとあうな。あの人ボスっぽいし……)


八幡「よし、この辺にするか」ヨイショ

結衣「うん」ストン


  ヒュ~ バーン!

結衣「あ、丁度始まったね!」

八幡「お、そうだな」

結衣「きれ~……」

八幡「あぁ……」


結衣「…………」
八幡「…………」

79 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:10:18.43


結衣「ねぇ、来年もさ……、こうやって、一緒に花火見れるかな?」

八幡「……前にも言ったろ? 守れるかどうか分からない約束はしない。だから、来年になってみないことにはなんともな……」

結衣「…………」

八幡「ただ、その……、そうなったら良いなと、思わないこともないというか……」

結衣「ふふ。まったく、相変わらずなんだから」

八幡「……悪かったな。それに、そういうのを考えるのは受験が終わってからの方が良いだろ」

結衣「そだね。……あのさ、受験勉強とか、他にも色々頑張るから、だから───」


結衣「あたしが無事に合格したら、聞いてほしい話があるの」


八幡「……分かった。その時はもう、由比ヶ浜から絶対に逃げない。約束だ」

結衣「うん! 約束っ!」


八幡(こうして、俺の胸中に仄かな明かりを灯しながら、夏休みはあっという間に終わりを告げたのであった)


80 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:11:49.38
   【⑩イメチェン?】




   ~勉強会~

八幡「ふぅ~……、なんとか理解できた。ありがとよ」

結衣「うんっ! あたしがヒッキーに勉強教えるパターンって今までほとんどなかったから、なんか嬉しいなー」

八幡「今まで教わってばっかだったもんな」

結衣「うっ……。それはあんまり言わないでほしいかも。結局成果出なかったし……」

八幡「そうか? 学内テストの成績とか、入試に近付くにつれどんどん良くなってきてたし、一応成果は出てただろ」

結衣「それはそうなんだけどさー、でもやっぱりヒッキーと同じ大学に入りたかったなぁ」

八幡「今になって思えば、この距離感が丁度良い気もするけどな。学校でまでベタベタされたら正直かなわん」

結衣「えぇ~。恋人同士一緒の大学って、なんか憧れない?」

八幡「学内でイチャついてる奴等とか、むしろ殺意が湧くレベルで気に食わないんだが」
八幡「あと同性同士であったとしても、妙にテンションアゲアゲの奴等も同罪な」
八幡「滅びろ」

結衣「そんなんだから大学で友達できないんじゃ……」

八幡「いいんだよ。周りに頼らなくともなんとかなるよう自分がしっかりしていれば、それで問題はない」
81 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:13:13.14

結衣「でもでも、せっかくのキャンパスライフだよ? もっと満喫しようよ!」

八幡「満喫っつってもなぁ」

結衣「そうだ! 大学生らしくイメチェンとかしてみたら?」

八幡「例えば?」

結衣「えーっと……、髪染めてみる、とか……。でもヒッキーはこのままがいいし、う~ん……」

八幡「このままがいいならこのままでいいだろ」

結衣「そだね。イメチェンで凄くかっこよくなっちゃってモテだしても困るし」

八幡「おい、まるで今の俺がまるでモテないみたいな言い方やめろ」

結衣「え、ちがうの?」キョトン


八幡(悪意がない分とても傷つくんですが……)


八幡「俺だって由比ヶ浜以外から好意を向けられたことくらい───」

結衣「っ!??? え、ウソッ!? いつ誰にどこで!??」

八幡「あ、ヤベ。今のはなんつーか、ほら、見栄張っちゃっただけというか……」

結衣「ちょっとヒッキー誤魔化さないでよ!!」

八幡「誤魔化しとかじゃなくてほんとにアレは違うから……」


八幡(そう、去年のクリスマスに何か起きた気がするけどあれは気のせいだ。)
八幡(そういうことにしておくのが、俺と川なんとかさんの互いのためである)

82 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:14:57.05


八幡「そ、そんなことより、そっちこそイメチェンとかしてみないのか?」

結衣「してほしいの?」

八幡「別にしてほしいわけじゃないけど、そういうミーハーなことするの好きだろ?」

結衣「なんかムカツク……」


結衣「ヒッキーはどんな女の子が好み?」

八幡「おまえ」


結衣「…………」///
八幡「い、今のは無しで」///



八幡「見た目だけで言うなら、清楚系が好みかな」

結衣「ゆきのんみたいな?」

八幡「雪ノ下の場合綺麗すぎていかにも高根の花って感じがしちゃうけど、まぁ系統で言えばそんな感じだ」

結衣「むぅ~~~」

八幡「怒るくらいなら、最初からそんな質問するなよ……」

結衣「あたしも黒髪にしてみようかな……」

八幡「由比ヶ浜が黒髪だと、入試シーズン思い出すな」

結衣「あ、そっか。そういえばヒッキーは、黒髪のあたし見たことあったんじゃん」

八幡「忘れてたのかよ。たしか、黒髪ガハマさんはなんか地味だった気が……」

結衣「地味言うなぁ!!」




八幡(地味可愛い系も、それはそれで好きだけどな。口に出す気はないけど)
83 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:16:17.07
   【過去篇其ノ六:聖夜に流れる滴は……。】




   ~高校三年時、12月下旬~

八幡(夏休みが終わると、様々なことが驚くほどのスピードで過ぎ去っていった)

八幡(例えば、一色に無理やり手伝わされた文化祭)
八幡(例えば、一色に無理やり手伝わされた体育祭)
八幡(例えば、一色に無理やり手伝わされた生徒会選挙)

八幡(等々、受験生は色々と忙しいのだ。……っておい、全部一色絡みじゃねえかふざけんな!)
八幡(文化祭と体育祭を通じて一色と仲良くなった小町を生徒会選挙で当選させるため、一緒に公約考えたり手回ししたりしたものだ)


八幡(そんなこんなで月日は過ぎ去り、今日から冬休みである)



   ~冬期講習~


沙希「あれ、あんた居たんだ」

八幡「そりゃあ冬期講習初日からサボるわけにもいかないだろ」

沙希「でもほら、今日って……」

八幡「今日がどうしたんだよ。普通の日だろ?」

沙希「街とか物凄く鬱陶しい感じになってんのに、よくそんなこと言えんね」
84 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:18:11.63


八幡(本日、12月24日。塾の外はクリスマスムード一色である。あ、“いっしき”じゃなくて“いっしょく”な)
八幡(さっきから一色一色言いすぎて、一色がゲシュタルト崩壊気味なんだが)


八幡「こんなもん、ぼっちの俺には関係ないことだ。リア充だけ勝手にはしゃいで勝手に爆発してりゃあ良いんだよ」

沙希「最近のあんたのどこがぼっちなのさ。まぁ、今日はまだイブだしね」

八幡「おう。明日は塾もないし、家で小町とクリスマスパーティーだ」

沙希「……由比ヶ浜はほっといていいわけ?」

八幡「っ!? な、なんでこそで由比ヶ浜の話が出てくんだよっ! あいつは何も関係ないだろ!!」
八幡「比企谷家ではなぁ、12月25日は家で小町と過ごすって決まってんだよ」

八幡(そう。それが本来のクリスマスの過ごし方であり、奉仕部でパーティーなんてやってた去年が例外中の例外なだけだ)

沙希「ふぅん。あんた等最近よくデートとかしてるみたいだったから、てっきり付き合い始めたのかと思ってたけど、……そういうわけでもないんだ」

八幡「いやあの、デートとかそういうアレじゃないし。たしかに最近部活終わりとかよく遊んでるけど、それはほら、受験勉強の息抜きに過ぎないというか……」

沙希「ま、別にどうでもいいけど」

八幡(つーかなんで、俺と由比ヶ浜が遊んでること知ってんだよ。他にも色んな奴等に見られていたりするのだろうか? 嫌だなぁ……)

85 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:19:07.79

沙希「んで、今日帰り暇?」

八幡「用事なんてあるわけないだろ。悪いか?」

沙希「じゃあさ、えっと……塾終わったらちょっと付き合ってよ」

八幡「……は?」

沙希「暇なら別に良いでしょ」

八幡「えぇ~……」




・・

・・・

・・・・

・・・・・


八幡(冬期講習後、結局俺は断りきることができず、川崎に付き合わされていた)
八幡(日も傾き始め、街はイルミネーションの明かりで溢れ返っている。こんな中を女子と二人で歩くとか、超恥ずかしいんだけど……)

八幡(ま、荷物持ちさせられてるだけなんですけどね)


沙希「助かったよ。一人で持つのも無理ではないけど、ケーキが崩れると困るし」

八幡「家族全員分のケーキにチキンか。兄妹多いと大変だな」

沙希「ま、嫌じゃいけどね」

八幡「そうか。俺は小町以外の兄弟なんて要らないけどな」

沙希「このシスコン」

八幡「おまえに言われたかねぇよ」

86 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:19:54.40


八幡「おまえんち、この辺だっけか?」

沙希「うん。……その、けーちゃん……えっと、京華が比企谷に会いたがってたんだけど、ちょっとあがってく?」

八幡「いや、そういうのはちょっとな……」


八幡(こいつ急に何言ってんの? 聖夜に女子の家にお邪魔するなんて、そんなレベル高いこと俺にできるわけないだろ!)

沙希「じゃあここまでで良いんだけどさ、……少し話聞いてもらえる?」

八幡「今までも会話してたのに、改まってなんだよ」


沙希「…………」ゴクリ…
沙希「あのさ、あんた前に私のこと、『俺には必要なんだよ』って言ってくれたよね」

八幡「……はい?」

沙希「あと、あ……、『愛してるぜ川崎!』って言われたこともあったんだけど、それも覚えてないの?」

八幡「いや、覚えてないというか、あれは……」


八幡(こいつ、急に何言い出すんだっ!?)


沙希「はぁ……。やっぱり全部冗談だったわけ? まぁ、分かってたけど……」

八幡「…………あのな、川崎、その……」

沙希「あんたが気にすることじゃないけどね。私が勝手に勘違いして、勝手に舞い上がって、そんで」



沙希「……勝手に傷つくだけだから」



87 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:21:15.38



八幡(俺は鈍感係主人公でも難聴系主人公でもない。むしろ敏感で、過敏で、過剰に反応してしまう方だ)
八幡(だからこそ、川崎の言わんとしていることはよく分かる。目を背け、耳を逸らしたいのに、分かってしまう)

八幡(異性に話しかけられ、ちょっとした言葉に心を躍らせ、すぐに期待してしまう……。過去の俺が通った道と、まったく同じだ)


八幡「本当に、申し訳なかった……」

沙希「っ! ……別に、謝らなくてもいいよ。言われて嫌だったわけじゃないし。ただ、それでも私はあんたのことが……」

八幡「悪い、言わないでくれ」

沙希「…………」

八幡「……俺は、川崎の気持ちに応えることはできない」


八幡(期待されるのも善人扱いされるのも嫌いだが、善意や好意を向けられること自体が嫌なわけではない。ただ、苦手で、つい逃げてしまうだけだ)
八幡(こいつは、最近の俺と由比ヶ浜の関係に気付いておいて、尚踏み出してきた。踏み出してきてくれた)
八幡(たとえ受け入れることはできなくても、その気持ちを否定しはいけないように思う)

八幡(なら、俺に出来るせめてものことは……)


八幡「俺な、その…………、好きな人が居るんだ」


八幡(いつからだろう。こんな気持ちになったのは)
八幡(花火大会で手をつないだ時だろうか。一緒の傘で帰ったあの日だろうか。それとも、もっと前からかもしれない)
八幡(あいつ自信と向き合うには、もう少しだけ時間がかかるだろう。でも、それでもあいつは許してくれている。少しくらいならその優しさに甘えても良いのだと、そう思えるようにもなった)

八幡(だが、川崎には、今素直に打ち明けよう。きっと、そうしなければならない)


88 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:22:16.53


八幡「俺は……、俺はっ! 由比ヶ浜のことが───」
沙希「馬鹿じゃないの?」


沙希「何ムキになってんのさ。こんなの、冗談に決まってるでしょ」


…………は?

…………………はぁ!?


八幡「いや……、おまっ……」

沙希「愛してるだのなんだの、心にもない事を散々言われたお返し。ちょっとからかってみただけ。文句言われる筋合いはないと思うけど?」

八幡「…………」

沙希「荷物、ありがとう。……そんじゃサヨナラ」


八幡(そう言う川崎の声は震えていて、微かに頬から流れる何かが視界に映る)
八幡(そして、去り際に冗談めかして放たれた最後の一言が、俺の胸の奥まで入り込み、鼓膜から離れてくれないのであった)





        「………愛してるよ、八幡」






───こうして、比企谷八幡と川崎沙希の物語は、始まることもなく終焉を迎えた。



89 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:22:58.53
   【⑪街でエンカウント】




八幡(テストも終わり、ようやく夏休み開始である。休み最高!!)

八幡(休日の俺とはいえ、由比ヶ浜に振り回されずともたまには己の意志で外出するのだ)
八幡(まぁ、本屋に行きたいだけなんですけどね)


??「あーっ!!!」

八幡「げっ……」
90 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:25:31.45


一色「先輩っ!? 先輩ですか? 先輩ですよねー!!」

八幡「……人違い人違い。他人の空似だ」シッシッ


一色「そんな嫌そうにしないで下さいよー。お久しぶりです、せ~んぱいっ☆」

八幡「そんなに久し振りか? たしかおまえ、先月あたりうちに来てただろ」

一色「その時は先輩全然相手してくれなかったじゃないですかぁ~」

八幡「お前等生徒会コンビは苦手なんだよ。小町のうざかわいさと一色のうざうざさが掛け合わさって、うざ度がヤバイことになる」

一色「うざかわいさはともかく、うざうざさって何ですかねぇ……」
一色「てゆーか、卒業する時に『小町のこと、よろしく頼む(キリッ!』とか言ってたのはどこのどなたでしたっけ?」ニヤニヤ

八幡「うぐっ……」

一色「それに、1つのうざいと2つのうざいを掛けたところで、1×2=2のままですよ? 相変わらず数学の出来は最悪なんですねー」

八幡「うっせ。大学では数学なんて取ってないからどうでもいい。2度と数学とお近づきになるつもりはない!」



91 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:28:43.63



一色「せんぱーい、結衣先輩と付き合い始めてから冷たくありません?」

八幡「そうか? 俺は元からこんなもんだろ」

一色「んー。言動は確かに高校時代のままなんですけどぉ、なんていうか……」
一色「わたしのあしらい方に愛が感じられませんっ!!」

八幡(は? こいつ何言ってんの? 元々愛なんてねえよ!!)

一色「偶然とはいえせっかく会えたわけですし、超絶プリティな後輩に冷たく接した罰として、今日は1日中買い物に付き合ってもらいますからね!」

八幡「え、やだよ」

一色「ダーメーでーすー! さ、行きますよー」グイグイ


八幡(あぁ……。やっぱり休日に外出なんてするんじゃなかった……)



92 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 18:30:25.76
はい。
いったん終了です!


数時間後に再開すると思います
98 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 21:10:45.92
>>93
ありがとー!


>>94
ありがとうございます。
修羅場展開は書いたことないんだよなぁ~ 俺修羅とか好きだけどww
修羅場はともかく、本編はただのイチャコラ・話に緩急をつけるために過去篇でシリアス、みたいな感じでやっています。


>>95
メフィスト降臨が気になるからすぐに更新は無理っす!!
八幡は艦コレやスクフェスやアイマスなのに対して、(原作だとガラケーだけど、流石に大学生になる頃にはスマフォになってると仮定して)ガハマはパズドラやモンストやってそうなイメージ。
ちなみに中の人(東山さん)はLINEのツムツムが好きらしい。


>>96
自分もサキサキの扱いには悩んだ。
ハーレム物にする気は更々ないけど、サキサキはゆきのんやいろはすと違って明確に好意がある感じだし、無視するわけにはいかないなーと思った結果こうなりました。
川崎ファンの皆様ごめんなさい。
99 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:17:22.06
【⑫浮気はギルティなんだからねっ!】



結衣「夏休みに入って会いやすくなったのは良いけど、暇だね~」

八幡「だな。暇なのは非常に素晴らしいことだ」

結衣「むぅ……」


結衣(どっか遊び行きたかったのに……)


八幡「…………」ダラダラ

結衣「…………」ゴロゴロ

八幡「…………」ウトウト…


結衣「ちょ、寝るなし!」

八幡「どうせノンビリしてるだけなんだし、昼寝くらいしてもいいだろ?」

結衣「じゃあノンビリするのやめて、どっか遊びに行こうよ!」

八幡「……眠いから嫌だ」

結衣「じゃあ目が覚める話でもしてあげよっか?」


八幡(夏にする目の覚める話といえば、やっぱり怪談か? そういうの苦手なくせに、一体どんな話をするつもりなんだ?)


八幡「面白そうじゃないか。それで本当に目が覚めたら、遊びに出かけてやらんこともない」

結衣「なんか偉そうでウザい……」

八幡「まあまあ。んで、何なんだ?」





結衣「ヒッキー、この前いろはちゃんとデートしたでしょ?」


八幡「ッ!???」ビクゥ!!

100 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:18:29.53


結衣「ちょ、ビビリすぎだし! そんなやましいことしてたのっ!?」

八幡「待て待て待て! あれはなんというか、その、偶然バッタリ出くわしてしまいそのまま振り回されていただけであって、デートとかそういうアレなわけじゃない! 断じて違うぞ!!」アタフタ!

結衣「…………」ジトー…

八幡「うっ……。す、すみませんでした……」

結衣「あはは。別にマジで怒ってるわけじゃないけどね。どんな感じだったのかは、小町ちゃんから大体聞いてるし」


八幡(なるほど。“一色→小町→由比ヶ浜”という情報の流れか)
八幡(こいつら全員学年違うのに、女子コミュニティーにおける噂の広がり具合が怖い……)
101 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:20:01.48


結衣「んで、目は覚めた?」

八幡「あ、そういえばそれが狙いだったな……。覚めた覚めた。超覚めた」

結衣「良かった。いろはちゃんの買い物に付き合ってあげたんだから、あたしにも当然付き合ってくれるよね?」ニコッ!

八幡「……わーったよ」

結衣「ふふふ」


八幡(あれ? こいつの思い通りに誘導されただけじゃね?)

八幡(尻に敷かれる未来しか見えない……)

102 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:20:48.69

いつのまにやら100超えたぜ!
103 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:22:03.38
   【過去篇其ノ七:想いは甘い味がする。】



   ~高校三年時、2月中旬~

八幡(センター試験、そして大学本校で行われた入試や面接も、無事終了した)
八幡(俺はセンターの時点である程度余裕があったし、普通に合格していることだろう)
八幡(多分。きっと。恐らく。……ヤバイ不安になってきた)

八幡(それはともかく、問題は由比ヶ浜だ)
八幡(由比ヶ浜と一緒にセンター試験を採点していた雪ノ下曰く、何とも言えない結果だったらしい)
八幡(まぁ、夏休み前の由比ヶ浜では絶対にダメであっただろうに、まだ可能性の残る結果を叩き出せたあたり流石の努力といえよう)


八幡「小町ー。朝飯くれ~」

小町「あれ? 3年ってもう、卒業式の練習くらいでしか学校ないんじゃなかったの?」

八幡「まあな。でも今日はちょっと用事が……」

小町「用事? あ、ふ~ん。なるほどなるほどー」ニヤニヤ

八幡「……何だよ」

小町「いんや、なんでもないよー。ま、頑張って☆」

八幡「うぜぇ……」
104 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:22:32.01




・・

・・・

・・・・

・・・・・


   ~奉仕部部室~

  コンコン! ガラガラガラ……

八幡(俺が部室にて読書をしながらノンビリ時間をつぶしていると、おっかなびっくりといった様子で、ゆっくりと扉が開かれる)
八幡(その先から現れたのは、頬を少し赤く染め、肩くらいまでの黒髪を後ろで束ねた、少し童顔気味であるものの出るとこ出ている美少女であった)


??「や、やっはろー……」

八幡「え……。誰?」



105 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:23:35.84


??「はぁぁぁ!? あたしが呼び出したんだからあたしに決まってるでしょ!」

八幡「あたしあたし詐欺とか結構なんで……」

??「えっ、ホントに誰か分かってないの? 冗談だよねっ!?」

八幡「おまえのことが分からないわけないだろ? とりあえず、茶髪のまま入試を受ける程馬鹿じゃなかったようで安心した」

結衣「あたしのこと分からないわけないとか、そんな……/// じゃ、じゃなくって! いくらなんでもその反応は酷すぎだしっ!!」

八幡「はいはい、悪かったって。ちょっとからかってみただけだ」

結衣「まったくもう」プンスカ!


結衣「あ、あんまジロジロ見ないでよ……。どうせ似合ってないとか言いたいんでしょ?」

八幡「あー、その……、なんだ。中々可愛いと思うぞ? 結構黒髪女子って好きだし」

結衣「ふ~ん。なんか、黒髪好きって言われるのは複雑なんだけど……」ボソボソ…

八幡「……あ、もちろん普段の茶髪も嫌なわけではないというか、由比ヶ浜らしくてそれはそれで良いと思ってるというか……」

結衣「ふふっ。ありがと」

八幡「……あんま恥ずかしいこと言わせんなよ」


106 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:26:05.13



八幡「んで、扉の前でずっと突っ立ってないで、さっさと渡すもん渡したらどうだ?」

結衣「な、なんのことかなー?」アハハー…

八幡「いや、さっきから体の後ろに何か隠してるのバレバレだから……」
八幡「つぅか、わざわざ2月14日に女子から呼び出されておいて何もありませんでしたーとか、どんな罰ゲームだよそれ」

結衣「たははー……。やっぱりバレバレだよね……」

八幡(バレバレバレンタインとか、なんか語呂良いな)


結衣「ど、どうぞ」

八幡「お、おう。……ありがとう」



八幡「早速食べてみていいか?」

結衣「うん。あのね、ゆきのんに助けてもらいながら凄い頑張ったし、今回はちゃんと味見もしたから、多分大丈夫だと思うんだけど……」
結衣「駄目だったら正直に言ってね?」

八幡「ん……」モグモグ

結衣「……どう、かな?」

八幡「…………」

結衣「うっ……。なんか無言で怖いんだけど」

八幡「あ、悪い。普通に美味くて驚いただけだ」

結衣「ほんとっ!?」

八幡「あぁ。これ、トリュフってやつか?」

結衣「うん。なんかね、最初はもっとこうドドーンって感じの作ってみたかったんだけど、ゆきのんが手作りするならこれにしときなさいって」


八幡(単に溶かして型に流し込み固めただけのやつよりは凝っている様に見え、尚且つ誰が付くっても失敗しなさそうなチョイスをするあたり流石だな)
八幡(いや、由比ヶ浜のやつ、たしか弱火を維持することすらまともにできてなかったからな……。湯煎の時点で超苦労してそう。主に雪ノ下が)


108 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:28:31.07


八幡「そこまで大それたもんじゃなくても、貰えただけで、なんつーか……、すげぇ嬉しい。それに、十分美味いしな」

結衣「そっか、えへへ。良かった~……」



八幡「そういえば、入試、出来はどうだったんだ?」

結衣「えっと……、緊張しまくりで、何て回答したのかもあんま覚えてないっていうか……」

八幡「それじゃあ答え合わせのしようもないじゃねぇか」

結衣「うぅ……」

八幡「そんな落ち込むなよ。今更クヨクヨしても仕方ないだろ? 後は結果を待つだけだ」

結衣「うん……」シュン…



八幡「………せっかくだし、ちょっとどっかで遊んでくか?」

結衣「いいのっ?」

八幡「おう」

結衣「ヒッキーの方から誘ってくれるなんて超珍しいねっ!」ニコニコ

八幡「……ま、たまにはな」



八幡(入試について、今更慌てたところでどうしようもない)

八幡(それに由比ヶ浜なら、きっと、いや、絶対に大丈夫なはずだ……)
110 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:29:31.69
   【⑬八月八日】




結衣&小町「「お誕生日、オメデトー!!」」つケーキ


八幡「お、おう。ありがとう」


八幡「……で、このケーキ、2人で作ったのか?」

小町「うん、そだよ~」

八幡「おい小町、ちゃんと由比ヶ浜の監督を怠らなかっただろうな? 卵のカラ入りケーキとか食いたくないんだが……」

結衣「せっかく頑張ったのにヒッキー酷過ぎ! もうそんなミスしないしっ!!」

小町「ま、とりあえず食べてみてよ」


八幡「……いただきます」ゴクリ…


111 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/08(金) 23:30:51.79


八幡「…………」モグモグ
八幡「………………」パクパク
八幡「……………………」ムシャムシャ


結衣「どう……かな?」

八幡「結構料理の練習でもしてたのか? 普通に美味いぞ」

結衣「ほ、ほんと!? 良かったぁ~……」

八幡「小町が1人で作った場合のケーキを100点とすると、これは80点くらいの美味
さだな」

結衣「なんか複雑な言い方されたっ!」

小町「結衣さんの愛情補正を入れて採点したらどうなるのかな?」

八幡「……秘密」プイッ

小町「もぅ! 相変わらずヘタレなごみぃちゃんだなぁ!!」ヤレヤレ



八幡(あぁぁぁ……。恥ずかしい恥ずかしい嬉しい恥ずかしい嬉しい嬉しい……)
117 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 00:04:03.07
>>109
気づいてもらえて嬉しいwww

ちなみに、
【過去篇其ノ四:想いは雨の様に降り注ぎ、鳴りやまない。】 とか
【過去篇其ノ五:人ごみに紛れないように握ってくれた手が、胸の奥までつかんで離さない。】
のタイトルも、それぞれ『想いはRain Rain 』と『夏色サプライズ』の歌詞を参考にしてたりする。

まぁそんな感じで気づく人にだけ気づいてもらえれば良いや~って感じの小ネタは入ってても、
その辺のネタが直接的に話に絡む心配はないのでご安心を!



>>114
なるほど、その展開は面白そうですね!

でも今書き貯めてある分にそういう話はないので、書けそうだったら挑戦してみます。
無理だったらスマソ



>>116
八結イチャイチャは見てても書いてても楽しい!!
127 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 22:58:04.81
   【⑭デートのお誘い】



八幡「なぁ、どっか行きたいとことかあるか?」

結衣「へ? え、どっかに行きたいって言ったら連れてってくれるの!?」

八幡「そこまで驚かれると、普段の俺が滅茶苦茶付き合い悪いやつみたいじゃねぇかよ。なんだかんだ言いつつ結構遊びに出かけてんだろ」

結衣「それはそうなんだけど、ヒッキーの方から誘ってくれることなんて滅多にないから驚いちゃうのは仕方ないっていうか……」
結衣「あ、もちろんすっごく嬉しいんだけどね!」


結衣「あ、どこに行くにしろ、日程はお盆以外にしてくれるとありがたいかも」

八幡「家族旅行にでも行く予定なのか?」

結衣「ううん。そうじゃなくて、お盆にはゆきのんが帰省してくるんだって」
128 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 22:59:13.77
結衣「だからお盆はゆきのんと遊びつくしたいなぁ~、みたいな? もちろんヒッキーも巻き込む予定だけど、デートでどっか行くのはまた別枠ってことで!」

八幡「おい。雪ノ下がこっちに戻ってくることも俺が巻き込まれるであろうことも全て初耳なんだけど」

結衣「小町ちゃんは知ってると思うんだけど……」


八幡(俺一人だけ聞かされてないっていうこのパターン、一体何回目だよ……)


八幡「ま、ケーキの礼もあるしな。ちょっとくらいなら頑張ってみるか」

結衣「えぇー。お礼で嫌々付き合ってくれるだけなの?」

八幡「いや、その……」




八幡「嬉しそうにしている由比ヶ浜を見るのは、結構楽しいです……」ボソボソ…

結衣「ふ~ん、そうなんだ……」ニマニマ

129 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:02:14.25
   【過去篇其ノ八:はたして、大学受験の結果や如何に。】



   ~高校三年時、2月下旬~

八幡(ついに、合格発表の日がやってきた)
八幡(12時になればPCやケータイで合否を確認できるってんだから、便利な時代になったもんだよな)

八幡(そういうわけで、休日にも関わらず、奉仕部4人は部室に集まっていた)


小町「雪乃さんの合格発表は明日でしたっけ?」

雪乃「えぇ。しかし間違いなく合格している自信があるから、わざわざ集まってもらわなくても大丈夫よ」

結衣「流石ゆきのん凄い自信……」ソワソワ

雪乃「それに私が受けた大学からは、結果が封書で届くことになっているのよ」

小町「なるほどなるほどー」
小町「あ。そういえば、雪乃さんの志望校をまだ聞いてなかったような……」

雪乃「……秘密よ」


八幡(ま、多分陽乃さんと同じ、地元の国立理工系の大学に行くんだろうな)


小町「お、そろそろ12時になりそうですね」

結衣「うぅ~……」ガクブル



八幡(あと10秒……5秒、3、2、1)
130 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:02:59.08
八幡(雪ノ下は由比ヶ浜の、小町は俺のケータイを除き込み、固唾を呑んで見守る)
八幡(回線が込み合い、中々開くことのできない合否発表ページを何度かリロードし、どうにか合格者の受験番号一覧を見ることができるようになる)


八幡「…………」ゴクリ…

小町「固まってないで早く番号探してよっ」

八幡「……わかってるよ」


八幡(目当ての番号目指して、スマフォの画面を下へ下へとスクロールしていく)

八幡「ない……ない……ない……」
八幡「……おっ!」

小町「あっ! 今のお兄ちゃんの番号じゃなかった!? ちょっ、下に行きすぎだって戻って戻って!」


八幡(自分の番号はチラリとしか見えていないが、小町にも見えたと言うのだから見間違いや錯覚ということはないだろう)
八幡(俺は小町の言葉を無視して、どんどんスクロールを続ける……)


八幡「頼む……頼む……あってくれ……」
小町「お兄ちゃん……」

雪乃「…………」
結衣「………………」スッ…


八幡(突如、由比ヶ浜が静かに立ち上がり、こう告げる)




結衣「あ、あはは……。なんか、ね、あたしの番号……ないみたい…………」



131 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:03:58.52


八幡(そんな……、嘘だ)

八幡(由比ヶ浜結衣は、努力をし、それを結果に結び付けることのできる人間だ)
八幡(そのことは、ここ半年間勉強を教えてきた、俺と雪ノ下が一番分かっていることじゃないか)

八幡(だから、ギリギリだろうがなんだろうが、どれだけ危なっかしくても由比ヶ浜ならなんとかなる。そうに決まっている……)


八幡「……も、もう一回、ちゃんと確認してみろよ。もしかしたら自分の番号を見落としただけって可能性も……」

雪乃「……非常に残念だけれど、その可能性はゼロに等しいわ。私も一緒に確認していたのだし、それに……」

八幡「…………」

雪乃「比企谷君、あなたもずっと、由比ヶ浜さんの番号を探していたのでしょう?」

八幡「………………」ギリリッ…


結衣「あー……、えっと……。ヒッキーも、ゆきのんも、今まであたしのために、頑張ってくれてたのに……、なんていうか、ほんと……、ごめん…なさい……」


八幡(どうにか最後まで言葉を言いきった由比ヶ浜が、その場に泣き崩れる。俺はそんな光景を、とてもじゃないが観ていられなかった)


八幡「雪ノ下、後は頼む」

雪乃「……えぇ」


八幡「さ、小町。俺等は帰るぞ」

小町「えっ……」
132 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:04:54.35



   スタスタ スタスタ

小町「ちょっとお兄ちゃん!」

八幡「…………」

小町「お兄ちゃんってばっ!!」グッ!

八幡「……何だよ?」ピタッ

小町「何だよじゃないよ……。結衣さんのこと、ほっといていいの?」

八幡「別にほっといたわけじゃないだろ。雪ノ下だっているんだし。むしろ俺達が居ない方が、あいつも泣きやすいんじゃねぇの?」

小町「そうかも……しれないけど……」



小町「あのね……。もちろん結衣さんのことも心配だけど、小町が一番気にかけてるのはお兄ちゃんのことなんだよ?」

八幡「あ? 俺がどうしたってんだよ」

小町「そんな辛そうな顔してどうしたもこうしたもないでしょ!」

八幡「馬鹿言え。自分は合格してたんだぞ? 超嬉しいに決まってんだろ」


八幡(つーか俺、誰にも祝われてなくね? 妹にすら祝ってもらえないとか何それ悲しい……)


小町「……結衣さんの第二志望校ってさ、たしか千葉県内だったよね」

八幡「あぁ、そうだな。普通に実家から通える範囲のとこだったと思うぞ」

小町「じゃあさ、大学が別々になっちゃっても、そんなの関係ないよね。大丈夫、だよね?」

八幡「何がどう大丈夫なのかは分からねぇけど、そういうのは……、なるようにしかならないだろ」

小町「…………」



133 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:05:41.01




────もし、この先も一緒に居られるなら、ヒッキーはそれで安心できる?

──────待っててね。今度は絶対逃がさないからっ!

────────ねぇ、来年もさ……、こうやって、一緒に花火見れるかな?

──────────あたしが無事に合格したら、聞いてほしい話があるの。




────俺もその内ちょっとくらいなら変わる可能性がある気がしないでもないような……、そんな気がするような……

──────その時はもう、由比ヶ浜から絶対に逃げない。約束だ。

────────俺な、その…………、好きな人が居るんだ。

──────────俺は……、俺はっ! 由比ヶ浜のことが───。





八幡(ふと、今までの出来事が蘇る)
八幡(俺は由比ヶ浜のことを特別視していたのだろう。それはもう、認めざるを得ない)

八幡(だが、聞いてほしい話があると言われたのも、俺がもう逃げないと約束したのも、全ては同じ大学で過ごせることを前提とした話だ)
八幡(別々の大学に通い、最初の内はなんとか関わりを保っていたとしても、徐々に疎遠になっていくくらいなら……)

八幡(……初めから、期待なんて持たない方がましだ)


135 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:06:37.87


八幡「悪い、小町。先に帰っててくれないか?」

小町「なんで」

八幡「ほら……、職員室に合格の報告をしに行かなきゃなんないから。妹同伴で職員室ってのもなんか変だろ?」

小町「なら、廊下で待ってる……」

八幡「……いいから帰れ。一人になりたい気分なんだよ」

小町「…………」

小町「……色々言いたいことはあるけど、今日のところは黙って言うこときいてあげる」

八幡「助かる」

小町「あっ、あと」


小町「お兄ちゃん。大学合格、おめでとう」
八幡「あぁ」


   スタスタ スタスタ
小町「まったくもうっ! 一番辛いのは結衣さんのはずなのに、そんなにクヨクヨしててどーすんの? これだからごみいちゃんは……」ブツブツ…

八幡(ばっちり聞こえてるっつーの……)



八幡(小町が去り、寒々とした廊下に独り、立ち尽くす。外から僅かに聞こえてくる運動部の声も、どこか別の世界のことのように感じられる)
八幡(先程までグチャグチャだった頭が、冷気によって次第に冷めていく)

八幡(俺と由比ヶ浜の関係は、今までも何度か崩れかけた。それを修復してこれたのは、同じ学校・同じ部活で共に時間を過ごしてきたからこそだ)
八幡(冷静になって考えれば考えるほど、別々の大学になってまで、その関わりが続いてくれるとは到底思えなかった)


137 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:10:14.76
   【過去篇其ノ九:一色いろはは、本気の愛を謳う。】




   ~高校三年時、2月下旬~

一色「うぅ……、ぐすっ……」

八幡「…………」

一色「わたし……、わたし、本気で好きで……、どうせ見向きもされないことなんて分かってたけど、でも、諦めるなんて無理で……、それで……」

八幡「……そうか」

一色「こんな結末になることくらい、最初から分かってたはずなのに、辛くて辛くて堪らないです……。うぅ……」

八幡(自分の胸で泣いている後輩相手にかける慰めの言葉すら、俺には出てこないのか……)



・・
・・・
・・・・
・・・・・


   ~数分前~

八幡(目と鼻の先に卒業式を控え、もう学校へ行くこがほぼ無い三年生にとって、本日は久々の登校日である)
八幡(今日はまだ、入試の合否発表からほんの数日しか経過していない。そのため、昼休みには由比ヶ浜が居るであろう部室にもなんとなく顔を出しづらく、一人で昼飯を食うことにしたのが運の尽きだったといえよう―――)

八幡「げっ、先客ありかよ……」ボソッ…

八幡(普段人が居ないはずのベストプライスには、なぜか今日に限って二つの人影が見える。反射的に隠れちまったじゃねぇか)
138 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:11:27.70


一色「来てくれてありがとうございます」

葉山「こんな人気のない所に呼び出して、急にどうしたんだ?」

一色「それはですねー、えっと……」

八幡(何やら神妙な雰囲気。とてもじゃないが、ここで飯を食い出すわけにもいかなそうだ。ここは戦術的撤退を試みるしか……)

葉山「いろは、俺はまた君を傷つけたくはない。だから――」

一色「嫌ですっ! ちゃんと、言わせて下さい……」

葉山「…………」



一色「わたし、葉山先輩のことが好きです。大好きです!」



八幡(うわぁ~……。この光景に出くわした瞬間、一色が何を言おうとしていたのか大体見当はつたけれど、ついつい盗み聞きしちゃったどうしよう……)



一色「好きになったきっかけは……、葉山先輩がかっこよくて、周りにチヤホヤされてるからでした。でも、今はもう違うんです。そんな見て呉れだけじゃなくて、葉山先輩だから好きなんです!」

一色「誰にでも優しくて、とっても良い人で、完璧で……。でも、その実色々悩んでて、悔やんでて、もがいてて、大事なものを守ろうといつも必死で……」

一色「そんな人間らしいところにもちゃんと気づいてます。その上でわたしは、葉山先輩の弱い部分も含めて……全てを好きになったんです!」



一色「だから、わたしと付き合って下さい」


139 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:12:13.54

葉山「そうか。そんなところまで見られていたのか……」
葉山「俺のことを、そこまで真剣に考えてくれる人が居るなんて本当に嬉しい。でも……」


葉山「いろはの気持ちに応えることはできない」


一色「どうしてですか……。なんでわたしじゃダメなんですか……」

葉山「…………」

一色「酷い言葉でも構いません。お願いします、諦められるだけの理由を下さい……」

葉山「他に好きな人が居る。……これじゃ駄目か?」

一色「そんなんじゃ全然……、これっぽっちも諦めきれませんっ!!」

葉山「……いろはのことは、とても素敵で可愛い後輩だと思ってる。けど、俺が異性として愛しているのは、昔からその人だけなんだ」

一色「わたしでは、代わりにすらなれませんか……?」

葉山「俺には誰かを代わりとして見ることなんて無理だ」

一色「じゃあ、これから先、他の人を好きになる可能性は……」

葉山「それは、一概には何とも言えないな」




葉山「でも、仮に他の誰かを好きになったとしても―――」






140 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:13:14.12




葉山「―――その相手は、いろはじゃない」






八幡(………………)


一色「っ……」

葉山「…………」

一色「そういう台詞は、そんな辛そうな顔して言わないで下さいよ……。わたしのために言ってくれてるの、バレバレじゃないですか……」

葉山「……すまない」

一色「最後の最後まで優しいんですね。……少しズルいです」

葉山「本当に、すまない……」


一色「――――」スゥ…

一色「あはは、やだなー。なんで葉山先輩が泣きそうになってるんですかー?」
一色「女性を振るのには慣れてるはずですよね。もしかして、わたしは結構特別だったりするんですかねー?」
一色「だったら凄く嬉しいです」ニコッ

葉山「いろは……」

一色「なんか柄にもなく真面目モードになっちゃってすみませんでした。さっきのは忘れちゃってくれて構いませんよー」

葉山「…………」

一色「今まで、本当にありがとうございました。それでは―――」



一色「―――さようなら」


141 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:14:12.44



   ダダダッ!

八幡(や、やべっ、こっち来る……)


八幡「うわっ」
一色「キャッ!」


一色「いてて……。って、なんでこんなとこに居るんですか!? もしかしてストーカーですかやっぱり先輩ってわたしのこと好きなんですかごめんなさい今は絶対無理ですっ!!!」

八幡「おまえなぁ……。ここは普段俺が使ってる場所なんだよ。昼飯食いに来ただけだ」

一色「えーっと、もしかしなくてもさっきの聞いてましたよね……」

八幡「……悪い。すぐ引き返そうかと思ったんだけどな、その、なんというか……」

一色「言い訳なんて聞きたくありません」

八幡「……はい。弁解の余地もございません」

一色「仕方ないですね。心の超広いいろはちゃんが、今回に限り特別に許してあげます。だから……」


一色「だから……」ギュッ
一色「少しだけ……、ぐすっ……、こうさせて下さい……」


・・・・・
・・・・
・・・
・・



一色「…………」

八幡「少しは落ち着いたか?」

一色「……はい。ありがとうございます。せんぱいが居てくれて助かりました……」

八幡「俺は何もしてねぇよ……」
142 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:16:10.07

一色「……もしかして、こうなることが分かってて最後まで盗み聞きしてたんですかー?」

八幡「俺はそんなに優しい奴じゃない」

一色「優しいですよ。優しすぎます。傷心中の女の子に優しくするとか、下心見え見えすぎてぶっちゃけキモいです」

八幡「だったら、その、そろそろ離れてもらえませんかね?」

一色「嫌です……」ギュウッ!

八幡「はぁ……」



一色「わたし、葉山先輩の前では笑顔でいられましたかね?」

八幡「あぁ、おまえは凄いやつだ。一色は頑張った。よく頑張った」ナデナデ

一色「っ!?」///
一色「……随分とらしくない行動ですね。それもお兄ちゃんスキルってやつですかー?」

八幡「いや……。1年以上前の話なんだけどな、俺が辛かった時にされて、少しでも心が落ち着いたことを真似しているだけだ。……おまえが嫌ならすぐ止める」ヨシヨシ

一色「嫌じゃないです。続けて下さい」

八幡「はいよ」


一色「はぁ……。葉山先輩を好きになった時点で間違ってたのかなぁ……」

八幡「……振られたのは、一色が悪いわけじゃないと思うぞ。多分葉山側の問題だ」ナデナデ

一色「せんぱいも人のこと言えませんよねー」

八幡「一緒にすんな。葉山は俺と違って、ちゃんと周りを大切にできる人間だろ? そんなの、俺には不可能だ」

一色「そんなことないと思いますけどー……」

八幡「自分でも、特定の誰かと特別な関係になれるんじゃないかと、つい最近まで思ってたんだけどな……。でも、やっぱり無理なんだ」

一色「どういう意味ですかー?」


八幡(中学時代、俺は折本のことをあっさり好きじゃなくなった。高2の夏休み明け、俺はいとも容易く雪ノ下に失望した……)
八幡(変わらないことを信条としている俺は、あの頃から成長なんかしちゃいないんだ)

143 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/09(土) 23:17:30.29


八幡「きっと、今回も勘違いなんだよ。相手の気持ちのことじゃない。自分自身の想いの話だ」

一色「?」

八幡「……なんでもない。気にするな」

一色「むぅ~。それよりさっきから手が止まってますー!」

八幡「はいはい」ナデナデ


八幡(俺と由比ヶ浜の関係は、きっとなんてことはない。ぼっちだった俺に、とても素敵な友人ができた。そんなハッピーエンドな物語。ただ、それだけのことだ)

八幡(だから……、)




   ─────やはり俺の青春ラブコメはまちがってなどいない。

159 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:15:16.71
   【⑮何をしているんですかねぇ……】




小町「……?」

小町(なんだかお兄ちゃんの部屋が騒がしいなぁ。何してるんだろ)



   ガヤガヤ
「ちょっ! ヒッキーっ」

「ん?」

「えっと、もう少しやさしくしてほしいっていうか……」



小町(あ、小町の知らぬ間に結衣さん来てたんだ)



「んだよ。やろうっつったのは由比ヶ浜だろ?」

「それはそうだけど……。んっ、痛っ」



小町(んぅ???)


160 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:16:30.71



「さっきから体動かしすぎだから……」

「だって、勝手に動いちゃうんだから仕方ないじゃん……」



小町(いやいやいや。どうせ小町の勘違いなだけだから……)




「ちょっとヒッキー! さっきからイジワルなことばっかしないでよ」

「んなこと言われてもなぁ。俺だって本気出さないとマズイんだよ」

「そうなの?」

「あぁ。おまえ初めてにしては上手すぎだろ……」

「そ、そうかなー?」エヘヘー




小町(え、まさか、そんな……)




「ソレッ!!」

「あっ! 油断したそばからまたそんな……痛いって!」

「ほら、もっと頑張れって」

「無理無理無理! ちょっ! ヒッキーほんとやめ───」

161 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:17:39.83



小町(ちょっとちょっとちょっと!!)
小町(小町も居るっていうのに、真昼間から何やっちゃってんの!??)ガタガタッ!



「あれ? 今なんか音しなかった?」

「ん、そうか? 今日は親居ないし、小町も出かけてたと思うんだけど」



小町(少しコンビニまで行ってただけで、もうとっくに帰ってきてますってぇぇぇええ!!!)
小町(ってかヤバイ! 盗み聴きしてたのバレたっ!?)



「ヒッキー、一旦これ中断ね」

「おい、まだ最後までいってないのに中断とかやめろって!」

「もう! ダメったらダメ!!」



162 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:37:18.10


   ガチャッ!
結衣「   」
小町「   」


小町「あ、これはその、えぇっと……」ワタワタ…

結衣「やっぱり小町ちゃんだったんだ~」ニコッ!

小町「ひぃぃいい!! 小町は何も見てません何も聞いてませんだからそのどうかお見逃しを───」

結衣「ほぇ? 何言ってるの?」


小町(でーすーよーねー)
小町(この状況で誤魔化せるわけないですよねーーー)


結衣「よかったら小町ちゃんも混ざる?」

小町「えっ……、本気、ですか?」

結衣「もちろん!」
結衣「あたしとヒッキーが付き合ってるからって、遠慮とか全然しなくっていいのに。小町ちゃんならいつでも大歓迎だよ!」

小町「そんなこと言われましても……」

八幡「おーい小町、おまえも一緒にやりたいならさっさと来いよ」

小町「お兄ちゃんはそれでいいのっ!?」
163 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:43:16.55

八幡「え、普通にいいけど。つうかさっきから何騒いでんの?」



八幡「ゲームくらい小町も混ざって良いに決まってんだろ」

小町「………………は? ゲーム……?」アングリ…

八幡「おう。むしろさっきまで何の話だと思ってたんだよ」

小町「いやぁ~、それは……あははー…………」

八幡「3DSでマリカやってただけなんだけど、おまえどんな勘違いしてたんだ?」

小町「あ、マリカね、ふぅ~ん……」

結衣「あたしテレビゲームの方は結構慣れてんだけどさぁ、DSや3DSのやつは今日が初めてで、さっきからやられまくりだよ~……」

八幡「由比ヶ浜のやつ、カーブする度に体まで左右に動くし、甲羅ぶつける度に痛い痛い騒ぎだすから見てて面白いぞ」

結衣「んなこと言われても仕方ないでしょ!」
結衣「小町ちゃん聞いて! ヒッキーね、赤甲羅とか取るとわざとあたしに追い抜かせてから狙い撃ちしてくるの!! 酷くない?」

八幡「酷くねぇよ。こんなの当然の戦術だ」

小町「さっきの会話はそういう意味だったのね……」ガクッ…



小町(あぁぁぁぁぁ………………)
小町(小町はなんという勘違いをしてしまったのでしょう……。恥ずかしすぎる……)



164 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:52:21.34
   【⑯大☆乱☆闘】




 ピカ! ピカッ! チュー!!

    エイ! ヤッ! テヤッ!

       チャァァァアアア~~~!!!

    ヒュ~ン……


小町「あぁぁぁあああ~~~!!!」

一色「やったーーー!!!!! 勝ったーーーーー!!!」



1位:Kirby

2位:Pikachu

3位:Peach

4位:Mr.Game&Watch



小町「そんな……、小町とピカチュウのコンビが負けるなんて……」
小町「数年間くらい一緒に旅してきた気分でいたのに……」

八幡「なにその気分。意味分からん」

結衣「それにしてもいろはちゃん、スマブラ上手だね~」

一色「昔から男子と遊ぶ機会多かったんで、こういうの慣れてるんですよねー」

八幡「小さい頃から男遊びが趣味とか、どんだけビッチなんだよ……」

一色「そんな言い方やめてくださいよぉ! 最近は先輩以外の男の人と遊んでませんってー」

八幡「んなこと言われても、嬉しくもなんともないからな?」
165 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:53:49.83

八幡「つうかお前等、俺のこと集中的に狙いすんじゃねえよ。3対1で最初に俺を潰すのは卑怯すぎるだろ」

一色「わたしはなんとなぁ~く先輩を最初に潰しておこうと思っただけですよー? 別に、他2人と協力プレイしてたわけでもありませんし」

結衣「あたしはこの前のマリカの仕返ししようと思っただけだし!」

小町「小町もあん時のこと怒ってるんだからね!!」

八幡「なぜ小町に怒られにゃならん……」


一色「ま、弱い先輩が悪いってことで!」

八幡「いや、COM相手だと強いから。対人戦に慣れてないだけだから」

結衣「あっ……(察し」

一色「先輩って、子供の時から寂しい人生送ってたんですね……」

小町「ちっちゃい頃からずっと、ゲームの対戦相手は妹しか居なかったもんね……」

八幡「ゲームでもリアルでも、3人がかりで俺のHPを減らすのはやめろ」
八幡「いやもうほんとやめて下さい」


166 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:55:23.28



小町「それでは気を取り直しまして、罰ゲームタァ~イム!!」

小町&一色「「いえぇ~い!!!」」パチパチパチー!



八幡「は? 罰ゲーム?」

結衣「あたしも聞いてないんだけどっ」

小町「そりゃまぁ、たった今思いついたことですし」

一色「どんな罰ゲームがいいかな?」

小町「ん~~~。あ、会長! 良い案が思いつきました!」ハイッ!

一色「なんだね小町くん!」

小町「3位と4位が互いをファーストネームで呼び合う……なんてのは如何でありましょうか!!」

一色「素晴らしい! 採用っ!!」ビシッ!



八幡(何このとてつもなくウザイ小芝居……)


167 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:56:17.68


結衣「えっ! それって、あたしとヒッキーが名前で呼び合うってこと!?」

小町「はい! そういうことです!!」

一色「罰ゲームは絶対ですよ!」

八幡「やだよ。嫌に決まってんだろ」

結衣「嫌に決まってるんだっ!?」

八幡「あぁー、いや、そういう意味じゃなくて……」

小町「ほらほら。どうせお兄ちゃんは自分から急に呼び方変えたりできないんだから、良い機会だと思うよ?」

一色「結衣先輩も頑張ってくださいねー」

結衣「うぅ……」

168 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:57:39.20


結衣「……よし」
結衣「えっと…………、はち…ま……n…………」ボソボソ…

八幡「…………ゆ、い…………がはま」


一色「先輩アウトーーー!」

小町「このヘタレっ!!」

八幡「いや! 仕方ないだろ! こんなの無理だって!!」
八幡「それに由比ヶ浜の方だってちゃんと言えてなかったしお互い様じゃね?」

結衣「ご、ごめん……」

八幡「はぁ……。ちょっとこっち来い」

結衣「?」



八幡「まぁ、なんつうか、こういうのはさ……、外野が居ない時に、その内な」ヒソヒソ

結衣「う、うんっ」



小町「…………」ニヤニヤ
一色「…………」ニヤニヤ



八幡(こいつらマジでウゼェ!!!)


169 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/10(日) 23:59:48.57
   【過去篇其ノ十:勝負の行方は、平塚静のみぞ知る。】



   ~高校三年時、2月下旬~

一色「え~、皆様、本日はお集まりいただきありがとうございまーす!
一色「それじゃあ早速、卒業式の会場設営始めちゃいましょー!」

生徒会役員共「「「「おぉー!!!」」」」

結衣「お、おぉーっ!!」
八幡「お~……」
雪乃「…………」



一色「せんぱ~い、ダラダラしてないでとっととこれ運んじゃってください」

八幡「言われんでもさっきから動いてんだろ」バタバタ


小町「雪乃さーん、照明や音響の設定ってこんな感じで大丈夫ですか?」

雪乃「そうね、照明は問題ないと思うわ。しかしマイクの音はもう少々大きくしておかないと、一番後ろの人は聞こえにくくなってしまうのではないかしら」

一色「ん~……。じゃあマイクの音量テストするんで、結衣先輩、一番遠くに立っててもらえますかー?」

結衣「あ、うんっ!」マイク チェック ワンツー♪


小町「お兄ちゃん、イス並べるの雑すぎっ! そこんとこ曲がってんじゃん!」

八幡「え、どこ」

小町「ほらそこ! 後ろから5列目のー……」

八幡「はいはい。直してきますよ」


一色「雪ノ下先輩、送辞の言葉ってこんな感じでOKですかねー?」
雪乃「……流石に、それを3年に聞くのはどうかと思うのだけれど」




・・

・・・

・・・・

・・・・・


雪乃「ふぅ、なんとか終わったわね」

結衣「疲れたーっ!」

八幡「なぁ……。なんで俺等、1・2年から顎で使われなきゃなんないわけ?」

雪乃「あなたが小町さんや一色さんからいいように使われているのは、いつものことじゃない」

八幡「おまえな、聞いてて悲しくなる様な現実をわざわざ突き付けてくんなよ」

雪乃「あら、自覚はあったのね」

170 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:01:40.93

結衣「いろはちゃんが会長らしかったっていうか、ちゃんと周りに指示出せるようになってたし、小町ちゃんも生徒会に馴染んでるみたいだったし、良いことなんじゃないかな?」

八幡「まぁ、そりゃそうだが……」

結衣「それにさ、最近全然体動かしてなかったから久し振りに良い運動になったっていうか、あたしは結構楽しかったよ?」ニコニコ

八幡「…………」ジー…

結衣「ん、どうかした?」

八幡「あー、いや、なんでもない」

八幡(まだ、合否発表のあの日からほんの数日しか経過していないのに、今日の由比ヶ浜は朝から元気なように思える)
八幡(第二志望校に無事合格していたからそれで安心したのか、単にメンタルが強いのか、はたまた別の理由か……)


平塚「奉仕部諸君、お疲れ様!」

雪乃「平塚先生もお疲れ様です」

八幡「最後の依頼が雑用ってどういうことなんすか……」

平塚「まあまあ、あまり細かいことを気にするな。そんなことより大切な話があってな」

結衣「?」

平塚「フッフッフ、気になるか?」


八幡(嫌な予感しかしない……)


平塚「さて、それでは──」




平塚「──チキチキ! 第一回・奉仕部バトルロワイヤル! 勝者は誰だッ!?」




171 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:03:05.67


結衣「奉仕部バトルロワイヤル?」

八幡「誰が一番人に奉仕できるか、人の悩みを解決できるかっていう、あの勝負のことですか?」

平塚「うむ。そうだ」

雪乃「勝負……」ピクリ…

八幡「俺はてっきり、その話はなかったことになってるのかと思ってたんですけどね」

平塚「そんなわけなかろう。ちゃんと勝者を決めてきたぞ!」

八幡「まぁそれは良いんですけど、“勝者は敗者になんでも命令できる”ってやつ、ちょっと適当すぎません?」

平塚「と、言うと?」

八幡「なんでもっつっても、当然ながら実現可能な範囲でですよね」

平塚「もちろんその通りだ」

八幡「ならついでに、“命令できるのは1回のみ、そして内容は持続性のないものに限る”、というルールも厳密に定めておきましょうよ」

結衣「持続性? どういうこと?」

雪乃「つまり、その人の今後の人生に関わって来るような、長期間に及ぶ命令は無しという……ということでしょう?」

八幡「おう」

雪乃「比企谷くんがまともなことを言うなんて少し意外なのだけれど、それが妥当なところね」


八幡(なんで一々ディスられなきゃならないのん?)


平塚「ふむ。君達がそれで良いのなら、そういうことで構わんよ」
172 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:04:14.72

平塚「しかし、比企谷も雪ノ下も少し弱気なんじゃないか?」

雪乃「……非常に癪なことながら、勝者は比企谷くんであると思っていますから」

平塚「なぜだね?」

雪乃「単純に、依頼を解決……とまではいかなくても、解消してきた件数が一番多いと思われるのが彼だからです」

平塚「ほう。雪ノ下の口からそんな言葉が出てくるとは」

八幡「俺はそうは思わないけどな」

雪乃「なぜかしら?」

八幡「さっきおまえが言ってた通り、俺は依頼を解消してきただけで解決していない」
八幡「文化祭やクリスマス会なんか、場を取りまとめ真っ当な方法で依頼を解決して来たのは雪ノ下だ」

結衣「うんうん」

八幡「それに、バラバラになりそうだった奉仕部を繋いできてくれたのは由比ヶ浜だ。由比ヶ浜が居なかったら、部活自体がなくなってたかもしれないしな……」

結衣「そ、そうかな? えへへ」

八幡「だから俺が勝てるなんて、最初っから考えちゃいねぇよ」

平塚「ふむ、なるほどな」



平塚「それでは満を持して、結果発表といこうか!!」

八幡・雪乃・結衣「…………」ゴクリ…
平塚「勝者は───」


173 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:06:23.88




平塚「───由比ヶ浜結衣、君だッ!!!」



結衣「えええぇぇぇっ!?」



雪乃「……なぜ彼女の勝ちなのか、解説をお願いできるでしょうか」

平塚「再確認しておくが、これはあくまでも『誰が一番人に奉仕できるか、人の悩みを解決できるか』という勝負だ」
平塚「だから、先程比企谷が言っていた様な理由で由比ヶ浜が勝者になることはあり得ない」

八幡「じゃあ、なんで……」

平塚「簡単なことさ。このゲームを始めた時、私の独断と偏見で裁定を下すと言ったろう?」
平塚「つまり、私が一番解決してほしかった依頼を解決したのが、由比ヶ浜だということだよ」

結衣「???」

平塚「数年前のことになるが、私がまだ若手……今でも十分若手だが! 今以上に若手だった頃にとある依頼があってな」

結衣「どんな依頼だったんですか?」

平塚「その質問に答える前に、奉仕部発足に至るまでの話をしておかないとならない」


八幡(考えてみれば、俺達が1年の頃の奉仕部部員は雪ノ下のみだったわけだ。それで部活が設立できたのはおかしな話である)
八幡(平塚先生の力で部を作ったにしても、なぜ作ろうと思ったのかが謎だ)


平塚「君達が入学してくる前から私は生活指導を担当していてな、多くの生徒の悩みを聞いたり、ほんの微力ながら困っている生徒の力になってきたつもりだ」
平塚「しかし、家庭の事情やら何やら色々抱えているであろうに、一切私に頼ってくれない生徒が1人居たのだよ」

平塚「その生徒が卒業間際、初めて私に相談…もとい、あるお願い事をしてきた」
平塚「普段から周りを利用こそすれ頼らないやつだったから、私を頼ってくれたことがとても嬉しくてな」

平塚「それが私にとって、一番解決したかった依頼。そして、由比ヶ浜が解決してくれた依頼だ」

結衣「えっと、今の話にあたし何の関係もなかったような……」

八幡「あと奉仕部発足の理由についても全然分からなったんですけど」

平塚「まぁそう焦るな。本題はここからだよ」

174 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:07:46.04

平塚「その生徒が卒業間際に言ってきたことというのが中々面白くてな」






『今度、「世界を人ごと変えたい」なんてことを本気で言う子が入学してくると思うんだけど、その考え方……というか生き方を、どうにかしてあげられないかな?』

『常に正しくて、とっても優しい良い子なんだけどね。けど世の中は優しくなくて正しくないからさ、小さい頃からずっと生き難そうにしてて……』

『あはは。私じゃ精々、上手く立ち回る見本になってあげるくらいのことしかできないよ。でも───』






平塚「私にならば、その子の生き方を変えてあげることができるだろうなんてぬかしてきやがる。とんだ無茶振りだ」
平塚「だが、だからこそ面白い」ニヤリ

雪乃「……その生徒というのは」

平塚「おっと。依頼人のプライバシーに関する質問には答えられない」

雪乃「…………」


175 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:08:36.06


平塚「そこから先は君達の知っている通りだ」

平塚「まだ1年生の雪ノ下に、『今度奉仕部という部活を作ろうと思うのだが、部長をやってみないか?』と話を持ちかける」
平塚「そして雪ノ下の元へ数人の依頼人を出向かせ、人と関わる中で何か変化が生まれるのではないかと期待したのだが……、正直無駄だった」

平塚「そしてその翌年、前々から目を付けていた生徒……つまり比企谷を奉仕部へ送り込んだ」

八幡「前々から目ぇ付けられてたのかよ……」

平塚「方向性は違えど、君達は『世の中と上手く折り合いをつけられない』という点において似ていたからな」
平塚「マイナスとマイナスを掛け合わせればプラスになるのではないかとも思ったが、これは由比ヶ浜が居てくれなければ逆効果だったかもしれないな」

結衣「ん?」

平塚「考えてみたまえ。仮に奉仕部が雪ノ下と比企谷の2人だけだったら、どうなっていたと思う?」

結衣「部室にずっと2人きり……。もしかしていかがわしい関係になっちゃったり……」アワアワ

八幡「ねーよ」
雪乃「有り得ないわね」

平塚「由比ヶ浜、私は今2人の性格の話をしているのだが……」

結衣「あ、あははー。そうですよね」

八幡「先生が言いたいのは、もし由比ヶ浜が居なければ、俺の捻くれ具合も雪ノ下の融通の利かなさも悪化してたかもしれないってことでしょう?」

平塚「そういうことだ」

雪乃「それはたしかに、認めざるを得ないかもしれませんね……」

平塚「最近の雪ノ下は、まだまだ棘はあるものの、依然と比べ格段に丸くなった」

雪乃「っ……」///

平塚「それはもちろん比企谷の力もあってこそだろうが……。誰も立ち入れなかった雪ノ下の心に最初に踏み込み、それを解してくれたのは紛れもなく君だよ、由比ヶ浜」

結衣「!」パァァァ!


176 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:09:18.19

平塚「そういうわけだ。私の判決に、まだ何か疑問があるかね?」

雪乃「いいえ」

平塚「その依頼人が誰なのか心当たりがあるならば、今度じっくり話し合ってみたまえ。今の君ならば、案外仲良くなれるかもしれないぞ?」

雪乃「仲良くなるのは無理だと思いますけど……」
雪乃「……分かりました。話合いくらいはしてみます」

平塚「よろしい」




結衣「それじゃあ……、あたしがゆきのんとヒッキーに命令できるんだよね?」

雪乃「そうなってしまうわね」

八幡「なるべく楽なやつにしてくれよ」


結衣「う~ん……、よし決めたっ! 卒業しても、皆ずっと仲良くすること!!」

八幡「おい、持続性のある命令は無しって決めたろ」

結衣「じゃあ、えっと、えぇっと……、願い事を増やす願い事みたいに命令の数を増やすのは……」

雪乃「それも当然無しね」

結衣「そんなぁ」

平塚「まだ明日も学校はあるんだ。そんなに急いで考えることもないさ」

結衣「はい。じっくり考えてみます!」

177 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:10:13.66

結衣「とりあえず、今日は疲れちゃったしどっかで食事でもして帰ろっか?」

雪乃「疲れたのなら早く帰って休もうと言う考えにはならないのかしら?」

八幡「別に食事くらい構わないぞ。何なら奢ってやろうか?」

結衣「ほんとっ!?」

八幡「あぁ。ただしそれで命令はチャラな」

結衣「そんなの絶対認めないしっ!!」

八幡「チッ……」


八幡(いつも通りな由比ヶ浜の様子を見ていると、この前泣き崩れていたのがまるで夢だったのではないかと思えてしまう)
八幡(どういう心境の変化かは分からないが、笑顔で居られるならそれは良いことなのだろう)

八幡(いや、良いことなのだと、そう思い込みたいんだ。あの日、第一志望校から落ちた際、由比ヶ浜が涙を流していた本当の理由から目を逸らすために……)


雪乃「放課後にこの面子で行動する機会ももうないでしょうし……。そうね、食事くらいなら」

結衣「ワーイ! ゆきのん大好き!!」ダキッ!

雪乃「あまりくっつかないで頂戴」

結衣「うん。じゃあ少しくっつく!」

雪乃「………」ハァ…


結衣「ほら、ヒッキーも早く行くよっ」

八幡「はいよ」


八幡(ま、考えたからと言って入試の結果が変わるわけでもない)

八幡(なら、今は残り僅かなこの時間を楽しむとするか……)

179 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/11(月) 00:13:33.80

   ~今後の予定~


過去篇其ノ十一(いろはす回)

⑰未定(多分ガハマ回?)

過去篇其ノ十二(ゆきのん回)

⑱ゆきのん&はるのん回

過去篇其ノ十三(ガハマ回)

過去篇其ノ十四(ゆきのん回)

⑲奉仕部三人回

⑳奉仕部三人回

エピローグ(タイトル回収ガハマ回)

        了




もうかなり終盤ですね。

もしかしたら過去篇其ノ十五がどっかに入るかもしれないけど、
大体こんな感じの流れになると思います。

⑰の未定のとこにルミルミ出してみようかなぁ~とか思ったけど、
難しそうでしたごめんなさい。



182 :Please Click Ad !!@Reproduction Prohibited :2014/08/11(月) 00:57:08.69
おつ
終盤?そんな馬鹿な
190 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:09:07.22
   【過去篇其ノ十一:つつがなく、卒業式は取り行われる。】



   ~高校三年時、3月上旬、卒業式~

一色「卒業生の皆様、御卒業おめでとうございます」
一色「先輩方とのお別れがこんなにも早くくるなんて、信じられない気持と共に、寂しさが込み上げてきます」

八幡(ふむふむ。危なっかしかった入学式の挨拶とは打って変わって、今回はとてもハキハキとしている)
八幡(まさに生徒会長らしい堂々とした出で立ちだなぁ~、なんて思っていたのも束の間……)

一色「いつも助けて下さった先輩方への……ぐすっ…名残は尽きません……」
一色「うぅ……卒業生の皆様の……ますますのご健康とご活躍を心からお祈り申しあげ……えぐっ……送辞といたします」グスン…

八幡(そこはあざとく涙目になる程度で良かっただろ! なんでマジ泣きしちゃうんだよ!!)
八幡(ったく、俺はそういったお涙頂戴な青春劇は大嫌いなんだ)

八幡(だから今すぐ泣くのは止めてくれ。……俺まで泣きそうになってくる)ウルウル





・・

・・・

・・・・

・・・・・



一色「せ~んぱいっ」クイクイ

八幡「可愛らしく袖を掴むな。わざとらしすぎて逆にウザイ」

一色「ちょっ、その言い方は酷くありませんかー?」

八幡「いつものことだろ」

一色「それもそうですねー。こういうやり取りにもすっかり慣れちゃいました」
一色「でも……」


191 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:11:18.84


一色「こんな楽しい時間も、もう終わりなんですよね……」

八幡「あー、まぁ、なんだ。文化祭くらいには顔出しに来るさ」

一色「ほんとですかっ!?」

八幡「当たり前だろ? なんてったって、次の文化祭では小町が生徒会役員として頑張るわけだしな」

一色「……このシスコン」

八幡「あとおまえ、今日といいこの前といい泣きすぎ」

一色「っ!」
一色「この前のことは忘れて下さい恥ずかしいじゃないですかこんな目の腐った不審者みたいな人の胸で泣きじゃくった挙げ句慰めてもらったとかわたしの人生で最大の黒歴史確定なんですからほんと忘れて下さい忘れて下さい忘れて下さいッッッ!!」ポカポカ

八幡「お、落ち付けっ! そんな話を大声ですんな! それにあれは俺悪くないだろ!!」

一色「葉山先輩に何を言われても泣かないって覚悟してたのに、あんなに優しくするからいけないんですよ! 涙腺緩んじゃうに決まってるじゃないですか!」

八幡(理不尽すぎる……)

192 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:14:05.11


一色「あ、そうだ」

八幡「あん?」

一色「送辞の言葉、どうでした?」

八幡「後半泣いてた点を除けば、かなり良かったんじゃねーの?」

一色「もっとなんかこう……、『感動した!』とか『全俺が泣いた!』とかないんですかー?」

八幡「けっ、俺が一色の言葉くらいで泣くわけないだろ」

一色「むぅ~……」


一色「先輩のことを想いながら話してたのになぁー」

八幡「……ハァ?」

一色「だって、わたし的に一番先輩なのはあなたなんですよ」

八幡「わりとマジで意味がわからん」


八幡(一番先輩ってどういう日本語だよ……)


193 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:15:28.54


一色「わたしにとって葉山先輩は、ただの先輩後輩以上の間柄になりたい相手でした。……結局無理でしたけど」

一色「戸部先輩のこと、最初はその辺によく居る使い勝手の良い馬鹿な男くらいにしか思っていませんでしたけど、話せば話す程思ってた以上に凄く良い人で……。なんだかんだ言って結構好きです」

一色「結衣先輩は、先輩というよりもまるで友達みたいに接してきてくれて。わたしもああいう先輩になりたいです」

一色「雪ノ下先輩は、わたしもあれくらい色んなことができれば、もっと生徒会長らしくなれるのかなぁなんて……。ちょっと憧れちゃいます。まぁぶっちゃけ今でも少し怖いですけど」


一色「それで、先輩は……。わたしが困ってる時はいつも助けてくれて、わたしが悩んでる時はいつも背中を押してくれて、わたしが落ち込んでる時はいつも励ましてくれて……」

八幡「…………」

一色「捻くれてるくせにとっても優しくて、めんどくさがりのくせに凄く頼りになって……」
一色「普通の人とはかなりズレてますけど、わたしにとっては一番先輩らしい先輩でしたよ!」ニコッ!

195 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:16:45.76


一色「あははー。なんかこれ、言ってて照れますねー」

八幡「なら言わなきゃいいだろ」プイッ

一色「あ、せんぱい顔真っ赤ぁ~」

八幡「そっ、そんなことないぞ! てかとっとと仕事に戻れ。片付けとかやることあんだろ」

一色「ちぇ~」


一色「じゃあ最後に……」ブチッ!

八幡「ちょっ!? おまえ人の制服に何してんの!???」

一色「何って、ボタン引き千切っただけじゃないですかぁ~」

八幡「そういうことは葉山にやれよ!」

一色「葉山先輩相手にできるわけないじゃないですか! そんなことしたら周りの女子に刺されちゃいますよ!」

八幡「なるほど……」



一色「また、会いましょうね」

八幡「あぁ。奉仕部に新入部員が入ってくれるとも思えないし、きっと無くなっちまうだろうけど……、小町のこと、よろしく頼む」

一色「まかされました!」



一色「それでは、お元気で」

八幡「一色も頑張れよ」

一色「はいっ!!」


196 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:19:00.37
   【⑰視線】



結衣「泳ぎたい!!」

八幡「は? 唐突に何だ?」

結衣「だって夏休みだよ夏休み! 海でもプールでもいいからさー、どっか泳ぎに行きたくない?」

八幡「行きたくない? って言われてもなぁ……」
八幡「夏休みとは暑さから身を守るためのものであり、本来的な意味に則って言えば外に出ちゃいけないんだぞ?」

結衣「またすぐそういうヘリクツ言う……」

八幡「大体どうしてこうリア充ってのは、暑い日にわざわざ外に出たがるんだ?」

結衣「暑いから水辺に行きたいんじゃん!!」

八幡「プールや海に行くよりも、クーラーの効いた室内にいる方がよっぽど涼しいだろ」
八幡「よって、涼しさを求めることを目的としてわざわざ水辺へ行く必要はない。証明終了」
197 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:20:16.49

結衣「うぅ~~~……。この前、誕生日ケーキのお礼にどっか連れてってくれるって言ったのに……」

八幡「安心しろ、その約束を忘れてるわけじゃないから。ただ、ほら、泳ぎに行くのはちょっと……」

結衣「そんなに嫌なの? もしかしてヒッキーってカナヅチ?」

八幡「違うから。ってかそもそも、プールとか海とかそういうのは恥ずかしいからナシなんじゃありませんでしたっけ?」

結衣「ほぇ? ……あ、それ2年も前の夏休みにした話でしょ!」
結衣「あの時とは2人の距離感とか関係性とか全然違うんだから、もう気にしなくっていいのっ!!」

八幡「いやいや、お前が気にしなくても俺が気にするから」

結衣「そんなに嫌ならもういいよ!」
結衣「優美子や姫菜とか、それが無理そうだったら大学の友達誘って行ってくるからっ!!」

八幡「…………」

結衣「……ヒッキー?」

八幡「……嫌だ」
198 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:21:05.35

結衣「えっ。ちょっ、どうしたの?」

八幡「別に誰と水辺に行ってこよが駄目とは言わないけどよ、お前の水着姿が不特定多数に見られると思うと、なんか……こう……」


八幡(やべぇぇぇ……。これ言っててスゲー恥ずかしいしなんか情けない……)


結衣「それ、駄目って言ってるのと変わらないじゃん」

八幡「嫌なもんは嫌なんだから仕方ないだろ……」
八幡「はぁ……。こんなん全て俺の我儘だ。おまえが気にする必要はない。……好きなだけ泳いできて構わないぞ」

結衣「結局、ヒッキーが一緒に行くって選択肢はないんだね」

八幡「それはないな。もし由比ヶ浜と一緒に海なんかに行ったりしたら、周囲の野郎共の目を潰したくなっちまう」
八幡「それに、俺より三浦の方がボディーガードの適性ありそうだし」

結衣「ふふ、なにそれ」


199 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/12(火) 13:22:54.45


結衣「……まったくもう、しょうがないなぁ。いいよ、行かないから」

八幡「いや、だから勝手に行く分には構わないって」

結衣「でも本当は嫌なんでしょ?」

八幡「それは、そうだけど……」

結衣「ヒッキーってさ、変なとこで独占欲強いよね」

八幡「変ではないだろ。おまえはもうちょい……自分が水着姿になったらどういう視線を向けられるかとか、考えた方が良いぞ」

結衣「ふ~ん。心配してくれるのは嬉しいんだけどさ、ほんとにそういう視線気にしちゃっていいの?」

八幡「あ? そりゃ自己防衛意識は高いに越したことないだろ」

結衣「へぇ~。今までヒッキーがあたしの胸とか足とかチラチラ見てても気付いてないフリしててあげたのに、これからは気にしちゃっていいんだ?」

八幡「ちょちょちょちょっとまて! 俺が由比ヶ浜をチラチラ見てたとか、そんな証拠一体どこに───」

結衣「ふつーにバレバレだからっ!」

八幡「なん…だと…!?」

結衣「高校時代からずっとそんな感じだったのに、今までバレてないと思ってたの? 逆にそっちの方が驚きなんだけど」

八幡「…………もう止めて下さいお願い致しますこれ以上何か言われたら恥ずかしさと情けなさとみっともなさが限界に達して俺は死んでしまいます……………………」ブツブツ ブツブツ


結衣(顔真っ赤にしてうなだれてるヒッキー可愛いなぁ……)
結衣(ゆきのんがヒッキーからかって楽しんでた気持ち分かっちゃったかも。うふふふふ……)


八幡「……ッ!?」ゾクリッ!


八幡(変なフラグたったりしてないよね? 気のせいだよねっ!?)


203 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/13(水) 00:17:07.77
   【過去篇其ノ十二:こうして、彼らの高校生活は終りを告げる。】



   ~高校三年時、3月上旬、卒業式後~


八幡(卒業式終了後、俺達3人はこの部屋に別れを告げるべく、奉仕部部室に集まっていた)


結衣「うわ~ん! ゆきのーーーん!!」ギュッ!

雪乃「あまりくっ付かないでほしいと何度言えば理解してもらえるのかしら」
雪乃「結局最後まで分かってもらえなかったようね……まぁいいわ」テレッ

結衣「お別れなんて嫌だよー!!」ウワーン

雪乃「大丈夫よ、永遠の別れというわけでもないわ。けれど……、これでこの部室も見納めね」

八幡(雪ノ下が物哀しげな眼をしていると、なんだかとても絵になるな)
八幡(俺と由比ヶ浜は二年間だったのに対し、雪ノ下は三年間、ずっとこの部室に居たわけだ。やはり人一倍感慨深くもあるのだろう)


雪乃「…………」

結衣「ん? どうかしたの?」

雪乃「いえ……、別に大したことではないのだけれど。ただ、そこの変質者に妙な視線を向けられている気がして」

八幡「ただ見てただけで変質者呼ばわりかよ」

雪乃「あら、それのどこがただ見ていただけなのかしら。『舐るような腐った視線で、美少女二人を視姦している』の間違いではなくて?」

八幡「おい、自分で美少女とか言っちゃうなよ。あと俺の目が腐ってんのは、いつも通りの通常運転だ」

雪乃「随分と温いツッコミね。その上『いつも通りの通常運転』だなんて、まるで『頭痛が痛い』や『馬から落馬』のような物言いをしないでもらえるかしら」
雪乃「それで国語学年3位だなんて聞いて呆れるわ」

八幡「せっかく自分で言ってて悲しくなるような自虐を含んだツッコミしたのに、それを完全論破しないでもらえませんかね……」

雪乃「フッ、そんなのだから、最後の最後まで3位止まりなのよ」ドヤァ

結衣「あはは……。二人とも相変わらずだね」


204 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/13(水) 00:20:11.94


ウィーロッキュー コレカラー♪ プリーズ チョッキユー リアクショーンヲ ミセテー♪ スコシデ イイカーラー♪
ピッ
結衣「はいもしもしー、あ、隼人君?」
結衣「うん、うん、あっちゃー……」
結衣「ごめんごめん、もーちょい宥めといてもらえる? あと少ししたら行くから!」

八幡「葉山達と打ち上げか?」

結衣「うん。あたしが遅いせいで優美子が怒っちゃってるみたい……」

八幡「さいですか。それにしてもお前ら、3年になってクラス替えもあったのに、よく仲良いままでいられたよな」

結衣「……あの時は怒っちゃったけど、今になって思えば全部ヒッキーのおかげだね」

八幡「別にそんなことないだろ」

結衣「そんなことあるよ!」グイッ

八幡「……ま、最後だしな、感謝の言葉くらい素直に受け取っておく」

結衣「うん!」ニコッ


結衣「それじゃーもう行くね!」

八幡「おう」

結衣「あっ、そうそう!明日の卒業パーティー、来るの忘れたら絶対許さないから!!」

八幡「……は?」

雪乃「すでに私の部屋は使えるにしてあるから、大丈夫よ」

結衣「さっすがゆきのん!」

八幡「え、何それ、俺聞いてないんだけど……。つーかおまえ卒業パーティ的なこと今からやりに行くんじゃねーのかよ」

結衣「そうだけどー、そっちでやるのとこっちでやるのは別なの!」
結衣「……ヒッキー来てくれないの?」ウルッ

雪乃「いくら比企谷君が薄情者とはいえ、私達が呼んでいるにも関わらず来ないなんてこと、ありえないのではないかしら」

八幡「うっ……」

結衣「平塚先生に~、小町ちゃんに~、中二に~……あと彩ちゃんも呼んであるんだけどなー」

八幡「マジで! 戸塚も来んの!? 行く行く! 超行く!!」

雪乃「…………」ギロッ!

八幡「ひぃぃぃっっ!」ビクッ
205 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/13(水) 00:21:31.63


結衣「もう! あたし急いでるのにヒッキーのせいで余計に時間食っちゃったじゃん!」

八幡「俺のせいかよ……」

結衣「とにかくまた明日ね! それじゃっ!!」

雪乃「えぇ、また明日」

八幡「じゃあな」


   スタタタタタタ




雪乃「……本当に、残念だったわね」

八幡「あ? 急になんだよ」

八幡(俺の頭が残念だとでも言いたいの? 何それ傷つく)

雪乃「彼女のことよ。せっかく、模試では成果を出せていたのに」

八幡「あぁ、そのことか。あいつ自身も、勉強教えてた俺達も、十分頑張ったさ。現に由比ヶ浜の学力はどんどん良くなってきていた」

雪乃「そうね……」

八幡「たとえ第一志望が駄目だったとしても、努力してそれ相応の結果も出せたんだ」
八幡「一流大学を狙ってたわけでもないんだから、第二志望校でも別に問題ないだろ? それで悲しむ必要がどこにある」

雪乃「そう言う割には、あの時泣き叫んでいた彼女を見て、あなたまで痛ましい表情をしていたような気がするのだけれど」

八幡「ならそれは気のせいだ。おまえが勝手にそう思っただけに過ぎない」


八幡(そのことを、今更考えたところで何も変わらない。悲しんだところでどうにもなりはしない)
八幡(だから、一番辛いのは由比ヶ浜本人なはずなのに、俺が苦しむのは間違っている)

206 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/13(水) 00:23:46.84


雪乃「そう。なら、私はもうそのことについて何も言わないわ」

八幡「あぁ、悪いな」

雪乃「…………」





八幡「……話は変わるが、おまえはどのタイミングで卒業したことになるんだと思う?」

雪乃「たしか……3月いっぱいは高校生で、4月に入った時点で大学生へ身分が変わるはずだったけれど」

八幡「そういうユキペディアさん的なことを聞いているんじゃなくてだな、気分的な話だよ」

雪乃「その不快な呼び方を止めてもらえないかしら」

八幡「そっちこそ今まで散々変な呼び方してきてただろ。いいから質問に答えてくれよ」

雪乃「そうね、卒業式が終わった瞬間……いえ、私にとっては、この部室から外へ足を踏み出した時かもしれないわ」


八幡(そうか。本当は明日に引き延ばしたかったんだが、なら、仕方ないな)


八幡「……卒業前に、おまえに話しておきたいことがある」

雪乃「何かしら」



207 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/13(水) 00:24:25.26








八幡「なぁ雪ノ下、俺と友だ──」



雪乃「ごめんなさい、それは無理」







208 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/13(水) 00:25:58.14


八幡(テヘッ☆ やっぱり駄目でしたとさ)



八幡「おい、嫌じゃなくて『無理』ってなんだよ。生理的に無理とかそういうあれなわけ?」

雪乃「別にそういう意味では……」

八幡「くそっ! ぜってーOKもらえるタイミングだと思ってたのに、また俺の勘違いかよ」
八幡「でもほら、三度目の正直って言葉もあるくらいだし、今度こそ行けると思っちゃっても仕方なくね?」

雪乃「二度あることは三度あるとも言うわね」クスッ

八幡「そのいい笑顔で人をおちょくるのを止めろ……」

雪乃「……これは由比ヶ浜さんから聞いたことなのだけれど、友達と言うのは口で了承したからなるものではなく、自然となっているものなのだそうよ」

八幡「それはそうかもしれんが……」

雪乃「だから、その、2年間同じ部室で……それなりに良い時間を共有し、時には喧嘩をしたり、協力したり、共に歩んできた私達の関係は……わざわざ承諾を得るまでもなく、既に、えっと……」モジモジ


八幡(……マジかよ。何これホントにあの氷の女王? 超カワイイんだけど)


八幡「あー、えっとだな……、大体言いたいことは分かったから、無理に言わなくてもいいぞ」

雪乃「しかし、こういったことははっきりと口で伝えておかないと、何かこう、スッキリしないというか……」

八幡「明日も会うんだろ? その時気まずくなっても俺は知らねぇぞ」

雪乃「それもそうね。なら、今私が言ったことは忘れなさい。今すぐに」

八幡「そんな『今すぐ記憶を抹消してあげようかしら』みたいな目付きでこっち見んな!」

雪乃「ふふっ」


わずかに開いた部室の窓から、爽やかで心地よい春風が入り込む。

風になびく綺麗な黒髪と、彼女が浮かべる柔らかな笑顔が、脳に鮮明に焼きつく。

この瞬間を、今日という日を、奉仕部で過ごした2年間を───




          ───俺は、ずっと忘れない。

209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/13(水) 03:22:49.39
おつおつ
いやいい雰囲気出してんな
213 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 01:22:16.55
   【⑱ただいま】





FROM 由比ヶ浜 結衣
SUB  ( ・∀・)ノ やっはろー!

ゆきのんゆきのんo(。・ω・。)o
そろそろこっちに着いたー?




FROM 雪ノ下 雪乃
SUB  Re: ( ・∀・)ノ やっはろー!

既に千葉には到着したわ。
今は駅からタクシーで家へ向かっているところよ。




FROM 由比ヶ浜 結衣
SUB  Re2: ( ・∀・)ノ やっはろー!

わっ!
タクシーとかなんかブルジョワだっ∑(゜ロ゜ノ)ノ

でももう千葉に居るんだね
よかった~
じゃあ明日には会えそうな感じ?




FROM 雪ノ下 雪乃
SUB  Re3: ( ・∀・)ノ やっはろー!

えぇ、大丈夫よ。

そろそろ家に到着しそうだし、時間や集合場所に
関しては後程連絡させてもらってもいいかしら?




FROM 由比ヶ浜 結衣
SUB  Re4: ( ・∀・)ノ やっはろー!

りょーかい(☆`・ω・)ゞ
214 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 01:25:57.27







       ~雪ノ下家~



   ガチャッ!
雪乃「ただいま」

陽乃「あっ! 雪乃ちゃんおかえり~!!」

雪乃「……なぜ玄関で待ち構えているのかしら」

陽乃「え? そりゃあ愛しの妹が久々に帰って来るんだもん!」

雪乃「質問に対する答えになっていないじゃない」

陽乃「えぇー! 雪乃ちゃんつれなぁ~い」ブーブー!

雪乃「……一応、出迎えてくれたことには感謝しておくわ」

陽乃「や~ん、もっと素直に喜んでくれればいいのにー。お姉ちゃん楽しみで楽しみで仕方なかったんだよ?」

雪乃「喜ぶもなにも、別に嬉しくもなんともないのだけれど」
雪乃「大体、ゴールデンウィークにも実家へ戻ってきたのだし、そこまで久し振りというわけでもないのだし……」

陽乃「うぅ~ん、私もガハマちゃんみたいに『ゆきのんきゃわわー!』とか言って抱きつけば、雪乃ちゃんに優しくしてもらえるのかなぁ?」

雪乃「由比ヶ浜さんはそんなこと言わないわ」

陽乃「そうだっけ?」

雪乃「本当、姉さんは変わらないわね」

陽乃「もっちろん! 私は昔っから雪乃ちゃんのことが大好きな、優しい優しいお姉ちゃんのままだよ!」

雪乃「…………」

215 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 01:30:06.94


雪乃(姉さんが私を本当に気にかけてくれていたこと、そして、そのおかげで奉仕部が出来たということを、あの日の平塚先生の話で私は知った)

雪乃(それが紛れもない事実である以上、とても感謝しているし、先程の言葉を一蹴するのも少し気が引けてしまうけれど……)

雪乃(でも……)


陽乃「もうちょっとお喋りくらい楽しもうよー! せっかく仲良し姉妹に───」
雪乃「仲良し姉妹になった覚えなんて微塵もないわ」キッパリ!

陽乃「そんなぁ~~~」シクシク


雪乃「はぁ……。あとで会話くらいしてあげるから、少しそこをどいてもらえないかしら」
雪乃「荷物を部屋に置いたり、シャワーを浴びるくらいのことはしたいのだけれど」

陽乃「ほんと? じゃあちゃんと後でお姉ちゃんの部屋に来てね! 約束破ったらお仕置きだよ!!」ピョンピョン!

雪乃「…………やっぱり、口を利くのすら止めた方が良かったのかしら……」

陽乃「!?」



雪乃(まったく……。もう少し落ち着いてほしいものね)ヤレヤレ…

216 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 01:41:31.43
   【過去篇其ノ十三:かくして、命令は遂行される。】




   ~高校三年時、3月上旬~

八幡「なぁ小町、今日ってもう2月じゃないよな……」

小町「は? 昨日の卒業式が3月1日なんだから、今日が2月なわけないじゃん」

八幡「外見ろ外」

小町「わぁ~。雪だ雪!!」

八幡「なんで3月なのにこんなに寒いんだよ。外出たくねぇ……。ずっと家に引きこもってようぜ……」

小町「何言ってんの! お兄ちゃんは今から戸塚さん達を迎えに行くんでしょ!!」


   ガタリッ!
八幡(俺としたことが……、戸塚を迎えに行くという大切な使命を見失っていただとっ!?)


八幡「よし! 今すぐ行こう! 即刻家を出よう!!」

小町「小町は一足先に、雪乃さんちに行ってるからね」

八幡「おう。戸塚は俺に任せろ!!!」

小町「中二さんも忘れないであげてね……」ヤレヤレ…




・・

・・・

・・・・

・・・・・


八幡(そんなこんなで、現在雪ノ下の部屋にて卒業パーティー中である)

八幡(材木座なんか、ここに着くまでの間
『八幡よ! 今から一人暮らしな女性の部屋へ突入というドキドキワクワクなシチュエーションのはずなのに、我はなぜヒヤヒヤしているのであろうか!』
『もしや……、これが武者震い!?』
とかなんとかウザかったが、なんだかんだで結局普通に楽しんでいる様だ)


217 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 01:48:28.36


彩加「この料理、どれもすっごく美味しいね~」

小町「ありがとうございますー! そう言ってもらえると頑張って作った甲斐がありました!」エッヘン!

義輝「八幡八幡、この肉が特に美味いぞ! これがあの噂に聞く、超S級食材を使用した幻の珍味であるかっ!?」

八幡「何がS級食材だ。雪ノ下と小町が料理したんだから、そりゃなんだって美味いだろ」

平塚「残念だったな比企谷、材木座の発言は案外的を射ていたぞ?」

八幡「へ?」

平塚「その肉は私が大金を叩いて買ってきた超高級ビーフだ! 心して味わうが良い!!」

結衣「わぁ~! 先生太っ腹ー!!」

平塚「ハッハッハ!! なぁに気にするな、私から君等への卒業祝いだ!!!」ババン!


八幡(確かにメッチャ美味いし嬉しいんだけど、教師からの卒業祝いが肉ってどういうことだってばよ……)




・・

・・・

・・・・

・・・・・


結衣「あぁ~、おいしかったー!!」ノビー!


八幡(おい。おまえがあんまり伸びの姿勢を取るな! 視線を制御するのが大変になっちゃうだろ!!)


小町「でもそろそろ解散の時間ですかねぇ」

彩加「寂しいけど、もう遅いしそろそろ帰らないとだね」

結衣「えぇ~~~」

八幡「えーも何も、由比ヶ浜の場合最初から帰る気なかっただったろ。なんだそのお泊まりセットは」

結衣「あ、バレてた?」アハハー


218 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 01:53:55.35


雪乃「由比ヶ浜さん」チョイチョイ

結衣「ん?」スタスタ

雪乃「─────────」ヒソヒソ
結衣「っ! あ、うん。ありがと……」

八幡「?」

雪乃「気にしなくてもいいわ」

結衣「ゆきのん大好きー!」ダキッ

雪乃「だからそれはやめなさいと何度も……」

結衣「いいじゃんいいじゃーん!」
   イチャイチャ



平塚「さて、そろそろお暇させてもらうとするか」

彩加「そうですね」

平塚「もう暗いし、雪が降っていて外は危ない。私の車で送っていこう」

小町「わーい! ありがとうございまーす!」

彩加「ありがとうございます!」

義輝「感謝感激雨霰!!」


八幡「んじゃ、俺もお言葉に甘えて……」


平塚「悪いな比企谷、この車、4人乗りなんだ」


八幡(な、なんだってー!!)


八幡「……それマジっすか」

小町「だんだん雪弱くなってきてるみたいだしそろそろ止みそうだから、時間空けてから帰って来たら?」

義輝「フハハハハ! 貴殿の日頃の行いが悪いからこうなるのだ!!」

彩加「ごめんね、八幡……」

八幡「えっ、ちょっ……」

小町「なんなら結衣さんと一緒に、ここに泊まってっちゃえばいいじゃん! そしたら小町的に──」

雪乃「それは私的にポイント低いのだけれど……」

小町「あ、ごめんなさい」


219 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 02:00:18.35



雪乃「私は見送りに行ってくるから、留守番よろしく」

結衣「うん」

八幡「あー、じゃあ俺も見送りに……」

小町「お兄ちゃんは来ちゃダメっ!」

雪乃「あなたはここで大人しくしていなさい」

彩加「八幡、由比ヶ浜さん、またいつか遊ぼうね!」

義輝「さらばだっ!!」

平塚「じゃあな。……頑張りたまえ」

八幡「頑張れって一体何を……」

   バタン!



八幡「…………」

結衣「…………」

八幡「本当に置いてかれちまった……」

結衣「そ、そうだね」タハハー…


八幡(おい、目を逸らしながら苦笑すんな。この2人きりな状況、計画的なのがバレバレなんだよ……)




結衣「えっと……、高校生活も、ついに終わっちゃったね」

八幡「そうだな」

結衣「楽しかった?」

八幡「楽しいことばかりではなかったけど、小学生や中学生時代の俺が今の自分を見たら、きっと羨ましがるだろうよ」

結衣「そっか。よかった」


八幡「今まで、色々とありがとな」

結衣「もぅ。そんなお別れみたいなセリフ、今言わないでよ」

八幡「…………」
221 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 02:04:32.19

結衣「ヒッキー……、あの、さ」

八幡「……なんだ?」

結衣「もしあたしが、今、この場で想いを告げても……、多分ヒッキーは応えてくれないよね?」

八幡「さぁな」

結衣「誤魔化さないで」

八幡「言い訳でもなんでもなく、正直、本当に分からないんだ……」


八幡(自分に正直になろうにも、『由比ヶ浜と離れたくない』と思う自分も、『無理に繋がりを継続させた所でいずれ破綻する。ならばこのタイミングで距離を取った方が良い』と考える自分……、どちらも混在している)

八幡(今までの俺なら、こんなことで悩んだりしなかったはずだ。迷わず後者の道を選んでいた)
八幡(この比企谷八幡ともあろう者が、何かしら変化してしまっているのだろうか……)


八幡(俺は、一体どうしたら…………)グッ…


結衣「やっぱ、困っちゃうよね。……ごめん」

八幡「なんでおまえが謝るんだよ。悪いのはどう考えても、煮え切らない俺の方だろ」

結衣「そんなことないよ。だって、『この先も一緒に居られるなら、ヒッキーはそれで安心できる?』とか、『無事に合格したら、聞いてほしい話があるの』って言っときながら、受験失敗しちゃったのはあたしのせいだもん……」



結衣「だから、まだいいの」

八幡「……?」

結衣「別々の学校になっても、あたし達ならきっと大丈夫だって証明してみせる!」
結衣「それでヒッキーが、色んなことを信用して、安心できるようになったら、その時は……ね?」

八幡「……そう、か」

222 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 02:05:36.62

結衣「うんっ! 待たないでこっちから行くって、ずっと前に決めたもん。そう簡単に諦めるわけないじゃん!」


八幡(ふぅ……。人の感情の機微に聡い由比ヶ浜のことだ。俺の葛藤も、臆病な部分も、煮え切らないところも、全てバレているのだろう)

八幡(これは単に、猶予期間を貰ったにすぎない)

八幡(これから先どうするべきなのか、今一度考えなければならないんだろうな……)


結衣「その内連絡するから、また遊ぼうね」

八幡「暇だったらな」

結衣「メール無視しちゃ駄目だよ?」

八幡「いくらなんでも無視はしねぇよ。メールに気付くのは遅れるかもしれんが」

結衣「もぅ!」



八幡「んじゃ、俺もそろそろ帰るわ」

結衣「うん。それじゃあまた………あああっ!!!!!」

八幡「うるせぇ」

結衣「だって! あと1つ大事なこと忘れてたっ!!」

八幡「んだよ?」



結衣「命令っ!」ビシッ!

八幡「…………」



223 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 02:08:23.48


八幡「よし、帰るとするか……」ヨッコラショ

結衣「待て」ガシッ!

八幡「ぐえっ! 襟引っ張んな!!」ゲホッ…

結衣「だったら逃げんなし!!」


結衣「普通に可能なことで、この場だけで終わるような命令だったら何でも良いんだよね?」

八幡「……お手柔らかにお願いします」

結衣「だいじょぶだいじょぶ。あたしが言おうと思ってる命令は、今までにヒッキーがやったことのあることだから」


八幡(今までに俺がやったことのあること? 一体何をさせるつもりなんだ?)


結衣「あの、さ……。この前いろはちゃんにやったのと同じこと、あたしにもしてもらえないかな……?」

八幡「あ?」

結衣「だからぁー……、抱きしめながら頭撫でたり、してあげたんでしょ?」

八幡「ナンノハナシデスカ?」

結衣「別に怒ってるわけじゃないし、隠さなくってもいいんだけどな」
結衣「たしかにちょっと嫉妬しちゃうけど、ヒッキーは普通に良いことしたと思うよ?」

八幡「ちょっと待て。俺は一色を抱きしめたりなんてしてない。あいつが勝手に抱きついてきたから、落ち着くまで頭を撫でてやってただけだ」
八幡「……そもそもなんで知ってるんだよ」


八幡(葉山に振られたことを一色が自ら誰かに教えはしないだろうし、葉山が言いふらすとも到底思えない)
八幡(他にあの件を知ってるやつなんて居ないはずなんだが……)


結衣「小町ちゃんがね、いろはちゃん本人から聞いたんだって。ほら、あの二人最近かなり仲良いみたいだし、信用して話しちゃったんじゃない?」


八幡(小町ェ……。一色がそれだけ小町のことを信用してくれているというのは俺としても嬉しいが、当の小町が他人にバラしちゃったら意味ないだろ!)
八幡(お兄ちゃんガッカリだよ!!)


224 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/14(木) 02:10:09.90


八幡「はぁ……」

結衣「あはは。多分小町ちゃんもあたし意外には話してないだろうし、そんなに気にしなくっても平気なんじゃないかな?」

八幡「噂ってのは、そうやって徐々に広まっていくもんなんだよ。おまえは誰にも話してないだろうな?」

結衣「さぁ? ヒッキーがちゃんと命令きいてくれなきゃ、ポロッとゆきのんに話しちゃうかもよ?」

八幡「策士め……」


八幡(あの時俺が一色にしたこと──頭を撫でながら、「一色は頑張った」と声を掛けてやる──は、以前由比ヶ浜にしてもらったことのパクリである)
八幡(それを本人に知られてるとか恥ずかしすぎるんですけど……)


結衣「命令は絶対、でしょ?」


八幡(そう言って由比ヶ浜は、俺の胸に軽くもたれかかってくる。心臓の音聞かれてないよね大丈夫だよねっ!?)


八幡「……撫でればいいのか?」

結衣「うん」ギュッ…

八幡「い、いくぞ」ゴクリ…


八幡(現在の由比ヶ浜は、ここに泊まることを前提としていたためか、いつものお団子をほどいてある状態だ)

八幡(一撫でする度に、毛先の整った癖のない髪の感触が、俺の指と脳裏に深く刻み込まれる)


結衣「やっば……。何これ、恥ずかしすぎてヒッキーの顔見らんないんだけど……」///

八幡「終わりにするか?」

結衣「……終わりにしたいの?」

八幡「い、いや、そういうわけじゃ……」

結衣「じゃあ、飽きるまで続けて……」



八幡(結局、俺と由比ヶ浜が離れることができたのは、かなり時間が経過してからのことであった……)



231 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 00:03:37.54
>>227 >>228 >>229
乙あり


今ラストに向かって書き貯めてるから、今晩は更新できそうにないや。
すんません。
236 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:28:52.21
   【⑲暑苦しい】



八幡(8月15日の午後12時半くらいのこと、病気になりそうなほど眩しい日差しの中……って、なんだよこの変な事件に巻き込まれそうなモノローグは)
八幡(事故には二度と会いたくないし、ループ物も御勘弁願いたい)
八幡(どこぞの人気アニメなんて夏を8回繰り返しただけですげぇ叩かれていたのに、エンドレスエイトサウザントなんてやったらきっと誰も見てくれないだろう)


八幡「…………」

結衣「ヒッキー?」


八幡(あぁ~、早く新刊出ねぇかな。もう分裂がどんな話だったかうろ覚えなんだけど)


結衣「ちょっとヒッキーってば! どうしたの? なんか難しい顔して」

八幡「いや、別になんでもねぇよ。それより急がなくていいのか?」

結衣「わっ! もうこんな時間!? 早くしないとゆきのん待たせちゃう!!」



・・
・・・
・・・・
・・・・・


   ~繁華街的な集合場所~

結衣「あれ? もうすぐ1時になるのに、ゆきのんまだ来てないね」

八幡「あいつなら早めに来てそうなもんだがなぁ」
八幡「こちとらこんな暑い中急いできたってのに、向こうが遅れてきたら嫌味の一言でも浴びせてやるか」

結衣「もう! そーゆーこと言わないの!! きっとすぐ来るって」
237 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:30:52.28

八幡「いや、分からんぞ?」
八幡「雪ノ下の場合かなり極度な方向音痴だから、数ヶ月ぶりの千葉県に戸惑い迷子になった挙げ句、最悪集合場所まで辿り着けないなんてこともありえるかも───」

雪乃「本人が居ないのをいいことに、随分と言いたい放題してくれていたようね?」
八幡「げっ」


八幡(こいついつの間に来たの? つうか急に背後から現れるなよ。こえぇよ……)



結衣「ゆっきのーーーん!!」ダキッ!

雪乃「きゃっ! 由比ヶ浜さん、いきなりくっつくのは……」

結衣「しょうがないじゃん! 早く会いたかったんだもん!!」


八幡「こんな炎天下の中ゆりゆりすんな、見てるこっちが暑苦しいから」

結衣「えー。だって久々にゆきのんに抱きつくとなんかヤバイよ? 髪も肌も超サラサラのスベスベだし!」

雪乃「っ!/// 変なことを言うのは止めなさい! 早く離れて……わっ!」クラッ!
八幡「……おっと」トサッ


八幡(あ。受け止めた時に少し髪に触れちゃったけどマジで超サラサラ。これはヤバイ)


八幡「危ねえなぁ、平気か?」

雪乃「……助かったわ」

結衣「ゆきのんごめん! 大丈夫?」

雪乃「えぇ、大丈夫よ。少しよろけただけだから」
238 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:32:49.19

八幡「由比ヶ浜に抱きつかれた程度でよろけるなんて、珍しいこともあるもんだな。夏バテか?」

雪乃「夏バテや体調不良という程のものでもないわね。ただ寝不足なだけだから、心配には及ばないわ」

結衣「寝不足? もしかして、家でなんかあったの?」

雪乃「…………その通りよ」

結衣「……ゆきのん、家絡みの問題じゃあたしには何もできないかもしれないけど、相談に乗るくらいなら───」

雪乃「姉さんの長話に付き合わされて、朝まで寝させてもらえなかったわ……」ドンヨリ…

結衣「あ、あははー。家ってそういう……。それはそれでなんか大変そうだね……」

八幡「ま、姉妹仲も良好になった様で良かったな」

雪乃「好き勝手言うのをやめなさい。別に姉さんと仲良くなったというわけでは……」

結衣「まあまあ良いじゃん! それより早くどっかお店入ろうよ。お腹減っちゃった」

八幡「なら12時くらいに集合しとけばよかっただろ?」

結衣「それだと絶対どこも混んでるじゃん。お盆だし」

雪乃「1時でもまだ混んでいると思うのだけれど、クーラーの効いていそうなところに早く入りたいという点には同意ね」
239 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:35:06.00

八幡「んじゃ、てきとーにサイゼでも行くか」

結衣「せっかく色々お店ありそうなとこに来たのになんでサイゼだし!」

八幡「だってほら、俺と由比ヶ浜はいつでもサイゼに行けるけど、雪ノ下は東京に住んでるわけだし」

結衣「東京にもサイゼあるからねっ!?」

八幡「あったとしても、本場の千葉のサイゼと他県のサイゼじゃ気分的に味が違うだろ」

雪乃「そんな風に感じるのはあなただけよ」

八幡「え、そうなの? そう感じるのって俺だけ? いやいや、お前等の千葉愛が足りないだけだろ!」

雪乃「そもそも、そこまで深い地元愛を抱いたことがないのだけれど……」

結衣「まったくもー! ヒッキーはいつもいつもめんどくさいなぁ」

八幡「おい、あんまり気安くめんどくさいとか言うなよ。由比ヶ浜に言われると、なんかこう、……色々と不安になっちゃうだろ」

結衣「メンタル弱すぎだからぁ! ヒッキーが面倒な性格してることなんて今更すぎるし、本気で嫌なわけじゃないからね?」

八幡「それフォローしてるつもりかよ……」

240 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:36:57.74

結衣「あ~あ、せっかくさっきのこと不問にしといてあげようと思ったのになー。怒っちゃおっかなー」

八幡「は? さっきのこと?」

結衣「うん。ゆきのんがよろけてヒッキーが支えてあげた時、ちょっと鼻の下伸ばしてたでしょ?」

八幡「っ!?」

結衣「元はといえばあたしが悪いわけだしスルーしといたけど、ほんとは気付いてたんだからね!!」

雪乃「……比企谷くん、彼女持ちでありながら私を厭らしい目で見ていたなんて最低ね」

八幡「ちょっとまて! 厭らしい目で見たりなんてしてないから!」


八幡(ほんとほんと。嘘じゃないって。ただちょっと髪の感触にクラッときちゃっただけだから!)
八幡(……こんくらい仕方なくね?)


結衣「…………」ジトー…

八幡「うっ……」

結衣「ヒッキーの浮気性……」

八幡「……安心しろ。何があっても、お、俺は由比ヶ浜一筋だ」

結衣「ちょっ! ヒ、ヒッキー? 急に何言ってんの!?」アタフタ
結衣「いや、あの、かなり嬉しいんだけど時間と場所は弁えてほしいっていうか、えぇと、その……」///
241 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:38:00.53


雪乃「人前でイチャつくのはやめてもらえないかしら?」

結衣「いちゃ!? ち、ちがっ!」


八幡(うをぉぉぉおおお!!! 雪ノ下の前だというのに俺はなんという発言をしてしまったんだぁぁぁあああ……)


雪乃「あと、先程の比企谷くんの『こんな炎天下の中ゆりゆりすんな、見てるこっちが暑苦しいから』という発言は誤用よ」
雪乃「『炎天下』と『中』では意味が被ってしまうじゃない。正しい使用例としては、そうね……」

雪乃「こんな炎天のもとイチャイチャするのはやめなさい、見てるこっちが暑苦しいから。……といったところかしら」


結衣「わーわーわー! だからイチャイチャしてたわけじゃないからぁ!!!」><

八幡「……俺達からかって楽しんでるだろ」

雪乃「さぁ、それはどうかしらね? ふふふ」

242 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:39:46.35
   【過去篇其ノ十四:そして、比企谷八幡と雪ノ下雪乃は……。】




    ~高校三年時、3月上旬、卒業パーティ後~


八幡(マンションを出ると、そこは雪国だった……)


八幡「……って、なんでおまえ外に居るんだよ。まさかずっと、雪の中突っ立ってたのか?」

雪乃「随分と遅かったわね。あなた達がどんな淫らな行為をしているのか分からないのに、部屋に戻れるわけないでしょう?」

八幡「んなことしてねぇよっっっ!!」


八幡(ったく……。なんつーこと言いやがるんだ、こいつは)


八幡「つうか、なら部屋に戻らないまでもマンション内に入るとか、いくらでもやりようはあっただろ」

雪乃「心配してもらわなくても大丈夫よ。ちゃんと防寒具は身につけているのだし、暑いのより寒い方が好きだから」

八幡「まぁ、大丈夫ならそれでいいけど……」
八幡「なんか変な気ぃ使わせちまったみたいで、悪かったな」

雪乃「そんなこと気にしなくてもいいわ。私が勝手にやっていることだもの」

八幡「おまえが由比ヶ浜に甘いのはいつものことだが、俺にまでそういう態度ってのは……少し調子が狂うな」

雪乃「あら、いつもみたいに罵倒した方がよかったかしら? もしかして、あなたMなの?」

八幡「ちげぇよ……」


八幡(違うよね? 俺Mじゃないよね?)


雪乃「刺々しい方がいいと言うのであれば、そういった態度を取ってあげないこともないのだけれど」

八幡「なんだそれ……」


243 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:41:43.83


八幡(そういえば、昨日の卒業式後の一幕。あれってつまり、俺と雪ノ下はもうとっくに友達だった……ってことでいいんだよな? いいんだよね?)


八幡「…………」

雪乃「ッ……。変な視線をこちらに向けるのはやめなさい」

八幡「あ、悪い……」


八幡(昨日と今日で、結構恥ずかしいことしてんなー……。黒歴史ではなく良い記憶になってくれることを切に願おう)


雪乃「それで、由比ヶ浜さんとあなたの関係は、結局どうなったのかしら?」

八幡「どうもなってねぇよ。今まで通りだ」

雪乃「そう」


八幡「…………」
雪乃「…………」


八幡「……何か文句を言われるものだとばかり思ってたんだが」

雪乃「やはり私に詰られるのが好きなようね。あなたにそのような性癖が本当にあったとは思っていなかったわ」
雪乃「少し認識を改めた方がいいのかしら……」

八幡「いやだから違うって!」
八幡「さっき由比ヶ浜に変な命令されたばかりなせいで、今かなりいっぱいいっぱいなんだから、これ以上俺の頭をごちゃごちゃにするのは勘弁してくれ」

雪乃「どんな命令をされたのかは、聞かないでおいてあげるわ」

八幡「……助かる」

雪乃「それに、あなたと由比ヶ浜さんの関係について何も思うところがないわけではないけれど、あえて口に出したいことはないもの」

八幡「そうか」

雪乃「えぇ。正直、あまり心配していないわ」
雪乃「比企谷くんのことだから、少し由比ヶ浜さんと距離を置こうなんて考えているのかもしれないけれど、どうせそんなことは無理だもの」フフッ

八幡「どういう意味だよ」

雪乃「さぁね。きっと、その内分かるわ」



244 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:43:43.30



八幡「これ以上外で話してるのもあれだし、そろそろ帰るわ」

雪乃「えぇ。いつかまた、会いましょうね」

八幡「大げさな言い方だな。俺もおまえも千葉県内の大学に通うわけだし、会おうと思えばいつでも会えるだろ?」

雪乃「私はあなた程暇人ではないのだけれど。それに……、本当にいつでも簡単に会えるわけではないもの」

八幡「そうなのか?」

雪乃「えぇ。これはまだ由比ヶ浜さんにも言っていないことなのだけれど……、私、東京の大学へ行くことになったの」

八幡「えっ」

雪乃「だから三月半ばには引っ越すし手筈になっているし、」

八幡「ちょっと待て! おまえ、地元の国立理工系の大学に行くんじゃ……」

雪乃「そんなこと一言も言っていないじゃない。あなたが勝手にそう思い込んでいただけでしょう?」


八幡(そういえば、前にどこの大学に行くのかという話になった時、確かに雪ノ下ははぐらかしてちゃんと応えていなかった)
八幡(俺はあの時特に何も思いはしなかったが、まさか、本当に……)


八幡「なんで今まで黙ってたんだよ」

雪乃「……ごめんなさい。どうしても、言いだし辛かったのよ。由比ヶ浜さんにも、この後ちゃんと話しをするわ」

八幡「…………」

雪乃「私が東京へ行くことが、そんなに意外かしら?」

八幡「あぁ。意外っちゃ、意外だな」

雪乃「姉さんの様にならなくてもいいと言ってくれたのは、あなたじゃない……」
245 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:46:08.11


雪乃「だからもうやめたの」

雪乃「最初は姉さんと同じ大学へ行くつもりだった。姉さんと違う道を選んでしまえば、まるで逃げている様で、自分で自分のことが嫌になってしまいそうだったから……」

雪乃「でも比企谷くんの影響で、そんなことは気にせず自分の好きな道を選ぼうという気になったのよ」


八幡「俺のせいかよ」

雪乃「あなたのおかげよ」

八幡「そ、そうか……」



八幡「じゃあ、これでしばらくの間、本当にお別れになるわけか」

雪乃「そうね。少しは寂しかったりするのかしら?」

八幡「馬鹿言え。んなわけあるか。ただ、まぁ、その……」




八幡「雪ノ下、おまえと友達になれて、本当に良かった」


雪乃「私も、あなたと出会えて、本当に良かったわ」





八幡「そんじゃ、またいつか、な」

雪乃「えぇ。またいつか」


八幡(こうして、二度と戻る事のできない輝かしい日々は、ひとまず幕を閉じたのであった……)

246 : ◆EJ0MB3jlw2 :2014/08/15(金) 12:53:17.24
過去篇はこれにて終了。

250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 15:13:59.48
おつおつ
もう終わりか…俺の楽しみがおわってしまう…
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/15(金) 16:11:41.60
おつおつ
原作でもゆきのんルートじゃなかったらこんな感じになりそうだなー
八幡相変わらずめんどくさいけど卒業したら本当に仲のいい一部以外とは疎遠になるし不安になる気持ちはあるんかなぁ
次回スレ:

由比ヶ浜「キス……しても、いい?」 八幡「なっ!?」 【後編・後日談】


このシリーズSSと過去作:

【俺ガイル】 八幡「例えば、あり得たかもしれないそんな世界」


由比ヶ浜「キス……しても、いい?」 八幡「なっ!?」


絵里「あの子達なら、私達が居なくても大丈夫そうね」 希「せやな~」


【ラブライブ!】園田海未(21)「穂乃果が……だっ、だだだ男女交際ぃッ!?!?」


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

さすが、はっぴーさん


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク