FC2ブログ

P「体がハッピーターンの味になった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 10:21:20 ID:F45dD3DQ


  765プロ事務所


P「おはようございまー」ガチャ



美希「……」サクサクサクサク

貴音「……」パクパクパクパク

響「……」モシャモシャモシャモシャ



P「って、アイツら何を食べてるんですか?」チラッ

小鳥「新発売された、スペシャルハッピーターンらしいですよ」


P「ハッピーターン……お菓子、でしたよね?」

小鳥「はい。スポンサーから大量に贈られて来たらしくて」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 10:33:54 ID:F45dD3DQ


小鳥「あっ、プロデューサーさんもどうぞ」スッ

P「では一つだけ……」パクッ


P「……」

P「何か、俺には合わないですね」



美希「えーっ、ハッピーターン味が分からないなんて、ハニーの舌はオカシイと思うな」サクサクサクサク

貴音「このはっぴぃぱぅだぁが、美味しさの秘訣なのです」パクパクパクパク


響「一度食べたら止まらないさぁ!!」モシャモシャモシャモシャ

P「はいはい、ストップストップ。レッスン前に腹を膨らませてどうすんだ」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 10:41:45 ID:F45dD3DQ


P「それまでハッピーターンは没収な。ほれっ、終わったら食べてもいいから。ダンスレッスン行って来い」

美希「ああん!!」


響「ぐぬぬ……仕方ないぞ」

貴音「レッスンに行きましょう美希」スタッ



美希「わかったの……他の子たちにあげちゃダメだからね?」スタッ

響「じゃあ行ってくるぞっ」タタッ


貴音「では……」ペコリ

P「おう、頑張れよー」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 10:50:21 ID:F45dD3DQ


P「……」

P「まだダンボールの中に、半分ぐらい入ってるな。逆を言えば、ダンボール半分も食ったのか」


P「うえぇっ、考えただけで吐きたくなる……」

P「取り敢えず、ダンボールは俺のデスクの隣に置いとくか」ドサッ



真美「おっはよー!!」ガチャ

亜美「ぐもにー!!」


P「おはよう二人とも」

小鳥「おはよう。真美ちゃん、亜美ちゃん」ニコリ
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 11:07:11 ID:F45dD3DQ


真美「んんっ? くんくん……」

亜美「すんすん。なにやら兄ちゃんの方から、おいしそうな匂いがしますなぁ」ヒクヒク


P「な、何もしませんよね小鳥さん?」ドキッ

P「よーし、三人で久し振りにカタンでもするか!!」アセアセ



真美「あやちー。これはは隠してますなぁ」ジトーッ

亜美「だせだせー!! チロルチョコにしろい!!」タタッ


小鳥「それを言うなら神妙に、じゃない?」

P「わっ、バカやめろ!! こっちに来るなっ!!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 11:25:12 ID:F45dD3DQ


真美「そのダンボールだよ亜美!!」クンクン

亜美「りょーかい!!」


P「通すかっ!! カバディカバディカバディカバディ……」ジリジリ

小鳥「あのっ」



真美「あちょー!!」バッ

P「一人目確保!!」ギュッ


亜美「ちょんわー!!」バッ

P「二人目確保!!」ギュッ
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 13:03:33 ID:F45dD3DQ


真美「はなせー!!」ジタバタ

P「大人しくするなら放すぞ?」


亜美「兄ちゃんのろりこーん!!」ジタバタ

P「ならロリコンだから放さない」



小鳥「まぁまぁ……こんなに有るんだし、ちょっとくらいなら良いんじゃないですか?」

P「し、しかしですね小鳥さん」


真美「にぃちゃん……」シュン

P「うっ」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 13:12:03 ID:F45dD3DQ


亜美「どうして、亜美たちだけ仲間外れにするの?」シュン

P「うぅっ……」


小鳥「プロデューサーさん?」

P「ああもう!! 少しだけだぞ?」パッ



真美「いやっほー!!」スタッ

亜美「さっすが兄ちゃん!!」スタッ


真美「おおっ、この中が……」クンクン

亜美「おいちそー!!」ガサゴソ
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 13:58:12 ID:F45dD3DQ


ブレイクアウレボリューショー♪

P「おっ、真からメールだ」ガンジカラメノダディープレー♪


真美「……」サクサクサクサク

亜美「……」パクパクパクパク



P「……」ピッ

P「小鳥さん、ハッピーターン買いつつ、真と千早を迎えに行って来ます。何か足りなくなりそうだし……」


小鳥「あははっ、お願いしますね」

P「全く……何が美味しいんだアレ」スタッ
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 14:10:32 ID:F45dD3DQ



 テレビ局地下駐車場


P「……」キィィッ

P「ほい、お待たせ」ガチャ


真「お疲れ様ですプロデューサー」

千早「お疲れ様です」ペコリ



P「二人ともお疲れ様。あっ……後ろの席に積んでる荷物は、助手席へどけて乗ってくれ」

千早「はい。この袋ですよね?」ガサッ


真「中には、何が入ってるんですか?」

P「ああ……新発売された、ハッピーターンってお菓子だよ」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 14:21:54 ID:F45dD3DQ


真「ハッピーターンですか!?」グイッ

P「何だ、知ってるのか?」


真「ボク、ハッピーターン好きなんですっ!!」

P「そうか……それじゃ出発するから、シートベルトしろよー」



真「ボク、ハッピーターン、大好きなんですっ!!」

P「……」


P「少しだけだぞ?」

真「わぁい!!」ガサゴソ
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 14:43:06 ID:F45dD3DQ


千早「そんなに美味しいの?」

真「そうだよ千早!! このハッピーパウダーが美味しさの秘訣なんだっ!!」ガサゴソ


千早「……」

千早「あの、プロデューサー」チラッ



P「少しだけな?」

千早「はいっ、ありがとうございます!!」ペコリ


真「……」サクサクサクサク

千早「……」パクパクパクパク
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 14:53:27 ID:F45dD3DQ


P(こりゃ、また買い足さないとな)



 しかし翌日……

 新発売のスペシャルハッピーターンは、中毒性を招く成分が大量に含まれていると報道され、全国で一斉回収&破棄がなされたのだった。
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/24(火) 17:03:37 ID:F45dD3DQ



 一ヶ月後 765プロ事務所



P(ハッピーターンが、この世から消えて一ヶ月……)カキカキ

P(禁断症状からかしばらくは、イライラしたりソワソワしたりするアイドルも多かったが、ようやく最近、元へ戻ったように感じる)



P「よしっ、事務作業終わりっ!!」ガタッ

P「次の仕事までまだ時間あるし、しばらくソファーに座って休むか……」


P「ほっ」ボフッ

P「うあー、このソファーに座ると、マジで瞼がしゅんころだ」ウトウト
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 09:39:36 ID:geBtXYo2


P「……」

P「すぅっ、すぅっ……」コックリコックリ


真美「おっはよー!!」ガチャ

亜美「ぐもにー!!」



真美「あれっ、誰もいないの?」キョロキョロ

亜美「ピヨちゃんも居ないよ?」


真美「あっ、ソファーに兄ちゃんはっけーん!!」タタッ

亜美「にぃちゃーーん!!」タタッ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 09:44:25 ID:geBtXYo2


真美「あそぼー!!」ダキッ

亜美「ドカポンしよーYO!!」ダキッ


P「……」

P「すぅっ、すぅっ……」



真美「ありっ?」

亜美「寝てるの兄ちゃん?」ユサユサ


真美「……」チラッ

亜美「……」コクリ
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 09:52:52 ID:geBtXYo2


真美「ぬっふっふー」ニヤニヤ

亜美「これは、イタズラのチャンスですな真美たいちょー」ニヤニヤ


真美「でも、どうしよっか?」

亜美「んーっ……」



亜美「あっ、まめでんきゅう!!」ピコーン

真美「おおっ!?」


亜美「亜美と真美で、左右から兄ちゃんの耳に、フーッて息を吹き掛けてみてはどうでしょう!!」ビシッ

真美「なるほどー、ビクッとさせるのですな? 採用であります亜美ふくかん!!」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 10:02:53 ID:geBtXYo2


真美「では」モゾモゾ

亜美「さっそく」モゾモゾ


真美「真美は兄ちゃんの右耳に……」

亜美「亜美は兄ちゃんの左耳に……」



真美「あ」

亜美「せーの」


真美「フーーーっ」

亜美「フーーーっ」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 11:04:09 ID:geBtXYo2


P「ん……」ピクッ

亜美「おっ?」


P「すぅっ、すぅっ……」

真美「起きないね」



亜美「よしっ、もっかいやろ……ん?」

亜美「くんくん」ヒクヒク


真美「どったの亜美?」

亜美「何か、くんくん……兄ちゃんから、美味しそうな匂いがするYO」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 12:41:25 ID:geBtXYo2


真美「美味しそうな匂い?」

亜美「くんくん。わかった!! 兄ちゃんの耳だ!!」


亜美「こりは、たまりませぬぞー」ジュルリ

真美「えっ? えっ?」



亜美「兄ちゃん、いただきまーす!!」

亜美「あー、んっ……ぱくっ。はむはむっ」ペロペロ


真美「ちょっ!?」ビクッ

真美「あ、亜美っ、何してんのっ!?」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 12:44:09 ID:geBtXYo2
ふぅ
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 14:57:01 ID:geBtXYo2


亜美「んまんま……ちゅっ、ぢゅちゅっ、じゅるじゅる」ペロペロ

真美「ダメだよそんな事しちゃ!!」アセアセ


亜美「んっ、ぷはぁぁっ!! へっへー、真美もやったらEじゃん?」

真美「うぅっ……」



亜美「兄ちゃんの耳ね、ハッピーターンの味がするよ?」

真美「えっ? ホント亜美!?」


亜美「ホントホントー。せっかく耳は二つ有るんだし、一緒にペロペロするっしょー!!」

真美「……」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 15:55:56 ID:geBtXYo2


亜美「真美がやらなくても、亜美はやるけどね」ニヤリ

真美「っ……」グッ


真美「ま、真美もやるっ!!」

真美「はむっ!!」パクッ



亜美「……」

亜美「やっぱり、二人一緒がイチバンだよね」ニコリ


亜美「んっ……ペロペロ、れろれろっ、あむあむっ」ニュルニュル

P「んっ」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 16:35:34 ID:geBtXYo2


真美「にぃちゃ……」チュパチュパ

P「んんっ?」


亜美「おぃひぃ……」チュパチュパ

P「んんんんんっ!!?」



P「なっ、なにやってんだお前ら!?」ガバッ

P「ほらっ、離れろ真美!! 亜美!!」


真美「んーっ!!」ギュゥゥッ

亜美「やーっ!!」ギュゥゥッ
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 16:43:19 ID:geBtXYo2


P「ヤじゃなくて、はー、なー、せっ!!」グイィィッ

真美「あっ」チュポン


P「ぬおおおおっ!!」グイィィッ

亜美「あんっ」ニュポン



P「はぁっ、はぁっ、ふぅぅぅっ……まったく、このイタズラっ子どもは」

P「って、俺の耳がベチョベチョな訳だが?」ネチョネチョ


真美「だって……」

亜美「兄ちゃんの耳、ハッピーターンの味がするよ?」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 16:52:51 ID:geBtXYo2


P「……」

P「はいっ?」


P「ハッピーターンって、発売中止なったアレか?」

亜美「そーだYO!!」



真美「ねぇねぇ兄ちゃん、真美たちに舐めさせてよー」クイックイッ

亜美「痛くしないからぁ、あむあむさせて兄ちゃん?」クイックイッ


P「まず、自分の体がハッピーターンになったって、物凄い不安を覚えるんだが?」

P「それに、そんなこと言ってさ? 急に噛まれたら堪んないぞこっちは?」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 17:00:56 ID:geBtXYo2


真美「お願い、兄ちゃん……」ウルウル

亜美「今日のおちごと、すんごーく頑張るからぁ」ウルウル


P「いや、普段から凄く頑張ってくれよ」

P(しかし、何だかよく分からないが、それで二人のやる気アップを得られれば安いもんか?)



P「……」グッ

P「少し、だけだぞ?」


真美「いえーい!!」ギュッ

亜美「さっすが兄ちゃん!!」ギュッ
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 17:10:27 ID:geBtXYo2


P(むっ、何か恥ずかしいな。目をつむって円周率でも数えとくか)

P(3.141145148101919364364……)


真美「じゃあ、真美は右から」スッ

亜美「亜美は左から」スッ



真美 亜美
「「いただきます、にぃちゃん……」」


真美「んっ」ペロッ

亜美「はむっ」チュッ
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 17:21:51 ID:geBtXYo2


真美「あれっ? れろれろっ……んーっ、さっきより美味しいよ兄ちゃん?」ペロペロ

P「知らんがな」


亜美「ぢゅるっ、ちゅっ……んーっ、さっきと何か違うこと無い?」チュッチュッ

P「ちがうこと、か?」



P「まぁ、今は起きてるし」

P「恥ずかしいっちゃ、恥ずかしいな……」


真美「なるほドゥ、これは新発見ですな」ニヤニヤ

亜美「兄ちゃんは、照れると美味しくなるんだNE!!」ニヤニヤ
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 21:32:33 ID:geBtXYo2


真美(これより、アダルト作戦をかんこーする!!)チラッ

亜美(らじゃー!!)コクリ


真美「……」

亜美「……」



真美「どうせなら、気持ち悪いより」

亜美「気持ちよくなりたいよね?」


真美「ね?」ボソッ

亜美「にぃちゃん?」ボソッ
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 21:36:59 ID:geBtXYo2


真美「んっ」チュッ

亜美「んっ」チュッ


P「……」

P(無心無心無心無心)プルプル



真美「これから真美たちが」

亜美「兄ちゃんの耳をペロペロするから……」


真美「どっちが気持ちいいか」

亜美「決めてね?」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 21:47:54 ID:geBtXYo2


P「あー、はいはい」

P(コイツらはどうやら俺を恥ずかしがらせたいみたいだが、俺はこの業界でノータッチノーロリータマンと言われた男。JCに何をされようが決して反応しない!!)キリッ


真美「それじゃ真美は……れろぉっ」ニュププッ

真美「耳の奥までぇ、舌で舐めてあげるね?」



P「……」

P「あひんっ」ビクッ


亜美「亜美は耳たぶとかぁ……はむっ」ムヂュッ

亜美「外側のコリコリして固いとことかを、あむあむしてあげるね?」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 21:57:02 ID:geBtXYo2


P「……」

P「あふんっ」


真美「ぬっふっふー、もう目がトロンとしてるよ兄ちゃん?」ニヤニヤ

亜美「やっぱりロリコンさんだー」ニヤニヤ



真美「……」

亜美「……」


真美「ちゅっ、ぢゅっ、れろれろっ」ニュルニュル

亜美「んむっ、ヂュウッ、ちゅるるる!!」チューチュー
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 21:59:19 ID:geBtXYo2


真美「ねぇ」

亜美「ねぇ」


真美「にぃちゃん」

亜美「にぃちゃん」



真美「真美と」

亜美「亜美」


真美「どっちが気持ちいい?」

亜美「どっちが気持ちいい?」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 22:07:19 ID:geBtXYo2


真美「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ、はぁぁっ……」

真美「真美だよね、兄ちゃん?」ニコリ


亜美「ちゅむっ、ぢゅるっ、ちゅっ、ぷはぁぁっ……」

亜美「亜美だよね、兄ちゃん?」ニコリ




真美 亜美
「「ねっ?」」



真美 亜美
「「選んでっ?」」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 22:11:40 ID:geBtXYo2


P「……」プルプル

P「もっ、もう終わりっ!! 子供にこんな事されても、なんとも無いぞ!!」


真美「……」

亜美「……」



真美「ウソだよ兄ちゃん」クスリ

亜美「兄ちゃんの体、どんどん美味しくなってくよ?」クスリ


P「うぐっ……」

P「とにかく終わり!! さぁさぁ、離れた離れた!!」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 22:19:26 ID:geBtXYo2


 ガチャッ

響「はいさーい、戻ったぞプロデューサー!!」

貴音「本日のレッスンは終了致しました」


P「おおっ!! ちょうど良い所に来た」

P「響、貴音、この二人をひっぺがすの手伝ってくれ!!」



真美「げっ!?」ビクッ

亜美「ひびきんにお姫ちん!?」ビクッ


響「何してるんだ二人とも?」タタッ

貴音「はてっ?」タタッ
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 22:23:34 ID:geBtXYo2


真美「な、なんでも無いYO!!」バッ

亜美「いつも通りだYO!!」バッ


P「あ、離れた」

響「んっ? んっ?」キョロキョロ



真美「……」

亜美「……」


真美(兄ちゃんがハッピーターンなのは)チラッ

亜美(秘密だねっ)コクリ
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 22:39:41 ID:geBtXYo2



  一週間後 アイドルフェス前夜

   控え室



P「ライトやドライアイスの演出準備も万端だし、舞台装置も不備は無し、と」

P(しかし、うちのアイドルのリハーサルを一通り見たが……真美亜美のコンビが、ぶっちぎりで仕上がってるな)


P(もともと以前から、今回は二人を組ませて見ようって決まってたが、どうやら正解だったようだ)

P(その要因はやはり……アレ、だよなぁ?)



P「……」

P「全く、普段から真面目にやれば良いのに」ボソッ
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 22:44:23 ID:geBtXYo2


 コンコン

P「んっ?」

貴音「いらっしゃいますか?」


P「貴音か? 入っていいよ」

貴音「失礼します」ガチャ



貴音「響」

響「自分も入るぞ……」トボトボ


P「何だよ、元気ないな?」

貴音「はい、実は……」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 22:56:14 ID:geBtXYo2


P「悩みが有るなら、今の内に吐き出しとけ」

P「響も同じ悩みなのか?」


響「そうだぞ……自分、完璧だけど」

響「ハッピーターンの事を忘れられないんだっ!!」ズイッ



P「……」

P「はっ?」


貴音「はっぴぃぱぅだぁの芳醇な香りが、何度も頭を過るのです……」

貴音「舌の記憶まで支配するとは、何ともいけずなはっぴぃたぁん」ウットリ
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/25(水) 23:02:37 ID:geBtXYo2


P「それで?」

P「まさか……ハッピーターンの味が頭をチラ付いて、歌やダンスに集中できないとか言わないだろ?」


貴音「……」

響「……」



P「あは、はは、はっ」

P「マジかよ……」


P「だからって、どうしようも無いんだぞ?」

P「アレはもう、この世に存在しないんだから。気持ちを切り替えて、フェスに集中するんだ!!」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 09:47:09 ID:7SFP2k2w


貴音「……」

貴音「真美と亜美は……」


P「どうした?」

響「真美と亜美は、ハッピーターンが消えたのに、凄く元気だぞっ!!」



P「……」

P「子供だからな。飽きるのも早いし、他の皆ほどハマってなかったんじゃないか?」


貴音「最初は、そう思っていたのです」

響「でも、聞いちゃったんだ……」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 09:57:32 ID:7SFP2k2w


響「二人がレッスン終わりに、「兄ちゃんにハッピーターン貰おう」って話してるのを!!」

P「……」


貴音「そして、貴方様の居る休憩室に入って行き……」

響「戻って来たら、「美味しかった」って言ってたぞ!!」ズイッ



P「見てたのか?」

響「だって!! だって、二人だけ生き生きしてるから……みんな、不思議だって」ウルウル


貴音「貴方様は美希を天才だと仰いましたが、先ほどのを見て、美希と真美と亜美、最もくおりてぃが低いのは誰でしたか?」

P「別に、美希もクオリティが低い訳じゃないだろ?」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 10:14:49 ID:7SFP2k2w


P「……」

P「あ」


貴音「その通りです」ニコリ

響「自分たちだってそうだぞ!! このままじゃ、このままじゃ……」



貴音「だから、一つで良いのです。我々にはっぴぃたーんを」ペコリ

響「うがーーっ、お願いさプロデューサー!! お別れハッピーターンさせてくれっ!!」


貴音「貴方様……どうか、らすとはっぴぃたーんの機会を与えてはくれませんか?」ウルウル

響「本当に一つでいいんだ。ファイナルハッピーターンして、未練を断ち切りたいんだ!!」
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:16:03 ID:7SFP2k2w


P(うぐぐっ……フェスに影響出られても困るしなぁ。真美と亜美には、あれだけ絶対に言うなって念押ししといたのに)

P(また言って置くか。それに)チラッ


貴音「貴方様……」ウルウル

響「ゔぅっ……」ウルウル



P(まっ、この二人なら精神年齢は高いし、今回だけで断ち切れるだろう)

P「よしっ!!」グッ


貴音「っ!?」

響「っ!?」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:22:57 ID:7SFP2k2w


P「二人とも、内緒にするって誓えるか?」

貴音「あっ、は……はいっ!!」コクリ


P「響は?」

響「っ……」コクコク



P「んじゃ、鞄の携帯ウォーマーから蒸しタオルを出して……っと」ポフッ

響「そんなの持ち歩いてるのかプロデューサー?」


P「ああ」

P(これ持ち歩かないと、ベトベトなままだからな)
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:28:30 ID:7SFP2k2w


P(両手を綺麗に拭いて……こんなもんか?)フキフキ

P「二人とも、近くまで寄ってくれ」


響「おっ」トテテッ

貴音「……」トテテッ



P「貴音は右手の人差し指で」

P「響が左手の人差し指な」


響「んっ?」

貴音「はて?」キョトン
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:35:17 ID:7SFP2k2w


P「つべこべ言わずに、しゃぶるるるんだよぉっ」ニタリ

P「ってのは冗談で、説明するのも面倒だし、取り敢えずペロッと舐めてみてくれ」


貴音「貴方様?」ジトーッ

響「この変態プロデューサー!!」



P「いや、自分じゃわからないんだが、俺の体がハッピーターンの味になったみたいなんだ?」アセアセ

貴音「面妖な!!」


響「あっ、でも……くんくん」ヒクヒク

響「言われてみれば、プロデューサーからハッピーターンの匂いがするぞっ!!」
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:41:48 ID:7SFP2k2w


貴音「なんとっ、それはまことですか響?」

響「うんっ!! 貴音ももっと近くに寄れば分かる筈さ」


P「俺は強要はしないよ。あくまでも、秘密にするならって条件で提供するだけだ」

P「で、どうする?」



響「でもっ……」

響「うぅっ、恥ずかしいぞ」モジモジ


貴音「……」グッ

貴音「いただきます……んっ」ペロッ
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:48:33 ID:7SFP2k2w


響「えっ、貴音!?」

貴音「ふっ、んんっ、ちゃむっ」チュッ


貴音「はぁぁっ……これは、微かですがはっぴぃたーんの味がします!!」

響「ほんとうかっ!?」



響「自分もっ」グッ

響「あ、あっ、あむっ」パクッ


響「あむあむっ、はむはむっ……」モニュモニュ

響「んんっ、はぁぁぁっ……プロデューサー、ちょっとだけハッピーターンの味がするぞっ!!」
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:52:05 ID:7SFP2k2w


P「満足したか?」

P「これなら明日のフェスも……」




 ガチャッ

真美「兄ちゃーーん」

亜美「ヘイヨー!!」タタッ


貴音「真美……」

響「亜美」
61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 11:58:39 ID:7SFP2k2w


真美「ありゃっ?」

亜美「ひびきんとお姫ちんにも、バレちゃったかぁ……」


真美「でもっ、ぬっふっふー。ねっ?」チラッ

亜美「ねっ?」クスクス



貴音「なっ、なにがオカシイのですっ!!」

響「真美と亜美もやってるんだろ!!」


真美「真美たちは、美味しくない指なんて舐めないもんねー(笑)」チラッ

亜美「指舐めが許されるのは、小学生までだよね?(笑)」クスクス
63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 13:55:59 ID:7SFP2k2w


P(この流れ、ヤバくないか?)

P「あー、よしよし。貴音と響は、お別れハッピーにラストハッピーにファイナルハッピー出来ただろ?」


P「これで満足だな!? 解散だ解散!!」

P「はいはい、帰った帰ったー!!」グイグイッ



真美「うける(笑)」クスクス

貴音「うけません!!」


亜美「これからは大人の時間だからねっ、ちかたないね(笑)」クスクス

響「自分たちの方が大人だぞ!!」
64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 14:04:21 ID:7SFP2k2w


P「煽るな二人とも!!」

P「なっ? 貴音と響は大人だから、コイツらの言った事なんて気にするなよ? 早く家に帰って、明日に備えて休むんだ」


貴音「……」

響「……」



貴音「イヤです」

響「イヤだぞ」


貴音「ここで、見てゆきます」キッ

響「そうだぞ!! バカにされたんだから、二人とプロデューサーのを確認しなきゃ、納得して帰れないぞ!!」キッ
65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 14:14:05 ID:7SFP2k2w


真美「だって、さ?」ピトッ

亜美「どうする、兄ちゃん?」ピトッ


P「……」

P「二人とも、ここで見た事は口外しないって誓えるか?」



貴音「……」コクリ

響「……」コクリ


P「……」

P「じゃあ何を見ても、部屋の外まで聞こえるような大声を出したりしないでくれよ?」
66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 14:50:01 ID:QGSv098A

一番美味しい部位ってやっぱり・・・(ゴクリ
68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 17:55:31 ID:7SFP2k2w


真美「さぁさぁー」グイッ

亜美「座って座ってー」グイッ


P「あ、ああ……」ガタッ

P(無心無心無心無心無心)



真美「それじゃ」

亜美「はじめるYOー」


貴音「……」ジィーッ

響「……」ゴクリ
69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 18:02:04 ID:7SFP2k2w


真美「……」

亜美「……」


真美「兄ちゃん」ボソッ

亜美「兄ちゃん」ボソッ



真美「今日は、真美が左で」

亜美「亜美が右だよ」


響「なっ、なぁ貴音ぇ……あれ、近すぎじゃないのか?」チラッ

貴音「そう、ですね」コクリ
70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 18:16:29 ID:7SFP2k2w


真美「兄ちゃんはね? こうやって……んっ」チュッ

亜美「耳元で囁かれるのがぁ、好きなんだよ……んっ」チュッ


響「たっ、たかねぇ!! い、いっ、今っ、ちゅ、ちゅ、ちゅー」クイックイッ

貴音「落ち着きなさい響……」



亜美「それに、恥ずかしくなればなるほど、美味しくなるんだよ?」

真美「指なんかより、耳の方が、ずぅーっと美味しいYOー」


亜美「だから最初は、こうやってぇ……れろっ、ちゅっ」ペロッ

真美「兄ちゃんを恥ずかしがらせないと、ね……ちゅっ、ちゅっ」ペロペロ
71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 18:26:46 ID:7SFP2k2w


亜美「初めての頃より、うーんと美味しくなったよね?」

真美「兄ちゃんの耳は、真美たちが育てた」


響「ぐぬぬっ……」ゴクリ

貴音「……」ゴクリ



真美「あむっ、はむはむっ、ちゅるちゅる」ニュルニュル

真美「はぁん、にぃちゃ……」チュプチュプ


亜美「にぃちゃんってさ、一番最初に耳をパクってされた時……ビクンてなるよねぇ」

亜美「気持ちよさそーな顔になるから、わかるようになったよ?」クスクス
72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 18:41:11 ID:7SFP2k2w


響「な、なぁ真美? そんなにプロデューサーの耳は美味しいのか?」ジィーッ

響「よかったら、自分にも少し分けて欲しいぞ」


貴音「もう辛抱たまりません!!」

貴音「亜美。私にもはっぴぃな耳を試食させてください」



真美「えーっ」チラッ

亜美「どうしよっか?」チラッ


響「頼むぞっ!!」ペコリ

貴音「……」ペコリ
73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 20:26:26 ID:7SFP2k2w


貴音「貴方様からも、どうかっ!!」

響「プロデューサー!! 自分たちも餌付けして欲しいぞ!!」




P「……」

P「いや、貴音と響はダメだ」


貴音「っ……どうしてなのですか!?」ビクッ

響「イヤだ!! お預けはイヤだからな!!」
75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 23:55:51 ID:7SFP2k2w


P「どうしてって……」

P「こんな事されたら、理性が保ちそうに無いし」


貴音「真美や亜美はしてるでは有りませんか!!」

響「そうだぞっ!! 何で二人は良くて、自分たちはダメなんだ!?」



真美「それは真美たちが」ニヤリ

亜美「特別なんだよっ」ニヤリ


P「いや」

P「そうじゃなくて」
76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 23:59:58 ID:7SFP2k2w


P「真美と亜美は、まだ子供じゃん?」

P「幾ら何でも、子供には反応しないって」


真美「」

亜美「」



貴音「ぷっ」プルプル

響「くふっ、ふっ」プルプル

真美「……」チラッ

亜美「……」コクリ
77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 00:04:32 ID:VMPzRM5o

真美は合法だろ←
78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 00:04:48 ID:QdyjVlOU


真美「あむっ」パクッ

亜美「はむっ」パクッ


P「んっ、んっ!?」ビクッ

P「おいっ、アレはヤメてく……」



真美「ぢゅぅ~~~~~~~っ!!!」ヂュルヂュルッ

亜美「ぢゅぅ~~~~~~~っ!!!」ヂュルヂュルッ


P「あひいいいいいいい!!」

P「そんなに強く吸わないでええええええっ!!!」
79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 00:12:22 ID:QdyjVlOU


P「……」ピクピク

響「プロデューサー!?」


真美「にゅふふっ」

亜美「兄ちゃんの体はそーじきですなー」



貴音「それを言うなら、正直ですよ亜美」

響「掃除機は今の二人だぞ」


P「と、とにかく、これでわかったろ?」フラフラ

P「真美たちでもこの調子なんだから、貴音や響にやられたらもっと大変なんだ……」
80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 00:22:21 ID:QdyjVlOU


P「だからさっきのを、お別れハッピーとラストハッピーとファイナルハッピーにしてくれ」

P「二人は真美たちと違って大人なんだから、聞き分けてくれるよな?」


貴音「……」

響「……」



貴音「先程のは、ラスト(の予定)はっぴぃです貴方様」

響「さっきのは、セミファイナルハッピーだぞ!!」


P「……」

P「じゃあ、もう一度、指を舐めたら満足するのか?」
82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 09:46:10 ID:QdyjVlOU


貴音「み」

響「み」


P「オーライッ、オーライッ、帰った帰ったー」グイッグイッ

響「ああん、押すなぁ!!」グギギッ



真美(お姫ちんたちも舐めたら、もっと美味しくなるかな?)ヒソヒソ

亜美(試してみよっか? あ、せーのっ……)ヒソヒソ


真美「フーーっ」

亜美「フーーっ」
83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 09:53:03 ID:QdyjVlOU


P「……」ゾクゾクッ

P「あひんっ」ドサッ


真美「今だよっ、ひびきん、お姫ちん!!」

亜美「兄ちゃんの耳をパクってして!!」



貴音「謝々!!」タッ

響「二人とも、ありがとうだぞっ!!」


貴音「では……」ピトッ

響「いただきまーす」ギュッ
84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 10:02:13 ID:QdyjVlOU


貴音「はむっ」パクッ

響「あむっ」パクッ


貴音「……」

響「……」



貴音「んんっ!!?」バッ

響「ゔあっ!!?」バッ



真美「あれっ、顔を離しちゃったYOー」

亜美「どったの?」
85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 10:16:00 ID:QdyjVlOU


貴音「はぁっ、はぁっ……これ、はっ、うぐっ!?」

響「ふぅっ、ふぅっ……や、ばっ」


亜美「えっ? えっ?」キョロキョロ

真美「二人とも、自分の口を両手で塞いじゃった?」タタッ



真美「どうしたのお姫ちん、どうしたのっ!?」ユサユサ

貴音「み、見ないで、ください真美……ふあっ、あぁっ」ダラダラ


響「口のナカ、から……唾液がっ、あふれて、止まらな……ぁあ、がぁ」ダラダラ

亜美「えええええっ!!?」
86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 11:51:10 ID:QdyjVlOU


真美「あっ!!」ピコーン

真美「真美たちが育てた美味しい耳を、急に舐めたからだよきっと」


亜美「おおっ!!」ピコーン

亜美「それで、おくちがビックリしたんですなっ!?」



貴音「はぁっ、はぁっ……んくっ」ダラダラ

響「ふぅっ、ふぅっ……うぁっ」ダラダラ


貴音「少し、ずつ、慣らした方が……」チラッ

響「っ……」コクコク
89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 14:39:19 ID:QdyjVlOU


貴音「まずは、首辺りから……んっ」チュッ

響「わかったぞ……んっ」チュッ


貴音「はぁっ、はぁっ、はぁっ」ダラダラ

響「ふぅっ、ふぅっ、ふぅっ」ダラダラ



響「あはっ、貴音のヨダレが、こっちまで垂れて来てるぞ」

貴音「汚い、ですか?」


響「……」ニコリ

響「ううんっ」ペロペロッ
90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 14:42:04 ID:QdyjVlOU


貴音「こちらにも、響の唾液が垂れて来ています」

響「自分の、汚いか?」


貴音「……」ニコリ

貴音「いいえっ」ペロッ



真美「うおおっ!!」

亜美「こっ、これはっ!!」


P「……」

P「んっ……」ピクッ
91: ◆uC4PiS7dQ6 2015/02/27(金) 14:46:35 ID:QdyjVlOU


 ガチャッ

美希「はぁぁにぃぃぃっ!! ミキにもハッピーターンちょーだいなの!!」ダッ

P「……」





P「はっはっはっ。これじゃ、フェアリーじゃなくて」

P「フェラリーだな!!」



P「と。この抱腹絶倒で爆笑必須の悶絶プロデューサージョークが炸裂してオチが着いた所で」

P「この話はおしまい。またな!!」
93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 16:35:05 ID:lHPlucYY

おつ
94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/27(金) 20:48:16 ID:VMPzRM5o

まだだ
まだ、お前はいけるはずだ

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2015年02月28日

    販売停止のあたりがコナンSSぽくてワロタ

  2. ハッピーターン 2015年03月09日

    タイトルから感じる、微エロのようなそうでないような感じがいい感じ

  3. とあるSSの訪問者 2015年03月17日

    抹茶味は世界一不味い食べ物だと断言出来る。

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング